5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医・生命】★鳥取大学★【保健・環境】 V2

1 :名無しさん@おだいじに:2006/04/29(土) 20:47:27 ID:???
「知と実践の融合」、鳥取大学の“元気の秘密”

■詳しくは「bp special 競争優位を獲得する最新IT経営戦略サイト」でご覧になれます。
http://premium.nikkeibp.co.jp/bits/bits_special/special12_05.shtml

鳥取大学
http://www.tottori-u.ac.jp/

★鳥取大学 地域学部・教育学研究科
地域に学び、地域に還元する21世紀の「地域」をになうキーパーソン
を養成する。
http://www.rstu.jp/index.cgi

★鳥取大学 医学部・医学系研究科
生命の尊厳を重んじ、想像性豊かな医療人と生命科学者を養成する。
http://www.med.tottori-u.ac.jp/index_f.html

★鳥取大学 工学部・工学研究科
社会と人間をつなぐ「技術」で新時代をクリエイト。
豊かな自然と教育環境が育む世界を拓くエンジニア。
時代に柔軟に対応できる「技術」と「感性」を持った人材の育成。
http://akebia.jim.tottori-u.ac.jp/

★鳥取大学 農学部・農学研究科
豊かな人間性と英知を持って環境・食糧問題を科学する。
http://muses.muses.tottori-u.ac.jp/index.html

★鳥取大学 農学部大学院・連合農学研究科
地域における高度で責任ある農学研究・教育の中核となる。
地域的特色を活かした国際貢献と地元社会への貢献を果たす。
http://rendai.muses.tottori-u.ac.jp


2 :名無しさん@おだいじに:2006/04/29(土) 20:48:36 ID:???
産学官連携し機能性食品開発 新産業創出 ビッグチャンス

 鳥取大学と鳥取県産業技術センター、米子と境港の水産加工業者などが本年
度から、カニ殻やモズク、魚のうろこを活用した生活習慣病の予防食品開発な
どに乗り出す。染色体工学の技術を用いてキチン・キトサンやフコイダンなど
の効能を実証し、付加価値の高い機能性食品を売り出そうという試みだ。食品
製造業が集積する米子、境港エリアへの波及効果は大きいと関係者はみており、
新産業創出への期待が高まっている。
これまで地元業者は独自技術を開発しても販売や分析まで手が届かず、大企業
にはかなわないのが実態だった。事業では研究、開発から販売までを一体的に考
えており、キリンビールや製薬会社も参加。研究分野での支援のほか、販売面で
のノウハウ活用にも期待が集まる。
県西部地域をバイオサイエンスの拠点に育てようという取り組みが始まったの
は一九九四年にさかのぼる。新日本海新聞社の吉岡利固社主と県西部の経済人
が中心となって財団法人「鳥取バイオサイエンス振興会」を設立。研究支援や
人材の育成などに積極的に取り組んだほか、本社と共同でシンポジウムなどを
企画し、機運の盛り上げに大きな役割を果たしてきた。
県産業開発課の門脇亙産学官連携推進室長も「西部地域の食品関連産業全体を
底上げするための事業。雇用拡大にもつながる」と地域活性化の一環と位置付け
る。機能性食品に脚光が集まれば、江府町へのサントリーのミネラルウオーター
工場進出(〇八年)と合わせて「豊かな食材をはぐくむ地」というイメージの
創出にもつながる.

http://www.nnn.co.jp/tokusyu/focus/060428.html


3 :名無しさん@おだいじに:2006/04/29(土) 20:49:46 ID:???
鳥由来病原性 鳥大にウイルス実験室

 高病原性鳥インフルエンザなど鳥類から人に感染する病原体の生態や病原性
の解析を目的に、鳥取大農学部付属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センター
(センター長=大槻公一・鳥大教授)に、国が定めたバイオセーフティー
レベル(BSL)3までの病原体を使用できる専用施設「P3実験室」が完成
した。動物実験が出来るP3実験室の設置は、西日本の大学では初めて。
国の使用認可を経て、4月1日から稼働する予定で、大槻センター長は
「実験範囲が広がる上、十分な時間もかけられる」と期待を寄せている。

 BSLはウイルスや細菌などの危険性を示す指標で、1〜4までの段階
がある。このうちBSL3は、人に感染すると重篤な疾病の原因となりうる
が、他の個体への伝播の可能性は低いもの。炭疽(たんそ)菌やチフス菌
などが該当する。

 実験は、ニワトリにウイルスを吸引させ、内部組織を摘出。この組織を
違うニワトリに吸引させる作業を繰り返す。水鳥が保有していても感染を
引き起こさないウイルスが、ほかの水鳥に移っていく過程で毒性を持つもの
に変異すると考えられていることから、どんなウイルスが変異しやすいのか
を調べる。

 実験室内では、一度に最大約40羽のニワトリを専用装置で飼育。作業は、
いずれも獣医師資格を持つセンター職員と鳥大大学院生が行う。

 施設は、▽実験室の気圧を下げ、ウイルスを外部に漏らさない
▽専用の防護服は1回で使い捨てる▽使用する飼育装置などは121度の
高圧蒸気で20分間滅菌する――など安全対策を徹底する。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news001.htm


4 :ブラックリスト教習所2006 3.16:2006/04/30(日) 12:39:43 ID:???
教習所の広告宣伝、電話勧誘には、トラブルが多発しています。
○○キャンペーンや早い激安とか、値引き合戦してる所は要注意!!
国民生活センターにも、相談件数がかなり増えてるとの事。
★超激ブラック★SDSグループ★複数のネットサイトの仲介業者通していい加減
●富士センチュリーモータースクール●東京センチュリーモータースクール
●湘南センチュリーモータースクール●古谷自動車学校●所沢中央自動車教習所
●勝英自動車学校●かずさ自動車教習所●新見自動車教習所。以上8校評判悪すぎ。
■合宿免許■
茨城県・友部自動車学校(ヤンキー多し、苦情が多い)取手自動車学校
・岩井自動車学校・・竜ヶ崎自動車学校(教習車破壊、放火未遂事件)
■株式会社・県北自動車学校&北茨城自動車学校 ←★暴力暴言軍隊式体育会系★■
秋田県・横手自動車学校・岩手県・陸前高田ドライビングスクール
新潟県・新潟中央自動車学校 ・栃木県・那須自動車学校・ 足利自動車学校
埼玉県・・・籠原(かごはら)自動車学校・深谷自動車学校 ・秩父自動車学校 浦和自動車教習所
長野県・茅野自動車学校  ドリームモータースクール昭和(男子差別)
山梨県・桂自動車学校・山中湖ドライビングスクール (格安広告表示)
千葉県・・・加曽利自動車学校(非公認)
福島県・原町中央自動車学校 昭和ドライバーズカレッジ(予約機能無し、殿様商売)
青森県 金木自動車学校(教官暴言悪態、誇大広告)
山形県・村山自動車学校  徳島県・阿北自動車学校
★通学★
■超激ヤバ■★非公認KM自動車教習所グループ★■→公認と間違える人が
あと、料金トラブル例・・非公認なのに中途解約できない。
非公認の説明を契約時にせずに安いと公認を文句に学生を装う。。
ペーパー専門の横浜ドライビングサポート→釣った魚にはえさやらない
東京都・・八王子自動車教習所・小金井自動車学校


5 :ブラックリスト教習所2006 3.16:2006/04/30(日) 12:41:18 ID:???
★ブラック大国神奈川県
横浜自動車学校・教官暴言!ストライキで予約がチャラ途中で辞める人多数 。明学生から総スカン!!!!!!
鎌倉自動車学校 湘南台自動車学校 橋本自動車学校
KSD神奈川ドライビングスクール 相模中央自動車学校、
横須賀ドライビングスクール・厚木自動車学校
KANTOモータースクール(関東自動車学校系列3校横浜駅西口・溝の口・川崎)
飛鳥ドライビングカレッジ川崎(川崎自動車教習所)
千葉県・・・西柏自動車教習所・船橋自動車学校・津田沼自動車学校・
我孫子自動車学校 流山自動車学校 市川中央自動車教習所(指導員が駅員に暴行事件)
栃木県・小山自動車学校(教官暴言男子差別が甚だしい、指導員が酒気帯び運転で、茨城県警逮捕。)激ブラック■
愛知県・星が丘自動車学校(受付女子愛想の無さに対し女子大生から不満爆発!
■関西・・大阪・・清水自動車学校 兵庫・・和田山教習所
京都・・光悦自動車学校(京大生が敬遠)宝池ドライビングスクール料金高、殿様商売)
他ネットサイトの業者
三貴ドライビングカレッジ・新庄自動車学校
新庄第一自動車学校 ・ 佐野中央自動車教習所・上野原自動車教習所
出羽自動車教習所 ・都留自動車教習所・前橋天川自動車教習所
秋田北部自動車学校 アルピコ自動車学校諏訪 中球磨モータースクール
第二北部自動車学校 つばめ中央自動車学校 菊池自動車学校
能代モータースクール 大河津自動車学校 静岡県セイブ自動車学校
田上自動車学校 昭和ドライバーズカレッジ 石川自動車教習所
行田自動車教習所 こまつ自動車学校 北陸自動車学校  
大宮自動車教習所 峰山自動車学校  
★全国に1400校あります。申し込む前に必ず下見を!★
注意仲介業者●全日教(全日本交通安全教育センター)→宣伝広告虚偽表示
他ネットサイトの業者
http://www.menkyo-site.com/←こんな豪華な食事はでません!!!

6 :名無しさん@おだいじに:2006/05/02(火) 10:59:34 ID:???
大手コンビニ「ローソン」と県は1日、災害時協力だけでなく、県産品を
テスト販売したり、地元の食材を弁当に使ったりする包括業務提携を締結
した。同社は和歌山、三重両県と災害時協力を結んでいるが、テスト販売
など盛り込んだ幅広い提携は初めてという。

 主な提携内容は▽県内製品を県内店舗で販売し、売れ行きが良ければ
中四国や全国へ展開する▽地元の食材をローソンの弁当や総菜に使い、
地産地消や地産他消を進める▽災害時の協力▽子どもが助けを求めてきた
時に保護し、警察に通報する▽ローソンでの県職員の職場研修――など。
県産品発掘の業務は、県庁の経済政策課内にローソン社員1人が常駐して
担当する。



7 :名無しさん@おだいじに:2006/05/02(火) 22:14:13 ID:???
ローソンは老人に優しい企業を目指しているのか

8 :名無しさん@おだいじに:2006/05/07(日) 06:59:17 ID:TVarp/4r
V2って・・・・?

9 :名無しさん@おだいじに:2006/05/07(日) 13:45:12 ID:bEDNmQFV
食品媒介性感染症の研究で鳥取大学が日本獣医学会賞を受賞!

第141回日本獣医学会学術集会(つくば市)において、
獣医学科 村瀬敏之助教授(獣医微生物学教育研究分野)が、
2006年度日本獣医学会賞を受賞しました。動物に由来する
食品媒介性感染症の防除法確立に関する一連の研究が評価されました。

10 :名無しさん@おだいじに:2006/05/13(土) 23:29:24 ID:C8dFj8iC
鳥大助教授らがパルボウイルスの検査薬開発

鳥取大学は10日、農学部の実方剛助教授らが、これまで20分近くかかって
いた犬や猫の命を奪うパルボウイルスの検査を数10秒でできる検査薬を開発
したと発表。年内に国内などで発売する。

http://www.nnn.co.jp/today/060510/20060510.html


11 :名無しさん@おだいじに:2006/05/14(日) 00:03:57 ID:i1niwUtk
ラッキョウに新たな効能 花粉症などアレルギー抑制

 明治薬科大学(東京都)の天然薬物学研究室(奥山徹教授)は十二日まで
に、ラッキョウに花粉症やアレルギー性鼻炎、じんましんなどのアレルギー
症状を抑制する効果があることを動物実験で解明した。

■福部産 高い効能■
 これまで、ラッキョウには血液サラサラ効果や、がん予防効果などが報告
されており、さらに抗アレルギー効果が解明され、鳥取市福部町のラッキョウ
産地などの関係者は「販売促進につながる」と期待している。


12 :名無しさん@おだいじに:2006/05/14(日) 09:53:36 ID:???

鳥取大学の附属図書館で映画『こほろぎ嬢』の撮影ロケ!!

 映画『こほろぎ嬢』の撮影ロケが鳥取大学附属図書館中央館1階の開架書庫
でおこなわれる。

 この映画は、鳥取県岩美町出身の作家、尾崎翠(1896−1971年)
原作の短編「こほろぎ嬢」「歩行」「地下室アントンの一夜」を1本に
まとめた恋愛映画(浜野佐知監督)。 内容は、暗い家の片隅にひっそりと
息づいているコオロギに自らをなぞらえた女性を主人公にした物語で、絶対
に実らない「片恋」 と「人間心理の分裂」という独自の世界を描いた、
「第七官界彷徨」 に続く尾崎作品の映画化第2作目となるもの。


13 :名無しさん@おだいじに:2006/05/14(日) 23:21:10 ID:i1niwUtk
鳥インフル 人への感染原因を鳥大助教授が究明

アジアや欧州などで猛威を振るっている鳥インフルエンザについて、細気管
支や肺にある物質「シアル酸」のために人にもウイルス感染し、増殖する恐
れがあることが十二日、鳥取大学農学部の新矢恭子助教授の研究で分かった。
新矢助教授は科学雑誌「ネイチャー」で成果を紹介。人体での発生メカニズム
の解明は世界で初めてという。

 鳥取大学に昨年四月開設された鳥インフル研究センターの伊藤寿啓センター
長(鳥取大農学部教授)は「なぜ人に感染し、多数の死亡例を出しているかと
いう疑問を解決する世界的な発見だ。(鳥インフルエンザウイルスが)新型
ウイルスに変化することを予測する上でも貴重な研究となった」としている。

 新矢助教授は同日、鳥取市湖山町南四丁目の鳥取大学で開かれた「第二回動
物由来感染症に関する研究会」(鳥取県主催)で発表。鳥取大の鳥インフル
研究センターに所属し、東北大や東京大と共同研究した。

 研究会では、人の気管支の末端部分と肺胞内に、鳥インフルエンザウイル
スを吸着する受容体(レセプター)のシアル酸が多く存在することを確認し
たと報告。「気管支終末部分と肺胞でウイルスの感染と増殖が広がる恐れが
ある」と強調した。

 また、新矢助教授は「人が鳥インフルエンザにかかれば、重篤(じゅうとく)
な肺炎を引き起こす恐れもある。鳥から人に感染する機会、接触する機会を根絶
することが大切だ」と訴えた。

 二〇〇三年末から現在にかけて、国外で二百七人が鳥インフルエンザに感染
し、このうち百十五人が死亡している。

http://www.nnn.co.jp/news/060513/20060513011.html



14 :名無しさん@おだいじに:2006/05/14(日) 23:25:02 ID:i1niwUtk
鳥取大とビーエル、イヌ・ネコ感染症の検出感度16倍に

 鳥取大学と検査用試薬開発のビーエル(静岡県沼津市、野中浦雄社長)は、
イヌやネコのパルボウイルス感染症の診断で検出感度を従来製品の16倍以上
に高めた検査薬を開発した。高感度に反応する抗体を検査キットに使う技術
を開発、診断時間も15分以内に短縮した。ビーエルが年内に発売し、販売量
に応じて鳥取大が技術使用料を受け取る。

 パルボウイルスは病原性が強く、免疫の弱いイヌやネコに感染する。激しい
腸炎を引き起こして1―2日程度で死に至るため、「ポックリ病」「コロリ病」
などと呼ばれる。

 検査薬に採用したのは「イムノグロブリンM」抗体。抗体はパルボウイルス
に高感度で反応するが、感染症を簡単かつ迅速に診断できるイムノクロマト法
による検査で、高い反応性を維持するのは技術的に困難とされてきた。

 ウイルス感染症に詳しい鳥取大農学部獣医学科の実方剛助教授とイムノクロ
マト法による検査キット開発で定評のあるビーエルは、この抗体を検査キット
化する技術を確立。

http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20060510c6b1002c10.html

15 :名無しさん@おだいじに:2006/05/15(月) 21:52:34 ID:5PrPIDqt
鳥取大学と鳥取県の共同シンポジウム
「鳥取県における循環型地域づくりをめざして」を開催します。

地域の素材を活かした資源利用と環境修復について考えます。

日時:2006年6月3日(土)13:30-17:20
場所:鳥取県民文化会館第1会議室(鳥取駅から県庁方面に徒歩20分)
(午前は「地域環境調査実習発表会」を開催します。こちらにもぜひどうぞ)
主催:鳥取大学地域学部、鳥取県生活環境部
後援:鳥取市 とっとりネットワークシステム

基調講演 循環型社会の構築に向けた課題 中村 宗和(鳥取大学 地域環境学科)
第1部 鳥取県の資源の持続的利用
 (1) 海の幸は二度おいしい〜水産廃棄物の資源化〜 田村 純一(鳥取大学 地域環境学科)
 (2) リサイクル材の安全性〜有害物質の溶出とその評価〜 門木 秀幸(鳥取県 衛生環境研究所)
 (3) 地域に眠る自然エネルギー資源の開発と利用 田川公太朗(鳥取大学 地域環境学科)
第2部 鳥取県の環境修復
 (1) 湖山池のよごれの正体 小川 美緒(鳥取県 衛生環境研究所)
 (2) 湖山池のアオコのできるしくみ 南條 吉之(鳥取県 衛生環境研究所)
 (3) 中海のいきものは今〜藻類・貝類調査結果〜 初田 亜希子(鳥取県 衛生環境研究所)
 (4) 水を浄化する天然石 中野 惠文(鳥取大学 地域環境学科)

http://www.rs.tottori-u.ac.jp/kankyou/gyoji/yotei.html#0603pm


16 :名無しさん@おだいじに:2006/05/16(火) 19:48:52 ID:JD61Jwf+
鳥インフル、電解水でウイルス消滅 鳥大など実証

鳥取大学と三洋電機は十五日、水道水を電気分解して生成した電解水を用いて
鳥インフルエンザウイルスの消滅効果を共同研究した結果、ウイルスの数を百
分の一以下に減少できたと発表した。人へのウイルス感染が世界的な問題とな
る中、産学連携による研究成果は感染予防対策につながる可能性がある。三洋
電機は飛行機や電車など公共の場での活用を視野に実用化を検討する。

東京都内で記者会見した鳥取大学農学部の大槻公一特任教授らの説明によると、
実験には同社が開発した二つの技術を活用。電解水を含ませた除菌エレメント
(気液接触フィルター)と電解水を霧状にした電解ミストを使ってウイルス数
の変化を検証した。
 
http://www.nnn.co.jp/news/060516/20060516001.html


17 :名無しさん@おだいじに:2006/05/17(水) 06:23:54 ID:???
ここは鳥大関連のニュースをはるとこなの?w
なんか一人がんばってる人がいるなあ

18 :名無しさん@おだいじに:2006/05/19(金) 15:49:43 ID:QiKaqRfk
>>17
【医・工】★鳥取大学★【地・農】 V2
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1146323006/

【知と実践の融合】★鳥取大学★【元気の秘密】 V3
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/student/1147009010/

【最高学府】★鳥取大学 農学部★【国際貢献】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1129439304/

【芸術】★鳥取大学地域学部★【文化】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/art/1142177450/

【医工地農】★鳥取大学★【知と実践の融合】 V2
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/joke/1147091859/

【地域貢献】★鳥取大学★【国際貢献】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1142750730/

【東京】★鳥取大学リクルート★【大阪】 V3
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1147540076/

【新7大】★鳥取大学へ行こう★【一期校】V3
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1141917427/

【医・生命】★鳥取大学★【保健・環境】 V2
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1146311247/

【農学】中国地方の最高学府、鳥取大学【限定】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1105702246/

こちらもごらんください、奮闘していますよ。

19 :名無しさん@おだいじに:2006/05/21(日) 23:41:40 ID:???
鳥取大学と鳥取県の共同シンポジウム
「鳥取県における循環型地域づくりをめざして」

地域の素材を活かした資源利用と環境修復について考えます。

日時:2006年6月3日(土)13:30-17:20
場所:鳥取県民文化会館第1会議室(鳥取駅から県庁方面に徒歩20分)
(午前は「地域環境調査実習発表会」を開催します。こちらにもぜひどうぞ)
主催:鳥取大学地域学部、鳥取県生活環境部
後援:鳥取市 とっとりネットワークシステム

基調講演 循環型社会の構築に向けた課題 中村 宗和(鳥取大学 地域環境学科)
第1部 鳥取県の資源の持続的利用
 (1) 海の幸は二度おいしい〜水産廃棄物の資源化〜 田村 純一(鳥取大学 地域環境学科)
 (2) リサイクル材の安全性〜有害物質の溶出とその評価〜 門木 秀幸(鳥取県 衛生環境研究所)
 (3) 地域に眠る自然エネルギー資源の開発と利用 田川公太朗(鳥取大学 地域環境学科)
第2部 鳥取県の環境修復
 (1) 湖山池のよごれの正体 小川 美緒(鳥取県 衛生環境研究所)
 (2) 湖山池のアオコのできるしくみ 南條 吉之(鳥取県 衛生環境研究所)
 (3) 中海のいきものは今〜藻類・貝類調査結果〜 初田 亜希子(鳥取県 衛生環境研究所)
 (4) 水を浄化する天然石 中野 惠文(鳥取大学 地域環境学科)

シンポジウムのポスターなどは下記をご覧下さい↓
http://www.rs.tottori-u.ac.jp/kankyou/gyoji/yotei.html#0603pm

20 :名無しさん@おだいじに:2006/05/27(土) 11:07:41 ID:GOemPkrx
鳥大医学部2年生 人を思いやる心学ぶ 高齢者と最後の交流授業

コミュニケーション能力の向上を図るため、今年四月から米子市内の高齢者
介護施設を訪れ、交流を続けてきた鳥取大学医学部(同市西町)医学科二年の
七十三人が十五日 ...

http://www.sanin-chuo.co.jp/edu/modules/news/article.php?storyid=652555068

21 :名無しさん@おだいじに:2006/06/02(金) 23:32:22 ID:Dtho9A5Z
関心な学生だと思う。こういう人に医者になってほしい。

22 :名無しさん@おだいじに:2006/06/04(日) 01:09:51 ID:A9CtMoF4
倫理観がない医者には診てもらいたくないね

23 :名無しさん@おだいじに:2006/06/04(日) 22:57:03 ID:IzKSIGMc
電気自動車、市街地走る 廃食用油生かして発電

 環境立県を目指す鳥取県内に、二酸化炭素など有害物質を排出しない電気
自動車が三台お目見えした。県西部の企業が、鳥取大学医学部(米子市西町)
の全面協力で、廃食用油を再利用して生まれた電力で走らす。全国初のユニ
ークな取り組みで、化石燃料に頼らない循環型社会への転換を呼び掛けている。

http://www.nnn.co.jp/news/060523/20060523008.html



24 :名無しさん@おだいじに:2006/06/06(火) 22:39:25 ID:Gq7bJPOf
平成18年度公開講座の開催

増加しているアレルギー疾患 特集

http://www.med.tottori-u.ac.jp/p/oshirase/chiiki/2/

25 :名無しさん@おだいじに:2006/06/06(火) 22:41:17 ID:Gq7bJPOf
~米子神経セミナー 2006~のご案内
--------------------------------------------------------------------------------
神経関連領域についての臨床を主体に講義・カンファレンス・実習。
受講対象者は、神経関連領域に関心を持つ若手医師・研修医を予定。
■日時:2006年7月16日(日)・17日(月)
■場所:鳥取大学医学部臨床講義棟第2講義室
地図(PDF形式)→http://www.med.tottori-u.ac.jp/photolib/igaku/405.pdf
■主催:鳥取大学医学部附属病院脳幹性疾患研
究施設(脳神経内科、脳神経病理、脳神
経外科、脳神経小児科)
■共催:鳥取大学医学部精神行動医学分野(精
神科・心療内科)、医用放射線学分野(放
射線科)
http://www.med.tottori-u.ac.jp/p/igaku/gakka/noukan/01/


26 :名無しさん@おだいじに:2006/06/06(火) 22:42:27 ID:Gq7bJPOf
総合周産期母子医療センター開設!!(附属病院)

http://www.med.tottori-u.ac.jp/p/oshirase/oshirase/10/

27 :名無しさん@おだいじに:2006/06/06(火) 22:44:48 ID:Gq7bJPOf
医学部学生の取り組み(高齢者へのメイクサービス)

 「美容やメイクと医療は“手当て”という点で、共通のものがある。

今後も医療に関わる者として、向き合う相手がいることを忘れない医療

従事者としてがんばっていきたい」

http://www.med.tottori-u.ac.jp/p/oshirase/oshirase/6/

28 :名無しさん@おだいじに:2006/06/25(日) 07:21:43 ID:RqdgZCcP
ハンセン病差別、元患者の声聴いて 鳥大生企画

 「ハンセン病って知ってますか?」。鳥取大学で平和学を学ぶ学生たちが
十六日、元ハンセン病患者の谺(こだま)雄二さん=群馬県在住=を招き講演
会を開く。長年差別と偏見に苦しんできたハンセン病患者。元患者の高齢化が
進み、生の声を聞く機会が失われつつある中、「歴史の中で忘れてはいけない
こと。多くの人に知ってほしい」との思いを込めて開く。午後五時から鳥取大
学地域教育棟五〇七講義室で。入場無料。

 きっかけは、学生の一人が今年四月に倉吉市で開かれた谺さんの講演を聞い
たこと。学生が主体的に企画し学ぶ平和学でハンセン病を取り上げ、実行委員
会を結成。群馬県で谺さんの話を聞いたり、富山で開かれた学会に参加し、
鳥大での講演会開催にこぎつけた。

http://www.nnn.co.jp/news/060615/20060615008.html

29 :名無しさん@おだいじに:2006/06/25(日) 07:31:37 ID:RqdgZCcP
アレルギー性疾患テーマに公開講座 24日から鳥大医学部

鳥取大医学部は二十四日から三回にわたり、「増加しているアレルギー性疾患」
をメーンテーマに市民対象の公開講座を開設する。二十三日まで、受講者を
募集している。

 花粉症や気管支ぜんそく、アレルギー性結膜炎などの疾患について、同学部
付属病院の医師などが分かりやすく説明する。

http://www.sanin-chuo.co.jp/health/modules/news/article.php?storyid=796659075


30 :名無しさん@おだいじに:2006/06/25(日) 07:33:16 ID:RqdgZCcP
手軽な運動で糖尿病防ごう 患者や予備軍対象に教室

糖尿病を防ごうと江府町は十九日、町内で患者らを対象に運動教室を
スタートした。運動が長続きするように、地域公民館や自宅でもでき
るゴムバンドなどを使った運動を二カ月間に八回実施し、効果をみる。

 同町は脳卒中の発症率が全国平均の約三倍と高く、要因となっている
糖尿病予防に鳥取大医学部と取り組んでいる。

http://www.sanin-chuo.co.jp/health/modules/news/article.php?storyid=796616075


31 :名無しさん@おだいじに:2006/07/04(火) 19:03:40 ID:uTMQMjLH

がんの新診断法開発

鳥取大学院医学系研究科機能再生医科学専攻の
研究グループが肝臓がん新診断法を開発 !

http://www.med.tottori-u.ac.jp/p/oshirase/chiiki/gansindan/

32 :名無しさん@おだいじに:2006/07/04(火) 19:12:26 ID:uTMQMjLH
~米子神経セミナー 2006~(1)
■日時:2006年7月16日(日)・17日(月)
■主催:鳥取大学医学部附属病院脳幹性疾患研究施設
■共催:鳥取大学医学部精神行動医学分野
-----------------------------------------------------------
プログラム  7月16日(日)
9:10 1)講義:神経の診かた
     教育支援室 中野助教授 講義30分+質問10分
9:50 2)講義:脳血管障害(クモ膜下出血、脳出血を中心に)
     脳神経外科 渡辺教授、坂本助手 講義40分+質問10分
10:50 3)講義:脳血管障害(脳梗塞)
     脳神経内科 古和講師 講義30分+質問10分
11:30 4)講義:脳血管障害(神経病理学)
     脳神経病理 大浜教授 講義30分+質問10分
13:30 5)講義:精神・心療内科の話題
     精神科・心療内科 中込教授 講義30分+質問10分
14:10 6)講義:神経内科疾患
     脳神経内科 足立講師 講義30分+質問10分
15:00 7)講義:頭痛
     脳神経内科 中島教授 講義40分+質問10分
15:50 8)CPC
     脳神経外科 黒崎助手
-------------------------------------------------------------

http://www.med.tottori-u.ac.jp/p/igaku/gakka/noukan/01/

33 :名無しさん@おだいじに:2006/07/04(火) 19:13:24 ID:uTMQMjLH
~米子神経セミナー 2006~ (2)
■日時:2006年7月16日(日)・17日(月)
■主催:鳥取大学医学部附属病院脳幹性疾患研究施設
■共催:鳥取大学医学部精神行動医学分野
-----------------------------------------------------------
7月17日(月)  
8:40 1)講義:神経機能解剖学・放射線学
    放射線科 小川教授 講義40分+質問10分
9:30 2)講義:発達と神経
脳神経小児科 前垣助教授 講義25分+質問5分
10:00 3)講義:小児神経学
     脳神経小児科 大野教授 講義40分+質問10分
11:00 4)講義:頭部外傷
     脳神経外科 田邊助手 講義30分+質問10分
11:40 5)講義:脳腫瘍
     脳神経外科 紙谷助教授 講義30分+質問10分
13:30 6)グループ学習:下記から1つ選択
   a)脳波実習(小児)    脳神経小児科   前垣助教授
   b)脳波実習(成人)    精神科・心療内科 植田助手
   c)画像診断        放射線科     松末助手
   d)磁気刺激        脳神経内科    佐久間助手
   e)頸動脈エコー検査    脳神経内科    楠見助手
   f)ブレイン・カッティング 脳神経病理    宮田助手
   g)筋病理         教育支援室    中野助教授
http://www.med.tottori-u.ac.jp/p/igaku/gakka/noukan/01/


34 :名無しさん@おだいじに:2006/07/04(火) 19:14:56 ID:uTMQMjLH

総合周産期母子医療センター開設!!(鳥大附属病院)

http://www.med.tottori-u.ac.jp/p/oshirase/oshirase/10/

35 :名無しさん@おだいじに:2006/07/06(木) 18:54:27 ID:RTgQCT7N
鳥取大学医学部附属病院

総合周産期母子医療センター設置記念式典

新生児集中治療室」(NICU)に加え、新たに妊婦と

胎児に高度専門的医療を提供する「母胎・胎児集中治療室」(MFICU)を

設置し、併せて総合周産期母子医療センターとする。

http://www.tottori-u.ac.jp/contents/wnew/saisin/sikitensuke.htm




36 :名無しさん@おだいじに:2006/07/06(木) 19:29:26 ID:RTgQCT7N
顔に病気や傷「独りで悩まないで」家族会結成呼び掛け

 顔に病気や傷などがある人への偏見や差別をなくそうと講演活動に取り
組んでいる鳥取大学大学院医学系研究科の藤井輝明教授(49)が、県内で同じ
悩みを持つ人たちの家族会を発足したい考えを明らかにした。県内各地で
講演活動を続けるうちに、当事者数人からメールが届き、“独りで悩んで
いる”人がいることを痛感。「地域で支えあう温かい鳥取県にしたい」と
話している。

http://www.nnn.co.jp/news/060629/20060629006.html

37 :名無しさん@おだいじに:2006/07/06(木) 19:37:03 ID:RTgQCT7N
軽度発達障害児を支援

 学習障害(LD)や注意欠陥・多動性障害(ADHD)など軽度の発達障害
を持つ児童を対象にした通級指導教室「まなびの教室」が本年度から、米子市、
倉吉市、八頭町内の小学校五校に設置された。特定の学習につまずきがある、
対人関係が苦手、授業に集中できないなどの特徴を持つ軽度発達障害児は、
小中学校の通常学級に約6%いると推測されるが、これまで一人一人の教育的
ニーズに沿った適切な対応や支援には限界があった。通級指導教室の果たす
役割に期待が集まっている。

http://www.nnn.co.jp/tokusyu/wadai/060627.html


38 :名無しさん@おだいじに:2006/07/10(月) 18:49:42 ID:fh9hExIJ
鳥取大医学部「美容外来」にレーザー機器

 鳥取大医学部付属病院は昨年6月開設の皮膚科「美容外来」にレーザー機器
を新たに導入した。薬剤使用での診療では取り除けなかったしみ、顔のくすみ
の除去や、脱毛にも対応する。同科は「より多様なニーズへの対応が可能にな
る」と期待している。

 導入した機器は米国製。皮膚を冷却しながら、口径最大18ミリのレーザー
光を照射する。皮膚の下層にまでレーザー光が届き、しみなどの原因となる過
剰なメラニン色素を排出することで、これまで以上にしみやそばかす、肌のく
すみが改善。レーザー光がメラニンを多く含む体毛に反応し、脱毛も可能にな
る。

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=797244005

39 :名無しさん@おだいじに:2006/07/15(土) 12:55:06 ID:j9v4jmRs
シアリルLe抗原(CA19―9、SLX)に関する論文は、興味深い。
胃癌や肺癌、卵巣癌を扱う医者は必読だと思う

40 :名無しさん@おだいじに:2006/07/15(土) 23:15:42 ID:dfjgJQ53

総合周産期母子医療センター 鳥大病院にきょう開設

ハイリスクの妊娠・出産を総合的にケアする総合周産期母子
医療センター(神崎晋センター長)が十四日から、鳥取大学
医学部付属病院(米子市西町、石部裕一院長)に開設される。
十三日に記念式典が行われ、県内初の施設の完成を祝った。

http://www.nnn.co.jp/news/060714/20060714008.html

41 :名無しさん@おだいじに:2006/07/15(土) 23:18:43 ID:dfjgJQ53
闘病の支えに体験記950冊

▽鳥取県立図書館、7日文庫設置

 病気と闘う患者・家族の情報収集支援や心の支えの一助として
鳥取県立図書館(鳥取市)は七日、患者・家族の体験記を集めた
闘病記文庫を設ける。同文庫の設置は都道府県立図書館では都立
中央図書館に次いで二番目だが、図書の貸し出し、検索は初めて。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200607070099.html


42 :名無しさん@おだいじに:2006/07/16(日) 22:55:14 ID:jfw8Ncwq
鳥取大学振興協力会交流会(中部地区)の開催

演題「メタボリック症候群に関連したハ−ドとソフトの開発」

   講師  鳥取大学医学部 助教授 加藤 敏明

http://www.tottori-u.ac.jp/contents/wnew_iv/ibento/koryukai7.18.htm


43 :名無しさん@おだいじに:2006/07/17(月) 21:06:39 ID:Nj3fJ7vH
鳥取県内初「周産期」救急施設が鳥大病院内に完成

 母子ともに異常が生じやすいとされる、妊娠満22週−生後7日未満の
「周産期」に24時間体制で治療に当たる「総合周産期母子医療センター」
が、米子市西町の鳥取大学医学部付属病院内に完成。13日に同院で記念式
典があり、関係者約100人が出席し、鳥取県内初の母体や胎児・新生児の
ための「救急施設」設立を祝った。診療開始は14日から。

http://www.sanin-chuo.co.jp/health/modules/news/article.php?storyid=797492075


44 :名無しさん@おだいじに:2006/07/17(月) 22:57:10 ID:???
鳥取大の医学科って再受験とか多浪はどのくらいいますか?


45 :名無しさん@おだいじに:2006/07/18(火) 20:40:32 ID:Oo4tUrJC
夏季一斉休業の実施

鳥取大学では心身の健康の維持及び増進又は家庭生活の充実のため、並びに
省エネルギー対策の一環として下記のとおり夏季一斉休業を実施いたします。

実 施 期 間   平成18年8月14日(月)〜16日(水) 3日間


46 :名無しさん@おだいじに:2006/07/23(日) 17:42:08 ID:91ZiOkP1
  せ
  め
  て
   、人間らしく


47 :名無しさん@おだいじに:2006/07/23(日) 23:41:33 ID:91ZiOkP1
(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

48 :名無しさん@おだいじに:2006/07/27(木) 22:26:46 ID:Zn4ow/Sy
総合周産期母子医療センター開所式
平成18年7月14日(金)より開設

平成18年7月14日に、出産前から出産後までをより包括的にケアする県内初の
施設の総合周産期母子医療センターが開設されます。これに伴って、7月13日
に同施設の設置記念式典が本学部で行われました。式典には、大学関係者や
片山善博鳥取県知事を始め、各市町村関係者など、センター設置の尽力した
関係者100名ほどが出席し、完成を祝いました。

http://www.med.tottori-u.ac.jp/p/oshirase/oshirase/2/


49 :名無しさん@おだいじに:2006/07/27(木) 22:32:52 ID:L7+2g6lM
いかんせん地味すぎ

50 :名無しさん@おだいじに:2006/07/28(金) 23:58:20 ID:h8evLl/m

古人骨の血液型

日本人の血液型は、A型、O型、B型、AB型が4対3対2対1の割合で
ある。しかし、アメリカの先住民族のなかにはすべてO型という民族もある。
血液型の分布が人類の移動などの解明に役立っている人類学と、昨今の血液
型による人格・相性診断ブーム。

http://www.nnn.co.jp/tokusyu/hone/060723.html


51 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)