5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

猫と語ろう国語教育

425 :MUSIC345:2006/12/08(金) 19:36:00 ID:pjn8Hpw5
>>396-401
◆yk/JpL/Z9Uさん、どうも有難う御座いました。私はまだ何事
も勉強段階で、哲学や文学の分野には全く疎いので、とても参考になります。
これに対して、なにか返答をしたいのですが、なにせこちら側の知識が希薄なため、
すぐには出来ません。それに現在結構多忙なためもあり…また ◆yk/JpL/Z9Uさんの仰ったことを参考にして、勉強したいと思います。

あと、グールドやバッハについて。
グールドの対位法の意識は本当に抜きん出ています。
断片の何処をとっても、グールドはよく「聴けて」います。
だって、対位法として書かれていない様な箇所でも、対位法のように聞かせるのですからね。
例えば、ブラームスの間奏曲やバラードにおいて結構顕著です。
ご存知のように、グールドは32歳でコンサート活動から引退し、50歳で亡くなるまで録音のみで
演奏活動をしました。
グールドもある意味ピカソと似ている点もあるかもしれません。
グールドを知らないで、グールドが凄いと思える人がどれだけ居るのでしょうか。
おそらく、相当音楽を聴き込んでいる人にしか不可能でしょう。
それに、グールドも◆yk/JpL/Z9Uさんがピカソについて仰っていたように、
>>356「表現を伝わるということによって根拠付ていなかった」でしょう。
だから、グールドは一般の聴衆には不向きであったかもしれませんね。

録音は何回も再生が可能です。その点で、音楽も絵画に近づくことが出来るかもしれません。
つまり、一回性が薄れる。
そこで、絵のように鑑賞し続けることで良さが見えてくることもあるでしょうね。
私も、実際そうでした。3年位前では、殆ど良さがわからなかったのですが、最近になって
ようやく少し分かるかな、といったところです。
その対極にあるのがルービンシュタインのような奏者ですかね。彼の人間性は多くの人々を魅了しました。
まさに、演奏家と聴衆とのコミュニケーションです。その点で、グールドは、人を拒絶する所があり、まさに
音楽とだけ付き合っている。実際、友人も殆ど居なかったようだし。
でも、それぞれ両方の立場でしかできない音楽がきちんと成立しています。

430 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)