5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【いじめ】悪いのは・・・・

1 :実習生さん:2007/01/04(木) 13:20:10 ID:shynIxeA
こんな話がある。

魚の世界でもいじめがあって、弱い者をみんなでリンチして殺してしまうのだ。
その魚の飼い主は、なぜ魚がいじめをするのかずっと疑問に思っていた。
それで、魚について詳しい人に相談してみたところ、「水槽が小さすぎる」と言われた。
大きい水槽に魚を引っ越しさせると、いじめはなくなった。
小さな水槽で大量の魚を飼うと、いじめが発生するそうだ。

日本社会・特に日本の学校を水槽に例えるなら、それは徐々に狭く小さくなりつつある。
それが今の状況だ。

結局のところ、いじめる側も、いじめられる側も、どちらも悪くない。
悪いのは無理解な第三者だ。
住むべき水槽を狭く小さくするから、いじめが発生する。
そしていじめられる側に対しては、心無い発言などをしては余計に追い詰める。
1から10まで、第三者が一緒にいじめに加わっているようなものだ。

http://ijimekyusai.ojaru.jp/aku.htm

(トップページ)
http://ijimekyusai.ojaru.jp/

2 :実習生さん:2007/01/04(木) 13:21:50 ID:shynIxeA
集え。
そして暇なヤツは>>1の文章をコピペしてまわれ。
とりあえずおれは、この板の中のいじめスレに貼りまくってくる。
ノシ

3 :実習生さん:2007/01/04(木) 13:22:54 ID:shynIxeA
イケネ忘れてた。宣伝するときは、ここのスレのアドもお忘れなく!
よろしくおねぎゃーしますです
ノシ

4 :実習生さん:2007/01/04(木) 13:30:06 ID:shynIxeA
多分、重複だとか言われて【いじめ統一スレ】を貼られるんだろうけど、あんなとこじゃやりたくねぇよ。
だって荒れまくりなんだもんorz

5 :実習生さん:2007/01/04(木) 13:44:00 ID:CnnOQxY+
死ね

6 :実習生さん:2007/01/04(木) 13:52:50 ID:feVCOPRz
級長でもないリーダー格に「ちゃんとやってよ。任せたからね」
などと言う教師が悪い!!!!!!

7 :実習生さん:2007/01/04(木) 13:58:40 ID:feVCOPRz
宮野 福田
稲石 城戸
松本 山内


8 :実習生さん:2007/01/04(木) 14:20:53 ID:feVCOPRz
長尾
●尾
西尾
にしお
にしおか
西岡

9 :実習生さん:2007/01/04(木) 14:30:27 ID:mDnfD28x
傷つけてきた相手を殺せ、殺してしまえ

10 :実習生さん:2007/01/04(木) 14:55:04 ID:feVCOPRz
「人権問題」板への旅

11 :実習生さん:2007/01/04(木) 14:55:51 ID:kz2GlYzd
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1167046395/

12 :実習生さん:2007/01/04(木) 15:23:06 ID:shynIxeA
なんか知らんけど、社会板に柿子できねぇorz

13 :実習生さん:2007/01/04(木) 16:55:13 ID:feVCOPRz
長尾♥佐川

14 :実習生さん:2007/01/04(木) 17:11:35 ID:shynIxeA
('A`)??

15 :実習生さん:2007/01/04(木) 20:43:53 ID:shynIxeA
age

16 :実習生さん:2007/01/04(木) 20:51:47 ID:zv8yawkL
>>13 佐川急便 乙!

17 :実習生さん:2007/01/04(木) 22:30:29 ID:shynIxeA
age

18 :実習生さん:2007/01/05(金) 00:37:51 ID:SWGaCCkO

  「いじめ学」 内藤朝雄氏に聞く、問題の深層と対策

 日を追うごとに深刻の度を増す、連日のいじめ報道。だが問題のあまりの根深さを
前にして、我々大人が口にできることといえば「命を尊重する教育を」に代表される
手垢の付いた反省、実効性の疑われる対策ばかりだ。
 いじめをめぐる言葉が10年、20年前からなんら変わらない状況に半ば絶望を覚え
ながら、著書「いじめの社会理論」などで具体的提言を続けるいじめ問題研究者・
内藤朝雄氏(写真=明治大学助教授)を訪ねた。「現状の学校制度を根本から
変えない限り、いじめによる自殺はなくなるはずがない」と説く、内藤氏の主張とは。


19 :実習生さん:2007/01/05(金) 00:38:21 ID:SWGaCCkO

――こうした悪質ないじめが発覚すると、必ず起こるのが「最近の子どもたちはどう
   なってしまったのか?」という戸惑いの声だ。彼らが行っているいじめは、本当に
   我々が子供の頃にあったそれとは異質なものだろうか?

「まず断っておきたいが、悪質ないじめは時代に関係なく、閉ざされた濃密な
人間関係の中にあっては必ず起こる。戦時中に集団疎開した世代が経験した
いじめがいかに陰湿なものだったかは、彼らの回想録、文学作品などには克明に
記録されている。現代の子ども特有の現象では全くない」

――いじめへの対処をめぐっては、道徳教育やスクールカウンセリングの拡充などが
   ここ20年以上議論されてきたが、効果が上がったようには見えない。では、
   我々は一体何をすべきなのだろうか?

「いじめの対処法は大きく分けて二つしかない。暴力を伴ういじめに対しては、
市民社会における当然のこととして法システムに委ねる。すなわち警察や弁護士を
学校に介入させる。私の知る限り、ほとんどのいじめは安全確認が済んだ状況で
行われ、多大なリスクを覚悟してまで実行されることはない」

「一方、『シカト』や『クスクス笑い』といったコミュニケーション操作系のいじめは、
警察に任せることはできない。また教員の能力にも個人差がある以上、現行の
学校制度の枠内でベストを尽くすといっても限界がある。だとしたら、学校制度
そのものを根本的に変えるしかない」


20 :実習生さん:2007/01/05(金) 00:39:26 ID:SWGaCCkO

―――具体的にはどのようなことか?

「学級制度の廃止だ。この制度自体は他の国にもあるものだが、日本ほど
人間関係がタイトで、一つの空間に同じ集団が朝から夕方まで押し込められる
例は他にはない」

「あなたの子どもがクラスの誰かから人としての尊厳を踏みにじられるような行為を
受けたとする。だが、こうした閉ざされた人間関係にあってはその子は無理に心を
屈し、嫌われない努力をするほかない。『迫害してくる相手とは適度に距離を置く』
という、一般社会では誰もがやっている心の調節を、子どもにだけ許さないのが
現在の学級制度だ」

「本来、机を並べる相手は授業ごとに違っていていいし、いつもの教室で決まった
相手と食べる給食ではなく、カフェテリアで気の合う相手と食事をするスタイルでも
いいはずだ。部活動にしても学校に頼る必要はない。ドイツなどが典型だが、
子供たちはスポーツや文化活動も学校とは別の地域クラブに所属して行い、
そのたびに人間関係のバリエーションを増やしている。これに対しクラスという枠に
固定され続け、ほとんどその範囲内でしか人間関係を選べないのが日本の
子どもたちの現状だ」

「たまたま同じクラスに振り分けられたというだけで課せられてしまった、理不尽な
人間関係から子どもを開放する必要がある。それぞれの子が、自分にとってより
適切な人間関係を選ぶだけの選択の幅があれば、自殺にまで追い詰められる
ような危険な人間関係に甘んじる必要はなくなる」


21 :実習生さん:2007/01/05(金) 00:40:14 ID:SWGaCCkO

―――これまでもいじめの問題が何度も取り沙汰されながら、学級制度という
    仕組みを動かすことに目が向かなかったのは、なぜだろうか?

「学校という場所を必要以上に神聖視しすぎた結果だろう。市民社会において
人命以上に尊重されるべきものはないはずだが、ある種の『教育系』の人々の
あいだで、人間の尊厳や人命以上に、『教育』そのものが重要な価値になって
しまっている。
だから暴力に対しては警察に任せる、迫害の加害者には損害賠償をするといった、
市民社会では当然のルールが学校に限って適用されないまま良しとされてしまう。
だがそのことにより、いじめの温床となる閉鎖空間はますます強固に維持されていく」

―――いじめによる自殺や、自殺予告が毎日連鎖的に起こっている。渋谷区も
    今やその当事者だが、このような状況をどう考えるか?

「教育が神聖視されるあまり、『加害者を罰する』という当たり前の仕組みができて
いないためだ。そのような状況では、いじめられる者のなけなしのプライドは自殺という
方法でしか訴えの形を取れない。実際自殺する子の多くは、加害者を司直の手に
引き渡すことを思いもしないまま死を選んでいる。
 だが、いじめを放置した担任教師が厳正に処罰され、加害少年に責任を取らせる
制度が確立されたならば子供たちのエネルギーは自殺には向かない。生きて彼らを
告発することに向かうはずだ」

内藤朝雄のいじめ学 (原宿新聞web)
http://www.harajukushinbun.jp/headline/406/index.html


22 :実習生さん:2007/01/05(金) 20:56:02 ID:vuIwP0Wy
age

23 :実習生さん:2007/01/07(日) 12:42:26 ID:hWeBrIsM
>>1先生その理論だといじめっ子は魚類並の知能ということが証明されました!

24 :実習生さん:2007/01/07(日) 14:44:53 ID:G3NmBdfx
アフォかw
>>1はただの例え話だろw

25 :実習生さん:2007/01/07(日) 15:23:05 ID:sIp3k9Ps
>>24
他スレで書いたものをコピペしてみる。


そもそも人と魚と一緒にするのが間違い。

ネズミを狭い飼育箱に多数飼うと攻撃性を帯びて共食いする事すらある。
一方、類人猿のチンパンジーだかボノボだかを狭いところに多数入れて
観察すると、攻撃性を帯びることなく互いにコミュニケーションを頻繁に
とるようになり、それが摩擦を回避する役に立っているらしいという
比較研究結果が得られたと言う話を聞いたことがある。

だからこそ、コミュニケーション能力の発達を促すべきだと言う話を前に
していたんだよ。
つまり、ネズミ型人間が増えたのを、まともな人類に戻しましょうと
いうわけだ。


26 :実習生さん:2007/01/07(日) 15:28:40 ID:G3NmBdfx
>>25
そのレスなら読んだよ。
宣伝用コピー貼った直後にレスしてたね。
そして思った。

「おまえな、例え話に対して、そんなリアルな動物学出してどーするw」
と。

27 :実習生さん:2007/01/07(日) 15:31:05 ID:G3NmBdfx
まぁ要するに、なんかのゲームに例えるなら、かっこよく「異議あり!」と
叫んだまではよいものの、叫ぶポイントが微妙に違いますよってこった。

28 :実習生さん:2007/01/07(日) 15:35:44 ID:sIp3k9Ps
>>27
そうか?
結局人間も動物の域は出ていないものだと思うけどな。
子供を見てると特にそう思うよ。

29 :実習生さん:2007/01/07(日) 20:47:16 ID:hWeBrIsM
>>26
アフォはお前だよw
>>1の話も>>25の話も同じ動物学でしょうがw
>>1は魚類、>>25は哺乳類というリアルな動物学を例に出してるんだから
同じだろ?
もっとも>>1の魚類を例え話にしているより、>>25の哺乳類を例え話にする
方がより人に近い存在を例え話にしている分納得いく説明ではあるがね。


30 :実習生さん:2007/01/07(日) 23:08:47 ID:G3NmBdfx
はいはいワロスワロス

31 :実習生さん:2007/01/08(月) 08:45:26 ID:k12u5jP3
リンク先の未熟な分析は確かに笑える。

32 :実習生さん:2007/01/09(火) 04:47:28 ID:nHiqxqFL
たしかにいじめる側が悪い。
いじめる理由を問うと、「キモイから」とかそんな理由ばっかりだ。
キモイと思うなら思うで、なぜ「思う」だけにとどめないのだ。
いじめまで発展させないと気が済まないのか?
キモイ奴は放っておけばいい。けれど放っておけない奴がいる。
その「放っておけない奴」こそが、いじめる側の人間。

でも、HPとかでそれを公に主張すると、水掛け論になるのが目に見えている。
「いじめられる側が悪い」と執拗なまでに主張する人たちの攻撃にあうのは目に見えている。
だから、コソコソと遠回りに主張せねばならぬ状況になる。
>>1のサイトが社会に責任を問うている理由は、まさにそこにある。

33 :実習生さん:2007/01/09(火) 05:21:01 ID:iSoBpxrQ
>>1
さかなくん乙です。
さっきスマスマで言ってたな。

34 :実習生さん:2007/01/09(火) 06:18:08 ID:4q5Mz2Hf
「住むべき水槽」の意味をどう捉えるか?


35 :実習生さん:2007/01/09(火) 07:10:43 ID:nHiqxqFL
>>34
学校、家庭環境、ほかにもある。。。

36 :実習生さん:2007/01/09(火) 07:15:56 ID:nHiqxqFL
そーいえばたしか、先生と生徒が友達のように接する「なれあい学級」は
学級崩壊しやすいっていう記事を、ヤフーニュースかなんかで読んだ記憶がある。
何気に、そういう学級は子供に対するストレスがデカイらしい。
ソースなくてすまそ。誰か持っていたらうpキボン

37 :実習生さん:2007/01/09(火) 13:54:08 ID:VC1aJTGt
一昔前に多かったケ−スで加害者を叩いてもしかたない
今は加害者・被害者が流動的でアンケート(最近では昨日のスマスマ)
なんかでも半数がいじめられた経験があり、それ以上の数が
いじめられた方に問題があると答えている。
少なくとも子供達がそう答えている以上流動的な加害者・被害者を
二元論では片付けられない。
俺としては傷害・殺人または自殺に追い込むなど行き過ぎたケ−スには
警察を介入させ取り締まる。
無視・誹謗中傷は取り締まれ切れないって思っている


38 :実習生さん:2007/01/09(火) 14:04:36 ID:VC1aJTGt
新成人の5割、いじめ経験 うち3割が「自殺考えた」
http://www.sanspo.com/sokuho/0106sokuho044.html
 成人式を迎える新成人の5割が、学校や職場でいじめられた経験を持ち、
このうち3割は「自殺を考えた」と回答したことが6日、
結婚情報サービス会社、オーエムエムジー(大阪市)の調査で分かった。
 調査は、1986年4月2日−翌年4月1日生まれを対象に実施し、
587人から回答を得た。毎年、家族や結婚への考え方を聞いているが、
相次ぐいじめ自殺を受け、初めていじめの質問を盛り込んだ。
 いずれも複数回答で、47%の人がいじめられたことがあり、
このうち自殺も考えたという回答が29%。いじめをしたことがある人も38%いた。
 「いじめの仲間に誘われたら断れない」が36%に上る一方、
「いじめられる当人にも非がある」が28%。
「職場や学校はいじめを助長する環境」との回答が64%もあった。
 「周囲の大人は何もしてくれない」との訴えは76%。
政府が対策を急いでいるが「今後も改善されるとは思わない」が84%と、
悲観的な見方が大勢を占めた。
 実際にいじめられた場合、51%は「誰かに相談するとは思わない」と答えており、
有効な解決策が見当たらず、独りで抱え込んでしまう実態も浮かび上がった。

39 :実習生さん:2007/01/09(火) 20:11:23 ID:RbgIxzJv
>>37賛成!

40 :実習生さん:2007/01/10(水) 00:19:21 ID:5LR8TBEJ
>>36

毎日新聞だけど
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/wadai/archive/news/2006/11/20061124ddm001040025000c.html

41 :実習生さん:2007/01/10(水) 01:10:40 ID:hg8bMSPD
バラエティ番組とかで人を意味なく叩いたり蹴ったりして笑うものがあるけどイジメにあった自分からするとああゆうの見るだけでも気分が悪くなる。そうゆうテレビ局でイジメ特集とかされても腹がたつしどうせヤラセだろうと思ってしまう。

42 :実習生さん:2007/01/10(水) 06:19:35 ID:qIN7Itjd
■イジメ加害者・彼らの住所名前・自宅電話番号・保護者名・保護者勤務先(分かれば)・顔写真、
学校名、担任や校長教頭含む全教員の名前・住所、イジメ内容・毎日の記録(日時付き)、担任に相談した時の担任の対応、
などを、ワード文書作成。大量にプリントアウトし用意。
物を壊されたり落書きされたら、写真に収めてマスコミ用に大量焼き増し。ケガしたら、病院で診断書書いてもらって、マスコミ用に大量コピー。診断書の元本は手元に大切に保管。 
ケガした箇所も写真に収めて大量焼き増し。 
そして、これでもかと言うほど集めた「ありったけの証拠」を、 
一気に、週刊誌・テレビ局・新聞社・人権団体・文部科学省・教育委員会・PTA会長自宅あてに、同時に郵送する。 FAX・メールも。
必要な時に、すぐに用意できるように、もとの文は、PC内・フロッピー・紙に残しておくこと。
担任に相談してダメっぽい感じがしたり、2日以内に変化がなければ、一気に公表してください。教頭&校長に相談せずに、彼を無視して、あらゆる機関に公表しなければ、ほぼ確実に学校内で隠蔽されます。
学校&加害者側との電話や直接の会話はICレコーダーなどで隠し録音、大量複製。ネット上にも公表。
※ポイントは、全てのところへ「同時に送る」という事です。
■とにかく証拠をカキ集めて。
オマケに貼っときます。
 http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=ms_b_p_1_p1/249-9304096-8593148?a=479581662X&uid=NULLGWDOCOMO&edi=EclKvKjYI%2Fai%2BD%2F0Y%2FAWU7yoAIpKdQ%2FitGOA7EL8TPk%3D

43 :実習生さん:2007/01/10(水) 11:23:25 ID:BDgy0zC6
>>40
dクス!

44 :実習生さん:2007/01/10(水) 12:38:05 ID:BDgy0zC6
悲しいことに、世の中には「いじめられる=カッコワルイ」というイメージが
固着しているため、はたして>>42を実行できるヤツがどれだけいることやら・・・

あと、いじめられることもカッコワルければ、チクることもカッコワルイ。
そういったイメージが、いじめをより深刻化させていることは明らかだ。

45 :実習生さん:2007/01/10(水) 15:38:11 ID:13JPqkcg
最新の動物学・生態学の研究報告によると、サバンナのトップであるライオンは、
雄同士が殺しあったり、雄親が自分の子を食べたりすることがあるらしい。
人間に近いサルもサバンナのライオン同様互いに殺し合うことが明らかになっている。
局部生態系においてライオンやサルを殺したり、捕食する他の動物はいない。
動物界の原則と言われた「同種同士殺しあわない」ことは20世紀までの迷信にすぎなかった。
これらは異なるヒエラルキー間の争いではないので、弱肉強食ではなく、「同肉同食」である。
個体数が減りすぎれば出産し増やせばよいが、
逆に個体数が増えすぎれば食糧やエネルギーが相対的に減少するので、
他の動物に食われるか、同種同士淘汰し、個体数を減少させる必要があるということである。

地球生態系においてトップに君臨する人間にも天敵となる捕食者はいない。
個体数が増えすぎれば当然淘汰し合わなければならない。
所詮人間も地球生態系のトップに君臨するとは言え、地球という生物の細胞にすぎず、
新陳代謝が必要だということである。
(このように地球を一個の生物と捉えたとき地球のことを「ガイア」と呼ぶ。)
また人間は細菌やウィルス、微生物などのボトムによる、
フィードバックも「医療の向上」によって解消してしまう。
ここで人間はライオンやサル以上に何らかの方法で淘汰し合う必要性があるということになる。
人間同士の強弱関係など他の生物から見れば、天上の神々や巨人の力関係なのである。

しかし一方で人間は戦争によって地球生態系を脅かす存在でもある。
人間は殺し合いすぎても、殺し合わなさすぎても地球生態系を脅かす、
ガイアにとってなんとも御し難い存在なのである。
過剰なパワーゲームも問題だが、パワーゲームを完全に否定するのも愚かと言えるだろう。
よって戦争も駄目、犯罪的な殺人も駄目となるとそれに代わる殺人の手段が必要となる。
自殺、死刑制度、安楽死、妊娠中絶、正当防衛的な殺人、寿命の恣意的な逓減…。
そのような「平和的な」淘汰の手段が開発されていくのも当然の理と言えるのである。


46 :実習生さん:2007/01/10(水) 15:41:02 ID:UrbVobNZ
ホッブズの「万人の万人に対する闘争」は”資源は限られており、人間もその奪い合いしかできない”
という思想の上に立っていたが、ホッブズを打ち砕いたのは資本主義の元となったJ.ロックの
”労働力を投下すれば財物は無限に増殖する。愚かな奪い合いをやめろ”という思想だった

47 :実習生さん:2007/01/10(水) 15:55:31 ID:8wCELggA
>>45
避妊すれば良いだけ。
しつこくコピペする理由は何だ?

48 :実習生さん:2007/01/11(木) 19:16:26 ID:evT/57hR
避妊も出来ないサルだからサ!

49 :実習生さん:2007/01/16(火) 10:51:42 ID:Riu/m05p
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1159992015/364-395

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)