5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【21条?】旧司法試験 憲法【29条?】

1 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 22:40:59 ID:???
作ったよ

2 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 22:42:28 ID:???
>>1


3 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 22:43:21 ID:???
>>1


4 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 22:45:37 ID:???
>>1


5 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 22:46:24 ID:???
22条はないの?

6 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 22:47:54 ID:???
いや、俺が21と29書いてしまったから・・・。勝手でスマソ

7 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 22:54:20 ID:???
さあ、ガチはどれ?
おれはやっぱ22条だと思うんだよね。
どう考えても放送事業者の表現の自由は間接的にしか侵害されていない。
書くとしてもこの辺を説明しないとなあ。
でも、平均筋は21条なんだろうなあ。

8 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 23:05:14 ID:???
>>1
乙!!

9 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 23:29:09 ID:???
放送事業者の営利的表現の自由じゃない?損害出るような表現なんだから。あと統治は41と65が問題では?

10 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 23:31:11 ID:???
>>9
君はさっきも同じこと言ってたね。
損害は放送事業者の広告収入が減るってことだよ。
表現の内容が営利だからじゃない。
営利なのはスポンサー。

それと41条は問題となるけど65条はどう書くの?

11 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 23:42:01 ID:???
国会からの行政へのコントロールできなくなるじゃない? 放送事業者にとっては金儲けのための表現でしょ?自分のいいたいこととかじゃないんだし

12 :氏名黙秘:2006/09/28(木) 23:45:54 ID:???
放送事業者の放送の自由だと思ったんだけどなあ…

13 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:03:17 ID:???
>>11
国会から行政へのコントロールは、わざわざ41条・65条っていう抽象的なところを
根拠とするよりは、もっと具体的な議院内閣制を根拠とすべき。
内閣は国会に対し連帯して責任を負う、って規定してくれてるんだから。

41条は問題とはなるが、「国会への拘束」ってのは立法だけじゃないでしょ?
予算や内閣総理大臣の指名、条約承認、あとは内閣不信任決議や議員除名についての拘束もありうる。
主として想定されるのは立法拘束だろうけど、だからって勝手にその場合に限定するのは危険だと思う。

14 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:05:35 ID:???
>>13
おおむね同意。
41条については試験直後からそういう意見があったね。

15 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:14:44 ID:???
なるほどね けど41や65はむしろ具体的な検討じゃない?代表民主制や議院内閣制に反するか こそ抽象的な気がする

16 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:17:25 ID:???
>>15
41条は、そもそも立法についてしか考慮してないわけで、不十分でしょ?
すべてを包括して答えるには間接民主制や自由委任原則で論じるしかない。

65条は抽象的すぎるかと。行政権が内閣にある、ってことからどうして国会からの
民主的コントロールが読み取れるの?
議院内閣制が規定されているからでしょ?
だから65条は抽象的・具体的以前に、なぜ65条を根拠とするかが理解できないと思う。

17 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:22:37 ID:???
確かに行政からのコントロールって、普通は65条を根拠条文にしないわな
66条3項とかその辺か

18 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:25:34 ID:???
65の趣旨は議院内閣制は前提だよ 65と共にもちろんかいたよ でも自由委任んて議員が自由に発言できるようにすることだよ 関係ある?まぁきみがいうことのが正しそう たしかに限定はいかんな

19 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:27:50 ID:???
独立行政委員会も65検討するよ?

20 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:31:17 ID:???
>>18
横レスだが、自由委任の意義を勘違いしてないか?
まあ、確かに厳密には自由委任の問題かは疑問だが、別に自由委任って発言の自由に
限定されるものじゃない。
・・第一問でいう国会への拘束ってどういうことなのかにもよるが、別に自由委任で間違いではないと思うけど。

>>19
何の関係が?

21 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:31:53 ID:???
>>20
× 第一問
○ 第二問

22 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:32:12 ID:???
>12
漏れも放送事業者の放送の自由(報道の自由、でもいいらしい。
セミナーの論文講座パンフによると)の侵害と思った。
あと知る権利も短めに検討


23 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:32:57 ID:???
知る権利は当然書くものと思った

24 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:35:34 ID:???
知る権利侵害は最後に3行くらい書いたお

25 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:35:44 ID:???
自由委任は責任とわれないことと発言の自由だよ  行政を内閣以外がやる場合という点で共通かと

26 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:41:34 ID:???
>22
やっと同士発見!!
周りはみんな営利的表現の自由なので不安でたまらんかったのだよ。

27 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:44:47 ID:???
不安になる必要はまったくないでしょ
放送の自由侵害は正解。ほかにも正解はあると思うが

28 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:47:16 ID:???
>>25
自由委任ってそれだけじゃないでしょ。それじゃ単なる免責特権。
自由委任はもっと広い概念。

29 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:49:47 ID:???
>>25
自由委任を誤解してる。基本書で一回確認してきたら?

30 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:51:38 ID:???
ん?
知る権利っていうのは、反対利益を考慮する際に書くんだよね?

31 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:56:50 ID:???
普通にいけば、規制目的を論じる際に使うんでないの?
反対利益としても使えるけど。

32 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:57:25 ID:???
いやそこは絶対正しいよ。憲法ゼミなんだけどそういわれた。みんな勘違いしてるよ。

33 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 00:58:50 ID:???
そうそう、規制目的だった。
最近憲法勉強してないんで、フィーリングで反対利益って書いちゃった。

34 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 01:01:11 ID:???
>>32
芦辺が間違ってるというのか・・・

35 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 01:03:48 ID:???
いや本当なんだ。あと国民の権利義務に重大な影響を与える事項についての投票だからやっぱ法律と行政じゃないかな?まぁあと一週間おとなしくするか

36 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 15:06:27 ID:???
あげ

37 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 19:06:49 ID:???
試験後いろいろ考えたけど1問めは
21条で放送の自由の侵害だな、やっぱ。

放送事業者→広告収入により番組作成
→どんな広告をどのくらい流すかは放送事業者の自由
∴本問規制=広告制限=放送の自由の侵害
これで決まりだな。
よって営利的表現の自由で書いた奴はランク下がる。

おれはスポンサーの広告の自由侵害&放送事業者の22条侵害で
書いた・・・orz

38 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 23:18:52 ID:KGnEcJGR
減収なら放送できない。表現できない。

39 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 23:24:32 ID:???
>>38
当たり前

40 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 23:36:57 ID:???
減収によって番組の質が下がり
かえって立法目的(国民の情報へのアクセス)を害する。
だから違憲とあてはめした。
38はそういう意味では?

41 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 23:46:38 ID:???
27. Posted by 第一夫人 2006年09月29日 12:15
っつーか、何?こいつ
今時windows98ってどんな貧乏人やねん。
てか、何で本物の精神病患者に電波とか言われないといけないの?
パニック障害とか、はっきり言ってホームレスより死んだ方がいい部類の人間ジャン。
早く自殺すればいいのに。
きちがい。

28. Posted by 第一夫人 2006年09月29日 12:25
まじで何なん?このきちがいは。
ちびとかブスとか白ぶたとか書いた人になんか言われるんやったらまだ理解出来るけど、
なにこれ?
鬱病とか通り越して、統合失調症とかなってんちゃうん?
きっもっ
税金使ってまで治療とかしなくていいから、ほんと早く自殺すればいいのに。


42 :氏名黙秘:2006/09/29(金) 23:58:58 ID:???
>40
そういうあてはめした奴、前スレにいたよね


43 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 00:22:42 ID:???
>>40
38からそこまで読み取るのは善意に過ぎると思うが。

40の内容には同意。というか、同じこと書いた。

44 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 00:24:45 ID:???
>>41のコピペ見るたびに思うんだが、windows98を馬鹿にするなといいたい。
システムの安定性ではシリーズ1として今でも愛用者が多い。
2000は業務用だしMEは話にならないしXPは操作性が悪い。

45 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 16:19:02 ID:DMQBcyeG
思うに、現代国家における財産権保障の重要性、

「制限の可否と保障の要否とは別次元の問題」とされることを考えると

中略

財産権保障の観点から保障を要する場合を「用ひる」にあたると解すべきである。
(佐藤 p.499)

セミナーの本でこういう記述を見つけたんだけど、
違憲→29条3項は本当に死因なんでしょうか。

柴田過去問のh6−1も、制限を違憲にしても
3項を検討することは、
多面的に法律の違憲性を指摘するという意味があるとします。

46 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 16:34:31 ID:???
損失補償は出題趣旨
損失補償を落としてもAはくると思うが

47 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 16:51:35 ID:???
>>46
新と一緒にしていない?

48 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 17:29:14 ID:???
減収が見込まれてる段階にすぎないのに損失補償って強引じゃない?

49 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 17:41:44 ID:???
減収が見込まれている
 ↓
しかし29条3項を直接根拠に損失補償が可能
 ↓
減収は損失補償により填補可能
 ↓
結局、減収は関係ない、制作費なども損失補償で確保できる
→数十億の減収が見込まれる制約も不合理な規制とは言えず合憲

と書いたwww
少数説すぎて今まで言えんかった


50 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 18:26:00 ID:???
よくわかんないが、>>45がいう「違憲→29条3項」ってどこが死因って言われてるの?

51 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 19:00:20 ID:???
>>50
営利的言論の自由で書いた後に29を論じるとかじゃない?

52 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 19:19:32 ID:???
>>45
>>減収が見込まれてる段階にすぎないのに損失補償って強引じゃない?

将来の減収を損失と捉えることは困難であるって法学教室かなんかの教授による新試験解説に書いてあったよ。
だから俺も29条3項は要らないと思った。

53 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 19:21:26 ID:???
結局は当てはめ勝負!

54 :通りすがり:2006/09/30(土) 19:24:12 ID:???
俺だったら、表現の自由一本で書くね。
で、あてはめで>>40みたいなことを書く。

55 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 20:24:20 ID:???
>>54

俺だったらって・・・・・orz

56 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 20:42:22 ID:???
>>53
でも去年の憲法はあてはめよりも法律構成勝負だった
二分論を修正できたか
飲酒の自由の性格を適切に把握できたか
文言の明確性にケチつけたか

57 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 22:03:48 ID:jiFCMZlO
>>40
38の者だけど、まさにその通りです。
単純に考えたらそのようになると思った。
現場では簡単すぎるから誤りかとは思ったけど、
それ以外の構成を考えてる余裕が無かったのが正直なところ。

58 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 22:09:21 ID:???
>>40はあてはめの一要素にはなると思うけど、
それだけではあてはめとして足りないと思う。
どのような規範を立てて、
規範のどの要素にあてはめたのかも問題。

59 :氏名黙秘:2006/09/30(土) 22:20:06 ID:???
>>58
確か前スレだかで見たのは、厳格な合理性の基準から、
減収によって目的を阻害するため手段と目的の間に実質的関連性がない、みたいな
感じで使ってたんだと思う。もう少し丁寧に書いてるだろうが。
それ以外もいろいろ書いてるだろうから、金額の話はそれで十分だと思うが。

ちなみに>>58は具体的にどう書くべきだと思うの?

60 :氏名黙秘:2006/10/01(日) 00:41:12 ID:???
>>59
立てた基準にもよるけど、関連性の問題として論じるのが一番いいと思う。
LRAとか使っちゃうとそれができなくなるのが問題だよね。
あてはめに関しては、やはり1時間に5分という広告時間の設定がどうなのかとか
免許取消という手段がどうなのかとか満遍なく検討しないといけないだろうな
と思う。

61 :氏名黙秘:2006/10/03(火) 01:33:59 ID:???
アテハメ事由としては、「1時間に5分」、「免許取消」、「損害発生」、
を検討すればよいのかな

62 :氏名黙秘:2006/10/15(日) 05:13:17 ID:oFcPExxd
営業乃自由構成即死者奴集合

63 :氏名黙秘:2006/10/15(日) 05:30:41 ID:???
営業の自由一本で書いてAだった奴はいないのだろうか?

64 :氏名黙秘:2006/10/15(日) 06:00:58 ID:???
いる。

65 :氏名黙秘:2006/10/15(日) 07:57:58 ID:???
>>49
俺もだw
試験終わった当初それ友人に言ったら
「やばいよ、それ終わってるよ!」とか言われたw

で、そいつは落ちたw
俺は受かった。しかし、まだ評価は来ていない。

66 :49:2006/10/15(日) 17:01:17 ID:???
>>65
俺はAだったwwwウハ
しかも合格。口述がんばろうね。

67 :氏名黙秘:2006/10/16(月) 14:01:12 ID:???
29条財産権一本でBでした
損失保障も肯定です



68 :氏名黙秘:2006/11/03(金) 09:32:50 ID:???
保守

69 :氏名黙秘:2006/11/10(金) 14:04:00 ID:???
ほらみろ。
国賠や損失補償は出題趣旨だったろ。
だからイワンこっちゃ無いwwww

(出題趣旨)
本問は,放送事業者の広告放送の自由を制約する法律が制定されたという仮定の事案について,
営利的表現の自由の保障根拠や放送という媒体の特性を踏まえて,
その合憲性審査基準を検討し,当該事案に適用するとともに,
放送事業者に生じうる損害に対する賠償ないし補償の可能性をも検討し,これらを論理的に記述できるかどうかを問うものである。

http://www.moj.go.jp/SHIKEN/18syushi-kohyo.html

70 :氏名黙秘:2006/11/10(金) 14:50:23 ID:???
>>69
ってことは主席の憲法は場外HRだったってことか?

71 :氏名黙秘:2006/11/10(金) 18:19:15 ID:???
おれも21条&29条で場外ホームラン!

72 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 20:04:56 ID:???
「理解されない集団的自衛権」慶大小林教授−産経ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163231137
わが国は憲法9条1項で「国際紛争解決手段として『戦争』放棄」し、2項で「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の『戦力』は保持しない」と規定。
「国際紛争解決手段としての戦争」が「侵略戦争」のみを意味し「自衛戦争」までは含まないという国際慣行、独立主権国家自然権(条文にかかわりない当然の
権利)として自衛権は持ってるという前提に、自衛隊創設し、自制的に用いた。集団的自衛権は「自国と密接関係にある他国に対する攻撃を、直接攻撃
されてないにもかかわらず、実力阻止する権利」で、独立主権国家である以上、権利を有していることは当然であるが、憲法9条下で許される自衛権行使は
国防必要最小限範囲にとまると解されるため、集団的自衛権行使することは範囲を超えるとして、憲法上許されないとされた。集団的自衛権は有するが
行使できないというのが政府解釈。公海で自衛艦と併走してる米艦艇が他国から攻撃された場合、自衛艦が支援したら、集団的自衛になってしまう。
わが国上空を飛んで米に向かう他国ミサイルをわが国が撃ち落としたら、集団的自衛になってしまう。そのような行動を自制することは賢明か。政府解釈
によれば、憲法9条下で許される自衛必要最小限実力行使について(1)国に対する急迫不正侵害があり(2)排除するため他に適当な手段がなく(3)実力行使
が必要最小限にとまる−という3要件が確立してる。この要件に照らす限り、上述の場合にわが国は傍観せざるを得ない。現場で米を見殺しにするから、
信頼に傷がついてしまう。条文自体は「集団的自衛」と「個別的自衛」の区別など書かれてない。9条は1項で「戦争」放棄し、2項で「戦力」不保持を規定してる
だけで、侵略戦争禁止(自衛戦争可能)と必要最小限自衛力保持と行使は可能。解釈は政府が文言と立法趣旨の許容限度内で行う「選択」である以上、
説得力ある理由明示される限り、変更されてよい。国存続と安全にとって日米同盟強化が不可欠なら、上述の場合、直接攻撃がなかったとしても、座視すれば
日米同盟が損なわれることが明白である以上、集団的自衛活動になろうとも国存続に「不可欠」な行動は9条に違反するものであるまい。

73 :氏名黙秘:2006/11/18(土) 08:53:17 ID:jirTWgon
営利的表現の自由が出題趣旨って…

そうであるとすれば、なぜ営利的なCMに対象を絞る文言を問題文に入れない?
(例えば、「商業広告」と表記する等)

試験委員は政党の広告や意見広告が営利的表現だと思ってるのか?

74 :氏名黙秘:2006/11/18(土) 10:44:23 ID:???
>>73
大多数のCMが営利広告であることは明らかなんだから、仮にそれ以外の広告についても
考えるとしても、営利的表現の自由が問題になることはかわらないと思うが。
まさか、ほとんどが営利広告だけど、非営利広告の場合もあるから、広告放送は営利的表現とは関係ない、
なんていうわけじゃないでしょ?

75 :氏名黙秘:2006/11/18(土) 22:40:07 ID:???
ボクは電験受験生です。
お前らみたいなバカ文系にはわからないと思うが、
試験の難易度は
電験一種>>旧司法試験
なぜなら電験一種は司法試験よりも低い合格率。
そして司法試験にはない数学力が必要。
資格全般板のスレでは誰もこれに反論できませんでした。

電験一種>司法試験は確実です。
まあお前らはバカ文系は簡単な試験を頑張って下さいね。

76 :氏名黙秘:2006/11/19(日) 01:39:40 ID:???
電波一種?

77 :氏名黙秘:2006/11/20(月) 18:13:40 ID:9fWiVuou
>>74
たしかに、テレビCMの中で非営利的言論(政党のCM等)は少数派だよな。
しかし、いくら少数派であるといっても、営利的言論に比べて一般的に
価値が高いとされている非営利的言論をなぜ無視してもいいことになるの?

もし、非営利的言論をも念頭において問題を解こうとすると、違憲審査基準を
どうするか等で困難な問題に直面することになる。
そこでその問題を避けようとすると、どうしても放送編集権の問題と捉えたり、
営業の自由の問題と捉えたりせざるを得なくなるはず。

とにかく、試験委員は問題文の中に営利的なCMに限定する趣旨の文言を
いれるべきだったと思う(そしてそれは容易なことであったはず)。
そうしないのであれば、放送編集権や営業の自由の問題として解いた受験生を
あそこまで不利益に扱うのは明らかに不当であると思う。

78 :氏名黙秘:2006/11/20(月) 19:21:40 ID:???
合格者だが。

放送局の放送の自由はあくまで知る権利に奉仕するものとして存在意義がある、ないしそれが核心である
と捉えるべきなんだろうか
対立利益として知る権利があげられてる以上、表現の自由構成取れよとのメッセージなのか
それにしても営業の自由構成に対する仕打ちはキツい…
憲法で合格逃した人が多い気がする。


79 :氏名黙秘:2006/11/20(月) 20:25:06 ID:???
合格者だが。


80 :氏名黙秘:2006/11/20(月) 23:53:31 ID:???
>>77
そうだと考えるなら、営業の自由と表現の自由の両面を問題にすべきだった。
あなたは非営利的言論が含まれるのを無視すべきでないって考えてるんでしょ?
だったらなおさら表現の自由を論じる必要があるんでないの?
非営利的言論が規制される場合もあるのに、保障の弱いと考えられる営業の自由のみで論じるのは整合的でないと思う。

あなたも言ってるように、「価値が高いとされている非営利的言論」を無視してはいけないのであれば、
一般に価値が高いとされている表現の自由を論じないのはおかしい。
営業の自由の問題として論じることが可能だとしても、表現の自由を論じない理由にはならない。
非営利的言論の場合と営利的言論の場合に分けるということも可能だったはず。

あなたの意見を読む限りでは、むしろ営業の自由のみで論じるのが不当に感じられると思う。

81 :氏名黙秘:2006/11/21(火) 01:01:37 ID:???
俺は表現の自由も営業の自由も書いたよ

82 :氏名黙秘:2006/11/21(火) 01:08:57 ID:???
俺は放送の自由一本でA

83 :氏名黙秘:2006/11/21(火) 15:07:16 ID:???
俺は「報道」の自由で論じたけどAだった。
21条使ってればなんでもいいんでない?
21条を使わないのは>>80も言うように不当だと思う。
不利に扱われてもやむをえない。

84 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 22:20:02 ID:aAcnuU0e
憲法1問目の規制は、営利的言論と非営利的言論を区別せずに制約するものだから、
両者を一括してとらえようとするならば、TV局の放送の自由の侵害と
捉えるのが自然であり、もし、営利的言論のみを出題趣旨にするなら、
営利的なCMに規制の対象を限定するべきだった。
>>77はそういう趣旨であろうし、俺もそう思う。

営業の自由構成が正しいとか間違ってるとかは、関係ないと思うが。

いまさらこんなこと論じても意味ないとは思うけどね。

85 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 23:26:07 ID:???
すいません、
多選の禁止が東北ローで出題されたんですが
公務員選定権は問題になりませんか?

86 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 23:42:38 ID:???
>>85
なるよ。ってか論文過去問であったじゃん。

87 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 00:14:21 ID:???
>>86
平成5年はチェックしてなくてorz
ちなみに過去問と問題文が少しちがって、立候補が禁止されるのか、選定できなくなるのか
よくわからなくて、多選の禁止っていうくらいだから、該当者が選べなくなるんだろ〜
って思ったんですが過去問のモカイでは、選定権ではなく立候補の自由の問題として書かれてるんですよね
完全にやっちゃったかな〜と思ったんですが、選定権侵害でも可能性ありますかね?


88 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 00:17:21 ID:???
>>87
よくわからないけど、選定できなくなる、ってのは立候補は自由だけど投票してはいけないとか、
得票数一位でも失格になるとかそういうこと?
だとしたら、そういう制度を想定するのがそもそもおかしいと思う。あまりに不合理。
普通に考えて立候補の禁止を意味していると思うんだけど。
まあ、立候補の禁止と考えても選挙権行使の制限の要素も問題になるから、選定権侵害と同じような内容になると思うけど。

89 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 00:38:16 ID:???
>>88
丁寧にありがとうございます。
問題には「多選を禁止する法律が可決、成立した」としか書いてなく
禁止方法は明らかではありませんでした。
過去問やってれば、立候補の禁止って思い浮かんだんでしょうがやってなかったんで
選定権が制限されるという内容を想定して書いてしまいました。
問題にはなりえるけど、やはりだいぶズレてるんですかねぇ?(>_<)

90 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 11:35:06 ID:VvyvWYN2
片っ端にage

91 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 11:23:06 ID:???
d

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)