5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

染髪の禁止は断じて許さぬ。

1 :実習生さん:2006/11/17(金) 00:24:57 ID:5MyJCi+C
学校の中には、染髪や長髪の禁止を押し付ける所があるが
これは完全に生徒の人権を侵している。坊主頭の強制など
論外である。以上の意見に反対する教師ドモは、自由をモットー
とする民主主義への挑戦であり、断じて許されるべきものではない。
民主主義に反対する国賊教員を即刻日本から追放せよ。

136 :実習生さん:2006/11/20(月) 10:01:16 ID:ZvsAXwY1
俺は町に出かける時は制服を着た。
今のある高校生の生徒手帳を見せてもらったが、休日の服装にまで規定はないようだ。
もちろん学校によると思うが。

137 :実習生さん:2006/11/21(火) 11:54:44 ID:iHDeb7mu
一般的に、茶髪なんか許可すると学校が荒れますから
入学者は減るし偏差値も下がりますよ
進学就職実績も下がって不人気校になります

だから私立も規制するのです

138 :実習生さん:2006/11/21(火) 13:54:41 ID:JZHvDefB
>>135
俺が通ってた高校は休日の服装まで規定してなかったな。
当時他の学校の生徒が休日まで制服を着てるのをみて疑問に思ったもんだが、
そんな校則があるところがあったんだな。

139 :1:2006/11/22(水) 08:17:54 ID:7i/hdnn0
私がこのスレッドを立ち上げたが、どうしてお前らはこんなに反対するのだ?
やけにみんな保守的だな?
お前らは、現役教師か?

よし。説明してやろう。

まず憲法13条から導かれる権利に自己決定権というものがある。
自己決定権とは、「髪型・服装・妊娠などの重要事項を自らの意志によって
決定する権利を有する。」というものだ。
このことをみれば校則が自己決定権を侵害しているのが解るだろう。

さらに、法律論について少しかじった奴は部分社会論により校則の
正当性を主張してくるであろう。しかし「子供の権利に関する条約」
の第13条から第15条をみれば確かに、「教育現場において憲法で保護されている
権利のうち、教育上必要であれば一定の制限を設けることができる。」とある。
ここまでなら校則は正当なものだと断言できるが、この法にはさらに付け加え
があって「ただし立法府が定めた法に基ずく」とある。
校則は立法府が定めたものではない。従って部分社会論は適用できないにである。






140 :実習生さん:2006/11/22(水) 08:23:52 ID:csmb/SEb
議論はすでに尽くされた。
>>1は学校を選ぶ権利を行使して染髪禁止の学校に自ら入学した。
その点での自己決定権は誰も阻害していない。
1>>の様な生徒は学校の風紀を乱し、他の生徒が教育を受ける権利を阻害する。
周囲の生徒の自己決定権を奪う。
どうすべきかは自明の理。
これ以上の議論は不毛。


141 :実習生さん:2006/11/22(水) 08:37:37 ID:q+KKUcxC
おバカだね
学生のほうが多いだろうこの板は

残念ながら君は憲法13条(これは日本国憲法の心臓である)を挙げたのにもかかわらず
「公共の福祉」について言及できていない
権利(この場合民法上の権利ではない、=国民の権利=人権=基本的人権)の制限について、
「公共の福祉」をすっ飛ばすようでは話にならない
「公共の福祉」について調べ直しなさい

条約など引っ張ってくる必要はない
憲法は条約をも優越する最高法規だ

142 :実習生さん:2006/11/22(水) 12:08:52 ID:W/aZyO2z
>>139
頭髪規制は、生徒心得で規制されていることが多い。生
徒心得は、学則の委任を受け、あるいは施行のために制定
された校内規定で、公立学校については公法上の特別権力
関係で、私立学校については私法上の契約関係で説明され
ている。この種の関係にあっては、設置者に優越的な地位
が認められ、生徒は設置者の指示や命令に従わなければな
らず、これに反した場合は懲戒罰が加えられる。

『Q&A生徒指導の法律知識 −ここが危ない学校の「常識」−』
下村哲夫 文教書院 1989

かいつまんで言うと、公立学校は「公の施設」の一つなんだわ。
んでもって、この「公の施設」ってやつにはいくつかの権限が認められる。
利用条件の設定、利用対価の徴収、命令懲戒権なんかがこれにあたる。
私立学校の場合は「私法上の附合契約」なんだとさ。附合契約っつーのは
要は契約当事者の片方の言うことにもう片方が事実上従わなきゃならん
っていう契約のことな。

143 :実習生さん:2006/11/22(水) 12:11:23 ID:3+xE3kic
>>142
ちょっと古い。現在では、両者ひっくるめて部分社会論が適用されてる。

144 :実習生さん:2006/11/22(水) 12:11:27 ID:W/aZyO2z
ちなみに基本的人権云々も最高裁の判例によると
教育の目的達成に必要であり、その内容が社会通念に照らして
合理的と認められる範囲のものであればさしつかえないとされてる。

残念だったな、>>1さんよ。

145 :実習生さん:2006/11/22(水) 12:14:48 ID:W/aZyO2z
>>143
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E5%88%86%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E8%AB%96

これのこと?手元の資料(>>142)が古いものしかなくてな。すまんこ。

146 :実習生さん:2006/11/22(水) 12:41:30 ID:kc4e49KV
>>139
>ただし立法府が定めた法にもとずく(なぜか変換ry)

これは>>144のような理由に該当せず、違法な生徒心得はダメだってことだろ。
部分社会論はすでに法廷で適用されてるんだから不服なら同じく法廷で争い、覆すべき。
少なくとも現在は部分社会論の適用が司法による判断。

例えばアルバイトの禁止なんかは認められるが、違反したら羽交い締めにして無理矢理坊頭にするなどというものは認められない、ということだろ。

147 :実習生さん:2006/11/22(水) 14:19:33 ID:csmb/SEb
いずれにせよ、「染髪の禁止」は認められるってこと。
>>1に勝ち目はない。

148 :実習生さん:2006/11/22(水) 16:48:16 ID:o7vRbt8n
休日の制服着用はOKで染髪は許さないという、その考えおかしくないか?
どちらも禁止事項だろ。
染髪もいずれ、男子学生は丸刈りで帽子着用みたいに風化してなくなると思うがな。

149 :実習生さん:2006/11/22(水) 16:54:45 ID:q+KKUcxC
おかしくないね

150 :実習生さん:2006/11/22(水) 17:13:16 ID:W/aZyO2z
>>148
休日に制服を着るのは社会通念上まずいことなのか?
髪を染めるのは生徒の周囲の環境や生徒自身がTPOに
あわせて髪の色を整えられるかどうかによっても違ってくるぞ。

近くに風俗が多いとか、暴走族がいるとか、そういう環境なら髪は染めないほうが
生徒自身の身を守ることにもつながるし、生徒の安全を保障する責任のある学校が
そうした措置を講じるのは間違ったことではない。
逆に、比較的治安のいい地域で生徒もTPOをわきまえているのなら普段の
髪型や服装くらいは自由にすべき。

どうでもいいけど、お前んとこでは休日に制服着ちゃいけないの?
逆に休日も制服着用を義務付けられてるところや特に規定の
ないところもあるみたいだけど。ちなみに俺の母校は休日の服装は自由だった。

151 :実習生さん:2006/11/22(水) 17:47:25 ID:xXwZ1jb+
>>139
・自己決定権について争った「修徳高校パーマ退学事件」とその結論
・「子どもの権利条約」が有する法的拘束力とペナルティ
・学校教育法における懲戒権
これらを踏まえてから再反論するように。

>>148
休日だけ茶髪にすればいいじゃん。
丸刈りじゃないだけ十分自由だと思うんだがなあ。


152 ::2006/11/22(水) 21:40:31 ID:7i/hdnn0
>>140
公立中学は義務教育。従って学校を選ぶ権利を行使したことにはならない。
校区によって強制的にその学校に行かなければならない。
(まあ、東京都では公立の学校でも学校を選べるそうだが、私は東京都
に住んでないんでね。)
>>151
よし、再反論してやろう。
まず、修徳高校の件だが、修徳高校は私学。従って校則を護るのは
自分の意志だと判断されるのは当たり前。私がいっているのは公立校の場合。

次に「子供の権利条約」が有する法的拘束力とペナルティーについて。
子供の権利条約には「教育のため、ある程度の人権の制限ができる。」と
あるがそれは立法府が定める法に基ずく。校則は立法府の定めたものではない。
よって自己決定権のほうが優先される。

最後に学校教育法における懲戒権だが、上で述べたように自己決定権は
校則より優位な立場にある為、染髪を理由に懲戒権を発動することは不可能。



153 ::2006/11/22(水) 21:41:58 ID:7i/hdnn0
>>144
>ちなみに基本的人権云々も最高裁の判例によると
>教育の目的達成に必要であり、その内容が社会通念に照らして
>合理的と認められる範囲のものであればさしつかえないとされてる.

確かにその判決の例はある。だが熊本の事件など、校則についての裁判が
行われたのは1994年。古すぎる。
自己決定権とは、教科書にも出てくるように新しい人権のひとつ。
当時は自己決定権なるものは存在しなかった。

それと「基本的人権」と「公共の福祉」で私に反論してきたバカがいたが、
ただ「権利」ということに対しては公共の福祉に反する、ということがありえるが、
「基本的人権」は公共の福祉に反しないんだよ。(法律論では常識)



私は現役法学部の学生。法学について私に刃向かうなど100年はやい。

それとここには学生が多いそうだが、みんな染髪の禁止には反対だと思っていたのに
意外だな・・・・。
学校に束縛されてくやしくないのか。


154 :実習生さん:2006/11/22(水) 21:50:01 ID:cTDGtYei
>>1
ならば、訴えて勝て。
そうすれば皆が納得する。

155 ::2006/11/22(水) 21:53:39 ID:7i/hdnn0
>>154
金と時間がかかるからねぇ。
だが2006年の現在、染髪の禁止について訴訟を起こしたら、
学校側が必ず負けると確信している。

156 ::2006/11/22(水) 21:55:04 ID:7i/hdnn0
そもそもみんなは、染髪の禁止について賛成か反対か、それだけを尋ねたい。

157 :実習生さん:2006/11/22(水) 22:09:31 ID:cTDGtYei
つまり、そこまでやるほど茶髪にしたい訳でもないって事か

158 :実習生さん:2006/11/22(水) 22:10:46 ID:b++SVuhA
んで、ここで暴れてストレス解消

159 ::2006/11/22(水) 22:11:33 ID:7i/hdnn0
>>158
ていうか、私はもう髪染めてるし、大学からは何も言われたことないし。

160 :実習生さん:2006/11/22(水) 22:40:26 ID:LZxgxfrh
>>159
大学生にもなって民主主義がどうのこうのって中学生みたいなこと言ってるの?

161 :実習生さん:2006/11/22(水) 22:45:54 ID:plq/SHc1
ID:7i/hdnn0、複数の所で同じことやらなくても良いと思うけど?
それと、自己決定権については現状では論議中で、条文化はされて
いないそうだけど?。あっちで言われてるよ。

162 :実習生さん:2006/11/22(水) 23:07:24 ID:a64Rv4/V
>>152
俺は法学部を卒業して数年経つが・・・
覚えたての法律知識でどこまで茶髪を擁護できるか見届けるとしよう。

1.校則が存在する正当性に公立・私立の違いが関与することはない。
すくなくとも高校は義務教育ではないから入学自体が「自分の意志だと判断」されて当然ということになるな。
そもそも、公立は自分の意志で入学したのではないから校則を守らなくてもいい、という言い分が通ると思うか?
もしかして高校に行かなければ就職できない、大学に進学できないのだから自分の意志だとは言い切れないとでも返すかな。

2.自分で認めている通り「子どもの権利条約」は立法・行政を対象にしているということだな。
根本的に、条約とは国と国の間で発効するものだ。
つまり条約が個人を拘束することもないし、保護することもない。
ましてや校則は個人における私権上の事柄なので条約は一切干渉できない。

子どもの権利条約は、発展途上国や戦争・災害状態で子どもの人権を国際的に相互扶助する意義から成立したもの。
国際社会としては、日本の学校の校則に口を出すより先になすべきことはいっぱいあるということだ。

3.公共の福祉に反しない限り校則は有効となる。
各学校が子どもの権利条約を遵守する法的根拠も存在しないので、懲戒権を制限されないし懲戒を免れることは出来ない。
>>153の内容にもかかわることだが、校則が無効となるためには「公共の福祉に反している」などの要件を満たす必要がある。
自己決定権をもとに茶髪禁止に反対するなら、国内法にもとづいて校則の有効・無効を争わねばなるまい。
国内法とはまったく関係のない条約を持ち込んだところで校則の正当性を問うことは出来んよ。

163 :実習生さん:2006/11/22(水) 23:42:35 ID:PUQ4ktwb
>>153
>それと「基本的人権」と「公共の福祉」で私に反論してきたバカがいたが、
>ただ「権利」ということに対しては公共の福祉に反する、ということがありえるが、
>「基本的人権」は公共の福祉に反しないんだよ。(法律論では常識)

プッ
バカはお前だろう
調べ直せ

164 :実習生さん:2006/11/22(水) 23:47:20 ID:zySK6qAr
Wikipedia「自己決定権」項目より

 しかしながら、ある特定の行為を自己決定権として裁判で明言することは、そのことについて権利としての先例を作ることになり、司法の側には困難が伴う。

>>155
まずは茶髪に出来ないことでどんな不利益または損害を蒙るのか立証しないとね。
染めないという条件付きで長髪が容認された校則もあるんだから、
茶髪にしなくても別段問題はないというのが結論じゃないの?

165 :実習生さん:2006/11/22(水) 23:50:54 ID:PUQ4ktwb
とにかく次は「公共の福祉」について調べてから出てきてもらわんとな
中学生レベルの憲法の知識がないから


166 :実習生さん:2006/11/22(水) 23:59:43 ID:3+xE3kic
うーん、公共の福祉云々以前に決着がついてますからねぇ…
学校は特殊な部分社会だから、そもそも裁判所は出る幕でないと。
出る幕でないと言うことは、公共の福祉も検討しない、と。
もちろん、人権もよっぽどでない限り、検討しない。

167 :実習生さん:2006/11/23(木) 22:01:25 ID:SybcjjyW
>>1はここでどんなにあがいても、社会では受け入れられないバカ。
決定!

168 :実習生さん:2006/11/23(木) 22:11:48 ID:hqOQZMtT
>>153
自己決定権をめぐる裁判の例としてwikipediaで挙げられている
どぶろく裁判は1989年のものなんですが、その点についても反論をどうぞ。

169 :実習生さん:2006/11/23(木) 22:22:26 ID:y5RbD4vo
茶髪にしたいと思わない奴にとっては束縛でもなんでもない。
自分がこう思うから他人も思うはずだと決め付けてる典型だな。
そんなんで校則を批判してるんだからあきれるばかりだ。

170 :実習生さん:2006/11/24(金) 07:05:06 ID:c4XYQGoI
人権バカどもへ

生まれながらにもつ人種固有のアイデンティティーたる身体の特性を
人為的に改変するなどもってのほか。

クソガキとその親には人権はない。

髪染める金あるなら、給食費を払え、生活保護を受けるな!

171 :実習生さん:2006/11/24(金) 07:59:18 ID:uEjbHilN
何で突然生活保護と休職費が出るのやら

172 :訂正:2006/11/24(金) 08:01:00 ID:uEjbHilN
何で突然生活保護と給食費が出るのやら

173 :実習生さん:2006/11/25(土) 09:26:51 ID:0/U2CkgO
何で突然染髪の禁止は断じて許さぬなんて非常識な話題が出るのやら。

174 :実習生さん:2006/11/25(土) 09:50:56 ID:XmGPig1w
コピペ面倒なスレタイが非常識なのは認めるのだが、本質に無関係な
事を持ち出すのはやめといた方が。

175 :実習生さん:2006/11/25(土) 18:29:50 ID:NRpJ6HBx
自称法学部生=>>1は現在なら裁判に勝てると言い張っているが、
ためしに法廷に立って原告側を弁護してみるといい。
自己決定権は国際法と憲法で認められている、と主張して果たして受け入れられるかどうか試してみろ。
「法学について私に刃向かうなど100年早い」と豪語するくらいだから容易いはずだ。


176 :実習生さん:2006/11/26(日) 09:05:26 ID:rN+pfMmq
私大法学部なんて、有象無象に存在するからな、日本にはw
痴呆Fランク大学生にいちいち突っかかるのを見てると、大学受験に縁遠かった…ry

177 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:17:55 ID:dM17+qSf
>>175
まあそう言ってやるな。法律を勉強して間もない奴ってのは、
とかく自分の知識をみんなに披露したがるものだ。
こういう自称法律中級者が一番痛い目にあうものなのだよ。
法律を勉強してる奴なんか世の中には腐るほどいるからな。

178 :実習生さん:2006/11/27(月) 13:25:08 ID:qheht95R
>有象無象に存在する

それを言うなら無尽蔵

179 :実習生さん:2006/12/02(土) 01:18:54 ID:rAtW23ZO
そんなにギチギチ必死にならんでもいいと思うのだが。
片や人権を持ち出して必死にてーこー。
はたまたもう片方も弊害ほじくり返して必死にてーこー。
あたしにゃ、両軍目糞鼻糞に見えるな。

180 :実習生さん:2007/01/09(火) 22:13:51 ID:pW4QrBs6
あげ

181 :実習生さん:2007/01/11(木) 02:07:48 ID:EIO1v5YG
染髪ね。
法律的にもそう問題は無いと思うが。
教育する立場からは、やはり生徒の自己決定は尊重したい。
本人がそうしたいって言うなら認めてやりたい。
だが受験の面接の時だけ黒く染め直すってのは卑怯なんだ。
自己決定は自分の好きなようにするって意味じゃないってことを知って欲しい。
自分と周りのことを考えて、それで自分で決断を下す、それが自己決定っていうものなんだって知って欲しい。
決定するという、その重みを理解して欲しい。


182 :実習生さん:2007/01/11(木) 16:04:14 ID:GTAMF9ch
>>181
>だが受験の面接の時だけ黒く染め直すってのは卑怯なんだ。
それを言うなら大学生も含めてほとんど全ての大人に共通して
言えることだがな。
子供にそれを知って欲しいと言うのなら、まず大人がそれを実践しなければ
説得力がない。

183 :実習生さん:2007/01/11(木) 19:37:09 ID:1XgQ9BI0
>>182
大人が実践すれば子供も追うようになるってか。
まるで先物取引だな。

184 :実習生さん:2007/01/11(木) 20:31:22 ID:khWI2DCr
>>181
『教育する立場からは、生徒の自己決定を尊重したい』だってwwww

面白すぎて鼻から豆が飛び出したwww



本当にこいつは教育者か?

185 :実習生さん:2007/01/11(木) 22:22:38 ID:2jjjcXhp
>>181 はバカなので放置しろ

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)