5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

○●○●いじめ統一スレッド18●○●○

1 :実習生さん:2006/11/23(木) 17:19:06 ID:Mp1SKFQD
ここは教育現場におけるいじめについて語る〈統一スレッド〉です。
議論・体験談など、いじめをめぐる話題はこちらでどうぞ・・・。

【前スレ】
☆いじめ統一スレッド14☆(実質17)
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/edu/1160191597/

☆深刻な悩みをお持ちのかたは人生相談板へ行くといいかも…。
【人生相談@2ch掲示板】http://life5.2ch.net/jinsei/

2 :実習生さん:2006/11/23(木) 17:40:52 ID:FXJa3rqL
いじめは犯罪行為である(さんざん既出)
したがって、それは生徒間の個人的ないさかいとは異なるものである。
@教師は少なくとも学校内において犯罪の被害に会っている生徒を保護するなり助けるなりする必要がある。すくなくともそういう努力をする必要がある。仕事だから。
Aあるいは、教師がが学校という社会の秩序を維持するつもりなら、なおさら、いじめという犯罪行為に対処すべきだろう。ここまでくると、仕事というより義務である。
教師が対応できない犯罪であるのなら、犯罪に対応する機関である警察を介入させるべきである。これは@とAの理由に寄って、生徒のみならず、教師もやるべきではないだろうか。
犯罪に自分で対応できるならやるべきだし、できないのなら警察を呼ぶ。学校の秩序維持と学校内で犯罪に巻き込まれた生徒のために。

ていうか、普通、目の前で犯罪起こったら警察呼ぶだろ、一般的に。


3 :前スレ504:2006/11/23(木) 18:24:43 ID:vpJSAEwY
>>2
お前しつこいな。教師が独断で警察呼んだら、下手したらクビになるよ。

4 :実習生さん:2006/11/23(木) 18:28:04 ID:Qenxhb5T
日本一のアホ高校ってどこ?
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1164194878/

5 :実習生さん:2006/11/23(木) 18:31:13 ID:Mp1SKFQD
まだ、前スレが埋まってません。そっちを先にどうぞ。
☆いじめ統一スレッド14☆
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/edu/1160191597/

6 :実習生さん:2006/11/23(木) 20:45:59 ID:FPpTv3Ga
いじめを解決する方法はただ一つ。
やり返す。 コレしかない。
ちょっとやそっとではダメ。100倍くらいにして返す。
そうしないと後でまた返り討ちにあうので、
触らぬ神にタタリなしという位に強烈な恐怖を相手に植え付けなければならない。

リーダー格や実行役、あるいはやられていて一番ムカつくヤツを
夜道で襲うのがオススメだ、凶器は必要になるだろう。
特殊警棒か短めの鉄パイプがとり回しが容易で振り回すのに有利。
それに近い武器、なければ、ビール瓶が入手性が高いだろう。
催涙スプレーで急襲することを推奨。
相手の鼻の骨を潰し、髪の毛を燃やせ。
骨を折るのは大変良い。腕や足、アバラか鎖骨、最も苦痛を与えられるのが指だ。
そこからどこまでやるかは気の済むまでお好きなように。

殺すのは流石に自分や家族の人生にとってもリスクやダメージが大きいので、
そこは踏みとどまって欲しい。
でも、死ぬくらいなら殺せ!


7 :前スレ504:2006/11/23(木) 21:06:15 ID:vpJSAEwY
>>6
それだけの重傷を相手に与えれば、君は確実に少年院送りだ。

8 :実習生さん:2006/11/23(木) 21:43:48 ID:FPpTv3Ga
いじめの暴力は刑事犯に相当しますが何か?

9 :実習生さん:2006/11/23(木) 22:01:49 ID:yeHRabL9
アメリカの裁判中の事件を思い出した…
気持ち的には仕方ない部分もあるだろうがな
>>6
そんな事出来る位キレてりゃいじめられないだろw

10 :前スレ284:2006/11/23(木) 22:12:49 ID:8OTki2dK
「いじめ24時間電話相談ネットワーク」を開設
http://www.geocities.jp/wwnmf843/school/denwa-network.htm
直リン、スマソ。このサイトのトップページがあまりにアレなんで。

関連記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061123it13.htm?from=top

11 :前スレ504:2006/11/23(木) 22:20:49 ID:vpJSAEwY
>>10
そこに電話したら、具体的にどんなアドバイスをしてくれるのだろうか?
まさか「司法に訴えなさい!」とは言わないだろうな。

12 :実質16スレ284:2006/11/23(木) 22:52:10 ID:8OTki2dK

「前スレ284」=>>10です。
新スレになったことで漏れの名前が「前スレ284」では
正しくなくなるので変えます。
これから変更せずに済むよう「実質16スレ284」としますのであしからず。

13 :実習生さん:2006/11/23(木) 22:57:30 ID:DCnn0sk7
>>12
このスレで、判りやすくすることは必要かもしれないけど、自己顕示する必要はないよ。

14 :実習生さん:2006/11/23(木) 23:10:11 ID:xIAigIsa
学校のイジメアンケートはまったく意味がない、
イジメがあっては困る人間の作るアンケートは、イジメがなかったと
結論を出す、アリバイ作りの免罪符になっている。
とくに記名式なんていうのは論外。

15 :前スレ504:2006/11/23(木) 23:24:40 ID:/9meQ3Um
俺はここのスレで、簡易裁判所で弁護士を立てない本人訴訟を起こすことを
提案したが、これにはなかなか勇気がいるだろう。
かと言って、弁護士を立てるにはお金がかかるし・・・と悩んでいる人へ。
法律扶助制度って知ってる?
これは、弁護士の費用を立て替えてくれる制度。無料の法律相談も
行っている。
ttp://www.jlaa.or.jp/

16 :実習生さん:2006/11/24(金) 00:00:44 ID:giSsN1t/
>>14
「実態の把握に努力しています」っていうポーズでしかないよな。
記名式なんてのは「余計なことは書くな」って無言の圧力。
そうじゃなくても、それがいじめかどうかなんて書く奴の都合次第なんだから
どのみち正確で客観的な状況把握なんて無理。
そんなことで世間に申し開きが出来ると本気で思ってるんなら、
やっぱり教師って人種は世間知らずなんだよ。
もっとも、その世間もこんなわかりやすいデタラメを見過ごしてんだから、
いじめを無くそうなんて本気で考えてる奴も
実は殆どいないって事なのかも知れんけど。
問題だ、今こそ何とかしなければ、って人前では騒いでみても、
直接自分になんらかの影響が無い限りは
現実には顔も知らないどっかの子供がいじめられてることなんかよりも
携帯落っことして壊しちゃったことの方が遥かに重大事だろ。

17 :実習生さん:2006/11/24(金) 00:00:49 ID:KU0IzlV3
1簡裁提訴は勧められません。そもそも請求額140万円までですしね。
簡裁の訴訟代理人には弁護士である必要がないので相手方に弁護士費用を
かけさせられません。
2弁護士費用は着手金30万円くらいと思いますよ。そのくらいの
お金はかけましょう。適切なアドバイスが得られますよ。
3なお提訴して万一まけても相手方から訴え提起が不法行為として
逆に訴えられる心配はありません(これは前スレ735への答え)。
最高裁は裁判を受ける権利が憲法の保障する基本的人権であることを重視して
「敗訴者が敗訴の確定判決を受けたことのみにより直ちに
当該訴えの定期を以て違法ということはできない」とし
当該訴えが事実的・法的根拠を欠くこと及び
通常人が容易にそのことを知り得たのにあえて訴えた
場合に限って提訴を違法としています。
訴えを提起する際に提訴者に於いて自己の主張する権利の法的・
事実的根拠について高度の調査は必要ないというのです。
その理由は裁判制度は自由に利用されるべきだからです
(昭和63年1月26日判決)。


18 :うp職人:2006/11/24(金) 03:15:00 ID:2aPRGtJI ?2BP(1)
>>17
簡易提訴をするくらいなら、取れる金額は30万としれてるが
漏れなら、弁護士もいらない、一日で判決が出る「少額訴訟」を
勧めるよ。いじめられたら、前スレに書き込んだように、ICレコーダーか
ピンホールレンズカメラで「動かぬ証拠」を採取する。これで、いじめ
野郎の特定が出来たと確認したら、提訴する。
http://www.e-legal-office.net/syougaku/qa.htm
http://tantei.web.infoseek.co.jp/syogaku/tokucho.html
「相手に殴られ、慰謝料として10万円を請求する」
といった場合も金銭の支払いを請求しますので、対象となります。
http://www.e-legal-office.net/syougaku/susume.htm
まあ、相手がおおざっぱで出廷して来なかったら、それは大いに有利な
判決がでるね。こっちには、いじめ現場の動画か音声ファイルがあるわけ
だからね。いじめには、簡易裁判所で「少額訴訟」で対処するべきだと思う。


19 :実習生さん:2006/11/24(金) 08:35:05 ID:jmbSuWBy
今日深夜1時20分からのテレ朝系「朝まで生テレビ!」
「どうする?どうなる?日本の教育」
 安倍政権が力を入れる政策のひとつに「教育再生」があります。
 安倍氏は総理就任直後から教育再生担当の首相補佐官を置くとともに、鳴り物入りで「教育再生会議」を立ち上げ、教育基本法の改正にもすこぶる積極的でした。
 しかしながら、皮肉なことに、そんな安倍氏の登場を待っていたかのように、教育にかかわるさまざまな問題が噴出し始めたのです。
 相次ぐ「いじめ自殺」に高校の「単位未履修」の問題。教育基本法改正についてのタウンミーティングでの「やらせ質問」など、いったいどこから手をつけてよいのかわからないほど、
 問題は広範にわたり、一概に「教育」の問題と言ってもなかなか対応は難しそうです。
 さらには、毎日のように報道される、残忍な「親殺し」「子殺し」事件の数々などは、現代社会の家族やコミュニティの抱える問題の深刻さを示しています。
 核家族化や地域コミュニティの崩壊は、その弊害が指摘され始めてから、すでに四半世紀は過ぎているでしょう。そして、核家族化や地域社会の崩壊のしわ寄せが、
 学校教育などの「制度」へ過剰な負荷を与えているという指摘がなされるようになってからも少なくない時間が経ているはずです。
 にもかかわらず、「いじめ」を含めた一切の問題は解決されず、今日に至り、日々その状況は悪化しているといっても過言ではないのではないでしょうか?
 これらの問題は「教育」の枠を超えた国民的課題であることは間違いありません。
 そこで、今回の「朝まで生テレビ!」では、最近の教育問題を入り口に、家庭や地域社会のあり方などの問題まで徹底討論します。
【ゲスト】葉梨康弘(自民党・衆議院議員)、蓮舫(民主党・参議院議員)、福島みずほ(社民党党首、参議院議員)
伊藤玲子(『女性塾』幹事長)、喜入克(都立高校教師、プロ教師の会)、鈴木義昭(元東京都教育委員会指導主事)、寺脇研(元文部科学省)、中嶋博行(作家、弁護士)
長谷川潤(大阪府公立中学校教諭)、宮崎哲弥(評論家)、森越康雄(日本教職者組合委員長)、八木秀次(高崎経済大学教授、『日本教育再生機構』代表)
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/
絶対にお見逃し無く!

20 :記憶:2006/11/24(金) 12:20:08 ID:j0A38soW
>>14
いじめられてる側からしたら、
んなアンケートされたら
更に怯えるし心を閉ざしちゃうよな

昨日ニュースでいじめが題材の演劇を中学生がやってた
演技なんだけど、
死ね!キモイ!というセリフの連呼が怖かった
昔の体験がフラッシュバックしてきてさ…
今もう30で結婚もして幸せなんだけど、
ふっと思い出しては苦しくなる
気付くと、いじめた人達や口だけの担任の先生を思い出して
頭の中で殺してるんだよね…

こんな事思っちゃいかんと分かってても、
ふっと考えてしまう…

多分、あの人達を一生完全には許す事が出来ない

21 :うp職人:2006/11/24(金) 12:25:06 ID:2aPRGtJI ?2BP(1)
前スレの996に一言
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/edu/1160191597/996
>入って担任教師に子どもさんの事を話すべきです。
>そして、いじめを無くす事を教師から確約を取るべきです。
>恫喝も必要です。
>解決できない場合、校長、教育委員会、弁護士に相談するとまで話すべきです。
その場合は、ICレコーダーか音声付きピンホールレンズカメラの携帯が必須だね
相手は、誰でもそうだが、自分にとって都合の悪い約束は、いざとなったら
反故にするか、「言わなかった」と言い張るだろうからね。
大人になったら「言った、言わない」の水掛論は無駄な時間を過ごすだけ
だからね・・・

22 :実習生さん:2006/11/24(金) 12:40:53 ID:T/WJBwYS
担任にバカだの首絞めるぞだの言われて、教育委員会にいったら相手にされませんでした。知り合いの弁護士さんが文書を作成してくれるらしいんですが、それで効きますかね?

23 :実習生さん:2006/11/24(金) 13:05:57 ID:dZJl34ve
マエスレ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
997 :実習生さん :2006/11/24(金) 11:45:00 ID:6hnoHQOO
>>996
先生には以前、友達が悪口を言うということで相談したことがあります。
すぐに注意して頂け、相手の子供達も何もしなくなったそうです。
でも、表だっていじめられなくなったので、授業内でいじめている気が・・・
他のいじめられ役の子達も、友達から軽く見られている子達です。
なんでこんな劇をするのかが不思議です。いじめっこ達のガス抜き?

いじめ劇を子供にさせるのがトレンドなのかしらと思い、
この板で聞かせて頂きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子供さんが、ジャンケンで勝ったのにいじめられ役にされた。
見に来ないでくれと言っている。
この教師は、ケアも出来ないくせに、自分勝手な思い込みでいじめ対策をしてると思い込んでいる大馬鹿。
>すぐに注意して頂け、相手の子供達も何もしなくなったそうです。
こんな教師が担任だったらすぐ再燃し、へたをすると激しくなるような気がします。
とにかく、大抗議してみませんか?
親は、多少DQNなくらいでちょうどいいのです。
この時代、大人しくしていたら教師は付けあがる一方です。

DQNな親には、その情報が流れれば子供もいじめなくなります。
何されるか怖くて。
親だったら子供のために悪役にならないと。

24 :うp職人:2006/11/24(金) 13:09:28 ID:2aPRGtJI ?2BP(1)
>>22
だからICレコーダーの安めのものを買って
胸ポケットに忍ばせて改めてその担任に会いに行くんだね
それで「先生、この間私に言った事を謝ってください」
と言うんだね。そうすると相手は「何のことだね」というだろうから
罵倒したり恫喝した事を確認させるんだ。その事実を認めたら
その音声を録音したまま、帰ってくれば良い。


25 :十色:2006/11/24(金) 13:17:06 ID:zINdV94j
自分は正常と思いたい

この世には、いろんな人がいます。
いじめてないつもりでも、傷ついている人がいれば逆に、
いじめ(嫌い)ているつもりでも、何てことない人もいます。
様々なパターンがありますが、いじめてるも、いじめてないも、人間の心しだいだと思います。
いじめている方が悪い場合も、いじめられてる方が悪いのも、あると思います

一度何故そんな事が起きるか考えた事があります
間違えた事をして人に笑われて(事例)嫌な思いをした事が一度は誰にでもありますよね?自分が間違えてると思ってなくても
嫌な思いは誰だってしたくないです
自分は正常だと思いたいんです。
そこで学校で泣いただの、こいつは障害者だとか、会社の大事な書類を無くしただの、みんなと違うところ、人の穴を見つけるんです(無意識に)
そこで自分を守るために、嫌な思いをしないために、『こいつはおかしい!』となるんだと思います

力が弱い人、強い人 心が弱い人、強い人 頭がイイ悪い 体の色、髪も色 目 声 短命、長寿 いろんな・・いろーんな人がいます
その中で弱くなるのはみんな出来ます
強くなるのは難しいです。でも強くならなくちゃいけないと思う。
言葉足らずで、思った風には伝わってないかも知んないけど僕の思うことでした


26 :実習生さん:2006/11/24(金) 13:18:57 ID:zW2yXUxS
ほぉ、いじめられっこに、つよくなれと。
仮につよくなったら、いじめたやつを、なぐり、刑まわして
どうどうめぐり?
あたまおかしいんですか?

27 :十色:2006/11/24(金) 13:22:16 ID:zINdV94j
違います
いじめっ子も強くならなくちゃいけないの

>仮につよくなったら、いじめたやつを、なぐり、刑まわして
どうどうめぐり?
これは強くないです

28 :実習生さん:2006/11/24(金) 13:23:30 ID:zW2yXUxS
なぜに?

29 :実習生さん:2006/11/24(金) 13:30:55 ID:dZJl34ve
>>25
>強くなるのは難しいです。でも強くならなくちゃいけないと思う。
いじめ加害者は強いからいじめるのではない。
いじめ被害者は弱いからいじめられるのではない。

人をコントロールしたい。
その気持ちから、いじめが発生します。
そのコントロールに乗り逆らわない子供は、いじめの対象にはなりません。
コントロールに乗りたくない子、無頓着でコントロールに気づかない子は、いじめの対象になります。
コントロールに乗りたくない子は、強い意志の持ち主です。
いじめに加担せず、不正な行為(万引き)などに加担しないために、いじめの対象になります。
無頓着な子供の特徴は、空気が読めない、自分の世界で行動する。等。
それは、コントロールする側の勝手なルールです。

30 :十色:2006/11/24(金) 13:45:45 ID:zINdV94j
>人をコントロールしたい
そうゆう場合もあるでしょう

コントロールの基本概念を『自分を正常と思いたい』とすれば共感できますかね?


31 :実習生さん:2006/11/24(金) 13:52:42 ID:dZJl34ve
>>30
意味わかりません。

32 :実習生さん:2006/11/24(金) 13:55:19 ID:zW2yXUxS
>30
映画のハンニバルか?

33 :実習生さん:2006/11/24(金) 13:55:52 ID:6hnoHQOO
>>23
仮に担任に抗議して、配役が変わったとします。
でも、子供達が決めたことを一親の意見でくつがえしては、
ますます子供が浮いてしまわないでしょうか?

34 :実習生さん:2006/11/24(金) 13:59:10 ID:6hnoHQOO
授業参観に行き、その劇を見て、わたしはどんな顔をすれば良いのでしょう?
休ませようかと思って子供に言ったのですが、みんなが怒るから絶対行くと言います。

35 :実習生さん:2006/11/24(金) 14:01:12 ID:zW2yXUxS
おやも一緒にさんかすれば。
じゃなきゃ、最初から主役のせりふなりをいきなりいわせるとか?w

36 :実習生さん:2006/11/24(金) 14:06:28 ID:TlddeLWk
特定の子やグループの教室内での力が教師の指導力を上回れば、いじめや問題行動は止められない
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20061124k0000m040136000c.html
NPOチャイルドライン(18才までの子どもがかける電話)
http://www.childline.or.jp/
チャイルドライン実施団体一覧
http://www.childline.or.jp/zenkoku.html
法務省 子どもの人権110番 相談先電話番号一覧
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken27.html
文部科学省 いじめ相談特設ページ
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112015.htm
海外のいじめ対策
http://members.jcom.home.ne.jp/i-network/kaigai.htm
オーストラリアのいじめ対策
http://www.youtube.com/watch?v=IKOjg1fnnyU
いじめを理由にした転校は「逃げる」ことではなく「新しい道を切り開く」こと。小5が手紙で切々と
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20061121k0000m040168000c.html
「いじめを苦に自殺」防ぐには 茨城大助教授に聞く 相談窓口多数掲載
http://www.asahi.com/kansai/wakuwaku/info1115-3.html
”いじめの認識” 5つの間違い
http://members.jcom.home.ne.jp/i-network/chishiki.htm
「自殺を予防する自殺事例報道のあり方について」のWHO勧告(2000年)
http://www.lifelink.or.jp/hp/jisatsuhoudou.html
全国警察リンク集 (全国各警察に、いじめホットライン・いじめ110番などがある場合が多い)
http://www.npa.go.jp/link/index.htm
いじめに対抗する法的対処
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81#.E6.B3.95.E7.9A.84.E5.AF.BE.E5.87.A6
全国教育研究所連盟加盟機関リンク集 
ttp://www.nier.go.jp/saito/kuro/link3.html
全国の教育委員会などに置かれているいじめ問題相談機関について
ttp://www.nicer.go.jp/integration/user/map.php
こころが苦しい方へ、ぜひご利用ください。(日本いのちの電話連盟)
ttp://www.find-j.jp/

37 :実習生さん:2006/11/24(金) 14:09:10 ID:dZJl34ve
>>33
役を変えろとかそんな事では無いのでは?

1.なぜ、ジャンケンに勝ったのに、いじめられる役にさせれれたか?
2.それを担任が知っていたか?
3.ケアーされていたか?
4.その事について担任はどう思うか?
5.そのような可能性を示唆した上で試みだったか?
6.何の目的で劇をしようとするのか?

以上を納得が行くまで担任と話し合う。
今の子供の気持ちを担任に伝える。
担任は子供の気持ちなんて解っていないのだから。
そして、この親は怖い。
この子に少しでも落ち度の有る事が起こったら厄介になる。
と、思わせる事。
再度言います。
子供のためには、悪役くらいなりなさい。

>>34
親だったらもう少ししっかりしなさい。

38 :うp職人:2006/11/24(金) 14:11:13 ID:2aPRGtJI ?2BP(1)
>>24の続き
暴言担任との再度の話し合いで、恫喝や威嚇を発した事を言ったのを
白状した音声ファイルを手に入れたら、まあ再度否定して恫喝したら
それも密かに録音しておくのも良い。それから
@地元のテレビ局
A法律相談所
Bネットのブログ立ち上げ準備
のうちのいずれかのコースを選択する。
@に行って音声ファイルをただで売りつけ、近いうちに
放送することを確約させる。まあ一ヶ月のうちに依願退職だろうな
Aは、PTSDの診断書の準備が必要と思われる。担任の言動で
精神的に不安定になった。その賠償のために提訴したいという
趣旨で申し出れば、民事訴訟までいけるだろう。
Bは、ブログに担任教師の音声ファイルを埋め込んで
実名は避けて立ち上げる。後はリンクを貼りまくれば完了。

39 :実習生さん:2006/11/24(金) 14:17:14 ID:6hnoHQOO
>>37
ありがとうございます。がんばります。

40 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

41 :実習生さん:2006/11/24(金) 16:42:54 ID:oP+EymOx
教室に人文の本を何冊か置いておくのがいいかもな。
斉藤茂太さんとか。

苛めをやる奴、苛められる奴、苛めに直接は加担しないけど他人事として楽しんでる奴
義憤を感じているが手をこまねいている奴、真っ向から戦う奴
イロイロいるわな。

苛めをまるっきり経験せずに済む奴なんて、いるのか?
もやもやした気分を抱えた人間が、どう他の人間と折り合いつけて生きてゆくか・・・
先達の言に学ぶのはどうだ。

42 :実習生さん:2006/11/24(金) 16:45:56 ID:zW2yXUxS
五十嵐涼介 イガラシリョウスケ
田淵翔 タブチカケル
醍醐宏之 ダイゴヒロユキ
万戸龍一 マンコリュウイチ
鬮内莉庵 キュウウチリアン
佐々木男 ササキダン
小川南都湖 オガワナトコ
千駄ヶ谷彗星 センダガヤケイスケ
米田光貴将 コメダコッキショウ

43 :前スレ504:2006/11/24(金) 21:53:00 ID:iRfjuhLX
>>16
> そんなことで世間に申し開きが出来ると本気で思ってるんなら、
> やっぱり教師って人種は世間知らずなんだよ。

君、書き込みするなら過去ログ読めよ。
教師が単独で生徒にアンケート取っているんじゃないだろ?
こんなことで世間に申し開きが出来ると本気で思ってる、
世間知らずのDQNな人種は、○部○学省の官僚たちだよ。
君こそ教師以外の人種を知らない世間知らずじゃないか。

>もっとも、その世間もこんなわかりやすいデタラメを見過ごしてんだから、

世間の常識のある大人はみんなそんなのお見通しだよ。
でも、それに目くじらを立てても、腐った官僚組織は簡単に
変えることができないことも、大人達はよく知っている。
大人達は理想論よりも、現実的な解決方法を選択するからね。

44 :前スレ504:2006/11/24(金) 21:53:37 ID:iRfjuhLX
>いじめを無くそうなんて本気で考えてる奴も
>実は殆どいないって事なのかも知れんけど。

君自身はいじめを無くそうと本気で考えているのかな?
ここのスレで文句を言っていれば、誰かが無くしてくれると
信じているんじゃないの?
そういう考え方を、「他力本願」と言うんだよ。

現在の法律・制度では、いじめの抜本的な解決は不可能。
無くしたくても、無くすための「力」がない。
先生がいじめっ子に体罰を与えたら、先生がクビになってしまうことは
知っているよね?
今現在、そのような「力」を持っているのは警察や裁判所だけ。
でも、警察や裁判所は、学校にいじめがないか見に来ることはないから、
君達の方から警察や裁判所に報告しなければ、警察や裁判所は
その「力」を出すことはできない。
君達自身(および保護者)が、警察や裁判所に報告しなければ、
何も始まらない。何も動いていないのは君自身だ。

45 :前スレ504:2006/11/24(金) 21:54:43 ID:iRfjuhLX
>>17
>簡裁の訴訟代理人には弁護士である必要がないので相手方に弁護士費用を
>かけさせられません。

裁判を起こすのは、相手に慰謝料を請求し、いじめっ子に、裁判官の前で、
「いじめをもうやらない」と宣誓をさせるのが目的でしょ?

あなたのは、「相手に出費を強いる=ざまあ見ろ」と思いたいからかけさせる。
カタルシスのために訴訟を起こすのは、いじめに対するいじめの
報復に過ぎないですよ。

>1簡裁提訴は勧められません。そもそも請求額140万円までですしね。
>2弁護士費用は着手金30万円くらいと思いますよ。そのくらいの
>お金はかけましょう。適切なアドバイスが得られますよ。

中学生や高校生にとっては、30万円は大金。
いじめられた生徒たちは、自分の至らなさで、親に出費をかけさせるのは
申し訳ないと思っている。
だから俺は、簡裁の本人訴訟や、法律扶助を利用することをお勧めしている

46 :前スレ504:2006/11/24(金) 21:55:24 ID:iRfjuhLX
>>18
>漏れなら、弁護士もいらない、一日で判決が出る「少額訴訟」を
勧めるよ。
>いじめには、簡易裁判所で「少額訴訟」で対処するべきだと思う。

少額訴訟は、法廷での審理はたったの1回、30分間のみ。
相手が全面的に原告側の主張を認めているのならよいが、否認している場合、
30分では裁判官の心証を得る時間が足りないので、その場合敗訴になる。
(俺自身少額訴訟で敗訴を経験済み。ただし、その時は、被告が通常訴訟への
移行を申し立てたため、俺は地裁へ控訴、地裁で審理の後、和解となった。)

簡裁では、何度か被告と書面のやり取りをして、争点がハッキリして来るし、
証人尋問でいじめっ子を法廷に立たすこともできる。小額訴訟ではそれはできない。

47 :実習生さん:2006/11/24(金) 22:10:32 ID:P1g3uNyL
>>43-46
君は何が目的?
自己顕示したいだけか?

48 :前スレ504:2006/11/24(金) 22:15:29 ID:iRfjuhLX
>>47
お前こそ何が目的?ただの揚げ足取り。お前の書き込みに何の意味もない。

49 :実習生さん:2006/11/24(金) 22:18:21 ID:P1g3uNyL
>>48
反省しないのか?
奇妙な連投を戒められるのは当然でしょう。

50 :前スレ504:2006/11/24(金) 22:20:39 ID:iRfjuhLX
>>49
お前こそ反省しろ。意味のないカキコの連投。

51 :実習生さん:2006/11/24(金) 22:33:11 ID:P1g3uNyL
>>50
私は連投などしていませんよ。

自己満足で書きこんでいるのであれば、このスレの他の人たち、
そして、君にとって良い事ではありません。

52 :実習生さん:2006/11/24(金) 22:33:47 ID:cCVVEN4c
それよりさ、実体験で裁判起こした奴はどこに行った?
彼の裁判後の学校生活についての体験談をぜひ聞いてみたいのだが。
裁判という強硬手段のその後というのは、
いじめ解消の手段を考慮する人にとって
実に興味深いことだと思うが。

53 :前スレ504:2006/11/24(金) 22:37:55 ID:iRfjuhLX
>>51
>自己満足で書きこんでいるのであれば、

お前相当性格がひねくれているな。
お前教育関係者?
訴訟を起こされることが、お前にとって都合が悪いのか?

54 :実習生さん:2006/11/24(金) 22:42:39 ID:Ogo8Q56W
>>52
同意。
訴訟だろうが、一発殴り返そうが、逃げようが、
その後どうなったのかという結果の方が大事だし、
皆が興味を持っている事だろうね。

55 :実習生さん:2006/11/24(金) 22:46:07 ID:P1g3uNyL
>>53
>訴訟を起こされることが、お前にとって都合が悪いのか?
君はそれ以外のことに興味がないし耳を傾けようともしない。
そして、それ以外のことに敵意を持った書込みしかしない。

自己顕示しか、興味がないと疑われてもしかたない書込みの連投。

56 :前スレ504:2006/11/24(金) 22:50:52 ID:iRfjuhLX
>>55
>君はそれ以外のことに興味がないし耳を傾けようともしない。

お前こそ、俺の書き込みに興味がないし耳を傾けようともしない。

>そして、それ以外のことに敵意を持った書込みしかしない。

ただの被害妄想。俺がいつそれ以外のことに敵意を持った?

>自己顕示しか、興味がないと疑われてもしかたない書込みの連投。

そんな風に思っているひねくれ者は、お前ただ一人だよ。

57 :実習生さん:2006/11/24(金) 22:56:08 ID:P1g3uNyL
>>56
>お前こそ、俺の書き込みに興味がないし耳を傾けようともしない。
そんな事はないよ、感心している部分も多数ある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
737 :504 :2006/11/20(月) 23:55:38 ID:UIjp4P0i
>>724
>本人訴訟はダメですよ。

俺は本人訴訟でも構わないと思う。
中学生以下には無理だろうけど、高校生以上なら、本人が弁護士を立てずに
本人訴訟をやってもよいと思う。
ここのスレを見ている人の中にも、高校生以上でいじめられて困っている人も多いと思う。
そんな彼ら(彼女ら)に共通しているのは、「親に迷惑をかけたくない」という気持ちだろう。
だからいじめられても親にも相談しないし、いじめられるのは自分のせいだと悩んでいる。
ここのスレで、裁判を起こしたらすぐにいじめが止まった、という報告を見て、
そんなに素晴らしい夢のような方法があるのなら、
すぐに実践してみたいと思った人もいるだろう。
しかし、その前に立ちはだかる、弁護士費用という金銭的な壁。
そんな負担を親にさせるわけには行かないと、裁判を断念した人もいると思う。
しかし、簡易裁判所に申し立てる本人訴訟は、わずか1〜2万円の負担で済む。
勇気のある人は、早速証拠の収集から始めてくれ。
(ただし、未成年者が訴訟を起こす場合、両親の印鑑と、親子関係を証明する
戸籍抄本などが必要。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

58 :前スレ504:2006/11/24(金) 22:59:51 ID:iRfjuhLX
>>57
何なの?お前?
反論できなくなったら、今度は俺をヨイショかよ。

59 :実習生さん:2006/11/24(金) 23:00:24 ID:cCVVEN4c
>>56
まあもちつけ。

自分の主張に拘っているところは確かにあるぞ。
実際、いじめられている奴が誰の主張を参考にしても
結果、そこから抜け出せればいいじゃないか。
それが訴訟だろうと、自分に自信をつける何かだろうとね。
ましていじめはケースバイケースというのは一致した見解だ。
君の意見だけが正しいと他の人と言い争いになっても
いじめ当事者にとってはポカーン、ってなもんだろ。

それよりも互いの提示した手段を検討し、
どんなケースに適しているか、気をつける点はないか、
そう言った検討に向かう方が建設的じゃないかね。

60 :実習生さん:2006/11/24(金) 23:01:27 ID:P1g3uNyL
最低だったのはこれ。
しかも、唐突に。
君のレスが受けいれられない時だったんだろうな。
>これまでの書き込みをみていると、いじめられっ子の他力本願ぶりに
>呆れるばかりだ。
このような書きこみが、無かった時だ。
探したよ。
非難もしなかった。
そのうち戻るとももってね。
その後の連投>>43-46 で口を開いた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
900 :504 :2006/11/23(木) 10:39:27 ID:vpJSAEwY
これまでの書き込みをみていると、いじめられっ子の他力本願ぶりに
呆れるばかりだ。
いじめられっ子が思いつく解決方法は、「祈る」「悩む」「自殺する」
などのネガティブなものばかりだ。
いじめはいじめる方が当然悪いが、それを解決する責任は、
1.いじめられている本人 2.保護者 3.担任 4.それ以上の管理者
の順番にある。
本人が解決するための行動を何もとらず、周りにも助けを求めなければ、
それは自らいじめを認めているも同然。
家が火事になっても119番せず、火傷をしてから、「消防車が来なかった」
と言っているようなもの。
これではいじめられる方に原因があると言われるのも無理はない。

61 :実習生さん:2006/11/24(金) 23:14:40 ID:Q/+CoW9i
武●国●総●学園(高校)は人間のカスの集まり。

3割が奇声を上げる・叫ぶといった重症の障害者。
3割が学習障害・LD・言語障害などといった軽度障害者。
3割が人と話せない典型的・いじめにあって対人恐怖症・ゲーム依存症。
残り1割が比較的対話ができる人間。トラウマや過去のいじめのフラッシュバックもあってか、
挙動不審な行為有り。障害無し。

この他にも
この学校を「誇り」に思っているのだろうか、必死にガンを飛ばしズボンをずり下げ守ろうとするツッパリが数人在籍。
彼らも入学当初は重症ないじめられ屋だったに違いない。


62 :実習生さん:2006/11/24(金) 23:15:26 ID:Aih4k98u
>>21
うp職人ここで何してんのよ?
テレサロのスレにはもうこないのか
うpはやめたのか?
取りあえずうpしてほしいって書込みはあるぞ
お前専用スレと、いつものテレ雑談、動画うp会場と

ストーキングしてる奴は相変らずいるが
ほとんど気にしてないだろ
やめたんならアレだが一応居場所はあるといっとくわ

63 :前スレ504:2006/11/24(金) 23:17:50 ID:iRfjuhLX
>>60
だからさあ、意見があったら反論しろって言うの。
俺はここのスレのスレ主でも管理人でもない。
一参加者に過ぎない。
俺は君達の意見を「批判」しているのではない。
議論とはそういうもの。
人の書き込みにカチンと来たのなら、それを見返すような、
素晴らしい論理を展開して欲しいね。

64 :実習生さん:2006/11/24(金) 23:30:24 ID:P1g3uNyL
>>63
>人の書き込みにカチンと来たのなら、それを見返すような、
>素晴らしい論理を展開して欲しいね。
そんな事はどうでもいい。名無で充分だし、書きこんだ事を特定しませんが良いと思う事は語ってますよ。

せっかく良い事を言っているのに、君も前スレ503のスタンスで論議すればよい方向に向うと思ったのですが。

65 :実習生さん:2006/11/24(金) 23:52:06 ID:Ogo8Q56W
触らぬ神に祟りなし

66 :実習生さん:2006/11/25(土) 00:21:31 ID:Ogy+g8dG
朝まで生テレビ テレビ朝日25:20〜

今月のテーマ:激論!“いじめ”“自殺”と日本の教育

司会: 田原 総一朗
進行: 長野智子 渡辺宜嗣
パネリスト: 葉梨康弘(自民党・衆議院議員)
蓮舫(民主党・参議院議員)
福島みずほ(社民党党首、参議院議員)

伊藤玲子(『女性塾』幹事長)
喜入克(都立高校教師、プロ教師の会)
鈴木義昭(元東京都教育委員会指導主事)
寺脇研(元文部科学省)
中嶋博行(作家、弁護士)
長谷川潤(大阪府公立中学校教諭)
宮崎哲弥(評論家)
森越康雄(日本教職者組合委員長)
八木秀次(高崎経済大学教授、『日本教育再生機構』代表)

67 :前スレ503:2006/11/25(土) 00:22:25 ID:pAuseBZ1
おばんでやす。

>>20
私もそのニュース少しだけ見ました。嫌な記憶を呼び覚まされる方もやはりおられましたね。
実際の舞台を拝見した事はありませんが、いじめの凄惨さを伝える上で仕方が無いのだろうと思います。

舞台劇とまではいかないまでもロールプレイでかわるがわる役柄を換えることで人の痛みを共感したり、加害者の醜さを再確認する効果や、い
じめについてじっくりと考える機会としては有効な方法の一つだと考えます。

ただ、やり方によってはいじめを誘発しかねないのでいきなり舞台劇というのは正直、いかがなものかと思います。


>加害者に対する訴訟・警察の活用について
前段階があって、それでも改善がなく、深刻な場合は対症療法として大いに活用すべきだと考えます。
いじめによって心を病んでしまったり、学ぶ機会を奪われ進路に影響が出たり、回復不能な障害を負わなければならない理由はないわけで、犯罪には犯罪として対処すべきといったところです。

>自分に自信をもてるものをつくる。
自己否定勝ちないじめ被害者にとっては心の支えが必要なわけで、後々の人生においても意義深いものと考えます。 私の場合は空手であった
りコンピュータだったのですが、数十年たった今でも重要なものです。

>予防について
対症療法も重要ですが、予防も欠かせないと考えます。
特に大人の役割はとても重要で、私たち一人一人の自覚や意識の向上、行動が求められていると考えます。

その他諸々考えることはありますが、改めてシンプルに考えると

 教育は教育のプロに
 犯罪は犯罪対処のプロに
 最低限の躾は親に
 被害者は自ら動き出さないとね

といった感じです。

68 :実習生さん:2006/11/25(土) 00:22:42 ID:Cyc7ueMc
煩悩がなければ、生きてはいけない。
食べる事・・・・・飢餓状態で人に食べ物を与えれば死んでしまう。

いじめられる側、いじめる側。
生きるためにはいじめる側なれば、生きやすい。
煩悩は生きるためにそれを求める。

それでいいいの?
煩悩のおもむくまま、旨いものを喰って、金をかき集めて、欲望のおもむくまま性に走り、薬物を乱用して。
幸せ?
煩悩は、欲望は満たすけれど、幸せは満たされない。
でも、煩悩をすべて消し去れば人は生きられない。
人間って、厄介だね。

どうしたら、幸せになれるんだろう?

69 :前スレ503:2006/11/25(土) 00:31:49 ID:pAuseBZ1
>>68
餓鬼道、畜生道に落ちている限り救いはなさそうですね。
気づきがなければいつまでも地獄で苦しめあうばかりでしょう。

「取り合えば足らず、分け合えば余る。」

どなたが言った言葉かはしりませんが、とても深い意味のある言葉だと思います。

70 :前スレ504:2006/11/25(土) 00:40:29 ID:nqfiEttQ
>>68
> 煩悩のおもむくまま、旨いものを喰って、金をかき集めて、欲望のおもむくまま性に走り、薬物を乱用して。
>幸せ?
>でも、煩悩をすべて消し去れば人は生きられない。

法律に触れなければ、煩悩のおもむくまま生きたって問題はない。
煩悩のおもむくまま旨いものを喰おうが、(合法的に)金をかき集めようが、
(女性との合意があれば)欲望のおもむくまま性に走ろうが、何ら問題はない。
(薬物の乱用は全て違法だが)
しかし煩悩のおもむくままいじめをするのは違法行為または不法行為になる。
煩悩のおもむくままに行動をするのが悪いのではなく、法律的にどうかを
考えることが重要。
ここのスレの住人は、なぜか法に対する意識が希薄。

71 :実習生さん:2006/11/25(土) 01:15:31 ID:Cyc7ueMc
>>70
>ここのスレの住人は、なぜか法に対する意識が希薄。
このスレに限らず、法律従事者以外にを学習されなかったこの国全てに当てはまる事なのだが、
それは、さておき。

法律って事がすごく重要だと思います。
少年って事で、罪を与えないって事も問題ですが、
仮に、罪を与えないとして自分が行ってる行為が、違法なものかどうかを明確にしていない。
以前は、法律に無関係に頭髪基準(それもかなり問題だが)など校則が幅を利かせ、禁じられる事に従順にならざるを得なかった。
それは、瓦解し何で髪を伸ばしては悪いのか、徒歩で通学しなくてはだめなのかetcは、無意味なものでなく弊害になっている。
一方、基本的に守られなくてはならないものは、道徳的にしか教えられない。
人を傷つけることを心情的なことで教育し、違法行為だとは教えない。
暴力、迫害も違法行為ではなく、道徳的価値観のみ教育するため、道徳教育が複雑化すれば、それすら許される行為としての認識しかなされない。
複雑な法はまでは教える必要はないが、せめて単純な法は教え罪の意識だけは子供でも理解出来るようにしなければならない。

72 :実習生さん:2006/11/25(土) 01:50:52 ID:V+D5+Quf
ttp://fileman.n1e.jp/?id=1156762752&oid=F&dir=DATA&uid=&order=&mini=2&codename=&mnu=play
このイジメ動画は見た事ある人が多いと思う。

73 :実習生さん:2006/11/25(土) 04:01:12 ID:wVi2pYPe
斉藤(数学)はいじめられる人間にも責任があるとはっきり言ってましたね

74 :実習生さん:2006/11/25(土) 06:53:36 ID:Xgoao3V7
http://www.geocities.com/deepyellowpigment/ka.html#05

75 :実習生さん:2006/11/25(土) 07:05:31 ID:R8Dhtbsa
>>68
煩悩の結果が今ある社会だよ。

ただ、目の前にあるものを全て食い尽くせば明日には飢えてしまう。
明日もいい想いをしたいから今日を我慢する。
1人ではできることに限りがあるので他の人と手を取る。
それで得られるもののために、気にくわなくとも我慢する。
獲得するものとそれに対する対価、長期的な展望
それが加わっただけで基本的に欲で動いています。

その辺を分かっていれば幸せの意味なんて簡単。
獲得と喪失のバランスが0以上になればいい。
いじめる、いじめられるという立ち位置の差は別段大きな意味はない。
逆にそこに拘りすぎると何も見えなくなる。

76 :実習生さん:2006/11/25(土) 07:18:03 ID:ejPU7Atk
>>21
くるスレがここしかないみたいだし
一応これわかりやすくきやすいようにおいとくわ
うp会場
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/tvsaloon/1159521052/l50
音楽系
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/tvsaloon/1152187752/l50
専用
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/tvsaloon/1147743665/l50

んじゃ、スレ違い失礼

77 :実習生さん:2006/11/25(土) 08:01:55 ID:AcCsIvps
マスコミが不用意・無責任にイジメ自殺を騒ぐので
いじめられて動揺している子は、こうやって死ねばいいんだと
安直に連鎖自殺している。

自殺された学校の現場は、ショックで大騒ぎなのに
教育委員会は現場の先生をもっと守るような
体制にしないと教育現場がもっと崩壊していく

78 :前スレ503:2006/11/25(土) 08:35:30 ID:pAuseBZ1
おはようごぜえます。

分け合う心は足りる事を知る心
分け合う心は思いやりを知る心
究極のWinWinなのかもしれません


>>71
社会の一員になるということがどういうことかを教えることも重要なことですよね。

>>77
いじめの根絶、撃退事例などの報道も積極的に行って欲しいですね。

心ある現場を守るのお考えに関連すると思われる記事です。

学校長の評価制度 教育委員会の顔色を伺う校長たち?
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20061115k0000m040157000c.html


79 :前スレ504:2006/11/25(土) 10:40:11 ID:IRgjqjbT
>>71
>仮に、罪を与えないとして自分が行ってる行為が、違法なものかどうかを明確にしていない。

法的に違法かどうかの認識はあまりないかもしれないが、いじめの大半が、
陰でこそこそ行われている実態を見ると、いじめている本人も、それが人前で
堂々とやれるような行為でないことは認識しているようだ。
つまり、いじめは良くないことであるという認識は、いじめっ子は持っているのである。

世の中には、法律を犯しても、ばれなければ何をしても良いと考えている人が多い。
これは、大人の世界でも、談合、収賄、脱税などの大事件から飲酒運転まで、
日常的に平然と行われていることである。
このような大人の背中を見て育った子供たちも、当然それをまねする。
子供の飲酒、吸煙、万引きもそうだし、いじめもその中に入る。

>以前は、法律に無関係に頭髪基準(それもかなり問題だが)など校則が幅を利かせ、
>禁じられる事に従順にならざるを得なかった。

学校には元々、いじめを禁止する規則はなかった。あったのは、「みんな仲良くしましょう」
という標語だけ。

80 :前スレ504:2006/11/25(土) 10:42:13 ID:IRgjqjbT
>それは、瓦解し何で髪を伸ばしては悪いのか、徒歩で通学しなくてはだめなのかetcは、
>無意味なものでなく弊害になっている。

結局、学校にあった規則というのは、生徒のためでなく、学校運営にとって都合のよい
ものに過ぎなかった。
軍隊のような、統一した髪型、整然とした歩行を生徒が実行している学校は、
外部から見て、その学校の学校運営がうまくいっているように見せられる。
いじめのような、学校内で起こっていることは、外部からは見えにくいので、あえて
規則を作る必要はなかった。

>一方、基本的に守られなくてはならないものは、道徳的にしか教えられない。
>人を傷つけることを心情的なことで教育し、違法行為だとは教えない。
>暴力、迫害も違法行為ではなく、道徳的価値観のみ教育するため、道徳教育が複雑化すれば、
>それすら許される行為としての認識しかなされない。

そもそも学校が、それ以上のことを教える必要性を感じていないからだろう。
逆に、下手に法律を教えてしまっって、学校内のもめごとが警察沙汰、裁判沙汰になってしまうと、
外部からの見てくれも悪い。

つまり学校とは、校長という金正日(北朝鮮総書記)を祝福するために、生徒にマスゲームを
強いる場所に過ぎない。

81 :実習生さん:2006/11/25(土) 11:19:28 ID:aqY9swN4
>>504
いじめる側→「人知れず」ストレスを発散させるべく被害者を痛めつけたい
校長→保身のため、いじめの事実を「人に知られたくない」

加害者と校長の利害関係が一致してることも、問題が解決できない一因になってるのかもな

82 :81:2006/11/25(土) 11:21:20 ID:aqY9swN4
あ、504というのは前スレの504氏へ、という意味ね

83 :実習生さん:2006/11/25(土) 11:24:47 ID:Cyc7ueMc
>>81
現在のいじめ問題は、そこに起因しているね。

せめて、いじめられる側と教育現場の利害関係が一致しないとね。

84 :前スレ504:2006/11/25(土) 11:32:41 ID:IRgjqjbT
今日は土曜日で、いじめられて困っている人も大勢ここのスレを見るだろうから、
ガイシュツの俺の主張をもう一度繰り返す。
まず、「先生が悪い」「学校が悪い」「教育委員会が悪い」「マスコミが悪い」
「今の社会が悪い」というような、「誰かが悪い」という発想はもうやめなさい。
昨夜の「朝まで生テレビ」を途中まで見ていたが、大人達も、「日教組が悪い」
「文科省が悪い」「与党が悪い」「教師が悪い(教師のスキルが低い)」
「いじめられる方が悪い」と、責任を人に押し付け合うばかりで、抜本的な
解決方法を、誰一人提示できなかった。

そう、大人達に解決方法はないのだよ。
一番良いのは、いじめ対策法のような法律を作ってしまうこと。いじめに対する
処罰を一般化させることで、いじめを大幅に減らすことができるし、子供の頃から
悪い行為に対する処罰を身近に感じれば、大人になってからも、安易に犯罪に
走ることはなくなるだろう。
だが、このような法案は、教育関係者を中心に猛反発が予想されるので、
実現はかなり厳しいと思われる。

85 :前スレ504:2006/11/25(土) 11:33:16 ID:IRgjqjbT
では、現状における解決法は何があるのだろうか?
「やり返す」「我慢する」「いじめの対象を自分以外に変更させる」「学校に行かない」
などの、違法な反撃や、いじめそのものを放置するやり方では、いじめそのものは
減って行かない。
これでは、バカな大人が主張する、「いじめは無くならない」という、無責任な主張を
肯定することになる。

また、いじめっ子に、いじめが悪いことであることを自覚させるために、
いじめ自殺をした子供の親が、公演したり、本を出版しているが、
そもそもいじめっ子本人が、自分のやている行為をいじめだと思っていないので、
自覚させるのは難しい。
自分のやっていることが、いじめだと認識していない子に、いじめを止めるよう
諭しても、それは他人事にしか聞こえない。

いじめそのものを確実に減らし、いじめっ子に今現在のいじめを止めさせるには、
警察、裁判所を利用するしか方法はないと断言する。
私自身が、法律を知り、いじめを克服してきたのだから。

86 :81:2006/11/25(土) 11:48:46 ID:aqY9swN4
>>79
>つまり、いじめは良くないことであるという認識は、いじめっ子は持っているのである。

>>85
>そもそもいじめっ子本人が、自分のやている行為をいじめだと思っていないので、
>自覚させるのは難しい。

--------------------------------------------------------------------
加害者側は、自分のイジメ行為を認識してるのにその自覚がないって矛盾してないか?

87 :前スレ504:2006/11/25(土) 12:03:53 ID:IRgjqjbT
>>86=81
>加害者側は、自分のイジメ行為を認識してるのにその自覚がないって矛盾してないか?

補足します。

いじめっ子のパターンがいくつかあることは前スレでガイシュツだが、
いじめを「悪ふざけ」「からかい」という発想でやっている子がいたら、
諭されれば改心する可能性は高い

しかし、いじめを、競争社会における権力誇示であったり、異端者に対する
制裁の意味でやっている場合、彼らはいじめを正当化しているので、
自覚がないということ。

最悪の「いじめ中毒者」の場合、ただ快楽の目的でやっているから手におえない。

88 :意味のない規制を訴える輩は言語道断:2006/11/25(土) 12:09:53 ID:h3xTNtKm
実際に大人までも人権侵害する時代
子どもが人権なんか守れる訳がないと思います。私は、虐めをやる人・過度に馬鹿にする人・悪口を言う人は子どもの時人権を身につけていなかったと判断します。信頼関係があっても過度に言うのはいけません、続く↓

89 :実習生さん:2006/11/25(土) 12:12:43 ID:h3xTNtKm
いくら常識があろうと人の気持ちが分からない人間何て私は認めませんし、今の虐め問題多発になった基だと思います。
人権が守れないから、虐めをやるというのが、私なりの理由かと

90 :実習生さん:2006/11/25(土) 13:24:19 ID:8RDYli13
斉藤(数学)はいじめられる人間にも責任があるとはっきり言ってましたね

91 :実習生さん:2006/11/25(土) 13:53:42 ID:iiB5gCKm
昔のように地域で異年齢の子供同士が「タテの関係」で遊ぶことは少なくなった。
家庭では1人っ子が増え、かつては兄弟間で育まれていたさまざまな人間間係がなくなっている。
となれば、教室でつまはじきにされると、その子にはすぐに「孤立」が訪れる。
それが今の子供にとっては、生か死を選択するほどの引き金になってしまう。
とにかく今の子供たちは、もろいのだ。

92 :実習生さん:2006/11/25(土) 13:54:29 ID:YkgJgK7h
いじめで子供を失った親たちが集まって、いじめと戦うNPO法人に
寄付をした。夫は、「オレが明日にでも会社を辞めたいのを知っているだろう?
それなのに、何で寄付なんかするんだ!寄付する金があるなら、お前の貯金
全部俺によこせ!いじめなんかより、オレの気持ちのほうが大事だろう!」
と怒り狂った。夫がパワハラで苦しんでいるのは判るが、その言葉を聞いて、
あまりの情けなさに、リストカットしてしまった。

93 :実習生さん:2006/11/25(土) 14:15:19 ID:x5aQrwhh
>>87
なにがガイシュツだ

正しい日本語を使え

94 :実習生さん:2006/11/25(土) 14:56:32 ID:jsCHp5dF
>>93

ああ、あなたはまた基地害レスしてしまったのですね。
でも、恐れることはありません。
あなたは能無しの2ちゃん粘着の基地害。
-----------------------------------------------------------------
93 :実習生さん :2006/11/25(土) 14:15:19 ID:x5aQrwhh
>>87
なにがガイシュツだ

正しい日本語を使え
-----------------------------------------------------------------
などと、 基地害レスしてしまっても、仕方がありません。

さあ!
粘着をやめて、日の当たる道を歩こう!
2ちゃんねるに粘着ばっかりしていないで、外に出て他人と交流する機会を持とう!
粘着以外のまともな趣味を持ち、その趣味に熱中してみよう!
きちんとした定職に付き、一日をリズムある充実したものに変えていこう!

それでもどうしても、粘着したくなったり、スレが気になったりした時には、
一度、精神科の医者にカウンセリングしていただくことをお勧めします。

95 :前スレ504:2006/11/25(土) 15:04:37 ID:L3AhMqoR
>>91
>とにかく今の子供たちは、もろいのだ。

全然違う。何も分かっていない。いじめを肯定する論者の典型的な意見。
ただ単に仲間はずれにされる、というだけではいじめとは呼ばない。
仲間はずれにされた人間を、大勢で寄ってたかって攻撃する。
それがいじめ。
今度あなたに対して、集団で暴行してあげますが、それでもあなたは
耐えられますか?
お前みたいなDQNな大人がいる限り、いじめ問題は永遠に解決しない。

96 :前スレ504:2006/11/25(土) 15:15:42 ID:L3AhMqoR
>>94
>2ちゃんねるに粘着ばっかりしていないで、外に出て他人と交流する機会を持とう!

お前もな。

97 :前スレ504:2006/11/25(土) 15:16:29 ID:L3AhMqoR
今度いじめを肯定する大人がいたら、集団でボコボコにしてやって、
「いじめられるのはお前が悪いんだろ?」って言ってやれよ。

98 :実習生さん:2006/11/25(土) 15:37:01 ID:h3xTNtKm
何が虐め?どこからが虐め?
それは、相手が虐めだと判断すればそこで虐めになるのです

暗いから虐める?人とチョット違うから虐める?常識がないから虐める?面白いから虐める?身体が不十だから虐める?生意気だから虐める?
と言った事柄で虐めは起こる
例え相手に直接な攻撃的発言がなくとも、裏で発言していては、虐めと一緒
周りが一人の人間を虐めて何が人権だ
と私は思う

99 :前スレ504:2006/11/25(土) 16:02:38 ID:L3AhMqoR
>>98
>何が虐め?どこからが虐め?
>それは、相手が虐めだと判断すればそこで虐めになるのです

それはちょっと違う。たとえば、女の子をじろじろ見ただけで、
女の子が「セクハラよ!」と言ったらセクハラになるか?
答えは、ならない。
ただし、女の子が「じろじろ見ないで下さい」と申し出てもやめなければ、
法律上の「不法行為」になる。

つまり、「何が虐め」「どこからが虐め」という基準で判断するのではなく、
「止めて下さい」と言って止めない行為(発言も含む)は、
全て法律上の不法行為になる。

文部科学省ではいじめの基準を定めているが、学校は、暴力を振られても、
「これはいじめではない」と逃げてしまうので、この基準は有って無いようなもの。

なお、「不法行為」とは、民事裁判を起こして相手に慰謝料を請求する
きっかけとなる法律であって、「違法行為」とは意味が違うので注意。
傷害や窃盗などの、明確な「違法行為」は、もちろん警察へ。

100 :実習生さん:2006/11/25(土) 16:06:52 ID:FNAOn2zG
「WHOによる自殺予防の手引き」より http://www8.cao.go.jp/souki/tebiki.pdf
_________________________________________________________________________
|・誤解                 |     ・事実               | |_________________________________|______________________________________|
|自殺について語る患者は滅多に自殺しない |自殺する患者は前もって何らかのサインを    |
|                    |発している。自殺をするとほのめかす場合は   |
|                    |真剣に受け止めるべきである。         |
|__________________________________|_____________________________________|
|患者に自殺について質問すると      |自殺について質問するとしばしばその感情に伴う|
|かえって自殺行動を引き起こしてしまう  |不安感が和らいでいく。患者は安心し、     |
|                    |理解されたと感じる。            |
|_________________________________|_____________________________________|

101 :実習生さん:2006/11/25(土) 16:15:10 ID:h3xTNtKm
>>99
私は法律的な事は申しておりません
あくまでも人権を主して発言しているのです
虐めについての法律何て二の次です
まずは人権でしょうが!

102 :実習生さん:2006/11/25(土) 16:17:24 ID:o57XIiOE
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=109SZ1+63OZ02+T4C+O0743
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=109SZ1+76ZKXE+10MM+5ZU2B
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=107TIU+9UUDBM+M4Y+60WN7
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=109SZ1+5JG8FM+12WA+631SZ
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=107TIU+B7NWXE+2BC+5ZEMR
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=109SZ1+7FBNEA+10OK+5YRHF


103 :実習生さん:2006/11/25(土) 18:21:26 ID:CoA0jit1
人権なんたらの言葉を持ち出すと、見当違いの議論に陥るぞ。

104 :前スレ503:2006/11/25(土) 18:38:05 ID:pAuseBZ1
>>101
悪意を持って故意に人を傷つけるのは正しくない行為ですよね。
しかもよってたかってだなんて本当に酷い話です。


この世に沢山ある大切なものを守る道具として法律を活かすのはそう悪い事
ではないのではありませんか? 守る道具の一つとして選択肢に入れておい
てもよいのではありませんか?

法的な手続きによらず守られるならばなによりですが、残念な事にそういう
ケースばかりではないので。

105 :実習生さん:2006/11/25(土) 18:45:15 ID:FBvZFoi+
「臭い」「汚い」「鈍くさい」「言われたことが出来ない」「状況判断が出来ない」等
いじめられる原因って本人に否があるからじゃないの?

106 :実習生さん:2006/11/25(土) 18:47:53 ID:wDY7lxxK
だからって、いじめていいわけは無い

107 :実習生さん:2006/11/25(土) 18:51:51 ID:gSGz+FMu
>>105
弱点の無い人なんて、世の中にいるのでしょうかねぇ?
それを否というなら、いじめている者は完璧なのか?と。
弱点を突いて優越感に浸ろうという行為こそ、
卑劣というのですよ。

108 :実習生さん:2006/11/25(土) 18:55:56 ID:FBvZFoi+
>>107
>弱点の無い人なんて、世の中にいるのでしょうかねぇ? 

いないにきまっている。当たり前だ。
環境に適応したものがより多く生き残るのだし適応できなければ淘汰される。
ダーウィンの種の起源にあえて逆らっても仕方がないだろう。
いじめられっ子は長所、短所トータルでそういう生存競争に負けた連中だ。

109 :実習生さん:2006/11/25(土) 18:56:47 ID:bwLiqz3D
>>105
何度も論破されている話を懲りずに書き込む。本当に馬鹿だね。
で、反論は一切なし。
相手をするのも馬鹿らしいけれど、放っておくと
「自分が正しい」と勘違いするから始末に置けない。

110 :実習生さん:2006/11/25(土) 18:58:14 ID:bwLiqz3D
>>108
ますます馬鹿確定。
適者生存といじめになんの因果関係があるんだよ。
適者生存の意味を理解していない証拠だな。
自分では賢い事を行ったつもりなんだろうけれど。
ゆとり教育って怖いね。

111 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:00:12 ID:XmGPig1w
単にいじめる側の思い付きに過ぎない気がするのだが

112 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:02:40 ID:gSGz+FMu
>>108
突き詰めれば、
自分は知能が発達しただけの猿だ
と認めた、と言う事ですね。
頑張ってDNAを引き継ぐために生きて、朽ちていって下さい。

113 :前スレ503:2006/11/25(土) 19:05:41 ID:pAuseBZ1
>>108
>「臭い」「汚い」「鈍くさい」「言われたことが出来ない」「状況判断が出来ない」等
>いじめられっ子は長所、短所トータルでそういう生存競争に負けた連中だ。
拝見していてふと思ったのですが、誰でも歳をとりますよね。
加齢臭もしてくるし、肌だってしわしわ、動作もゆっくりになり、判断能力も落ちていきます。
認知症になれば状況はもっと悪くなります。
将来あなたにも私にも起こりうることです。
だからといって虐待してもいいわけではありません。

あなたが歳を取って自分の子どもから虐待されることを素直に受け入れる気持ちがあるならばあなたは心底その主張を信じているのでしょうね。
私はまっぴらごめんです。

114 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:08:13 ID:bwLiqz3D
FBvZFoi+ はもう反論(非論理的だがw)しないの?


115 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:08:42 ID:FBvZFoi+
>>110
>適者生存といじめになんの因果関係があるんだよ。 

強い人間は生き残る。弱い人間は淘汰される。
いじめっ子は強くいじめられっ子は弱い。
環境に適応したものがより多く生き残るのだし適応できなければ淘汰される。 
まさしく適者生存はいじめにぴったり当てはまる。


116 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:12:24 ID:XmGPig1w
>>115
思い付きを包装するとそうなるのね。

117 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:13:30 ID:FBvZFoi+
>>113
>拝見していてふと思ったのですが、誰でも歳をとりますよね。 
加齢臭もしてくるし、肌だってしわしわ、動作もゆっくりになり、判断能力も落ちていきます。 
認知症になれば状況はもっと悪くなります。 
将来あなたにも私にも起こりうることです。 
だからといって虐待してもいいわけではありません。 

でも現実的にはいじめは起こるのです。
一つの集団で変わった人がいたら淘汰されるのはどの社会でもあることですし仕方がないですね。
仕事をやっても年行きで鈍くさかったら思わず帰れと言いたくなりますね。
学校だけでなく社会でも同じですよ。
それがいやならそこから身を引くかまわりを見返すくらいに頑張るかのどちらかでしょう。

118 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:14:57 ID:4MVld7z2
>105
その通りだよ。いじめの原因が本人にあることは、すでに既出、決定済み。
いまさらそれを蒸し返す109がバカ。

既出は↓

119 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:15:58 ID:4MVld7z2
:504:2006/11/23(木) 10:39:27 ID:vpJSAEwY
これまでの書き込みをみていると、いじめられっ子の他力本願ぶりに
呆れるばかりだ。
いじめられっ子が思いつく解決方法は、「祈る」「悩む」「自殺する」
などのネガティブなものばかりだ。
いじめはいじめる方が当然悪いが、それを解決する責任は、
1.いじめられている本人 2.保護者 3.担任 4.それ以上の管理者
の順番にある。
本人が解決するための行動を何もとらず、周りにも助けを求めなければ、
それは自らいじめを認めているも同然。
家が火事になっても119番せず、火傷をしてから、「消防車が来なかった」
と言っているようなもの。
これではいじめられる方に原因があると言われるのも無理はない。

120 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:16:21 ID:FBvZFoi+
>>118
でも>>105に躍起になって反論するバカが沢山釣れたのはどういうことなのだ?

121 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:16:35 ID:4MVld7z2
これには激しく同意.自殺した生徒も、それ以前に、ちゃんと学校や担任に助けを求めるべきだったよね。
それをしないで自殺して、学校や担任を悪し様に批判するなんてどうかと思うよ。

122 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:19:51 ID:DR2hbMtA
>>115
神奈川では金を巻き上げていたイジメっこが
イジメられっ子に首を切られる事件が発生した


よってその論法は成立しない

123 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:33:20 ID:gSGz+FMu
>>120
釣れたなんてのは彼方の思い違い。
「餌を針ごと取られた」「竿を魚に取られた」辺りが正解でしょう。

>>121
相談した為にいじめが悪化した、という前例を知っていたから
学校や担任に相談出来なかった、とは思えませんか?

124 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:35:34 ID:bwLiqz3D
適者生存の法則は自然環境に対して適用されるもので、
社会に当てはめるものではないぞ。
ああ、昔、社会に当て嵌めた連中がいたっけ。
ナチスっていう集団なんだけどね。

125 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:36:23 ID:bwLiqz3D
いじめ肯定派ってやっぱり論理的に物事を考える習慣がないんだね。

126 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:39:01 ID:jsCHp5dF
激しく同意ですかw
勝手に自作自援してろタコwww

127 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:39:16 ID:b9bvG/M5
問題なのは
「教育現場の歪み」ではなく

「家庭教育の歪み」もっと言えば「大人社会の歪み」だな。

もっとも後者を声高に叫ぼうものなら
政治家生命は断たれるわ評論家生命は断たれるわ
マスコミは視聴率取れないわ叩かれるわでえらい事になるから
誰も言及したがらないわけだが。

128 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:40:34 ID:jsCHp5dF
ID:FBvZFoi+ = ID:4MVld7z2

自作自援乙!

129 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:42:20 ID:bwLiqz3D
いじめ報道が減少してスレに書き込む人が減ってきているようだから、
また変なのが息を吹き返してきたんだろうね。
人が多いと自分の主張の穴をつつかれまくるのが分かっているからw

130 :前スレ503:2006/11/25(土) 19:44:04 ID:pAuseBZ1
>>117
あなたの発言からは強者の驕りが強く感じられますが思い過ごしでしょうか?
あなたが歳を取って自分の子どもから虐待されることを素直に受け入れる気持ちはありますか?
「あのジジイ汚いな」「どんくせぇ(笑)」「キモッ(笑)」と見ず知らずの若者に嘲笑されても受け入れる事ができますか?
その若者はとても立派だと感じますか?


131 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:44:25 ID:bwLiqz3D
>>128
論理的に反論できない馬鹿の良くやる手口ですよねw

「俺と同じ意見の人間がこんなにいるぞ! だから俺は正しいんだ!」(涙目でw

あのね、論理的に間違っている主張はどうやっても間違っているんだよw

132 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:46:49 ID:bwLiqz3D
ねえねえ、「適者生存の法則」に関してもう言う事はないの?
君の主張の根幹を成すものでしょ?

133 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:50:31 ID:bwLiqz3D
まあ、高校生にアンケートをとったところ、半数近くが「いじめられる方に問題がある」と回答したそうだから、
若い世代は基本的に馬鹿だって事だろうね。ゆとり教育や親の躾の問題で。


134 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:51:04 ID:gSGz+FMu
>>105->>132
まぁ、こうやっていじめへと発展していくんですよねぇ。

135 :前スレ503:2006/11/25(土) 19:51:13 ID:pAuseBZ1
以前から言われていた事ですが新内閣総理大臣になってやっと実施されそうです。

いじめた生徒は出席停止に…教育再生会議が緊急提言へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061125-00000006-yom-pol
読売新聞 11/2514:41


136 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:53:11 ID:bwLiqz3D
>>134
そうか、相手が馬鹿だからからかいたくなるってのも、いじめの一種だよな。
ディベートの枠から確かにはみ出していたよ。反省。

137 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:56:31 ID:FBvZFoi+
>>130
>あなたの発言からは強者の驕りが強く感じられますが思い過ごしでしょうか? 
あなたが歳を取って自分の子どもから虐待されることを素直に受け入れる気持ちはありますか? 
「あのジジイ汚いな」「どんくせぇ(笑)」「キモッ(笑)」と見ず知らずの若者に嘲笑されても受け入れる事ができますか? 
その若者はとても立派だと感じますか? 


全くの見当違い。
世の中というものはいじめるものがいていじめられる者がいる。
その人が立派だそうでない云々の前に現実社会とはそう言うものだということに直視しなければならない。
いじめられっ子が現実から逃げて社会に適応する努力もしないで私は被害者だとばかり言ってかまって君になったところで何の解決にもならないのだ。

138 :実習生さん:2006/11/25(土) 19:59:32 ID:bwLiqz3D
>>137
社会を自分で変えられるというのは人間という生物が持つ特徴の一つですよ。
で、貴方の「適者生存の法則」の解釈が誤りである事は何度も指摘しているわけですが、
それについての意見はないのですか?
反論できない意見は全部スルーですか?

139 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:02:07 ID:FBvZFoi+
>>138
>社会を自分で変えられるというのは人間という生物が持つ特徴の一つですよ。 

じゃあ、あんたが変えたらどうなの?

140 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:02:35 ID:XmGPig1w
>>137
という訳で、あなたは年とったら若者に嘲笑されてもいいわけね。

141 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:02:49 ID:FBvZFoi+
>>138
>で、貴方の「適者生存の法則」の解釈が誤りである事は何度も指摘しているわけですが、 
それについての意見はないのですか? 
反論できない意見は全部スルーですか? 

どこに書いてるの?

142 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:04:08 ID:FBvZFoi+
>>140
>という訳で、あなたは年とったら若者に嘲笑されてもいいわけね。 

いいえ、私はそうならないために引き際にはちゃんと引くつもりですので。

143 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:05:38 ID:XmGPig1w
>>141
少なくとも私は、いじめる側の思い付きをデコレーションしただけだ
と言ってますが。

144 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:06:03 ID:bwLiqz3D
>>139
うわ、ガキの意見だw

>>141
本気で言っている?
自分に都合の悪い書き込みは自動でフィルターが掛かるみたいだね(呆

本当に呆れる馬鹿だけど、論破しておかないとすぐに調子に乗るから厄介だよな、この手の輩は。


145 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:06:36 ID:XmGPig1w
>>142
では、60になったら率先して自決して下さい。

146 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:08:42 ID:bwLiqz3D
FBvZFoi+ って何歳だろ? たぶん、授業で習ったばかりの「適者生存」という言葉を使ってみたかっただけじゃないかな?
深い思索の上で使っている訳ではないことは、その内容が間違いだらけである事から間違いないし。

147 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:11:50 ID:FBvZFoi+
>>145
>では、60になったら率先して自決して下さい。 

なんで自決するの?よっぽど追いつめられることでもない限り自決はしないだろう。

148 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:12:38 ID:bwLiqz3D
FBvZFoi+ は「ゲーム理論」というものも勉強してみたらいかがかな?
「適者生存の法則」を自然環境ではなく社会に当て嵌めるという根本的な思い違いよりは、
社会の仕組みをより良く理解できると思うから。

ああ、ゲームの作り方とかそういうものじゃないからね?w
平均的な学力の学校へ通っていれば分かる事だから、いちいち説明はしないよ。
知らないというなら、今までの君の書き込みは全てろくに勉強も出来ないDQNのたわごとってことで決定。

149 :前スレ503:2006/11/25(土) 20:13:21 ID:pAuseBZ1
>>137
あなたは自分が歳を取ったときに虐待されることを受け入れるつもりは無いということでよろしいですね?
また嘲笑する若者たちを醜い心の持ち主だと感じるということでよろしいですね?


適合していないものに対して暴言・暴力・差別を行ってもよいとお考えでしょうか?
暴力・暴言・差別以外に対応の方法はないものでしょうか?

会社ならば能力や成果を評価され給与・待遇に差がでます。
重大なミスが多ければ他の適性のありそうな部署への異動もあるでしょう。
ワキガ症など体臭が強い人の場合は医療機関の受信を促す事もできるでしょう。

これでもまだあなたはいじめという暴力を選択する理由を述べる事ができますか?


150 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:14:51 ID:bwLiqz3D
>>147
>なんで自決するの?

自分の書き込みくらい覚えておけよ。

だめだ、本当に知能低すぎるわ、こいつ。

「適者生存の法則」をきちんと説明してごらんよ。ねぇねぇ。

151 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:16:51 ID:jsCHp5dF
ID:FBvZFoi+は、自作自援した時点で死んでいる

152 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:17:27 ID:bwLiqz3D
まあ、どんなに言葉を尽くしても、いじめ肯定論者は知能が低すぎて理解できないってことは証明されたな。
加害者側にアプローチするのは時間と労力の無駄だって事だ。

最も良い解決策は、いじめ問題を教育問題ではなく刑事事件として扱う事。

153 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:18:00 ID:vHMgD05O
海外のいじめ対策
http://members.jcom.home.ne.jp/i-network/kaigai.htm
オーストラリアのいじめ対策
http://www.youtube.com/watch?v=IKOjg1fnnyU
イギリスのいじめ対策
http://www.youtube.com/watch?v=MX9c32xe_GY

154 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:19:15 ID:bwLiqz3D
>>151
逆転するには「実は釣りでしたw みんな必死すぎプギャー」しかないだろうけれど、
それをやったらやったで自分がますます惨めになるだけだものねw

155 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:20:51 ID:XmGPig1w
>>147
引き際には身を引くんでしょw
ダメだよ、自分の書いたこと忘れちゃあ。

156 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:23:26 ID:bwLiqz3D
>ダメだよ、自分の書いたこと忘れちゃあ。

つまり、FBvZFoi+は既に認知症を発病しているという事ですね!?
もう引き際は目の前じゃないですか? 早く身を引いてください!


157 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:25:18 ID:bwLiqz3D
今のこの状況を考えたら、いじめられる方が悪いという意見にも一理あるような気がしてきたw。
だって、明らかにFBvZFoi+が悪いんだものなw
本人が認めていることなんだから、文句は無いのでしょう。きっと。

158 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:27:45 ID:FBvZFoi+
>>149
>適合していないものに対して暴言・暴力・差別を行ってもよいとお考えでしょうか? 
暴力・暴言・差別以外に対応の方法はないものでしょうか?

ありません。暴力に対しては警察がある程度は助けてくれますがね。
人間に格差がある限りなくなりません。格差をなくすことは不可能だが仮になくなったとすれば競争原理を失い社会発展がなくなります。
最終的には誰でも人間一人なのでかまって君では駄目だと言うこと。自分のことは自分で解決しなさい。


>会社ならば能力や成果を評価され給与・待遇に差がでます。 
重大なミスが多ければ他の適性のありそうな部署への異動もあるでしょう。 
ワキガ症など体臭が強い人の場合は医療機関の受信を促す事もできるでしょう。 

>これでもまだあなたはいじめという暴力を選択する理由を述べる事ができますか? 


現実論だ。しかし望むことではない。
しかし、いじめられたからって助けを求めるではなく自分で立ち直ろうとしないとたとえ別の学校に変えようが社会に出ようがいじめのターゲットには変わらない。
いじめられっ子にはいじめられる要素があるのだ。
それは他力本願ではなく自力で解決しなければならないのじゃないか?




159 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:29:03 ID:FBvZFoi+
>>155
別に自決する必要ないじゃん。行き場所さえあればそれで自決しなくても住むことだろう。

160 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:32:12 ID:bwLiqz3D

ねぇ、何で私の質問には答えてくれないのぉ〜?
「適者生存の法則」がなんで社会問題に適用可能なのか教えてよぉ〜

161 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:32:42 ID:XmGPig1w
>>158
うっわ、スッゴいこじつけ。目も当てられんな。
あ、そうそう、別にいじめられる要素無くても人間は残虐になります
ぜ。「状況の力」だとか「アイヒマン実験」あたりをGoogle先生にでも
聞いてみて。

162 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:34:21 ID:FBvZFoi+
>>160
「適者生存の法則」がなんで社会問題に適用不可能なのか言ってないだろう。
それを説明して下さい。

163 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:35:53 ID:FBvZFoi+
>>161
こじつけでも何でもないだろう。
ごく自然な発想だ。
しかし、いじめられっ子の発想はどこかずれている。
自ずから治さないといつまでもいじめられ続けるぞ。

164 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:36:20 ID:DR2hbMtA
>>162

>>122

165 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:36:41 ID:bwLiqz3D
>>158
書き込めば書き込むほど、馬鹿を晒していますよね。
FBvZFoi+ ってリア厨? 
論理的思考を行う訓練が出来ていない事と、
きちんとした教養を身につけていない点から、
かなり年齢は若いものだと推察しますが。
今はゆとり教育の影響で大学生でも昔の中学生並ってのが
珍しくないからなぁ。

166 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:39:39 ID:bwLiqz3D
>>162
要するに答えられないんだろ? うまく切り返したつもりかい? 若いね。つーか 青 い ね w


167 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:44:18 ID:bwLiqz3D
伸びは早いけど、内容は本当に空っぽだね、このスレ。
FBvZFoi+ みたいな馬鹿一人のせいで台無しだよ。
まあ、いじめ肯定論者の非論理的な思考のサンプルを残すという
意味では、それなりに価値があったのかな?

つーか、自分に反対する意見を述べる人間は全員いじめられっ子って・・・
そういえば、いじめっ子は想像力は無いけど妄想力は凄まじいって誰かが言っていたっけ。

168 :通りすがりの実習生さん:2006/11/25(土) 20:44:48 ID:3HMpQF9J
最近話題になった自殺した子なんて、トイレに集団で拉致られて
ズボン脱がされていじめられてましたね。
これは完全に大人社会ならやった男達は前科者でしょう。
よくあるイジメで体操着がトイレに捨てられるのも窃盗罪だしね。
学校で犯罪が放置されてます。
昔は大人が言えば聞き入れたから改心を願って犯罪にはしませんでしたが、
今は情況が違います。しっかり犯罪者にすべきでしょう。

169 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:46:34 ID:bwLiqz3D
>>168
まずは日教組の解体と少年法の廃止ですね。

170 :前スレ503:2006/11/25(土) 20:50:20 ID:pAuseBZ1
>>158
だんだんあなたの言わんとしていることが見えてきた気がします。

確かに個人の能力や成果が評価される社会ですが、暴力・暴言・差別は
禁止されています。 しかしあなたは貶(けな)しても、差別してもいい
じゃないかとお考えなのですね? つまりルールが間違っていると?


会社において能力・成果が評価される。
それが嫌だったらば勉強・努力をすればいい。

場合によってはより適性の高いと思われる部署へ異動になる。
適性を発揮できるならばこれに勝る解決方法はないと考えますがいかがでしょう?
違いますか?

同じ空間で強烈な体臭やつけすぎた香水をかがされるのは苦痛ですね。(私も経験が在ります)
でも丁寧に相手に言えばすむ事です。 治療するなり、香水の量を控えるなりするでしょう。

適切な対応方法があるにもかかわらず、禁じられている暴力・暴言・差別を用いると言うならばそれは加害者の攻撃衝動を満たすためだけというまことに身勝手で社会不適格な欲求によるものです。

適切な行動・判断ができないものは悪く評価されます。


171 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:54:16 ID:bwLiqz3D
前スレ503氏って大人だね。
自分の書き込みと比較してちょっと反省。

これだけ丁寧に諭されて理解できないとしたら、もう処置なしですね。
いじめは人格障害というのは心理学では定説になっていると聞いた事があります。
そういう研究が現場に活かされるようになる日が、早く来ることを願うばかりです。

172 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:55:38 ID:Y/pBwoo9
> いじめは人格障害
いじめられてる奴の事?

173 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:56:54 ID:bwLiqz3D
>>172
ああ、言うまでも無い事だと思っていたら、理解できない人もいるんだ。
加害者側に決まっているだろう。

174 :実習生さん:2006/11/25(土) 20:58:12 ID:bwLiqz3D
もしかして FBvZFoi+ = Y/pBwoo9 なのかな?
本当に懲りない子だね。

175 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

176 :実習生さん:2006/11/25(土) 21:07:10 ID:Y/pBwoo9
コワ・・ただの通りすがりだが
でもなんで思い込みで決めるける視野の狭い人間の意見をわざわざ理解しなきゃいけないの?
疑問

177 :実習生さん:2006/11/25(土) 21:08:56 ID:bwLiqz3D
>>176
じゃあ、もう来なくて良いよ。さようなら。

178 :実習生さん:2006/11/25(土) 21:09:56 ID:rMy/UnZq
>>ID:FBvZFoi+
基地外をリアルタイムで見たの初めて

179 :実習生さん:2006/11/25(土) 21:12:10 ID:bwLiqz3D
基地外ではないと思いますよ。
単純に、物事を深く考える習慣が無くて、理系の科目が不得意なだけ。
でも自己主張への欲求は過剰。
珍しくは無い人種ですね。<<その点が日本の病理なんだけど。

180 :実習生さん:2006/11/25(土) 21:18:41 ID:h3xTNtKm
>>104
綺麗事ですが、法律の前に人を憎まない心だと思います。
私は虐めがここまで深刻化した以上人権侵害なる発言も法律に組込めるべきだと思います
確かに侮辱罪と言う刑法はあるでしょうが、それは相手に直接的なダメージを与えてこその法律ですよね
確かに人権は憲法でも載せてありますが、今の現状を見ると守れてない多分今の人は憲法にすら載せてある事も知らないと思います。

181 :実習生さん:2006/11/25(土) 21:20:31 ID:8cne88Mf
先生のレベルが低いからいじめがあるんだよ

182 :実習生さん:2006/11/25(土) 21:22:53 ID:bwLiqz3D
一番悪いのは、いじめ加害者の子供。それを間違えないように。

183 :通りすがりの実習生さん:2006/11/25(土) 21:24:59 ID:3HMpQF9J
>>169
そういうことなんですか。
例えば、学校内で自分の子供が度々お腹を蹴られる場合、
加害を加える少年を警察に訴えることができるのでしょうか?
例えば、その件で先生が知って、一応たしなめたとしても、
それでもそれが続く場合、その少年を警察に突き出したり、
その少年を法廷で訴えることはできるのでしょうか?
既女板の者なんですけど、子供がいじめられてる奥さんのスレで
そんな訴えがあったので、ちょっと気になって投降させてもらいました。


184 :実習生さん:2006/11/25(土) 21:30:03 ID:bwLiqz3D
>>183
まず「いじめはあってはならない不祥事」という認識を学校が持っている限り、
学校側が協力的になる事は有り得ません。
下手に相談すれば証拠隠滅を図られる可能性があります。
暴行を受けているのであれば、あざを写真にとって残しておく、
医師に診断書を作成してもらうなどの対応は必ず行っておきましょう。
日教組の教師は基本的に犯罪者側の味方です。

185 :通りすがりの実習生さん:2006/11/25(土) 21:39:32 ID:3HMpQF9J
>>184昔はまだ親の言うことを聞いたから加害者の子供を許容したのでしょうけど、
現状が違う今は一筋縄ではいかない問題になってきてるような気がします。
ご返答ありがとうございました。


186 :実習生さん:2006/11/25(土) 22:21:50 ID:KHUQzfFk
いじめがあってもほっとけよ、相手にするからややこしくなるんだよ。


187 :前スレ503:2006/11/25(土) 22:23:53 ID:pAuseBZ1
>>180さん
おっしゃる意味はよくわかるつもりです。

罰せられるからやめておこう と行いを慎むよりも、
相手の痛みがわかるからやめておこう と行いを慎む方が自然ですし
倫理観としても健全ですよね。(使い慣れない難しい言葉使ってます)
そういった教育や社会制度の充実・活用はとても重要です。

これは緊急性が高かったり深刻な虐めに対する法的対処と補完し合うもの
であっても相反するものではないと考えます。


>>176さん
場が荒らしてしまったかもしれません。 すみませんでした。
確かに不毛な議論に見えたかもしれませんが異なる考えを私なりに丁寧に反芻し改めて自分の立ち位置を確認することができました。
わが身に置き換えることで、人をあざ笑うことの醜さ、腹立たしさを少しでもリアルに感じることができましたし、職場での在り様を再確認することもできました。
またストレスフルな現代社会において黒い羊が排斥され勝ちだということも改めて実感できましたし、その考え方に対する理解(許容しないけど)深まりました。
「いじめてしまう子」対策の糧にしたいと思います。
ちょっと大げさかも知れませんがこんな感じです。


188 :前スレ504:2006/11/25(土) 22:28:53 ID:KEDGel7m
戻って来たよ。
ここのスレは俺が目を離すと、なんですぐにリアルいじめっ子が降臨するのかな。

>>158 :実習生さん :2006/11/25(土) 20:27:45 ID:FBvZFoi+

>人間に格差がある限りなくなりません。格差をなくすことは不可能だが
>仮になくなったとすれば競争原理を失い社会発展がなくなります。

また競争原理の意味を理解していないDQNが、その言葉を自分に都合のいいように
解釈して、いじめを正当化する論法じゃないか。
前スレでもう説明しただろ。資本主義社会における競争原理とは、人間対人間の
競争ではない。
資本主義社会における競争原理とは、市場において、いかに消費者に支持される
商品・サービスを提供できるかだ。
たとえば、インターネットで商品を販売している人は、販売している本人の性格や
体臭、容姿は消費者には見えないので、そのようなビジネスをやっている人は、
消費者に支持される商品・サービスさえ提供していれば、それで成り立つ訳だ。

189 :前スレ504:2006/11/25(土) 22:29:30 ID:KEDGel7m
実際、インターネットでビジネスをしている人は、オタクみたいな人も多いし、
学校ではいじめの対象になていた人も少なくない。
しかし、このようないじめられっ子が、インターネットビジネスをやって成功し、
いわゆる勝ち組になった人も大勢いる。
また、アニメ、漫画などの産業は、今や日本を代表する輸出品目の一つだが、
これらの産業を支えているのは、いわゆる「オタク」の人達。
「適者生存」とはつまりそういうこと。
ID:FBvZFoi+がもっとも嫌うようなタイプの人達によって、日本が支えられている
と言っても過言ではない。

>>これでもまだあなたはいじめという暴力を選択する理由を述べる事ができますか?
>現実論だ。しかし望むことではない。
>いじめられっ子にはいじめられる要素があるのだ。

上で説明したように、学校内でうまく立ちまわれる人間だけが、
社会で成功するわけではない。
君の言う、「いじめられる要素」というものが、社会において必ずしもマイナスの
要素であるとは限らない。
一方、暴力を振るったりする行為こそが、反社会的な行為である。
どのような理由があっても許されることではない。
君がいじめを正当化することが、いかに滑稽なことか、早く気付きたまえ。

190 :16の284:2006/11/25(土) 22:37:21 ID:POfaBjDJ
こんばんわ
「実質16スレ284」ですが、このHN、くどいんで
やっぱり↑のようにします。

>>182
>一番悪いのは、いじめ加害者の子供。

ちょっと違う。悪いのは「いじめ」という行為。
「いじめる側」と「いじめられる側」の
どちらにどの程度原因があるかはケースバイケース。


191 :実習生さん:2006/11/25(土) 22:49:13 ID:Cyc7ueMc
>>182
殺人者より、殺人教唆の方が罪が重いのだが。

192 :前スレ504:2006/11/25(土) 22:55:13 ID:KEDGel7m
>>190
>>一番悪いのは、いじめ加害者の子供。
>ちょっと違う。悪いのは「いじめ」という行為。

それは違うでしょう。
あなたのは、戦争を憎んで人を憎まずと言っているのと同じです。
戦争には首謀者が必ずいます。いじめも同じです。

>「いじめる側」と「いじめられる側」の
>どちらにどの程度原因があるかはケースバイケース。

あれ?あなたまで、いじめられる側 「にも」 原因がある論者だったんですか?
法律的に見たら、それはありえないですよ。
相手の許しがたい行為に対する憎悪の念から、人を傷つけてしまった場合、
情状酌量により減刑されたり、執行猶予が付く場合もありますが、
無罪になることはありません。
いじめの場合、いじめる側に情状酌量の余地がありますか?
キモイとか、社交的でない、という理由に、情状酌量の余地があるかどうか、
よくお考え下さい。
いじめ犯罪は、情状酌量の余地のない、加害者が100%悪い犯罪です。

193 :実習生さん:2006/11/25(土) 22:56:18 ID:R8Dhtbsa
いつも思うのだが、すぐ善悪論になるのはどうかなー。
そこでちょっと質問。
ひょっとしていじめをなくせるものだという前提で話している一手を挙げて〜。


ふむふむ。
反対にいじめはなくならないものだという前提で話している人〜。


ふーん。
いじめ肯定派とか言い出すのは大抵前者だよね。
で、そう言う方々は人の意見を聞かないような気がするの気のせいでしょうか。
いいんですけどね。
ただ、議論が成立するというのは難しいな、などと思ったもので。

194 :前スレ504:2006/11/25(土) 23:11:34 ID:KEDGel7m
>>193
>いつも思うのだが、すぐ善悪論になるのはどうかなー。

善悪がハッキリしていなければ、いじめは無くせないでしょ?
いじめに善の余地があると思われている限り、いじめは無くならない。

>で、そう言う方々は人の意見を聞かないような気がするの気のせいでしょうか。
>ただ、議論が成立するというのは難しいな、などと思ったもので。

意見があったら反論すればいい。反論をせず、それ以上の主張をしなければ、
そこで議論はストップしてしまう。議論を成立させるとは、人の意見に安易に
同調することではなく、反論することだ。
俺はここのスレ主でも管理人でもない。俺の意見にどんどん反論してくれ。

195 :前スレ503:2006/11/25(土) 23:11:58 ID:pAuseBZ1
>>193
私は以前は前者だったのですが、最近はちょっと違います。

 いじめなどの行為は発達段階においては発生してしまうが
 教育(場合によっては治療)によって大部分は無くす事がで
 きる。 いじめる心の芽は早いうちに対処すべきだ。

といった感じです。

私たちが生きている間に達成できなくはない目標だと思っています。

196 :実習生さん:2006/11/25(土) 23:16:37 ID:bwLiqz3D
いじめを完全に無くすのは、まず不可能でしょうね。
でも、だからといって放置して良い事にはならないし、
どのように対処すべきかはもっと議論されてしかるべきだと思いますよ。

>>192は脳内で勝手に話を進めないように。

197 :16の284:2006/11/25(土) 23:17:53 ID:POfaBjDJ
>>192=>>前スレ504

あなたのおっしゃることは理解できます。
そして、あなたの意見に即して私の考えを補足すると
次のようになります。

刑法を含む刑事法は、あくまでも「行為」を罰するものです。
例えば、殺人の構成要件に該当した行為は
特殊な阻却事由がない限り罰せられます。

そこでは原因は問われません。
もちろん被害者により多くの非がある場合も少なくないと思いますが
あなたのご意見のとおり、それで無罪になると言うことはありません。

いじめについてもそれと同じ。
どちらにより非があろうが「いじめ」という行為は許されない。
これが私の考えです。

>あなたまで、いじめられる側 「にも」 原因がある論者だったんですか?
いえ、違います。
私は「いじめられる側にも原因がある場合もある」という考えです。
この違いは理解していただけますよね。
それと、もう一度誤解のないように繰り返しますが
そのような場合でも「いじめ」は許されない、というのが私の考えです。

198 :16の284:2006/11/25(土) 23:26:19 ID:POfaBjDJ
>>193
いじめは無くならない。
それは差別がなくならないのと同じで
人間の心の奥深いところに根ざす感情から起こるものだから。

>>195の意見は美しいが、多分理想論だろう。
だって、理想的な躾と学校教育が
全国津々浦々であまねく行われることなんてありえないからね。

199 :実習生さん:2006/11/25(土) 23:27:58 ID:B9PbhxQf
いじめは本当に辛い。
そのときは何とかして我慢出来ても、いじめられた後遺症はずっと残る。
何でもないのにびくびくしたり、人に心を開きにくくなったりする。
私は少しだけだけど勉強が得意だったから、周囲の励ましもあって
進学校(公立 偏差値60程度)に進むことができ、いじめから逃れられた。
前スレに詳細を書き込んだことがあります。
今は若干驕りのある関関同立の学生です。もちろん大したことないと分かってますが。
来春就職を控え、特に人間関係のことで不安が大きいです。
いじめの経験がある人と話をする機会が持てたらと思います。

200 :前スレ504:2006/11/25(土) 23:37:13 ID:KEDGel7m
>>197
>刑法を含む刑事法は、あくまでも「行為」を罰するものです。

行為を罰すると言っても、実際に刑務所に入って労働するのは人間です。
国によっては、鞭打ち刑などの、直接肉体に対して苦痛を与える刑が存在します。

>私は「いじめられる側にも原因がある場合もある」という考えです。

通り魔のように、ただ歩いている所を、知らない人にいきなり襲われるわけでは
ないですから、いじめる側から見て、いじめられる側に、何かしらの「根拠」
があるのは事実です。
しかし、根拠と原因は意味が違います。原因と言うと、いじめられる側に何か
落ち度が有るような印象を受けます。
一方、根拠とは、いじめる側が勝手に不当な言いがかりを付けているだけで、
いじめられる側に責任はありません。

201 :前スレ503:2006/11/25(土) 23:38:02 ID:pAuseBZ1
>>198
そうですねぇ 確かに理想論かもしれません。

ここ最近の社会の動き、意識が一時的なものに終わらないことを祈りつつ
若干手ごたえも感じ始めています。

理想的な躾、教育を行渡らせる方法の一つとして 親への義務教育を考え
ています。(独りよがりの脳内革命?レベルですが)


202 :16の284:2006/11/25(土) 23:48:14 ID:POfaBjDJ
>>200
私は「いじめられる側にも落ち度がある場合がある」と思っています。
それでも「いじめ」という行為は許されない。
「いじめ」という行為をした人は当然罰せられるべきです。原因に関わらず。
そして、もちろんどちらにより落ち度がある場合でも
いじめられる側には「いじめ」を受けたことについて責任はありません。

>>201
>親への義務教育
それは私も考えたのですが、やはり教育は不完全なものです。
だから、いじめはなくならない。
不完全な人間が社会を作るのだから、完全な社会が出来るわけはないのです。

203 :前スレ503:2006/11/25(土) 23:48:51 ID:pAuseBZ1
>>199
確かに社会に出ても セクシャルハラスメントやパワーハラスメント
違法解雇、不当労働行為といったとてもいやなことはありますが、全て
の人が悪い人ではないし、いじめを憎む人は大勢いますよ。

人との付き合いで悩む事も多いでしょうが、休みながらあがきながら進
んでいきましょう。 そして成長していきましょう。
きっと自分に自信を持てる生き方ができると思います。



204 :実習生さん:2006/11/25(土) 23:50:48 ID:3uXRWCTb
教員は朝鮮系日本人いわゆる帰化人がやたら多いです。

平和ボケの日本人を教育するのに力入れるわけないじゃん。

205 :実習生さん:2006/11/25(土) 23:53:51 ID:Cyc7ueMc
現実を見れば、いじめてる連中は同和だったりする訳です。
子供の頃しか優位に立てないから目一杯優位に立とうと抗ったりする訳です。
教師もそれを知っているから容認したりする訳です。

自分の不遇を受けとめなければ君たちは社会に出れば敗者です。
先祖から背負った重荷は、君達が克服しなければ終りません。

>>204
薄っぺらい勝ち負けにこだわるなよ。

206 :前スレ504:2006/11/25(土) 23:57:28 ID:KEDGel7m
>>198=16の284
>いじめは無くならない。
> それは差別がなくならないのと同じで
> 人間の心の奥深いところに根ざす感情から起こるものだから。

あなたのような、ここのスレの古株の人間がそんなこと言ってどうするんですか。
いじめをゼロにすることは難しいですが、取締りを強化すれば、いじめは減らせます。
人間は損得で物事を考える生き物です。

飲酒運転に対する法律が強化され、飲酒運転をした本人に罰金50万円が課せられる他、
同乗者や、酒を出した店までも罰せられるという徹底ぶりです。
当然、道路上での警察の検問も多くなり、かなりの効果を上げています。
どんなに浅はかで、後先考えない人間でも、ここまでのリスクを背負ってまで、
飲酒運転をするバカはそれほどいないでしょう。

いじめも同じです。一部の外国で実行されているような、いじめに対し罰金を課し、
いじめ密告制度や、警察が学校を巡回しているところもあります。
日本でもこのような制度が実行され、いじめをすれば、いじめた子の親に対し、
罰金50万円が課せられるというようなことになれば、まちがいなく
件数は相当減るはずです。

207 :前スレ504:2006/11/26(日) 00:02:11 ID:v3jN0w3T
>>202=16の284
>私は「いじめられる側にも落ち度がある場合がある」と思っています。

いじめられる側に落ち度があるケースの、具体的な例を挙げてみて下さい。

208 :実習生さん:2006/11/26(日) 00:07:07 ID:zwyz4w0F
ある県では、同胞を大量採用しています。

だってうちの校長も、岡○先生、山○先生、まだたくさんいます。

昔炭鉱が近くにあり、多くの挑戦人がいたところです。

教員の20%が向こうです。困ったことに最近採用されるものは

マジで向こうが多いんだよな、まぁ、しゃあないか県の上のほうは

帰化で牛耳られているから。水面下では着々と進んでいますよ。

そろそろ気づけよ、日本人。

209 :前スレ503:2006/11/26(日) 00:10:06 ID:x3fBpWF0
>>202
そうですね。
それでも目指し続けることはできるし、目指し続けていきたいものです。
(^^)

もちろん、教育だけではなく法的な整備もその助けになるでしょう。

210 :16の284:2006/11/26(日) 00:16:57 ID:VsHEoQrY
>>206
全く同意です。
この点では、あなたと私の意見は同じなんですよ。多分。

私も、適切な対策が採られれば、いじめは「減らせる」と思っています。
ただ「根絶することは出来ない」と思ってるだけで。

>>207
はい。以前のスレッドにも類似したケースが挙げられていたと思いますが
典型的なケースの一つは、当事者が言動について粗暴な場合ですね。
私の経験したケースでは、その人はとにかく関わりあう相手とうまくいかない。

相手を尊重することをしないのです。
周りの人間も最初は是々非々だったんですが、徐々に集団から疎外されていきましたね。
その後、特定のグループからは時々ボコられていたようですが。


211 :16の284:2006/11/26(日) 00:20:37 ID:VsHEoQrY
>>209
その姿勢、大事だと思います。

いじめは無くならない。
しかし無くすように努力し続けることは絶対に必要なんですよね。

212 :前スレ504:2006/11/26(日) 00:35:49 ID:v3jN0w3T
>>.210
>典型的なケースの一つは、当事者が言動について粗暴な場合ですね。

言動が粗暴なのであれば、周りの友達や先生が、それはいけないことだと
諭してあげるべきです。それでも止めなければその子の親に注意してもらう
べきですし。
親も注意せず、粗暴な言動が続くのであれば、転校などの強制措置を取る
必要があるかもしれません。

しかし、それを理由に、周りが勝手に制裁を加えてはいけません。
日本には、「私刑」を認める法律はありません。
子供は家庭の中で、親が子供に制裁を加えます。また、父親が母親に制裁を
加えます。それを見て育った子供は、目の前に悪と思われるものが出現したら、
それに対し、個人で制裁を加えてもよいと思い込んでいるようです。

213 :実習生さん:2006/11/26(日) 00:39:58 ID:aZNk2wGx
>>207
いじめられる人はその集団の中で鈍くさかったり何かあったら先生にチクったり
だらしなかったり礼儀を知らなかったりキモかったり何らかの原因があるものです。
郷にいらずんば郷に従えが集団の基本です。それに達しない人は虐めの対象になる場合が多い。
それが現状です。

214 :実習生さん:2006/11/26(日) 00:52:06 ID:XIiOlHQz
いじめられて自殺した子供の母親がラジオで話してた事なんだけど いじめられてる側も孤独かも知れないけどいじめる側も孤独なんだって。どっちにしろ誰かに気づいてほしいだけなんだよ 学校とか責めても何も始まらないよ 先生とかが原因なら別だけど…
ウチわ気づいてあげなかった親が悪いぢゃんって思ってたけど ウチも同じように責めてることに気が付いた これで親が自分を追い込んで死にまで追い込んでしまったらウチもいじめた子と同じ事したと一緒ぢゃんか だからごめんなさい
この母親わ何度もごめんねって言ってた いじめわなんでなくならないの?もう誰にも悲しい思いなんてさせたくないのに…

215 :実習生さん:2006/11/26(日) 00:54:50 ID:n8JUPOxS
必死になっているいじめ肯定論者は実は在日もしくは同和の可能性が出てきましたね。>>212

216 :16の284:2006/11/26(日) 00:54:55 ID:VsHEoQrY
そろそろ寝ます。おやすみなさい。

>>212
同意です。そのようなケースであってもいじめは許されませんよね。

>>213
あなたの意見には同意できません。
いじめられる人にいつも何らかの原因があると考えるのは誤りです。
いじめられる側に全く落ち度がない場合も多々あると思います。
それと「郷にいらずんば」ではなく「郷に入りては」ですね。

217 :実習生さん:2006/11/26(日) 01:00:45 ID:n8JUPOxS
>>215
レス番間違えていない?

最初のが>>211
次のが>>212

なら、内容が繋がるんだけど。

218 :実習生さん:2006/11/26(日) 01:02:46 ID:n8JUPOxS
>>212
相手に気に入らない点があるからといって、すぐに嫌がらせという行為に走ることを
正当化できる理由なんて無いの。
むしろ、そういう短絡的な人間の方が社会性を欠いた社会不適合者。
何度論破されたら気が済むのかね。


219 :実習生さん:2006/11/26(日) 01:05:31 ID:n8JUPOxS
どうやら昨日のFBvZFoi+ が aZNk2wGx のようだね。
馬鹿は死なないと治らないとは良く言ったものだ。
私もそろそろ休むけど、そうなるとまた馬鹿が騒ぎ出すんだろうな。
一度で良いから、きちんとした反論をしてごらん?

220 :実習生さん:2006/11/26(日) 01:15:54 ID:L8ReZyg8
いじめられてる人に落ち度があるというのは言いすぎだと思います。
確かに何か自分を変えなければそこから脱出はできない。
でも、義務教育の最中、人間がしっかりできている人などいないと思う。

私は小中といじめられていました。

そこで学んだ事は「普通」って何だろう。と考える事。
「普通」とは基礎が出来ている人間だと思います。
個性を求める世の中ですが、個性を生かすのも「普通」があってからこそだと思います。

まず、挨拶、感謝の言葉、自分がした悪い事、など
基礎ができるようになれば少しは生活が変わるのではないでしょうか。
私は高校から変わりました。
周りからもムードメーカーだね、と言われる様にまでなりました。「普通」に出来る事、考えてみてほしいです。

いじめる側には、いじめられた子が自殺してしまい、
証拠がある場合、法で裁く位の事が必要だと思います。
道徳で「なんの事情があっても人を殺してしまったら警察に捕まる」
といった内容を教わったのをよく覚えています。
自殺であれ、追い込むという行為を悪意をもってしているのだから
学校、親だけの責任ではなく、加害者本人にも反省する機会を与えるべきです。

教育者は、今どきの先生を無くすべきです。
今の先生は、今の子と同じ感覚を持っています。
いじめを見てみぬふりをする。分かっていても。
私は先生にいじめられ、それを全校の先生が知っていたのにも
かかわらず、見てみぬふりをされました。

親の再教育の場を全国に創る、というのもひとつの手だと思います。
虐待などの事件も、道徳を勉強する事で減るのではないでしょうか。

拙い文ですが、どこかに私も意見したく、投稿させていただきました。

221 :前スレ503:2006/11/26(日) 01:22:14 ID:x3fBpWF0
私もそろそろ横になります。

>>213
できれば>>108以降の会話を読んでみてください。
(さすがに何度も繰り返すわけには行かないので)

>>214
いじめというのは やられるほうも、やるほうも、まわりのひとも 色々な意味で悲しいものですね。
時間をかけてじっくり考えていきましょう。
私たちの世代にできることはできるだけやっておきます。
次の世代のあなたたちもよろしくお願いします。
そして、その次の世代 その次の次の世代と、どんなに時間がかかっても目指して行けば目標に近づけていく事ができるはずです。

おやすみなさい。

222 :実習生さん:2006/11/26(日) 01:24:48 ID:1+nlp8+h
> いじめというのは やられるほうも、やるほうも、まわりのひとも 色々な意味で悲しいものですね。
悲しいと思ってる人間だけで考えてたらいい

223 :実習生さん:2006/11/26(日) 01:29:27 ID:L8ReZyg8
前にいじめられていた子を助けただけで
その代わりにいじめられるようになった経験をもつ身としては
いじめる方も悲しい、というのは理解できません。
きっと今いじめられている子たちも納得が行かないと思います。
死んでしまった子も浮かばれない。

いじめている人達は、してはいけない事をしていると思います。

224 :前スレ504:2006/11/26(日) 01:31:20 ID:v3jN0w3T
>>213
>郷にいらずんば郷に従えが集団の基本です。それに達しない人は虐めの対象になる場合が多い。
>それが現状です。

そのような村社会の発想が、いじめを生む。
いじめを正当化する人が、「競争原理」と並んでよく使う言葉だ。

昔の村は、外部に通じる道路や鉄道もない。電話もテレビもインターネットもない。
村に駐在所があって、警官が常駐しているが、その警官も村の出身者で、
村の長老の圧力で、いくらでも事件を揉み消せる。
そんな村では、つまはじきに合えば生きていけない。
「郷にいらずんば郷に従え」ということわざができた当時の時代背景を物語っている。

さて、本題に入るが、学校とは果たしてそのような村社会なのだろうか?
例えば、高校の運動部や吹奏楽部などの、長年伝統があり、先輩から代々
受け継がれた伝統がある部活では、その部活独自のしきたりがあり、部員は
必ずそれを守らなければならない。
足を引っ張る部員は、全国大会には出させてもらえないし、活動を乱す恐れの
ある部員は退部させられる。

225 :前スレ504:2006/11/26(日) 01:31:59 ID:v3jN0w3T
では、クラスの方はどうだろう?クラスそのものは、1年で入れ替えになるし、
そもそも義務教育は誰でも受ける権利がある。
高校、大学、就職した会社でも、合格した以上は、そこで勉強したり働く権利がある。
そこの組織に、何か守らねばならない、または受け継いで行かなければならない
大切なものがあるのなら、それはその組織の誇りとして、尊重しなくてはならない。

しかし、それ以外の部分では、果たしてクラスの中に、「郷の掟」なんであるのか?
あるとすれば、それはいじめっ子が、自分の価値観で勝手に作り上げた論理に過ぎない。
もともと掟など存在しない所に、誰かが勝手に掟を作り、それに他者を従わせるなど、
人権侵害に他ならない。

「郷にいらずんば郷に従え」などともっともらしいことを言っていじめを正当化しようとしても、
そんな理屈簡単に論破されてしまう。

226 :実習生さん:2006/11/26(日) 01:45:40 ID:1+nlp8+h
ネットでここまで吼えるID:v3jN0w3Tの机上の空論に失笑。
この文章量で経験談一切なしってのがすごいわ。

227 :前スレ504:2006/11/26(日) 01:49:27 ID:v3jN0w3T
>>226
意味不明。反論にすらなっていない。お前の知能レベルに失笑。

228 :実習生さん:2006/11/26(日) 01:51:20 ID:1+nlp8+h
確かにネット世界って怖いね
どんなにいかれポンチな主張でも
論敵より長くスレに張り付いて、レッテル張りまくった方が
「勝てる」わけだからw
リアル世界じゃ絶対通用しないけどなww
まあ、そういうことに人生の喜びを見出すのも生き方のひとつだと思うよ
俺はリアルに備えて眠らせてもらうけどw

229 :前スレ504:2006/11/26(日) 02:01:46 ID:v3jN0w3T
>>228
まずは自分の主張をしてから反論しろ。
自分の主張がなく、ただ他人の意見にいちゃもん付けるだけなら
バカでもできる。
お目みたいな人間は、リアル世界じゃ通用しないよ。

230 :前スレ504:2006/11/26(日) 02:06:03 ID:v3jN0w3T
>>228
>俺はリアルに備えて眠らせてもらうけどw

明日は日曜なのにご出勤か。何の仕事してるんだかw

231 :実習生さん:2006/11/26(日) 02:44:39 ID:i0O30lp3
>>230
殴られたから、殴り返して良いという法は無い。
侮辱されたから、侮辱し返して良いという法は無い。
いじめられたから、いじめ返して良いという法は無い。
煽られたから、煽り返してよいという法は無い。

いや、異論はあるだろうけど、
まぁ、落ち着いて、って事。
日曜日に仕事をするような業種だってあるんですから。ね?

232 :実習生さん:2006/11/26(日) 04:25:50 ID:RpSjv8ON
勤労者の>>222に質問しとこう
>悲しいと思ってる人間だけで考えてたらいい

ではこのスレにわざわざやってきたのは、
君も悲しいと思ってるからなんだよね?

233 :実習生さん:2006/11/26(日) 09:19:47 ID:acEaVAmM
>228
504てまのは、昔からよくいるいじめ封殺論者だよ。
いじめられている側に同情しているふりをしつつ、そのじつ、被害者の自己責任論へ巧妙にもっていって、全体像を語ることを避けている。
特に教育関係機関のことは絶対に語りたがらない。たぶんそれの関係者だと思うが。
社会保険庁が正しいわけじゃないけれど、まずは国民がちゃんと保険料を払うべきだ、とかほざいていたヤツと論調は同じ。


234 :実習生さん:2006/11/26(日) 09:20:48 ID:acEaVAmM
>900 :504:2006/11/23(木) 10:39:27 ID:vpJSAEwY
>いじめはいじめる方が当然悪いが、それを解決する責任は、1.いじめられている本人 2.保護者 3.担任 4.それ以上の管理者の順番にある。
>本人が解決するための行動を何もとらず、周りにも助けを求めなければ、それは自らいじめを認めているも同然。

いじめられている人間がなにも助けをもとめてないと決定している態度。
助けを求めても学校側に封殺されている場合がほとんどなのが現実なにのだが、その点にはまったく触れようとしない。

235 :実習生さん:2006/11/26(日) 09:57:51 ID:Urlj90x8


公務員を公開リンチで虐めて自殺に追いむマスコミ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1163345071/l50



イジメ自殺でマスコミの教師袋叩きと犯人らの高笑い
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1161056958/l50


いじめ自殺で犯人放置で学校ばかり攻撃するマスコミ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1162124758/l50



マスゴミのいじめ報道はおかしい!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1162163957/l50

236 :前スレ503:2006/11/26(日) 10:11:11 ID:x3fBpWF0
おはようこぜえます。

>>220
親への義務教育案にご賛同いただきありがとうございます。
大人から叩かれてばかりの子どもたちはその矛先を仲間や自分自身に向けてしまいます。
いじめという卑劣な行為により自分自身を貶めていることに気づいていない子もいます。
1年間1000回叱って褒めるのは10、20回なんて状況で子どもがまっすぐ育つで
しょうか。 本当の自尊心のある子が育つでしょうか?本当に強い子が育つでしょうか?
大切にされたことが無い子どもが人を大切にできるでしょうか?
夫婦で罵り合うさまばかりを見て育った子が話し合いの大切さを知っているでしょうか?
給食費をワザと払わない親の元で社会の一員であるという意識が育まれるでしょうか?
という想いです。

>>223
いじめは被害者にとって悲しく、憎く、理不尽な行為で時とて命を奪われ、
人生を奪われるものですね。 決して放置してはならない行為です。
そして被害者の権利は最優先で速やかに確保されなくてはいけませんよね。


加害者は暗い喜びで人を追い込む異常な心理状態です。
罪を犯し自らを貶め自分の醜さ悲しさに気づくことができない不幸な人です。
何がその人をそんな風にしてしまったのか解りませんが本当ならば
みなと同じように健やかに育つことができたはずなのに。


私もたまに「いじめたら死刑にすればいいのに」と思う事がありますが、
いじめの悲しさを考えるとき加害者の不幸も考えるようになりました。


237 :実習生さん:2006/11/26(日) 10:20:25 ID:acEaVAmM
>911 :504:2006/11/23(木) 12:51:17 ID:vpJSAEwY
>金八先生は3年B組の担任だけれども、国語の教師として、他のクラスも教えているんですよね。
>金八先生のようなスーパー教師は、現実にはありえあいのに、先生に期待しすぎる生徒や親が多すぎるから、学校が批判されるんでしょうね。

学校にいじめの対策をしてもらうこと=先生に期待しすぎること。
学校が悪いのではなく、そうする生徒や親が悪い、という論法。
つまり、学校にいじめの対策をするように期待し要望することは、彼の中では悪なのだ。

確かに、世の中には給食費を徴収されることを反対する我侭な親もいるらしが、いじめ関係の管理と対策はそれとはまるで質がちがう要望であるあることは語るまでもない。

238 :実習生さん:2006/11/26(日) 10:21:24 ID:acEaVAmM
>915 :504:2006/11/23(木) 13:19:45 ID:vpJSAEwY
>そんなに学校にいじめの事実を認めさせたいのなら、
>「市(区)に対して、いじめられた被害に対する損害賠償の請求権を放棄し、
>市(区)及び学校責任者に対する責任の追及は一切いたしません。
>また、この事実を、マスコミ及び、いじめ被害者を含む他者には一切漏らしません」
>という誓約書を出しなよ。そうしたら認めるよ。

明らかに学校関係者を過剰に保護する姿勢が見て取れる。
学内で刑事事件に相当する暴力行為が行われ、その犯罪を察知できない管理責任と能力の欠如を問うことは、少なくとも彼の中では許しがたい行為のようだ。なんでだろう。

239 :実習生さん:2006/11/26(日) 10:22:12 ID:acEaVAmM
>前スレ504:2006/11/25(土) 11:32:41 ID:IRgjqjbT
>今日は土曜日で、いじめられて困っている人も大勢ここのスレを見るだろうから、ガイシュツの俺の主張をもう一度繰り返す。
>まず、「先生が悪い」「学校が悪い」「教育委員会が悪い」「マスコミが悪い」 「今の社会が悪い」というような、「誰かが悪い」という発想はもうやめなさい。
>昨夜の「朝まで生テレビ」を途中まで見ていたが、大人達も、「日教組が悪い」「文科省が悪い」「与党が悪い」「教師が悪い(教師のスキルが低い)」「いじめられる方が悪い」と、責任を人に押し付け合うばかりで、

>抜本的な解決方法を、誰一人提示できなかった。
オマエモナー(古っっ
抜本的ってことは、対処療法じゃなく、いじめ全体を見るってことなのだが、そういう視点が全然ない。

240 :実習生さん:2006/11/26(日) 10:23:10 ID:acEaVAmM
>警察、裁判所を利用するしか方法はないと断言する。
警察も裁判所も証拠がないと動かない。そしていじめは証拠が残らないほど巧妙だ。本人の申告だけでは動かない。いじめの内容が申告された遺書で警察が動いた形跡はない。
だいたい、たかが殴られた蹴られた程度だと、警察は注意程度で終わらせるのが常識で、解決まではいたらない。喧嘩なんてたいていそういう扱い。そもそも学校内まで警察権力はなかなか介入できない。
いじめが刑事事件となることはほとんどないと断言しておく。警察も、学校内の管理は学校関係者の聖域と見ていて、手出しをすることは自粛する傾向にある。せいぜいクチだけ出す程度。子供同士の暴力で、わざわざ逮捕したりしないし、
ナイフなどを凶器を手にした状態じゃないと補導もされない。そして凶器をてにするのは、たいていキレて反撃する被害者側なのだ。


241 :実習生さん:2006/11/26(日) 10:23:55 ID:acEaVAmM
>私自身が、法律を知り、いじめを克服してきたのだから。
上で書いたように、彼の解決法が現実的な事実に基づいてない以上、コレは完全にウソ。
本当だとするならもっと具体的にね。
どこでどんないじめがあってどう申告してどう警察が動いてどう法的に処分が下されたのか。是非事実と実例が知りたいものだね。

242 :実習生さん:2006/11/26(日) 10:26:17 ID:acEaVAmM
考えてみて欲しい。
子供は学校へ通わないといけない。これはもう社会のシステムであり、不可避の現実だ。
このスレを見ている人で、
今の子供だけではない。いまは子供でも、これから大人になって結婚して子供を生む人もいるだろう。現在と、そして未来の子供のことを考えないといけない。
いじめは昔からあった。
昔から放置されてきた。
だからいまも自殺という形で表面にでているのだ。
このままでいいのか。このまま、教育関係者や教育関係機関に対して語ることを封殺することで、何も変わらず、未来へもいじめの輪廻が続いていくことを。
学校はなくならないだろう。ならば変えていくしかない。
変える、ということは悪い点を改めることであり、それには、問題点を提起し語ることが必要になるのだ。
いまの教育に問題があることが多々指摘されていながら、語るのをやめてそれを放置して、荒れるのにまかせているのか。そういう学校に、将来、自分の子供や親戚を通わせたいのか。それで平気なのか。
いまだけではない。10年後や20年後に、また連続自殺が世の中を騒がせることがないように、これ以上の教育の質の低下がおこらないように、語ることをやめるな。

243 :実習生さん:2006/11/26(日) 10:27:38 ID:acEaVAmM
>221 :前スレ503:2006/11/26(日) 01:22:14 ID:x3fBpWF0
>>214
>いじめというのは やられるほうも、やるほうも、まわりのひとも 色々な意味で悲しいものですね。
>私たちの世代にできることはできるだけやっておきます。

わたしたちにできること。少なくとも、この掲示板でできること。
それは語る、ということだ。タブーを設定せず、あらゆることに対して語る。
中には、学校を聖域化し、それを批判することを禁忌とする者もいるかもしれない。
だが、それは変化することを否定することであり、ついには澱み、腐敗をもたらす。いや、教育はすでにそうなりつつある。だからこそ、語ることをやめてはいけないのだ。

244 :実習生さん:2006/11/26(日) 10:31:02 ID:Os3gIDtc
>>213
いじめられる人はその集団の中で鈍くさかったり何かあったら先生にチクったり
だらしなかったり礼儀を知らなかったりキモかったり何らかの原因があるものです。

確かにそういう面はある。
普通のまともな子のそういう子に対する態度は、
せいぜい帰宅友達や個人的に遊ぶ仲間に入れなかったりする程度。
しかし、クラスで行う班の集まりには一応許容する。

しかし、現在話題となってるいじめはみんなに好かれてないこと、
力になってくれる友達が居ないことをいいことに、
好き勝手に犯罪まがいの攻撃することに問題がある。
また更に問題をややこしくするのは、
学校側が子供ということでその犯罪行動を取り締まれないことだ。


245 :実習生さん:2006/11/26(日) 10:39:02 ID:0n8mAQrl
常々思うのだが、どうしてここの住人には
自分の主張「だけ」が正しいと思う人が多いのだろうね。
1つの事象に対し視点を変えたものだけだと思うのだが。
一方向だけでは隠れて見えないものも他方から見ることで
それを把握でき問題の解決に繋がると思うのだが。
とりあえず、脊髄反射的にレスするのを我慢しようよ。

ちょと待て、その反射レスが議論を止める。
ってことで。



まあ、ついこの間までいじめられていた奴は
自分の傷口に対して余裕がないから仕方ないとも思うが。

246 :実習生さん:2006/11/26(日) 11:29:31 ID:4uuudgVm
学校が社会から分離された空間という認識になっているため、
そこで起こす行動の正邪が現実と離れててもよいという認識が出来上がってしまい、
いじめとよばれる、規範からはずれるような行為が容認される状態になる。


247 :実習生さん:2006/11/26(日) 11:33:11 ID:SxO0lBz3
ゼロ・トレランス方式
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9


 ゼロトレランス方式(ぜろとれらんすほうしき)とは、「割れ窓理論」に依拠して1990年代にアメリカで始まった教育方針の一つ。
「zero」「tolerance(寛容)」の文字通り、生徒の自主性に任せる放任主義ではなく、不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。日本語では「不寛容方式」「毅然とした対応方式」などと意訳される。

 アメリカでは1970年代から学級崩壊が深刻化し、学校構内での銃の持込みや発砲事件、薬物汚染、飲酒、暴力、いじめ、性行為、学力低下や教師への反抗などの諸問題を生じた。
その建て直しのための生徒指導上の様々な施策が行われてきたが、その中で最も実効の上がった方法がゼロトレランス方式だった。

 細部にわたり罰則を定め、違反した場合は速やかに例外なく厳密に罰を与えることで生徒自身の持つ責任を自覚させ、改善が見られない場合はオルタナティブスクール(問題児を集める教育施設)への転校や退学処分を科し善良な生徒の教育環境を保護。
また「駄目なものは駄目」と教えることで、規則そのものや教師に対し尊敬の念を持たせ、ひいては国家や伝統に対する敬意や勧善懲悪の教えを学ばせた。


248 :実習生さん:2006/11/26(日) 11:42:28 ID:bsLdKHeU
いじめ られ 自殺 を考えるようになったら

学校に相談。警察に相談。  でも なにも

変化なし、、、、だったら

勇気をもって 近くの 暴力団事務所に相談に行こう!!!!
ぜったい、やさしい おにいちゃん が あっと
ゆうまに 解決してくれる。

教育委員会なんて あなたの いじめ をもみ消すだけ。

勇気をもって 近くの 暴力団事務所に相談に行こう!!!!

249 :前スレ504:2006/11/26(日) 11:44:52 ID:v3jN0w3T
>>ID:acEaVAmM

だから他力本願はやめろと言っているだろ。
理想と現実の区別ができる人間になれ。

>学校が悪いのではなく、そうする生徒や親が悪い、という論法。
>つまり、学校にいじめの対策をするように期待し要望することは、彼の中では悪なのだ。
>学内で刑事事件に相当する暴力行為が行われ、その犯罪を察知できない管理責任と能力の欠如を問うことは、少なくとも彼の中では許しがたい行為のようだ。なんでだろう。

教育行政を何も分かっていないじゃないか。
学校法人ではない進学塾などで、いじめがあって、その対策を塾長に申し出るのは当然。
しかし、学校法人の公立学校は、全て文科省の支配下にあり、その頂点に事務次官がいる。
(建て前上は大臣がトップだが、大臣は人事権と決裁権を持っているだけで、
指揮能力はない。)

文科省の末端の一支店に過ぎない学校に要望しても、その要望が教育委員会を通じて
文科省に上がって行き、文科省の決裁を経て、再び教育委員会を通じて戻って来る。
でもたいていは、学校にとって都合の悪い要望は上に上げないし、
上げても途中でストップしてしまうことが多い。
学校に申し出ても、何も解決しない。もっと世の中のことを勉強しろ。

250 :実習生さん:2006/11/26(日) 11:45:34 ID:v3jN0w3T
>>抜本的な解決方法を、誰一人提示できなかった。
>オマエモナー(古っっ
>抜本的ってことは、対処療法じゃなく、いじめ全体を見るってことなのだが、そういう視点が全然ない。

俺は朝まで生テレビの出演者ではないのだが。俺の考える抜本的な解決方法は、
すでに別にレスしてある。しかし、抜本的な解決方法が実践されるには、
相当の困難が予想される。それよりも対処療法を語る方が重要。

>警察も裁判所も証拠がないと動かない。そしていじめは証拠が残らないほど巧妙だ。本人の申告だけでは動かない。

だからさんざん言っているんだが、証拠を作れっての!
ICレコーダーを内ポケットに入れておくことが、そんなに難しいことか?
他にも証拠を作る方法がたくさんあるだろ?
他力本願根性全開だな。

>いじめの内容が申告された遺書で警察が動いた形跡はない。

いやいや、自殺があれば必ず警察は動いているんだが。思い込みだけで語るなよ。
ただし、遺体に暴行を受けた跡があるなど、事件性が高い場合外は、
民事のことでもあるので、遺族や学校とも相談の上対処する。

251 :実習生さん:2006/11/26(日) 11:46:27 ID:4uuudgVm
>>247 なるほど。
その例の、細かいものまでしっかり定めるというのは、
アメリカのルールを重要視するという側面もあるだろうけど、
子供に、通念として、わかりやすい適当な規則を決めて行わせるという方法にも順じている。
それが普通の行動概念じゃないと、子供がわかっていたとしても、
「子供だからそうしなさい」と強く押し付けることは有効かもしれない。

252 :実習生さん:2006/11/26(日) 11:46:41 ID:v3jN0w3T
> だいたい、たかが殴られた蹴られた程度だと、警察は注意程度で終わらせるのが常識で、解決まではいたらない。喧嘩なんてたいていそういう扱い。
>いじめが刑事事件となることはほとんどないと断言しておく。
>子供同士の暴力で、わざわざ逮捕したりしないし、

さんざんガイシュツなのだが。警察に対し、「いじめられた」「けんかした」と申し出てはダメ。
警察は、「民事不介入」の原則により、組織内の「もめごと」は取り締まらない。
しかし、「暴行を受けた」と申し出れば、それは暴行罪という立派な犯罪。
また、被害者がハッキリと「告訴」を申し出なくてはダメ。
暴行罪は親告罪ではないが、民事における触法事件は、告訴がないと逮捕できない。
つまり、被害者があいまいな態度では、警察の方も困ってしまうんだよ。

>そもそも学校内まで警察権力はなかなか介入できない。
>警察も、学校内の管理は学校関係者の聖域と見ていて、手出しをすることは自粛する傾向にある。せいぜいクチだけ出す程度。

そろそろ覚えろよ「民事不介入(みんじふかいにゅう)」
意味が分からなかったらぐぐれ。

>わたしたちにできること。少なくとも、この掲示板でできること。
>それは語る、ということだ。タブーを設定せず、あらゆることに対して語る。
>語ることをやめてはいけないのだ。

語っていればそのうち誰かが助けてくれると信じているのか?
語るのではなく行動しろ!
いじめが無くならない最大の原因
それはいじめられっ子が他力本願だから。

253 :実習生さん:2006/11/26(日) 11:54:01 ID:mNg4s+41
ウツで1ヶ月休職して遊び倒してる教師
ミクシーあるやつ見たって

しかこ  ってやつ

254 :実習生さん:2006/11/26(日) 11:58:47 ID:4uuudgVm
悪い行動を取ったとき、
一般的な社会観念から裁断を下すというのではなく、
子供が取った行動という観念が、必要以上に強く付加されて判断されているから、
完全にのぼせ上がってしまうという状況になっている。

255 :実習生さん:2006/11/26(日) 12:05:38 ID:4uuudgVm
>>252
警察まかせじゃなく、制裁措置をもっと強くとっていいんじゃないか。
休み時間禁止とか、補習とか、
停学、外出禁止、自宅謹慎、買い物禁止とか。

256 :前スレ504:2006/11/26(日) 12:09:35 ID:v3jN0w3T
>>255
>警察まかせじゃなく、制裁措置をもっと強くとっていいんじゃないか。

ここで言ってないで、文科省に要望して下さい。
聞いてくれるかは分からないけど。

257 :実習生さん:2006/11/26(日) 12:12:01 ID:4uuudgVm
ここで言ってないでと言われちゃ、そもそもすべて・・・

みんな罰則強化には賛成だけど、現実的に阻止されてしまうという現状なのかい?

258 :前スレ504:2006/11/26(日) 12:21:42 ID:v3jN0w3T
>>257
> みんな罰則強化には賛成だけど、現実的に阻止されてしまうという現状なのかい?

学校の罰則は、学校独自では決められない。学校は、文科省に縛られている。
文科省には「官僚」という、面倒くさいことはやりたがらない大人がたくさんいる。

259 :実習生さん:2006/11/26(日) 12:21:42 ID:XuqViUlk
日教組を観察する
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/kyouiku.html

日教組を観察する
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/kyouiku.html

日教組を観察する
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/kyouiku.html

日教組を観察する
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/kyouiku.html

日教組を観察する
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/kyouiku.html


日本教職員組合 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%95%99%E8%81%B7%E5%93%A1%E7%B5%84%E5%90%88

日本教職員組合 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%95%99%E8%81%B7%E5%93%A1%E7%B5%84%E5%90%88

日本教職員組合 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%95%99%E8%81%B7%E5%93%A1%E7%B5%84%E5%90%88

日本教職員組合 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%95%99%E8%81%B7%E5%93%A1%E7%B5%84%E5%90%88


260 :実習生さん:2006/11/26(日) 12:31:35 ID:4uuudgVm
ん〜〜。
馬鹿な子供相手を経験してる方でも、馬鹿な大人にゃ講ずる手を持ってないか。
そもそも、教育崩壊という大枠を見れば、
責任は学校じゃなくて文科省のはずなんだが。
一回、教育再生!!ってスローガン掲げてる奴らに、
その前に失敗の責任を認めろと強く言ったほうがいいかもね。

261 :実習生さん:2006/11/26(日) 12:38:20 ID:nTwOxkT0

面白くない授業がいじめを生む!

262 :実習生さん:2006/11/26(日) 12:40:34 ID:4uuudgVm
>>261
教育内容がそもそもちゃんとしてないら、教員レベルの責任は薄いと思うよ。
何にしても文科省。

263 :実習生さん:2006/11/26(日) 12:52:44 ID:PK5cAkwo
女子高生コンクリート詰め殺人
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1164463866/

264 :実習生さん:2006/11/26(日) 12:53:19 ID:4uuudgVm
でも、文科省の馬鹿さの指摘をちゃんと出来る能力も、
教育関係者が持っていないというのも、現実なんじゃない?そんなことない?

265 :16の284:2006/11/26(日) 12:54:31 ID:I0hpQXUu
おまいらこんちわ

漏れの考えはちょっと違うんだ

具体的施策を文部科学省に提言するという意見であれば意味があると思うが
単純に「文部科学省をどうにかすればいい」「学校をどうにかすれば」
「教育委員会を」「日教組を」…等々という意見に意味があるようには思えない。
空疎なアジテーションに聴こえたりさえする。

前スレ504の主張するような警察・司法機関を活用する案は
これらとは全く違う対症療法だが、それだけに即効性が期待できる。
少しでも多くのいじめ被害者が救われるのであれば
その実現可能性と効果の有無を真剣に検討すべき。



266 :前スレ504:2006/11/26(日) 12:58:05 ID:v3jN0w3T
>>264
会社の平社員が、社長のバカさを指摘したらどうなる?
社長が気付いて、「指摘してくれてありがとう」って言うかい?

267 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:08:38 ID:0n8mAQrl
>>266
そう言うのは日教組とか教員の組合の仕事だよな。
全く機能していない上に斜め上なことばっかしてますけど。

268 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:09:04 ID:4uuudgVm
根源的な原因の究明と、それに基づく状況の改善は時間がかかるから、
まず現状の対処としては、即効性を持つ法的手段がいいってこと?
仮の手段ということをわかってやるならいい。現状がひどいんだから。

269 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:12:18 ID:4uuudgVm
>>266
え?一般の教師が、文科省のこと言うのに、やっぱりはばかることがあるの?
校長のこと言うなら直接的だからわかるんだけど、文科省にも言えないのかい?

270 :16の284:2006/11/26(日) 13:15:00 ID:I0hpQXUu
>>269
そう。
対症療法と根治療法は並行してやっていいし
互いに排除すべきものでもないってこと。

271 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:16:43 ID:I0hpQXUu
>>270

アンカミススマソ
○268
×269

夕方までちょっと外出してきます。

272 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:19:05 ID:i0O30lp3
いじめた生徒は出席停止に
ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061125it06.htm

ここにはまだ貼られていなかった様なので、一応貼っておきます。

しかし、これが実施されるようになったとして、
どれほどの抑止力を発揮できる物なのか、少々疑問。
まぁ、無いよりは全然良いのだろうけど。

中にはこれで懲りる輩もかなり居るだろうが、
それでも懲りない輩がいるのも事実。
そんな輩が、三日で、一週間で、一ヶ月で帰ってくる。
次なる報復に恐怖しつつ、申告出来る子供がいるのだろうか。
また、いじめっ子認定された親が学校に乗り込んでくる事も予想される。
さて、どうなることやら。

273 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:22:25 ID:4uuudgVm
>>272
罰則が、途中までしか仮定してないから悪い。
この段階ならこう、ここまできたら、もうこれやるぞと決めればよい。
1度目は通常の罰則で、2度目はもう、かなりの罰則を科す、
施設行きとか。

274 :会社による弱者いじめでは:2006/11/26(日) 13:23:18 ID:/LjDPOZ1
群馬トヨタ桐生店へ車の買い替えの為見積を取りに行って、数日後担当社員より電話。
「ノルマの為仮注文で結構ですから、ご来店ください」と言われ来店して名前だけ書かされた。数ヶ月後、お宅の注文した車が出来上がっているから、早く購入して下さいと・・・・
しかも、内容証明で届きました。これって許せます?
ひどい押し売りだと思いませんか。


275 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:30:13 ID:4uuudgVm
いじめられっ子やひきこもりの子の為の施設ならほいほい作るんだから、
いじめっ子の矯正施設作ればいいんだよ。
その方がいじめられっ子やひきこもりが普通に学校に行くぞきっと。

276 :前スレ504:2006/11/26(日) 13:33:28 ID:v3jN0w3T
>>268
>まず現状の対処としては、即効性を持つ法的手段がいいってこと?

その通り。何度もガイシュツだが、今の法律、制度では、教育機関そのものに、
いじめを取り締まる絶大な権限はない。
現状では、教師はいじめっ子に対し、「注意をする」という以上の制裁は
課すことができない。

いじめっ子がパトカーに乗せられ、署へ連行されれば相当ショックを受けるだろうし、
民事裁判を起こせば、相手の親に慰謝料を払わせ、いじめっ子本人に、
裁判官の前で、「いじめはもうしません」と宣誓させることができる。

いじめは刑法上の犯罪であり、民法上の不法行為であることをよく認識すること。
被害を受けたのに何もしないことを、「泣き寝入り」という。
何でも「泣き寝入り」する癖が付いてしまうと、大人になってからも苦労するよ。
犯罪、不法行為に対し、毅然とした態度で臨める人間にならなくてはならない。

277 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:36:29 ID:4uuudgVm
>>276
んー、その方向はどうだろう・・・。
人間の行動基準、法でそこまで踏み込むのはどうだろう。
俺は施設の方がいいと思うんだが。

278 :前スレ504:2006/11/26(日) 13:42:31 ID:v3jN0w3T
>>274
>しかも、内容証明で届きました。これって許せます?

許せません。いや、あなたのことがね。契約書の内容をよく読まず契約すること自体
本人のミス。むしろ、店名を晒すあなたの方が、偽計業務妨害罪に問われますよ。
これはいじめでもなんでもありません。

279 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:52:11 ID:0n8mAQrl
>>276
うん、いじめに関して効力がありそうなのは分かった。

で、その後の学校生活はどうなるか、誰も答えてくれないんだけど。
どんなふうになると予想できる?

280 :前スレ504:2006/11/26(日) 13:53:06 ID:v3jN0w3T
>>277
>俺は施設の方がいいと思うんだが。

施設というのは架空の話でしょ?
架空の話と、今でも実行可能な対処法を比較しても意味がない。
施設ができるまで我慢すると言うことか?

>人間の行動基準、法でそこまで踏み込むのはどうだろう。

踏み込むかどうかを決めるのは被害者。いずれにせよ、本人(および保護者)
の告訴、または提訴がないと警察も裁判所も動かない。
被害者がそこまでしなくても良いというなら、我慢すればいいだけのこと。

281 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:54:22 ID:/Soxnd6p
虐めは、幅広いと思います。初級から行くと個人の悪い噂による虐め(社会的虐めに該当)
精神的直接な言葉によるめ(会社・学校、言葉の暴力)身体的暴力による虐め
(学校・家庭内の虐待や暴力)
このような現状で私は、生活している訳ですが、自分が被害者になる事もあれば加害者になる事もあります。
毎日人権を意識する事で上の問題を避ける事が出来ると思います。

282 :前スレ504:2006/11/26(日) 13:55:17 ID:v3jN0w3T
>>279
>で、その後の学校生活はどうなるか、誰も答えてくれないんだけど。
>どんなふうになると予想できる?

君の予想はどんなふうになると思う?

283 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:55:59 ID:/Soxnd6p
付け加え・虐め

284 :実習生さん:2006/11/26(日) 13:56:26 ID:i0O30lp3
>>274
会話の内容も数ヶ月前の事で、会話を録音などという証拠も無い。
確かに契約書をろくに読まずにサインしたあなたにも非はありますが、
「買うかどうかとは違うんですよ」等と、トークで誤魔化して契約させるような、
そういう営業マンがいるのも事実です。(そこの店に、という意味ではない)
文面にハッキリ「購入の意志がある」と書いてあっても、
「仮契約ですから。キャンセルは出来ます」等と営業マンが否定する事とかね。

しかし、そういった会話の証拠が無い、と。
まぁ、弁護士に相談して、キャンセル出来るかどうか検討した方が良いのでは。
少なくとも、いじめではありませんよ。

285 :すいません:2006/11/26(日) 13:59:00 ID:/Soxnd6p
>>281
訂正・私達

286 :実習生さん:2006/11/26(日) 14:05:15 ID:i0O30lp3
>>277
鑑別所だとか少年院だとかっていう施設は、あるにはありますね。
何歳以上が対象なのかは知りませんし、(14歳以上なのかな?)
いじめにも適応出来る施設なのかもよく分かりませんが。

287 :前スレ504:2006/11/26(日) 14:08:58 ID:v3jN0w3T
>>284
そもそも契約法には、「仮契約」などという用語はない。
それに引っ掛かるDQN消費者多すぎ。
キャンセルができると言っていたのなら、その条文を契約書に入れなければ、
解約はできない。裁判を起こしても絶対に負ける。

288 :実習生さん:2006/11/26(日) 14:10:32 ID:0n8mAQrl
>>282
質問返し、ね。

できれば何も考えてないならそう言って欲しかったな。

289 :前スレ504:2006/11/26(日) 14:12:35 ID:v3jN0w3T
>>286
>鑑別所だとか少年院だとかっていう施設は、あるにはありますね。

いじめっ子をそこに入れるためにはどうしたら良いか知ってる?
君が直接鑑別所や少年院に電話してもだめなんだよ。

290 :実習生さん:2006/11/26(日) 14:18:18 ID:/Soxnd6p
今の私の周りの人間を見ると、いかに人の権利、個性が守られていないかとひしひしと感じます
さっきも客観的に体験しましたが、人の噂というものは悪い噂程広がりやすい
そして自体は悪化し、周りから変人扱いされ、社会的不利に仮装させされるかのように周りから見られるのです。
私の長年実験した所それが結果として、周りに流通しています。

だから私は虐め問題と同時にこの問題も世間に追求します。

291 :前スレ504:2006/11/26(日) 14:18:40 ID:v3jN0w3T
>>288
だからさあ、他力本願はやめろと何度も言っているでしょ?
その後どうなる、じゃなくて、君自身がその後の人生を作っていくんだろ?
少なくともいじめっ子はいじめをしなくなるわけだ。
その後の人生を決めるのは君自身で、俺達じゃない。

292 :前スレ504:2006/11/26(日) 14:30:09 ID:v3jN0w3T
>>290
言いたいことは分かるが、スレ違い。

293 :実習生さん:2006/11/26(日) 14:31:05 ID:i0O30lp3
>>289
>>286で自ら言ってますが、
>いじめにも適応出来る施設なのかもよく分かりませんが。
なんも知りませんよ。縁がない施設でしたから調べる気もありませんし。
適応できない、用途が全く違う等と言えば良いだけの話。

>>291
>君自身がその後の人生を作っていくんだろ?
そうやって、自分以外のレスは現在いじめられている人だっていう見方は
変えた方が良いんじゃないですかね?
私には、もうそういう時期を過ぎた人ばかりが
レスしているように見えるんですけどね。

294 :実習生さん:2006/11/26(日) 14:32:46 ID:L8ReZyg8
>>236
223です。わたしのような稚拙な考えにレスを下さってありがとうございます。

>加害者は暗い喜びで人を追い込む異常な心理状態です。
罪を犯し自らを貶め自分の醜さ悲しさに気づくことができない不幸な人です。
何がその人をそんな風にしてしまったのか解りませんが本当ならば
みなと同じように健やかに育つことができたはずなのに。

私もそれを考えた時、責任は親にあるのかと考える事があります。
そのような異常な心理状態を作り出す家庭に問題があるのかとも思います。
しかし、人をどんな理由があろうとも、自分の家庭がどうであろうとも、
自分でとった行動は自分で責任をとるべきと思うんです。
いじめた側も悲しい、では甘やかしているだけの様に思えるのです。
今、丁度Vを見ているのですが、「少年が集団で人をリンチし殺した」という
内容です。いじめと何が違うんでしょうか。
刑を持って償うべきなのではないのでしょうか。極論になってしまい、
申し訳ありません。


普段、こういった話しを真剣にする場が無く、この場でお話に交わらせて
いただけた事をうれしく思っています。

295 :前スレ504:2006/11/26(日) 14:40:18 ID:v3jN0w3T
>>294
前々スレの私の書き込み

防げません。根っからのいじめっ子は前々スレ>>766のような人です。
766のような、他人をいじめることに快楽を感じ、罪悪感を持たない人がいますが、
これは親の背中を見てそうなったのではありません。
親もやはり同じようないじめっ子で、そのDNAによる遺伝だと思います。

このような遺伝子を持った子は、幼児期から他の子供にちょっかいを出したりします。
そして、このような行為の度に脳がドーパミンを分泌し、いじめることが快感になる
脳が作られていくのです。いわゆるサドスティックですね。
幼少の頃にこのような脳が形成されてしまえば、よほどの脳治療を施さない限り、
性格は変わりません。
その後の親の教育や環境で性格が変わることもありますが、このような子の親に限って、
子供はただ強ければ良いと考えているので、他人をいじめることに快楽を感じ、
罪悪感を持たない性格のまま大きくなってしまうのです。

このような脳を持った人間は、一種の「いじめ中毒者」ですから、理屈でいじめは悪いと
言っても全く理解できません。
ですから、このような人間は、脳の治療を施さない限り、いじめは止まらないのです。
このようないじめ中毒者の存在を正当化し、必要悪などと言っている大人は、
戦争を正当化しているのと同じ位滑稽なことです。

296 :実習生さん:2006/11/26(日) 14:56:44 ID:0n8mAQrl
>>291
やれやれ。
他人に助言するつもりなら、それがどのような結果をもたらすか
それくらいは考えていてほしいものだ。
仮に、いじめをなくしたいならいじめっ子の家に火をつければいいんだよ、
家が燃えればいじめどころの騒ぎじゃないだろ?
こんな助言はどう思う?
そう言うことを言ってるんだよ。

297 :実習生さん:2006/11/26(日) 15:51:00 ID:L8ReZyg8
>>295
こんにちわ、294です。初めまして。
罰を与えるべき、というのは防ぐというよりも「見せしめ」が
必要だと思ったからです。
飲酒運転の事件でも、処罰がテレビで放送されてから国民全体の
考え方が変わりました。
人に被害を与えたのだから罰を与えるべきなのではないかと思うのです。

快楽殺人などもともと脳に何か異常があったとしても、
殺人は殺人です。罪は津罪です。
理屈でいじめは悪いといってもまったく理解できない
というのは理屈で殺人は悪いといっても全く理解できないでは
通じませんよね。DNAがそうだから罪を犯してもいいという事でもありません。

これは「罪」なんだ、という認識を子供達にさせる意味でも
悪い言い方ですが「見せしめ」が必要だと思います。
いじめてる人達に罪の意識を持たせたいです。

298 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:05:49 ID:B8M+IwD4
ID:v3jN0w3Tみたいな真性にマジレスするやつっているんだwww

299 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:12:36 ID:Xfu8TEKP
いじめられる人はその集団の中で鈍くさかったり何かあったら先生にチクったり
だらしなかったり礼儀を知らなかったりキモかったり何らかの原因があるものです。
郷にいらずんば郷に従えが集団の基本です。それに達しない人は虐めの対象になる場合が多い。
それが現状です。

300 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:16:31 ID:3oOdM5VR
http://news18.2ch.net/news4plus/

301 :前スレ503:2006/11/26(日) 16:18:45 ID:x3fBpWF0
>>294
おっしゃるとおり自分が犯した罪の償いはしなければなりません。
謝罪もしなければいけないし、保証しなければいけないし、更正
も必要です。 多すぎず少なすぎず必要な分だけ。

しかし一方で「人の命や人生を奪っておいて何が人権だ」という
激しい憤りも私の中にあります。 いじめで我が子を奪われたご
遺族が感じているであろう憎しみ悲しみを思うと。



>遺伝子がいじめ(のきっかけ?)を作るについて
脳のある一部に問題があると不安定で攻撃的な性格に一変すると聞いたこ
とがあります。(交通事故で脳にダメージを負ってたまたまその部分が)
いじめ加害者の中には先天的にその部位に障害をもったタイプもいるかも
しれませんね。

またいじめられる側の中にも、場の空気を読むことができなかったり、杓子
定規な言葉どうりの意味しか読み取る事ができないタイプがいるのではない
かと考えています。 私自身を振り返ってみるとADHDが疑われます。
通信簿にはいつも「落ち着きの無い子」と書かれていました。 衝動的で前
にでしゃばるので目障りに思われていたかも。


302 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:21:43 ID:n8JUPOxS
いじめ肯定論者って、散々論破されて何の反論も出来ないのに、なんでやって来るんだろうね?

303 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:26:24 ID:6ZvoLnzy
不細工はいじめの対象になりやすい。
不細工は子供を産むな。
遺伝する。

304 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:30:11 ID:0n8mAQrl
>>302
そりゃ肯定してないからだろ。
肯定論者と決めつけているのは彼ら自身ではない。
決めつけているのは>302、君みたいな人。

実のところ、いじめを無くしたい、と言う願望と
いじめはなくなることがない、という分析を
勝手に混同して噛みついてるだけなんだけどね。
ま、これだけスレが続いて理解しないからこれからも分からないでしょう。
さ、続けて続けて。

305 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:30:19 ID:n8JUPOxS
非論理的な書き込みでも、スレに長時間居座り続けて多く書き込めば
それでディベートに勝ったつもりになれるなんて、すばらしい幸福回路を
脳内にお持ちなんですね>>いじめ肯定論者

306 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:32:11 ID:n8JUPOxS
なくならないから何の対処も必要ないって意見は肯定だろw
そんなことも理解できないほど低能なんだ。
やっぱり馬鹿なんだね。
もう来なくて良いよ。

犯罪はなくならないから取り締まる必要がないって意見をどう思う?
君が言っているのはそれと同じ事。

307 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:40:00 ID:n8JUPOxS
ああ、それから前にも言ったけど、私は

「いじめは無くならないと考えている派」

だからね。

それを前提に、予防や対処を考える必要があるといっているの。
人の話をきちんときかないってのも肯定論者の特徴だよね。

308 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:49:09 ID:0n8mAQrl
>>306
何の対処も必要ない、と誰が言ったんでしょうね。
誰か言った人いました?先走りするひとだなぁ。


つまり、自分に異を唱える人間は悪
よって、いじめ肯定論者決定。
すばらしい思考回路ですね。
でも、他人の意見を聞かないのでは
議論は成立しませんし、結果問題の解決には繋がらない。
いや、オナニーしたいのなら止めませんが。

309 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:49:26 ID:GahfYH/y
>>306
精神障害如きがいじめと犯罪を同列に語るw
もし喩え話(比喩)のつもりならその辺をなんらかの説明で示してるだろうし。
脳内がやばいね。

310 :実習生さん:2006/11/26(日) 16:55:41 ID:n8JUPOxS
>>309
実際、いじめは犯罪なんだけど?

311 :実習生さん:2006/11/26(日) 17:00:39 ID:vgy/uiWj
>>310
キミどこに住んでるの?

312 :実習生さん:2006/11/26(日) 17:03:38 ID:PdO2cg3p
☆意地悪な子を集めて特殊学級を作って欲しい☆
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/edu/1138329757/


313 :実習生さん:2006/11/26(日) 17:54:19 ID:SeUH/x0X
>>215
> 必死になっているいじめ肯定論者は実は在日もしくは同和の可能性が出てきましたね。>>212
在日に屑が多いのは事実だが
n8JUPOxSはレッテル張りの上に差別主義者だな。

こんなネクラ共の都合のいいときだけ上辺だけ正義ヅラして
自分らを理解してくれだなんて言える基地外思考なんて笑っちゃうよね。
世間の人はちゃんと見てるからね。

あ、理解してくれではなくて、(社会的価値の無い)自分が正しくて世間はこれに従うのが当たり前、でしたね。

314 :実習生さん:2006/11/26(日) 17:59:28 ID:n8JUPOxS
戯言は良いから、論理的に反論してね♪

315 :実習生さん:2006/11/26(日) 18:09:05 ID:xlYVc1Vt
>>ID:v3jN0w3T
ちょっと聞きたいのだが・・・

ID:acEaVAmM氏が>>241で指摘した下記内容に対する反論が無いのだが、
その通りなのだろうか?


   241 名前: 実習生さん 投稿日: 2006/11/26(日) 10:23:55 ID:acEaVAmM
   >私自身が、法律を知り、いじめを克服してきたのだから。
   上で書いたように、彼の解決法が現実的な事実に基づいてない以上、コレは完全にウソ。
   本当だとするならもっと具体的にね。
   どこでどんないじめがあってどう申告してどう警察が動いてどう法的に処分が下されたのか。是非事実と実例が知りたいものだね。

316 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/11/26(日) 18:24:56 ID:gBuVUGhD
伊吹文部科学大臣は、26日放送されたNHKの日曜討論で、いじめを
苦にした子どもの自殺が相次いでいることについて、「いじめがゼロの
学校がよい学校ではない」として、いじめを隠ぺいする傾向をなくすため、
学校や教員の評価のあり方を見直す考えを示しました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    新教基法成立に向けた国会審議中に自殺が急増。
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / これは野党に反対させないためではなく、野党が
  |ヽ   | | ミ#・д・ミ/_/旦~~ 反対しない事に国民を納得させるためだな。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l そして国権の教育現場への介入は合法化される。(・A・#)

06.11.26 NHK「いじめ問題 学校評価を見直し」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/11/26/k20061126000039.html

317 :実習生さん:2006/11/26(日) 18:32:07 ID:7AHpvr4O
これからはいじめられそうな奴を先生が見つけたら
学校に来ないように説得していじめを無くす様に
しなくてはならない。
たとえ学校に来ても自習中心の羊小屋にでもいれて
他の生徒の目に付かないようにしなければならない。

色白で小柄、気の弱そうな奴は学校から敬遠されること
請け合いだな。

318 :んっごうですYO!:2006/11/26(日) 18:48:35 ID:QWPZ78hU
          Y⌒''''|'"⌒`⌒⌒'ー、_
      \ γ;;;;;ノ..;;;)         ヽ
       ,,,γ;;;;,,…../     ::::::::::*:: ∞〜 プーン
       (;;;;;;;;;;;;;;;;;;人_(\!((^i_/ヽ、::*::: }  <悔しかったら首斬られてみろやコラ!
       |    /*-'' ̄    ̄''-   i  リ 
       |   ソ r(:;;:),,、i   r(;;;;;;)、  |   |:::::∞〜 プーン
       リ  i ;;;;;;;;   |   ::::   |  | 
〜∞ プーン }  <ヘ   ノ :::   /;; >  i 
        |  |:::l  *`;;ー;;`ヽ: l::::|   | 
       ノ  ヽ:::;;;;; l l===ュヽ ::/  リノ  
      彡ノ ソ;;*::;;; |、'^Y^',,|:::/| / |____  
      /{彡  |;;;;;\.`-;;;;-'/  | (    /|
     /  ゙゙' ''‐*-..;;,,,,,,,;;;;;;,,,,,,....-‐-‐''^/  |
   ∠____''.;;;;;;;;;;;;.''_____/   | 
   |         ;;;;;;         |    |
   |       二周忌         |   /
   |                   |  /
   |_____________|/

 第一次いじめ自殺ブーム 1994年
 第二次いじめ自殺ブーム 2006年
 第三次いじめ自殺ブーム 2018年(予測)

 忘れた頃にやってくるいじめ自殺ブームw


319 :前スレ503:2006/11/26(日) 19:36:20 ID:x3fBpWF0
いじめと差別 とても近いものだと思いますがいかがでしょうか?

地域、障害、職業、収入、人種・国籍、容姿、性別、学歴 人が人を差別す
るというのはとても醜いものだと私は感じます。

私自身、知識が無かったり気づかないまま差別的な発言をしてしまっていた
としたら申し訳なく思うと同時に、ご指摘いただけましたならばありがたく
思います。


320 :前スレ504:2006/11/26(日) 19:46:14 ID:HJ4zWmzk
>>313
>世間の人はちゃんと見てるからね。

しかしリアルいじめっ子も、あの手この手でいじめの正当化に必死だな。
「競争原理」「 郷にいらずんば郷に従え」の次は、
「世間の人はちゃんと見てるからね。」かよ。
お前は世間の人に世論調査でもしたのか?たまたまお前の周りの数人が、
自分と同じ意見だったからって、日本人1億3000万人がみんなお前と
同じ考え方だと言い切れるのか?お前ものすごく思い込みが激しい奴だな。
いじめっ子はだいたい確信犯が多い。だから罪の意識がない。
山形のマット死事件の加害者の少年も、最高裁の判決も出ているのに、
いまだに無罪を主張している。
彼らにとってはちょっとしたいたずらに過ぎず、それで殺人犯呼ばわりされて
いい迷惑だ、としか思っていないのだろう。

>(社会的価値の無い)自分が正しくて世間はこれに従うのが当たり前、でしたね。

またまた思い込みかよ。どうして社会的な価値がないとい言い切れるんだ?
いじめられっ子は将来全員仕事にありつけず、残飯をあさって生活するハメに
なるのか?お前、人の書き込みちゃんと読んでる? >>188 >>189 をもう一度読め。

321 :前スレ504:2006/11/26(日) 19:47:10 ID:HJ4zWmzk
>>315
>>>ID:v3jN0w3T ちょっと聞きたいのだが・・・

一度落ちたので、ID変わったよ。

>ID:acEaVAmM氏が>>241で指摘した下記内容に対する反論が無いのだが、
>その通りなのだろうか?

俺自身は学生、生徒時代に警察や裁判所を利用したことはない。
だから、仮に中学生が警察や裁判所を利用して、その後どうなるかは分からない。
警察や裁判所を頼れば全てのいじめが解決できるという考え方もまちがい。
法律的に見ても、客観的に見ても、いじめられる側に非がある場合もある。
本当に困っている人が、最後の手段として利用するのなら良いが、
ちょっと「バカ」と言われただけで毎回110番してもらったら困る。

前にも書いたが、
1.本人同士の話し合い 2.親同士の話し合い 3.担任の先生の仲介
とやってみて、それでも止めないのなら、そこで初めて警察や裁判所を利用するべき。

また、何度も書いているが、警察は「民事不介入」の原則があるので、
「もめごと」「けんか」に対しては動かない。
また、民事裁判を起こす場合、証拠集めは訴えを起こす人が全て集める。
警察沙汰、裁判沙汰に持って行ける強い信念があれば、「その後」の人生も、
自分で切り開けるはず。君の人生を決めるのは、君自身だ。

322 :16の284:2006/11/26(日) 19:48:33 ID:BD5Uwak+
>>279 遅レススマソ

>で、その後の学校生活はどうなるか、誰も答えてくれないんだけど。
>どんなふうになると予想できる?

恐らく>>279のこの問いの意味は
警察機関や司法機関をこの問題の解決に使うことで
クラスの集団の中で本来築かれるであろう人間関係が築かれなくなり
同じく本来培われるであろう、他人との関係性を調整する能力なりが
培われなくなるのではないか?という危惧なのではないか、と思う。

具体的に言えば、いじめ被害者だった当事者が
法的措置をとることで、周囲の者たちから
腫れ物を触るように扱われたり、集団から浮いてしまったり
そういうことが起こるのではないか、ということだと思う。

>>279の意図が以上の内容と全然違っていたらスマソ
また、もし>>279の意図がおおむね以上の内容なら
漏れも少し考えていることはあるんだ。

ただ、そのことを話すには、
多分ちょっと違う問題を持ち出さないといけなくなる。

それは「いじめを傍観する者」の問題。
漏れがここに来るようになってから漏れの知る限りここでは
ほとんど語られていないと思う。
漏れも今行われている議論を混乱させるだけだと思ったので
あえて触れなかったんだが、いじめ問題には必ずついて回る問題だよな。

323 :16の284:2006/11/26(日) 19:54:10 ID:BD5Uwak+
>>319
>いじめと差別 とても近いものだと思いますがいかがでしょうか?
同意です。
というか、差別と一部のいじめは心の同じ働きから生じているものだと思います。
つまり「根っこは同じ」と思います。

ただ「差別」の話はスレ違いになる危険性があるので
お互い気をつけないとね。

324 :実習生さん:2006/11/26(日) 19:55:25 ID:n8JUPOxS
そういえば、人体の免疫機構がいじめ正当化の理由になるとかほざいていた馬鹿がいたっけか。
適者生存の法則もそうだけど、リアルいじめっ子って何で理系の科目が苦手なんだろうね?

325 :実習生さん:2006/11/26(日) 20:17:50 ID:xlYVc1Vt
>>321
回答をいただけたことは有難いのですが、
どうも私の書き方が悪かったようで質問の意図が伝わらなかったようです。
再度質問させてもらいます。

貴殿が>>85
>私自身が、法律を知り、いじめを克服してきたのだから
と書いています。
ID:acEaVAmM氏が>>241で指摘しておりますが、
この克服してきた、いじめの具体的な実例をお聞かせ願いたいと私も思った次第です。

326 :前スレ504:2006/11/26(日) 20:20:36 ID:HJ4zWmzk
>>322=16の284
>恐らく>>279のこの問いの意味は
>警察機関や司法機関をこの問題の解決に使うことで
>クラスの集団の中で本来築かれるであろう人間関係が築かれなくなり
>同じく本来培われるであろう、他人との関係性を調整する能力なりが
>培われなくなるのではないか?という危惧なのではないか、と思う。

それは違います。結果が悪い方向へ行くことが明白なら、そんな方法お勧めしません。
私が言いたいのは、「その後」の人生を自分で切り開け、ということです。
いじめっ子がいじめをしなくなれば、少なくとも学校へ行くことが苦にはならなくなります。
警察や裁判所を利用することは、真っ暗なトンネルに突入することではありません。
外国へ行ったことがない人に、外国での生活を想像しろと言っても無理でしょう。
しかし、この場合、警察や裁判所を利用しても、また元のクラスで授業を
受けるわけですから、「その後」の予想がそんなに難しいとは思えません。
その人がどのような学校生活を送っているのかも分からないのに、私にその後を
予想しろと言われても無理です。私は占い師ではありません。

>それは「いじめを傍観する者」の問題。

学校の外で起きた傷害事件だったら、目撃した人が110番できますが、
いじめ犯罪は民事の触法事件ですから、被害者の告訴がないと警察は動けません。
民事裁判も、損害を被った本人および保護者しか、提訴できません。
ですから、いじめを解決する責任は当事者にあり、傍観者に責任転嫁するべき物では
ないのです。
民事ではない、街中で起きた事件を傍観するのとは意味が違います。

327 :実習生さん:2006/11/26(日) 20:50:08 ID:jU6EXhBV
>>326
>325に対するレスまだー?
俺も興味があるんだけど!

328 :前スレ504:2006/11/26(日) 20:56:27 ID:HJ4zWmzk
>>322=16の284
>同じく本来培われるであろう、他人との関係性を調整する能力なりが
>培われなくなるのではないか?という危惧なのではないか、と思う。

いじめっ子が、いじめられる側に原因があると主張する理由としてよく挙げるのが、
いじめられる子が社交的でない、ということです。
しかし、他人との関係性を調整する能力なんて、社会で本当に必要でしょうか?
もちろん、他人に対して暴言を吐いたりするような粗暴な人間は、社会でも
嫌われます。
しかし、単に無口だとか、気が利かないというような性格が、いじめ肯定論者が
主張するほど、社会において不適格なのでしょうか?

21世紀に入った今、規制緩和や、外国人の流入も進み、また、インターネットや
モバイル(携帯)の普及による情報の発達により、価値観が多様化しています。
良い意味での「何でもあり」の時代になっています。

そのような時代に、「郷に言っては郷に従え」のような、日本古来の風習を
押し付ける方が滑稽だとは思いませんか?
他人との関係性を調整する能力がなくても、今の世の中、何の不自由なく
生きていけます。
他人との関係性を調整する能力が高い人間なんて、中身のない八方美人に
すぎません。そのような低俗な人間に支配されているクラスが気の毒でなりません。

329 :実習生さん:2006/11/26(日) 21:05:25 ID:n8JUPOxS
郷に入りては郷に従えってそもそもそういう意味じゃない。

330 :実習生さん:2006/11/26(日) 21:06:57 ID:jU6EXhBV
>>328
アンタ脳内野朗ですか?wそれとも嘘吐き?
自分の書いたことに責任もてよ。

331 :前スレ503:2006/11/26(日) 21:09:33 ID:x3fBpWF0
>>323
他の方の発言を拝見していて、私自身 脳の障害について発言した
ことについて十分配慮できているか気になったものです。

いじめの心と差別の心が近いものであるように、私の中でそれらを
嫌う心は同じです。


>>322
警察や訴訟のその後については、介入させるまでの状況や、周りの人達の
意識がとても深く関係してくるような気がします。

傍から見ても明らかな激しい暴行が行われていて警察を呼んだ場合の周り
の人達の反応は同情的なような気がします。

しかしあまりにも周りの人達の意識が低すぎて「どんな理由であっても警
察を呼ぶなんて」レベルだとしたらお手上げですね。

考えようによっては態度が冷たく変わった人物とのご縁はなかったと、そ
ういう人物だとはっきりわかってよかったと言えるかもしれません。

被害者本人の間違ったことはしていないという気持ちだけが支えというの
はちと環境が情けなさ過ぎ。

できれば悲観的な状況にはならないで欲しいと思うのですが...

※我慢の挙句、自殺や心身の健康を害するよりは遥かにマシだと思います。

332 :実習生さん:2006/11/26(日) 22:21:16 ID:Xfu8TEKP
ダーウィンの種の起源がいじめに当てはまらないというのはなぜですか?

333 :16の284:2006/11/26(日) 22:21:19 ID:BD5Uwak+
>>328
【他人との関係性を調整する能力】
この言葉について誤解を生じているようですね。
議論が混乱してはいけませんので、もう少しお話しましょう。

この能力は、日本古来の「集団主義に順応する能力」とは異なり
基本的に多くの国家、社会で必要とされるものだと思います。

それは「他者の気持ちを慮る能力」とか「他者と自分の齟齬を調整する能力」
「他者と強調して共同の目標を達成する能力」などを含んでいます。
類似した学術用語としては「コミュニケーション能力」というのがありますが
それよりも広い概念だと思っていただければよいでしょう。

それは他の多くの能力(「走る」「計算する」「描く」など無数にあります)と
「個人差がある」「訓練によって向上させることが可能」などの点では同じですが
人間が他者と共に生きるという社会の構造から必要とされている点で特殊な能力です。

通常は保育園や幼稚園に始まる集団生活の中で徐々に培われていくものですが
何らかの阻害要因があると充分に発達できない場合も少なくないと思われます。

なお、この能力が低いことで「社会において不適格」とされることが
あってはならないと思いますが、
一方でこの能力に優れた者が社会のさまざまな局面で有利になっていると思います。

特に「組織性が必要な労働現場」と「密着性が高い家族集団」においては
この能力のレベルが集団の行動結果に大きく影響するものと考えられます。


334 :実習生さん:2006/11/26(日) 22:24:21 ID:n8JUPOxS
>>332
昨日の馬鹿かと思っていたけど、単なるコピペ荒らしか。

335 :実習生さん:2006/11/26(日) 22:26:09 ID:Qr6JzJNp
いじめがダサいという風潮を作れないかなあ
ACのCMなんかで、芸能人に いじめなんかダサい。
そんな小さいことやっててどうすんの、
大きな目標見つけて努力してるやつのほうがかっこいい、
もっとかっこよく生きようぜ
とかなんとか言わせるとか。
(いじめ、かっこわるい。なんてのがあったが
このコピー自体どうかと思うし、コピーにしちゃうと
すぐに陳腐化するし・・)

まぁ大学生くらいになると、いまさらイジメかよ、お前いくつだ
って感じに割となってきてるイメージがあるけど
いじめはあるんだろうけどね

336 :前スレ503:2006/11/26(日) 22:30:35 ID:x3fBpWF0
>>328 横レス失礼

>他人との関係性を調整する能力が高い人間なんて、中身のない八方美人に
>すぎません。そのような低俗な人間に支配されているクラスが気の毒でな
>りません。
誰か具体的な人物を念頭に置いた発言でしょうか?


人間関係の調整能力が高いからといって、中身が無い低俗な人物であると
断言するのは少々乱暴ではありませんか?

低俗なのはその能力を悪用する人物であり、低俗な人物に操作される集団
はとても危険だと私も思います。


しかし人間関係の調整能力が高く公正な人物もいるのではありませんか?

またそういった能力が活かされる職場や立場は沢山あり、元々もってい
るかもしれない素養を育てることができないのはとても残念な事だと思
います。


337 :325:2006/11/26(日) 22:38:58 ID:xlYVc1Vt
>>前スレ504

お前のトンチンカンな回答と、その後のダンマリ。
胡散臭いよ。
自論に賛同されたいだけなのかは知らんが、

>私自身が、法律を知り、いじめを克服してきたのだから

などと、いいかげんなこと書くんじゃない。
実体験に基づくものであれば答えるのは簡単。
具体的な実例は?と、突っ込まれて何も答えられないのは、
何の体験も無いからに他ならない。



338 :実習生さん:2006/11/26(日) 22:54:32 ID:Qr6JzJNp
>>328
>しかし、他人との関係性を調整する能力なんて、社会で本当に必要でしょうか?

わたしも横レスですみませんが、この能力は社会でとてもとても
重要だと思いますよ(´・ω・`)
この能力がない人は、どこの会社だって採りたくないです。
だって、社会というのは人間の関係性の集合なのですから。
もちろん能力差はあって当然ですから、誰しも調整能力が高くあれ
というのではありません。ただ、この能力が必要か必要でないか
と問われれば、絶対に必要であると答えられます。

もちろん、今現在この能力が低い人をいじめていい理由には
ちっともなりません。当然ですが。
ただ、もし我が子がいて、その子をいじめの被害に遭わせたくないな
と自分が思ったとしたら、まず磨かせるのは社交スキルです。

339 :16の284:2006/11/26(日) 23:02:37 ID:BD5Uwak+
ちなみに僕が言っていることは
いわゆる「社交的かどうか」という尺度とも違いますので念のため。
寡黙でも、集団の中で積極的でなくても、それは
対人的な関係性を調整することとは直接は関係のないことです。

340 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:09:39 ID:Vbz5LBwL
いじめられた経験って結構引きずるよね。

私は中学のとき軽いいじめに遭った。
地域は近畿地方北部で、中学は公立中学ね。
ブサ(同じ)、ブタ(進行)、メガネ(→コンタクト)、天パ(矯正)だった。
運動神経がちょっとだけ良くて、走るのも速かったし、
バレエ習ってて、たぶん教室の中で一番上手だった。
クラブは陸上部で、走り幅跳びの選手だった。
一生懸命がんばってたんだけど、今でも何でだかよく分からないんだけど、
あるときからクラブの子たちが口聞いてくれなくなったの。
その競技のスポーツ推薦で高校行こうと思ってたから
何とかしてクラブ続けたかったけど、やめざるを得なくなっちゃった。
結構な有望選手だったのにだよ。
今でも思い出して泣いちゃうぐらいの経験だね。
そのいじめのリーダーだった子が○○東高校の体育科(オール推薦)に行ったから、
ずっとその高校行きたかったし普通科(偏差値52程度 地区2番手)なら
無勉で入れたんだけど、絶対行きたくないよね。
仕方ないから塾行って勉強して、○○高校(偏差値59程度 地区1番手)目指して、
運良く合格できた。勉強がそこそこ得意で良かったと思う。
進学校にはいじめがないから。元々の明るい子に戻れたよ。
大学は一流とされてるところ(2chでは三流以下w)に現役で入った。
クラブの子に「どこ行ってんの?」って聞かれて、
○○大学って答えるのはほんとうにたまらない。性格悪いからね。
でもね、たまたま家族で外食に出かけたとき、
そこでボス的だった子にべったりだった子がバイトしてたの。
その子と目も合わせられなかったり、アンケートに態度が悪いって書いたり、
人格が豹変しちゃうんだ。卑屈になりたくないからもう行きたくないな。
こういうのは一生直らないのかなあ。

(以前同内容の投稿を行ったところ励ましのレスを多数いただきました。)

341 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:17:34 ID:i0O30lp3
マルチはやめようね

342 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:18:37 ID:OjXKgPrJ
最近のイジメ報道には辟易させられていたが、周りの意識が上がったようで
「それ、いじめか?」の一言で生徒が抑制されるようになった。
こうして、一つ一つイジメの芽は摘むんで行くつもりだが、裏でやられると
対応できませんや。そこまで面倒みれませんて。

343 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:21:00 ID:S022dOHM
【酒の飲めない人間の悲劇】
どんなに陽気で社交的でも、酒が飲めなければ阻害され苛めの対象となる。
どんなに実力があっても、酒の席で上手に立ち回る人間が高く評価される。
重要なことは酒の席で決定され、会議は形式的な伝達のための儀式である。
酒の飲める人間は多少のの不祥事はもみ消され、酒飲み同士が庇い合う。
酒の飲めない人間の不祥事は、酒の席で尾ひれがついて噂の流れは速い。

344 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:27:00 ID:Qr6JzJNp
自分も昔いじめられたことがある。空気の読めないヤツだったから
だと自己分析している。
そのころの自分を今の自分が見たら、うわぁなんだこの痛いヤツ
と思ってしまうと思う。言動が自己陶酔的だったし、ちっとも
言うことが面白くないのに自信だけはやたらとあったからね。

常々そういう雰囲気だったところに、戯れに殴られたところを
本気で殴り返したのがスイッチになってイジメが始まってしまった。
毎日4人以上に殴られ、時には教室の半分くらいの人数に殴られた。
そのころちょうどいじめで自殺した子のニュースがあったので
「お前も自殺しろ」と言われた。
親が文句を言いに行っても、教師は「いじめられてる側にも
責任がある」と取り合わなかった。

そのいじめっ子が「いない」部活のほうでも、俺は一人孤立してた。
まともに周りと話せなかったから。いつも一人で皆から
離れて座ってうつむいていた。誰も話しかけてこなかった。

その部活入る前は結構一緒にいた友達も、部活入ってから
俺より一緒にいて面白い連中と会えたのでそっちに行ってしまって
俺は大体いつも一人で帰宅していた(というか、俺と一緒に
いるのがつまらなかったんだろう)

教室でも部活でも、常に話す人が一人もいないなんて状況では
なかったけれど。いわゆるオタクな連中とは暗いだけに
一緒にいる時間が長かった。

345 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:32:38 ID:Qr6JzJNp
それまで何も考えず、回りのリアクションにも気を配らず
生きてきたのが、急に周りからなんの遠慮も無く
なんでもかんでも言われる状況になって、自己嫌悪に
はまってしまった。
ちなみに母親は教師に文句を言ったが、父親は
俺の胸倉をつかんで「お前馬鹿か、殴り返してやれ」と
俺を叱責した。見事に逃げ道がなくなっていた。

解決まで言うと長くなるので途中はしょって
俺はそのいじめられた経験は悪くなかったと思っている。
なぜなら、徹底的に自分の欠点を見直すきっかけになった
からだ。よく考え、内省し、周りの反応を見、自分に何が足りないか
何を磨くべきか考えるようになった。

いじめはいじめてる側に責任がある。いじめてる側が全部悪い。
という言い方は正しいが、一方、いじめられてる側の内省の
機会を奪うことになっていないか、とも思う。
何も変わらないまま次のコミュニティに行って、同じことが
繰り返されてもまずい。いじめられている側に責任はないが、
学んで変わらなければならないと思う。

346 :前スレ504:2006/11/26(日) 23:33:45 ID:HJ4zWmzk
>>333
> 一方でこの能力に優れた者が社会のさまざまな局面で有利になっていると思います。 それは「他者の気持
>>338
> この能力が必要か必要でないかと問われれば、絶対に必要であると答えられます。

お二人とも、おいくつですか?そして、お二人とも会社員ですか?

例えば、自宅で、ソフトを開発し、インターネットで販売するビジネスを、
個人でやっている人がいたとします。
では、このようなビジネスをやっている人にとって、お二人が主張するような、
他人との関係性を調整する能力が、とても重要ですか?

お二人は、生徒が、将来、従来からある産業の、一般的な企業に勤めることを
前提に話をしていますね?
しかし、生活をするためにお金を稼ぐ方法は、それ以外にもたくさんあるでしょ?
お二人とも、視野が狭すぎます。
自分達が就職した頃の時代背景で、今の若者にアドバイスするのは時代錯誤です。

私が書いた、
「21世紀に入った今、規制緩和や、外国人の流入も進み、また、インターネットや
モバイル(携帯)の普及による情報の発達により、価値観が多様化しています。
良い意味での「何でもあり」の時代になっています。 」
の意味をよく理解して下さい。
理解ができないのなら、あなたたちは、若い人達にアドバイスする資格はありません。

> ただ、もし我が子がいて、その子をいじめの被害に遭わせたくないないと自分が思ったとしたら、まず磨かせるのは社交スキルです。

子供には、将来花開く素晴らしい才能があるかもしれません。それを、いじめっ子に
気に入られるために、性格まで変えてしまうというのは、本末転倒ではないですか?
いじめられないように、みんなと同じ服を着る、いじめられないように、みんなと同じ物を持つ、
いじめられないように、みんなと同じ趣味を持つ・・・・
そういう教育が、果たして正しいと思いますか?

347 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:44:09 ID:xlYVc1Vt
>>346
お前は嘘を書いた時点で終わってる。

348 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:46:16 ID:xlYVc1Vt
>>346
何の実体験も持っていない奴が書き込んでも説得力がない

349 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:54:22 ID:9EPuIeYW
実体験のない人間の発言は説得力がない。

実に非論理的な発言です。

350 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:57:26 ID:xlYVc1Vt
>>346
>理解ができないのなら、あなたたちは、若い人達にアドバイスする資格はありません。


「私自身が、法律を知り、いじめを克服してきたのだから」
と言っておきながら、
一つの実体験も無いお前に他人を説教する資格があるのか?

351 :実習生さん:2006/11/26(日) 23:59:34 ID:xlYVc1Vt
>>349
スレの流れを読んでから書き込みなさい。


352 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:01:03 ID:kq8wY2UD
実体験がなければ説教する資格がない。

実に非論理的な発言です。

353 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:06:24 ID:Qr6JzJNp
>>346
わたしは社会人です。

まったく他人と関係性を持たず生計を立てられる人なんて
ごくごくわずか一部の人ですよ。
ネットトレードとかアフィリエイトなんて普通副業です。
ネット販売のシェアウェアなんてそれだけで生計立てようと
思ったら、次々売れ続けるソフトを作らないといけない。

それだけで生計立てようなんて、よっぽど運と才能がないと無理です。
そんな商売を薦めるくらいなら、社交性を身に着けよう、と
応援するほうがまだよほど現実味があります。

99.9%の普通の人は一般の会社へ就職するのだし、
その99.9%の中にいじめ問題で苦しむ人の大半もいるのです。

354 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:11:35 ID:KsPtLoOW
>>346
>子供には、将来花開く素晴らしい才能があるかもしれません。それを、いじめっ子に
>気に入られるために、性格まで変えてしまうというのは、本末転倒ではないですか?

「しつけ」とは、社会に適応すべく我が子の性格を変えることだと
思います(辞書だと礼儀としか言ってないですけどね)。
何もいじめっ子に迎合しろと命令するわけじゃありません。
関係性を調整できる性格にすることが目的です。
で、普通、他人とうまくやれるスキルが高い子は、いじめられにくい
と思います。

それ以下は特にレスしません。同じものを持たせるとかとは
自分は言った覚えがないです。

355 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:11:38 ID:QocH+HHs
頭が良いわけでも得意なことがあるわけでもなく、
何に対しても努力はするけどうだつが上がらず、
ちょっと前まではそれが恥ずかしかった。
今はそれもいいかなあって思う。
いじめや嫌がらせは絶対にしなかったしね。

356 :16の284:2006/11/27(月) 00:14:36 ID:r/JtHfhX
>>346
>>333で私が書いたように、この能力が特に重要とされるのは
「組織性が必要な労働現場」と「密着性が高い家族集団」ですね。
ですから、>>346で挙げられたケースなどは
この能力が重要とされるケースには当てはまらないと思われます。

なお、私がこの能力の必要性が比較的低い環境として想定したのは
「目的達成のために個人の傑出した能力が必要とされるケース」でした。
個人競技のスポーツ選手とか、芸術関係とかですね。

また、私は産業構造の変化に伴って対人関係の調整能力の
必要とされる局面が極端に減少することはないのではないかと考えています。
対人関係はいわゆる「企業社会」だけではなく、
それが例えば自営業や農業であっても濃密に存在するものなので。

さらに、どのような「職業を選択するか」という問題と全く別に
>>333でも触れましたが)「家族」という社会集団の中での、この能力の重要性も
見過ごすことは出来ないように思います。

今の日本の社会では、どの家族にも属さず、一人だけで生きていくことも
社会基盤が整備されていることで、かなりの部分で可能になっているとは思いますが
当分の間は、大部分の人がそのような選択をするようになるとも思えません。

従って、この能力は現代の日本社会においては
「必須」とまでは言いませんが「重要である」とは言えると考えています。

357 :16の284:2006/11/27(月) 00:17:25 ID:r/JtHfhX
連投失礼。
今日はもう寝ます。
また明日から仕事orz

358 :前スレ504:2006/11/27(月) 00:18:30 ID:zppVRoma
いじめが無くならないもう一つの原因として、大人と子供との時代のギャップも
大きいと思います。
たとえば、私の子供の頃には当然インターネットや携帯電話はありませんでした。
しかし、今の子供は、小学生でもブラインドタッチができます。
今の時代の価値観も分からず、戦前生まれの年寄りが、俺が若かった頃は・・・
などと言い出すのですから話になりません。
いじめの原因や、実態について、年寄りから若い人まで、それぞれが勝手に、
自分の育った時代の自己体験に基づいて主張する。
だから意見がかみあわない。親の世代から見たら、いじめられて裁判をおこすなど、
想像もできなかったでしょう。
時代に付いて行けない大人が、子供に最先端のアドバイスをできるはずがありません。
大人はもっと、「今」を勉強し、近未来を予測することです。
21世紀の今、もはや、過去の体験は通用しません。

ここまで述べたついでに、スレ違いですが、ニートの増加の原因も、時代錯誤の親が、
最先端の世の中の事情を全く分からず、高度成長期の頃の自己体験で、子供に就職を
迫るからです。しかし、親が望むような仕事は、本人が望むものとはギャップがあります。
そのギャップを克服できず、働くのが嫌になってしまうのでしょう。

359 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:21:26 ID:1670m4su
>>346
横。

>例えば、自宅で、ソフトを開発し、インターネットで販売するビジネスを、
>個人でやっている人がいたとします。
>では、このようなビジネスをやっている人にとって、お二人が主張するような、
>他人との関係性を調整する能力が、とても重要ですか?

必要です。
正確に言えば必要のない卓越した才能もしくは技術を持つ奴はごくわずか。
よって、それを一般化して反論に使うことは無意味。
せめてデイトレーダーで食っているとか、文筆業で食っているという想定ならまだ。
それも、デイトレーダーで儲けを出せるのもそうはいないだろうし、
文筆業も実績がなければ売り込みは必要だし、結局はそう言った能力は必要。
なくても何とかなるかも知れないけど、それこそいい人との出会いが必須だし
それには人と接する機会が必要で、その為には……と言うことだと思いますよ。

ボーダレスな世界とは言うものの、やはり信用と実績は必要なわけで、
それを積み重ねるまでには彼らの言う能力はあった方がいいし、
それがないがために才能を使う機会が失われるかも、と思えば必要、と言えるでしょう。



360 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:23:08 ID:0YZbqH0k
社会に出ていじめなどをやってそれが発覚すれば、調整能力の無い人間と烙印押されるけどね。

361 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:23:46 ID:kq8wY2UD
精神論で語っても仕方がないと思う。
どういう制度が必要かとか、そういう方向で話を進めない?

362 :前スレ504:2006/11/27(月) 00:28:19 ID:zppVRoma
>>353
>それだけで生計立てようなんて、よっぽど運と才能がないと無理です。
>99.9%の普通の人は一般の会社へ就職するのだし、

99.9%の人は一般の会社へ就職する?あなたは日本で個人事業者が
どのくらいのシェアを占めているのか知っていますか?
ネットビジネスで生計を立てている人もたくさんいますよ。
あなたのような、実際の統計も見ず、思い込みだけで語る人とは
討論ができません。
「太陽は東から昇るよ。だってバカボンが言っていたもん」というのと同じです。

363 :前スレ503:2006/11/27(月) 00:30:24 ID:7vk/Vj6e
>>338
いじめの被害予防として社交スキルを磨かせるとのことですが、もしかしてライフスキルのことでしょうか?

私は適切な自己主張の方法と位置づけていますがもしライフスキルの事を仰っておられるならば、いじめの加害者にも被害者にもなり難く
なると私も思います。

人との関りの中で磨かれるというのは素晴らしい経験だと思います。
そして自信や自尊心を育むことができればとても素晴らしいものだと思います。

>>344-345
起きてしまったいじめという辛い経験を糧にできたあなたはとても素晴らしいと思います。 そして願わくば他の若者たちがいじめという経験を経ずして向上の機会を得られることを強く願っています。

>342
意識の向上によって現場でも良い傾向が見られるとの事、とても嬉しく思います。 正直、なかなか目が行き届かないこともあるとは思いますが、孤立している子がいたらばよろしくお願いいたします。
また、いじめの訴えがあったときもよろしくお願いいたします。予防として
はどのような教育をされておられるのかお伺いできるととても嬉しいです。

>343
その会社の動力エネルギーはアルコールですか? と問いたくなるような状況ですね。 私もチラっと具体的な人物の顔が思い浮かんでしまいました(苦笑) 正直、不正が横行しているような会社は
士気も下がり良い人材もどんどん辞めて行ってしまうでしょうね。
生活が掛かっていますからいざというときの為に業務日誌をつけておくことをお勧めいたします。 早めに転職できればそれにこしたことはないですよね。

ではでは どちらさんも おやすみなさい。

364 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:34:16 ID:1670m4su
>>358
>今の時代の価値観も分からず、戦前生まれの年寄りが、俺が若かった頃は・・・
>などと言い出すのですから話になりません。

それこそ紀元前から言われていることですよ、今の若い者云々は。
ずいぶん今の時代を美化しているようですが、人は根本的には変わっていません。
昔から人は馬鹿ばっかりなのです。
変わったのは巻きで飯を炊くか炊飯器で炊くかコンビニで買うか、その程度ですよ。
道具や社会システムがいかに変わろうと、人と人が関わる以上その根本は変わってません。
道具の優秀さを人間の能力と間違えてはいけませんよ。

>ここまで述べたついでに、スレ違いですが、ニートの増加の原因も、時代錯誤の親が、
>最先端の世の中の事情を全く分からず、高度成長期の頃の自己体験で、子供に就職を
>迫るからです。しかし、親が望むような仕事は、本人が望むものとはギャップがあります。
>そのギャップを克服できず、働くのが嫌になってしまうのでしょう。

これも違うと思います。
働かないのは働かないで済むからです。当たり前でしょ?
誰だって必要なければ好きなことだけして生きたいものです。
ニートだなんだと言っても、食うに困れば働くんです。
ひょとして、みんな好きで仕事していると思ってました?
嫌な仕事でも何とかストレスを溜めないでやるために
仕事スキーのふりをしたり、充実感を得るように意識を変化させているだけですよ。

365 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:36:58 ID:0YZbqH0k
>>361
いじめ対策を行わない教師に罪を与える。
いじめ隠しをした教師には重罪とする。
校長の権限が及ばない別機関から、いじめ対策専門の職員を配置する等。

366 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:40:23 ID:kq8wY2UD
>>365
そうなると、却って隠蔽に必死になりそうな気もします。
3行目はなかなか良いと思います。

あと、真っ先に罰を与えるべきは、いじめを行った児童でしょう。

367 :前スレ504:2006/11/27(月) 00:40:37 ID:zppVRoma
>>354
>「しつけ」とは、社会に適応すべく我が子の性格を変えることだと
思います

あなたの家がそのような方針なら、好きにしなさい。
でもそれを他人に押し付けないで下さい。

368 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:41:53 ID:1670m4su
>>362
個人事業者には、八百屋さんや魚屋さんも含みます。
ついでにとび職人や大工さん、電気工事士とかも個人でやってればそうですね。

ネットビジネスで生計を立てている人も、はじめからそれで生計を立てているわけでなく
会社勤めをしてその実績をもとに独立、と言う人も多いのでは?
知り合いのプログラマー、SEかな?もそうでしたよ。

369 :前スレ504:2006/11/27(月) 00:43:53 ID:zppVRoma
>>364
ニートに関してはスレ違いなので議論する気はないが、
上の文章は何が言いたいのか分からない。

370 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:47:10 ID:0YZbqH0k
>>366
隠蔽しなければ、いじめを行った児童に罪を与えられるんじゃないの?

>そうなると、却って隠蔽に必死になりそうな気もします。
労災隠しは罰則が強化され、少なくなりましたよ。

371 :前スレ504:2006/11/27(月) 00:47:50 ID:zppVRoma
>>359
ほとんど揚げ足取り。統計を見てから出直せ。

372 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:53:46 ID:kq8wY2UD
>>370
いじめが発覚すると、マスコミによるバッシングというものが待っていますからねぇ。
学校を責めるのではなく、あくまでも一番悪いのは加害者児童&その保護者という
認識をもっと徹底して社会に浸透させる必要もあるでしょう。
いじめによる自殺事件で、加害者児童の素顔を掲載するメディアでも出てくれば良いのですけれど。
適切な罰を下せるようにするためにも、少年法の廃止は絶対に必要な事だと思います。

そろそろ落ちますので、続きはまた明日〜。

373 :実習生さん:2006/11/27(月) 00:57:01 ID:0YZbqH0k
>>372
>学校を責めるのではなく、あくまでも一番悪いのは加害者児童&その保護者という
>認識をもっと徹底して社会に浸透させる必要もあるでしょう。
教師が隠蔽しているままにしていて、どうやって加害者児童&その保護者に罪を与えるの?

374 :実習生さん:2006/11/27(月) 01:02:48 ID:TQ0roUKA
>>299
だからと言って虐めても良い理由にはならない
個性を認めあってこそ人間が共存して生きて行ける社会が生まれる。
その個性を侮辱する者は全ての人間を侮辱するのと同じであると言える。鈍くさいとは?行動か?人は完璧な人何ていないけれど、その困難に向かっていつも努力とチャレンジ精神で生きている者に対して壁を作っているのが、虐め加害者。

375 :実習生さん:2006/11/27(月) 01:04:15 ID:1670m4su
>>369
つまりね、人と付き合うのに根本的に差はない、ってこと。
確かに人と直接接する機会は少なくなっているかも知れないが、
メールなどでやりとりはするわけでしょう?
だったら、やはり他者との関係性を調整する能力は必要だし、
仕事以外では誰とも付き合わないわけでもないでしょうに。
人と直接会わない環境が云々はそれこそこじつけにしか見えませんよ。
現に、君自身がそれを証明しているじゃないですか。
いじめというまだ正解のない問題について、それぞれの主張を持ち寄り
正解を求めて検討するために集まっているのに、自説の主張と
他者の否定しかしていない。
これは中学生位までならその若さ故に微笑ましくもなりますが
大人がやったら単に我が儘さんですよ。
つまり人に対するスキルが未熟、ってことですね。

>>371
揚げ足取りかどうか、>>368のレスを見てから言ってもらいたいものです。
あなたの想定する個人事業者が一般的に言われている個人事業者の
何パーセントを占めているかぜひ答えてもらいたいですね。

とは言うものの、もう寝るので答えなくてもいいですよ。
ニヤニヤしながら寝るのもおつなものですから。

すぐムキになるなよ、気が短いな。



376 :実習生さん:2006/11/27(月) 01:04:59 ID:TQ0roUKA
>>299続く→ちくった?悪い事は悪いちくろうが、ちくらないだろうが本人の為に報告するのが、人として当たり前である。
人を認めずして人権など守れないというか人権は人として常識

377 :実習生さん:2006/11/27(月) 01:10:09 ID:kq8wY2UD
>>373
いじめ問題は教師の責任ではない。
犯罪として警察に突き出せばそれで良い。

これなら、隠蔽しようなんて教師はいなくなると思いません?
まあ、教師がいじめの原因になっているケースもあるから、
一概には言えませんけれどね。

378 :実習生さん:2006/11/27(月) 01:15:17 ID:xg4SUo8P
>>371

ああ、あなたはまた基地害レスしてしまったのですね。
でも、恐れることはありません。
あなたは能無しの2ちゃん粘着の基地害。
-----------------------------------------------------------------
371 名前: 前スレ504 投稿日: 2006/11/27(月) 00:47:50 ID:zppVRoma
>>359
ほとんど揚げ足取り。統計を見てから出直せ。
-----------------------------------------------------------------
などと、 基地害レスしてしまっても、仕方がありません。

さあ!
粘着をやめて、日の当たる道を歩こう!
2ちゃんねるに粘着ばっかりしていないで、外に出て他人と交流する機会を持とう!
粘着以外のまともな趣味を持ち、その趣味に熱中してみよう!
きちんとした定職に付き、一日をリズムある充実したものに変えていこう!

それでもどうしても、粘着したくなったり、スレが気になったりした時には、
一度、精神科の医者にカウンセリングしていただくことをお勧めします。

379 :前スレ504:2006/11/27(月) 02:54:55 ID:zppVRoma
>>375
再び揚げ足取りの意味不明なレス。

いいですか、私が言いたいのは、世の中に、人と直接会わないでできる
仕事はどのくらいあるか、という議論ではありません。
そのような議論自体スレ違いです。

皆さんが想定している「他者との関係性を調整する能力が低い」というのは、
かなり極端な人物像を想定しているのではないでしょうか?
挨拶もしない、ぶっきらぼう、自分勝手というような、どんなに寛容な人からでも
嫌われてしまうような、社会通念から見ても問題になるような性格なら、
なるべくなら直したほうが良いでしょう。
しかし、今ここのスレで問題にしているいじめられっ子全員が、それほどの
「嫌われ者」なのでしょうか?
私はそうとは思えません。普通に挨拶もするし、決して自分勝手でも
ぶっきらぼうでもない。しかし、普通の人と比べて少し動作がのろい、
反応が鈍い、というような、持って生まれた性格が原因でいじめられることも
多いでしょう。皆さんは、このような持って生まれた性格までも、
「他者との関係性を調整する能力が低い」範疇に入るとお考えですか?

このような性格の子は、一般的な企業に就職を希望する場合、他の人よりは
不利になるでしょう。しかし、そのよな子でも、価値観が多様化した現在、
受け入れてくれる世界はたくさんある、ということを言いたいのです。
じじめられっ子全てが、いじめっ子が主張するような社会不適格者ではない、
ということを言いたかったのです。性格は個性です。社会通念上許されない
性格でない限り、いじめられないように性格を変えるなんて、人権侵害そのものです。
いじめられっ子が将来活躍できる場所はたくさんあります。

380 :前スレ504:2006/11/27(月) 02:55:35 ID:zppVRoma
>大人がやったら単に我が儘さんですよ。
>つまり人に対するスキルが未熟、ってことですね。

私のここでの書き込みが、社会通念上常軌を逸しているとは思えません。
あなたに私のことを我侭だの、スキルが未熟などと言う権利があるのですか?
あなたは私を侮辱ししましたね。
あなたのような勝手な決め付けが、いじめを生むのです。あなたこそいじめっ子です。

381 :実習生さん:2006/11/27(月) 06:24:53 ID:xg4SUo8P
>>379

ああ、あなたはまた基地害レスしてしまったのですね。
でも、恐れることはありません。
あなたは能無しの2ちゃん粘着の基地害。
-----------------------------------------------------------------
379 名前: 前スレ504 投稿日: 2006/11/27(月) 02:54:55 ID:zppVRoma
>>375
再び揚げ足取りの意味不明なレス。

いいですか、私が言いたいのは、世の中に、人と直接会わないでできる
仕事はどのくらいあるか、という議論ではありません。
そのような議論自体スレ違いです。

〜省略〜

ということを言いたかったのです。性格は個性です。社会通念上許されない
性格でない限り、いじめられないように性格を変えるなんて、人権侵害そのものです。
いじめられっ子が将来活躍できる場所はたくさんあります
-----------------------------------------------------------------
などと、 基地害レスしてしまっても、仕方がありません。

さあ!
粘着をやめて、日の当たる道を歩こう!
2ちゃんねるに粘着ばっかりしていないで、外に出て他人と交流する機会を持とう!
粘着以外のまともな趣味を持ち、その趣味に熱中してみよう!
きちんとした定職に付き、一日をリズムある充実したものに変えていこう!

それでもどうしても、粘着したくなったり、スレが気になったりした時には、
一度、精神科の医者にカウンセリングしていただくことをお勧めします。

382 :実習生さん:2006/11/27(月) 06:26:54 ID:xg4SUo8P
>>380

ああ、あなたはまた基地害レスしてしまったのですね。
でも、恐れることはありません。
あなたは能無しの2ちゃん粘着の基地害。
-----------------------------------------------------------------
私のここでの書き込みが、社会通念上常軌を逸しているとは思えません。
あなたに私のことを我侭だの、スキルが未熟などと言う権利があるのですか?
あなたは私を侮辱ししましたね。
あなたのような勝手な決め付けが、いじめを生むのです。あなたこそいじめっ子です。
-----------------------------------------------------------------
などと、 基地害レスしてしまっても、仕方がありません。

さあ!
粘着をやめて、日の当たる道を歩こう!
2ちゃんねるに粘着ばっかりしていないで、外に出て他人と交流する機会を持とう!
粘着以外のまともな趣味を持ち、その趣味に熱中してみよう!
きちんとした定職に付き、一日をリズムある充実したものに変えていこう!

それでもどうしても、粘着したくなったり、スレが気になったりした時には、
一度、精神科の医者にカウンセリングしていただくことをお勧めします。

383 :実習生さん:2006/11/27(月) 07:23:29 ID:1670m4su
>>379
指摘しているのは対人スキルを無用とでも言うような
あなたの主張の根拠となる部分ですよ。
論点のすり替えは止めていただきたいですね。

どうもご自分のいじめられっ子像に対して
誰かが間接的にでも指摘するのが耐えられないようですね。
だから対人スキルの獲得を正確と混同するのでしょう。
やれやれですね。

>>380
侮辱というのは

お前みたいに世の中悪とされているものを責めるふりをして
正論を吐いて他者からの同意をえて自分の満足感を得ようとする
ちっぽけな自己愛の充足しか考えていない行為を卑劣だと言っているだけだ。
いじめられている奴をお前のネタにするな。

と言うように面罵することか?
それが事実無根なら確かに侮辱だね。
おっと、いじめっこ認定されてしまいましたw
これでは訴訟を起こされてしまいます。
みなさん、どうしましょう?

384 :16の284:2006/11/27(月) 07:25:20 ID:r/JtHfhX
おまいらおはよう

>>361
そうなんだよね。つい話がそれてしまった。
漏れが>>322みたいな流れと違うレスをしてしまったからかもorz
もっともまんざら意味のない話でもないと思うが。

そりゃそうと、>>322で漏れが書いた内容で>>279は結局良かったんだろうか?
それが気になる(´・ω・`)


385 :前スレ503:2006/11/27(月) 08:35:15 ID:7vk/Vj6e
おはようごぜえます。

どんなに「あんたそりゃ屁理屈で、言い返さなくても解るだろう」と
思われることも反駁しなければ「負け」と言われてしまう場合がある
のだなと感じました。 逆にそういう考え方をする相手が何も反駁し
てこなかったときは「勝ち」と判断してもよいのでしょうか?

私自身は「勝ち負け」というよりは議論によって得られる他のもの
(何が必要なのか等)の方が重要だと考えているのですが。



私なりに気になっている点について整理してみます。

仕事においても友人関係においても人間関係の調整力の高さが重要な場面は多々あるでしょう。

寡黙であっても、不器用であっても 真摯に仕事に打ち込む姿は尊敬に値します。 また調整すべき人間関係の無い職場ではその調整能力は重要では
ないでしょう。 子どもがそういう進路を本当に希望・選択するならばあまり気にしたものではないでしょう。
しかし人間関係調整能力が要求される可能性が高い職業を希望・選択していた場合は、そういった能力を育むことができないのは大きなマイナスに
なりうるでしょう。

警察・訴訟という方法を気軽に選択する場合はこういった要素も考慮したほうがよいでしょう。

緊急性が高い、より得るものが大きい場合は警察・訴訟という手段は積極的に選択しても良いでしょう。


こんな感じ?

386 :実習生さん:2006/11/27(月) 15:02:10 ID:PpZ11agj
>>374

>>>299
だからと言って虐めても良い理由にはならない

現実としていじめられっこが周りと比べて変だから悪いんだよ。いじめられっ子は逃げてないで反省するべきだ。


>個性を認めあってこそ人間が共存して生きて行ける社会が生まれる。
その個性を侮辱する者は全ての人間を侮辱するのと同じであると言える。鈍くさいとは?行動か?

個性にはそれなりのリスクを背負うべきもの。
変わり者が世に憚るためには必ず横やりがあり、それをクリヤ出来てはじめてその人は個性的だと認められ集団で一目おかれる存在になるのだ。

>困難に向かっていつも努力とチャレンジ精神で生きている者に対して壁を作っているのが、虐め加害者。
その壁から逃げているのがいじめられっ子だ。
甘えるな。

387 :実習生さん:2006/11/27(月) 15:13:48 ID:zHspPGkI
>>386
異質性に耐えられない脆弱さを棚に上げるな。貴様こそ甘えだ。

388 :実習生さん:2006/11/27(月) 15:23:26 ID:PpZ11agj
>>376
>>299続く→ちくった?悪い事は悪いちくろうが、ちくらないだろうが本人の為に報告するのが、人として当たり前である。


本人の為ではなく自己保心のためにチクるんだろ?
エエカッコ抜かすな、ボケ!

389 :実習生さん:2006/11/27(月) 15:27:16 ID:zHspPGkI
>>388
ああ、釣りだったのね。失礼しました

390 :実習生さん:2006/11/27(月) 15:31:21 ID:PpZ11agj
>>387
>>>386
>異質性に耐えられない脆弱さを棚に上げるな。貴様こそ甘えだ。


まず周りに合わす努力をするのが社会の礼儀だ。

変わり者が仲間に入るためには自分からまわりに合わせることだ。
人に要求するものではない。
自らまわりに合わせる努力をしないで自分に合わせろというのはむしがよすぎる。

391 :実習生さん:2006/11/27(月) 15:38:36 ID:TTRGMUU7
いじめるのが社会の礼儀に反してないというのは無理やりだよな。

392 :実習生さん:2006/11/27(月) 17:09:50 ID:B4hHGXTa
>>PpZ11agj 
貴方の言っている事ってファシズムだよ?
数が多い方が正しいって理屈も、よく考えれば非論理的だということが分かる筈。
自分と他人は違うって認識は、成熟した社会では基本的なことだよ。

393 :実習生さん:2006/11/27(月) 17:11:45 ID:B4hHGXTa
聖徳太子の説いた「和」の精神だって、
人それぞれの違いを認め合って尊重しようというのが本来の意味であって、
決して、同質の集団を作れって意味じゃないんだけどね。
勘違いしている日本人ってかなりいると思う。

394 :実習生さん:2006/11/27(月) 17:13:54 ID:B4hHGXTa
>まず周りに合わす努力をするのが社会の礼儀だ。

じゃあ、社会全体が集団自殺でも始めたら、貴方は一緒に死ぬのですか?
社会の礼儀というのは、まず他人に迷惑を掛けないこと。
自分と違うという理由で他人を攻撃するような人間こそ、社会にとっては害悪です。

書き込みの内容から考えて小学生か中学生くらいだと思うけど、
もう少し大人になってから出直しなさい。

395 :実習生さん:2006/11/27(月) 18:06:53 ID:PpZ11agj
>>393
>人それぞれの違いを認め合って尊重しようというのが本来の意味であって、


いや、尊重するにも限度があるよね。
人が自分に合わせてくるのを待つのじゃなく、自分がまわりに合わせる努力をするべきだろう。
そんな我儘世の中で通じません。




396 :実習生さん:2006/11/27(月) 18:07:58 ID:U/uk9l9L
まーた現われた

397 :実習生さん:2006/11/27(月) 18:08:47 ID:PpZ11agj
>>394

>じゃあ、社会全体が集団自殺でも始めたら、貴方は一緒に死ぬのですか?
社会の礼儀というのは、まず他人に迷惑を掛けないこと。

いじめられる奴は何らかに関連して迷惑だと思うよ。

>自分と違うという理由で他人を攻撃するような人間こそ、社会にとっては害悪です。


大人の社会でも子供の社会でも一緒だと思うが。
リストラされるおじさん達は机さえ用意されない人もいるからな。
子供よりイジメは巧妙だな。でも原因があって結果があるわけだから仕方がないよね。


398 :実習生さん:2006/11/27(月) 18:30:44 ID:B4hHGXTa
PpZ11agj って、レスのつけ方の特徴からして、ここ数日このスレに粘着している人みたいだけど、
なんで論破されても懲りないの? 反論になっていないし。

>いじめられる奴は何らかに関連して迷惑だと思うよ。
妄想で語らないで、きちんと論理的に筋道を立てて話してごらん。

399 :実習生さん:2006/11/27(月) 18:32:22 ID:B4hHGXTa
相手にするのも馬鹿らしいけど、叩き潰しておかないと

反論がない=自分の主張が正しいからだ、と勘違いするから始末に終えない。

400 :実習生さん:2006/11/27(月) 18:35:04 ID:B4hHGXTa
とりあえず、馬鹿は放っておいて話を元に戻すけれど、
やはり効果的ないじめ対策は、問題を刑事事件として
扱う事だと思います。
言葉で諭したところで効果がないのは、ここに来ている
馬鹿を見れば明らかなのだから。

401 :実習生さん:2006/11/27(月) 18:52:31 ID:c3QqUPt/
いじめをする奴ってここみてて思ったが
ID:PpZ11agjみたいな奴か
原因があって結果があるからと自己正当化
>>392
数が多い方が正しいって理屈は通らないよな
その多い方が間違っていたりしたときどうなるか?
こういう掲示板で数が多い荒らしが主張して
同意する奴がいたら正しいのか?
数じゃなくそのことを見つめて真実と善悪を抜き出さないとな

402 :実習生さん:2006/11/27(月) 18:55:56 ID:c3QqUPt/
前スレ504は少しずれてるように思った
人間関係の調整力の高さが重要だというのは同意
離島で一人生活していくわけじゃなければ
どんな仕事でも多少はこの能力を要求されるだろ

いじめをする奴はこの人間関係の調整をいじめを
使って調整する奴だよな
力で制するつーか
苛められる側に原因があってもいじめが正当化される
わけでもないし、いじめを選択するまでにできることも
あるだろうと

403 :実習生さん:2006/11/27(月) 18:58:53 ID:B4hHGXTa
>>401
PpZ11agjの主張する「原因と結果」が因果論として破綻しているってのを
何度指摘しても理解できないんだよね。
多分、国語の成績がかなり悪いんだと思う。
「郷にいらずんば郷に従え」なんて言っちゃう人だしプギャ

404 :実習生さん:2006/11/27(月) 19:25:12 ID:YN3IbxXP
「いじめっ子への出席停止」などの制度の整備も検討されているというけど、
子どもはいじめの天才だからなあ。
もしこの制度が実行されたら、悪用していじめっ子がいじめてる相手を
「○○くんが僕をいじめたんですう〜」と事実を捏造して出席停止にさせ
合法的に相手の人生を破壊するとか起こりそう。

よく大人が「いじめている子も、明日はわが身とびくびくしながらやっているんです」
っていうけど、まあ各人の能力がどんぐりの背比べ状態のクラスならそういうこともあるかもしれないけど、
学力・腕力・親の仕事とかで完全にピラミッドが固定している場合というのもあるよね。
そんな場合には、いじめ・いじめられの逆転なんて絶対に起こらないと思う。

405 :実習生さん:2006/11/27(月) 19:37:21 ID:TQ0roUKA
>>390
貴方は根本的に間違っている。変人だから周りに合わせなきゃ行けないってまるで全国の虐め被害者が社会に合わさっていないような良いようですね
>>386>>虐め被害者は逃げてないで反省するべき

はぁ(笑)貴方の発言は根拠がなさすぎ、何を基に反省するのですか?変人だからですか
だから言ってるじゃないですか、個性はいろいろあって当たり前、あれが苦手であれが得意それが人間でしょうが!
何が皆に合わせる事が礼儀だ
虐める事ですでに礼儀何てなくなっている
協調性が欲しいのなら、周りの人権意識から見直すべき

406 :実習生さん:2006/11/27(月) 19:46:18 ID:7J/+mmif
>>402
前スレ504には、ないものは教えればいいという発想が
全くありませんからねえ…。

今現在能力がないのなら、必要ない職につけばいいなんて甘い考えもたせて、
いじめられっ子が社会で立派にやっていけるのかと('A`)

407 :16の284:2006/11/27(月) 19:55:56 ID:WwJISBFN
おまいらこんばんわ

いじめられやすい性格傾向について論ずることは無意味ではないけれども
「いじめられているのはそのようにいじめられやすい性格だから」と
誤った論理展開してしまう愚を冒さないよう気をつけなければならない。

最近の事件を見ても、例えば
福岡・三輪中の事件でも、岐阜・瑞浪中の事件でも、報道内容を見る限り
被害者はいわゆる「いじめられやすい性格」だったとは考えにくい。

408 :実習生さん:2006/11/27(月) 19:59:22 ID:c3QqUPt/
>>403
そりゃ書きミスじゃねーの?
覚えていることが間違ってるときと
打ち間違えっていう2パターンがあるぞ?
論破されてもいつまでも訳わからんこという奴って
荒らしにも多いぞ
なんか正直ID:PpZ11agjって俺が対峙した荒らしの
一人に似てるんだけどwww
>>404
世の中何が起こるかわからないだろ
自分は大丈夫っていう奴に限って(ry

409 :実習生さん:2006/11/27(月) 20:03:15 ID:c3QqUPt/
>>406
前スレ504は少しズレてるんだよな
年齢はかなりおっさんっぽいんだが
中途半端に苛められ立場の奴に案を投げてるみたいなとこもあるし

教えるのはいいことだが
だからといって虐めが肯定されるもんでもないがw
社会でやっていけるかどうかっていったら
苛めっ子もそうだろw

410 :実習生さん:2006/11/27(月) 20:29:22 ID:B4hHGXTa
なるほど、PpZ11agjの思考では「何か言い返さないと負け」ってことなんだな。
内容が論理的に正しいかどうか、過去の自分の発言と整合性があるかどうかは二の次で。


411 :実習生さん:2006/11/27(月) 21:28:00 ID:O93MwYLg
>>405
いじめられる人はその集団の中で鈍くさかったり何かあったら先生にチクったり
だらしなかったり礼儀を知らなかったりキモかったり何らかの原因があるものです。
郷にいらずんば郷に従えが集団の基本です。それに達しない人は虐めの対象になる場合が多い。
それが現状です。


いじめられっ子は集団にあわせられていないでしょう。皆と同じであればいじめられていなかったと思うね。
互いに傷をなめあうような議論よりも現状を鑑みていじめられっ子はどうするべきかを考えた方が建設的な議論が出来るンじゃないのか?

412 :実習生さん:2006/11/27(月) 21:32:21 ID:B4hHGXTa
今度はコピペ荒らしか。
集団の強制力という視点でしか問題を捉えられない時点でオワットルわな。

スルー推奨。どうせまともな議論が出来るような相手じゃない。

413 :実習生さん:2006/11/27(月) 21:34:41 ID:B4hHGXTa
いや、間違った日本語を指摘された部分をそのままコピペしているということは、単なる愉快犯か?

まあ、どちらにせよO93MwYLgはスルーしておくのが吉っぽいね。

414 :前スレ504:2006/11/27(月) 21:37:37 ID:zppVRoma
こんばわ。みんな頑張っていいるね。
いじめ肯定論者を論理的に撃退できたね。
その自信が、実社会でのいじめ撃退に役立つよ。

>>383
レスが気になって朝からチェックですかw

>>404
>「いじめっ子への出席停止」などの制度の整備も検討されているというけど、

この制度は、「政府がいじめ対策に動いています」というジェスチャーに過ぎない。
現実には学校がこの制度を実行するのはかなり難しいと思われる。
この制度は、初めにいじめの事実を認定しなければ、出席停止には追い込めない。
いじめられた本人が「いじめられた」と申告しても、加害者がやっていないと
否定すれば、結局証拠が必要になる。
また、いじめと認定した場合、加害者の親が学校に抗議に来る事も予想されるので、
学校側も認定には相当神経を使うだろう。
加害者の親が納得いかない場合、学校相手に、いじめの認定を取り消す裁判を
起こす事も予想される。

>>402
>前スレ504は少しずれてるように思った
>人間関係の調整力の高さが重要だというのは同意
>離島で一人生活していくわけじゃなければ
>どんな仕事でも多少はこの能力を要求されるだろ

みんな俺が言いたいことの意味を良く理解していないね。
人間関係の調整力の高さが重要ではない、と言っているのではなく、
「価値観の多様化した21世紀の今日において、それが必ずしも
重要とは限らない」という意味。
視野の狭い、頭の硬い大人達に再考を求めただけ。

415 :前スレ504:2006/11/27(月) 21:38:13 ID:zppVRoma
みんなの親って、時々ものすごく時代錯誤な発言する時あるでしょ?
例えば、会社に行く時はスーツ着用が当たり前とか。
でもIT企業とかは、ホリエモンみたいにTシャツでOKとまでは行かなくても、
ノーネクタイが当たり前。他の業種でも、カジュアルフライデーを
採り入れている所も多い。
また、今では派遣社員やパートタイムはかなり一般的なのに、正社員以外を
「定職に就いていない」と言ったり。

渋谷のガン黒の女の子を見て、「あんあのは社会で通用しないクズだ」と
言い切ったり。でも、渋谷のショップのカリスマ店員は同じガン黒だし、
ガン黒で店長や社長になった人もいる。
何でも決め付けは良くないよね。

ここのスレでも、新卒者の99.9%の人は一般企業に就職すると思い込んでる
世間知らずな大人がいたでしょ?
でも実際には、学生時代に起業して自分でビジネスをやっている人や、
親の商売を継ぐ人も多い。家が農家や漁師でそれを継ぐ人もいるだろう。
それ以外にも、歌手になるために上京する、という人もいるだろうね。
最近は就職せずフリーターになる人も多いけどね。

つまり、学校の先生も、親も、大人は実は世間知らずなんだよ。
大人が知っている世間は、一昔前の世界。今の大人は、規制緩和、IT、国際化
というものを知らない。
そんな大人に、君達の将来を語って欲しくないよね。

416 :実習生さん:2006/11/27(月) 21:39:52 ID:B4hHGXTa
前スレ504氏の言う事はズレているという意見に賛成票を投じます。

417 :実習生さん:2006/11/27(月) 21:42:36 ID:0YZbqH0k
>>411
>いじめられる人はその集団の中で鈍くさかったり何かあったら先生にチクったり
>だらしなかったり礼儀を知らなかったりキモかったり何らかの原因があるものです。 >
>郷にいらずんば郷に従えが集団の基本です。それに達しない人は虐めの対象になる場合が多い。
>それが現状です。
そんな理由で、いじめられてた連中など見た事無いけどな。
作りすぎじゃない?
先生にチクったりってのは、いじめられた事を教師や親に相談したからじゃないか?
逆に、チクル奴はいじめてる連中だったけどね。
教師を取りこむためににね。

>いじめられっ子は集団にあわせられていないでしょう。
言いなりになった奴は際限なくいじめられてたな。
たばこを買いに行かされたり、万引きさせられていたり。

>互いに傷をなめあうような議論よりも現状を鑑みていじめられっ子はどうするべきかを考えた方が建設的な議論が出来るンじゃないのか?
女性だったら肉便器になるとかかな?

418 :実習生さん:2006/11/27(月) 21:46:35 ID:gCMVOJQt
津市ではお菓子を巻き上げてたイジメっこが
警察に御用となったね

419 :実習生さん:2006/11/27(月) 21:51:53 ID:B4hHGXTa
>>418
やっている事は「恐喝」だものね。
そりゃ捕まるでしょうよ。
それが分からない馬鹿だからいじめっ子になるんだけどプギャー

420 :実習生さん:2006/11/27(月) 22:02:22 ID:TQ0roUKA
>>411
レスに返答して意見しているのにそれに対してまた同じ議論というよりは、良いと思うがな過去レスに打った自分の書き込みを目をかっぽじって良く見たまえ!そのレスは返答済み

何回も言うが、人は個性という物があり当たり前だが、その個性は人によってそれぞれ違う
明るい人もいれば、暗い人もいる
それで社会が成り立っていると言って良いと思います。
合わせないから虐める
変人だから虐めるということは人の自由を奪う事であり差別的行為であります

421 :実習生さん:2006/11/27(月) 22:20:06 ID:0YZbqH0k
>>420
元々>>411が言っている事は、事実とかけ離れた想像だからね。
いじめられるのは、社会的協調性が無いとの論点を正として、現実でない事を書きこんでいる。
実際に、障害を持つ者より、協調性はごく一般的で、いじめやすい人がターゲットになっている。
目立つ生徒(特徴の有る)をいじめると、いじめが発覚しやすいからね。

422 :実習生さん:2006/11/27(月) 22:53:01 ID:1670m4su
>>384
ごめん、レスしたつもりがしてませんでしたか。

基本的にはそれでいいです。
実際、公的介入というのは私的解決が不能になった場合を想定していますので
公的介入=私的関係の破綻、と捉えています。
これを前提とすると、同じクラスで裁判沙汰になった日には
原告被告の間にはもう私的関係を築くことは不可能となり、
そんなんがクラスにいた日には、クラスで団結することなどできない。
一緒のクラスにいる奴らにとっては迷惑もいいところ。
ちなみに前提をはっきりさせなくても似たような感覚は想像できると思う。
学校生活は公私の分離が難しいから余計やっかいだと推測できる。

当然それに派生する様な形で、(例え本人がいかに苦しんでようと外見では)
安易に訴える人間に対し、周囲はどのような態度をとるか、と言うこと。
俺だったら近寄らないね、危なくてしょうがないから。
仮にそんなんだったりすると、当然クラスで孤立するわけだけど
成長期の友人の有無というのは人格形成に大きな影響を与えるよね。

あと権威による裏付けは無条件の正当化>自省の機会を奪うことになる。
これも人格形成の上で重要だね。

ぶっちゃけ、裁判起こして同じクラスで平然といられるかってーと甚だ疑問。
仮に転校するなら、最初から転校した方が手っ取り早い。
カタルシスを得るためだけの裁判なら、それはいじめの解決とは何の関係もない。
つまり、自己満足の正当化でしかない。
そんな風に思っております。

実はその他いじめられた側、いじめた側、同じクラスにいるもの、
人間関係の構造、社会制度面等いろいろな面で言いたいことはあるけど
まとめるのが面倒なのでとりあえず簡単なものだけ。

423 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:08:26 ID:1670m4su
>>414
>レスが気になって朝からチェックですかw

そりゃ気になるよ。
まあ、男女板のついでもあったけど。
で、結局自らの個人事業者云々は華麗にスルー、と。
まあ、ご自分の間違いは認められないような方なのでいいけどね。

>「価値観の多様化した21世紀の今日において、それが必ずしも
>重要とは限らない」という意味。

それを言い出したら、砂金取りや狩人、炭焼きなど
1人で山に籠もっていた連中は必ずしも対人スキルは重要とは限らないぞ。
どの時代にも人との接点の少ない業種はある。
そう言った業種の存在が、対人スキルの不要を一般化する理由にはならないと言うこと。
つまらない自己正当化してんじゃねーよw
社会の一員として生きていくなら多かれ少なかれ人とは接する、
故に対人スキルは必要かつ重要なの。

>>415
言葉を重ねるほど自らが世間知らずであることを暴露しているね。
君の先入観を万人が共有している訳じゃない。
規制緩和しようとIT化しようと国際化しようと、大した差はない。
仮に親の世代とどこが大きく変わったのか具体例を出してみそ。
それは世間のごく一部でしかないから。
どっちがイメージに振り回されているんだか。

424 :16の284:2006/11/27(月) 23:14:33 ID:WwJISBFN
>>422

法的措置が介在することで人間関係が保たれなくなる、
そういうケースはかなりの可能性で起こりうると思う。
その点は認める。

しかし、一方で漏れの中では
「そうならない場合も少なくないのではないか」という考えもある。

漏れが「傍観者の問題」に言及したのはそこなんだ。
いじめに加担することもせず、やめさせることもなく傍観していた者たちが
被害者に対して親和的な心理状態にあった場合
被害者を集団の中に受容する状況が醸成されうるのではないか
と考えたんだがどうだろうか。



425 :前スレ504:2006/11/27(月) 23:22:17 ID:zppVRoma
>>411
>皆と同じであればいじめられていなかったと思うね。

クラス全員が同じなんってあり得るか。クローン人間40人のクラスとか?
人間は顔が全員違うように、性格も1人1人皆違う。それが当たり前。

>いじめられっ子は集団にあわせられていないでしょう。

集団の統一感が重要な組織と、集団の統一感よりも個を尊重する組織がある。
戦前の学校教育は、軍国主義教育で、統一感が重要だった。
戦後の学校教育は、個の尊重と人権の尊重が重視されている。
学校はまさしく個を尊重する組織であって、集団に合わせること自体、教育の精神に反する。
お前らの方が間違っていることに早く気付け。

ちなみに、いじめっ子が言う集団とは、学級のことではない。
支配欲の強い連中が、勝手に学級内に非合法組織を作り、その非合法組織内での
権力を誇示するために、自分達に合わせろと不当な要求をしている。
学級を隠れ蓑にしているため、その存在が見えにくい。
学校は早くこのような非合法組織を解体させ、不当な要求に困っている生徒を
解放してあげるべきだ。

>互いに傷をなめあうような議論よりも現状を鑑みていじめられっ子はどうするべきかを考えた方が建設的な議論が出来るンじゃないのか?

だから君を警察へ突き出し、君から慰謝料を取るための
裁判を起こす準備をしているんだよw

426 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:23:06 ID:O93MwYLg
>>420
>何回も言うが、人は個性という物があり当たり前だが、その個性は人によってそれぞれ違う
明るい人もいれば、暗い人もいる


世の中で使えるのは明るい人です。暗い人は誰からも評価されません。
自分の欠点を顧みず自分で何だかんだと言い訳して生きていっているのが現状でしょう。
結婚式のスピーチでで新郎新婦を誉める言葉で「明朗活発で」とはよく言いますが「陰険陰湿で」とは言わない。


>それで社会が成り立っていると言って良いと思います。
合わせないから虐める
変人だから虐めるということは人の自由を奪う事であり差別的行為であります


人間には能力に差があって使える人は明るい人。使えない人は暗い人。これ一般的なこと。
全員明るくて出来る人ばかりだと組織はまとまらないからある意味当たっているでしょう。
いずれにしても暗い人は使えません


427 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:24:29 ID:g7yNoByK
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   福岡県 教育委員会 委員長  殿

  <三輪中・中2いじめ自殺事件>の真相を明らかにしてください。
  
  
  「君は偽善者にもなれない偽善者だ。」(元担任の言葉)
   ケガをしているのに、仮病・嘘つき呼ばわり。(元担任の言動)

自殺した男の子は、死にたかったのではありません。
本当は、死にたくなんてなかったのに、「死」という選択肢しか、周りが与えてくれなかったから。

一日も早い真相解明を、お待ちしています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

428 :前スレ504:2006/11/27(月) 23:26:04 ID:zppVRoma
>>423
揚げ足取りと、スレ違いのテーマに付きスルー。

429 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:28:02 ID:O93MwYLg
>>417
>そんな理由で、いじめられてた連中など見た事無いけどな。
作りすぎじゃない?


あるね。君が嘘をついているか知らないだけだ。


>先生にチクったりってのは、いじめられた事を教師や親に相談したからじゃないか?

自分で解決できないヘタレだから「先生助けて」と言ってチクリをする。
それがばれて虐めにあうのだろう。そういういじめられっ子って嫌われる奴の典型だな。

>逆に、チクル奴はいじめてる連中だったけどね。
教師を取りこむためににね。

知らないね。あんたの想像だろう


430 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:29:19 ID:DX0erAez
いじめ生徒、出席停止…緊急提言の骨子
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/bullying_2/story/27fuji320061127018/
<教育再生会議>いじめた側の児童・生徒「出席停止」を提言
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/bullying_2/story/26mainichiF1127m063/
いじめた生徒を出席停止へ=教育再生会議が緊急提言
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/bullying_2/story/061126jijiX671/

政府もいじめ対策に本腰を入れてきたようだ。
現場で対策を講じるというのが、やはり最も即効性と効果性がある方法であり、それができるのはやはり現場の監督責任を有する教員と学校でしかない。
教育基本法の改正もそうだけど、これまで聖域だった学校や教員に、次々にメスが入っている。
それというのも、やはり、学校や教員の質の低下について、大きく声をあげて
いじめ対策に関する学校の責任、教員の質、そういったことに声を上げていたからこそ、生まれた流れだよ。
これで全てが変わるわけもないが、あらゆることにおいて最初から全てが変わることなどありえない。
だが、こういう形で第一歩が踏み出された意味は大きい。
0から踏み出すより、二歩目は遥かにラクだからだ。
何も言わなかったら、学校という、ある意味閉鎖された社会は何も変わらなかったろう。こういう方向へは絶対に動かなかったはずだ。
世の中には、奇麗事のオブラートに包みつつ、その実、学校や教員を語り批判することを封殺する、時代遅れの権威主義者がいるが、世の中にタブーはない!!
どんどん語っていこう。

431 :前スレ504:2006/11/27(月) 23:31:39 ID:zppVRoma
>>426
>使える人は明るい人。使えない人は暗い人。これ一般的なこと。

本気で言っているの?もし本気だったら精神科で診てもらいな。
レスする以前の問題だわ、こりゃ。

432 :前スレ504:2006/11/27(月) 23:34:09 ID:zppVRoma
おいみんな、ID:O93MwYLg はただの構って君だからマジレスするな。
スルー汁!

433 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:39:23 ID:O93MwYLg
>>425
>クラス全員が同じなんってあり得るか。クローン人間40人のクラスとか?
人間は顔が全員違うように、性格も1人1人皆違う。それが当たり前。

屁理屈ご苦労さん。そんな幼稚な反論しかできないのかwそんな訳ないに決まっている。

>学校はまさしく個を尊重する組織であって、集団に合わせること自体、教育の精神に反する。
お前らの方が間違っていることに早く気付け。


個ばかり尊重して集団をおろそかにする事自体間違っている。
学校では集団行動を学ぶところでもある。
学校内での集団行動が駄目な奴は社会に出ても同じように集団行動が出来ない。
社会へ出て集団行動が出来ないとほぼ使えない。
現実から逃げずに直視すればよく分かることだ



434 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:41:45 ID:B4hHGXTa
私が既に忠告している。

O93MwYLg は構って君というよりは、妄想と現実の区別がつかない精神障害者。
自分と同種の人間を求めてネットを徘徊しているのだろう。
いくらなんでも、ここまで自分の発言の非論理性に気づかないというのは異常。
ゆとり教育世代でも、もう少しまともな思考が出来るだろうよ。

435 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:42:06 ID:O93MwYLg
>>431
暗い人でまともに使える奴はいなかったな。
あることを指示をしてもなんか間違ったことやっているし・・・
まあすぐ会社を辞めてくれたからほっとしたけどな。

436 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:44:15 ID:B4hHGXTa
________.  |  ・・・「見えないニダ」
|||          | \____ __
|||          |  )\       ∨
|||    現  実.   <⌒ヽ ヽ
|||         \ ( ´ー`)    ∧∧
|||_________V(   丿V^   ●∀´> <<O93MwYLg
|,,|          |,,| ヽ (      と  ,)
              ノ )     |  |〜
                       .し`J,,.

437 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:45:04 ID:B4hHGXTa
論拠は全て「自分の体験」 プギャーw

438 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:45:20 ID:DX0erAez
チクリについてだけど、
被害者がちくった場合、教師の対応のマズさがあって、加害者のチクリが白日のもとにさらけだされる。
HRで○○くんからいじめの相談を受けました、なんて発表されたりしてね。
それでが新たないじめのネタになる、なんてのはよくある話らしい。

加害者によるチクリだけど、これはもうチクる人数が多いから、教師もそれを信じてしまうんだよね。
本当なら、事実関係を調べればいいんだろうけど、めんどくさいからか、ラクをしたいからか、
調べもせずに、多数意見を尊重して、公的にいじめ加害者を断罪する。

ていうか、教師がいじめに加担しているってのは、ほとんどがこのパターンらしい。

439 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:45:28 ID:6uGZV1rs
いじめ世論調査:原因は「保護者のしつけに問題」が5割超

 毎日新聞が実施した全国世論調査(電話、今月25〜26日)で、いじめが行われる
最大の原因を聞いたところ、教育制度や教師の指導よりもいじめる側の保護者のし
つけに問題があると答えた人が5割を超えた。いじめをなくすために家庭・地域の役
割を重視する回答も計6割を超え、学校の役割や教育改革に限界を感じているとみ
られる回答内容になった。

ttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061128k0000m040044000c.html

440 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:47:11 ID:B4hHGXTa
>>439
た っ た 5 割 か 

というのが正直な感想。
先頃行われた高校生を対象としたアンケートよりはましな結果だけど、
やはり親世代の再教育も必要なようだね。

441 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:50:45 ID:B4hHGXTa
>暗い人でまともに使える奴はいなかったな。
君の事が嫌いだから愛想悪かったんじゃないの?w

>あることを指示をしてもなんか間違ったことやっているし・・・
指示の仕方が悪かったという可能性は全く考慮しないのねw

>まあすぐ会社を辞めてくれたからほっとしたけどな。
君みたいな世間知らずが会社員だって? 嘘は良くないなw

つーか、個人の体験だけで語るなよ。
もっと普遍性のある意見でないとディベートにはならないよ?

要するに永遠にROMってろってこった。

442 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:51:38 ID:DX0erAez
俺に言わせれば、親だの家庭だの地域社会だの他人のせいにしてばかりいる教師こそ、まさに他力本願の見本。
世の中はいろいろ動いて変化してきたけど、学校は昔ながらのフォーマットされたいい子しか相手にできない状況で現代まできてしまっている。戦前の牧歌的なままでね。
まずは誰かにいい子にしてもらって、それからでないと教育を施すことができない。
それがいじめも含めたさまざまな問題を生んでいる気がするよ。

最近の親に問題がないとは言わないが、だからといって学校の言葉をうのみにするのもねえ・・・

てかさ、普段マスコミはバカだのサヨだの言っている人に限って、なんで学級崩壊とか真に受けるの?
あれってごく一部の底辺校とか公立校の話で、私立にはほとんどないよ。
対応能力のなすバカがマスコミにチクって騒いでいるだけ。

443 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:53:19 ID:B4hHGXTa
>>442
私立に学級崩壊が無いのは、単純に問題生徒を退学という手段で排除できるからだよ。

444 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:54:48 ID:O93MwYLg
>>441
>>417
>いじめられる人はその集団の中で鈍くさかったり何かあったら先生にチクったり
>だらしなかったり礼儀を知らなかったりキモかったり何らかの原因があるものです。 >
>郷にいらずんば郷に従えが集団の基本です。それに達しない人は虐めの対象になる場合が多い。
>それが現状です。
そんな理由で、いじめられてた連中など見た事無いけどな。
作りすぎじゃない?
先生にチクったりってのは、いじめられた事を教師や親に相談したからじゃないか?
逆に、チクル奴はいじめてる連中だったけどね。
教師を取りこむためににね。

>いじめられっ子は集団にあわせられていないでしょう。
言いなりになった奴は際限なくいじめられてたな。
たばこを買いに行かされたり、万引きさせられていたり。

>互いに傷をなめあうような議論よりも現状を鑑みていじめられっ子はどうするべきかを考えた方が建設的な議論が出来るンじゃないのか?
女性だったら肉便器になるとかかな?



この人も個人の体験をほざいているよ。
個人の体験を言って駄目だというのならばこの人も問題あるでしょ?
この人にも何か文句言ってちょうだいよね。


445 :16の284:2006/11/27(月) 23:54:58 ID:WwJISBFN
今晩はもう寝ます。おやすみなさい

>>439

単純に知識を問う形ではなく意見を求める形のこの手の世論調査では
調査手法によって調査結果にかなりの誤差が生じる。

それに加えて調査結果が報道される時点でバイアスがかかってしまうので
いわゆる「世論調査」は少なくとも鵜呑みにしないこと。
できれば「余り参考にならない」と考えるのが良いと思う。

議論のたたき台にはなると思うが。



446 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:56:52 ID:DX0erAez
退学という手段で排除。スバラシイな。
それで学級崩壊がなくなるなら、やればいい。マジでそう思うよ。
教師だろうが、生徒だろうが、問題あるヤツは切り捨てる。
いじめ加害者なんかその最たるものだと思うね。
強硬手段なんて、取ろうと思えばいくらでも取れるんだから。

447 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:57:38 ID:Py1biMEm
>>前スレ504

児童買春は止めなさい

448 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:57:45 ID:O93MwYLg
>>442
いじめられている本人の問題なのに教師のせい、親のせい、いじめっ子のせい。
他力本願なのはいじめられている本人のことです。
自分がまわりと比べて鈍くさくないですか?
嫌われているとすれば何が原因だと思いますか?
そう言うことを考えることから始めなければ駄目だろう。



449 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:57:46 ID:1670m4su
>>424
それはあり得るかも知れないけど、その場合いじめた側はどう扱われるだろう。
裁判が成立した時点で両者の間の溝は決定的なものとなる、と考えます。
そのとき、傍観者達がいじめられた側を集団の中に受け入れた場合、
いじめた側はどこに行くのでしょうね。

その辺が疑問点ですよ。

450 :実習生さん:2006/11/27(月) 23:58:44 ID:B4hHGXTa
>>444
今度は問題のすり替えかい?
うまく切り返したつもりだろうけれど、君が論理的思考の出来ない人間である事をさらけ出しているよ。

その書き込みは、君の意見が普遍性を持たない事を証明するために個別的な事例を持ち出したのさ。
だから、個人の体験を語ることは何ら間違ってはいない。

はい、証明は済んだので、私の意見にきちんと論理的に反論してね♪

451 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:01:39 ID:B4hHGXTa
O93MwYLg はまれに見る馬鹿だな。
他のいじめ肯定論者には良い反面教師になるだろう。

452 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:02:39 ID:5zNY39Eo
とりあえず、O93MwYLg は書き込む前に自分の文章を100回読み直せ。

453 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:03:23 ID:O93MwYLg
>>450
>その書き込みは、君の意見が普遍性を持たない事を証明するために個別的な事例を持ち出したのさ。
だから、個人の体験を語ることは何ら間違ってはいない。

で、>>417はあんたが書いたのか?


454 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:04:29 ID:aaKVdwsW
>自分がまわりと比べて鈍くさくないですか?

俺に聞かれてもなあ。いじめられた経験ないし、社会人だしなあ。
ちなみに一番卑怯な傍観者でした。
いじめなんてのは、ひとつの現象だからね。
一度ころがると、あとはどこでも転がっていくような感じ。
明確な理由なんかなく、ノリでやって続けていくわけだろ。
どれだけ欠点を矯正しようが、それでいじめが解決するわけじゃないよ。ノリなんだから。

このスレにも、実際にいじめていたり、見てて笑ってたりしてたヤツが居ると思うけど、
被害者の何が悪かったのか、有形無形の集団暴行を長期間にわたって受けなければならない理由や欠点を指摘できるヤツいるかい?
ノリでやってただけだろ、どうよ。


455 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:05:19 ID:5zNY39Eo
>>453
意味不明。
日本語理解できる?

そんなことより、早く反論しなよ。

456 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:06:56 ID:5zNY39Eo
論理的な反論が無いなら、O93MwYLg は議論に負けた悔しさから
意味の無い書き込みを続けるだけの単なる荒らし確定。

457 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:09:40 ID:ou555j+V
>>455
おまえ、逝かれているな。
覚醒剤でもやっているのか?
日本語読めないのか?
お前に質問しているんだぜ

458 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:10:31 ID:ou555j+V
>>454
いや、いじめられた人にも責任があるのだと、そしてその本人に
  >自分がまわりと比べて鈍くさくないですか?
と言うことをまず考えることから始めなければ駄目じゃないかと言っているまでだ。
お前には言っていない。


459 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:10:32 ID:k7oMXKxO
>>454
>このスレにも、実際にいじめていたり、見てて笑ってたりしてたヤツが居ると思うけど、
>被害者の何が悪かったのか、有形無形の集団暴行を長期間にわたって受けなければならない理由や欠点を指摘できるヤツいるかい?
>ノリでやってただけだろ、どうよ。
その通り。
>>411の状況など傍観者でも経験した事は無い。

460 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:14:06 ID:KxXwn+h8
>>426深く追求しますが
暗い人は使えないとは?何の事ですか?仕事?仕事なら職種で決まりますよね
人間自体使えないって事ですか?
貴方の見解だと見た目を見て暗い明るいで判断しているような発言にしか見えない。もうちょっと人の中身をみた方が良いと思いますが…虐められてる人がまるで使えないない見たいな良い方
こういう思考の人がいるから、虐めが起こる

461 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:16:03 ID:aaKVdwsW
>458
どんくさいヤツには暴力をふるっていいわけだな。

まあとにかくよー、いじめなんてノリだって言ってんべ。
どんくささを直したって無駄だって、オマエだって解るだろ。
オマエがいじめているドンくさいヤツが、明日からいきなり普通になったら、
その時点でいじめやめるか?
止めないだろ。
昨日と同じように、今日もいじめを続けていくし、明日も続けるだろ。
ローリングストーンなんだよ。ゴロゴロ転がる岩。ノリでやってる祭りみたいなもんだ。

生徒間の認識なんてそんなもの。
だから、被害者だろうが加害者だろうが、生徒の視点からではいじめなんて対策立てようがないんだよ。
教師ってのは、いろいろ言われているが立場的には上だからな。
学校に限らず、上が見本を示さないと結局何も変わらない。

俺のガキも来年から小学校だけど、マジでスゲェ心配だわ。
空手習わせているから大丈夫とは思うが。

462 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:16:33 ID:5zNY39Eo
O93MwYLg = ou555j+V は自分の都合の悪い書き込みには何の反論もしないで
非論理的な自己主張を繰り返すだけの荒らしである事が確定しました。

叩かれなくなれば、すぐさま幸福回路を発動させて勝利宣言することでしょうが、
それが誤りである事は、まともな思考能力を備えた人間には理解できるでしょう。

不快に思う事もあるでしょうが、餌を与えずに、徹底スルーでお願いします。


しっかし、口調が悪くなってきたな>>ou555j+V
余裕のなくなってきた証拠だw

463 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:18:45 ID:5zNY39Eo
まじめな話に戻るけど、公立学校にも退学制度は導入されても良いと思う。
いや、あるにはあるけど適用が温いんだよね。
日教組の勢力が弱まれば、状況は確実に改善されると思うけれど。

464 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:19:23 ID:ou555j+V
>>462
だから>>417はあんたが書いたのかって、早く答えろよな、都合が悪かったら何も言えないのかw

465 :コピペ&おやすみ:2006/11/28(火) 00:27:51 ID:aaKVdwsW
いじめ生徒、出席停止…緊急提言の骨子
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/bullying_2/story/27fuji320061127018/
<教育再生会議>いじめた側の児童・生徒「出席停止」を提言
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/bullying_2/story/26mainichiF1127m063/
いじめた生徒を出席停止へ=教育再生会議が緊急提言
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/bullying_2/story/061126jijiX671/

政府もいじめ対策に本腰を入れてきたようだ。
現場で対策を講じるというのが、やはり最も即効性と効果性がある方法であり、それができるのはやはり現場の監督責任を有する教員と学校でしかない。
教育基本法の改正もそうだけど、これまで聖域だった学校や教員に、次々にメスが入っている。
それというのも、やはり、学校や教員の質の低下について、大きく声をあげて
いじめ対策に関する学校の責任、教員の質、そういったことに声を上げていたからこそ、生まれた流れだよ。
これで全てが変わるわけもないが、あらゆることにおいて最初から全てが変わることなどありえない。
だが、こういう形で第一歩が踏み出された意味は大きい。
0から踏み出すより、二歩目は遥かにラクだからだ。
何も言わなかったら、学校という、ある意味閉鎖された社会は何も変わらなかったろう。こういう方向へは絶対に動かなかったはずだ。
世の中には、奇麗事のオブラートに包みつつ、その実、学校や教員を語り批判することを封殺する、時代遅れの権威主義者がいるが、世の中にタブーはない!!
どんどん語っていこう。


466 :また明日〜♪:2006/11/28(火) 00:31:12 ID:5zNY39Eo
正直言って、伊吹文部科学大臣にはあまり期待は出来ないんだけどね。
まあ何もやらないよりはマシかなって程度の評価しか出来ませんわ。

467 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:41:24 ID:Fgms0iky
 いじめの定義って?という疑問を最近もってしまいました。殴られたり、シカトされたり
物を隠されたり俺はやられていたが虐められていると俺はそのとき思っていなかった。
 俺が愚鈍なだけだったのだろうが、、、今になって「ああーあれはいじめだったのかな?」と
ここ最近の騒動を見聞きしながら思い返している。
 いじめという行為が成り立つのには「自分はいじめられているんだ!」と被害者意識をいじめられっこが
思ったときに初めて成り立つのだと思う。「お前髪型ダサいな。」って言われただけで
いじめられたと感じてしまうやつがいたら、そこにはいじめっ子といじめられっ子が生まれてしまう。
 逆に俺みたいな馬鹿は何されてもいじめられていることに気づかず大人になってしまったのでそこには前出で言う被害者も
加害者も存在しなかった。
 書いててわけワカメになってきた、、><
 要するに俺が言いたいのはいじめの問題を話す前にいじめを複合的なものとして語るのではなく
殺人や窃盗はたまた傷害みたいにはっきりと説明してくれ。
 結局わけワカメ、、、


  ごめんなさい


468 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:43:48 ID:5zNY39Eo
>>467
明らかに犯罪である暴行、傷害、恐喝といた行為を「いじめ」という言葉で括る事が
問題解決を妨げているという意見は多いですよ。
それは刑事事件として扱うのが筋でしょう。
そのために必要なのが、少年法の廃止です。

469 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:44:52 ID:3/FNKX26
[いじめ]通学先変更制度、保護者の7割超「知らない」
ttp://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2778739/detail

 文科省は3月、小中学生がいじめを受けた場合に通学先を変更できる制度改正を行ったが、
内閣府のアンケートで、保護者の73.0%が「知らなかった」と回答したことが27日分かった。
制度の周知を求めてきた規制改革・民間開放推進会議は
「現場に伝わっていない可能性がある」とみて、近く同省と公開討論を行う予定だ。


他にも、保護者に知られていない制度ってあるかもしれませんねぇ。

470 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:47:33 ID:5zNY39Eo
教育委員会ってのは天下り養老院とかしているから、
そもそも問題を解決するために頑張ろうって意識が無い。

保護者や児童が、教育制度についてもっと良く知ろうという積極的な努力を
しないと駄目なのかもね。

471 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:50:11 ID:940h0C+6
公務員を公開リンチで虐めて自殺に追いむマスコミ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1163345071/l50
イジメ自殺でマスコミの教師袋叩きと犯人らの高笑い
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1161056958/l50
いじめ自殺で犯人放置で学校ばかり攻撃するマスコミ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1162124758/l50
マスゴミのいじめ報道はおかしい!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1162163957/l50

すべて教育基本法改正を阻止するべく いじめ問題を国会でとりあげさせる
ための左翼達の報道でした  チャンチャン 国民はなめられてます


472 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:51:28 ID:Fgms0iky
>468
 そうですね。それが言いたかったww いじめは悪いって教えるよりも個々の
犯罪の善悪を教えたほうがわかりやすい。
 

 集団シカトは刑法では犯罪行為になるのでしょうか? 

473 :実習生さん:2006/11/28(火) 00:53:25 ID:5zNY39Eo
>>472
現在でならパワー・ハラスメントに該当すると思いますが、刑事訴訟は難しいです。
民事訴訟なら十分に可能です。

474 :実習生さん:2006/11/28(火) 01:02:24 ID:NOAksHd2
いじめいじめって言ってるけど、何を持っていじめとするか、難しい問題だな。
先に叩いてきた奴を叩き返すところを教師に見つかり、出席停止じゃあ納得できないね。
勘違いして騒ぎ出すガキや親も出てくるだろうしな。
それにこんな掲示板程度でケンカしてる様なバカどもが、うんちく垂れ流しだし。
画一的な正解なんてねーんだよ
やられたらやり返すのも、訴えるのも、学校行かねーのも、いじめられてる奴からすれば、いじめられなくなれば正解なんだよ。


475 :実習生さん:2006/11/28(火) 01:04:22 ID:Fgms0iky
 >473
  民事か、、ありがとうございます。
 結局は自分がやられて嫌なことは他人にもするなっていう生きていく中で大切な
事をできるだけ実行することがMUSTなのかも知れませんね。
 孔子の論語でしたっけ?それができないのが人間なのかもしれないけど
努力できるのも人間だけっすもんね。子供だけじゃなく大人達(自分も含め)も
こんな簡単なことを心の片隅から無くさないようにもう1回考えなきゃっすね。

476 :実習生さん:2006/11/28(火) 01:13:28 ID:5zNY39Eo
>>474
個別の事情というのが大きく影響している問題だから、画一的な正解が無いという点は同意。
だけれど、原理原則を当て嵌めるべき点だってあるでしょ?
明らかな犯罪を刑事事件として扱うってのその一つ。

掲示板が荒れるのは、まあこの手の話題ではありがちな事。
スルーしなかったのは大人気なかったとは思うけれど、反論しないと自分が正しいと勘違いするからね。
(結局は、反論もせずに餓鬼の喧嘩のような事しか言わなくなったし。
自分に反論してくる人間は全員同一人物だとでも思っていたみたい。
それって完全にパラノイアだっての)

それから、「教育を受ける権利」という子供の権利が阻害される展開は、決して「正解」として
受け入れられませんよ?
加害者側の権利が制限されるのは自業自得ですけれど。

じゃあ、本日はこれで落ちますわ。
例の馬鹿がまた来てもスルーしましょうね〜。

477 :実習生さん:2006/11/28(火) 01:14:13 ID:tlZ8Hqsr
いじめの形態は様々だから、「いじめ」を裁くにしても、中身のカテゴライズとレベル分けが必要な希ガス。
いじめ加害者を全部ひっくるめて「出席停止処分」じゃ、あまりに粗が目立ち杉とオモわれ。
各カテゴリ分けされた中のタイプ別、該当レベルに応じた処分ができれば、もちっと釈然とする気がするのだが...
少なくともカテゴライズすることによっていじめ被害者は、被害事実について、教職員なりに、前向きに相談しやすくなるのではまいか

[いじめ]
 ●可視型
  ■精神虐待型
   TYPE A [Level1][Level2][Level3][Level4]
   TYPE B [Level1][Level2][Level3][Level4]
   TYPE C [Level1][Level2][Level3][Level4]
  ■肉体虐待型
   TYPE A [Level1][Level2][Level3][Level4]
   TYPE B [Level1][Level2][Level3][Level4]
   TYPE C [Level1][Level2][Level3][Level4]
  ■複合型
   TYPE A [Level1][Level2][Level3][Level4]
   TYPE B [Level1][Level2][Level3][Level4]
   TYPE C [Level1][Level2][Level3][Level4]
-----------------------------------------------
 ●不可視型
  ■精神虐待型
  ■肉体虐待型 [同上]
  ■複合型
                        こんな感じで

478 :H:2006/11/28(火) 01:22:08 ID:D1USimp4
こちらには初めて書き込みます。作法に間違いがあったらすみません。

私なりの意見です。
いじめられる側に問題がある、という意見、賛成です。
でも、だからなんなのですか?
問題があったらいじめても良いと言うのですか?
私は違うと思います。
いじめを正当化できる理由なんてないと思います。
たとえその子が性格悪かろうが、前に誰かをいじめていようが、見ていてイライラするような人だろうが、いじめて良い理由になんてなりません。
『いじめ』る行為は決定的に悪い。これは前提だと思います。その上で、この子のこういうところには問題だ、いうなら解るけれど。
いじめてた子は最悪の人間だ、ということではけしてありません。しかし『いじめ』という行為は悪いし最低で、決して許されることではないと思います。

479 :実習生さん:2006/11/28(火) 01:26:09 ID:Fgms0iky
>477
 すげーこれはいい!初めての建設的な意見じゃないっすか?
 精神の問題が入ってくるからかなり難しいとは思うけど
 

480 :実習生さん:2006/11/28(火) 01:28:15 ID:NOAksHd2
>>478

426の意見をどう見る?

481 :実習生さん:2006/11/28(火) 01:35:06 ID:tlZ8Hqsr
>>480
視野がめちゃ狭い人の意見。
いや、めんどくさいからパッと見の感想だが

もし>>426が会社員だとしたら、>>426こそ、周りにどう思われてるのか疑った方が良いよ(^ ^)
と、一瞬思うてしもた。
ま、パッと見だから断言はしないが、漏れの価値観とは違いすぎたので。

482 :前スレ503:2006/11/28(火) 01:37:33 ID:1Xelj8YY
もうクタクタなので休みます。

とその前に 478のHさんの補足

「いじめられる側に問題がある場合もある」がより正確だと思います。

解りやすい例でいえば、成績や恋愛に関連した嫉妬が動機でいじめが
行われる場合は被害者は努力して成績がよかっただけだったり、その
男性と相性がよかったり運がよかっただけだったり。

加害者の暴力行為とその心理状態は最低最悪で唾棄したくなりますが、
加害者にも少しはいいところがあるかもしれないという点は同意。

更正が不可能なぐらい完全にダメダメだったらばどうしたものでしょうね。



加害者が退学、放校(あってる?)になって 新しい学校へ通いだしたとき

 「あいつ、いじめしてたから追い出されたらしいよ」

なんて噂が広がったら辛いでしょうね。 逆風吹きまくりで再チャレンジ
どころではないかも。

しかもその噂の出所がいじめ被害者だったりしたら、やりきれないです。


おやすみなさい(泣)


483 :実習生さん:2006/11/28(火) 01:38:12 ID:tlZ8Hqsr
>>480
Oh!アンカー読み間違えた。>>481は無視してけれ

484 :sage:2006/11/28(火) 01:42:32 ID:FV1x6g8T
自分は兄貴2人が小1・2の時に担任にいじめられてて
それに影響された同級生にもいじめられてた。
「ともだちとあそびに行ってくる!」
って、嬉しそうに急いで出かけた兄貴が、1時間後に
「…だれもこなかった…」
って、無表情で俯いて帰ってきたことが
当時幼稚園だった俺だけど、忘れられない。

485 :実習生さん:2006/11/28(火) 01:48:39 ID:NOAksHd2
俺は>>426の、世の中で使えるのは…ってとこが企業の中で…なら暴論だとは思えないな。
あと、社会が成り立っている…ってとこも企業なら間違ってないと思った。
だからこそ、人格をも変えてしまういじめは、どんな方法を使っても止めさせるべきだと思う。

486 :前スレ503:2006/11/28(火) 01:49:04 ID:1Xelj8YY
あれ? 「問題がある場合」だっけ? 「原因がある場合」だっけ?

よくわからないくらい頭がぼーっとしてるのでねるっす。

487 :実習生さん:2006/11/28(火) 02:02:02 ID:tlZ8Hqsr
>>485
暴論とまでは言わないが、ちょっと浅はかに感じる。
多少根が暗くても、バリバリ頼りにされている人もいるはずでしょ。
だから相対的に言って、狭い範囲の一意見として位置づけるだけに留まる。
断言調が輪をかけて漏れにちょいとばかしの拒絶反応を起こさせるのだな、きっと。

488 :実習生さん:2006/11/28(火) 02:05:22 ID:tlZ8Hqsr
寝るわ

489 :実習生さん:2006/11/28(火) 02:15:49 ID:ou555j+V
>>487
>暴論とまでは言わないが、ちょっと浅はかに感じる。

難しく考えすぎたら見えるものも見えなくなるぞ。
見た目をそのまま模写すればいいんじゃないのか?

>多少根が暗くても、バリバリ頼りにされている人もいるはずでしょ。
だから相対的に言って、狭い範囲の一意見として位置づけるだけに留まる。


それ極論。一般的な事を言っているのにそこに例外を並べたらきりがない。
あくまで一般論を述べているまでだ。
例外ばかり並べると議論の本筋を見失うことになる。


490 :H:2006/11/28(火) 02:17:41 ID:D1USimp4
426のを読みました。
社会は企業だけではないと思いますので…426の意見には私は賛成しかねました。
作家さんは暗い人多いですよ。漫画家や、役者さんとかでも暗い人かなりいますよね。
『暗い』と『陰湿』は違うと思いますよ。
『暗い』性格でも、主張はちゃんとする人なんて沢山いるし、真面目にこつこつやって昇進する人います。
『暗い』性格の人で、自分のことは暗く考えちゃうけど人の悪口は絶対言わない人沢山いますよ。

私は『いじめ』こそ陰湿だと思います。

役に立つ立たないは場合によって変わりますから分からないけれど、とりあえず活発な方でも妬まれていじめられますし、
いじめられてる人って、『1対1』ではかなわないオーラが出てる人(強そうで、リンとしていて、誰かとあまりつるんでいない人)だったりしますよ。
だから集団で陰湿な嫌がらせしたり…
暗いと明るいで分けるのは難しくないですか?
『この人よりは明るいから今はいじめられてないけど、この人がいなくなったら次はあの人』とかなって、おかしくありません?
『皆の前では明るいけど、家に帰ると急に不安になって暗い思考になる人』とか…
何かに対してだけは思考が暗い人とか…


補足して下さった方、私もそう思います。
『場合もある』ということで…言葉が足りずすみません。

491 :あかさたな:2006/11/28(火) 02:44:50 ID:JkEoyVtb
兵庫県の私立滝川高校の高3の藤井祐次と野元啓矢が人の暴言を吐いて目立とうとし、友達を作ろうとしています。
その被害にあうと学年に広まりたいへん迷惑です。 どうしたらいいでしょうか?

492 :実習生さん:2006/11/28(火) 02:47:39 ID:5AzI5hz5
いじめられっ子は立ち直らなければただの欠陥品だ。
空気の様な存在にすぎない。



493 :実習生さん:2006/11/28(火) 03:38:13 ID:vfVPzBix
いじめるほうもいじめられるほうもヒマすぎるんだよな。
たかが学校内の友達間のポジショニングなんぞが生活の中で一番重大事な時点で
まるで王侯貴族の社交界だわ。ヒマとしかいいようがない。

社交界ならそれなりのルールがあるからいいが、先生が教室を支配することができない今、
ヒマなガキが勝手に群れりゃ、人の噂といじめくらいしかやることないだろう。

相手が死ぬまで追い詰めるのも、自分が死ぬまで思い詰めるのも、ヒマだからだ。
一家総出で漁や畑で食ってれば、それどころじゃない。
学校変わってもヒマなイジメられキャラなら同じだろ。
どこの学校にもヒマなイジメキャラがいるんだから。

イジメられキャラは変えられなくても、ヒマ人なのは変えられるんだから、
とりあえず働くなり死ぬ気で学校以外の勉強するなり、
なんかテーマ決めて忙しくすればいいんじゃないかな。学校と別の世界もできるしね。
いじめるほうより忙しくすりゃ自信にもなるし、うまくすりゃキャラも変わるんじゃね。
イジメてるほうもおんなじだ。

先生やいじめっこや社会を怨んで思い詰めたって、何にもならん。
自分より弱いやついじめて気持ちヨガったて、何にもならん。
一人で本でも読んでた方がまだマシ。

494 :実習生さん:2006/11/28(火) 04:20:42 ID:zPtLZAaF
>>490
暗い性格だからそんな仕事にしか就けないわけでしょ。


495 :実習生さん:2006/11/28(火) 05:43:34 ID:zplZdAkf
暗い性格の国会議員とかもいるんだが

496 :実習生さん:2006/11/28(火) 06:36:31 ID:Nms+Pvz6
>>495
おい兄弟。
暗くておどおどしたストーカーとかもいるんだが。

497 :16の284:2006/11/28(火) 06:49:10 ID:0Z/y8a0y
おまいらおはよう

いじめの定義とか類型化とかいう話題が出ているが
Wikipediaの「いじめ」の項目を見れば詳細なものが載せられているので
参考にしたら良いかもね。

ここにWikipediaのことを書いてあっちが荒らされてもイヤなので
あえて言わなかったんだが。

ただし、それはあくまでも「参考」。
Wikipediaに書いてあるから「正しい(あるいは誤っている)」というような
論理の進め方は不毛なので念のため。



498 :実習生さん:2006/11/28(火) 07:42:32 ID:y/osF7R+

いじめの定義とか類型化とかいう話題が出ているが
Wikipediaの「いじめ」の項目を見れば詳細なものが載せられているので
参考にしたら良いかもね。
            ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /

   ∩___∩
   | ノ      ヽ !
  /  ●   ● |   こいつも最高にアホ
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|   / .\
/ __  ヽノ / \ ...\
(___)   /   .│ ..│
            │ │
            /  ヽ
            l..lUUU
            .U
ただし、それはあくまでも「参考」。
Wikipediaに書いてあるから「正しい(あるいは誤っている)」というような
論理の進め方は不毛なので念のため。


499 :前スレ503:2006/11/28(火) 08:44:19 ID:1Xelj8YY
おはやうごぜえます。

みんなケースバイケースという言葉を思い出そうよ。


それから

今の若者たちの間でどういう雰囲気が漂っているかはわからないけれど
まじめだったり、あまり社交的でなかったり、がんばってる奴が嘲笑の
対象だというならば、社会が荒れていくのはあたりまえのような気がし
ます。

本当に寂しいです。



500 :実習生さん:2006/11/28(火) 08:54:49 ID:Mxmkjc6U
おはようございます
 
今日朝みんなに変なプリント配られたよ
よくみたら文部科学大臣からの手紙だった。

いますぐ いじめをやめよう 
だって。
なんかおかしくなってるよなぁ日本。こんなプリント配っていじめがなくなるはずないだろう

501 :実習生さん:2006/11/28(火) 09:03:02 ID:J/pQf7m0
いじめられっ子だった四半世紀前の自分へ
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20061122/114276/

自分自身、ロッカーに閉じ込められて牛乳をかけられるといった
程度の(だけど若い心にはとても苦しい)いじめにあってもいました。

ぼくは、四半世紀前の自分に(今を苦しんでいる子どもたちに)、
適切な言葉をかけられないでいます。

502 :実習生さん:2006/11/28(火) 09:09:53 ID:r8BFfZ/H
>>494-496
暗いからいじめられるって事もイメージ優先の妄想だよ。
中には該当する事も有るかもしれないが、
>>454が言うように、ノリでやってる。
いじめを正当化するための理由付けは、後から付いてくるもの。
三輪中の教師が言った、名言「からかいやすかった」暗いとは言っていないし、彼は暗くなかった。


503 :実習生さん:2006/11/28(火) 10:21:51 ID:/+joxlHy
北本市中1自殺:学校側「遺書でなく手紙ととらえるよう遺族が強く要望した」 遺族否定
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1164676240/

遺族の訴え届かず 北本市中1自殺
http://www.chunichi.co.jp/00/stm/20061128/lcl_____stm_____001.shtml

昨年十月に北本市立北本中学一年の女子生徒=当時(12)=が飛び降り自殺し、
遺族が「いじめが原因だった」と市教委などに調査するよう訴えている問題で、
県教育局が今月中旬まで遺族の訴えを把握していなかったことが二十七日、分かった。
県教育局生徒指導室によると、市教委から昨年十二月末、自殺原因を「不明」などとする
報告書の提出を受けたが、遺族が「いじめ」の有無を調査するよう訴えていることは書かれていなかった。

女子生徒は「クラスの一部」とのトラブルを示唆する文書を残していたが、
学校側は同室に「遺書でなく手紙ととらえるよう遺族が強く要望している」と伝えていたという。
遺族は「自殺の翌日から、学校などに、いじめがあったか調べてほしいと働きかけてきた。
『遺書でなく手紙』だなんて言うわけがない」としている。


504 :実習生さん:2006/11/28(火) 11:02:09 ID:NOAksHd2
いじめられるから暗くなるんだろ
本末転倒だな

505 :実習生さん:2006/11/28(火) 12:59:24 ID:eRaDwnoC
>>502
日頃から行いが悪い(鈍くさい等)→いじめの対象になる→暗くなる

元々は本人が原因であることは明らか。
だからまず自分自身を見つめ直してそこを治していくしかいじめの対象から外れることは出来ない。
自分を見つめ直そうとせず、欠点を直す努力を怠っておきながらいじめられたと言うだけでいじめっ子や教師等他人のせいにするのは間違いである。
もし、いじめられっ子である子がまともであったらだれもいじめたりしない。
火のないところに煙なし、自らが原因であることを悟るべきだ。

506 :実習生さん:2006/11/28(火) 13:04:43 ID:r8BFfZ/H
>>505
暗くて強い奴と、明るいが弱ッチー奴。
どちらをいじめる?

507 :実習生さん:2006/11/28(火) 15:26:45 ID:Pj5zJpey
>>505
いじめられっこを庇っていじめられた奴の場合

いじめられっこを庇った が 欠点 なのか?

508 :実習生さん:2006/11/28(火) 15:27:23 ID:NOAksHd2
どっちもやらんな
それぐらいは理解しろな

509 :実習生さん:2006/11/28(火) 15:41:50 ID:h1lV/dwF
>>505
人間、さして理由が無くても、残虐になるぞ。
それこそ思い付きでも。
人間集めてくじでいじめる側といじめられる側とに振り分けていじめ
を再現する実験してみれば、いとも簡単に再現出来ると思うね。

510 :実習生さん:2006/11/28(火) 15:42:37 ID:r8BFfZ/H
>>505
女子生徒でセックスさせないからいじめられたとしたら、セックスさせない事も欠点になるの?
万引きやろうぜって誘われて、断っていじめられたら、万引き断る事が欠点?

511 :実習生さん:2006/11/28(火) 15:42:57 ID:NOAksHd2
日頃から行いが悪い = どんくさい
こんな論法をマジレスするバカ

512 :実習生さん:2006/11/28(火) 15:46:50 ID:h1lV/dwF
>>511
お説ごもっともでございます。ついマジレスしちゃいました

513 :実習生さん:2006/11/28(火) 15:53:09 ID:NOAksHd2
ただいじめられる側にも要因があるのは納得だが

514 :実習生さん:2006/11/28(火) 16:09:29 ID:r8BFfZ/H
>>513
何がよ。

515 :実習生さん:2006/11/28(火) 16:26:22 ID:5zNY39Eo
eRaDwnoC は例の馬鹿だろ。スルーしておきなって。

516 :実習生さん:2006/11/28(火) 16:36:01 ID:eRaDwnoC
>>509
集団の中で何か鈍くさい奴だとか変わり者だとかボケッとしている奴だとか変に目立つ奴がいじめのターゲットになりやすいだろう。
逆に何らかの形で威嚇が出来ている奴はたとえ小柄でケンカが弱そうでもターゲットになりにくいね。

こういうことは実験しなくても(学校が実験場になっている)傾向としてあるだろう。

517 :実習生さん:2006/11/28(火) 16:38:01 ID:mgAQJint
>>516
それを全体主義の定理って言うんだよ。
個性をなくすことが教育か?

518 :実習生さん:2006/11/28(火) 16:45:42 ID:5zNY39Eo
eRaDwnoC の主張は既に全部論破済み。それに対する反論は無し。
議論で敗北した事が認められないのか、それとも理解できないのか、
おそらくは後者だと思うが、それで荒らし行為を続けているだけ。

519 :実習生さん:2006/11/28(火) 16:51:00 ID:eRaDwnoC
>>517
>それを全体主義の定理って言うんだよ。 
個性をなくすことが教育か? 


個ばかり尊重して集団をおろそかにする事自体間違っている。 
学校では集団行動を学ぶところでもある。 
学校内での集団行動が駄目な奴は社会に出ても同じように集団行動が出来ない。 
社会へ出て集団行動が出来ないとほぼ使えない。 
現実から逃げずに直視すればよく分かることだ 

520 :H:2006/11/28(火) 16:52:37 ID:D1USimp4
いじめられる子の傾向とかは、そういう場合もあるだろうけど、だからっていじめて良いのでしょうか?
あと、『いじめ』るって日頃の悪い行いですよね。

そんな職業とかさっきありましたが、私は芸術方面にも暗い人は多いし、企業でも昇進してるし、明るい暗いだけで決められないのでは?と言いたかったんです。
ものかきで激しい人沢山いますよね。それと同じくらい暗い人いますよ、と…企業もおなじで…。

いじめっこに、強い子が『やめなよ』と言った翌日からいじめが始まるなんてよくありますよね。強い子でも、40対1で何年も嫌がらせされたら弱りますよ。それこそもとは明るくても暗くなります。(私の見た例です、違う人も勿論いると思います。)

521 :実習生さん:2006/11/28(火) 16:55:00 ID:SfCwFlc9
おい、ここ読んでてイジメで自殺決意した人!
いじめられて苦しかったらさっさと転校しろ!!!!!!!!!!
自殺するくらいなら復讐しろ!

同じ死ぬにしても、絶対に家でひっそり死んだりするな!
無駄死にだ

死ぬならクラスメイト全員が見てる前で死ね
そっちの方が犯人含めてクラスメイト全員の心に傷を残せる

522 :実習生さん:2006/11/28(火) 16:55:01 ID:5zNY39Eo
そもそも、明るい、暗いの定義って何よ?


523 :H:2006/11/28(火) 17:05:47 ID:D1USimp4
明るい暗いとか、比べる言葉ですよね。人によって見方変わるし…
だから、暗いからっていうのは変ですよね。隣のクラス行けば明るい人でも、このクラスでは一番暗いからいじめられる…とか…

私は暗いことって別に悪くはないと思うのだけど…

524 :実習生さん:2006/11/28(火) 17:11:14 ID:eRaDwnoC
>>520
>そんな職業とかさっきありましたが、私は芸術方面にも暗い人は多いし、企業でも昇進してるし、明るい暗いだけで決められないのでは?と言いたかったんです。 
ものかきで激しい人沢山いますよね。それと同じくらい暗い人いますよ、と…企業もおなじで…。 


それはごく一握りの例外に過ぎない。
暗い人すべてが芸術家や夢物語の様に特殊な職に就けるかといえば決してそんなことはない。
普通は平凡な人生を送るのが大勢、だから一般企業に行く人が大勢を占めるわけだから実情を考えたら特殊な職業を持ちだしてもそれは全く参考にならない。
暗い人でも長いこと同じ会社に勤めたら他に人材がいなければ管理職に昇格できる場合もあるだろうが普通は人をまとめる立場だと
暗い人より明るい人が選ばれるにきまっている。
悪いが現実問題として暗い人は皆に嫌われる。窓際族になる可能性大だ。

525 :実習生さん:2006/11/28(火) 17:15:00 ID:SfCwFlc9
いじめはいじめた方が100%悪い
心に余裕がないから他人をいじめてストレスを解消してる
傍観者も心が弱いから傍観している、同罪だ

いじめられて苦しくて自殺するくらいなら復讐しろって!!
峰打ちは暗黙の了解だ
江戸時代までは自分の両親・妻子・姉弟が殺されたら、
相手の犯人を殺害することは合法だった。
現代では峰打ちは認められてはいないが、
犯人を殺害して刑事裁判になっても、情状酌量の余地があると判断されて、
一人殺害までなら懲役7年程度
自殺するよりマシだ
刑務所は模範囚であれば減刑されるし、少年法の範疇なら実質的な量刑はもっと軽くなる

復讐できない人は両親と相談してさっさと転校しろ!
子供を守ってあげられないバカ親はいっぺん死んでこい

耐えられる人はその苦痛をしっかり覚えておけ
大人になってから復讐しろ
いじめっ子が恐いなら、いじめっ子の子供を潰してしまえ
目には目を歯には歯をだ

526 :実習生さん:2006/11/28(火) 17:15:15 ID:60khKqQN
348: 2006/11/28 15:44:05 Un1xuxxh [sage]
よく「幸せになる事」「立ち直る事」が復讐、て言う人。
今現在いじめられ真っ最中じゃなくて、過去の話、何年も前の話の人にとっては、
まったく意味がない事に気付いて下さい。
何故なら奴らは、いじめた事すら自覚なかったり、忘れてたりするんですから。
だから、随分前、イジメられたくやしさを復讐の糧にして、計画をたて、
有名大学の理数系に進学して、薬関係の仕事について(ここまでエリートコースまっしぐら)劇薬を扱えるようになり、
そこで学生時代、自分をいじめていたクラスの同窓会を企画して、
劇薬入のビールを飲ませようとした事件とかおこるんですよ。
いじめた側は、何も考えずにホイホイ集まってきた。
いじめた自覚があったら、何であいつが同窓会の幹事なんてやるんだ?て疑うはず。
違う?
瓶ビールの蓋がおかしいのに気付いた会場の飲食店店員が110番して、未遂に終わったけど、
動機を知らされた元クラスメート全員が
「なんで?」「どうしてこんな事に巻き込まれなきゃいけないの?」「恐い!」
…それ、全部あんた達がいじめてた時、いじめられてた子が心の中で叫んだ言葉と同じだと思うけど。
後30分もあれば余裕で成功したのに。
自分の事みたいにくやしかった。
要するに。
いじめた人達に、あなた達のした事が、どの位ひどい事なのか、ちゃんと自覚してもらわないと、
その後のいじめられてた人間が、どんなに変わろうと意味ないんです

527 :実習生さん:2006/11/28(火) 19:03:03 ID:KxXwn+h8
知識のなさ常識なさ別にして暗い、明るいでは人の人生は決まりませんしそれによって、虐める必要もない!
協調性は、自分の必要ようだと思った時に合わせるのであって人に強要される物ではないしそれによって虐められる必要もない
簡頭な整理→虐められる人=理由がある虐める人=理由は多種多様だが、その虐め被害者が嫌いだからであると思う

しかし虐め被害者は加害者に対して何もしていない場合が多い
虐め被害者が何等かの行動見栄えが悪いから面白いと言った理由で虐めるケースがある。
虐めは小学生〜高校生にかけて特に男子の虐め率が多い

528 :実習生さん:2006/11/28(火) 19:07:45 ID:KxXwn+h8
>>527
訂正・「よう」はいらない
訂正・小学生〜中学生の男子の虐め率が高い

529 :実習生さん:2006/11/28(火) 19:16:04 ID:uCFxzx16
呪名:因果応報

この呪いにかかると他人に与えた痛みがそっくりそのまま自分に返って来る。
肉体の箇所では無く脳に直接同じ痛み伝わる為、肉体の強弱に関係なく同じ痛みを味わう
なお精神的に痛みを与えてもその悲しみや苦しみといったストレスは全て加害者に返って来る
そして他人が傷つけられる所を見てみぬフリをした者にも同じ痛みが走る。
間接的に第三者に命じて傷つけさせた場合は命令しやらせた人数分×相手の痛みが返って来る
兵器の類などを使った大量殺人は命じた本人、実行犯、兵器の開発に関わった全ての人間に痛みが変える

これなら誰も傷つけず、傷つけられず、痛みも無く、他人を助け、他人に助けられ、相手を慈しむ最高の世界ができる。





↑ってのを今日の授業中に教師に話したら「素晴らしいけど悲しい世界じゃない?」だとさ、
やっぱ教師なんて程度の低い頭しかもってねーな


530 :実習生さん:2006/11/28(火) 19:28:57 ID:NOAksHd2
>>524
おまえ説明が悪いな
確率の問題だって書けばいいんだ
おまえの言いたい事は、よく分かる
ただ、だからそうなってしまう要因としていじめがあるから何とかすべきなんじゃないのか?
何ともならないって思うなら、いちいち書き込みすんなよ
意味ねーだろ?

531 :実習生さん:2006/11/28(火) 19:43:16 ID:aaKVdwsW
バカだね、オマエら。
いじめられる側にも欠点がある?
そういう発言が、やる側に正当性をあたえているって何故わからんのだよ。
結局は、限定付きでいじめも可、と解釈されてしまうよ。
言質を取ったみたいな感じで、またやる側が調子付く。

だいたいさあ、最近の新聞のコラム見立ていてもハラ立つけど、
自殺するのはよくないぞ、なんて、やられた側にメッセージを発信しているけど、
なんか無責任じゃねえか。
自殺するほど追い詰められている状況を変えてやるわけでもねえのに、死ぬななんて安直でバカすぎる。
単に、自殺とか、そういう荒んだ報道とか見たり聞いたり騒いだりするのがやなんじゃねえか。
まずは、やる側にメッセージ送るのが普通じゃねえ?
「そんな卑怯なことはやめろ」ってな。

順番を取り違えるな。
まずは加害者を責めるのが先だろ。あきらかな刑事事件相当の現象なんだから。

532 :実習生さん:2006/11/28(火) 19:46:24 ID:aaKVdwsW
暴力による制裁が必要なほどの、罪や欠点があるなら、
それこそ、いじめる側を、警察につきだすなり、訴えるなりしてみろよ。
何ら自分たちの行為に法的にも倫理的にも正当性がないから、
いじめって行為を選択しているわけだろうが。

やられる側にも欠点があるという発言は、発言者の意思がどうあれ、
やる側に正当性をあたえることになる。
マジで控えろ。いじめを止めたいと思うなら、マジで控えろ。

533 :実習生さん:2006/11/28(火) 19:46:33 ID:1jdWYa4Y
>>530
524は貴方と因果関係の捉え方が全く逆であり、
いじめられる方がいじめる側の要求に合わせるべきだという主張を繰り返しているんだけど?
まあ、既に何度も論破して反論は全くありませんがw

534 :実習生さん:2006/11/28(火) 19:49:27 ID:h1lV/dwF
>>516
威嚇出来ればいじめられる確率減るとは、とんだお花畑だこと。
まあ、いかなる理由があろうとい じ め は 私 刑 で あ る
から正当化などはできんな。

535 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:05:32 ID:NOAksHd2
>>531
おまえらバカだねって言われる程の事は言ってないつもりだが。
人と意見が違う事に対してバカと言い切るおまえにとやかく言われたくないな
人それぞれに考え方がある
逆におまえが全て正しいかのような発言や、上から物言う姿勢にむしろ俺は浅はかさを感じるがな

536 :前スレ504:2006/11/28(火) 20:10:54 ID:ik5IMu6l
<いじめ>同級生から洋菓子を脅し取る 中3の2人逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061128-00000016-mai-soci

俺は基本的にはいじめられっ子を擁護してきたが、こういう記事を読むと、
いじめが無くならない最大の原因は、いじめられっ子の親にあると感じる。

>被害に遭った男子の母親がケーキの領収書を見つけ、

母親は、ケーキの領収書を見つけるまでいじめの事実に気が付かないのも不思議。
毎日寝食を共にしていても、いじめられている兆候に気が付かないのか?

>不審に思って学校に相談。
>学校が2人を含む同級生数人に事情を聞いたが、いずれも事実を否定したという。

現在の法律・制度では、学校がいじめっ子に対して強権を発動できない。
いじめっ子が事実を否定した場合、警察のように自白を迫るよう尋問することはできない。
学校の担任は、呼べば助けに来るウルトラマンではない。
母親は学校に一任するだけの無責任さ。

537 :前スレ504:2006/11/28(火) 20:11:31 ID:ik5IMu6l

>男子は「学校は冷たい。死にたい」などと担任の教諭に電話をかけて家出。

母親は学校に相談する以上のことは何もせず、息子を自殺直前まで追い詰めた。

>男子から相談された知人の男性(75)が津署に通報した。

何で母親からの通報じゃないの?この知人が通報してくれなかったら、
息子は本当に自殺していたかもしれない。

>男子生徒は頼んだら何でもやってくれるという情報が担任教諭に寄せられるなど

法律的に見た場合、ものごとを頼まれて、拒否をする意思表示をしない場合、
同意したものとみなされる。
これでは法律上の不法行為にもならず、ただのお人好しの生徒としかみなされない。
母親の子供に対してのしつけに問題があると言わざるを得ない。

538 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:29:52 ID:8bRcob62
今日 学校から イジメをやめて欲しいって 書いてある手紙を子供が貰ってきた


『文部○○○○からのお願い』と

はっ?!綺麗事並べて 子供のイジメがなくなるとでも?!イジメをする子がこれを見てやめるとでも?!

イジメ問題はコピーした手紙なんかで 治まると思ってるの?!
そんなに簡単な問題ぢゃないっ!!

中途半端な事しないでくれる?本当に真剣にイジメ問題を考えてるのかな? もっと やるべき事があるはずでは?

イジメられた子が転校をするのではなく
イジメた子を転校させるべきだ

539 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:30:25 ID:eRaDwnoC
>>530
>ただ、だからそうなってしまう要因としていじめがあるから何とかすべきなんじゃないのか? 


なんとかすべきだとと言っておきながらいじめだと言い始めてどれだけの年月がたっているのか?
解決なんて他力本願で出来るわけないんだよ。
自分で解決しないといつまでたっても同じだ。
そんなこともわからないのか?

540 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:32:26 ID:eRaDwnoC
>>533
>まあ、既に何度も論破して反論は全くありませんがw 


知らぬ間に勝手に勝利宣言やってるな。
ちょっとキ○ガイが多いのかなここのスレは。


541 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:33:37 ID:eRaDwnoC
>>534
>威嚇出来ればいじめられる確率減るとは、とんだお花畑だこと。 


・・え!?何で??

542 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:33:38 ID:NOAksHd2
いじめが悪い
そんな事は当たり前だ
いじめを考える上で最も重要で、最も厄介な問題は、いじめる側の子供の人権だな

543 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:39:22 ID:h1lV/dwF
>>541
スタンフォード監獄実験でググれ。
そうすると、くじを引き当てた程度で人間がいかに変わるかよく解る。

544 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:41:24 ID:8bRcob62
>>541 あなた もう少し イジメの悲惨さを考えたほうがいい

死んでしまう程に辛いんだよ

545 :前スレ504:2006/11/28(火) 20:46:05 ID:ik5IMu6l
ID:eRaDwnoC はただの構って君だということに早く気付け。
それに対してムキなって反論する奴は、ID:eRaDwnoC と
頭のレベルが変わらないということだ。
レスが多くなれば、すぐに1000に達してしまい、マジレスが
見られなくなってしまう。

546 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:48:04 ID:NOAksHd2
>>539
俺は前レス者に対して説明するために書いた
流れを読めないのかな
悪いな、俺は揚げ足とりは嫌いだ
おまえとは議論できない
断っておくが悪気はないから

547 :実習生さん:2006/11/28(火) 20:48:51 ID:5b4rVY2u
凄惨なイジメなら親なり周囲の人間が気づいて学校行かせないなり
なんなりすればいいのに。

いじめられてる子供に「なんで回りに相談しないんだよ」は暴論だと思うけど
そこまで酷いいじめを受けているなら、普通の親なら気づくべきだと思うんだが。

548 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:03:03 ID:k7oMXKxO
>>547
>いじめられてる子供に「なんで回りに相談しないんだよ」は暴論だと思うけど
>そこまで酷いいじめを受けているなら、普通の親なら気づくべきだと思うんだが。
さらに、悪化する事を恐れてるんじゃないか?
教師なんて上っ面だけでいじめをやってる連中をしかるだけ。
教師がいなくなったとたん、ゴラ〜チクッタな〜と前にもまして地獄の日々がやってくる。
三輪中がそうだったんじゃないの?

549 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:04:07 ID:1jdWYa4Y
>>546
eRaDwnoC 相手に議論が成り立つことは有り得ないって。
論拠は全て個人的体験か妄想。論理の欠点を指摘しても反論しないで、
電波書き込みを続けるだけ。
レスを無駄に消費しないためにも、徹底スルー奨励。

>>547
経済的事情などで家族で話し合う時間がかなり減少しているし、
子供は隠そうとするものだから、親を責めるのもどうかと思う。

550 :前スレ504:2006/11/28(火) 21:09:38 ID:ik5IMu6l
>>538
>イジメられた子が転校をするのではなく イジメた子を転校させるべきだ

阿部内閣総理大臣直属の、教育再生会議で、そのような方法も検討されている。
しかし、日本は民主主義国家だから、多くの人の意見を聞いてからでないと実行できない。

>中途半端な事しないでくれる?本当に真剣にイジメ問題を考えてるのかな? もっと やるべき事があるはずでは?

文部科学省は、一つの役所に過ぎないから、現在定められている法律や制度に基づくことしか
やることができない。法律や制度にないことを勝手にやったら、民主主義国家が崩壊してしまう。
現在の法律や制度でやれる範囲では、精一杯のことをやってくれているんじゃないかな?

551 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:09:52 ID:k7oMXKxO
>>547
>いじめられてる子供に「なんで回りに相談しないんだよ」は暴論だと思うけど
>そこまで酷いいじめを受けているなら、普通の親なら気づくべきだと思うんだが。
親が気づいたとして、担任に相談したら、貴方のお子さんにも問題が有るって言われて、すごすご帰ってくるのが精一杯。
親は、逆にいじめられた子供を責め、いじめをチクッタ事が発覚し地獄の日々。

552 :前スレ504:2006/11/28(火) 21:17:23 ID:ik5IMu6l
>>548
>教師なんて上っ面だけでいじめをやってる連中をしかるだけ。

だったら教師は何をすればいい?
相手の親に言っても、「うちの子はそんなことする子じゃありません!
証拠でもあるんですか?」と言われるだけ。
教師の独断で警察を呼ぶこともできない。
教師がいじめっ子に体罰を与えたら、教師はクビ。
他に何ができる?
教師はウルトラマンじゃないんだよ。

553 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:24:37 ID:k7oMXKxO
>>552
>だったら教師は何をすればいい?
>相手の親に言っても、「うちの子はそんなことする子じゃありません!
>証拠でもあるんですか?」と言われるだけ。
>教師の独断で警察を呼ぶこともできない。
>教師がいじめっ子に体罰を与えたら、教師はクビ。
>他に何ができる?
>教師はウルトラマンじゃないんだよ。
だから、いじめ問題が深刻化するんだけどね。
自分が出来ないのだったら、出来る人間に委ねるべき。

554 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:25:49 ID:5b4rVY2u
昨日もどっかでイジメについてのスレで見てて思ったんだけど。

いじめられてて、自殺を考えるような子供は
「そこまで辛かったら逃げてもいい。家は確実に安全な場所だ」
ということを知らされていないのが問題だと思う。
家まで押しかけてきたら警察に電話すればいいだけだし。

問答無用に「やられたらやりかえせ」の根性論とかで学校へ行かせる親だったら
もっと別の行動が必要だと思うけど。

気づかないのは100%親の責任とは言わないけど、気づいても何もしないのは親じゃない。
一言上記の言葉を伝えるだけで、自殺と言う最悪の状況だけは避けられるはず。

555 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:27:37 ID:sJ3/vUB1
>>551
教委に相談する。それでもだめなら弁護士等の
専門家に相談する。
専門家を通して学校に相談する方法をとると、暖簾にうで押しを防げる。



556 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:31:04 ID:k7oMXKxO
>>555
まあ、法に訴えるしかないでしょうね。
教師には任せられないよ。
そこまで、親に行動力があるかどうかだろうけど。

557 :前スレ504:2006/11/28(火) 21:32:51 ID:ik5IMu6l
ウィキペディア(Wikipedia)からコピー(一部加筆)
刑法犯罪

# 殺人罪:傷害致死や自殺教唆に思われるものでも、「未必の故意」による殺人罪として立件されることもある。
# 自殺教唆罪:自殺を促す(とびおりろ、など)。
# 暴行罪・傷害罪:殴る、蹴る、刺す、縛る、煙草をからだに押し付ける。
# 脅迫罪:言葉や態度で脅す。ナイフで刺すふりをする・ナイフを見せる。
# 強要罪:性行為(自慰、売春など)の強要、常々いじめられる者同士を喧嘩させる、使い走り(俗に言う「パシリ」)。
# 恐喝罪・強盗罪:暴行や脅迫による金銭・物品の要求や強奪。
# 強姦罪・強制わいせつ罪: 着衣を剥奪する・脱衣を強要する、性器を露出させる・それらへのいたずらや攻撃。
# 名誉毀損罪・侮辱罪:盗撮、中傷。中傷ビラの頒布。
# 器物損壊罪:被害者の所持品に落書きする・隠す・捨てる・壊す。
# 窃盗罪:被害者の所持品を盗む。

上記の迷惑行為を受けた場合、緊急な場合は110番。
後日に警察署へ申し出る場合は、証拠がある方が良い。
各地の警察署は、各県警HPを参照。
具体的に、いつ、誰に、何をされたのかをハッキリと申し出ること。
ただ「いじめられた」と言うだけではダメ。

上記に当てはまらない、
上記以外の言葉の暴力、仲間はずれ、無視(シカト)、侮辱、冷笑、陰謀をめぐらすこと、教師や上司に事実ではない不利な虚偽報告をするなどの人権侵害
それ以外でも、相手から何かをされて、相手に「止めて下さい」と申し出て止めなければ、民法の不法行為になる。

上記の迷惑行為は刑事事件には該当しないので、裁判所民事部に
申し出て、加害者に対し、民事裁判を提訴して、慰謝料を請求する。
加害者に、「いじめはもうやりません」と宣誓させることもできる。
ただし、証拠の収集は原告(訴えを起こす人)が全て行う。
各地の裁判所は、裁判所HPを参照。弁護士と相談するのがベター。
弁護士の着手金を支払う余裕のない人は、法律扶助制度の利用を。

558 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:35:25 ID:XeYJyK8v
丸子実業高校 いじめ 自殺事件
 http://blog.livedoor.jp/yutatakayama/

丸子実業高校は母親までイジメ殺すつもり?
 http://rocky-dog.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_13b0.html

559 :前スレ504:2006/11/28(火) 21:37:21 ID:ik5IMu6l
>>553
>自分が出来ないのだったら、出来る人間に委ねるべき。

出来る人間って誰?
警察?裁判所?
何度もガイシュツだが、
民事の触法事件は被害者自身(または保護者)の告訴が必要。
民事裁判も、被害者自身(または保護者)の提訴がが必要。
学校の教師の出る幕じゃないんだよ。

560 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:39:21 ID:ZB6ffXER
だから世の中やられ損の構造は変わらないんだよ。

仮に誰かから殴られたとしよう。
痛い思いはするわ、治療費だってふんだくれるか分からない。
そもそも取り合ってくれる化すら定かでない。
それなら殴り返したとしよう。
そうすると喧嘩だから両成敗、逆に過剰防衛になるかも。
何にせよ得になることはほとんどない。

いじめにして、もいじめにあったらそれだけで無条件にやられ損。
だから、どうやってやられたことに対して補填、保障するか、
そんな発想では、誰も救われないと思う。
いかに損を少なくするか、いかにやられないようにするか、
そう言った考えで当たるべきじゃないかね。
少なくとも、個人レベルで考えるならこうだと思う。
法の介入をいくら言っても、所詮は自分以外を頼っていることには変わらない。
逆にそれをアテにしすぎる方が危険だ。
スカされたらもう打つ手を思いつくこともできないだろうから。
まずは自分でできることから、自分を頼るそう言った発想から始めないと。

まあ、反論はあると思うがやられ損であることは変わらない。
やったモン勝ちなのよ、悲しいけどね。
だからやろうと思わせない、やらせないことが第一。
やられたら速攻で何がダメージが少なくて何をすべきか、これが第二。
誰かに何とかしてもらう、と言う考えはアウト。

561 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:42:09 ID:5b4rVY2u
いじめられる環境にいなければいいだけ。
不登校になっても、家で勉強すればいいだけって極論?

562 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:42:28 ID:k7oMXKxO
>>559

>学校の教師の出る幕じゃないんだよ。
だったら、教師は私には何も出来ないって、正直に言うべきだね。
そうすれば、他の対策を家族で考えるだろう。

563 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:43:59 ID:k+IyYoS6
>>559
高校だと、いじめた生徒を謹慎、停学処分等できる。
義務教育でも、学校教育法によっていじめた生徒を出席停止にできる。
但し、義務教育ではその事例はないだろうね。高校では普通にある。
これだと学校の教師もできる。

564 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:47:25 ID:k+IyYoS6
>それなら殴り返したとしよう。
>そうすると喧嘩だから両成敗、逆に過剰防衛になるかも。

過剰防衛は稀なケース
自分を守るためなら、正当防衛になる。
だから、殴られたら、殴って逃げればいい。
それでも追いかけてきたら、交番へ行く。


565 :16の284:2006/11/28(火) 21:47:42 ID:zXW7CjST
おまいらこんばんわ

>>560
「未然に防ぐこと、被害を最小限にとどめることが大事」
という主張は理解できる。
ただ、それは「実際に深刻な被害に遭ってしまった場合」
の対策を考えることと、別に矛盾することではないよね。
両方とも検討すれば良いと思うが。

566 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:53:02 ID:ZB6ffXER
>>564
その前に殴られそうなことはしない、
殴るのをはばかられるような立場になる、
にゃーん、ラブリーすぎて殴れないー
等々殴られないようにすべき。

いじめも同様。
>564はそれでも殴られてしまった場合の話。

567 :前スレ504:2006/11/28(火) 21:54:26 ID:ik5IMu6l
>>562
>だったら、教師は私には何も出来ないって、正直に言うべきだね。
>そうすれば、他の対策を家族で考えるだろう。

建て前と現実って分かる?
建て前上は、学校側にいじめ問題を解決する責任がある。
現実は、しかる以上のことは何もできない=事実上解決できない。
建て前上責任があるわけだから、「何も出来ない」とは言えない。
教師だって辛いんだよ。

568 :実習生さん:2006/11/28(火) 21:59:12 ID:ZB6ffXER
>>565
深刻な被害に遭ってしまっても同様、それ以上被害を受けないことを考える。

まあ、いじめる側をどうこうしようと言うのも方法の1つだけど
それはお互いダメージを受けつつ、いじめる側がやってられない
と思うだけのダメージを与えることな訳で、
そこまで打たれることを享受できるならそれもアリ。

ついでに逆境を耐え抜いてダメージにならないくらいに
自分を強くすると言うのもありますが、万人向けじゃないし
そんな根性入ってるならそもそもいじめられない気が。

でも、個人的には逃げることを進めますよ。

569 :16の284:2006/11/28(火) 22:00:19 ID:zXW7CjST
>>563
いじめた生徒を「転校」「出席停止」などの案が
マスメディアで流れているが、余り期待できるとは思われない。

学校という行政組織が「転校」「出席停止」などの
当事者の意に反する措置を行う場合には
一般的には非常に厳密な「地固め」が必要となると思われる。

例えば、いじめの問題であれば
【1】いじめの実情を、明々白々に立証できるほどまでに証拠収集し
【2】加害者に対していじめ行為をやめるよう再三にわたって指導、勧告し
【3】それでも状況の改善が見られず
【4】他の解決策を採る事が困難と考えられる
というような場合にのみ
冒頭のような措置が採られるようになるのではないかと思う。

それは何も「お役所仕事だから」ではなく
「いじめの事実を決してを誤認してはならない」という要請と
「当事者から告訴された場合の訴訟維持の可能性」という要請などから。

だから「転校」や「出席停止」が制度として実施されたとしても
実際にその「切り札」が行使されるのは限られたケースになると考えられる。

570 :16の284:2006/11/28(火) 22:06:21 ID:zXW7CjST
>>568
逃げることには賛成。
あとは被害者が「逃げる」ことに踏み切れるか、なんだが。

571 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:13:22 ID:NOAksHd2
いじめ問題は、教師の権力の低下も大きい原因だ。
教師頑張れ!

572 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:16:21 ID:ZB6ffXER
>>570
だから>560でも言ってる。

>まずは自分でできることから、自分を頼るそう言った発想から始めないと。

まわりで支援する体制を整備してやることは大事だよ。
でも、その体制も助けてくれ、と手を伸ばしてくれないと何もできない。
逆に勝手に助けるような体制は、世の中に歪みを生むと思う。
考えてみてよ、あいつはいじめで苦しんでるから介入〜、
なんて支援体制側の勝手な判断がまかり通ることは、
特定個人の主観を振り回すことを認めることだぞ。
それぞれ個人を等しく扱うのであれば許してはいけないことだ。
だからまず、個人で行動を起こせるような発想を持つこと、それが大事。
逆にそこを置き去りにしてどうこう言うのは何だかなー、って感じ。


573 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:20:50 ID:k7oMXKxO
>>572
無理なんじゃないの?
いくら、被害者が騒ごうと。
校内でおこった事は、隠蔽されるんじゃないの?
>>567も無理だと言っているし。
建前だけでしか、教師は動かないのだから。

574 :H:2006/11/28(火) 22:23:49 ID:f8DZFGJ7
話が違かったらすいません。

『いじめられる側にも問題がある場合もある』というのは、私は当たり前だと思います。
何故かと言うと、完璧な人間なんていないと思うからです。
だから、例え問題があったとしても、いじめて良い理由にはならないと思います。
私が過去にいじめられたきっかけは、
10対1くらいでいじめられてる友達をかばったことです。
それから『ウザイ』『きもい』と、いじめになりました。
自分の言うことをきかないからウザイ、というようなことでした。

皆が皆自分にとって都合の良い性格なわけありません。
自分が気に入らないからっていじめるのはおかしいと思います。
それはただの幼稚なわがままです。
嫌がらせはする方が悪いです。嫌がらせし返さなかった方が悪い、とはならないと思います。
いじめられてる人、弱すぎ、とかよく聴きますが、
今いじめている人が、翌日から同じ目にあったら、すごく辛くて弱っちゃうと思いますよ。

いじめって陰湿なの多いですから、証拠とかがないので、
私の場合教師に相談してもとりあってくれませんでした。
いじめがあるってこと自体を認めたくないみたいで、
うちのクラスにはないですよ〜、今度話しておきますから、ね?みたいな…
それで『お前ら、ストレス溜まってて、口調が激しくなったりする気持ちは分かるけど、あんまやんなよ〜』
とか変な風に言ったらしくて、結局いじめエスカレートするし…

出席停止と言っても、『証拠もないのに』とか『うちの子がするわけない、相手のウソだ』とかなったらどうするんでしょう…
先生の前では優等生だったりしますから…
うちは親も信じてくれませんでしたので、本当死ぬかと思いましたよ。


575 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:30:09 ID:WM0UtjeI
>>574
「いじめられる側にも問題がある」という発言が、いじめ肯定の意味を含んでいる事を理解し給え。


576 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:30:11 ID:NOAksHd2
教師の皆さん
今こそいじめる側を体罰しましょう
そして問題となったら隠れずこう言ってください
自殺者が出るよりはましです…と
今の世論ならあなたを支持するでしょう


577 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:34:31 ID:y5AOrIMf
>>569
高校は結構動き早いよ。
早く動かないといじめられっこが欠席しつづけて
留年、退学となるから。
少なくても加害者に対していじめ行為をやめるよう
再三にわたって指導、勧告するというような気の
長いことは高校はしない。
初犯だと、生徒指導部長注意、学校長注意、訓告、警告と
いった処分(生徒指導要録に記入される)から始まり、改善が
なければ自宅謹慎、学校謹慎、停学へと処分(有期であるが終了時に
は解除するか続けるかの見極めがある)が重くなる。


578 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:37:30 ID:5b4rVY2u
正直なところ、いじめなんて学校にも職場にも存在するところには存在する。
学校でいじめられるならば自宅で勉強して転校、進学することは出来る。
確かに人より多くの努力を要するだろうけど、不条理なことなんて世の中に腐るほどある。
学校に行かなくても親に扶養してもらっているから死ぬことも無い。

確実な回避方法が存在するにも関わらず、なんでいじめについてだけ
被害者を問答無用に救済しようとする動きがあるのか理解できない。
いじめられている側に甘えを許し、さらにイジメを加速させる危険性が
大きいと思うんだけど。

579 :前スレ504:2006/11/28(火) 22:38:08 ID:ik5IMu6l
こういう方法はまだ提案されていないよね。
いじめられっ子は精神科の病院へ行って、抑鬱剤をもらって飲むといい。
いじめられっ子はいじめのストレスから、軽い鬱状態になっている場合が多い。
これが悪化すれば自殺につながる。
抑鬱剤を飲むと精神を安定させられるだけなく、誰かに相談する勇気も出て来ると思う。

いじめられっ子が深みにはまって行く最大の原因は、「報復を恐れる」ということだろう。
でもこれは被害妄想である場合が多い。
ここのスレで、俺がさんざん司法の利用を訴えかけても、誰も利用しようとしないのは、
その後の報復を恐れているからだろう。
でも実は、報復を一番したがっているのは、いじめられっ子本人で、いじめっ子は元々
軽い気持ちでしかやっていないから、きついお灸を据えてやれば、報復なんてしない。

でも、軽い鬱状態にあるいじめられっ子に、それを言っても信じてもらえないだろう。
いじめられっ子は、まるで宗教に取り付かれた人のように、「報復が恐い」「報復が恐い」
と日々恐怖に震えているのであろう。
だったらすぐに、抑鬱剤を飲んでごらん。嘘みたいにそんなこと思わなくなるから。
いじめの解決には、まず精神状態の安定が非常に重要。

580 :16の284:2006/11/28(火) 22:40:57 ID:zXW7CjST
>>575
引用は正確にすべき。
>>574の書き込みは「いじめられる側にも問題がある場合もある」。
これと>>575の命題の意味は違う。
なお、>>574のこの命題は、漏れの考えとも一致する。

>>575の意図が
「そのようなが発言はいじめを正当化する者たちに利用されかねない」
という意味合いであれば、その限りでは同意。

なお、漏れは
「いじめられる側にも問題がある場合もある」
そして「そのような場合でもいじめは許されない」という考え。

漏れがそう考えるのは
「いじめられる側にも問題がある場合もある」という認識を抜きにしては
いじめという現象の背景に迫ることが出来ないと考えるから。

581 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:42:35 ID:ZB6ffXER
>>573
うーん、主旨を理解していただけてないみたいですね。
ぶっちゃけ、やられちまったら泣き寝入りしかないだろ、と言ってるんです。

納得できませんか?できないでしょうね。
言ってる本人だって感情的には納まりません。
でも、考えてみるとそうなんですよね。
それとも、裁判でも起こしてみますか?
それだって判決が出るまでは耐えなければいけませんし、
勝ったとしても些細なお金以外に何が得られるわけでもありません。
あと、一時的に溜飲を下げることくらい。
だからやられたらとっとと逃げる。学校なんてアテにしない。
ガチでどつきあいができるくらいなら、そもそもいじめられてないだろうし。

そして、それ以前にまずはいじめられないようにする。これ大事。


582 :H:2006/11/28(火) 22:44:35 ID:f8DZFGJ7
いじめを肯定する気はないです。
そうじゃなくて、『人間問題があるのはあたりまえだ』ということを言いたかったんです。
だから、
 『いじめっこに問題がある』といっている人沢山いるけど、
 問題あったとしてもそれはいじめて良い理由になってませんよ
と言いたかったんです。
昔いじめっこだった友達Aと話した時、
いじめた理由を聞いたら、『昔Aをいじめていたから』でした。
確かにその人に問題はあったかもしれませんが、
だからっていじめるのは同じ事だし、間違っていた、とAは反省していました。
その人がどんな嫌いな奴でも、いじめて良い理由になんてならないよね、と。

私はその時はじめて、いじめられる側にも問題がある、場合もある、という事実を知りました。
でも、たとえそうでも、いじめて良いことにはならないし、
全ての場合がそうだとも思っていません。
いじめを止めたためにいじめられた事について、私は私に非があるとは思っていません。

問題がある場合もあるし、無い場合もあります。
どっちかしか信じない方もいますが、両方事実だと思います。
でも、だからって、
どちらにしたって、
いじめて良い理由にはならないと思うんです。
こういう風に思っての発言でした…。

583 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:51:15 ID:Jz7oM3nQ
いじめられる方にも問題があるなら、それはただの自業自得じゃないか?
問題があるってことはその人が何かしら他人に迷惑をかけているってこと。
ならば、その人は何らかの制裁を受けなければならない。勿論、まずは口で
注意するべきで、いじめは最終手段みたいにあるべきだと思う。

584 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:52:11 ID:k7oMXKxO
>>581
>そして、それ以前にまずはいじめられないようにする。これ大事。
いじめられている友達も見てみぬ振りか?
寂しい人生だな。

585 :実習生さん:2006/11/28(火) 22:54:20 ID:WM0UtjeI
Jz7oM3nQ は eRaDwnoC か? 同じ臭いがする。

586 :16の284:2006/11/28(火) 22:54:46 ID:zXW7CjST
>>577
うん。一般に高校は小学校、中学校に比べるとフットワークが軽いと思う。
それも自治体や学校によるとは思うが。

やはり、義務教育でないということが影響しているんだろうか。

>>579
状況によって病院に行くことを考慮することには同意。
病院にいけばカウンセリングを受けられるなどのメリットもあるだろう。

>>572のような主張もあるが
被害者が精神的に追い込まれ
通常の状態でなくなっている可能性があることを考えると
被害者に積極的な行動を求めることが困難な場合もあると思われる。

なお、抗うつ剤についてはあくまでも医師の判断を待つべき。
抗うつ剤は種類が多く、効果に個人差がかなりあり、また副作用も個人差が大きい。
長期的には有用だが、1ヶ月程度の服用では効果が期待できない場合が多い。

587 :H:2006/11/28(火) 22:59:34 ID:f8DZFGJ7
まず1つ言うと、
いじめに理由がある場合は少ないです。ほとんど理由なんて『なんとなくむかつく』『自分より可愛い』とかなんかそんな感じです。

問題がある場合のはなしですが、
制裁なんてする権利、だれにもないと思いますよ。
例えば『生意気』だからって、
言ってもきかない場合皆でよってたかっていじめても良いのでしょうか?
そういうのは先生が指導するべきでは?
結局、自分が気に入らない、許せないから、っていじめてるんです。
いじめを正当化できる理由なんてないですよ。
昔いじめをやっていたからって、『いじめ』返したら、同罪です結局。
いくら性格が悪くても、いじめて良い理由にはなりません。
『いじめ』て性格を直してやる!!なんて言う子いますけど、あなた何様ですか、と私は思います。

588 :実習生さん:2006/11/28(火) 23:05:52 ID:ZB6ffXER
>>584
おや?
まるでいじめを止めるために体を張ったかのような物言いですね。
そんな強がらなくてもいいですよ。
基本は見殺しです、自分大事です。
遭難者を助けるために山に入って二次遭難するようなものです。
いじめを止めるだけの力がないならそれしかないでしょう。
もちろん、いじめを止めることができるのに止めないのは蔑むべきことですが。
実際、自分がいじめられていた時だってそんな甘い期待はしませんでしたよ。
だって自分にだってできないから。
決して責めることなんてできませんよ。
ああ、大人になったものだ。

でもあとになって振り返れば、自分でもできたことはいくつかあるんです。
それに気付かなかっただけで。
なぜ気付かなかったか。
それは他力本願だったからですよ。
だからその経験上言ってるんです、まず自分ができることを考えるべきだと。

589 :実習生さん:2006/11/28(火) 23:10:14 ID:ZB6ffXER
>>586
>通常の状態でなくなっている可能性があることを考えると

さすがにそこまでの状態だと、外部からの強制的な介入が必要だろうね。
それは否定しないよ。
ただ、そこまで追い込まれる前に考えて欲しいと言うこと。

590 :前スレ503:2006/11/28(火) 23:12:41 ID:1Xelj8YY
改めて強く言いましょう。

「いじめという暴力を正当化できる理由など絶対に存在しない。」

と。


591 :H:2006/11/28(火) 23:16:13 ID:f8DZFGJ7
できなくても、しようとするとか、
傍観を正当化はしない、ことは大切だと思いますよ。
いじめを止めようとするのはかっこ悪い、とか、ウザイという考え増えてきているけど、
それは変ですよね。
私今も傷をひきずってるけど、自分がしたことには自信もてています。
見殺しにしてたこもたくさんいました。
大半は、自分は悪くないといいたくて、開き直っていましたが、
何人か、『怖くて、助けられなくてごめんね』と、なきながら放課後話してくれました。
それだけでも、死にたかった時、とても支えになった。
『怖くてできない』とかは、私も止めるとき吐き気がするくらい怖かったからよくわかります。
でも、それを肯定したらおしまいだと思うのですが…
気がつかない、ことはもう仕方ないです。こわすぎて思考がシャットダウンみたいになってしまったり…
でもそれを悔やむ気持ちは、暖かいし、大切なものだと思っています。

592 :実習生さん:2006/11/28(火) 23:16:56 ID:ZB6ffXER
>>590
心配しないでも大丈夫。
日本では暴力を正当化できません。
いじめに限った話ではなく。

593 :実習生さん:2006/11/28(火) 23:28:09 ID:Zar8eAgR
すごい伸びだな
数日こないだけでなんとやらだ

594 :前スレ503:2006/11/28(火) 23:33:46 ID:1Xelj8YY
>592
ありがとう。 まさにそのとおりです。

どのような理屈を並べようと

「いじめという暴力を正当化できる理由など絶対に存在しない。」

これで一蹴です。

>591
ほんの少しでも味方がいてくれることが、どれほど救いになる事か、
後々の人生にどれほどの光を与えてくれる事か、周りにいる人達は
知るべきだと私は思います。


595 :実習生さん:2006/11/28(火) 23:45:52 ID:2egac6JQ
>>594
そんな標語を作ったところで何も変わらんって。
トイレにでも落書きしてみるか?

596 :実習生さん:2006/11/28(火) 23:48:56 ID:ZB6ffXER
>>592
でも正当化できようとできまいと存在はするわけで。
悲しいけど。

だから、いじめられないようにするのは大事。
何度も言うけどやられ損は変えようがない。


597 :前スレ503:2006/11/28(火) 23:53:52 ID:1Xelj8YY
>595-596

それでもいじめという暴力を正当化することはできないのです。



598 :実習生さん:2006/11/28(火) 23:54:32 ID:k7oMXKxO
>>588
へたれだっただけだね。

>おや?
>まるでいじめを止めるために体を張ったかのような物言いですね。
やったよ。
ただ、自分で解決したって事で、君にも出来るなどと馬鹿な事、言わないけどね。

599 :実習生さん:2006/11/28(火) 23:58:15 ID:2egac6JQ
>>597
別に肯定はしてないって。



600 :前スレ504:2006/11/28(火) 23:59:09 ID:ik5IMu6l
> 「いじめという暴力を正当化できる理由など絶対に存在しない。」

何でそんな当たり前の話をスレッド18になてもまだやっているのかねえ。
そんなに念を押すのは、心のどこかに後ろめたさがあるからだよ。
いじめられっ子自身が、100%いじめっ子が悪いと言い切れていない。
つまり、いじめられっ子自身が心の中で、多少は自分にも非があると
認めてしまっている。
つまり、いじめられっ子はお人良し過ぎる。
いじめられっ子は、いじめられていることに対して罪悪感を持っている。
だから親にも友達にも相談しない。

いじめられっ子は性格を直した方が良いと思う。
おっと、俺が言う性格というのは、「いじめられる方にも原因がある」
と主張する人間がよく言う、いじめっ子の標的になるような性格を
変えろ、という話ではなく、
「トラブルに毅然とした態度で望める性格になれ」ということ。
俺は、いじめられないように性格を変えろなんて、本末転倒、人権侵害も
いいとこ。変えるのはいじめっ子の性格の方だろ、と言いたい。

601 :前スレ504:2006/11/28(火) 23:59:43 ID:ik5IMu6l
この世の中、大人になってもトラブルは常に付きまとう。
悪徳商法や、不当な要求、交通事故などのトラブル、借金を巡るトラブル、
男女関係のトラブル・・・・ など、生きていく上でトラブルは付きものだ。

三重県の中学生の事件は不当要求だが、被害者の生徒は報復を恐れるあまり、
いじめっ子の言いなりになっていた。
みんなに言いたいのは、まず、「報復を恐れるな」ということだ。
報復を恐れないためには、まず、相手の性格を冷静に分析すること。
大事なのは、「冷静に」ということ。
被害妄想が強い人は、何でも悪く考え、「あいつは俺を殺すつもりだ」というような、
ありえもしないことを想像してしまう。
冷静に分析すれば、いじめっ子はただの軽い乗りでやっていることが分かる。

報復を恐れなくなれば、あとはいじめっ子を警察へ突き出すなり、裁判を起こすなり、
好きにすればいい。正義は必ず勝つのだから。

602 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:00:25 ID:Zar8eAgR
>>414
理解してると思う
それじゃ、書き方がまずいんじゃないのか?
文面通りに受け取るなら調整力が必要ないと見えた
だから、反論が何度もきたんだろ

603 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:00:33 ID:BGGImnjp
>>595
じゃ標語を取り下げたら何か改善されるのか?

604 :H:2006/11/29(水) 00:01:31 ID:f8DZFGJ7
ええと、体験から書きます。
学校に行かない方法、転校する方法は本当にとるべきだと思いますが、
とれない子供をせめるのは、無意味だと思います。
自分の子だけは、と思ってる親多いですよね。
私は家で、『学校に行け』と毎晩どなられ、 それでも行かないと親が荒れて、家庭崩壊みたいなことになりましたよ。
いじめが家でも起こった感じで…
サボると制服でばれて通報されたりして、もっと辛いことになりますし。
校内は先生が見回りしてるのでサボると余計に立場がなくなりました。
もう精神的にも追いつめられてきて、 ちっぽけな子供の頭で考えても、どうして良いか解らず、
ただ毎日通学を繰り返す、と言った感じでした。 学校ではもちろんいじめで追いつめられるし、
心の逃げ場が無かったんです。
悩みを聞いてくれるというような手紙が配られたので、 そのころすでに大人に不信感とか、信じて貰えないのでは、という不安があった私は、
それこそ死ぬ思いで保健室に行きました。
しかし保健室の先生は、(何人かいましたが全員)
『自意識過剰だ、被害妄想だ、いじめなんてない、 皆思春期だし、ストレス溜まってるんでしょ。仕方ないわよ。』
あげくストレスによる胃痛は、医師の診断が出てもなお仮病扱いされました。
それで、大人って皆こうなのかと、絶望してしまったりしました。
何かまちがってたら本当死んでいたかもしれません。 道が見えなくなってしまうんです。
もう正常な判断ができない所まで、追いつめられてしまうんです。
元気な、正常な時はそんなこと思いません。 その時は追いつめられて、病気になってしまったりするんです。
だから、相談できないことや、誤って最悪の手段をとってしまったことをせめるのではなく、
認めてくれる、話を聞いてくれる人がいるということを、 子供に伝える、教えることが大切だと思います。
知識とか、すごく限られていると思うし…




605 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:01:42 ID:k7oMXKxO
[前スレ504]
君が言っている事に、一貫性が無いんで、君との論議を停止しています。

606 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:02:05 ID:5b4rVY2u
>>600
未だにその当たり前のことを理解してない人もいるからじゃないの?

そもそも、トラブルに毅然とした態度で望める性格ならば標的になる可能性は低い。
結局、いじめっ子の標的になるような性格を変えろといってるのと同じことだと思う。

607 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:03:56 ID:veM7UxH8
>>415はもしかして若い奴か?
若いのか年寄りなのか見えん
定職の定義を知ってたらいわないこと言ってるしな
ケースバイケースだろ


>>417の言うことのチクリって卑怯な奴に多いよな
いじめする奴って卑怯な人種がなるものかもな
取り込みってネットの世界でもあるよ
口の巧い奴、多数派に見えるのが正義にみえてしまう錯覚
怖いよな

608 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:06:03 ID:55XEgadK
>>598
ヘンハオヘンハオ
すばらしいですな。
その男気にきゃるーんとなってしまいそうです。

まあ、ヘタレなのは否定しないが
ヘタレじゃないいじめられている奴の方が珍しいなら
ヘタレ向けコメントで何か問題ある?
問題ないなら、君のレスは自慢以上の意味はなかったと言うことで。
はい、ツギイッテミヨー!

609 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:08:33 ID:OzAuTZnN
>>603
何も変わらないといってる。


610 :前スレ504:2006/11/29(水) 00:09:21 ID:5yXTjPqs
>>607
>定職の定義を知ってたらいわないこと言ってるしな

君の言う定職の定義ってどんなの?参考までに聞きたい。

611 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:10:58 ID:3Bnpv7E6
>>609
>何も変わらないといってる。
だったら、何のためにこのスレに参加している?
いじめを肯定するため?

612 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:19:01 ID:OzAuTZnN
>>611
主語をカットして書くんじゃない。>595を読みな。
肯否については>599に書いてある。


613 :前スレ503:2006/11/29(水) 00:19:11 ID:H3EuO2hN
>600
あなたには反駁しないと認めたことになるようなので申し上げますが
後ろめたさなどはまったくありません。
完全にあなたの勘違いの思い込みであり、全くの的外れです。
なぜあなたがそこまで断定的に言い切れるのか不思議で仕方がありません。(苦笑)


614 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:21:22 ID:OzAuTZnN
>>611
X 主語
○ 先頭

615 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:23:07 ID:3Bnpv7E6
>>613
>あなたには反駁しないと認めたことになるようなので申し上げますが
もう、[前スレ504] は、相手にしなくていいんじゃないかな?
言動に一貫性が無い。

616 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:24:40 ID:qZK7I83E
そもそも「いじめはあって当然」とか「いじめはいじめられる側が悪い」とか
そう主張する側が警察署の前で堂々といじめをしないのが不思議だ

イジメが正しいと本気で思ってるのなら、
そんな所でイジメもできるはずなんだがなぁ


でも影に隠れていじめをやる。これは加害者に犯罪の自覚があるという証拠にほかならない

よってイジメ肯定論というのは卑劣な自分を正当化する言い訳でしかないんだよな

617 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:24:52 ID:55XEgadK
>>613
しー!
相手にしちゃダメだって。
デタラメ並べたあげく、都合が悪いと
揚げ足取りとスレ違いでスルー
しか言わないんだから。

はいはい、そうでちゅねー、でスルーした方がスレのためだって。

618 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:27:30 ID:tZ74C3MX
>>590
>「いじめという暴力を正当化できる理由など絶対に存在しない。」

弱いものは淘汰されるものだと。
自然界が、その歴史が証明しているものです。
弱いものは淘汰される運命なのです。
ダーウィンの種の起源が当てはまるだろう。
いじめでの自殺は自然淘汰の一種と考えてよろしいだろう。


619 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:30:48 ID:tP9OW7zB
>>618

>>616

620 :前スレ503:2006/11/29(水) 00:31:00 ID:H3EuO2hN
>618
しかし私たち(あなたのいるところは知りませんが)のいる社会では
いじめという暴力を正当化できる理由など絶対に存在しないのです。

621 :前スレ504:2006/11/29(水) 00:32:49 ID:5yXTjPqs
>>617
お前懲りない奴だな。意味のない書き込みでスレを汚すな。
他人の揚げ足取りではなく、お前自身の意見を書きこめよ。
まあ、元々自分の意見を持たない奴にそんなこと言うだけ可愛そうだがw

622 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:32:55 ID:3Bnpv7E6
>>618
>弱いものは淘汰されるものだと。
その意味では、餓鬼のころいじめやってるような連中はいずれ淘汰されるんだがね。
途中で気づいて止める奴もいるが、そのままでは、犯罪予備軍だからね。

623 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:37:53 ID:KA4kGpsT
>>621
>>241で嘘がばれてスルーしたオマエが、そんなこと言えるのかな?w


624 :前スレ503:2006/11/29(水) 00:43:11 ID:H3EuO2hN
>596
失礼、 
>いじめられないようにするのは大事。
仰るとおりです。




※媚びろと言っているわけではありませんからね > 曲解しようしたかた。

625 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:43:20 ID:3Bnpv7E6
この中に、自己愛性人格障害者が混じっている。

自己愛性人格障害の特長
1. あからさまな傲慢さ  尊大で横柄な、また大げさで相手に軽蔑的な態度をとります。
  社会生活での慣習や規則をバカにし、自分には愚かで的はずれな規則だとあざ笑います。
  自分の高潔さを他人が見のがすことには怒り出しますが、他人のそういうことに対しては全くの無関心です。
2. 対人関係での搾取  当然の権利だと考えています。常に相手に対して自分を特別扱いするよう求めます。
  はずかしげもなく、自分が目立つためや願いを叶えるために他人を利用するのは当然のことと考えています。
3. 誇大性  えっ?と思うようなの空想をしたり、成功や美、愛に関する未熟で自己満足的な想像に浸りがちです。
  客観的事実はどうでもよく、事実を勝手に曲げ、自分に対する錯覚を必要とあらばうそをつくこともかまわない。
4. 自己像の賞賛  自分は価値があり、特別で(ユニークでなくても)大いなる称賛を受けるに
  値する人間だと信じていて、誇大的で自信に満ちた行動をとります。
  しかし、それに見合うような成果を収めることは少ないです。
  他人にはわがままで、軽率で、おおちゃくな人間だとみられているにもかかわらず、自分の価値を信じています。
5. 他人へのわざとらしさ  過去の対人関係はいいように記憶が変えられています。
  受け入れることができない過去の出来事や苦しみは簡単に作り直されます。
6. 合理化のメカニズム  自己中心的で周囲に対して思いやりに欠けた行動を正当化するために、
  もっともらしい理由を付けようとする。それらは欺瞞的で浅はかなものです。
7. 偽り  みえみえのうそをつきます。失敗をしてもすぐに埋め合わされ、プライドはすぐに復活します。
8. 無頓着  いっけん冷徹で無感動な自分を演じます。
  逆に、軽快で楽天的であるが、自己愛的な自信が揺さぶられるといかりや恥の感情や空虚感が表に出てきます。

いじめをやっている連中も、かなりの確立でこの障害を持っている者だと考察する。

626 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:45:33 ID:EFEVtLc2
いじめをやってる奴が淘汰される弱者とは限らない。
要領がいい奴であれば、いじめだってうまくやる。
頭の悪い奴が主導するいじめよりもっと苛烈かもしれない。


627 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:48:29 ID:veM7UxH8
>>420はずれているの域を超えてるなw
何で暗いが陰険陰湿と摩り替わってるんだ?
いじめっ子が陰険陰湿なんだろ

しかも誰かの文章を盗んでいる差別的行為
個人的に暗い奴が嫌いなのかw
にしても極端だな

>>429もいじめられた連中も色々だろ
知らないだけだというならチクル連中だったことも
ありえるのに、自分のときは嘘をついてるか知らないだけだ
で、
自分の主張には知らないね、あんたの想像って滅茶苦茶だな
論理が破綻してる

628 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:50:48 ID:veM7UxH8
>>610
辞書にある通り世間一般の意味でだよ
つーか逆にそっちはどうなのよ
それがズレてると思ったからかいたんだが?

629 :前スレ503:2006/11/29(水) 00:54:44 ID:H3EuO2hN
>>625
興味深いです。
つまり「俺様一番」病っといった感じでしょうか?

もしかして私のことでしょうか?
だとしたら気をつけないといけませんね...

630 :H:2006/11/29(水) 00:55:04 ID:t7ozHC6j
いじめを止めるのは死ぬほど勇気がいりました。
止めていじめられた私が弱くて、いじめっこは強いのですか?
何をして強いというかは分からないけれど、
いじめっこは自分の感情を
コントロールできない、幼稚なだけです。

悪いことと分かっていながら自分の心に歯止めがきかない。
そのくせ怒られるのはいやだから、論点をすりかえる。あいつが性格悪い、キモイのがいけないんだ、とか。
そんな言い訳はなしになりませんよね。
自分にとって都合が悪い、むしゃくしゃする、というだけで
(言葉や体の)暴力に走る。

心、弱いですよね。

語弊があったかも知れないので書くと、
私は『いじめる方が100%悪い』と思っています。
しかしいじめられてる子が天使の様な子ばかりだとは思わないです。人間だから欠点はいじめられてる子にもいじめてる子にもあるでしょう。ということです。
でも『いじめ』がおこるのは、いじめてる方が100%悪いですよ。

631 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:57:23 ID:55XEgadK
>>628
かまっちゃダメだって。

奴は個人事業者はすべてネットで仕事していると思っているくらい世間知らず。
しかもそれでズレてないと思ってるんだから手に負えない。
ハイハイ良かったでちゅねー、でスルーしといた方がいいって。

632 :実習生さん:2006/11/29(水) 00:57:51 ID:3Bnpv7E6
>>629
>もしかして私のことでしょうか?
>だとしたら気をつけないといけませんね...
いやいや、貴方には当てはまらない。

633 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:03:36 ID:tZ74C3MX
>>619
警察と自然科学における「種の起源」とは全然違います

634 :前スレ504:2006/11/29(水) 01:03:57 ID:5yXTjPqs
>>628
>辞書にある通り世間一般の意味でだよ

いつの辞書?まさか高度成長真っ盛りの頃の辞書じゃないよね?
この話題はスレ違いなので程ほどにするが、ちなみに厚生労働省では、
定職=常時雇用される労働者と定義している。
時給800円のアルバイトでも、フルタイムで常時雇用されていれば
定職ということになる。
おっと、これに対する反論は、別板でやってくれよw

ところで、ここのスレの住人は、本来の俺の発言の趣旨を理解せず、
スレ違いのどうでも良いことに、いちいち噛み付いて来るから困る。

635 :H:2006/11/29(水) 01:04:10 ID:t7ozHC6j
625のって、私のことでしょうか…
対人関係とか書きましたし…
嘘なんてついてないんですが…

私のことだったらショックです…

636 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:04:26 ID:tZ74C3MX
>>620
社会では正当化できないと言っても自然界はそのような社会のルールは関係なし。
弱肉強食が世のすべてだ。

637 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:04:57 ID:tZ74C3MX
>>622
>その意味では、餓鬼のころいじめやってるような連中はいずれ淘汰されるんだがね。
途中で気づいて止める奴もいるが、そのままでは、犯罪予備軍だからね。

いじめっ子が犯罪予備軍である根拠は?

638 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:06:10 ID:55XEgadK
>>630
自分はいじめは善悪で語るべき問題だとは思わないよ。
ただし、客観的にと言うかマクロで見るならね。
やっちゃう奴がいてやられる奴がいて止める奴がいない。
運悪くそう言う状況がそろっちゃたんだよ。

個人的な視点からすれば
自分を律することができないいじめる奴が悪い。
いじめられたままでいるいじめられた奴が悪い。
そこにいじめがあるのに止めない奴が悪い。
と言ったことでしょうか。
つまり関わった人間皆悪い。
どの立場であれ、誰かのせいにしている時点でそいつは間違っている。
でも個人的反省をとうとうと語ってもあまり意味ないので
自分は善悪論議は否定の方向でいます。
と言うわけで個人的反省はほどほどにした方がよろしいかと。

639 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:07:00 ID:3Bnpv7E6
>>635
>625のって、私のことでしょうか…
ちがうちがう

640 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:08:25 ID:55XEgadK
>>636
弱肉強食は否定しないが、直接的な強弱では語れないのが人間社会。
強弱に対するファクターが多いことを忘れてはいけない。
自然淘汰を語る上でも、その辺は考慮しないとね。

と言うわけで、その辺を踏まえてもう一度考えることをお勧めする。

641 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:09:25 ID:EFEVtLc2
いじめで暴力振るわれたら傷害罪だとか言えるけど、
法律作ったのも強者か世論。前者の場合が多いかな。
強者がうまく世の中動かすために弱者も救うルールを作っただけ。

いじめられている弱者を救いたいのなら、強者にお願いするか
世論を形成していじめ駄目ってルールを作る。
弱肉強食を安易に否定することは、いじめられっ子自ら改善の道を模索することを
阻害しかねないよ。

642 :前スレ504:2006/11/29(水) 01:11:25 ID:5yXTjPqs
>>631
>奴は個人事業者はすべてネットで仕事していると思っているくらい世間知らず。

俺がいつそんなこと書いた?ガセは止めれ!
「良かったでちゅねー」って何だよ。ガキじゃあるまいし。
お前の書き込みはどう見てもただの荒らしだぞ。もう2度と来るな。

643 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:14:00 ID:KA4kGpsT
>>634
オマエを見ていたら、イジメられる側にも問題があるということがよく解るw

644 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:14:04 ID:3Bnpv7E6
>>637
>いじめっ子が犯罪予備軍である根拠は?

http://home.kimo.com.tw/aoi962/no2jiken.html

645 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:16:16 ID:55XEgadK
>>642
はいはい、揚げ足取りとスレ違いだからスルーでちゅよw

646 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:18:56 ID:OzAuTZnN
>>643
的を得た指摘だ。

647 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:19:25 ID:/v2mAHbJ
tZ74C3MX は例の馬鹿。スルー推奨。

648 :前スレ504:2006/11/29(水) 01:21:30 ID:5yXTjPqs
>弱肉強食が世のすべてだ。

ガキの発想だな。焼肉定食の間違いだろ?
アホらしくてマジレスする気にもならん。

649 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:22:28 ID:3Bnpv7E6
>>629
>>635
この障害は、基本的に無自覚ですから。
もしかしたら、自分がと思うような人は80%以上、この障害でないと言えます。

650 :H:2006/11/29(水) 01:24:51 ID:t7ozHC6j
638のを読みました。
ほどほど…ええと、私調子にのりすぎていたでしょうか?すみません…難しかったです。けんとう違いだったらごめんなさい。
私は、皆が自分の問題として反省したり考えたりするのは大事だと思います。
テレビや他の掲示板等のいじめ問題の時に、『いじめる側に問題が有る』という発言が多かったので、私は『いじめ』という行為は悪いことだ、とはっきりさせた方が良いと思って…
それにそれをいう人は、結構実体をしらなかったりして、事実、経験した例、として述べないと信じてくれなかったりしましたので…
例だと想像じゃないし分かりやすいかと…
個人的すぎると言うことですか?;
現実にあることとして経験を述べた方が良いと思ったんです。と

心の問題だから、複雑だから、心を善悪では分けられないとは思います。集団の心理とかもあると思うし…
『いじめ』は悪いことだとはっきりして、それからいじめた子の心理や事情、いじめられた子の事情等をふまえて、どうしたらなくせるのか考える…というのが筋ではないのかな、と思ったんです。

651 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:25:24 ID:ZaNSp6mJ
>>644
そんな一部のワルガキを載せたようなホームページ出しただけではいじめっ子全員が犯罪予備軍だという根拠を網羅していないじゃん。
いじめっ子が犯罪者予備軍であるちゃんとした根拠をだしてね。




652 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:27:20 ID:KA4kGpsT
>>648

>>241のレスは、どうなった?

653 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:27:48 ID:55XEgadK
そう言えば、基本的に定職って収入や身分が保障されている職業に就くことで
アルバイトやパートみたいな勤務時間が短かったり、保障が正社員とは違うものを
世間一般では定職とは呼ばないはずなんだが、
常時雇用=定職と脳内変換する人がいるらしいぞ。

まあ、恥ずかしい奴もいたもんだなw

654 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:28:46 ID:3Bnpv7E6
>>651
だったら>>625

655 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:29:05 ID:EFEVtLc2
>>651
単純に、暴力行為等刑法に触れるようないじめ行為を行っていれば
検挙される可能性があるという点で、犯罪予備軍と言ってるだけじゃないの?

いじめている人間はいずれ淘汰されることには賛同できないけど。

656 :H:2006/11/29(水) 01:35:13 ID:t7ozHC6j
638の方へ
すみません!!
一個前に書いたの、
『いじめ られる 側に問題が有る』というのが多かったので、
と言いたかったんです!!!
意味不明でしたよね、ごめんなさい!

657 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:35:36 ID:55XEgadK
>>650
これは個人的意見だけど、いじめに興味を持つのは
いじめられたか、いじめて反省しているか、
いじめているところを見て何か感じた奴だけだと思う。
だからいじめがあるのは知っているけど……みたいな人は
基本的にはここに書き込んでいないと思う。
だから、君の言うことを信じない人はいないと思う。

ただ、いじめ体験から何を学んだかは人それぞれ。
自分が善悪論議は無駄だと思うからと行って
君がそれに従う必要はないし、逆に必要だと思うなら
どんどん主張するべきだ。
意見をぶつけ合うことで何かを見出そうとしているのは
皆変わらないはずだから。


例外も確かにいますけど。

658 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:36:29 ID:3Bnpv7E6
>>655
>いじめている人間はいずれ淘汰されることには賛同できないけど。
犯罪者になれば、社会的地位を失う事になる=淘汰。
って、意味で言ったんだけど。
社会でもいじめが有るってよく話題になるけど、社会に出ていじめをやっている奴なんて、信用されないし発覚すれば解雇されるよ。
広い意味で、職務不適合者の解雇等も、いじめと定義すれば別だけど。

659 :前スレ503:2006/11/29(水) 01:36:43 ID:H3EuO2hN
>632 少し安心しました。
省みることができるならば違うとのこと。 だとしたら 
 「俺のことか? しかしプライドにかけて認めるわけにはいかん」
という人はどうなのでしょう? 無自覚ではないけれど自己愛は強そう。

>636
確かに野生の世界では社会のルールは通用しませんよね。


おっと もうこんな時間じゃないですか。

みなさんおやすみなさい。

660 :前スレ504:2006/11/29(水) 01:38:20 ID:5yXTjPqs
>>653
そもそも労働基準法には定職という用語はないし、
厚生労働省では常時雇用者を定職と定めている。
思い込みだけで語る無知なお前の方がよっぽど恥ずかしい。

661 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:40:24 ID:NHcLYLnL
>>651
証拠ねぇ…昔過ぎるから出せないんだけど。

親父狩りをして捕まった奴がいた。
当時22歳。その年にして珍走団まがいの事も「まだ」やってた。

厨房のまま、大人になっちゃったんだねぇ、そいつ。

662 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:40:58 ID:JPL/Dy6C
教師の権力を回復させるべき
体罰問題で教師を叩き始めた頃から、いじめによる自殺者が増えてきたと言われている


663 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:44:24 ID:EFEVtLc2
>>658
いじめが犯罪として発覚すればね。
子供に限って言えば、昔の履歴なんて大人になってしまえば分からないことも多い。

社会に出てまでいじめをする人は確かに人間的に問題大有りなんだろうけど、
いじめられる社会人も、「何もわるいことはしていないのにみんなにいじめられる」と
その状態を嘆くだけだったらいじめる人ほどではないが、問題はある。

それに職務不適合者の解雇なんて、どう考えてもいじめと定義することなんて出来ないよ。

664 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:46:12 ID:KA4kGpsT
>>660

>>241のレスは、どうなった?


665 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:46:48 ID:55XEgadK
前スレ503さん、ありがとう。
自分もこんな時間になっているとは思わなかった。
では私も寝るとしましょう。

そう言えば、定職を持たないフリーター人口の増加について
厚生労働省のレポートがあったはずだけど
フリーターってアルバイトしている人たちだったよね。
何か厚生労働省も矛盾した用語設定をするモンだな、
と感心して寝るとしましょうか。
もう少しすると独白と勝利宣言が始まるかな?どうでもいいけどw

何せ、揚げ足取りとスレ違いはスルーでちゅからねw

666 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:48:29 ID:ZaNSp6mJ
>>661
何だ、妄言か。
いじめっ子が犯罪者予備軍だという根拠なんてないんだよ、アホ!

667 :H:2006/11/29(水) 01:56:46 ID:t7ozHC6j
657の方へ
何かマナー違反をしてしまったかと思いました。主張しすぎ…とか…
そうではなかったようで、良かったです。
なんだか、『いじめられてるのは皆こういうやつだ』と言うようなのが有ったように思ったので、
それで、私の場合は…と言ったんです。
でも、そんなの皆さん解ってらっしゃることだったんですね;;

世の中なんでもかんでも善悪で分けるのは良くないと思っています。暗いのは悪いとか…あとは、自殺問題は特にそうだと思っています。

何と言えば良いのか、分からないけれど、『いじめ』はけして良いことではないし、はずべき行いだと思います。
人を階段からつき落とすのが悪い、のと同じように…

でも、いじめをしてる子の心が腐ってるとか根から悪いなどとは思わないし、
そのへんは善悪では解決しない複雑な問題だと思います。
例えば先生から押さえ付けられた異常なストレスとか、環境、いじめが許されるなんとなくな雰囲気、クラスのメンバー、色々な要素が重なった結果いじめがおこってしまう…のだと思ってます。
…やっぱり善悪の話になってしまっているのでしょうか…(なってるのでしょう…)難しいです。

668 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:56:58 ID:veM7UxH8
>>631
そうなのか
話にならないならやめとくよ
その前からみんなから言われていて少しも変わる
気配がないから俺がいっても無理だと思ったが
物事の事象の捉え方が根本から間違っているのが何個か
あって、その間違いを前提にして話してるから
ますますずれていくんだと思うんだが

しかし若いのか年寄りなのか気になるなw

669 :実習生さん:2006/11/29(水) 01:57:18 ID:EFEVtLc2
>>666
殴る蹴る等ガチの犯罪行為やそうでなくても犯罪行為につながる可能性が
あるいじめを行う人間は、他の人に比べて実際に犯罪行為を犯す可能性が高い
と言ってるのだと思えば問題なくね?
断定するに足る根拠というには弱いけど。

670 :H:2006/11/29(水) 02:03:35 ID:t7ozHC6j
649読みました;
説明ありがとうございます。
自分も気を付けるようにしようと思います。

671 :実習生さん:2006/11/29(水) 02:07:06 ID:EFEVtLc2
一番分かりやすい改善策は、まず犯罪行為に該当するような
暴力行為等のいじめについて、現状の刑法をきっちり学校内にも持ち込んで
規制することだと思うんだけど、誰でも思いつきそうなことが実行されないのは何で?
それとも今のいじめって、犯罪行為に該当しないような責め方ばっかりなの?

672 :実習生さん:2006/11/29(水) 02:07:25 ID:cM5klbVD
>>666
ゴメン、言い忘れてたけど、私は>>644ではないんだわ。

遥か昔の事だし、個人名を挙げるつもりも無いし、
私自身はそいつにいじめられたとかいう恨みも無いから、とやかく言うつもりも無い。
新聞くらいは図書館で調べたら、ひょっとしたら出てくるかもしれないけど、
新聞なんかだと未成年者は問題を起こしても名前を出されないので(いわゆる「少年A」)、
成人になって事件を起こして名前が出た所で名前が合致しないので証明にならない。
インターネットなんて普及していない時代の話だしねぇ。

でも、いじめっ子を犯罪者予備軍だという人達は、各々で根拠を持っている。
殴られた、盗まれた、奪われた等、それを今に当てはめれば、
れっきとした犯罪としてみる事が出来る。
彼方が否定する根拠なんてのがあっても、誰も信じないんですよ。

しかし、彼方が元・いじめっ子で、そう呼ばれるのが不快だ、なんて事はないでしょうに、
何故相手を罵倒してまで、頑なに拒絶するのでしょうかねぇ?

673 :実習生さん:2006/11/29(水) 02:08:07 ID:/v2mAHbJ
いじめっ子=犯罪者予備軍? 既に犯罪者だろ?
社会に出ても犯罪を繰り返すかどうかを問題にしているなら、
モラルの低さから可能性の高さを推察する事が出来るくらいしか言えないかな。

674 :実習生さん:2006/11/29(水) 02:15:41 ID:JPL/Dy6C
自ら死を選ぶ子供達が、死の直前に何を思うのか、想像した事はあるか?
もちろん鬱状態にある子もいて、ただただ死のうと考える子供はいると思うが。
俺は、親や教師に対しての絶望感だと思う。
誰も助けてくれない、誰も話を聞いてくれない、自分なんて生きていても仕方ないと考えているのだろうと思う。
なぜいじめがある事を理解していながらも、教師は助けられない?
親は子供を安全な場所に隔離し、いじめる子にうちの子供をいじめないでくれと願わない?
教師は、いじめる側の親が怖いのか?
親は登校拒否に子供がならなければそれでいいのか?
おまえ達が可愛いのは、所詮自分自身でしかない
とことんまでいじめてくるガキを叩きのめしてやれ。
いじめられる苦しみを与え、死ぬほど怖い恐怖感を植え付けてやれ。
もっと教師や親は主張しろ。


675 :H:2006/11/29(水) 02:17:49 ID:t7ozHC6j
いじめっこが犯罪者予備軍…
暴力的ないじめを行っていた人はそう言われるのも解るけど、
最近のいじめは陰湿で、
人に万引きはさせても、自分では犯罪なんてできないような子が多いと思いますよ。
相手に、面と向かって1対1では文句すら言えなくて、
皆で集まっていじめてる訳ですし…


いじめに関しては犯罪とかじゃなく許される行為だと思ってるみたいだけど。

676 :実習生さん:2006/11/29(水) 02:22:28 ID:/v2mAHbJ
>>675
ヒント:犯罪教唆

677 :実習生さん:2006/11/29(水) 02:29:46 ID:EFEVtLc2
>>675
なんとなく軽い気持ちでやっている人間を抑止するためにも
法律で適正に処分するってのが効果的だと思う。

「殴る蹴るの暴行を加えている自分たちは犯罪者である」という認識を植える。
無視されて精神的苦痛を受けるようないじめへの対策はすぐにはむずかしいが、
現行の刑法で規制できるものからとっかかるのが早い。

678 :H:2006/11/29(水) 02:44:20 ID:t7ozHC6j
ヒントのことは明日調べてみます。(本当に馬鹿ですみません…)

ただ、あの、皆さん解ってらっしゃるだろうし、また個人的になってると思うんですけど、他に言い方が思い浮かばなかったので…
私をいじめてた子達は、成長してもういじめはやめています。
いじめは良くないとかいうたいそう立派な意見をもってて、授業中の発言や作文で称賛あびてたりします…
自分がしたことは忘れてますし、覚えていても、たいしたことないし、例外だ、として正当化されてるみたいです。
多分良い大学に行って、バリバリ働いて、良き母になるのだろうなと思います。(虚しいですが)

予備軍にはあまり見えないです…
なんか悲しいけど、
だから一概には言えないのでは…と思って…

679 :前スレ504:2006/11/29(水) 03:07:41 ID:5yXTjPqs
>>665
>フリーターってアルバイトしている人たちだったよね。
>何か厚生労働省も矛盾した用語設定をするモンだな、

厚生労働省が考えるアルバイトの意味と、一般企業が考えるアルバイトの
意味が異なるため。
厚生労働省では、フルタイムで常時雇用されいる労働者はアルバイトとは呼ばない。
しかし、一般企業では、フルタイムで常時雇用されていても、正社員以外を全て
アルバイトと呼ぶ所もある。
厚生労働省の統計は、企業からの申告によるので、企業がフルタイムで
常時雇用されている従業員をすべてアルバイトと申告すれば、その人達は
フリーターということになってしまう。

このような矛盾を解消するために、法律の改正が予定されている。
この法律改正の目的は、企業にインチキをさせないことにある。
会社によっては、正社員と同じ時間、同じ仕事をさせながら、賃金や身分は
アルバイト、という会社も少なくない。
でもこれは、常識から言ったらおかしなことで、法律が改正されれば、
フルタイムで常時雇用されいるアルバイトは、正社員と同じ賃金・待遇を
しなくてはいけなくなる。

法律改正後、
「お父さん、僕アルバイトだけど正社員なんだよ」
と言っても、お父さんはなかなか理解できないだろうな。

680 :実習生さん:2006/11/29(水) 03:35:55 ID:KA4kGpsT
>>679

>>241のレスは、どうなったんでちゅか?

681 :実習生さん:2006/11/29(水) 04:16:34 ID:AwEy7OnO
いじめは決してなくならないだろう。それは誰かが書いた自然の摂理なのかもしれないし
他人を差別し貶めることに安心を覚える人間の浅ましさのせいなのかもしれないけど
減らす方法、今現在やられている人を救う方法は少なからずあるはずです。
 誰が悪いとか悪くないとかそんな話は不毛で大半の人がいじめは無いほうがいいと
思っていると僕は信じているので、この問題の為に子供ができること大人がやるべきこと
今僕達がやらなきゃいけないことを話しませんか?
 とりあえず2chやめて云々とかは無しのほうこうでww

682 :実習生さん:2006/11/29(水) 04:39:25 ID:3/Epk3AK
「イジメは決してなくならない」=正論
誰もが子供の頃、虫を殺した事があるようにイジメはその延長。
学校ではいじめる側の処分を検討しているが、それよりも
いじめられる側の意識改革をした方が自殺は減ると思う

683 :実習生さん:2006/11/29(水) 04:46:09 ID:EFEVtLc2
>>682
正論じゃなくて、現実論じゃない?

いじめを、虫をいじって殺すことの延長と考えていることが
毅然とした態度でいじめっ子に対処することが出来ない原因の一つでないかい?
いじめの動機は虫を殺すことからつながっているかもしれないが、やっていることは犯罪に近い。
原因から無くそうってことにはそう考えることも必要だと思うけど。

とりあえず緊急避難的にいじめを沈静化させるためには、さっさと検挙できるものはやればいいと思うんだけど。

684 :実習生さん:2006/11/29(水) 05:02:06 ID:AwEy7OnO
大々的に警察にいじめ対策本部いや、虐め課を作らせるか?それとも
現行の少年課(全ての地方の警察署)に虐め相談窓口を作ってもらう?
 一斉捜査で学校に手入れに入るか?あっそうか!メディアで大々的に
「虐めを見かけたら110番」を徹底させればいいのかも。
 只でもめんどくさがり屋の警察が機能するかが一番の問題かな?


685 :H:2006/11/29(水) 05:14:41 ID:t7ozHC6j
いじめはなくならない…そうだと思います。
人種差別だってなくならないんですから、いじめなんて…
戦争もそうですけど。
でも、なくならなくても、『戦争はいけない』と言い続けることは大事だと思います。
いじめもおなじで、いじめられてる側の改革も大事だと思うけど、
それだけだと、いじめっこの思考が『そうだそうだ、お前ラが変わればいいだけだろ、俺ら正しいから。やめる必要ないし』みたいになって、
なかなか意識を変えられない子は結局追い込まれそう…

だから、『いじめ』は悪いと言うのも大事だと思います。
話ずれてしまうかもだけど、『親父狩り』は悪いことですよね?でもそれを悪いことだ、と言う前に、親父の意識の改革を!!とだけしか言わないのは、変だと思うんです。
いじめも同じで…

両方同時に主張、とはいかないんでしょうか…?
どっちも同じくらい大事だと思うんですが…

686 :実習生さん:2006/11/29(水) 05:30:45 ID:3/Epk3AK
障害事件、恐喝などの犯罪なら警察沙汰になるが、シカト、パシリ
言葉の暴力などイジメにはいろいろ多様性があり検挙できるものは
限られる。イジメは人生で必ず経験するものだし、その事で得た
反省や教訓なしでは人道は語れない。だからイジメは決してなくならない
のは正論です。

687 :H:2006/11/29(水) 05:49:07 ID:t7ozHC6j
私たち(私;)が出来ることを考えてみました。まず、
『いじめをけして認めない』という意識をもつ。
これだけでも、この意識をもつ人が増えるだけでも、何か変わると思います。目には見えなくても。大事なことじゃないでしょうか。マナーとかと同じだと思います。
何だか、いじめ?それくらい…と許してしまう空気というか、意識があるのはとても危険な気がするので、
悲惨さが解ってる人は特に、『どうせなくならないし』とか『もう関係ない』とかじゃなくて、そういう意識を持って欲しいと思いました。

意識もつだけじゃなく、(掲示板に来てる方の様に、もうそんな意識もっていて)もっと行動出来るという人は、
いじめをなくすためにどう行動したら良いか…は、また考えがまとまったら書きます。
とりあえず今思ったのは、友達によびかけるとか…体験談等を話してうったえることも、大事かも…
それでなんとか、いじめの芽はつめたりしましたので…

688 :実習生さん:2006/11/29(水) 07:17:59 ID:ZaNSp6mJ
子供のいじめ位で国が動いてくれてるんだから平和な世の中だ。


689 :16の284:2006/11/29(水) 07:18:11 ID:mazsOj0/
おまいらおはよう

報道によれば政府の教育再生会議の緊急提言の中に
「傍観者も加害者である」というような文言が盛り込まれるようだ。
漏れは以前にも「傍観者の問題」に少し言及したが、
文部科学省が前々から言っているこの「傍観者も加害者」という認識は
かなり問題があると感じている。

「H」氏の経験を聴いても分るように
いじめを傍観者が止めるのには非常な困難が伴う。
「傍観者も加害者」という認識を示すことは
その「非常に困難」な行為を傍観者に対して
半ば強制することに他ならないように思われる

690 :16の284:2006/11/29(水) 07:22:47 ID:mazsOj0/
このスレの600番台のレスを読んでいて感じたんだが
「弱肉強食」「自然淘汰」といった自然科学上の法則・理論によって
社会科学上の現象を説明しようとすることには慎重でなければならないと思う。

そもそも我々の社会は少なくとも建前では
「弱肉強食」にならないよう、「自然淘汰」が起こらないよう
社会のルールを構築しているというそくめんもあるわけで。


691 :前スレ503:2006/11/29(水) 07:47:27 ID:H3EuO2hN
みなさんおはようごぜえます。


>Hさん
少しずつ丁寧に考えを進めているさまを拝見しています。

>なかなか意識を変えられない子(いじめ加害者)は結局追い込まれそう…
悪意を持って人の心身を傷つけることをよしとする人は大人になっても法を犯せば裁かれますよね?また、衝動を制御できない病的に攻撃的な人物には適切な措置が必要ですし。 更正と差別は違うのでは?

それから、加害行為は悪いことだというのと、人に不快感を与えないようにしましょうというのは相反するものではないと私は思いますよ。

>意識をもつ
私たちの社会にはルールがあります。 そのルールが疎かにし、容認・黙認してしまうことは私たちの生活を脅かす行為だということに気づくことは必要ですよね。
etc.飲酒運転殺人、いじめ殺人、その他の違・不法行為

>行動する
人や自分を大切にする等、身を持って示すというのもいかがでしょう?

>彼女たちは立派に
表面的に立派な事を言っていても心根が変わっていないならばメッキははがれますし
実質は立派ではないということでは?


692 :H:2006/11/29(水) 07:57:24 ID:t7ozHC6j
傍観者、私が思ったのは、
一概には同罪とは言えないけど、
いじめっこが『うっわこいつと隣の席だよ〜最悪だ!』
とか何とか言ってる時に、クスクス笑いながら
『うわ〜かわいそう…』とかいったりする人達は、問題あると思う。
『私何もしてないし』とか言うけど、いじめ現場を笑いながら見て、はやしたててあおったり…
直接関わらなくても、エスカレートさせてたりするのは問題じゃないですか?
いじめっこ一人ではそこまでしなくても、あおられて、
『いじめても良い、楽しんでる』雰囲気の中で追い詰められたり。
あとは、止められる立場にいながらも、面白いから、やりたいならやれば?って、『容認』してる人とか…
とりあえず傍観者を肯定はできないと思う。
開き直るのはおかしいと思う。
でも皆が皆同罪かと言うとそれは違うのかも。

だけど本当は罪とかじゃなくて、誰か苦しんでたら助けてあげようよ、皆が、ただ見てるだけじゃなく、少しずつでも(例えば鉛筆拾ってあげるとか)行動したら、雰囲気変わりますよ、ってことなのかも…

693 :H:2006/11/29(水) 08:18:59 ID:t7ozHC6j
おはようございます!(挨拶を忘れていました…)
691読みました。
私は少しの経験しかない未熟者なので、皆さんのお話についていけているのか不安です。;
ええと、私がまた間違えて書いてしまったのかもしれませんが、
追い込まれそうというのは、『調子にのったいじめっこ』に、『なかなか意識を変えられないいじめられっこ』が、
という意味でした…
更正と差別は違うと、私も思ってます…

容認・黙認の問題は、境界線がないから難しいですよね。
行動、なるほどと思いました。
いじめに直接関わることにこだわらなくて良いんですね、
そうすると、私でもできること色々ありそうです。

メッキ、私は本当にそうだと思いますが、でも皆それに気付かないでしょう。
いじめっこの数の方が世の中多いわけですし…
そんな世の中で皆さん働いているわけですし…なんというか、必ず『報いを受ける』ということはない、と言いたかったのです。
皆(大半のいじめっこは)いじめなんて忘れて幸せを掴んでいる、と言いますか…
いじめられた私は『メッキ』だと知ってるけど、そうでない人には(当時ならまだしも)もう解りません。
すごく悲しいけど、現実として…。
(誰かが幸せになることが悲しいわけではなくて、忘れられてしまう、何の反省もない、のが悲しいというか…)

694 :実習生さん:2006/11/29(水) 08:34:52 ID:tP9OW7zB
「イジメは自然の摂理」といってイジメを正当化する馬鹿は
警察署の前でそれをやってみろっての。

警察に咎められたら「イジメは自然の摂理」と正当化しないのか?あ?


695 :実習生さん:2006/11/29(水) 09:19:00 ID:xFK446Jw
そういや少年時代っていう映画を少し見たんだけど、
とあるいじめっ子が「私はいじめはやめない。なぜならいじめられっこが反撃してくるからだ」といってたな。

戦前の心理はそんなもの。攻撃しなければ自分の身に逆襲してくる可能性がある。
いじめっ子は逆襲を恐れているんだよ。

…と思う。

696 :実習生さん:2006/11/29(水) 10:48:45 ID:ba/X+2Ua
傍観者について。

「傍観者も同罪」は極端だと思うけど、いじめを発見した場合の
「止めに入る理由」を作ってるんじゃないかな。
H氏が語るように、いじめを止めに入るといじめの対象になる場合が多い。
だから誰でも怖くて止めに入るのを躊躇する。

だけど、ルールで「見て見ぬ振りをしてはいけない」ということが決まっていれば
単純に、たとえば教師にいじめの存在を知らせたり等止めに入っても
「ルールがあるから」という誰にとっても同じ1つの理由ができる。
正義感や友情とか、今の子供にとって「恥ずかしくない?」「何言ってんの?」と
理解されがちな感情からでなく、明確なルールがあるから止めに入ることができる。

このルールができることによって、行動するかどうかで傍観者となり
責めを負うか負わないかが決まるとすれば、止めに入るのにより勇気がいるかもしれない。
だが、いじめられている人に個人的な感情を抱いているの人間だけでなく、
いじめの存在を知っている人間全てにいじめをやめさせるきっかけを与えたいのだと思う。

697 :実習生さん:2006/11/29(水) 11:39:46 ID:Sgtebasj
>>696
傍観者も同罪・・・・・密告制度の推奨か?クラスメート自体誰も信用できなくなるな。


698 :H:2006/11/29(水) 11:50:26 ID:PvA+TrbH
傍観者の気持ちってどんなでしょうか…
一応現場にいる訳ですよね。

いじめることはあんまり悪い事じゃない、皆そんな認識だと思います。
軽い気持ちで人を追いつめてると思う。
いじめを止める時、私は『いじめ』がとても悪いことだ、という、
いじめに対する嫌悪とか、そういう強い思いがあったから止められたけど、
さして悪いことでもないと思っていて、止めたら自分が被害にあうなら、
止めないかもしれませんね…
最近は良いことをすると同級生とかに『偽善者』と言われるようだし、
すごく良くないと思う。
自分が出来ないからって、良いことをした人をなぜかせめますよね。
良いことをするのって、それ自体は悪いことではありませんよね…?;
良いこととみせかけて本当は悪いことをたくらんでいたとか、
ウラではいじめてるのに先生や親の前では優等生とか、
そっちのが問題だと思うんですが…それこそ偽善者ってよばれる側な気がします。
『偽善』とかの問題は関わりがあるのかも…

ルール…悲しいけど、やはりルールがないといけない時代なんでしょうか。
傍観者本人達が開き直るのはおかしいですよね。
本人達は『同罪だ』と言われたら、申し訳ない気持ちとかで、あまんじて受け入れる、
くらい、反省する…とかならないのでしょうか。
泣いて謝っていた子達の様に…;;

みひつのこい…でしたか?何かありましたよね。

699 :実習生さん:2006/11/29(水) 11:50:34 ID:ba/X+2Ua
>>697
あー、ごめん。「同罪」じゃなくて「加害者」ね。

別に教師に伝えるだけじゃない、直接止めに入ってもいい。
クラスメートが信用できなくなるってのは、いじめっ子の理論だと思うけど。

700 :実習生さん:2006/11/29(水) 11:57:44 ID:0mb0awRw
いじめられてる子は学校に行くな


701 :実習生さん:2006/11/29(水) 12:01:34 ID:tP9OW7zB
いじめ→×
校内犯罪→○

いじめっこ→×
犯罪者→○

傍観者→×
犯罪隠蔽者→○

チクリ→×
通報→○


日本語は正しく使いましょう

702 :実習生さん:2006/11/29(水) 12:02:08 ID:pSJoELHF
いじめは無くならないかもしれないけれど、せめて学校に行っても我慢できる程度に治まってほしいですね。
加害者が隔離される閣議決定が採決される事を祈っています。

703 :H:2006/11/29(水) 12:06:52 ID:PvA+TrbH
先に当事者ができることに考えがいってしまいました…なのでこれは『そんなこと解ってる』『ズレてる』となっているかも…;;
いじめられてる人来てたら伝えたいことです。

いじめられている人はとりあえず何か行動を起こして欲しいと思います。
いじめは悪いですしかし、残念なことだけど、悪いからってなくなるわけではありません。
だから、いじめられている子は、(いじめは正当化されないのでそこは自信をもって良いけど)
とりあえず今は自分を守ることを考えた方が良いです。
ただ待っているだけでは、悲しいけど解決しません。
いじめは悪いことなんだから、いじめられたら助けを求めて良いんです。
先生や両親に相談して欲しいです。
もし出来るなら、いじめっこにあらがってみるのも良いかも。
場合によるけれど、一度『やめて』と本気で怒ったら、少しおさまった例がありますし。
相談と同時進行でも良いし、出来ることから行動してみたら…
でも、全てがそれで解決する訳じゃありません。悪化する場合もあります。
先生や親がなかなか解ってくれない場合もあります。
そこで絶望しないで、相談を受け付けてる機関等にたよってみて欲しいです。
頼って良い大人は、周りには両親と先生ぐらいしか見えないかもしれないけど、
そんなことはないんです。学校も、行かなくて良いですよ。
行けと教わってきただろうけど『学校に行くこと』が目的なのではなく、
『社会で生きていく上で必要なことを自分のために学ぶ』のが目的なハズだし、
そうしたことを学ぶ手段は、知らないだけで沢山あります。
無理して行ってしんでしまうのは本末転倒です。
自殺するより、他のクラスメイトより少し遠回りしても良いから、生きていく方が絶対良いです。

こういう風に考えました。とりあえず、いじめられてる子ができること…

704 :実習生さん:2006/11/29(水) 12:38:07 ID:ba/X+2Ua
生きていく以上、どんな世界でも弱肉強食で弱者は淘汰される運命にある。
人間を除く生物の世界では生き抜くために別の種族を殺すことや
同じ種族の中でも序列決めをするための争いや一方的な攻撃が存在することも珍しくない。
人間の世界は特別で、>>690で言われているように建前では少なくとも
死に至るような他人への攻撃が起こらないよう競争するルールが一応存在するというだけのこと。

あくまでも弱者が不当な競争によって淘汰されないようルールが作られただけであって、
根本にある自然淘汰を否定することは、ルールの存在と矛盾する。

まぁ、こんなことを今まさにいじめの被害に遭っている子供に説いても意味がないかもしれんけど、
実際にルールを作っていこうとする人間が、「自分はこれまでルールに則って競争をしてきた」ことを
認識せずに「淘汰?あり得ない!」と妄信しているのであれば、それはそれで恐ろしい・・・。

被害にあっている子には、
世の中ルールは存在するが万能ではなく、救われないことがある。
しかし参加する競争は1つだけではないし競争ごとにルールも異なる。
ことをわかってほしいかな。

705 :訂正:2006/11/29(水) 12:41:40 ID:OAMPkHNh
>>701
>傍観者→×
>犯罪隠蔽者→○
ではなく

教師→×
犯罪隠蔽者→○

706 :実習生さん:2006/11/29(水) 12:43:22 ID:tP9OW7zB
>>704がいきなり通り魔とかに刺されたとき、相手から

「世の中ルールは存在するが万能ではなく、救われないことがある。
 しかし参加する競争は1つだけではないし競争ごとにルールも異なる」

・・・と説教されたら果たして納得するだろうか?

707 :実習生さん:2006/11/29(水) 12:44:41 ID:tP9OW7zB
>>705
すまんが今日出された緊急提言では
「傍観者もイジメに加担してる」と明記されたよ

708 :705:2006/11/29(水) 12:51:11 ID:OAMPkHNh
>>707
だったら
傍観者→×
犯罪加担者→○
じゃない?

709 :実習生さん:2006/11/29(水) 12:51:44 ID:tP9OW7zB
>>707のソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061129-00000058-mai-pol


710 :実習生さん:2006/11/29(水) 12:56:03 ID:JPL/Dy6C
>>708
しつこい

711 :実習生さん:2006/11/29(水) 13:07:01 ID:ba/X+2Ua
>>706
「被害にあっている子」をいちいち「いじめ被害にあっている子」と
書かないと理解できなかったならごめんw
通り魔といじめを同じレベルで考えてるのはおかしすぎるw


>世の中ルールは存在するが万能ではなく、救われないことがある。
これが理解できないのであれば、ほんとおめでたい人。
これは、いじめに限らず現実見れば一目瞭然じゃん。 

>しかし参加する競争は1つだけではないし競争ごとにルールも異なる
これが、いじめに限定した話ねw
これを否定することは「いじめられようがなんだろうが学校行けや」と言う事と
変わらないと思うんだけど・・・。

712 :H:2006/11/29(水) 13:15:51 ID:t7ozHC6j
ルール…種の保存とかですか?

たしかに万能ではないと思います。
世の中もともと理不尽なことだらけです。
ルールは人がつくったものだし…でも長い時間をかけて、色々な経験や知識から考え出されたものだと思うけれど…
万能ではないですよね。
ただルールで救われないからといって、いじめられっこがおかしいのかというとそうではないし、
いじめっこを(いやな言い方だけど)裁けなくても、いじめが認められる訳じゃないですよね。
そういうことじゃないのでしょうか…
納得はできないけど、現実ですよね。
だから頭の良い作家や落語家は悲観して自殺するのかも…(私は自殺は認めてませんが)

でもそれはおかしい、っていう憤りの感情とかは大事だと思います。

713 :実習生さん:2006/11/29(水) 13:40:57 ID:tP9OW7zB
>>711
被害者視点で「通り魔」と「イジメ加害者」の違いは何?

714 :実習生さん:2006/11/29(水) 13:50:11 ID:ba/X+2Ua
>>713
加害者よりも、被害者の立場になったほうがわかりやすいかな。

通り魔
加害者が刺そうと思えば、被害者の行動によらず回避できない。
だから通り魔。

いじめ
いじめを受けた場合、被害者がいじめを受けている環境に行かなければ
一時的にではあるが被害を止めることができる。


どっちも被害に遭わなければならない理由なんてないから理不尽ではある。
だけど、いじめについては被害者の行動いかんで改善することも
できるでしょ。だから>>704の後半の部分を書いた。
通り魔だって逃げようと思えば逃げれるだろとかは無しね。

715 :実習生さん:2006/11/29(水) 14:01:08 ID:jWoAx9v8
なぜいじめられるのだろうか?
なぜいじめるのか?

716 :実習生さん:2006/11/29(水) 14:06:23 ID:tP9OW7zB
>>714
>いじめを受けた場合、被害者がいじめを受けている環境に行かなければ

逃げられなかった場合のイジメは?>例・山形マット死事件

717 :実習生さん:2006/11/29(水) 14:15:14 ID:ba/X+2Ua
>>716
山形の事件は詳しくないけど、ある日の朝にいじめが始まってその日のうちに
死んだわけじゃないでしょ。

ようは、いじめられたとしても自分が生きていくうえで他の道が
残されていることを知っていてほしいってことなんだよ。

他の道を模索する間も与えられずに刺される通り魔と、
徐々に進行することが多いいじめ、どっちがその余裕があるか比較すれば簡単。

718 :実習生さん:2006/11/29(水) 14:26:36 ID:JPL/Dy6C
>>715
子は親を写す鏡
これマジな話だけど、いじめる側の親は家庭でも子をいじめたり世間でも、意味もなく他人を攻撃する。
対していじめられる側の子の親もまた、世間では攻撃されやすい。
負の連鎖だな

追加だが、いじめる側の親はギャンブルにはまって、その場しのぎの生活をしている傾向にある
ならばなぜ大人社会でいじめが少ないのかを考えれば、子供社会でのいじめも抑えられると思う。
大人社会でも会社でのパワハラなどのいじめもあるが、自殺者は出ない。
なぜか?
それは会社を辞める事ができ、それ以後の安全は確保される。
だが子供は違う。
高校までは、大学までは、と親の期待が障害となり逃げられない。
中学に至っては義務教育という障害が存在する。
逃げ道を失った子が取るべき行動、やられる前にやる、もしくは時が過ぎるのを待つのみ。
運の悪いやつは、息をひそめている時に、臆病な卑怯者に捕まってしまう。

719 :実習生さん:2006/11/29(水) 14:34:44 ID:ba/X+2Ua
>>718
もちろん私見だけど、

大人のいじめのほうがつらくない?
職場にいって仕事して、お金を得なければ生きていけないよ?
仕事辞めれば安全は確保されるけど、その後の生活の保証はない。
すぐに転職できるスキルを持ってるとかなら別だけど、
そんな人間はそうそういじめられない。

子供の場合はまず親が理解してくれることが前提だけど、
学校行かなくても家で勉強すれば高校くらいまではなんとかなる。
自宅で勉強するのが無理だとしても、親がいるから飢え死にすることもない。

720 :実習生さん:2006/11/29(水) 14:44:14 ID:Sgtebasj
>>699
>別に教師に伝えるだけじゃない、直接止めに入ってもいい。 



いじめを目撃して放っておいたらその生徒もいじめをほう助したと見なされ罰せられるようだと問題有りだろう。
クラスメートも誰も信用できなくなる学校生活になる。


721 :H:2006/11/29(水) 14:48:47 ID:t7ozHC6j
大人はもう自立していて、自分の判断で選べるけど、子供はなかなかそうは行きませよ。
自宅で勉強とかも、転校にしたって親の理解がいるし、1日学校休むのだって人にとっては困難なことだし…
学校いかないってだけで迫害とかありますし。

でも一方で、私はいじめは幼稚だと思うから、
いい年してまだいじめなんて幼稚なことをしてるのは、
確かにたちが悪いと思います。

722 :実習生さん:2006/11/29(水) 15:09:03 ID:ba/X+2Ua
>>720
普段から互いにささいなことでも密告される可能性があるから
ビクビクしながら生活しなければならないってことね。
ただ、子供の頃に「悪いことをすれば罰則を受ける、誰に見られているかわからない」ってことを
知らせることがデメリットばかりではないと思う。
このことでいじめがさらに水面下に潜るかもしれないが、隠れたいじめが表面化するメリットもある。
それに、上記の「悪いことをすれば〜」は当たり前のことで、これが理解できない大人になってもらっても困る。
こういうことでしか縛る方法がないってところが正直なところじゃないかな。

>>721
親、家族、身近な人に理解がある場合でないと難しいのはわかるよ。

だからこそ、親がまず>>704のことを理解した上で、それを子供に諭すことが必要だと思う。
世の中生まれてすぐに捨てられ、親の顔も知らず施設で育てられる子供だっている。
一般の家庭よりも施設の方が親身になってくれる人は少ないだろうよ。下を見たらきりがない。

いじめや虐待を受けた子供は、親になっても子供に繰り返す場合があるというけど、
なおさら、H氏が親身になって子供を追い詰めないような親になればいいんじゃない?

723 :H:2006/11/29(水) 15:27:06 ID:t7ozHC6j
追い詰めないような親…そうですね。
それは『意識を持つ』ことだと思うし…
連鎖は確かにあるけど、そうでない場合ももちろんありますし、必ずしも連鎖する訳じゃないですよね。

1番必要なのは、
『悪いことをして罰されなかったとしても、やっちゃいけないことに変わりはない』
ということを教えることかも…
あと『おもいやり』ですよね。自分のストレスを発散するために相手を苦しめて何も感じない…むしろ楽しんでいる訳でしょう。
相手の痛み、分からないとしても、考える姿勢とか…
罰されるからやめる…
今はそれで食い止められるなら色々やってみるべきだけど、
同時に心の問題を見直さないと、いじめの根本は解決できないと思います。
国は改正とかするみたいだけど、そういう問題じゃないと思うんですよね。
罰されるからという理由で、本当に良いのでしょうか?
(必要なことだし、今は特に自殺問題を食い止めなきゃいけないから解るけど、
それが全てだと何かがおかしいし、
『なんで罰されるんだ?』という反発からいじめが悪化しそう…)

724 :実習生さん:2006/11/29(水) 15:43:48 ID:gLJ/WIFd ?2BP(1)
五十嵐涼介 イガラシリョウスケ
田淵翔 タブチカケル
醍醐宏之 ダイゴヒロユキ
万戸龍一 マンコリュウイチ
鬮内莉庵 キュウウチリアン
佐々木男 ササキダン
小川南都湖 オガワナトコ
千駄ヶ谷彗星 センダガヤケイスケ
米田光貴将 コメダコッキショウ

725 :実習生さん:2006/11/29(水) 15:48:08 ID:pSJoELHF
>>719
基本的には、社会のいじめは、暴力など出来ないからね。
それと、業務に無関係ないじめはご法度。
作成した書類を捨てたりしようものなら、犯罪行為。

有りえるのは、嫌いな部下に対し、成果を評価しない、いやがらせ行為、
教師が生徒にするいじめ程度のもの。
逆は、部下から上司への突き上げ。

いじめられてる生徒が社会に出てやっていけないような、風説が有るが、完全な間違い。
いじめられてる生徒の未来をわざと、暗いものと風説して追い詰めていない?

726 :実習生さん:2006/11/29(水) 15:53:55 ID:ba/X+2Ua
>>723
もちろんH氏が自分の体験のせいで、理解のない親になるとは思ってませんよ。
そういう可能性もあるんだろうけど、より良い理解者になれる可能性もありますよね。

残念ながら「人の気持ちを考えろ」「悪いことはするな」と言っても理解できない子供もいるでしょう。
理解できる子と理解できない子を同じ空間で生活させる以上、理解できない子には
「悪いことをしたら罰を受ける」ということを強制的に覚えさすしかないんでしょうね。

いじめる子といじめられっ子のどちらを保護するかといえば、答えは明白だし
「なぜ、いじめは悪いことなのか?」ということを理解させるよりもずっと簡単。

そもそも、「絶対的な正義とか悪なんて存在しなくて、ある基準を元に
正義、悪であると相対的に決めているだけ、その基準に当てはめるといじめは悪」なんて
人の気持ちを考えられない子供に説くのは難しいと思う。

727 :実習生さん:2006/11/29(水) 15:55:12 ID:JPL/Dy6C
>>719
君の言う通り生活面も書こうとしたが、長文になり少し面倒くさかったから省略した。すまん
ただ一点、指摘させてもらうよ
転職と転校は比較できないのは分かるよね
転職とひきこもり、どっちに壁を感じるかな?

728 :実習生さん:2006/11/29(水) 16:11:01 ID:ba/X+2Ua
>>727
いえ。こちらこそ。

確かに、転校は転職に比べて現実的でない→不登校になるのは予想できることだと思う。

親に理解があることが前提ってのが繰り返しになっちゃうけど、
学生の場合、一時的ないじめという状況を自宅にこもり回避したとして、
中学→高校、高校→大学と次のステップに移るための努力、
主に勉強するための方法は別にあるということと、
それほど金銭的な心配はしなくていいということが言いたかった。


729 :実習生さん:2006/11/29(水) 16:20:18 ID:JPL/Dy6C
>>728
あなたの言う学校に行かなくても、ステップは踏めるってとこ、全く同感だな。
10人の親がいたら1人いるかいないかだろうがな

730 :H:2006/11/29(水) 16:21:43 ID:PvA+TrbH
理解できない子は沢山いるだろうし、難しいことだとも思います。
強制的なのが今は必要なのも分かります。
でも、大事なことは変わらないと思うんです。
ほとんどの子が理解できなくても、言い続けることは必要ではないでしょうか?
これから生まれてくる子達のためにも、
そういった心の教育を今一度見直すべきなのではないかと思って。
分からないだろうなと思っても、真剣に話して上げることは、
プラスになると思うんです。
今は罰するのも必要かも知れませんが、
ただ罰するだけではなく、そういうことを話す、だけでも、
もしかしたら少しは理解できる子がいるかもしれないし、
理由を説明してくれないのに罰されるのでは、そういう子供は納得しないと思うんです。

多いのは、『あの子もやっていたのに、なんで私だけ怒られるのか』という妙な考え。
これは私も幼稚園〜小学校低学年まで思ってたことです。
何年も、『あの子が罰されなかったとしても、悪いことには変わりない』
そして『それは何故悪いことなのか、考えなさい』
という事を言われ続けて、やっと小学生の時から少しずつ理解しました。
時間はかかるだろうけれど、そういうのも意識改革なのではないでしょうか?

すごく厳しく罰するのはもうこうなっては仕方ないのかもしれないですし、
理解できないだろうということは現実もそうだと思いますが、
同時にやるべきではないでしょうか?

現実に今すぐできることはどうか、というと罰するとかだと思いますが、
これからの子供のことを考えると、
(また、今起こっているものではなくこれから起こるいじめを少しでも減らすことを考えると、)
心の教育は大事だと思います。
生徒に考えさせることとかも…

731 :実習生さん:2006/11/29(水) 16:26:49 ID:tP9OW7zB
>ID:ba/X+2Ua

しかしなんで被害者が転校せねばならんのだ?
安くない金と多大な手間隙を使って。
家庭環境も激変するし、学業だって他人に比べて遅れがちになる。

こういう自体に追い込まれる人間がいる一方で、のうのうと登校してイジメ犯罪をやらかす者も絶えない。
なんでイジメる側を詰めないのか、実に不思議なんだが

732 :実習生さん:2006/11/29(水) 16:34:21 ID:ba/X+2Ua
>>725
ごめ、レス逆になった。

例えば「この学校を卒業すればいじめはなくなるかも、それまでひたすら待つ」と
思っててもいいけど、改善する方法があるにもかかわらず、そのまま社会に出た場合、
再びいじめを受ける可能性が少なからずあるということは知っていたほうがいいと思う。

そもそも、いじめの理由なんてささいなことが多いから、過去にいじめを受けていようが
どうだろうが、誰にでもその可能性はある。

もちろん、いじめというものがなければ自ら努力する必要ないし、理不尽であることは百も承知。
なんでいじめられる側ばかりが、虐げられなければならないのかというのも当然の意見だと思う。
どんな理由があれいじめを肯定するつもりはないけど、現実を前にいじめを止めるためには
やらなければならないことだと思う。




733 :実習生さん:2006/11/29(水) 16:39:04 ID:tP9OW7zB
>>732のラスト一行がある限り、
いじめる側は「いじめられる側が出て行けばいい」の論理を通しまくるから、結局やったモン勝ちになってしまう。

>どんな理由があれいじめを肯定するつもりはないけど

すまんが思いっきり虚し過ぎる。
結果的には「飲酒運転を肯定するつもりは無いけど歩行者が気をつけろ」と言ってるのと同じだ。

734 :H:2006/11/29(水) 16:40:44 ID:PvA+TrbH
725のを読んで思ったのですが、
いじめられている人の未来が暗いとは別に思いません。

でも、『心の傷』というのは、治すのにとても長いことかかります。
一生抱えて生きていくこともあります。
最近のいじめは精神的なものが多く、心は見えないから大したことはなく思えているかもしれないけど、
暴力をふるってるのと同じことです。(それ以上の場合もあると思います。)
いじめっこは、今の軽い気持ちでいじめて、過去のことは忘れて、大したこと無いとか思っているだろうけど、
いじめられた子は何年も苦しんでいたりする、ということを知って欲しいと思いました。
いじめっこはなんとなく高校に行けて大学に行って就職したかもしれないけど、
精神を病んで(鬱病など)何年も引きこもり、高校も大学もいけず
辛い人生を送ってる人がいるって事を知って欲しいと思います。
(もちろん、そういう人でも、その後努力して就職して、
どんどん昇進できる人もいるだろうし、
今後明るい未来を送れると思いますが)

皆が皆そうだなどとは言っていませんが、
いじめなんて軽いと思っているいじめっこ多いと思うけど、
いじめられてる人の人生まで変えて仕舞ったりする、
とても重いことなんだということを知って欲しいな、という気持ちになりました。

(勿論725の方が知らないとか言ってる訳じゃありません!)

735 :実習生さん:2006/11/29(水) 16:45:36 ID:ba/X+2Ua
>>730
そうですね。罰を受けるから悪いことをしないでは、犬と一緒ですよね。

あくまでも現状を急いで改善するためには必要といったまでで、
本来、人間らしく人の気持ちになって行動できる子を育てることが一番ですね。

法律の厳罰化の効果が疑問視されているのと同じで、締め上げ効果が期待できるのは
初期だけかもしれない。その間にすこしでも倫理的に成長できるような制度が必要。


>>731
転校までいかなくとも不登校になったら、塾や家庭教師など余計な出費が必要。
親に理解がなければ家にいても地獄、勉強も遅れる。理不尽だとは思いますよ。
でも、現状のルールでは泣き寝入りしかできないとすれば、
自らがやれることをやるのは仕方のないことでは?







736 :実習生さん:2006/11/29(水) 16:52:48 ID:ba/X+2Ua
>>733
あくまでも、「現状では」ね。しかも論理じゃなくて、現実。
こんな理不尽なことがあるからこそルールを作ろうとしてるんじゃ?

言い換えれば、

いじめを改善するためには、現状では、理不尽ではあるがいじめられている側が行動するしかない。
論理じゃなくて、現実。


んだから、>>731が疑問に思うようにいじめをなくすためにまず、いじめている側に
目を向けようということだと思ってる。

737 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:00:05 ID:pSJoELHF
>>732
>例えば「この学校を卒業すればいじめはなくなるかも、それまでひたすら待つ」と
>思っててもいいけど、改善する方法があるにもかかわらず、そのまま社会に出た場合、
>再びいじめを受ける可能性が少なからずあるということは知っていたほうがいいと思う。
そんな事は無いよ。
いじめられてた人間が社会で通用しなかった事など聞いた事がない。
引きこもりになって、社会に出られなくなれば別だけどね。

田光の私が総理大臣になったらの番組で、けっこう有名な俳優が、いじめ経験を話したんだけど、
俳優になろうと心に決めてから、とにかくその場をしのぐために逆らわないようにした。と言ってたな。
その他、いじめられてた経験者多数いた。
いじめられてた者が社会に出ても、社会に適応できないってのはまったくの間違い。
いじめは、その場を切り抜けられれば、連鎖は無い。
いじめが、いじめられる人間にも問題が有るとする指摘もほとんど間違い。
いじめを正当化するだけの理由。
背が高いだけでも、いじめられていた人もいる。なんでも理由にしてしまう。

738 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:01:36 ID:tP9OW7zB
>>736
>現実

じゃ現実的に加害者側にどうすんの?
現実的な答を出してくださいな。
それと現実的なら論理なんかどうでもいいわけ?
現実現実って、そんなに現実ばかりを通すなら結局は泣き寝入りの奨励と同じじゃん。
これじゃますます被害者側は絶望しか見出せなくなる。
この現実はどうするのさ?
現実的に答えてくださいよ。

739 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:02:09 ID:hnmgkVEL
出席停止?
心肺停止でも十分だ

740 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:05:48 ID:XLYfcIc1
俺の子供がいじめられたらいじめた奴をいじめてやる
俺の子供がいじめられて自殺したらいじめた奴を必ず殺す
そんなの当たり前だろ

741 :H:2006/11/29(水) 17:10:21 ID:PvA+TrbH
>>735
はい、犬、というのはわかりやすいですね…(犬を差別してる訳じゃなくて;)
罰されるから、という理由では、自分で自分を律するとか無いですよね。
皆ただの馬鹿になってしまいます…
しかしただ言うだけでもだめだとは思います。バカの壁は確かに存在しますし。
難しいけど、物事はやっぱり1つだけでは解決しないということなのでしょうか…

>>733を読んで思いましたが、
私も虚しいと思います。
でも、『現実』と、『正しいこと』は、悲しいことに同じではありません。
とりあえず、話の通じない『いじめっこ』を動かすのは今とても難しいので、
自殺する子を減らすために、いじめられている子へのアドバイスをするのもあっていると思います。

でも、だからといっていじめっ子をほっとくという訳じゃないし、
いじめっ子が悪いのははっきりしてるんです。

ヤッタモン勝ち、悲しいですね。でも、私は『勝ち』とは言いたくありません。
そういうのは、『勝ち』なんかじゃない、って言って行きたいです。
いじめられて得したといういう人がいるけど、私はそうは思いません。
報いを受けるというのも、なんの根拠もないことです。
でも、だからと言って被害者が悪いわけじゃないですよね。

問題なのは、『歩行者が気をつけないのが、いけない』となることです。
日本てそういう傾向ありますよね。
 絶対的に悪いのは、『飲酒運転』した方です。
 回避するには、『飲酒運転予備軍』を見つけるのはほとんど無理なので
 とりあえず歩行者は警戒して下さい。
というハズが、
 避けないほうが悪い、こんだけ多発してるんだから気をつけろ
とかに世論傾きがちです。(とくに、イラクのことみたいに被害者が少数だったりして自分が関わりがないことだと)
いじめも同じで、そういうのはおかしいとおもいます。

742 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:10:54 ID:ba/X+2Ua
>>738
えーと、
いじめられている側ができることとして、現状を考えれば
最悪>>728みたいなことがあるねって話ね。

んで、社会全体でいじめ無くすにはどうしたらいいのってことで
ルール作りとして傍観者になってはだめなことを教えていくってのが、
1つ考えられるよねって話。なにもこれだけで劇的に改善されるとは
とても思ってないよ。

「ルールができていないから、今はこういうことができる」ということを
いっただけの話。現実現実言うなって言うけど、現実を悲観してるだけじゃなくて、
こういう道もあるといってる。現実をみずに対策なんてできない。
結局泣き寝入りしかできてねーじゃんといって、何もしなかったら
それこそ泣き寝入りじゃない?


夜になったらまたくるかも。誤字脱字遭ったらごめん。

743 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:19:55 ID:tP9OW7zB
>>742
>結局泣き寝入りしかできてねーじゃんといって、何もしなかったら
>それこそ泣き寝入りじゃない?

別に何もしなくてもいいとはいってねーべ
ただし転校や不登校は選択肢に入れないほうがいってこと。
だってそれ、結局いじめる側に利するだけやん。

じゃどうするかってぇと、やはりケーキ事件のときみたいに警察に駆け込むか
あるいは弁護士に相談して裁判沙汰にするかだな。

なんかID:ba/X+2Uaの意見を読んでると、被害者に現実論ばかりおしつけて
加害者に対する対処法が脳内から欠落してるような印象を受けるのだな。

「攻撃(ただし暴力ではなく人権の主張)は最大の防御なり」。
それを選択肢に入れてやることが最優先事項じゃないの?

744 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:33:38 ID:tP9OW7zB
こいつも貼っとく

 「なぜ、いじめられた被害者が学校に行かないという自分の人生のマイナスになる
 選択をせざるを得ないのか。いじめた人間をまず教育すること。出校停止ということは、
 単純な線引きでなく、出校停止にして教育するんです」(教育再生会議 義家弘介
 担当室長)

 出席停止処分には「いじめた側の生徒のケアも必要だ」という立場から慎重な意見も
 出ていて、教育再生会議では、いじめを防ぐための具体策を引き続き検討する方針です。
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20061127/20061127-00000033-jnn-soci.html

745 :H:2006/11/29(水) 17:35:11 ID:PvA+TrbH
こんなこと書いてもあんま読まれないかも知れないしなんの意味もないかもしれないけど…

一時は復讐してやりたいと思ってました。
でもそのうち虚しくなりました。
そいつを傷つけたって、私の傷は癒えないし、相手は自分が悪かったってことも分からないだろう。
逆に私は、必要の無い罪悪感でまた傷つくと思った。
それで、なんでいじめを止めたのか思い出してみたんです。
自分勝手な理由で人を傷つけること、
おかしいと思ったし、正当化できないと思ったから、
自分は正しいと思ったことをしたんだな、と思い出しました。
いじめられてどんなに辛かったかも考えました。
そしたら、他の奴をいじめ返してやろうなんて思えませんでした。

すっっっっごい悔しくて1人で泣きまくったけど、現実には、『正しいこと』でも通らない、と、認めました。
でも、通らなくても、少しでも通る様にするために、
私みたいなガキができることなんて限られてるけど、出来る範囲で
『正しい』と思ったことを言って、『正しい』と思った行動をしようと思いました。
もちろん自分はまだまだ未熟だし、間違うこともあると思うから、
それはいろんな人の意見を聞いて、柔軟に判断すべきとは思いますが、芯は変わりませんよね。
(そう言えばマザーテレサの言葉になんかあった気が…調べたら出てくるかな)

もし論理?とかで言ったら、いつかは救われるかもしれないけど、
見返りなんてなかったです…たすけた子にいじめられました。
現実はそんなですよね。

私は、現実的に考えて、どういった行動が取れるか考えるのも大事だと思います。
いじめられている子はその現実の中で生きているのですから…一刻を争うかも知れないんです。

しかし、それと同じくらい!!本当は何がおかしいのか、はずべきは誰なのか
叫ぶのも、とてもとても大切なことだと思います。

746 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:41:34 ID:XLYfcIc1
>「いじめた側の生徒のケアも必要だ」という立場から慎重な意見も

少年法と同じ間違いを犯すつもりか????
加害者のケアばかり取り上げて被害者のケアがないのが問題なわけで

いじめをした生徒は内申書にばっちりブラックと書き込めばいいんだよ
推薦枠からも除外する
生活保護を受けるでもなく、経済力があるのに給食費不払いの生徒についても、
授業料未納の恐れがあるとしてブラックリストで内申書を進学先に申し送る
これだけでかなりの部分は解消する

生徒やその親が一番恐れてるのが進学問題なんだから、
進学で足枷になりますよと脅すのが一番手っ取り早い

747 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:51:04 ID:pSJoELHF
>>746
>生徒やその親が一番恐れてるのが進学問題なんだから、
>進学で足枷になりますよと脅すのが一番手っ取り早い
大正解だと思ったが、チョッと待てよって感じだな。

経済力があるのに給食費不払いの生徒は、内申書が気にならない家庭かもしれない。
普通そんな事したら、内申書に影響すると考えるだろう、普通。
いじめについても、脅しても効果の無い家庭が存在するのか?

いじめ問題、給食費未払い問題、世の中狂ってるね。

748 :実習生さん:2006/11/29(水) 17:51:58 ID:qZK7I83E
しかし被害者を不登校や転校に追い込む連中って
憲法の定める「教育権」を侵害してないか?

いじめは犯罪だが、それ以上に憲法違反でもあることは明確にすべき

749 :H:2006/11/29(水) 17:59:47 ID:PvA+TrbH
>>746
加害者のケアばかり、というのは、
世の中のほとんどが加害者だからでは?
でもここで述べてるのは、それを言う人が少ないからじゃないんですか?
被害者のケアが最優先だと思います。
加害者の『ケア』というのは変かも知れませんね。

昔被害にあってゆがんでしまって加害者になった人のケアなら、
結局それって『被害者のケア』になりますよね。
家でいじめられていて、いじめをしてしまったとかも
結局『被害者のケア』ですよね?
でもそれならケアと同時進行で反省もして欲しいです…

いじめられた生徒よりいじめた生徒の方が多いんだから、内申書は難しいですよ。
先生は多い方の味方です。
私なんか私学だったから、隠蔽されて、きにくわんならお前が辞めろ、でしたよ。
推薦なんか…高校受験の書類だってろくに集めてくれなくて、自分で奔走しました。
1人の被害者の肩を持つより楽なんですよ。
逆に、いじめられていることを『問題児』として、退学させようとしたり、脅したりしますし…

先生達を変えた方が良いかもしれませんね…

750 :実習生さん:2006/11/29(水) 18:10:19 ID:+dLF+E4J
お母さんが■■ので死にます
http://kurilin.moo.jp/message.jpg 

751 :実習生さん:2006/11/29(水) 18:56:10 ID:Sgtebasj
いずれにしてもいじめられっ子は世の中に生きる上での免疫が備わっていないからな。
やはりダーウィンの種の起源の通り淘汰される運命にあるとしか言わざるを得ないだろう。

人間も所詮は他の動物と同様自然から育んだ生き物だから生存競争に負けた者は淘汰されるしかないのね。

752 :16の284:2006/11/29(水) 19:55:56 ID:ucFGv9wV
おまいらこんばんわ

漏れは、特に人格面の教育において学校教育というものの効果に
あまり期待するのはどうかと思う。
実際、そのような教育というものが部分的に効果を上げることはあるにせよ
全国であまねく効果を挙げているとは思えないんだ。

だから「まず保護者を教育」とか>>744にあるような「出席停止して教育」
とかいう意見を聴くと反射的に「うまくいくわけないだろ」って突っ込みたくなる。
だから、効果のはっきりしない「教育」よりも
悪いことは悪いときっちりその行為を罰する(人を罰するのではない)
ことのほうがずっとまっとうな解決方法に思えるんだ

>>746>>747
内申書や進学時の推薦などをカードとして使うのは
効果がある場合もあるがそうでない場合もある。
そういうものを全然気にしない保護者も一定の割合で確実に存在する。

スレ違いになるが給食費の問題についても
「払わなくて済めばラッキー」という意識の保護者は少なくない。

753 :H:2006/11/29(水) 20:23:30 ID:PvA+TrbH
保護者を『教育』するのは無理ですね…
でもこれからの子に色々教えてあげることはできますよね…
学校に期待はしていないけど、そういう教育のことを考えるべきでは、と思います。
小学校では道徳を教えたりするわけだし。
学校以前の問題でもあるから、家庭での意識とかも大切だと思います。
先生達を変えると言ったけど、変えるというのは変かな…
意識を変える、とか…そういう意識を持つ、とか?

まっとうな解決方法なのかも知れないけど、こころの問題をおいてはおけないと思う。
どっちかだけ、とかこっちのが重要、というのはおかしい気がする…
行為を罰する、人を罰するのではない、というのは賛成です。

754 :実習生さん:2006/11/29(水) 20:30:22 ID:tP9OW7zB
>>751

>>694

755 :実習生さん:2006/11/29(水) 20:33:50 ID:55XEgadK
世の中やられ損という俺が来ましたよ。

>>752
>漏れは、特に人格面の教育において学校教育というものの効果に
>あまり期待するのはどうかと思う。

禿同。
そもそも学校なんて読み書きそろばんの他は集団生活という場の提供
それに伴う規範に従うことを学ぶくらいしか求めるべきじゃないのに、
なぜ個人の面倒まで押しつけられなければならないんだか。
できないことを求めて、やっぱりできないのでそれを責める。
いつからそんな馬鹿なことを世の中は言い出すようになったんだか。

保護者の教育は無理でも何か手を打ちたいところ。
少なくともこれから親になるべき人間は学ぶべき。
と言うと、学ぶ立場にある現役学生にたたき込むしかないのだが
学校にそんな能力がないのは既に判明している。
ならばどうするか。
とりあえず、我々が馬鹿に馬鹿と言えるよう心がけるしかない罠。
道は遠いが、千里の道も、と言うしね。
一度ねじれた教育システムは時間を掛けて直すしかないと言うことか。
ちなみに、この場合の教育システムとは学校に限ったことじゃないからね。

756 :前スレ504:2006/11/29(水) 20:56:16 ID:M7YxQtr6
こんばんわ。
昨夜からものすごい数のレスだね。読むのが大変だった。
でも、これだけのレスが書き込まれていながら、具体的な対処法を示したレスは全く無し。
ほとんどは、自分では何も行動を起こさず、他人が行動してくれるのを要望するものばかり。
君達は今、教育再生会議の行方をかたずを飲んで見守っているに違いない。
教育再生会議が、いじめっ子を転校させるなどの、いじめっ子撃退の有効な手段を
打ち出してくれることを、必死に祈っている。

仮に、君の願い通り、いじめっ子が転校して行ったとしよう。
そうなれば、君はきっと大喜びし、ざまあ見ろと有頂天になることだろう。
では、君はその後、それで順風満帆の人生を送れるのか?
答えはNOだ。
君自身がいじめ問題の解決に何の努力もせず、ただいじめっ子を転校させただけだったら、
君はその後も、別のいじめっ子に再びいじめられるだろう。
その時君はどうする?またそのいじめた生徒を転校させるのか?
転校させられた生徒はきっと君を恨むだろうし、転校してからも、君の近くにまた現れて、
再び君をいじめるかもしれない。
さらに、学校の生徒だけではなく、大人もいじめをする。
君が社会人になっても、君に対するいじめは続くだろう。

つまり、君が他力本願でいる間は、永久に君に対するいじめが続くのである。
この世からいじめが無くなることはない。それを現実として捉え、
いじめに対処できる能力を身に付けなくては、君に対するいじめは一生続く。
もう他力本願はよせ。

757 :H:2006/11/29(水) 20:57:58 ID:PvA+TrbH
>>755
心の教育もしてますよね???
だったら学校の制度じたいを変えるべきってことですか??
読解力とかもそうだけど…
社会のことを学ぶわけだから、人間の心の問題とかも当然扱ってるし。
子供が沢山あつまる訳だから問題も生まれるわけで…
ただ塾みたいに、読み書きそろばんだけだったら、遠足だの合宿だのいらないと思う。
人間関係の問題は社会にでていくうえで避けられないし、大事な勉強だと思います。
道徳や哲学って学問ですよね?
学校にいる間の健康とかの責任とか…個人をあずかってる訳ですよね?
その全責任が学校にあるとは思わないけれど、責任の一端はあると思います。
学校の責任というより、傍観してる大人(先生)の問題なのかも知れないけど…

今の学校にそんな能力がないのは、見ればわかるけど、これから努力すべきと思います。
それが直接今すぐ効果がでるとは思っていないけど。

758 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:01:01 ID:R56ua8LZ
日本をダメにしたのはアホ親 日本をダメにしたのはクレーマー
日本をダメにしたのはアホ親 日本をダメにしたのはクレーマー
日本をダメにしたのはアホ親 日本をダメにしたのはクレーマー
日本をダメにしたのはアホ親 日本をダメにしたのはクレーマー
日本をダメにしたのはアホ親 日本をダメにしたのはクレーマー
日本をダメにしたのはアホ親 日本をダメにしたのはクレーマー

759 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:06:57 ID:Z3+5+M7j
数学教えながら担任持って生徒の心の教育や管理なんて100%無理。
他の教科でもそう。絶対両方の質が落ちる。
どちらかの質を高めればもう片方の質が落ちる。
睡眠時間以外を全て費やせば多少は質を維持できるかもしれない。
システム的に機能していない。

内科医は自分の仕事をしながら外科手術や駐車場の警備はしない。




760 :H:2006/11/29(水) 21:10:39 ID:PvA+TrbH
>>756
今いじめにあってる訳じゃないから、いじめられてるこに、
対処法を考えてアドバイスしても、結局行動するのはいじめられっこですよね。
それって他力本願、てことですか??
こうして掲示板で皆が意見を交換し真剣に考えることも、とても大切なことだと思うけど。
具体的な対処法は難しいですよ、そう簡単には出てこなくても仕方ないのでは?
いじめっ子撃退より、いじめられてる子の自殺をくいとめたりする方法を
私は優先に考えたいと思ってますが…。
前に投稿したのは全然対処法にはなってませんでしたか…?;;

転校…では確かに解決はしないと思います。報復では、多分解決はしませんね。
ただ自殺をくいとめるのには役立つかも…
転校までいくとやばい、って、いじめがすこしでも鎮まったりすれば…

761 :H:2006/11/29(水) 21:12:53 ID:PvA+TrbH
小学校の教師は、心の教育も義務なはず。
道徳の授業とか、今でもすごく覚えてるし…。
数学っていうと中学のことですか?中学のことはちょっとわからないけど、
学校と寺子屋はちがいます。
義務教育と塾は違いますよね…

762 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:13:15 ID:tP9OW7zB
>>756
>具体的な対処法を示したレスは全く無し

>>743

763 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:15:52 ID:3Bnpv7E6
>>755
良識の有る親ばかりでないのが問題。
自前で充分教育の出来る家庭ばかりじゃないからね。
給食費未納の家庭などは、その最たるものだろう。
モラルの無い親でも立派に育つ子供もいるだろうが。

言いきれないが、ちゃんとした家庭の子供は、いじめをする確立が低いんじゃないかな?
逆にちゃんとしていない家庭の子供はいじめをする確立が高いと思われる。
しかし、ちゃんとしていない家庭をちゃんとさせる事は不可能に近い。

結局、大変な負担だろうが、教師にいじめ問題を委ねるしかないのではないかと思う。

764 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:16:48 ID:55XEgadK
>>757
心の教育というか何というか。
確かに自分が知っていうる限りでは中学校までは道徳教育があった。
教材研究とかめちゃウザってー、と思った記憶がある。
こんなくさいモン読ませて生徒が心入れ替えるかー!とか突っ込んでました、心の中で。
で、結局これがよいものだー、と教材を並べることしかできないんだよね。
それのどこが心の教育?と昔から思ってたんですよ。
人は良いものと悪いものを知ってはじめて人になるんです。
良いものしか知らなければ、それはどんなに高潔であろうと人としては完成していないんです。
だから、学校だけでは心の教育など成立しない、と個人的に考えています。
ですから、心の教育をマジで行おうというなら
個人的には社会奉仕活動などを義務化すべきだと思いますね。
学校では学校のことしか教えることはできません、と思ってますので。
でも一番はそんな役目を学校に頼らないのがいいと思ってます。

それと、学校にいる間の責任は確かにあります。
そこで質問ですが、屋上から落ちると死ぬよ、と警告していたにもかかわらず
屋上から落ちて死んだ生徒は誰に責任があると思いますか?
自分はこう思います。
その生徒が自分で判断できないような歳であれば学校に責任がある。
その生徒が警告を理解できるのであれば、生徒に責任がある。

この前提で考えた場合、現在の学校には
生徒に対してどれだけの責任があると思いますか?

765 :H:2006/11/29(水) 21:20:32 ID:PvA+TrbH
私は多分
>>703に、具体的に書いたつもりです。
学校のこと調べて来ました。↓学校教育法の第18条だそうです。
学校内外の社会生活の経験に基き、人間相互の関係について、正しい理解と協同、自主及び自律の精神を養うこと。
郷土及び国家の現状と伝統について、正しい理解に導き、進んで国際協調の精神を養うこと。
日常生活に必要な衣、食、住、産業等について、基礎的な理解と技能を養うこと。
健康、安全で幸福な生活のために必要な習慣を養い、心身の調和的発達を図ること。

あとは↓
小学校の児童が学ぶ教科や単元には、しつけとしての意味合いがあるものも多い。
この事情からも、小学校で使用される教科用図書(教科書)は、原則として敬語体(…です、…ます、…ました、…ましょう)で表記されている。

766 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:24:44 ID:55XEgadK
>>763
自分は子は親の鏡という言葉を信じております。

ただ、子供が親を左右反対に映すか、
親の姿そのまま映すかは知りませんが。

それはともかく。
教師にいじめ問題を委ねるのなら、それを任せられるだけの
負担しか与えるべきではないと個人的には考えます。
ですから、教員1人当たりの担当人数を10人前後まで減らすとか、
教員に対する責任を求められるだけの権限を与えるとか。
(親の横から口出しを許さない、とかね)
そう言った前提がなければ、>755に書いた通り、

>できないことを求めて、やっぱりできないのでそれを責める。
>いつからそんな馬鹿なことを世の中は言い出すようになったんだか。

と呆れることしかできないわけで。
できればそんなお花畑なお話しはしたくありませんし、
君もそれを望んではいないと思います。

767 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:28:42 ID:3BzLOse8
>>754
Sgtebasj は例の馬鹿です。スルーしてください。

768 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:28:44 ID:3Bnpv7E6
>>760
相手にしないほうがいい。
私は、レス出す直前に[前スレ504]だと気づき、レス出すのをやめました。

769 :16の284:2006/11/29(水) 21:28:52 ID:ucFGv9wV
>>763
厳しいことを言うようだが
「家庭がちゃんとしているか」と「いじめをする子どもが育つか」の相関を
イメージだけで語っているとすれば、それは危険なことだと思う。
根拠なりがあるのであればソースを示すなりして欲しい。
また、それ以前に「『ちゃんとした家庭』の指標がはっきりしない」
という問題もある。
それは、「経済的に裕福な家庭」ってことなのか
「両親がそろってきちんと子どもの面倒を見ている家庭」と言うような意味なのか
あるいはまったく別の概念なのか。

770 :前スレ504:2006/11/29(水) 21:29:52 ID:M7YxQtr6
いじめの件数が減ることはあても、いじめが完全にこの世からなくなることはない。
ここのスレで誰かが強調しているような、弱肉強食とまでは行かなくても、
人間は本来、本能的に、他人より優位に立ちたいという競争心を持つ生き物である。
もちろん、人間である以上、本能のおもむくままに生きることは許されない。
人間が一般の動物と違う所は、理性を持っているということである。
問題は、先天的な脳の異常や、幼少期の親の間違った教育などにより、この
「理性を働かす力」が備わらない子が何分の一かの確率でできてしまうことだ。

ここのスレで誰かが提案していた、親の教育は、そういう意味で非常に大切だと思う。
しかし、親が自分の教育方針が絶対間違っていないと思い込んでいれば、
強制的に親に教育をさせても、そのような親は聞く耳を持たないであろう。
親が子供にどのような教育をするかを、第三者が監視することは、
人権問題上できないので、親の子供に対する教育は、親に任せるしか方法がない。
つまり、親への教育というのは、現実にはあまり意味がないことなのだ。

だから、いじめは無くならないし、完全に無くすことは不可能。
いじめを無くそうという、という非現実的な方法を議論するより、
いじめはこの世に存在しているという現実と直面する方が重要である。
存在している以上、好むと好まざるを得ず、対処するしかない。

771 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:31:44 ID:tZ74C3MX
>>754
>>694
警察は普通刑事罰しか咎めない。
いじめは子どものケンカと一緒だから殺人や詐欺とは全く異なる。
せいぜいリンチをした時くらいか。警察が動くのは。
人間の本能だからいじめは人間がいくら駄目だと言っても無くならないよ。

772 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:33:48 ID:tP9OW7zB
>>771
>いじめは子どものケンカと一緒だから

ケーキ代を脅し取った馬鹿は逮捕されましたが

773 :H:2006/11/29(水) 21:33:59 ID:PvA+TrbH
なんかずれて投稿してしまいました。

そうですね。授業内容は先生によっても変わりますしね。
教材研究?は分からないですが;
学校だけでは成立しない、というのは私も思います。
そもそも学校だけに問題をおしつけるのはおかしいと思っているし。
でも学校に責任がないとは思いません。
学校にはそういう役割が有るわけですから。
学校は社会のことについても教えているわけだから、
学校のことしか教えられません、と、教師側が開き直るのはおかしいかな…
教える立場としては、もっと勉強するべき?

最後の質問のことですが、難しいですね。
今私が短時間だけで考えて思ったのは、自分で判断出来ない年であれば…というのはもっともだと思います。
しかし警告は理解できても、ちゃんとは理解できてなかったり…
たとえば、この屋上は柵がないから危ないよ…とか、だと学校側の管理にも問題ありますよね。
心の健康だって体の健康と同じくらい責任ありませんか?

学校で毎日精神的に追いつめられて、自殺した…
いじめがあると親子で訴えてもなかなか聞いてくれず、
子供が絶望して死んでしまった…
生徒の暴力(犯罪も)をふせげなかったことに責任はあると思いますよ。
学校で食中毒になったら学校にも責任ありますよね?
学校で心の病気になったら責任ないというのはおかしいのではないでしょうか。
怪我したら問題になりますよね??心の傷は??みたいな…
親にも責任はあると思うけれど、学校にもありますよね。

学校が全部悪いという意見にはいきどおりを感じますが。


774 :16の284:2006/11/29(水) 21:37:59 ID:ucFGv9wV
>>770
同意。

ただニュアンスとして違うのは
漏れは「親に正しい子どもの教育を期待する」のも現実的ではないと思う。
親だって完全な人間ではないのだから。

それと「いじめを根絶すること」は不可能だが
減らすことは可能。だからその方策についての議論は
決して無意味ではないと強調したい。

775 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:38:40 ID:3BzLOse8
議論に必要な最低限の知性の無い者は徹底スルー推奨

追加:tZ74C3MX

776 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:39:27 ID:3Bnpv7E6
>>769
ちゃんとした家庭
子供に犯罪行為をおこさせないよう教育できる家庭。
人の痛みを教育できる家庭。
ゴミの投げ捨てをしない、経済的な余裕があるのに、
給食費未納などモラルの無い行いをしない親のもとで育った子供の家庭。

777 :H:2006/11/29(水) 21:39:42 ID:PvA+TrbH
>>768
あ、そうなんですか。ええと、気を付けます。
教えて下さってありがとうございます。失礼しました。

778 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:41:06 ID:55XEgadK
>>770
ところで亀レスいいかい?

>>679でさ、厚生労働省と一般企業のアルバイトの意味が違うと言ったけど
それだと厚生労働省の定義と辞書の定義が一致するとは限らないよね。
すると、君の>>634は反論になっていない訳なんだけど。
まあ、揚げ足ととりとスレ違いなのでスルーしちゃうもんねー、
ってな具合に自分の失敗は認めないで、この件については沈黙するだろうけど
もう少し自爆しないよう頭使おうね、僕ちゃん。

とりあえず、突っ込み入れられる前に消えた方がいいとアドバイス。
ひょっとして俺様ちゃんって結構やさしい?

779 :前スレ504:2006/11/29(水) 21:43:14 ID:M7YxQtr6
>>760
>具体的な対処法は難しいですよ、そう簡単には出てこなくても仕方ないのでは?

ですから、私がここのスレでさんざん言っているように、司法に訴えるのです。
あなたは私のレスを読んでいないのですか?

>いじめられてる子の自殺をくいとめたりする方法を
>私は優先に考えたいと思ってますが…。

自殺を食い止めるというのは、いじめ問題そのものの解決とは別の次元の話でしょ?

780 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:44:53 ID:3BzLOse8
スルー対象にM7YxQtr6も追加

781 :前スレ504:2006/11/29(水) 21:47:00 ID:M7YxQtr6
>>777
あなたは何で簡単にその人の言いなりになってしまうのですか?
私の書き込みは、あなたから見て、読む価値がない内容ですか?

782 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:49:32 ID:KA4kGpsT
>>781

>>241のレスは、どうなったんでちゅか?

783 :実習生さん:2006/11/29(水) 21:56:07 ID:55XEgadK
>>773
教材研究というのは、先生は生徒に授業するに当たって
どのような教材を使い、どのように教えるかいろいろ考えるですよ。
一応教育学部に在籍していたのでちょっとそこら辺はやったことがあったわけです。

>しかし警告は理解できても、ちゃんとは理解できてなかったり…
>たとえば、この屋上は柵がないから危ないよ…とか、だと学校側の管理にも問題ありますよね。

もちろんそう言った意味で問題がないとは言いません。
ですが、それ以上に個人に対して責任を追及すべきだと考えます。
それをしないからこそ、教育の場で今のような問題が起こるのだと思います。
外的要因に過度の責任を求めるのは個人の自由と思考を奪うものだと思います。
国民総馬鹿時代はあまり受け入れたくありません。

そう言った意味合いも踏まえて、とりあえず自分は学校に期待している役割、
それ自体に疑問を持っているんですよ、自分は。
ちょっと言葉が足りませんでしたね。
世間でイメージしている学校に期待している役割、ですね。
だから>755でこう言ったわけです。

>そもそも学校なんて読み書きそろばんの他は集団生活という場の提供
>それに伴う規範に従うことを学ぶくらいしか求めるべきじゃないのに、
>なぜ個人の面倒まで押しつけられなければならないんだか。

現状の予算、スタッフを前提に考えるのであればそれ以上は無理
と前は言いませんが、かなり余裕のない、負担の大きい役割を押しつけることになる
自分はそう考えます。


784 :前スレ504:2006/11/29(水) 21:58:05 ID:M7YxQtr6
ここのスレは、いつからいじめっ子が傷を舐め合うサロンになってしまったのだろう。
そして、いじめられたのは、学校が悪い、相手の親が悪い、社会が悪いと愚痴の言い合い。
いじめは良くないと言いながら、平気で俺をいじめている。すごい矛盾。

785 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:00:18 ID:3BzLOse8
ディベートでの反論が出来ないと、すぐに>>784みたいな事をいう奴って、ある意味名物だよねw

786 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:05:26 ID:M7YxQtr6
傍観者は加害者と言いながら、みんな俺に対するいじめを傍観しているじゃないか。
みんな奇麗事を言っているだけの偽善者だよ。
これでは、いじめ問題は絶対に解決しない。
だって偽善者の君達に、いじめを語る資格がないもの。

787 :H:2006/11/29(水) 22:05:39 ID:PvA+TrbH
>>783
ご説明ありがとうございます。
かなり余裕のない、負担の大きい役割を押しつけることになる
→確かにそうですね。
だからと言ってそういう制度の中教師になったのだから責任が無いわけではないと考えています。
でも全責任がある訳ではないとも思っています。

私が学校に、と言ったのは、個人のことではありませんでした。それでずれていたらすみません。
校長自殺の時、私は、学校全体の責任や教育委員会が全部校長に背負わせたのに怒りを感じていました。
責任のなすりつけあいの結果、校長は犠牲になったのでは…と。
教育委員会や担任や学年の先生達、皆、責任といったら変化もしれないけど、
考えないといけなかったのに、『あいつ個人が悪い』となっていたように思いました。

なので個人におしつけすぎ、というのは、もっともだと思いました。

788 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:07:15 ID:M7YxQtr6
>>787
あなた、完全に俺を無視?あなたのやっていること、完全にいじめだよ。

789 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:08:46 ID:M7YxQtr6
>>787
いじめは良くないと言いながら、人をいじめる偽善者。
早く気付いて下さい。

790 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:09:44 ID:tZ74C3MX
3BzLOse8はディベートさえ出来ないクセしてただヤジ出しするだけのバカ。



767 名前: 実習生さん [sage] 投稿日: 2006/11/29(水) 21:28:42 ID:3BzLOse8
>>754
Sgtebasj は例の馬鹿です。スルーしてください。

775 名前: 実習生さん [sage] 投稿日: 2006/11/29(水) 21:38:40 ID:3BzLOse8
議論に必要な最低限の知性の無い者は徹底スルー推奨

追加:tZ74C3MX

780 名前: 実習生さん [sage] 投稿日: 2006/11/29(水) 21:44:53 ID:3BzLOse8
スルー対象にM7YxQtr6も追加


785 名前: 実習生さん [sage] 投稿日: 2006/11/29(水) 22:00:18 ID:3BzLOse8
ディベートでの反論が出来ないと、すぐに>>784みたいな事をいう奴って、ある意味名物だよねw




791 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:11:54 ID:M7YxQtr6
わたしは生身の人間です。生きている人間です。分かりますか?
他の人もみな傍観しています。傍観も加害者と言っておきながら。
ここのスレの連中、結局みんな偽善者だったんだね。

792 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:12:33 ID:55XEgadK
>>784
や、すまん、そこ間違ってたわ、笑って許せ。
みたいに、自分が間違っていることを認め、訂正して先に進めばいいんだよ。
そもそも、意見の交換をする上で互いの主張が衝突することはざら。
逆に衝突するからこそ新たな視点が得られる。
で、その衝突する意見がお互い立ち位置や方向性の違いはあれ
否定できないものだからお互いその先を考える、そう言うモンだろ?
その過程で主張の妥当性を検討することは当然のプロセスで
そこで前提がおかしいから指摘を受けただけだろうが。
それとも誤った前提で誤った結論を出すのが正しいとでも?

君が勝ち負けとか自分の意見の正当性とかそんなものに拘っていなければ、
意見の交換による問題解決を目的とするならば
そんな泣き言がでるはずはないんだが。
なお、ディベート(討論)しているつもりなら負け犬の遠吠え。
で、君は何がしたいんだい?

793 :H:2006/11/29(水) 22:13:08 ID:PvA+TrbH
何とお返事したら良いものか考えていました。
良くわからなくなって来て…
全部間違ってるとは思わないけど、
あなたはずっといじめられる、等という傷つける意見には賛成できないな、と思って…
それであのように返事を投稿したのですが、指摘されて、
私が言うことでもなかったかな、と思って。;;
この書き込みじ自体ダメだったらすみません。
この話は多分意味がないですよね?;だからこれで終わりにしますね。


794 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:14:56 ID:M7YxQtr6
誰か、この状況を救える人いる?
だれもいないよね。だってみんな偽善者だもん。
ここのスレの書き込み、みんな嘘じゃん。
みんな、嘘にマジレスかよ。

795 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:19:49 ID:3Bnpv7E6
ここは、参加するのも自由。
参加しないのも自由。
自ら身を引けば、追いかけてまで危害を加えられる事は無い。

796 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:21:20 ID:M7YxQtr6
>>795
いじめらっれっ子が転校しろと?いじめられる側に原因がある論者か?

797 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:23:22 ID:NHcLYLnL
流れに逆らってまで自論を推し進めようとする人は大概嫌われる。

新参であろう人を責め続ける行為もまた、いじめに通じる物がある。

自分たちと同じ不快感を味わわないようにとの配慮から
「無視」という行為を推奨する事を親切心と見るか、犯罪教唆と見るか。

自分を受け入れない者を偽善者と決め付ける行為を、
他者は被害妄想とみるか、侮辱とみるか。

この状況をいじめとし、法で解決出来るのであれば、してみたら良い。
それでこそ説得力が増すというものだろう。

798 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:26:29 ID:M7YxQtr6
>>792
>自分が間違っていることを認め、訂正して先に進めばいいんだよ。

あなたこそ自分が間違っていることを認めませんよね?
そんな自分勝手な理屈が通ると思っているんですか?
それに、スレ違いなのは事実です。

799 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:29:59 ID:3BzLOse8
>>M7YxQtr6
あんた、既に荒らしと同じ状態だよ。
相手の発言に反論しないまま自己主張し続けて、
無視されたら被害者面?

800 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:30:14 ID:55XEgadK
>>787
制度の中、教師を選択したというのは確かにありますね。
ですから職務に対する責任は当然あります。
ただ問題にしているのはその職務内容なんですよ。
まあ、これは個人的に先生に対して贔屓しているところがないとは言いません。
教育実習の結果、学校の近くではロクにエロ本も買えなくなったことから
必要以上に先生という役割に対し幻想を抱いているような気はします。
でも、どこでも24時間先生だからたまんねーよなー。

>責任のなすりつけあいの結果、校長は犠牲になったのでは…と。

もしそう思うなら自殺した子供の親も責めるべきです。
なぜなら子供の逃げ場にならなかったという意味で親の責任は重大です。
その自らの非を教育関係者になすりつけたのは卑劣な行為です。
昨日も言った通り、個人レベルでは関わった全ての人間が悪い、
と言うのが自分の考えです。
他者ではなく、もっと自らの責任を考えるようになるべきだと思いますよ、自分は。

801 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:30:16 ID:M7YxQtr6
>>797
あなたはこの状況を、いじめだと思いますか、思いませんか?

802 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:31:08 ID:tP9OW7zB
そういや2ちゃんでは専ブラ使って、嫌なIDを打ち込んで
あぼーんする権利を行使してもいいんだっけな

803 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:31:11 ID:KA4kGpsT
>>798

>>241で嘘をついて、その後スルーしたオマエが他人に何を言えるのかな。


804 :H:2006/11/29(水) 22:32:59 ID:PvA+TrbH
>>797の方と504の方
あの、793で解決したと思っちゃってましたが、無視って私のことですか??;
何とお返事したら良いものか考えていました。というのは、
無視しようと思ったわけでなくなかなかどう返事してよいかわからなかっただけです。
という意味です。言い訳じみてるかもだけど、訳を言ってるのだからそれは勘弁して下さい;
私が言うことでもなかったかな、ということに他意はないですよ。
そのまんまの意味なんですが…
756は中傷かな?と思って、疑問を感じて、返事をしたけど、
指摘されて、私が言うことでもなかったかな、と思いました。
ので、この会話に意味はないから、終わりますね…と。
とりあえず、これっていじめですか?;;違いますよ。

805 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:36:05 ID:55XEgadK
>>798
ならば具体的な箇所を指摘し、どこがどこが間違っているか言えばいい。
少なくとも俺はそうしただろ?
仮にそれが間違っていなければ、こっちの解釈がどう違うとか、
指摘した点についてどうだとか、反論ができるはずだろう?
自分ができることをしないで他者を非難だけするのは
それは最近君が言っている他力本願な態度だとは思わないかい?

前スレからずいぶん意見が変わったんで、自説を変えることのできる
柔軟な思考を持った奴かと思っていたのに、がっかりさせるなよ。

もういいからコテ捨てな。
やり直した方がいいって。
見ててイタイよ、君。

806 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:36:17 ID:NHcLYLnL
>>801
いじめだとは思いません。

主に見えるのは、彼方が一方的に他者を責め、
責められた者がそれを避けている事。

そして、彼方と ID:KA4kGpsTの口喧嘩です。

807 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:40:09 ID:M7YxQtr6
>>805
>もういいからコテ捨てな。
>やり直した方がいいって。
>見ててイタイよ、君。

あなたは本当に仕切り屋ですね。
もしかしていじめっ子?

808 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:40:47 ID:NHcLYLnL
>>801
追記:
あと、 ID:55XEgadKが彼方の過ちを指摘している事。
それを彼方が頑なに拒絶している事ですね。

809 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:43:07 ID:tP9OW7zB
>>779 :前スレ504:2006/11/29(水) 21:43:14 ID:M7YxQtr6
>>ですから、私がここのスレでさんざん言っているように、司法に訴えるのです。

ID:M7YxQtr6へ。実践のときです。
「ここのスレで自分がいじめられてる」と、司法に訴えなさい。どうぞ。
>>779で自分がそう主張してるのですから、是非ともやってください。

810 :H:2006/11/29(水) 22:43:31 ID:PvA+TrbH
>>800
ただ問題にしているのはその職務内容なんですよ
→そしたら私は責任のことでひっかかっていたので、完璧ずれていましたね。すみません;;
先生になることを選んだのだから、そんなんできねえよというのはちょっとおかしい。

はい、子供の親にも勿論責任はあると思いますよ?
しかし、学校側にも責任はありますから、学校をせめるのはおかしくないと思います。
自分たちの責任は分かった上で、いまはなき子供にかわって
学校側の責任をあきらかにするのも、りっぱな保護者のつとめだと思います。
それに直接子供をいじめていた子達の問題とかも、子供を生前守れなかった分、親は果たすべきです。
しかし校長にだけ皆でおしつけるのはおかしいですよね。
特に教育委員会。(態度みてれば皆おかしいと思ったでしょうけれど)
だから、押し付け合い、と言ったのですが…
子供が死んで、一番辛いのはどちらかというと親です。
自分たちの事を、言わずとも当然せめると思いますよ。

811 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:45:59 ID:ccQKMILf
てst

812 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:46:19 ID:M7YxQtr6
>>806
>いじめだとは思いません。

学校はいじめを認めたがらないですからねえ。

>主に見えるのは、彼方が一方的に他者を責め、

私が他者を責めている?口調は攻撃的ですが、
文章の中身を見てもらいたいですね。

>責められた者がそれを避けている事。

ここは仲良しサロンですか?
いじめられて死にたいくらい悩んでいる人がいるのだから、
もっと現実的な議論を要望したっていいでしょう?

813 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:48:07 ID:M7YxQtr6
>>809
本当にやってもいいんですか?
いいならやってみようかな?

814 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:51:51 ID:ccQKMILf
うぉ、夕方よりめちゃスレ伸びてるw

815 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:52:45 ID:KA4kGpsT
>>806
口喧嘩ではない。
>>前スレ504が「法律を知り、イジメを解決してきた」と書いたことに対して、
その具体的な実例を問うているだけ。
「調子に乗って書き過ぎた」とでも書いてくれれば追求するつもりも無い。

816 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:54:02 ID:tP9OW7zB
>>813
どうぞ。やってみてください。
こちらは法律違反をやらかしたという事実はありませんし、
ましてやスレのルールを破ったということもしておりません。

それでも「いじめだ」と貴方が認識されたのでしたら、それこそしかるべきところに訴え出るべきでしょう。
それが正しいかどうか、結果を見定めてみてるのも選択肢の一つでしょう。別に止めませんのでどうぞ。

817 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:54:16 ID:OzAuTZnN
>>813
早くやれ

818 :H:2006/11/29(水) 22:56:48 ID:PvA+TrbH
>>800
810に補足ですが、関わった全ての人間が悪いというのは、違うと思います。
自分で何もしないいじめられっこが悪いと言いますが、
いじめられた理由はただなんとなくというだけで、
いじめっこにもやめて、とあらがい、主張することは主張し、
先生にも親にもなんども相談しても解決しなかった人
わたしはその人は、けして悪くないと思います。

痴漢されて、恐怖で何も言えなくなってしまったら、した方もされた方も悪いのですか?
ちがいますよ。
たとえ、痴漢された人が、あまり誉められた性格ではなくても、
痴漢した人が一方的に悪いです。

819 :実習生さん:2006/11/29(水) 22:56:48 ID:55XEgadK
>>810
>先生になることを選んだのだから、そんなんできねえよというのはちょっとおかしい。

おかしいとは思いません。
ただ、できないなら粛々と転職すべきでしょう。
自殺した新宿の女性教諭みたいにいらん義務感を全うしようとして追い込まれるよるよっぽどマシ。
ああ、若い女教師が死んでしまうのは悲しいことです。
死ぬくらいなら、嫁にでもなってくれればいいのに。

それはともかく。

>自分たちの責任は分かった上で、いまはなき子供にかわって
>学校側の責任をあきらかにするのも、りっぱな保護者のつとめだと思います。

いいえ、自分はそう思いません。
それはいじめに関与しなかった第三者であるべきです。
なぜなら、その責任は関わった全ての人間にあり、
その責任の重さをできるだけ正確に判断すべきだと思うからです。
それができなければ、いじめの経緯や真相は分からないままです。
誰だって自分がかわいい、だからこそ意識的にしろ無意識的にしろ
責任を押しつけあることは避けられないからです。
もし、自殺したことを経験として蓄積することを考えるのならば
保護者ではなく第三者による責任追及は譲れないと思います。
なお、遺族のカタルシスは一切考慮していません、念のため。

820 :前スレ504:2006/11/29(水) 22:58:21 ID:M7YxQtr6
>>815
>その具体的な実例を問うているだけ。

俺の実例を挙げても、他人とは状況が違うのだから、
それほど意味があるとは思えない。
もっと他に大切なものがある。

821 :前スレ504:2006/11/29(水) 23:01:03 ID:M7YxQtr6
>>816
>こちらは法律違反をやらかしたという事実はありませんし、

それはあなたではなく裁判所が決めることです。

822 :H:2006/11/29(水) 23:01:51 ID:PvA+TrbH
またずれてしまいました。
第三者による責任追及があればいいですけど、
なかったり、学校が隠蔽しようとしたから保護者が動くのではないのでしょうか?

『そんなことできねえよ』というのは、教師が、自分ができないからと言って、
できないのにおしつける方が悪いと開き直ることです。
自分にはできないや。と思って転職するのは別に悪いことじゃないし。

あと、ちょっとそれるかもしれないけど
いじめの隠蔽の話ですが、
あれは校長まで話がいってないことが多いんですよね?
教頭までで校長にはあまり話が行かない様になっていると、教師やっている叔父から聞いたことがあります。

823 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:03:38 ID:KA4kGpsT
>>820

あくまで一つの例であることは理解しているから心配するな。


824 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:05:23 ID:KA4kGpsT
>>820
>俺の実例を挙げても、他人とは状況が違うのだから、

あたりまえだ。

825 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:06:03 ID:NHcLYLnL
>>812
>791 名前:前スレ504[] 投稿日:2006/11/29(水) 22:11:54 ID:M7YxQtr6
>わたしは生身の人間です。生きている人間です。分かりますか?
>他の人もみな傍観しています。傍観も加害者と言っておきながら。
>ここのスレの連中、結局みんな偽善者だったんだね。

これの中身?皆をなじっているようにしか見えませんよ。

>もっと現実的な議論を要望したっていいでしょう?
>>321より。これを読んで、現実的だと言える人がいるのでしょうか。
>俺自身は学生、生徒時代に警察や裁判所を利用したことはない。
>だから、仮に中学生が警察や裁判所を利用して、その後どうなるかは分からない。

人のを現実的で無いというなら、彼方のも現実的ではありません。
皆はその行動の「後」を気にしているのです。
その後どうなるか分からない行為が、どうして現実的だと言えるのですか。

>>815
そうですか、それは失礼しました。
その様な自覚があるのでしたら、私がとやかく言う事などありません。

826 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:06:52 ID:6Sc06sRx
いじめられる子を長期休暇中に集めて合宿
徹底的に肉体・精神を鍛える!
これで解決でしょ
弱いものを虐げるのは生き物の本能みたいなもんだから
強くなるしかない


827 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:07:44 ID:JNRe2aV9
なんで大人はいじめの対策はするのに、自分達は変わらないの?こんな世の中にしたのは大人なんだから、子供を変えようとする前にまず自分達から変わらなきゃいけないんじゃないかな?

828 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:07:56 ID:AwEy7OnO
個人的な時間上、皆さんがいる時間にカキコできないのがくやしいですが
 虐めをなくしたい、やめさせたい!
 たいていの人は前出で言ったようにみんな思っていると信じています。
 そのためには何をすべきか、何ができるか?
 具体策を話そう。
 因みに僕は今日、
何の意味も無いかもしれないけど、近所の小学校に
 用事があったので逝った時、虐めの話を校長としてきた。
 福島県 い、、、市 う、、、町、、、、、中学校の校長です。
 その校長は今日このスレを読むと約束してくれた。
 
 これだけでもほんの少しでも何かが変わればいいと思う。

 毎回わけワカメでごめん。
 具体策、具体策を考えよう

                また朝に、、、、

829 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:08:13 ID:tP9OW7zB
>>821
しかし訴えの無いものを裁判所は判断の使用がありません。

ところで私を何の罪で具体的に訴えるのでしょうか?

830 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:08:16 ID:55XEgadK
>>818
>痴漢した人が一方的に悪いです。

その通り。否定はしません。
ですが、そこで思い出していただきたいのが世の中やられ損だと言うこと。
大事なのはやられないことなのです。
善悪の認定は、必ずしも問題の解決に繋がるとは限りません。
それと、善悪と負うべき責任も必ずしも一致しません。
善悪は観念であり、長い期間で見れば大きな影響力はありますが
即時的にはあまり役に立たないことが多いのです、悲しいことに。
ですから、痴漢に遭うような隙をつくるお前が悪い、と言う物言いも
自衛、と言う意識を高めるには効果的であることも確かです。
つまり即時的な対応の動機付けとして観念を利用しているわけですね。

831 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:08:30 ID:KA4kGpsT
>>825
>その様な自覚があるのでしたら、私がとやかく言う事などありません。

あんたが言うまでも無いことだ。

832 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:09:32 ID:Hzdgvb+/
どっからがいじめなわけ?
無視もいじめ?

いじめられっ子の方にいじめられる要素が詰まってんじゃねぇの?
ブスだったりぶりっこだったり。
なんもねぇ奴にいじめなんかしねぇよ。

833 :前スレ504:2006/11/29(水) 23:10:22 ID:M7YxQtr6
>>829
検討します。

834 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:11:06 ID:3BzLOse8
スルー対象追加:Hzdgvb+/

835 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:13:06 ID:ZSn5a48F
ほぉ「見て見ぬふりも加害者」と?
やっぱ面白いなヤンキー先生は。
こちとら「密告ったら殺す」とまで言われてるんだぜ?
加害者になるのが嫌で密告ったら被害者になるんだぜ?
これ以上被害者を増やしたいと?
あんたらいじめを無くすためにやってるんとちゃうんかと。
それじゃあ加害者被害者のはっきりした二分化は出来ても
被害者の数が増えるだけでっせ?

836 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:13:49 ID:55XEgadK
>>822
保護者が発起人となることはかまわないと思います。
ですが、その調査、判断は保護者がすべきではないと思います。

>あれは校長まで話がいってないことが多いんですよね?
>教頭までで校長にはあまり話が行かない様になっていると、教師やっている叔父から聞いたことがあります。

実のところ、文科省のいじめに対策の数値目標の設定で隠匿体質が蔓延したという話も。
その辺は前スレの終わりの方で触れていたレスがありましたよ。
まあ、無理のない話だとは思いましたが。

837 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:15:41 ID:tP9OW7zB
>>833
検討の余地は無いと思うんですが。
だって貴方は「いじめ」と判断しましたよね(>>791参照)?
>>779では司法に訴えるしかないと断定しましたよね?
さらにはこちらの罪状を決めるのは裁判所とまで言い切りましたよね(>>821参照)?
ならば最早、検討の余地も無いはずですが、何をためらっているのですか?

「ここのスレでイジメにあった」、これを裁判所に訴えでないのは不自然極まりないのですが?
それとも今までのことを全て覆す気ですか?

838 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:16:29 ID:Hzdgvb+/
スルーしてなんになんの?何にも解決しなくない?
あんた教師だとしたら超最悪。
その他だったらここにいるだけのただの偽善者。

839 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:16:46 ID:C72dMX/T
いじめでくじけるぐらいなら
この先の人生耐えることはできないんじゃないの。
だいたい、なんでも大人のせいにする、都合のいいときだけ
子供ズらする中学生。
さいてーpppp

840 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:16:53 ID:aqPGVscf
嫌われてるのが一目瞭然なのに1人になりたくないからって私のグループについてくる人がいる。

その人は性格も高慢で何でもお金で解決しようとする。体型もチビでデブ。いつも「ダイエットしなきゃ」とか言ってる。


グループで話してるとその人悪口がよく出る。
これっていじめ?

841 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:17:02 ID:ccQKMILf
>>743 ID:tP9OW7zB

超亀レスで申し訳ないけど、暇だったら読んで。


警察に駆け込むなり弁護士に相談するなりするってのはもちろん
被害者にとって当然の権利だし、やれるならばやったほうがいいのはわかる。

ただ、大事になるのを嫌い、なかなか踏み出せない人も多いと思う。
だから、そういった人たちにもヘタレと言われようが、ただの逃げといわれようが
家にこもっても次のステップに進むことができることを知ってほしいだけ。

加害者に被害者の人権を主張している間にも、凄惨ないじめに遭い深刻な状態にいる人だっている。
だから、まず被害者にとって司法に訴えるほど敷居が高くない理避難方法を示した。
傷害犯とその被害者がいたら、まず被害者を救護するのが先ってだけ。
被害者死んじゃったら犯人が捕まったとしても浮かばれない。

これが被害者に現実論ばかりを押し付けているように見えたのなら残念。


842 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:18:31 ID:55XEgadK
藻前等、政治は情が必要だ。
そう正論ばっかりでは504もくるしかろう。

反省文と記者会見くらいで許そうじゃないか。
と言う時事ネタ。

843 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:20:26 ID:R56ua8LZ
多少の体罰も復活していいて普通に

あたりまえじゃん ガキも親もおかしくなってんだから

何を国のトップまで親にこびてるんだか

奇麗事ばかりいって 韓国に食われた日本になったじゃないか

出席停止 傍観者も 先生も 体罰有  これでOKだって

先進国のふりばかりするの辞めて 日本人にあった教育 汁!!

何が誉める教育だ? いじめだらけになってるじゃん逆に!

844 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:21:17 ID:JPL/Dy6C
ニュース23に出てた評論家はなんだ、ありゃ?
何がいいてーんだ?一体?
あれもこれもダメダメ
奴は自分の意見を言わなかった
あんなふうに人の意見を否定ばかりするのは簡単だ
あれで評論家なら、ここにいる奴らの方がましだと思われ

845 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:22:23 ID:Hzdgvb+/
>>840
全然。
相手に明らかなうざさがあるでしょう。

846 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:24:44 ID:KA4kGpsT
>>837
スルーされたなw

847 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:40:33 ID:QAzH9PKf
さあ、教師イジメが社会的に始まりそうだな

848 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:42:40 ID:JPL/Dy6C
すげー事言ったな
バカが
いじめる側を出席停止処分すると、そいつの将来が危ぶまれるって何だ?
いじめられる奴は、いじめられて将来が不安になってるのにな

849 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:45:07 ID:qAvzgyL4
義家センセイが「イジメは傍観していた生徒も加害者だ」と発言したらしいが、
それを言うなら、「見て見ない振りをしている教師も加害者」だ。

だいたい、学級で仲間外れや溶け込めない生徒がいるのに、強引にグループ学習(討議)ばかりやっても、被害者生徒に学習成果は生まれない。
現実的には、授業中にイジメ等を無くす方が無理なのだから、
むしろグループ学習をせずに、教師が講義形式で加害者生徒らと授業中で対決していれば、その分、被害者生徒が授業中にイジメに遭わないでいられ、結果的には被害者生徒を守れる形になると思うのだが

850 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:45:47 ID:6XQhaG4D
報ステだったか、今回の提言について
顔モザ声加工でインタビュー受けてた現役教師、
「現場を知らない人間の理想論」て、確かにそうかもしれんけど、
だったら‘素人’に口出しされる前に
現場を知ってるお前らがもっとしっかりやれよ、とも思うよね。

851 :実習生さん:2006/11/29(水) 23:56:21 ID:ZSn5a48F
教師はまるで「製造物b責任法」のようだ。
なんか言われたら「徹底指導はしました」「最善は尽くしました」
お前ら口頭で言ってるだけとちゃうんかと。
いじめられてることに気づいても「私はちゃんと道徳の時間に勉強させました」って
その道徳の時間に鼻くそほじったり居眠りしたり教室にいなかったやつはいるんじゃないかと。

852 :実習生さん:2006/11/30(木) 00:03:53 ID:tZ74C3MX
>>851
いじめられっ子みたいな奴らに相手にしろと言われても教師は他のことで忙しいだろう。
自分のことは自分で解決してもらわないと困るんだよ。

853 :実習生さん:2006/11/30(木) 00:04:42 ID:4MdaR+VG
>>851
結局、教師というのはいじめを解決する力にはならないんだ
むしろ助長させる働きも含めてるといえる

854 :H:2006/11/30(木) 00:05:52 ID:Gw3zZjMy
長くなったので分けます。
やられないことが大事だとは思いません。やらないことが大事です。
皆傍観者になれば良いと言ってる様なことになっちゃいます。 即時的にはあまり役に立たないことでも、大事ではありませんか?
やらない意識を高めることが、いじめを減らすことにつながるのでは? よく考えたらわかると思うけど、 痴漢に遭うような隙をつくるお前が悪い、と言う物言いは、
まちがっています。 痴漢に遭うような隙をつくらないようにして、なるべく回避しよう!! というのはあってます。
まず、『いじめは悪い』というのは前提として、 そのうえで『いじめられてる子はこうしよう』『先生はこうしよう』『親は…』 とするのが筋です。
『いじめても良い』と、『いじめ』を認めることになってしまいます。 そういう世論とかが、いじめをあおっているし、いじめやすい雰囲気をつくってるんです…
違いますか…?; 関わった皆が悪い、というのは間違ってませんか。 いじめた方が悪い、というのは、別に必ずしも誰かに責任を押しつけている、ということにはならいですよ。
責任をおしつけている訳ではありません。痴漢と同じで、その行為は、悪いことに変わりないということです。
悪くない人を悪いということで自衛の意識を高めるのは間違っていますよ。
自衛の意識は高まるけど、それだと被害にあった人がなぜか皆にせめられる、
という状態になりますよね。(というかなってますよね。) せめられるべきはまず犯罪を犯した方なのに、 自衛があまかったといって、ただでさえ被害にあった被害者を『悪い』とするのは、
言われたほうからするとたまったものではありません。


855 :H:2006/11/30(木) 00:07:40 ID:PvA+TrbH
続きです。
『自衛しましょう』と呼びかけることは間違ってはいません。 しかし自衛しない方が悪いというのはおかしいです。
『いじめ』という、行為、は、いけないことで、絶対的に悪い、 これははっきりすべきではないでようか。
でもいじめっこの人格が悪いのかというと、それはまた別の問題であると思うんです。
いじめっこの心の問題は、善悪論では解決しないと思いますが、 いじめが起こった場合、いじめた側は、悪いのかどうかさえはっきりしないのであれば、
いじめは減らないし、増え続けるし、 それこそいじめられた子は、『いじめられたことに、責任はなかった』という自信すらもてず、
今以上に泣き寝入りです。
『いじめた方が悪いというなら、いじめられた方も悪かった…?
じゃあいじめっこにはなんの責任もなくて、
見て見ぬふりをした先生もえめてはいけないの…?』
『なんでもない理由でいじめられて、できる限りの行動はしたのに、相手が悪いのではないの…?』
自殺者、増えてしまいませんか…


856 :前スレ503:2006/11/30(木) 00:08:34 ID:zRqyyt/7
議論が活発になって読むのが大変な反面、嬉しく思います。
でもあまり長文だと斜め読みになっちゃって申し訳ない。

>>827
仰るとおりです。
大人が変わる手本を示さないでどうするか!! と私も思います。
(今、たくさんの大人たちが考え行動し始めたと信じたいです)

>>前スレ504
辛らつで断定的な発言はあるものの、他の方との議論でも正しいことを
言っていると感じることが多く私的には高ポイントを稼いでいると思い
ます。

たまに私からの質問にお返事いただけないことがあるのは、他の事で忙しい
からだと思うようにしてますが実は無視されてる? あなたに対するレスポン
スを止めさせようとする発言がいくつかありますが、私は私の判断に基づい
て行動するつもりであることを申し上げておきます。


>掲示板上でのいじめについて
言い合いなのか、一方的な中傷なのか。
スルーという対応やフィルタリング(?)といった対策をどう見るか。
匿名に対する名誉毀損は成立するのか。
正直、よくわかりません。


そろそろ脳がぼんやりしてきたので休みます。

仕事が忙しくなる前に緊急提言をよく読んでおきたいな....


おやすみなさい。

857 :実習生さん:2006/11/30(木) 00:11:12 ID:fg5foHTQ
>>856
>今、たくさんの大人たちが考え行動し始めたと信じたいです

信じるだけムダ
このまま日本の社会はズルズルいってしまうんだから

858 :実習生さん:2006/11/30(木) 00:11:37 ID:SKSJuD6d
教師が悪い
↓ゆとり教育で生徒一人一人にかまってられない

ゆとり教育が悪い
↓道徳力の低い子供が増えた

子供が悪い
↓道徳力がないのは教師がしかり教えないからだ

教師が悪い

859 :実習生さん:2006/11/30(木) 00:12:27 ID:tUWG8tNO
教師に隠れていじめてるやつをどうにかしろって
教師に求めても無理だろ

860 :実習生さん:2006/11/30(木) 00:17:24 ID:MTLiZwVZ
>>857
確かに。まぁ何をどう信じようがそれは自由だけど。
単に今「旬の話題だから」ってだけだと思う。
ちょっと前は飲酒運転。もう殆ど忘れられてる。
年が明ける頃には皆飽きてるでしょう。
で、考えるのをやめてまたいずれ同じことが繰り返されるだけだろうね。
古館が熱弁振るったところで、大多数の人間にとっては
その後の市川さんの天気予報のほうが現実的には遥かに重要なんだと思うよ。

861 :前スレ503:2006/11/30(木) 00:21:02 ID:zRqyyt/7
言い忘れです。

いじめに対する意識を向上し、周知しておけばより処罰しやすくなるかなぁ
とか考えてます。 ちょっと強めのことを言うならば親への義務教育だけで
なく大人に対する義務教育もしちまえってなところです。


いじめられてる人へ
いじめ日記書いて、証拠あつめて備えておきましょう。
いじめを客観的に立証できれば加害者を出席停止にすることが可能に
なりそうです。


あっ!!
それから「傍観は加害」というのはそれを口実として申告しやすい状況
を作る意味もあるのでは? というご意見がありましたが私もそういっ
た面もあると考えます。


ではこんどこそ おやすみなさい。

※睡眠時間少ないと大事なことを見落としてしまうかも。
 休める人は休んだ方がいいですよ。 リアルも大切に。




862 :H:2006/11/30(木) 00:24:34 ID:Gw3zZjMy
>>836
調査、判断じゃなくて、その依頼とかです。調査しないことに対する訴えとか。
義務教育で、子供をその学校に預けているわけでしょう。
そこでトラブルが起きて、自分の子が迫害にあい、だれにも言えずに自殺したら、
親は、自分が力になれなかったこととかはもちろん悔やむでしょう。
ただそこで、学校の責任を問うのは別におかしいことじゃないと思うんです。
学校が全て悪いとか言っていたらおかしいけど、
隠蔽しようとしたりして、調査も何もしなかったら、してくれと訴えるのは当然では?
もし自分の子供が学校でいじめられて、ひとり抱え込んで自殺しても、
調査は第三者がするべきだから私は何もしません、となるんですか?
それもおかしいと思うけど…

教頭の話ですけど、(説明ありがとうございました、)
やっぱり組織的に隠そうとしたりするなら、
教師個人をせめるのはお門違いですね。(生徒を率先していじめてた教師は別だと思うけど)

863 :実習生さん:2006/11/30(木) 01:22:06 ID:CvbnmGfE
教師に期待しても無駄だという論者へ
子供は1日の大半を学校で過ごす。
学校での保護者は、教師だ。
無駄だと言う前に、教師が教師であるための難しさも理解するべき。
いじめる側もいじめられる側も教師も、みんなが考えて変わるべき

864 :実習生さん:2006/11/30(木) 01:29:35 ID:gEyuNWYf
このスレの趣旨は、いじめられている人間は絶対に救われなければならない!
そのためには多少過激だろうがなんだろうがやってしまおうって感じなんですか?

「いじめられている人間だけに改善を強いるのか?」という意見が多く馴れ合ってるように
見受けられるが、本当にそう思ってるのですか?
いじめられている人間に起こっている問題なのに、当事者の1人であるいじめられている本人は
何の対価も払わないで済むとでも?

被害者は何も悪くないから、何もしなくていいんですかね?
自然淘汰を否定するとかしないとかの問題じゃないと思います。被害者意識だけが前に出すぎでは?

865 :H:2006/11/30(木) 01:30:27 ID:BL4eBTr/
色々と勉強になりますね。
ええと、自分はそろそろ失礼します。

866 :実習生さん :2006/11/30(木) 01:59:51 ID:HsQs2/WM
いじめ常習犯には、内申書への明記を!
当人にも保護者にも必ず効果が期待できる。
進学先高校がいじめ常習犯に憂慮=受け入れ拒否するなら、
なおさらいじめ常習者の自己の客観的認識を促せ、効果ある。

867 :実習生さん:2006/11/30(木) 02:46:36 ID:eBDm5s9L
いじめられた人には、無条件に全面的に容姿、性格、いじめの原因すべてに対する
一切の非はまったく無いって自信をもって言ってあげればいい。

いじめの原因責任や自らの行動の不備を振り返る、反省、矯正するような発言や
問題提起など絶対にまったく初期には、いや他人はしなくていいと思う。
皆なにか履き違えていないか?
どんな崇高な理由であれいじめを受けた側に何か問題があったとしても100%いじめ
た側にすべての非がある前提でいいのではないのか?
理由如何ではいじめは許容すべきもんだいなのか?

>>被害者は何も悪くないから、何もしなくていいんですかね?
いじめの問題とはまったく関係ない。というよりアプローチが違うのではないか
最近のTVや皆の発言にも、「理由があるからいじめが起こってしまった」
「そんなに酷いいじめに遭うのは、何か理由があったのではないか?」
すべて理由如何では「あぁ、なるほどそれはいじめられるよな」って思う、思いたい
としか思えない。どころか100%いじめは悪いのではないと心のどこかで思って
いるのではないのか?
いじめに変に妥協する必要はまったく感じない。100%悪く卑怯でいい。
変な妥協があるからいじめ問題がややこしくなる、いじめられっこの原因問題はケアの一環
でしかないはずで、いじめ問題とは一切関係ないと思う。

868 :実習生さん:2006/11/30(木) 02:59:01 ID:O285TSSr
教師に期待もどうも 頭くさってんじゃないか?
教師は図書館司書のようなもんで
競争社会に順応できる子を育てるのは親の役目にきまってるじゃん
何冊もブックオフにいきゃ 子育ての仕方も100円くらいで売ってるし
いじめ問題なんて 権力争いの道具でマスコミが使ってたわけで
一番重要なことは親の責任放棄 それは成績を伸ばすことではない。
教師はある程度の管理と教材なり開発してりゃいいと
思う。試験も受けて免許もとって役人になってるんだから、本でも書いて
出してりゃ良い。もう競争社会なんだから日教組がいても、家庭教育で
変わり続ける順応力 会話力 対応力 論理力をつけるのは親の役目と
私は思う。公権力はふって湧いてない。試験に通過した勝ち組だから
学校はもう媚びなくていいと思う。今の親はおかしいっって・・まじで

869 :実習生さん:2006/11/30(木) 03:08:37 ID:MTLiZwVZ
結局この問題に関して、
教師って人種は期待されたいのかされたくないのか。
外に向かってしろだのするなだの言う前に
教師同士でその辺の意思統一しろよ。

870 :実習生さん:2006/11/30(木) 03:28:37 ID:gEyuNWYf
>>867
学校のクラス単位でのいじめならば、クラスという集団を統率するリーダー格の人間に
集団生活を送るにあたって「いじめてもかまわない程度の人間」と認識された時点で
集団の意思にそぐわない人間。

その集団の意思のもとに、「なぜ自分がそぐわないのか」を理解せず
「いじめは100%悪でしかない!」と正論を叫ぶだけでは、また同じ意思を持つ集団に
所属した場合、いじめられる可能性が高いと言ってるだけ。

871 :実習生さん:2006/11/30(木) 03:42:10 ID:eBDm5s9L
>>870
いや、いじめの可能性やどうこうではないでしょう?
>>「いじめは100%悪でしかない!」と正論を叫ぶだけでは、

何故そこに行き当たるのかな?あなたはいじめが悪でないとおもっているの?

確かにマクロでみれば、個々がいじめの原因を理解し、改善や強くなるのは必要だろう
(しかしいじめられた子個人的でだけね)
しかしミクロでは新たないじめのターゲットの個性や原因を持つ子がいじめられるの
を防ぐのには一切、有用ではない。
いじめという現象が問題なのか、いじめの原因が問題なのかを分けてなければ。
あなたの論理は理解できるが、それではすべてにおいて後追いでしかない。

872 :実習生さん:2006/11/30(木) 04:00:36 ID:gEyuNWYf
>>871
いじめを防ぐための話じゃなくて、不幸にもいじめられた場合の話ね。

いじめが起きない方法を考える場合には「いじめは100%悪」という考えは
必要だけど、いじめが実際に起こってしまったら、いじめられた側は
その考えだけではどうにもならないってこと。





873 :H:2006/11/30(木) 04:03:14 ID:BL4eBTr/
何だか寝れないので来てしまいました…

皆さんいじめられる方に問題あるとか言いますが、なんども言うけど、
とりあえず、どんな理由があれ『いじめ』を正当化できる理由なんてないですよ。
『いじめ』られても良い人間なんていないですよ。
それこそ相手がどんな最悪なヤツでも、『いじめ』ても良いことにはなりませんよ。

だからいじめられてる子は、『いじめ』に関しては罪悪感かんじたりする必要はありません。存在して良いんです、自信もってほしい。

まずはこれがきちんと前提に欲しいなと思います。

874 :実習生さん:2006/11/30(木) 04:27:23 ID:gEyuNWYf
いや・・・罪悪感を感じろとか言ってないよ。

いじめを正当化する理由もないよ。
だけど、自分が変わることなく、いじめに関する法律や自分が所属する集団等、周囲が変わっただけでは
同じ理由で再度いじめが起こることは否定できないし、そんな状態で自信なんか持てるのか?と聞きたい。



875 :H:2006/11/30(木) 04:51:09 ID:BL4eBTr/
いいえ、それは前に(昨日〜)述べたのを見ていただければわかると思いますが、私は両方大事ではという意見で…だからどちらかというと多分賛成ですね。
罪悪感は、世の中にといったら何だか変だけど、感じてる子がいるようなので述べました。
だれかが罪悪感かんじろと言ったとかではなくて;
特に個人様にあてた書き込みのつもりはなかったので、872がどうこうという意見ではなかったんです。
ちゃんとそういう風に書けば良かったですね。

876 :H:2006/11/30(木) 05:03:10 ID:BL4eBTr/
ええと、前に述べたのを探してきました。とりあえず、
745の最後に書いたような感じです。

877 :874:2006/11/30(木) 05:19:55 ID:gEyuNWYf
同じ理由で再度いじめが起こることは否定できないし

同じ理由で再度いじめが起こる可能性は否定できないし 
ですね。すいません。

今いじめを受けている子には「自分に罪がない」という考えは必要。
罪悪感を感じろなんて言ったら壊れてしまうかもしれない。


加害者がいじめる理由について、被害者が行動した場合、改善されるいじめもあるかもしれない。
それなのに「いじめは絶対悪」という考えのもとに、「なんで被害者が行動しなきゃならないんだ」と
言うのはどうかな。
何も、現在進行中のいじめだけじゃない。いじめなんてどこでいつ起こるかわからない。
次に再び起こるかもしれないいじめのためにも、単純な後追い論ではなく必要なことだと思う。

「いじめは悪」という正論に頼りすぎることが、本当にいじめを無くすことに繋がるのか疑問。



878 :実習生さん:2006/11/30(木) 05:37:26 ID:iZkBzi4n
虐めは悪?戦争は悪?
 そんなことを言っても、議論しても不毛でしょ?
 もう一度ウザイように 言います
 虐めは無いほうがいいっすよね?

879 :H:2006/11/30(木) 05:40:37 ID:BL4eBTr/
うーん…
ええと、いじめは悪い、
これはゆるぎません。
しかし、悪いからってなくなるかと言うとそうではないですよね。
だからいじめられてる子は、自分のために、行動してみるべきと思います。
けして、何もできない自分が悪いからということではなく、
自分のために、今受けている馬鹿ないじめを回避するために、
行動するのだと思います。
そこを間違えるとおかしいですよね。

もちろん、いじめを受けている心で、
行動できなかったとしても、
『いじめられた方』が『悪い』ということはないし、
咎められる必要もないです。


この行いは悪いという、しっかりした意識がないと、いじめは増える一方だと思います。
そういう意識を育てることは後のいじめを減らすことにも繋がりますし…
でもだからって、必ずしも正しいことが通るとは限らないですから、行動できる体力があるのに、ただ待っているだけというのはよくないですよね…

880 :実習生さん:2006/11/30(木) 05:40:42 ID:gEyuNWYf
>>878
いじめは無い方がいいから、被害者もできることはやったほうがいいんじゃない?

881 :H:2006/11/30(木) 05:48:33 ID:BL4eBTr/
>>878
いじめは悪です。
だから無い方が良いです。
何度も言うけど、
だから、いじめっこは、助けを求めて良いんです。いじめられてることを後ろめたく思う必要はまったく無いんです。
死を選ぶ前に相談して欲しいです。
行動してほしい。

でも、行動できなくても、それをせめるのはおかどちがいですよね。
出来ることで良いから、少しでも何か行動して欲しいけど、そんな余裕なくなってしまってる子もいますよね。
でもそれは行動できないその子が問題なのではなくて…

とかいうことをずっと言ってます。

882 :実習生さん:2006/11/30(木) 06:04:43 ID:iZkBzi4n
 で、、、、だから 無いほうが良い物は無くしたほうがいいっすよね?
そのための具体策を考えましょう

883 :H:2006/11/30(木) 06:13:56 ID:BL4eBTr/
あと、具体的なことも考えてますよ。まとまらないけど。ただちょっと待って下さい。↓
いじめられてる時って、
毎日毎日学校で、
自分の存在を否定されるじゃないですか。
理由聞いても『特にないけど、言うこときかなくてウザイのが悪い』とかずっと言われて。
先生は、『いじめられてる少数が問題なんだろ、だまっててくれれば良い、
別にいじめくらいさして悪いことじゃない』
親は、『いじめられる様な弱いヤツじゃないだろう』
『アンタに問題あるんでしょ』

私が全部悪いのかな、しんだ方が良いのかな、とか思いました。

だから、今、『いじめられてるヤツに罪はなーい!』
『軽い気持でやってる人、容認してる人、
いじめは悪いことだよ!』
とかいうことを、話し伝えたいし、…考えていきたいです。
無意味なことじゃないと思います。


884 :H:2006/11/30(木) 06:17:29 ID:BL4eBTr/
今いじめられてる子の対処の仕方は、考え付いたことは書いたので、
自分ができることを考えてみました。しかし、現場にいられないわけだから、
・どんな時も自分はいじめを認めない。
・いじめられてる子を応援する。
・悲惨さを忘れない。
くらいしか今のとこ思い付きませんでした。
でもアドバイスいただいた様に、
直接関わらなくても、というなら、
・子供には思い遣りを教える
・そういう優しい空気を少しでもつくる(ボランティア等に参加する)
等も…

あと、私に限らなければ、知り合いはサイトを開いて少しでも相談に乗るなど計画しているようです。いじめる側、いじめられる側両方経験し、カウンセラーになりたいと言ってる人も1人います。

私は今なにもできてないけど、傷を背負いながらでも立派になれるんだぞ!恐怖症だって鬱病だって克服できるんだぞ!
と、いじめられてる子に少しでも希望を持たせられる様に、ならなくてはと思いました。
ここで色々な意見を見て、
私は一応経験者として出来ることをやるべきなのかなぁ、と思ったので…すが、ただこれだと何年かかるか解りませんよね;;
他に、今、出来ることは何でしょうかね…??まだまだ考え途中です。

885 :ふーむ:2006/11/30(木) 06:40:31 ID:Rl5+MHP+
〉〉880
実習生さんは個人的に頭がいいと思うぞ。具体的ないじめを無くす方法を議論したいのでしょう。
いじめを無くすなんてのはもしかしたらできないかもしれない。
俺もいじめられてたからね。 俺はついにキレタラ、実際に、ぼこぼこにされてるときに一番上の奴(強そうな奴)
を一撃殴ってみたらそんだけでダウンしちゃってあとは眼力で周囲を全部黙らせたけどね。
それからは、皆影でひそひそになったね。まぁそれも地獄ではあったよ。どっちみち。
直接的に殴られてたほうがわかりやすくてまだいいとすら思ったね。

でも、いじめは無いほうがいいよ。当たり前。 具体的な方法としてもいくつか言えるよ。

その1つが自己認知を成人した大人が定期的に徹底してやる事。成人したら義務として1人1人が自分の事を定期的に自己認知しろってこと。

自分がどういう人間なのか、何に怒りを覚えるのか、何が好きなの?一日に何を朝から寝るまでにしてる?飯何食ってる?便所は何回いってる?親との関係は?俺は何?
できるだけ自分のスケジュールは時間単位で書いて一週間は把握する事。それを紙に書いて誰かに見てもらう事。これが必須。
相手は自分の自己認知した情報も提出する。人間関係は相互関係。そして相互理解を得るように互いに努力するしかない。
話し合いやわからない点を30分でもいいから話し合う時間を設ける事。
とかかな。

何でこんな事やらなきゃいかんのかって言うと、一言でいうとまず多くの人が自分自信を知らんから。自分に対する現実機能と認知機能が弱いから。そんな状態で他人なんてまず見れるわけがない。
責任とれるわけがない。最近の大人そんなんが大勢いる。俺はそう思う。

実習生さんは結構すごいほうだと文章からでもわかるんですけど。
なんでこれがまずわからんかな!!変なスレッド立てるやつらわ。


886 :ふーむ:2006/11/30(木) 06:42:22 ID:Rl5+MHP+
>>881
「死を選ぶ」って言葉自体がまず馬鹿らしい。勝手に人の行動を決めるなよ。 cmで動いてる現象を測るためにm単位の物差しや尺度を使ってどうする。
行動してほしいなら具体的にどう行動したらいいのかをアドバイスしなさいよ。実際に自分が行動できる範囲でものを言いなさいね。そしてそれに対して実際に責任をとり、形にしてアピールなさいよ。実用的でないものは、はっきりいうが机上の空論で意味は無い。
俺は自己認知してるぞ〜暇なときはいっぱいしてる。そして信頼ある人に見てもらっている。オープンにできる限界も知ってる。


887 :H:2006/11/30(木) 07:13:15 ID:BL4eBTr/
行動の具体的なのはちょっと前(昨日?)に書いたけど、もっと詳しくってことですか?そしたら考えてみます。

あと、皆が皆死を選ぶなんて言ってないですよ。別に決めてないですけど…;;
私は過去に死を考えてしまったので、同じ様に考えちゃってる子がもしいたら(いると思うけど)それを選んでほしくないし、と思って…
別に死までいかなくても、傷付いてる子は、という気持ですが…
机上と言うけど、自分が経験してのことです。私が行動できたことを書きましたし、できない人がいても仕方ないとも書きましたが…???
私書き込んじゃいけないこと書き込みましたか?;

888 :H:2006/11/30(木) 07:14:27 ID:BL4eBTr/
あ!思い出しました。
既にどなたか言っていたらすみません。
具体的なことで、
・海外であった人種差別がなぜ悪いかなどを学ぶ授業を、取り入れる。
とか…
先生が、『今から目の色が何々色な人を差別します』とか決めて、
子供は両方体験するというもので、有名ですよね。
終ったあと、『差別されて辛いことが解った』とか子供がコメントしたのではなかったかな…。

これいじめに置き換えて出来ませんでしょうか…?
考えてみる価値はあるかも?;

889 :ふーむ:2006/11/30(木) 07:15:38 ID:Rl5+MHP+
自己認知は非常に重要だよ。
そして他人にわかってもらわんといかん。
他人を理解しようとせないかん。

〉〉884の
Hさんの「直接関わらなくても、というなら、」という前提がおかしい。
人間はコミュニケーションを文字だけですんの?相手をそんだけで理解できるわけ?
できるわけないよね。実際会って、見て、聞いて、行動様式や態度とか、その人の性格とかを自分の目でみないとね。

ちなみに自己認知は言葉で表すのが難しいなら図で書いてみればいい。
図でも他人がわからないなら、実際にその人と友達にでもなって見りゃいいよ。
じゃないとわからんて。何年つきあっても他人の事なんてわからんよ。相手も自分の事を自分よりはわからんよ。あたりまえじゃん。

でも自分の事は自分がよくわかるはずだよ。自己認知していくと他人との関わりも見えるはずだよ。

例としてあげるなら俺の性格はまさに火だ。近づくと燃えすぎて周囲に焼け度させちゃうんで、あまり自分からも近づけません。
だから結構1人でいるのが好きですが、1人だと消えちゃうので、行動して他人と会いに行っていろんな物もらって燃やして自分を保ちます。
そんなかんじ。


890 :H:2006/11/30(木) 07:20:45 ID:BL4eBTr/
あの、なにか勘違いなさっているようだけど、
関わらなくてもというのは、
私が前にいじめられてる子は何ができるか書いたときに、でも今の自分は何ができるのかな?ということで
ボランティア等のアドバイスをいただいたからそのことを言いたかったんです。

891 :実習生さん:2006/11/30(木) 07:25:44 ID:EpCmTzUt
結局、特別対策措置法を制定し
特区を作って、その特区内だけでDNAトレーサビリティと
本人の拒否権を導入した上で人肉を合法化するのが、最も流通量を減らしうるであろう。
この考え方は江戸時代の「非人村」の概念と結局は同じである。

秋田県のような高度な人喰い風習により人を殺すのに何の躊躇もない地域は
県全体が江戸時代の「非人村」に相当する特区に制定する必要があると思う。
何故ならば、秋田で人肉を禁止するのはもはや不可能なほど流通しているのが現実
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1160835645/137-157
と見られるからである。

彼らは平気で人を喰う。霊社会の存在をいつまでも機密にせずに
物理学的に示す時期が来ている。そうしないと人喰い社会の高度化が
精神文明を破壊しかねない。



892 :実習生さん:2006/11/30(木) 07:26:17 ID:EpCmTzUt
大学受験や転勤などで秋田に進んで移住する人は、
「喰われたり、水面下の凶悪犯罪で滅茶苦茶にされたりする」リスク
を前提に考える必要があります。

彼らは「豊かな自然」と称して本当に人間を集団で狩って喰ってます。
その犠牲者数、年間1000人以上。高度な殺人地域です。彼らは人を喰います。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1160835645/137-157


893 :H:2006/11/30(木) 07:29:11 ID:BL4eBTr/
自己認知、なるほどと思いました。私は毎週病院に通って、カウンセリングしながら自分をみつめているつめりですが…;;
何か話がよく分からないけど、私自己認知に関しても具体的な解決策を考えるべきだということに関しても、間違ってると思ってませんよ?;

両方必要では?と言ってるんです。無意味なことではない、と。

894 :ふーむ:2006/11/30(木) 07:35:06 ID:Rl5+MHP+
887>> 書き込んだら危険な言葉づかいはしてるよ。
言葉だけでの理解は難しいですよ。だから言葉は結構注意して書き込まないと。
死を選ぶ前に〜って書かれたら書き込まれた側は、俺がいつ死を選ぶんだよ!?みたいになる人もいると思います。俺がそうです。

俺がいじめられてた時も死を何度も考えました。
てか何度か実行しましたが死ねませんでしたね。いつもなぜか生きてました。
んであきらめました。馬鹿みたいって。何度もやってみたし、生きながら何度も死ねるし〜って。生きることの方が難しいなら難しいのをやってみたほうが自分も納得するから生きようってね。
それからは、立ち止まる事を覚えました。いじめられて、めんどくさくなって、死にたくなったら、足元を見ました。空を見ました。近所の犬や自分の飼ってた犬を見ました。人間以外にも沢山沢山
綺麗なものが転がってるのがわかって、人間って一番つまらんと思ったよ。おかげで生物学はめちゃくちゃ得意になりましたね。面白い事にそんな俺が、今は人間を相手にする医療職の学生ですがね。
一番嫌いなとこをやってみるのが克服の手段で一番わかりやすいし。どんなに人間がつまらんくてもやっぱり好きだし。とくに笑顔が。

あと自分が経験した事をアドバイスするのはいい事ですが、アドバイスされた側が最後は決めるのです。
その人にあったアドバイスでなければ、一層苦しめる危険性があるという事ですよ。

相互関係だと思います。自分の経験論を他人にあてはめてはいけないと思います。
俺とあなたとは違う。俺と実習生さんは違う。だけど同じラインにはいる。
でももうちょいしたら寝ますよ。11時から仕事あるので。夜は学校も。






895 :16の284:2006/11/30(木) 07:39:51 ID:3Nwywpt0
おまいらおはよう

>>888
「青い目茶色い目」という授業実践ですね
教育現場ではかなり広く知られているようですね。

ただ、現実の教育現場での広範な実施はかなり困難だと思われます。

それは、その授業実施が現実の集団に「差別」や「いじめ」を
生じさせてしまう危険性があると言われているからです。

この授業を実際に行い、効果を上げるためには
非常に周到な準備が必要であると共に
担当する教師にも高い能力が要求されると思います。

896 :H:2006/11/30(木) 07:46:24 ID:BL4eBTr/
そういう風に受けとめる方もいるのですね。
もう何も言えないです…
アドバイスも、行動できなくても、と書いたように、色々な場合があるから一概には言えないという意味で書いたんですが…
あたりまえだけど、ひとそれぞれですから、全ての場合にあてはまる訳じゃないし。
どんな場合であれいじめられてる子に罪はないということと、自分が経験からできるアドバイスを言ったつもりでした。
アドバイスや死ぬことに関して全てこうだ!という風には書かなかったつもりで…
でも駄目だったようで…
…私はこれで失礼しようと思います。失礼しました…

897 :H:2006/11/30(木) 07:50:18 ID:BL4eBTr/
895の方へ
お返事下さったのでこのことだけ…
難しいし安易にはできないのは解りますが、成功した例があることから、『具体的』なこととしてあげてみました。まったく同じでなくとも、例えばこういう授業をしたら…などと話していくということなのかな、と思ったので…
以上です。

898 :実習生さん:2006/11/30(木) 07:52:32 ID:v7GcSOOp
さっきTVにヤンキー先生が出て良い事言ってた。
職員室、職員専用トイレの廃止。これは良いと思った。
できれば職員専用更衣室や職員専用下駄箱も廃止すれば
見回りなどしなくても大人の目が常にある。
携帯でのいじめとかはログが残るからいいけど、
ログの残らないトイレとかのいじめは大人の目が必要で
現実的な実効性のある意見だなと思った。

899 :ふーむ:2006/11/30(木) 08:13:39 ID:Rl5+MHP+
タイプしたのが長すぎて、消えましたが。
とりあえず、Hさんを非難する気はまったくないです。
「でも駄目だったようで」とありますが、駄目ではないと思いますよ。
ちゃんと伝わってますから。言いたいことはわかります。
自分のつたない文章力も問題でした。すいませんが、自分も寝ますよ。

職員室、職員専用トイレの廃止は確かにすごいっすね。
まさにユニバーサルデザインだ。それはいいかも。
大人の1人1人に自己認知を呼びかけるよりずっと実用的かも。
おやすみなさい〜。


900 :実習生さん:2006/11/30(木) 08:32:54 ID:MD6uooLi
もう外出してるかもしれないが
昔は「いじめられてる子が悪い」という風潮があったね。
なんでやりかえさないとか、>>6の逆のことを教師や親は言ってたね。
それがエスカレートして「ひらきなおりなさい」だもんな。

901 :900:2006/11/30(木) 08:36:38 ID:MD6uooLi
訂正
(誤)>>6の逆のことを

(正)>>6そのものを

902 :前スレ503:2006/11/30(木) 08:44:53 ID:zRqyyt/7
みなさん おはやうごぜえます。 お疲れ様です。

時間が無いので斜め読みですが、一生懸命考えておられますね。


義家氏の職員室などの廃止については現実的な問題はいくつか予想される
ものの、方向としては効果的なものだと考えます。

地域のお年寄りの寄り合いの場として一部学校を開放するという案もこち
らで出ていたのを思い出しました。



903 :実習生さん:2006/11/30(木) 08:51:49 ID:Lk0v/Bi2
元いじめられっこです。俺も自殺しようか相手を殺そうか迷いました。過去に一人病院送りにはしましたが(証拠不十分だったため無罪でした)
20代になった今でもいじめられています。今でもいじめられている原因として親及び社会の過保護にも原因があると思います。
今世の中がやろうとしていることはのびた君のためにどらえもんを作ろうとしていることです。
ドラえもんに助けを求めたのびた君がどうなったかぐらいは子供でも分かるはずです。
ヤンキー先生は馬鹿だから分からないだろうがwwwwwwwwww
過保護に育てられた自分だからこそ分かります。自分だったら過保護に育てられたいじめられっこは入らない。
使い物にならないから、ドラえもんに育てられたのびた君が社会に出て使い物になると思いますか?
今の俺がそうだから分かるちょっとしたことで親の権力を使って潰す人間になりますよ。
自殺する勇気があるなら立ち向かう勇気もあるはずだ。それができないなら耐えろ。俺は20年以上耐えてます。
ただいじめた側にも制裁はありだと思いますよ。過保護にするのはよくない。

904 :実習生さん:2006/11/30(木) 09:20:06 ID:fg5foHTQ
小手先のことやったってダメなんだろ?
今の政府がその小手先のことをやろうとしてるんだから

大人が態度で示さないと子供なんかついてくるわけないよ
子供は大人の背中を見て育つわけで
俺を含めてどうしようもない大人ばかりだから子供もどうしようもなくなるかと

905 :実習生さん:2006/11/30(木) 09:25:39 ID:CvbnmGfE
>>903
親の権力をすぐ使ってんだー
だからいじめられるんだろうな
今は安泰だな
親が死んだら地獄へ行け

906 :実習生さん:2006/11/30(木) 10:16:41 ID:RpuCg2tc
いじめ加害者の出席停止は、見送られたね。
いじめた側への配慮?人権?

悪い事をすれば、厳しく罰せられるからこそ人権が保たれる。
犯罪行為をしなければ、安全に生活できるって事が、人権擁護に一番必要な事なんだが。
犯罪者に対する配慮など、人権をはき違えているよ。

907 :実習生さん :2006/11/30(木) 10:21:51 ID:HsQs2/WM
いじめ加害者の出席停止は、見送られたね。>判断ミスだと思う
いじめが原因で、精神疾患を患った場合、
1億円相当の損害賠償責任を加害者と保護者に
対して、裁判判決を出すべき時期が来ていると思う。
裁判所による明確ないじめに対する警告が重要です。
判断能力の欠如した政府より今後の司法判断に期待したい。

908 :900:2006/11/30(木) 10:22:56 ID:MD6uooLi
また900だけど、経験談を述べます。
私は元いじめられっこでした。幼稚園から中学校まで。
そこで見えたものはいじめる側がほっておくと増えていくんですね。
グループ→学級→先生→学校の先生一同→学年→先輩→後輩→地域(警官など)
事実です。ほっておいた私は馬鹿でした。(と言っても抵抗するすではなかったけど)
順序はバラバラですけど、経験談書きます。
小学校6年生でした。
朝学校に行くと、いきなりいじめグループが囲みだし、
「俺の持ってきたカードダス、先生にチクっただろう、あれテレフォンカードにもなるんだぜ」
といってかかりました。私はそんなことは知りませんでした。
すると学級の男子どもも集まり、私を攻めました。かなりのストレスを感じました。
そして、我慢できなくなり先生にこのことを話しました、しかし
「馬鹿、今卒業の仕事ことで忙しいから、問題起こすんじゃないの」
といわれました。
後、私の潔白がはれたものの、みんな攻めたことを謝りもしませんでした。
こういうことが計11年間ありました。
最終的にはみんなから石を投げられ、店の人にからかわれるるところまで行きました。
いまから思うと、よう自殺しなかったなと思います。




909 :実習生さん:2006/11/30(木) 12:52:13 ID:r6sEJMzC
>>908
マジ話ですか?それでも学校には行き続けたんですか?今はいじめられてないんですか?

910 :実習生さん:2006/11/30(木) 13:29:19 ID:CM+DRnNa
政府は苛めた側への罰はともかく、いじめられた側の救済を先に話し合って欲しいと思う

日本の大人に課された義務は「教育を受けさせる」義務であって「学校にいかせる義務」ではない
いじめられて、泣きながらつまらない学校生活を送るくらいなら家にいればいいじゃない
家で単位をしっかり取れるようにすべきだし、そこを先に整備すべきじゃなの?

公立でも簡単に転校できるようにする、家での勉強を認める、家庭に問題があるなら
保護する場所を用意する
まずやるべきは、そういうことの法整備だと思う

いじめっこのレベルに合わせて学校なんか通う必要ないよ
家でその時間勉強にあてたり、映画みたり音楽聴いたり本読んだりすべきだよ

誰だっていつか必ず人と関わらなくちゃいけなくなるし、いつか関わりたいと思う時はくるのだから
そのときまで、一人で心を充実させることは認めてもいいんじゃない?
その時、初めて一人で篭ってきたツケを払えばいいんじゃない?

勉強はしましょう。それは約束しなくてはいけません。

でも「どこで」勉強するかは強制しなくていいと思う。
苛められている子に逃げ場を作ることもっと考えて欲しい

911 :実習生さん:2006/11/30(木) 14:28:18 ID:RpuCg2tc
>>910
>政府は苛めた側への罰はともかく、いじめられた側の救済を先に話し合って欲しいと思う
いじめ加害者を隔離すれば、解決するんじゃないの?
ストーかもストーカーさえ居なくなれば、解決する。

>苛められている子に逃げ場を作ることもっと考えて欲しい
逃げ場でなく、その場にいても安心な場所にしようって事じゃないの?

912 :実習生さん:2006/11/30(木) 14:37:19 ID:ub6Ivsbo
「命の大切さを教える」というが、命の大切さをわかっている
大人がどれだけいるんだろうか。
多くの大人は無闇に人を殺さないのは「そんなことをしたら
損をするから」「リスクに利益が見合わないから」ではないか。
もし一億円もらえるのなら人を殺せるという大人が大半ではないだろうか。
多くの大人が抗議の自殺をしないのは「そんなことをしても
自分の命に見合うほどのにダメージを相手に与えることは
できないと知っているから」ではないか。
他人への共感能力や正義感をもっている人間の割合は
大人よりも青少年のほうが圧倒的に多いだろう。
「優しく思いやりのある子」を育てたら、その子が真っ先に
ターゲットにされる恐れがある。「けっ、アイツ自分だけ
綺麗な人間のつもりかよ」と維持の悪いひねくれものは考える。
いじめっ子は家庭がすさんでいるから、教師によっぽどの
人心掌握能力・指導力がなければ、学校で強制することはできない。

もしこれを教育機関の上層部の方が見ていたらやってもらいたいことがある。
それは"いじめっ子、いじめられっこ"を家庭から離して生活させるということだ。
いつもいじめてばかりいる子、いつもいじめられてばかりいる子というのは
家庭で自尊心を削がれている。彼らは自分に自信が無い。
それはあるいは暴力によって、あるいは過干渉によって、主体的に行動することと
主体的に行動した結果を承認されていないからだ。もちろんこれは要因のひとつ
に過ぎない。ケースによっては両親の不仲なども加わるだろう。
いずれにしても家庭が壊れている。そして壊れた家庭の中で自信を削がれている。
だから家庭から離すべきだと思う。
 教師OBなどで子供が手を離れた夫婦などに長期間預かってもらって
自分の家庭が異常であったことを気づかせ、主体性を認められる経験を重ねることで
自尊心を回復させてやってほしい。

913 :実習生さん:2006/11/30(木) 14:38:12 ID:MD6uooLi
>>909
残念ですがマジです。
中学卒業してもう15年経ちます。(だからいじめと問題外です)
一応11年間普通に行ってました、胃が痛くとも。
(いじめられると知って、馬鹿ですよね)
ただ、反抗として2日ほどのズル休みぐらいです。


914 :912:2006/11/30(木) 14:40:18 ID:ub6Ivsbo
訂正
誤:維持の悪いひねくれもの
正:意地の悪いひねくれもの

誤:学校で強制することはできない。
正:学校で矯正することはできない。

915 :実習生さん:2006/11/30(木) 15:46:21 ID:CM+DRnNa
>>911

なるほどねぇ。確かにそれが理想だよね
根本的な解決をしたい、ということだよね?政府は

でも、それは無理だと思うんだよ
いじめはどんな社会の中からもなくならないと思う

今苦しんでる子を助けてあげて欲しい。

916 :いじめ対策の裏側から聞こえてくる現場の本音集!?:2006/11/30(木) 15:51:36 ID:nenQBQk/
・イジメは人間社会の華
・イジメの本質とは「楽しい」ということである
・イジメはスクール・エンターテイメント
・イジメは最高の娯楽
・イジメは一種のスポーツ
・文明が続く限り、イジメは決してなくならない
・大人になると、イジメの方法も洗練・巧妙化される
・イジメの原因はイジメられる側にある場合が多い
・イジメは有用な自己浄化システム
・イジメのほとんどは警察沙汰にならないレベルの「子供同士の戯れ」
・今の子供は頭がいいヤツが多いから、どういうことをすれば警察沙汰になるかをおおよそ把握している
・ごくごく稀に警察沙汰になってしまうケースがあるが、それはイジメ手法が洗練されてない証拠
・イジメを口実とした教育現場への警察介入は、教育現場のおおらかさ・自由を結果的に奪ってしまう
・イジメを口実として、学校の教室・トイレへの監視カメラ導入には、断固反対しなければいけない
・イジメを楽しむには、高度なチームワーク、情報戦、リーダーシップ、目標遂行型思考が必要
・イジメを楽しむことを通じて、実社会で活躍するための能力を鍛えることができる
・イジメ被害者は、なぜ自分がイジメのターゲットにされやすいのか、徹底した自己批判をするべき
・イジメ被害者は、自己批判を徹底して行うことで、己の人格の改善につながる
・イジメ被害者はどこに逃げてもイジメの対象となる
・体臭がくさいやつは改善の努力をすべきである
・イジメ被害者は、協調性がなく、根暗で、コミュニケーション能力の低い人間が多い
・イジメ被害者は、自意識・自尊心が強い上に、狭い価値観に閉じこもりがちである
・宮崎勤、小林薫、畠山鈴香・・・こういう極悪非道なやつらは早めに淘汰すべき
・若い時分にイジメ娯楽を楽しめなかったことへの後悔の念が強い人間ほど、イジメ撲滅派になりやすい
・イジメ撲滅派は「モテない男がクリスマス・イベント撲滅を願う」のと似ている
・イジメ容認派=リベラリスト(教育現場の自由を最大限に尊重する)
・イジメ撲滅派=ファシスト(教育現場の統制が大好きである)

917 :実習生さん:2006/11/30(木) 15:58:59 ID:ub6Ivsbo
>>916
おまえは人間の屑。いや、もはや人間じゃ無い。

918 :実習生さん:2006/11/30(木) 16:12:36 ID:ub6Ivsbo
俺は「やられたらやり返せ」って言葉は凄く嫌いだ。
いじめられてその悲しみ苦しみに耐えながら、ただやめてと祈っている
ような人のほうが好きだ。うつくしいと思う。
しかし、最近のいじめられっ子はいじめられたストレスを
自分より弱いものをいじめて解消しているやつが多いらしい。
最低だよ。卑劣、下劣。そんなことをするぐらいなら、おまえをいじめた奴にやりかえせ。
直接なぐったりが怖くてできないのなら、放課後机の上に誹謗中傷書くなり
匿名での精神的な攻撃でもなんでもいいから、おまえをいじめた相手にやりかえせ。
おまえに何もしていない第三者を標的にするな。
やった相手にやり返すのは、いじめでもなんでも無い。正当な報復行為だ。

919 :人と距離が欲しい:2006/11/30(木) 16:14:13 ID:od+5qBn6
虐められる側から観て、その人をうけつけないなら。何故気にさわることをするんだろうか。最終的にオレはいじめられた。人接するのが怖い。 乱文スマン

920 :実習生さん:2006/11/30(木) 16:20:13 ID:ZAiTtjR6
おまえら、イジメの定義についてどう思う?
このスレに限らず、定義自体が百人百様になっていると感じる。
文科省、法務省、教育研究団体、大学教授など、それぞれが独自の定義を掲げている。
イジメの定義が確立すれば同じ方向で話が出きるはずなのだが。
しかし、「好ましくない行い」という認識は一致していると思う。


921 :実習生さん:2006/11/30(木) 16:20:52 ID:od+5qBn6
虐められる→虐める

922 :実習生さん:2006/11/30(木) 16:24:07 ID:20Pz/IOL
いじめが解決してこなかった理由は、
現場の先生<校長・教頭<教育委員会<PTAの役員


923 :実習生さん:2006/11/30(木) 16:27:22 ID:RpuCg2tc
>>902
政府の教育再生会議が、公表した緊急提言は、わたしもそれなりに評価している。
物足りなさはすごく感じるけどね。

いままで、教師はいじめなんて見てみぬ振りだったし、虫の居所が悪ければ、気の弱い子にはいじめとも取れる事をしてきた。
逆に、扱いにくい子供、DQNな親の子供に対しては、へつらう様な行為も行ってきた。
いじめの相談を受けても、ウザイから、いじめられる側にも問題がある。
とか、自分で解決しなさいとか、勝手な事を言ってきた。

今回物足りなさは有るが、
いじめは悪い事、いじめに加担、放置、隠蔽した教師は悪い教師だと明確に打ち出された。

義家氏は、良くやっていると思う。
小渕のお譲ちゃんなんて、役に立たないばかりでなく、邪魔にさえなった。
まあ、相手にされなかった事で、あの地域の隠蔽体質を表面化させた功績は有るけどね。

924 :実習生さん:2006/11/30(木) 16:29:03 ID:OxpbOi+n
>>918は、いじめはなくなったほうがいいといってるのに、何で報復を正当な行為といえるのか。

いじめ被害者は自己の経験から極端な理論を語る場合が多い、
いじめとは直接関係ない人もいじめ被害者の感情に便乗していじめを語る、
だから極端とかファシストとか言われるんじゃないの?

感情論と勢いだけで規制ができたら怖くてかなわない。

925 :明るくなることからはじめるかな:2006/11/30(木) 16:29:38 ID:od+5qBn6
あらゆる手段でその人を否定することだと思う。だがそれに打ち勝つことで冗談で済んだ人もいると思う。話す力がもっとあればいいのにと、オレは時々思う。

926 :実習生さん:2006/11/30(木) 16:37:24 ID:OxpbOi+n
>>920がいうようにいじめの定義についてコンセンサスが得られていない。
なのに、なぜ先に規制を求めようとするのかわからない。
「好ましくない」というあやふやな定義で、被害者を救済することはともかく、
加害者に規制を加えることなんてできるとは思えないし、やってはならない。


927 :例えばだが・・・:2006/11/30(木) 16:44:20 ID:od+5qBn6
たぶん今の子供は(オレもだが)イジリあいが過ぎるのかな。それがエスカレートして虐めに発展、テレビの真似でそうなってたら。テレビ好きだから嫌だな。

928 :実習生さん :2006/11/30(木) 16:48:27 ID:HsQs2/WM
義家氏は、良くやっていると思う。>私も同じ意見、
とにかく1歩でも前進させることが重要。
プラス面とマイナス面は、表裏の関係でしょうから
今回のマイナス面を並べたところで意味がない


929 :実習生さん:2006/11/30(木) 16:50:44 ID:ub6Ivsbo
>>919
君が人間を信じすぎているんだよ。
お互いの距離を確認しないままに、無条件で相手に大きな期待をしている。つまり隙がありすぎるんだ。
人は最初は警戒しながらも、話をしながら価値観が合うかどうかなど確認していく。
そして気のあいそうな人が見つかったら、たとえば共通の趣味などで一緒に時間を
過し楽しむ。それを繰り返して、ときにはご馳走してもらったり、プレゼントしてもらったり
逆にご馳走してあげたり、プレゼントしてあげたりする。
そして何より大切なのは、価値観のすり合わせだ。ある程度親しくなって
「まあこいつになら本音をしゃべっても大丈夫だろう」と思ったら
自分の暗いところ悪いところ、公式な場では言うのがはばかられるようなことも含めて
本音で語り合う。そうすれば当然相手の言葉にギョっとすることもあるだろう。
それでも本音で語り合って、ディスカッションをして、すべてを肯定できなくても
「和して同ぜず」で良好な関係を築くことができる。
 本当はこれができる家庭が良い家庭なんだ。
健全なディスカッションができる家庭は明るい。子供も自分に自信を持って育つ。
ところがこれができる家庭が以外に少ない。権威主義な父親が一方的に
しゃべるだけで家族の誰も意見をいえず、母親はそんな夫に黙ってうなずき
納得しているフリをするような家庭がけっこうある。
いじめっ子いじめられっ子には、こういう家庭に育っていることが多い。
俺は癇癪持ちの父親に育てられた。優しいこと(従順であること)だけが
唯一の評価で、少しでも父親の気に入らないことをいうと激しくしかも長時間罵倒された。
だから人間関係の距離のとり方が分からず、いじめられた。
そんな俺も、年も経て哲学や社会学や心理学の本を文庫から読み進めて
自分の家庭がおかしい事、不当に権利を侵害されて育ったことを分かるようになり
自信もある程度まで回復した。君も本を読むといいよ。

930 :実習生さん:2006/11/30(木) 17:50:39 ID:RpuCg2tc
「いじめへの緊急提言」
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2791414/detail

1.学校は、いじめは反社会的な行為として絶対許されないことであり、
いじめを見て見ぬふりをする者も加害者であることを徹底して指導する

2.学校は、問題を起こす子どもに対して、指導、懲戒の基準を明確にし、
毅然とした対応をとる。例えば、社会奉仕、個別指導、別教室での教育など、
規律を確保するため、校内で全教員が一致した対応をとる

3.教員は、いじめ発生時には、子ども、保護者に学校がとる解決策を伝える。
いじめを理由とする転校も制度として認められていることを周知する

4.教育委員会は、いじめに関わったり、いじめを放置・助長した教員に、懲戒処分を適用する

5.学校は、いじめがあった場合、校長、教頭、生徒指導担当教員、養護教諭などでチームを作り、
解決に当たる。教育委員会も、いじめ解決のサポートチームを結成し、学校を支援する

6.学校は、いじめを受けている当事者のプライバシーや二次被害の防止に配慮しつつ、
必ず学校評議員、学校運営協議会、保護者に報告し、家庭や地域と一体となって解決に取り組む

7.保護者は、ほめる、励ます、叱るなど、親としての責任を果たす。
おじいちゃんやおばあちゃん、地域の人たちも子どもたちに声をかけ、子どもの表情や変化を見逃さず、
気づいた点を学校に知らせるなどサポートを積極的に行う

8.いじめ問題については、一過性の対応で終わらせず、教育再生会議としてもさらに真剣に取り組むとともに、
政府が一丸となって取り組む−の8項目です。

931 :実習生さん:2006/11/30(木) 17:52:27 ID:ub6Ivsbo
>>924
いじめられた憂さ晴らしに、自分よりさらに弱いものをいじめるよりは
自分をいじめた相手に復讐するほうがマシだと言っているだけだよ。
上にも書いたけれど、俺は悲しみに耐えてひたすらやめてくれるように
祈っているような人のほうが好きだ。うつくしいと思う。
しかし、それが続くと自信を喪失して、自分を傷つけるようにさえなることもある。
やはり人間は、不当な攻撃には正当に怒らねばならない。
許すことが正しく美しいと信じきっている人がいるが、俺は相応の制裁をするか
相応の償いをさせるかしない限り、被害者は許すべきではないと思う。

 いじめで子供を亡くした親が
「○○ちゃん。助けてあげられなくてごめんなさい。
ありがとう。そしていじめをした子ども達、あなたも苦しかったんでしょうね。
あなたを助けてあげられなかった大人の責任です。ごめんなさい」
などというようなコメントを出している人が何人もいるが、とんでもない。
あなたにとって本当に大切なものは何だ。自分の血を引き、手間をかけ
金をかけ、愛情をかけて育てた我が子だろう!その命を奪われたのなら
何があっても許してはいけない。加害者と加害者の親が死んで償わない
限り許してはならない。たとえ言葉や無視によるいじめだろうと、自殺が
我が子の弱さによるものでも、いじめられて死んだのだから許してはならない。
憎むことも苦しいが、それが死んだ子供への誠意だ。
加害者が、あなたの悲しみを本当に分かることは決して無い。
なぜなら死んだ子供に親のあなたほど愛情を持っている人はいないのだから。
加害者が本当に悪いと思っているというなら死んで償えと言うべきだ。
命につりあうものは命しか無い。
たとえ世界中の誰が加害者を許そうと、自分の子供の命を奪われた
親だけは加害者を許してはならない。
親が自殺した子供にメッセージを送るならこういうべきだ。
「なんで…なんで死んだ…俺を残してなんで勝手に死んだ…!
許さない…!俺を残してしんだおまえも、おまえをいじめころした犯人も
俺は一生許さない・・・!」こう言うべきだ。

932 :実習生さん:2006/11/30(木) 17:59:23 ID:8Vckt+wd
学校は勉強と合わせて集団生活を教えるところ

933 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:09:58 ID:OxpbOi+n
>>931
ここの人はいじめについて「どういう理由があれ暴力に訴えることはNG」と主張してる人が多いし、
自分もそう思っているから、どういう理由があっても誰かを殴ってもいい意見には反対。
「報復行為」という言葉も過激、それはただの犯罪。
この国は法治国家なんだから、報復じゃなくてそれ相応の懲罰を法律にのっとって受けさせるべき。


934 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:12:08 ID:KcosSz64
いじめの定義があやふやで、って話は以前にも書いた。
今はいじめっ子、られっ子、双方の親、周囲の生徒、関わりたくない教師、
無かった事にしたい大人、
逆に本当に無かった事まであったことにしたい元いじめられっ子の大人、
属性を挙げたらキリがないが、それぞれがその都度都合のいいように
「いじめ」って言葉を定義づけて、都合よく使い分けてるのが現状だ。

そもそも、いじめって言葉で一括りにする必要があるのか?とも思う。

935 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:12:33 ID:RpuCg2tc
【しんぶん赤旗】“温床”にふれず解決できるのか
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-11-30/2006113001_04_0.html
いじめ問題がここまで深刻になった根底には、子どもと学校を競争に追いこむ政府の文教政策があります。
いっせい学力テストの点数を競わせることに象徴される「競争教育」が、子どもにストレスと抑圧感をもたらし、
いじめの温床になっています。人間を「勝ち組」「負け組」にふるい分ける競争社会と弱者いじめの政治が、
いじめ容認の風潮を生み出していることも大きな問題です。

 しかし「提言」は「いじめを生む素地をつくらず」といいながら、こうした“温床”に一切触れていません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
赤旗では、まだこのような事を言っています。
赤旗と言うより、頭の固いおっさん達の発想だと思います。
>>930とは、大違いです。
義家氏が、参加した為、このような提言が出来上がったのだと思います。
参加してなければ、従来通り意味不明な物になっていたような気がします。

ただ、まだまだ物足りない。

936 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:14:48 ID:gRgqnI3O
>>930
>1.学校は、いじめは反社会的な行為として絶対許されないことであり、 
いじめを見て見ぬふりをする者も加害者であることを徹底して指導する 


密告する者が賞賛される、クラス全員がスパイになれと言うことですか。


937 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:16:31 ID:gRgqnI3O
>>933
いじめられて自殺したと言ってもそれは自己責任だろう。
いじめられたこと自体も元はと言えば本人に原因があるわけだし。

938 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:18:53 ID:OxpbOi+n
>>934
だからこそ、犯罪行為について警察の介入の仕方等、司法に訴えやすくする方法を考えればいいのに、
いじめの定義を広げかねない危険がある出席停止処分なんて賛成できない。

それに集団生活を送るにあたり、犯罪には至らなくてもささいな攻撃などどこにでも存在する。
犯罪行為と明確に断定できない行為を行う人間まで、第三者が排除してくれるという
甘い考えを持たせると、社会に出てから苦労するかもしれない。

939 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:26:11 ID:OxpbOi+n
>>937
安価ミス?

940 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:28:21 ID:RpuCg2tc
>>936
>密告する者が賞賛される、クラス全員がスパイになれと言うことですか。
赤旗的発想だな。
何かを成す時には、多少の弊害は有る。

しかも、書き込みに陰心が有る。
君は、事件を見て警察に通報した場合、密告と言うか?スパイと言うか?

仮に、スパイ行為だと仮定する。
いじめで、苦しんでいる生徒に手を差し伸べない事と、どちらが大切な事か?

941 :920:2006/11/30(木) 18:34:52 ID:ZAiTtjR6
教育再生ホットラインに「イジメの定義」について質問メールを出してみた。
返事が来たら、ここにサラすから楽しみにしてくれ。

942 :920:2006/11/30(木) 18:40:22 ID:ZAiTtjR6
おまえらスマン
「個別回答はしない」と書いてあった…

943 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:45:26 ID:ub6Ivsbo
>>933
いじめられたストレスをいじめで解消するぐらいなら
自分をいじめた相手にやり返すほうがよっぽどいいと言っているだけだよ。

>それ相応の懲罰を法律にのっとって受けさせるべき。

だったら(これは親にいじめを相談できる子に限られるが)
いきなり裁判所に訴えるのがいいと思う。警察署ではなく裁判所にね。
警察だと示談で穏便に済ませようとすることがあるし、子供のいざこざだからと
起訴を躊躇する場合がある。特に少年課なんかは少年非行に対して寛容だから
起訴に結びつかない場合が多い。

怪我をさせられたり、金や物を取られたりといった明確な犯罪はもちろん
精神的ないじめによる鬱病も、医者にいじめの被害でこうなったと強く主張して
「いじめによる鬱病」と診断をもらえば、傷害罪で起訴できる。
裁判沙汰になれば、学校も加害者の親も本気になって取り組む。
だいたい教師や保護者のなかにも「いじめはいじめられるほうも悪い」と
本音では思っている奴が多くいる。いじめの加害者の親なんかは
ほぼ100%「いじめられるほうが悪い」と思っているだろう。
だから裁判沙汰にして、明確な処分をしてもらうほうがいい。

944 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:51:30 ID:gRgqnI3O
>>940
濡れ衣を着せられたり足の引っ張り合いを推奨する世の中になればそれは一部のいじめられっ子を救助(すべてが救助される訳ではないだろう)する以上に恐ろしい世の中になる。
イジメ以前に暗黒の世の中はごめんだ。


945 :943:2006/11/30(木) 18:52:12 ID:ub6Ivsbo
それに裁判沙汰になれば「アイツをいじめると面倒なことになるからやめよう」と
もう、誰もいじめなくなるだろう。いじめはどんどん裁判所に訴えるべし。

946 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:57:03 ID:rDuWH9IJ
本日のNGワード…ID:gRgqnI3O

947 :908:2006/11/30(木) 19:47:07 ID:MD6uooLi
>>937
>いじめられたこと自体も元はと言えば本人に原因があるわけだし。
何を根拠にそういうことがいえるのですか?
確かにいじめられた側に弱みがあります。(だれだってあります)
しかしいじめの原因は、いじめる側が必要以上に、その弱みにつけこむからじゃありませんか?
何もしない人間がいじめられるのは不自然ではありませんか。
例えば何年前か、どこかの学生が、何にかの学生から何万円の恐喝で自殺した事件がありました。
(いじめによるものですね)
それは普通の人間が、複数で毎回毎回恐喝する愉快さをおぼえた人間への、恐怖が自殺へとかりだしたからではありませんか?


948 :前スレ504:2006/11/30(木) 19:50:24 ID:+SSMxHZF
>>920
>おまえら、イジメの定義についてどう思う?
>このスレに限らず、定義自体が百人百様になっていると感じる。

「いじめ」を定義すること自体無意味。例えば、
A君はB君をナイフで刺し大怪我をさせた。とか、
A君はB君のバイクを盗み、破壊した。
などのA君の行為は、明らかに犯罪であって、これはいじめの域を越えている。
明らかに犯罪である行為を、あえていじめと呼ぶ必要はないだろう。

また、A君はB君にじゃれ付いた。とか、
A君はB君に、「君はドラえもんみたいだ」と言った。
などのA君の行為(発言)は、いじめと認定できるかどうかは微妙だろう。
しかし、B君がA君に対し、「やめてくれ」と申し出ているにも拘らず、
A君がそれを止めなかった場合、A君の行為は民法の「不法行為」になる。
この場合、B君がA君に対し、「やめてくれ」と申し出なかった場合、
B君は事実上、A君の行為を容認したことになる。
つまり、A君の行為が「不法行為」になるかどうかは、B君の申し出に
かかっているのであって、第三者が判断する問題ではない。

要するに、いじめとは客観的な事実ではなく、加害者と被害者の二者の
問題なのである。だから、客観的ないじめの定義を作っても意味がない。
B君が申し出ればいじめ、申し出なければいじめではない(とみなされる)

949 :前スレ504:2006/11/30(木) 20:06:04 ID:+SSMxHZF
例えば、B君はA君に、ケーキを買って来いと恐喝されたため、
B君はA君を警察へ突き出しました。
(三重県の事件は本人ではなく知人の通報ですが)
A君は警察署での取り調べで、刑事から、「なぜ恐喝したんだ」
と質問されました。
するとA君は、「B君がのろくて協調性がないから」と言いました。
さて、それでA君は無罪になったり、減刑されたりするでしょうか?

ID:gRgqnI3O は、そういう言い訳が通用すると思っている
世間知らずです。一度痛い目に遇わないと理解できないようです。
世の中のいじめ被害者のみなさん、いじめ加害者は法律や警察を
舐めまくっている人達です。
法律を犯すとどのようなことになるのか、思い知らせてやりましょうよ。

950 :実習生さん:2006/11/30(木) 20:10:22 ID:SYRLB7XO
とにかく強くて勝てばいいんだよ

951 :前スレ504:2006/11/30(木) 20:10:46 ID:+SSMxHZF
ガイシュツですが、重要なのでもう一度貼ります。

ウィキペディア(Wikipedia)からコピー(一部加筆)
刑法犯罪

# 殺人罪:傷害致死や自殺教唆に思われるものでも、「未必の故意」による殺人罪として立件されることもある。
# 自殺教唆罪:自殺を促す(とびおりろ、など)。
# 暴行罪・傷害罪:殴る、蹴る、刺す、縛る、煙草をからだに押し付ける。
# 脅迫罪:言葉や態度で脅す。ナイフで刺すふりをする・ナイフを見せる。
# 強要罪:性行為(自慰、売春など)の強要、常々いじめられる者同士を喧嘩させる、使い走り(俗に言う「パシリ」)。
# 恐喝罪・強盗罪:暴行や脅迫による金銭・物品の要求や強奪。
# 強姦罪・強制わいせつ罪: 着衣を剥奪する・脱衣を強要する、性器を露出させる・それらへのいたずらや攻撃。
# 名誉毀損罪・侮辱罪:盗撮、中傷。中傷ビラの頒布。
# 器物損壊罪:被害者の所持品に落書きする・隠す・捨てる・壊す。
# 窃盗罪:被害者の所持品を盗む。

上記の迷惑行為を受けた場合、緊急な場合は110番。
後日に警察署へ申し出る場合は、証拠がある方が良い。
各地の警察署は、各県警HPを参照。
具体的に、いつ、誰に、何をされたのかをハッキリと申し出ること。
ただ「いじめられた」と言うだけではダメ。

上記に当てはまらない、
上記以外の言葉の暴力、仲間はずれ、無視(シカト)、侮辱、冷笑、陰謀をめぐらすこと、教師や上司に事実ではない不利な虚偽報告をするなどの人権侵害
それ以外でも、相手から何かをされて、相手に「止めて下さい」と申し出て止めなければ、民法の不法行為になる。

上記の迷惑行為は刑事事件には該当しないので、裁判所民事部に
申し出て、加害者に対し、民事裁判を提訴して、慰謝料を請求する。
加害者に、「いじめはもうやりません」と宣誓させることもできる。
ただし、証拠の収集は原告(訴えを起こす人)が全て行う。
各地の裁判所は、裁判所HPを参照。弁護士と相談するのがベター。

952 :実習生さん:2006/11/30(木) 20:23:55 ID:sIFewLXN
機関投資家&アナリスト注目銘柄
http://biz.yahoo.co.jp/attention/institutional/institutional_week.html

953 :実習生さん:2006/11/30(木) 20:24:14 ID:hFkjN0MH
>>920
>>948で>>前スレ504にレス付けられてるけど無視したほうがいいよ。
コロコロと話が変わる基地外だから。

954 :前スレ504:2006/11/30(木) 20:29:58 ID:+SSMxHZF
ところで、仮に951で記載されているような刑法犯罪の被害を受けたとして、
本当に警察が動いてくれるのか?という心配をしている人も多いかもしれない。
阿部内閣発足後、政府はいじめ対策を強化している。
俺の個人的な意見だが、少年のいじめ犯罪に対しても、
以前よりは動いてくれる確率は高いと思う。
自分が何かの被害に遇っているという認識があれば、110番や地元の警察署に
電話しても、怒られることは絶対にない。
いたずら電話をしているわけではないのだから。
被害者の皆さん、もっと自分が被害者であることを自覚して下さい。
そして勇気を持って行動して下さい。
犯罪を通報することは、市民の義務です。

955 :前スレ504:2006/11/30(木) 20:31:07 ID:+SSMxHZF
>>953
マジレスしているんだからふざけるな。

956 :実習生さん:2006/11/30(木) 20:43:50 ID:5sOZscw1
|  >>916の回収に来ました

   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ________
    ―――――――、     ヽヽ
.   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||____ヽヽ
  /.    ∧// ∧ ∧| || 東京都  ヽヽ
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || 清掃局.  |  |
 ||_    _|_| ̄ ̄ ∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 lO|――|O゜.|____|.||.-――――┴―|
 |_∈口∋ ̄_l__l⌒l | | コ□ニ//l⌒lソ
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'


957 :920:2006/11/30(木) 20:50:16 ID:ZAiTtjR6
>>953
そうなんですか?以降、気を付けます。
教えてくれて、ありがとうございました。

958 :前スレ504:2006/11/30(木) 20:54:26 ID:+SSMxHZF
>957=920
ただの偽善者。お前にいじめ問題を語る資格無し。

959 :前スレ504:2006/11/30(木) 20:59:49 ID:+SSMxHZF
ここのスレで偉そうにいじめ問題語ってる奴って本当にバカだね。
お前らはいじめは良くないと言いながら俺をいじめる偽善者。
偽善者のレッテルを貼られたレスには、説得力はない。
今までの君達の書き込みは、全てムダな物になってしまったねw

960 :実習生さん:2006/11/30(木) 21:01:05 ID:hFkjN0MH
>>958
自分のレスに反応してくれなかった奴は偽善者扱いか?
基地外丸出しだなw
俺が教えなくても昨日までのオマエのカキコを見たら誰でも基地外だと気づくけどなw

961 :実習生さん:2006/11/30(木) 21:01:12 ID:eDQXCx95
>>944
斜めにしか物が見れない者が、いじめを助長させる。

962 :前スレ504:2006/11/30(木) 21:05:05 ID:+SSMxHZF
>>960
昨日は昨日、今日は今日だろ。俺はマジレスだと書いている。
内容も見ず、昨日の一件を根に持ってスルーか。
そんなに心の狭い人間に、いじめ問題が解決できるのか?
君達の人間性が問われているんだよ!

963 :実習生さん:2006/11/30(木) 21:06:40 ID:hFkjN0MH
>>962
しっかり読めよ。
「昨日」じゃなくて「昨日まで」だ。
言葉をすりかえるんじゃない。

964 :実習生さん:2006/11/30(木) 21:08:51 ID:eDQXCx95
>>960
>俺が教えなくても昨日までのオマエのカキコを見たら誰でも基地外だと気づくけどなw
だな。
DQNトップレスは、個人的に>>567

965 :前スレ504:2006/11/30(木) 21:12:54 ID:+SSMxHZF
>>963
具体的に何がどう基地外なのか、論理的に説明して見ろ。
基地外とまで言い切るんだったら、かなりの確信があるようだからな。
ただの感情論はよせよ。

966 :実習生さん:2006/11/30(木) 21:13:45 ID:hFkjN0MH
>>962
>そんなに心の狭い人間に、いじめ問題が解決できるのか?
>君達の人間性が問われているんだよ!

すでに今日、他人を偽善者と決め付けたオマエに、
人間性をどうこう語る資格は無い。

967 :16の284:2006/11/30(木) 21:15:17 ID:Gwxs6AO7
おまいらこんばんわ

教育再生会議の緊急提言だが、おまいら読んでみて気にならなかったか?
(緊急提言のコピペ>>930

この提言を読む限り、依然としていじめの問題を
学校内のみで処理しようとする方向性が見て取れる。
自殺者が続出しているこの状況で、この提言が「緊急」とはお話にならない。

この緊急提言を作る上で影響力があったのが
政府与党なのか安倍首相なのか文部科学省なのか
それとも再生会議の全く独自の提言なのか、漏れは良く知らない。
ただ言えるのは、この提言を作った人は「本気ではなかった」ということだ。

「いじめの定義」という迷路に入り込んではいけない。
それは、いじめ問題を根治させる上では有用だと思うが
緊急に行われるべき対症療法とは相容れない。

「いじめ」という行為のうち
一定の構成要件を満たすものは刑事法上の触法行為に当たる。
今回の緊急提言は、半ば故意にこの事実を看過したのだと思う。
そこまでどうして踏み込めなかったのかは漏れは知らない。

だが「緊急」というのであれば
「いじめ行為を犯罪として摘発する」程度のことは提言すべきであったと思う。


968 :前スレ504:2006/11/30(木) 21:15:27 ID:+SSMxHZF
次スレのタイトルこうしたら?その方が実態に合っている。

○●○●いじめられっ子が傷を舐め合うスレッド19●○●○

969 :前スレ504:2006/11/30(木) 21:25:54 ID:+SSMxHZF
>967=16の284
>「いじめ行為を犯罪として摘発する」程度のことは提言すべきであったと思う。

どのように摘発するのですか?教師が警察に通報するのですか?
それとも警察官に校内を巡回させる?
いじめの解決に、警察権力を介入させることは、教育再生会議のレベルでは
難しいと思います。法律自体を作らないと。
教育基本法改正以降、改めて議論されるのではないのでしょうか?

970 :920:2006/11/30(木) 21:29:21 ID:ZAiTtjR6
>>967
教育再生会議の第二分科会での配布資料に
いじめ問題への緊急対策として「いじめの定義の明確化」ていう記述があるんだよ。
結論は出ていないようだけど必要性は認識してるみたい。


971 :前スレ504:2006/11/30(木) 21:33:41 ID:+SSMxHZF
昨日スルーされたのでもう一度貼っておく。

756 :前スレ504:2006/11/29(水) 20:56:16 ID:M7YxQtr6
こんばんわ。
昨夜からものすごい数のレスだね。読むのが大変だった。
でも、これだけのレスが書き込まれていながら、具体的な対処法を示したレスは全く無し。
ほとんどは、自分では何も行動を起こさず、他人が行動してくれるのを要望するものばかり。
君達は今、教育再生会議の行方をかたずを飲んで見守っているに違いない。
教育再生会議が、いじめっ子を転校させるなどの、いじめっ子撃退の有効な手段を
打ち出してくれることを、必死に祈っている。

仮に、君の願い通り、いじめっ子が転校して行ったとしよう。
そうなれば、君はきっと大喜びし、ざまあ見ろと有頂天になることだろう。
では、君はその後、それで順風満帆の人生を送れるのか?
答えはNOだ。
君自身がいじめ問題の解決に何の努力もせず、ただいじめっ子を転校させただけだったら、
君はその後も、別のいじめっ子に再びいじめられるだろう。
その時君はどうする?またそのいじめた生徒を転校させるのか?
転校させられた生徒はきっと君を恨むだろうし、転校してからも、君の近くにまた現れて、
再び君をいじめるかもしれない。
さらに、学校の生徒だけではなく、大人もいじめをする。
君が社会人になっても、君に対するいじめは続くだろう。

つまり、君が他力本願でいる間は、永久に君に対するいじめが続くのである。
この世からいじめが無くなることはない。それを現実として捉え、
いじめに対処できる能力を身に付けなくては、君に対するいじめは一生続く。
もう他力本願はよせ。

972 :実習生さん:2006/11/30(木) 21:35:23 ID:hFkjN0MH
>>971

基地外は去れ

973 :前スレ504:2006/11/30(木) 21:36:52 ID:+SSMxHZF
ID:hFkjN0MH
お前の方がキチガイだ。もう二度と来るな。

974 :実習生さん:2006/11/30(木) 21:41:43 ID:eDQXCx95
>>972
もういいよ。
すでに皆、気づいている。

昨日今日と、皆、彼が登場すればレスを控えている。

975 :実習生さん:2006/11/30(木) 21:42:07 ID:hFkjN0MH
>>973
自分の主張が少しでも受け入れられないと、
他人を偽善者と決め付け攻撃しているところが特に基地外。

976 :前スレ504:2006/11/30(木) 21:43:49 ID:+SSMxHZF
ID:eDQXCx95 も偽善者認定。

977 :前スレ504:2006/11/30(木) 21:50:57 ID:+SSMxHZF
971のような書き込みを見て、それでもまだ俺がキチガイだと思うのなら、
もう勝手にすればいい。
教育再生会議が君達を助けてくれることは絶対にないから。
妄想を語るスレで、マジレスを続けるのにもう疲れた。
俺はもう来ないから、みんなで妄想を語り続けていなさい。
では、
さ よ う な ら

978 :16の284:2006/11/30(木) 21:56:00 ID:Gwxs6AO7
まず断っておくが、漏れは法律や行政機構の専門家でもないので
このレスの内容についてあきらかな事実誤認や考えの誤りがあったら
指摘して欲しい。

>>969
想定される流れとしては、おおむね以下の感じ。
学校・保護者・生徒等からの情報提供を受けて
その他の犯罪と同様に捜査を行う。
触法行為が判明した場合は、同様に被疑者を検挙する。

いじめの解決に警察権力を介入させるよう政策決定を行うことが
再生会議のレベルの話ではない、というのはそのとおり。
だからこそ「提言」なのであって、再生会議にはもともと政策決定権限はない。

ただし、学校現場に警察権力が入らない現状は
何らかの法的根拠があってのことではないのではないかと思う。
多分この暗黙のルールを作っているのは警察行政と教育行政。
もしそうだとすれば、首相・内閣を頂点とする行政機構が
足並みを揃えてその方向に踏み出せば、充分可能であろうと考える。

当然その場合、金が必要。
金を出して何かするのは本来行政の得意技なので
警察の仕事量の増大に伴って「人員の増員」「施設・装備の拡充」
等が予算措置されることになるだろうと思われる。


979 :実習生さん:2006/11/30(木) 23:20:04 ID:LVX7Zc59
>>930の1.の
いじめを見て見ぬふりをするものも加害者って・・・、
「傍観者になっては駄目」というだけ?
通報したらご褒美があるの?
通報しなかったら罰を受けるの?

980 :実習生さん:2006/11/30(木) 23:27:04 ID:e65BynQY
>>979
簡単に言えばみんなでアラモ!ってこと。
自己犠牲を強要しているのさ。

もしくはみんなでいじめられれば怖くない、とか。
やべぇ、それ結構いい考えかも。

981 :実習生さん:2006/11/30(木) 23:29:36 ID:LVX7Zc59
子供相手にアメもあげなければ鞭で叩くこともしないんじゃ、
絵に描いた餅だと思う。

そもそも、学校は集団生活の送り方を教える場所なんだから、
まずはじめに学校の統率者は教師であり、教師に反抗する人間は
矯正、排除されるのが当たり前ということを叩き込まなきゃいつまでたっても変わんないよ。

982 :実習生さん:2006/11/30(木) 23:35:15 ID:eDQXCx95
>>979
たぶん、義家氏の経験から、怖いからいじめを見てみぬ振りをせざるを得なかっただろうが、
言ってしまって、表面化すればいじめるやつもたいした事ないって、経験からの提言。
恐喝は、人がいない場所でしかされなかった。
結局、いじめをやる奴は、陰でしかやれないから、表面化すればたした事ないってことだ。

983 :実習生さん:2006/11/30(木) 23:56:15 ID:LVX7Zc59
>>982
1.は「誰に通報されるかわからないから、いじめが行われにくくなる」ことが最大の目的なんだろうけど、
裏を返せば人の目に付きにくい場所でいじめが進行するという危険性もある。これは仕方のないことだけれども。

今時の子にメリットなしに行動を求めるのも難しいと思うし、傍観者となった場合の指導・懲戒の基準を設定せずに、
傍観は罪であると断罪するのは何かおかしい・・・。懲戒が存在しない罪なんてものが存在したらたまらん。
それとも、傍観者となった場合も2.の「問題を起こす子」に含まれるのか。

984 :実習生さん:2006/11/30(木) 23:59:32 ID:eDQXCx95
>>981
>そもそも、学校は集団生活の送り方を教える場所なんだから、
その定義も、これだけ教育現場が瓦解してしまえば、考え直す必要が有るんじゃないか?
教育現場で、犯罪行為が蔓延する状況下では、まずその状況を打開しなければならない。
学校は集団生活の送り方を教える場所まで、到達してないんじゃないか?
これは、今も昔も同じだけどね。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)