5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【論文講座】Wセミ後期ネタばれあり01

1 :別手 蘭太郎:2006/10/11(水) 23:37:36 ID:QsQezIRI
後期論文講座です

2 :別手 蘭太郎:2006/10/11(水) 23:41:18 ID:QsQezIRI
どういう訳かスレ立てるのがうまくいくときと行かないときがありますね。
お待たせして申し訳ありませんでした。
とりあえずうまく立ったみたいなので
早稲田セミナー後期論文講座の内容はこちらで検討できれば幸いです。
みなさんよろしくお願いいたします。


3 :別手 蘭太郎:2006/10/11(水) 23:42:39 ID:QsQezIRI
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1150191350/

上は前期のスレッドです。

4 :氏名黙秘:2006/10/11(水) 23:56:12 ID:/IqfEyMD
商法第一回第一問が難しかったですね。

5 :氏名黙秘:2006/10/12(木) 00:05:04 ID:???
別手さん、スレタテ乙。後期一括で申し込んできましたよ。

>>4
今日一回目受けてきたんですが、目的の範囲外にして信義則
で修正してしまいましたよ…
酒を仕入れて売るのに天然水はいらんだろと思いorz

6 :氏名黙秘:2006/10/12(木) 00:15:20 ID:83m6EBie
言い忘れてました。スレ立て乙です。

>>5
今回のあてはめは思いつかないですよ。
私は小門1の営利性も書けませんでした。


7 :別手 蘭太郎:2006/10/12(木) 00:45:54 ID:6L+8BFxC
後期商法1回1問は
小問1で、金集めのためには目的を示すことが重要と大きく出してしまったので、
全部その流で小問2も書いてしまって玉砕でした。
問題文の事実はかなり引用したつもりだったけど、
それ以前に話にならずです。
そのままだと権利能力の範囲外となってしまうので無理矢理修正して・・・。
しかも、既にC会社から購入の契約を結んだものとして当てはめてしまった。
しかし・・・105条2項なんてあること知らなかったよ・・。

それに比べて第2問は少しまともかも、出も平均点行かないだろうなぁ・・・
択一も勉強しないとならんし辛いですけど、こんな事できるものあと少しですね。
ふぁいとー


8 :氏名黙秘:2006/10/12(木) 01:50:51 ID:???
いい流れのスレですね。ローができるまではこのような有益なスレが多かった・・・。
気を取り直して、第一問目は考えさせられましたね。
私は定款目的の変更の限界ということを打ち出して、その中で営利性の話しを書きました。
ただ、条文をかいてないので、この点がどううなることやら・・・。
小門2は論点吐出しです。

9 :氏名黙秘:2006/10/12(木) 06:23:10 ID:aLLfcPy0
天然水の当てはめは解答例とほぼ同じ流れで目的の範囲内と認定できた。

第2問の方ができが悪いかもしれない。
小門1は預け合いを抑制する会社法の規制を説明せよ、だよね。
刑罰、保管証明責任は書いたけど、任務懈怠責任スルー。
任務懈怠責任は、直接的には預け合いの効果じゃなくて、払い込みが無効となることからの効果だよね。
任務懈怠責任はそれを回避するために、預けあいをむしろ助長するベクトルだとおもた。
どう思う?

10 :氏名黙秘:2006/10/13(金) 11:49:53 ID:6m1y8qXc
任務懈怠責任は預合を規制するでしょう、普通に。

11 :9:2006/10/13(金) 14:18:02 ID:???
>>10
規制ではあるだろうけど、抑制はしないのでは?

12 :氏名黙秘:2006/10/13(金) 19:58:18 ID:6m1y8qXc
ん?規制であるなら抑制もするんじゃないか?
もしかして俺なんか勘違いしてる?だとしたらごめん。

13 :氏名黙秘:2006/10/13(金) 20:47:29 ID:RO+Q87Qr
いや、規制→抑制って考えるのも普通だと思う。
漏れが言いたかったのは、
抑制→事前に問題
規制→通常は事後の問題
任務懈怠責任は与えられた任務を懈怠した事後的な責任。
けど、通常は責任を問われまいとして事前の抑制にもなる。
しかし、預け合いの抑制としてはあまり働かないのではないか、と考えた。

14 :氏名黙秘:2006/10/13(金) 22:36:47 ID:???
預けあいをすると任務懈怠責任を問われるのだから、
「預けあいはやめよう」と思う。だから預けあいの抑制になる。
では?

あと下げ進行でいきましょう。荒らされたくないので

15 :氏名黙秘:2006/10/13(金) 22:53:42 ID:???
さあて、明日あたりからは商法二問目を議論しましょうか!


16 :9:2006/10/14(土) 00:31:44 ID:???
>>15
いや、既に2問目の話してるんだけど・・。

>>14
【発起人の心の中】
全額払い込みは発起人の任務だ!

これを怠ると任務懈怠責任。キタコレ。

う〜ん、ここは預け合いでなんとかかわしたれ。ばれてもどっちにしろ任務懈怠だもんねww
(規制だけど抑制にならない。むしろ助長?)

あ、でも刑罰が!
(抑制になる)
>>9で言いたかったのは、任務懈怠責任は預け合いの直接の効果でなく、払い込みが無効となることの効果だと言うこと。

17 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 00:34:17 ID:???
問題検討やら運営の話やらやってる限り
こんなとこにひどい荒らしは来ないって。
上げて新規参入者増やす方が有益。

18 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 01:11:11 ID:???
俺64条は通謀を要件とするから、振り込み取り扱い銀行と通謀のない見せ金の場合にもこれが適用されるかが問題となるっていう論点とばかりおもってた。
主観的用件の問題なんだ。シケタイにはあまり詳しく書いてなかったからなー。
明日は2回目うけます

19 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 08:47:18 ID:???
>>17
そう思う。

20 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 08:47:48 ID:???
三角関係で男性殺害「女性に防止義務」と賠償命令

 2002年に静岡県沼津市の民宿で、東京都内の歯科医師の男性(当時53歳)が愛知県内の男に刺殺された事件を巡り、歯科医師の母親が、男の交際相手で民宿を経営していた女性に約1億1500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。
Click here to find out more!

 女性は歯科医師とも

21 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 20:33:25 ID:???
別手さんガンバ!!

22 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 21:22:52 ID:???
商法二回目書けんかった......orz

23 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 21:26:03 ID:H/r+j/PO
別手さんって、わかてさんとお呼びすればいいの?

24 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 21:59:28 ID:4LwbhH0x
蘭太郎さんだから、べてさんとお呼びすればよいのでは?


25 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 22:01:12 ID:???
きっと、ゔぇてさんだよ。

26 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 22:03:10 ID:???
ところで、皆さん2回目は書けましたか?

27 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 22:18:23 ID:4LwbhH0x
書けませんでした…。

28 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 22:32:11 ID:???
模範答案と実戦答案っていつもどっちなのか混乱するから
別手答案と若手答案と呼ぶことにしよう

29 :別手 蘭太郎:2006/10/14(土) 22:57:10 ID:???
別手 蘭太郎(べてらんたろう)です。
中身は伴っていませんが見かけがこの道20年なのでこの名前にしました。
どうぞご指導よろしくお願いします。
さて、商法2回目。
第1問 さんざん問題文とにらめっこして、株主平等原則を聞いてるんだと勝手に勘違い。
しかも、
小問1前段 特定株主からの買い取りだと読み違え。株主平等原則に反するので瑕疵がでかく無効。
小問1後段 資本充実に反するから瑕疵がでかく無効。
小問2 定款で2倍と決めたと勘違いして自爆
小問3 普通にかけました。理由は株式の本質から付けたけど・・・。

第2問 質権は条文見て「質権」という名前は挙げれた。
譲渡担保も名前を出すことはできた。
ただ、略式と登録とは分解できなかったので、条文から株券発行会社とそうでない場合をわけて書いたにとどまります。
しかも、両方とも株券発行済みに場合には交付が有効要件で、対抗要件(対会社、対第三者)とうそを書いてしまいました。
物上代位はかけませんでした。

とほほの目を覆いたくなる第2回目でした。21+20だなぁ。

報告だけですみません。

30 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 22:58:20 ID:???
二回目うけてきました。

一問目 みんな同じだと思うが小門2で沈没。
    価格について役会に広い裁量あるが会社財産あやうくするときは
    だめとか書いた。平等の話なんだよね…
二問目 途中退席多し。物上代イ落しorz

31 :氏名黙秘:2006/10/14(土) 23:59:14 ID:???
一問目小門一って株主との合意に基づく買取なんだけど、株主との合意ってある一人の株主(つまり特定株主)との合意っていみじゃないの?
違うんだったら知らなかったな。

32 :氏名黙秘:2006/10/15(日) 00:45:47 ID:???
基本書・レジュメには株券不発行会社では略式質不可って書いてあるけど
根拠条文はどれ?
会社法だけ見てると意思表示で効力発生して、
株主名簿に記載しないため対抗要件が認められないだけに見えるけど。
葉玉百問もこのような理解に見える。
社債株式振替法の反対解釈なのかと思って条文読んでみたけど頭痛くなった。

33 :別手 蘭太郎:2006/10/15(日) 02:10:35 ID:???
>32 さん。

略式質を株主名簿に記載しないで質権を設定するものとすると、
株券の発行がない以上、民法344の求める引渡しができないと言う事
なんじゃないかなとおもっております。
全然的はずれだったらすみません。


34 :別手 蘭太郎:2006/10/15(日) 02:12:23 ID:???
>31さん

合意による取得には

1 総則の場合で 株主全員にチャンスがある場合
2 特定の株主の場合
3 市場取引の場合

があるそうです。解説でいってました。


35 :32:2006/10/15(日) 03:20:15 ID:???
>>33
民344は権利質には権利の性質上適用されないんじゃないかな。
株券不発行会社では登録質について一般原則通り意思表示による合意が成立要件とされるのに
略式質ではなぜ意思表示で成立しないのだろう、という疑問です。

36 :氏名黙秘:2006/10/15(日) 15:11:50 ID:???
ふざけんな、アホ。新司に影響されすぎ。

37 :氏名黙秘:2006/10/15(日) 17:47:28 ID:???
権利質の効力発生は363だよ。

38 :氏名黙秘:2006/10/15(日) 17:51:20 ID:OAL/McMW
第三回受けました。内部統制システム構築義務や経営判断の原則をまさか出してくるとは思わなんだ…。

てか全体を通して後期論文講座の商法微妙じゃないですか?
株式担保とか、内部システムとか…実力不足なのは自認してますが、来年の旧試には出なそう…。

39 :氏名黙秘:2006/10/15(日) 19:24:18 ID:???
ちょwwwネタばれはやくね?

40 :氏名黙秘:2006/10/16(月) 00:34:53 ID:/9nz5ett
別に早くないと思いますよ。

41 :氏名黙秘:2006/10/16(月) 02:39:04 ID:???
>>38
リスク管理としては、ああいう衝撃的な問題を出してくれた方がいいような希ガス。

42 :氏名黙秘:2006/10/16(月) 17:41:54 ID:???
第二回の第一問、
非公開会社で株を会社に売ろうとする株主が、
株主総会の決議を経ていないことを知らないなんて
普通ないんでないか(だから有過失か通謀をつっこむべき?)と思ってそこで時間食った。
でもその点については解説でも書いてなかったなー。

43 :氏名黙秘:2006/10/16(月) 21:23:55 ID:???
非公開だったら、なんで、知らないことが普通ない、ってなる?
つーか、株主総会議事録ぐらい見ろ(役会議事録と違うんだから)、とすれば、公開非公開問わず無過失は存在しなくなるか…

44 :別手 蘭太郎:2006/10/17(火) 00:19:28 ID:U6TmskfR
ネタバレについて・・・できれば、奇数回は水曜日午後7時以降に議論したいですね。
偶数回は土曜日午後7時以降ですね。
できればね。
でも今日は、ネタバレのおかげで少しだけかけました。
まぁ。こういうことではいけないだろうとおもうのでね。


45 :氏名黙秘:2006/10/17(火) 00:22:54 ID:???
>>44
確かにそうして欲しい。
何気なくスレ開いてネタバレってのは凹む。

46 :氏名黙秘:2006/10/17(火) 03:37:33 ID:???
パンフレットは
1・2回 設立・株式
3・4回 機関・計算組織変更その他
って1週間単位で書いてあるけどひょっとして
1回 設立
2回 株式
3回 機関
4回 計算組織変更その他
みたいに項目順なのかな?
パンフの記載はハーフコースの人に配慮しただけで。

47 :氏名黙秘:2006/10/17(火) 09:21:27 ID:???
>>42
第三者名義

48 :別手 蘭太郎:2006/10/17(火) 20:09:50 ID:???
ちょっと内容がずれますけど・・・。

きのう、セミナーの教室割り当て一覧見ていたら、
「小塚合格講座ゼミ」
ってのがあったんだけど・・
どういうゼミなんだろう?知っている人居たら教えていただけませんか?


49 :氏名黙秘:2006/10/17(火) 21:09:25 ID:???
>>32
その理解でいいんじゃないかと思いますよ。
つまり条文上は考えうる。
しかし、株券不発行会社だから留置的効力はありえない。
また、名簿に記載しないから対抗力も無い。
すなわち優先弁済的効力も無い。
結局質権は無意味。
よって解釈上、認められないということだと思います。


50 :氏名黙秘:2006/10/17(火) 21:17:45 ID:???
>>48
受講生をレベル別に3つに分けて自主ゼミをやってるみたいですよ〜

51 :別手 蘭太郎:2006/10/18(水) 00:16:54 ID:KKvftvl4
>50 さん
情報ありがとうございます。
おお!レベル別の自主ゼミなんだ。
同じ説、同じ論証しゃべるゼミいいなぁ。


52 :氏名黙秘:2006/10/18(水) 14:30:15 ID:???
論文の解説講義ってなくても問題ない?
何かいいこと言ってる?
メリットはあるかな。

53 :???:2006/10/18(水) 15:17:01 ID:???
あなたがどれくらいのレベルかにもよるけど、受けたくないなら受けなくてもいい。
自分で分からなかったところにしぼって解説を聞いて、そこまで聞き終わったら帰るみたいな感じでいいんじゃ?

54 :氏名黙秘:2006/10/18(水) 20:19:41 ID:0sOSqbOm
途中退室なんかやっていいのか
ずいぶんフランクなんだな
今まで受けたことある授業じゃ咳払いしたり六法めくったりしただけで
先生ぶち切れてたからかなり違和感

55 :氏名黙秘:2006/10/19(木) 01:04:27 ID:???
>六法めくったりしただけで
これは別にいいだろw

56 :氏名黙秘:2006/10/19(木) 01:32:22 ID:???
森?w

57 :氏名黙秘:2006/10/19(木) 01:41:49 ID:???
>>55
自分が話をしているときに、他に注意が向いているのを面白く思わない講師というのも世の中にはいるらしい。
某大学受験予備校でも、英語講師が、辞典を引いているのを見て「引くんなら後で引け!」とキレたことがあった。
誰にも迷惑かけてないんだから、べつに構わないと思うけどね。

58 :氏名黙秘:2006/10/19(木) 01:43:28 ID:???
あー俺が講師なら多分気分害するな

59 :氏名黙秘:2006/10/19(木) 14:36:31 ID:???
3回目の第1問って使いまわし?会社法に対応してないのがむかつく。

60 :氏名黙秘:2006/10/19(木) 20:53:32 ID:???
>>58
司法試験の講座って、どちらかといえば、
「いちいち言われなくても、条文はチェックしましょうね」
と言う講師の方が圧倒的に多いと思うが。

61 :氏名黙秘:2006/10/19(木) 22:47:48 ID:???
条文と英語辞書は全く性質が異なるわけだが
前者は全ての出発点
後者はあとで埋めればすむただの単語の意味

62 :氏名黙秘:2006/10/19(木) 23:02:49 ID:???
司法試験最短合格ルート: ゼロからはじめて1年で合格しよう!
strategy
@“名探偵コナン”と“金田一少年の事件簿”のビデオ計130本を推理力を鍛える目的で真剣に見る(時にはメモも)。短期間(1ヶ月)で見る。
アニメだからといって馬鹿にしない。 使えるものは貪欲に!目的達成のためなら手段を選ばず!とにかく推理力は大切です。
論理的思考の基礎を身につけて!(推理力=相手の立場に立ってものごとを考える能力+観察力+知識+直感)
A翌月から勉強開始:“OLと司法試験”を読み1年合格のイメージを頭に焼き付ける。
B早稲田セミナー3時間で分かるシリーズ(6科目)精読して、 体系をつかむ
C“法的思考の探求”を精読する。難解だが、 たとえ分からなくても法律に対する自分なりのイメージを確立する。
あらゆる法律が二元的価値のバランスの上に 成り立っていることが理解できればいい。
あと、法律論文のイメージをつかんでおく。 この本を合格までのバイブルにする。この本に出てくる“Tree Model”の発想を1年かけてマスターする(最重要事項!!!)。
B来年の論文試験まで1日14時間 計6300時間常に本番を意識して勉強する。
どのような問題が出題されても対処できる実力を養うには6000時間の学習はやはり必要でしょう。 過去問第一主義で!
予備校の“昨年の”基礎講座のカセットなどで“一気に” 勉強する!
早稲田セミナーの福田先生の基礎講座と小塚先生の合格講座がお薦めです。
14時間くらい集中できなければ、法曹界でのし上がることなんて不可能だと思います。法曹界にはすごい人間がごまんといるから。
C感謝の気持ちを持って本試験を受ける。上記のノルマをやり遂げれば、きっと合格。
最後に:司法試験では学力はもちろん大切ですが、人格的な面も問われています。
答案の目に見えない部分を試験委員は評価しているのです!この意味が分かれば、きっと合格します。司法試験は大人の試験です。
人のことを馬鹿にしたりするような人(あまり知られていない大学や長期間勉強している方を馬鹿にする人が典型例)は
残念ながら“立派な”法曹になる“器”ではありません。たとえ、試験には受かってもです。謙虚さと感謝の気持ちを持ってFIGHT!

63 :氏名黙秘:2006/10/20(金) 05:41:30 ID:???
Aが4個もあったのに落ちた俺。
落ちたら論文講座受けると友人に言っていたが、金が無かったw
1週間千円の生活しているから当然かb
いくら優待生割引が効くといっても、端にも棒にもかからんww

64 :氏名黙秘:2006/10/20(金) 13:17:21 ID:???
>>63
択一は何点でした?

65 :氏名黙秘:2006/10/20(金) 15:53:38 ID:???
A4個→友人→貧乏生活→優待資格
論理の繋がりが不明確なため
いったい誰に対して何を訴求しているのか理解不能となっており
非常に印象の悪い答案です
知識より答案の流れを重視した学習を心がけるとよいでしょう

A●I

66 :氏名黙秘:2006/10/20(金) 16:00:08 ID:???
>>64
漏れも意味和からん。
箸にも棒にもかからんの主語は何?
優待生割引は貧乏生活に効くところ、自らが箸や棒にかからないため、恩恵を受けられないということ?

67 :氏名黙秘:2006/10/20(金) 16:18:31 ID:???
>>66
その通り。
留学経験長いから日本語苦手なんだよね。
ちなみにスコットランド辺りでは箸のことをチョップスティックといいます。


68 :氏名黙秘:2006/10/20(金) 20:20:46 ID:???
それ普通に英語だろ

69 :氏名黙秘:2006/10/20(金) 21:06:53 ID:LAiCHu2E
俺も理解でないけど、何かがおかしいのは間違いないな。
A4個とわざわざ言ってることから彼は優待生であるとの推定は働く。
「箸にも棒にも」の用法が間違ってる可能性が一番高い。漢字は間違いなく間違ってるけど。

70 :氏名黙秘:2006/10/20(金) 21:07:33 ID:LAiCHu2E
>>67は騙りでしょう

71 :氏名黙秘:2006/10/20(金) 21:08:56 ID:???
バカが事実無根と支離滅裂をかき混ぜてるだけかと

72 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 00:32:49 ID:???
ロースクウールって凄い高度なことやってるっぽいけど
ローの人が受けたら論文講座あたり毎回平気で52、3くらいは軽く取っちゃうものでしょうか?
てかそのくらいじゃないと新試の問題対応できなそう・・・

73 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 00:51:51 ID:???
>>66
1週間千円の生活をしている程の貧乏人だから
優待生割引が効いても受講料を支払えないって
ことじゃないかな。
>>69
ネットの掲示板だから、漢字の変換をしなかっただけじゃないかな。


74 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 08:52:35 ID:???
>>73
「箸にも棒にも」一発変換できるのは俺のPCだけか?

75 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 08:55:29 ID:???
というか、通りすがりの駄文の検討するよか、問題の検討しろと小一時間・・
今までで最大のレス集めてるやん。

76 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 21:17:42 ID:???
商法四回目第一問、
『重要な業務執行』書けなかった.......orz

77 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 21:49:42 ID:mYl7e8s5
>76
me too
一所懸命条文探したんだが
結局苦し紛れに競業取引とw
いわれてみれば当然だよな

78 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 22:26:34 ID:???
うーん、四回ニ門目、小門2忠実義務かぁ。
すっかり競業避止かとおもた。
本試験だと配点は低いとは思うけども

79 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 22:39:48 ID:???
なんだか例年にまして本試験ばなれした問題ばかり。
ことしの論文講座。後期一括にしちゃったよ
ローラーは今年良問ぞろいらしいのに…

80 :別手 蘭太郎:2006/10/21(土) 23:03:29 ID:7rXLp5Y3
重要な業務執行については解説の先生が、重要な財産の処分の準じてと書いてもOKと言う話でした。
わたしも、柱書きを見落としていて・・・柱書きなのにねぇ・・・

2問小問2、競業にあたらないとして、忠実義務違反とするんだろうけど、
これって、善管注意義務と忠実義務を同質のものであるという前提でもいいのかな。



81 :別手 蘭太郎:2006/10/21(土) 23:05:31 ID:7rXLp5Y3
第2問小問1について

なぜ「名義か計算か」の議論をしないといけないか理解できていません。

 「甲株式会社の事業の部類に属する取引」は少くとも千葉を含む関東地方でのパン製造販売なので、これを甲社の取締役であるAが「自己か第三者のために」「取り引き」すれば、要件満たすように思うのです。
 そうすると、無理矢理「自己=A」のためにしたのだ。としなくても、「第三者=乙社」のためにしたのだから
義務に反するとすることはできないでしょうか。

そうすると、名義か計算かの議論も不要だと思うのですが。

この場合に、Aは乙社に君臨すし意のままに乙社の業務執行を行っていると認定すれば、Aは乙社のために甲社と競業する取引をしているとすることができるようにおもうのです。

82 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 23:08:27 ID:???
80%株もってるから、剰余金配当のほとんどもAへ。よって
計算と考えると自己のため。ではないですか?

83 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 23:12:12 ID:???
>>79
辰巳のローラーっていいの?
辰巳は旧試験にはもう力を入れていない
ようなので避けたのに。。

84 :氏名黙秘:2006/10/21(土) 23:21:32 ID:???
>>83
横レスだが辰巳はレジメが適当じゃないか?
たしかにセミナーは充実しすぎだが、辰巳はスカスカで心配
になるよ。学説名もA説、B説だし。刑法とかあれじゃヤヴァイだろ

85 :氏名黙秘:2006/10/22(日) 00:40:25 ID:7yOS5vrd
4回目どう見ても良問じゃんよ。

86 :氏名黙秘:2006/10/22(日) 03:41:35 ID:???
>>81
ここら辺先生も最初解説混乱してたよね。
説明繰り返すうちにだんだんクリアになってきたけど。

旧法では介入権行使の要件として「自己のため」と規定されてたから
「自己のため」か「第三者のため」かの判断は重要でした。

だけど会社法では介入権が廃止されたため自己のためか第三者のためか
の区別は重要でなくなっているし、旧法の下でもどっちにしろAが責任負うのは仰せのとおり。
ただやはり条文解釈として「自己のために」または「第三者のために」
のどちらか要件を充たすということを示すために軽く挨拶しなきゃいけないでしょう。
まさか「どちらの説採用するにしろ結局自己のためまたは第三者のためのいずれかに
当たるんだからどっちでもいい」と書くわけにはいかないし。
葉玉100問では区別の重要性なくなった以上わざわざ文言に反してまで
計算説採る必要なしと名義説採用してます。

で、80%株式云々は自己のためか第三者のためかというよりも
そもそもAが取引行ったといえるか、のとこでスペース割いて議論すべき問題でしょうね。

87 :氏名黙秘:2006/10/22(日) 05:15:14 ID:???
確かこの論点は去年の論文講座の解説レジュメに
会社法制定により論じる実益が無くなったとかいていた。

88 :氏名黙秘:2006/10/22(日) 05:33:03 ID:???
新法で「会社以外の者のため」って定めてくれれば
旧法の議論引きずらず簡便にすんだのにね。

89 :氏名黙秘:2006/10/22(日) 08:09:09 ID:???
4A 小問2
競業で書いた。「取締役」にあたるか、と問題たてて。
競業避止は忠実義務を敷延したものだし、小問1で競業の他の二つの要件きいてるので、
2も競業書いて欲しいのかと思った。

90 :氏名黙秘:2006/10/25(水) 23:23:44 ID:???
論点としてはど真ん中だけど
ちょろっと事例捻ってあって
何げに問題よくね?

91 :氏名黙秘:2006/10/26(木) 07:36:51 ID:???
そうでもない

92 :氏名黙秘:2006/10/26(木) 15:08:34 ID:???
2問目、時間切れで最後スカスカになったのでここに書き起こします

1.Aに対する請求について
 Aは自己が振り出す意思で振出人欄に「A」と記名捺印したのであり、手形金債務を負う。
従って、BとしてはAに対し手形金の支払を求めることが考えられる。
 もっとも本件手形面上の記載からは、振出人は、甲株式会社肩書きの「A」であるとも、
代理人をAとした本人「甲株式会社」であるとも見うる。そこで、Aとしては、手形の記載は
手形面上の記載のみから客観的に判断されねばならないとする手形客観解釈の原則を
援用し、本件手形は甲社を本人とする振出によるものであると主張することも考えうる。
しかしながら、手形客観解釈の原則は取引の安全を保護する趣旨のものであり、義務者が
自己の義務を免れるために援用することは許されない。
 本件Aの振り出し当初の意志が上記のようなものであった以上、BはAに対し支払を求めることができる。



93 :氏名黙秘:2006/10/26(木) 15:09:08 ID:???
2.甲株式会社に対する請求
(1) 前記のように、本件手形は肩書き付きの「A」の振出、Aを代理人とする「甲株式会社」振出の
いずれとも見うる。このように手形の外観上複数の解釈がありうる場合、手形取引安全の見地より
所持人はいずれか自己の有利と考える方を援用し権利を行使することが可能である。従って
Bとしては甲に対しても支払を求めることが考えられる。
(2) ここで、本件「甲株式会社」との記載はCが無権限で作出したものである。
したがって甲社は原則として手形上の責任を負わない。
(3) しかしながら、例外的に表見代理(民109、110、112等)の規定により甲社が責任を負わないか。
 その前提として、まず本件振出が偽造か、無権代理かが問題となる。
 思うに、取引安全の見地より、手形行為の解釈は手形外の事情を捨象して手形の外観のみに
基づき客観的に判断すべく、無権限者が機関方式で手形行為なした場合を偽造、無権限者が
代理方式で手形行為をなした場合を無権代理と解するのが相当である。
 本件ではCは自らを表示することなく機関方式で直接甲社の名称を記載しているから偽造である。
(4) それでは、偽造の場合にも表見代理が成立するか。
 思うに、表見代理は有効な代理行為の外観を信頼した第三者を保護する制度であるところ、
信頼の基礎こそ異なるものの、権限あるものの有効な行為であると信頼した第三者を保護する要請が
あるのは偽造の場合も同様である。よって、偽造にも表見代理の規定を類推適用すべきである。
 したがって、甲社の有効な振出であるとBが信じたことに正当な理由がある場合には、表見代理の規定が
類推適用され、Bは甲社に対して支払を求めることができる。
(5) さらに、甲社がBの偽造を追認した場合にも、民116を類推適用し、Bの甲社に対する支払請求を
認めるべきである。



94 :氏名黙秘:2006/10/26(木) 15:13:07 ID:???
3.Cに対する請求
 Bとしては、Cに対する無権代理人の責任(手8)を追求することが考えられる。
 ここで、前述のようにCは偽造者であるところ、偽造者にも手8の責任を追及しうるかが問題となる。
 思うに、道場の責任は、有効な手形の外観を信頼し手形を取得した第三者を保護し取引安全を図るため、
有効な手形の外観を作出した者に対し課す法定の担保責任である。そして、かかる趣旨は
本人名を直接表示する偽造の場合にはなおいっそう妥当する。そこで、手8を類推適用して、
偽造者は責任を負うと解する。
 よって、BはCに対して手8を類推適用して支払を求めることができる。
以上(57行)

甲社に対する表見代理のあてはめがどうやっていいのか分からず時間ロスした。
解答例みたいに「各規定の要件を充たす事情がある場合には成立する」
なんてやるのはあてはめとしてどうなの?

95 :氏名黙秘:2006/10/26(木) 21:01:53 ID:DfY9lteU
28点

96 :氏名黙秘:2006/10/27(金) 01:43:18 ID:???
答案返ってきたんだけど、ぜんぜん書けなくて
自分ではこれは10点くらいだ…と思ってたやつも22点とかついてた。
答練の採点ってゆるいんだな。

そんで前の席の人も22点だったのでちょとワラタ。

97 :氏名黙秘:2006/10/27(金) 03:44:02 ID:???
論点に触れてるだけで、点が付く場合があるからな。
1ページの箇条書き答案でも22〜23点ぐらい付くこともあるし。

98 :氏名黙秘:2006/10/27(金) 03:46:17 ID:???
ゆるいですよ。私は白紙以外20点は付けません。なんか書いてあれば21点。22点も似たようなものです。基本を確実に。頑張って!

99 :氏名黙秘:2006/10/27(金) 03:52:42 ID:???
事実上の最低水準って、24点ぐらいだよね。
23点以下のときは、書いた直後の手応えからして「ああ、今回もダメだった」と直感する。
この直感がなくなるぐらいじゃないと、合格は程遠いってことだよね。
がんばらなきゃ。

100 :氏名黙秘:2006/10/27(金) 04:16:29 ID:???
商法5回目

第1問 
小問1では、河本Fに触れてしまったせいで3頁に突入してしまった。
小問2をコンパクトに圧縮。答案例とは分量のバランスが逆になってしまった。

1 小問1
(1)発生面
 適用排除説(判例) →有効に発生+AB間は人的抗弁の問題
(2)行使面
 原則として行使可(17条本文→抗弁切断)
(3)AB間は人的抗弁について17条但書の問題 →河本F
 あてはめ:場合分け的に
 なお、害意あっても、100万は請求可。
2 小問2
 お約束のパターンを26行でまとめた

第2問
1 振出人の確定
 問題提起:どっちとも取れそうだ
 規範:代表格の記載を要求するのが一般の取引通念に合致
 あてはめ:「甲株式会社」というのはAの肩書・属性を示したにすぎず、代表機関を示すものではない。
      ⇒「甲株式会社A」というのはあくまでAのこと。
2 Aに対する請求
 「甲株式会社」を記載する前後を通じてAが振出人。
 Aとしてもそのつもり。よって、請求できる。
3 甲に対する請求
 「甲株式会社」を記載する前後を通じてAが振出人。よって、請求できない。
4 Cに対する請求
 「甲株式会社」によって、振出人に変更なし。偽造にあたらず。
  実質的に記載内容にが変更がないので、変造と見る必要もない。
 よって、請求できない。

101 :氏名黙秘:2006/10/27(金) 04:18:34 ID:???
>>100
27点

102 :氏名黙秘:2006/10/27(金) 04:59:39 ID:???
>>100
筋はあってるんだけど予備校の想定してる論点を巧妙に回避してて
答練基準では非常に採点しずらいよね。

小問1で受験少数説(学説上も少数説)の判例を採用して
小問2で受験通説(学説上も多数説)の判例と逆の結論を採ってるのは
どういう信条からなのか興味あるところ。

103 :102:2006/10/27(金) 05:19:42 ID:???
小問1,2じゃなく第1問、第2問だった

104 :100:2006/10/27(金) 05:51:44 ID:???
>>101
2通合わせて、27点だったら悲しいなあw

>>102-103
実務家登用試験なのだから、よほど変だったり、扱いにくかったり
とかいうわけでもない限り、なるべく判例に沿った処理をしようと心掛けている。
(交付欠缺との絡みでは、やむを得ず権利外観説を採るけどw)

第1問は、まさにその現れ。
シケタイにも「この説でよいでしょう」みたいなことが書いてあったし。

第2問は、判例・多数説を知らなかったので、自分なりに考え、割り切った書き方をした。
取引上も、代表者である旨の記載がないと、当該取引を拒否されるケースもよくあるし。
もちろん、論点回避の目的もある。というか、偽造絡みは釣りかもしれないとも思い、
うっかり書くと余事記載として扱われる恐れがあると思った(もちろん無知ゆえにw)
ので、守りという意味もあった。

評価としては、良くても25+23ぐらいだと思う。
知識不足ゆえの実力不足は重々承知。

105 :氏名黙秘:2006/10/27(金) 22:05:09 ID:???
>>98
28点以上 優秀
26〜27点 良好
24〜25点 あと一歩
21〜23点 勉強しようね
20点以下 プギャー

こんな感じ?


106 :氏名黙秘:2006/10/27(金) 23:08:30 ID:???
28点以上 キタ━━━(゚∀゚)━━━━━!!!
26〜27点   (`・ω・´)
24〜25点   (´・∀・`)
21〜23点   (´・ω・`)
20点以下  ヽ(`Д´)ノ
10点以下 。・゚・(ノД`)・゚・。。
0点       orz

107 :氏名黙秘:2006/10/28(土) 12:54:58 ID:???
>>105
25点は合格答案。22点以下はプギャーです。基本的なことが書けていない人が多いです。教材を絞って何回も繰り返して記憶するのがよいと思います。みなさん頑張ってください!

108 :氏名黙秘:2006/10/28(土) 22:01:56 ID:???
結構知らない論点が多いんだが。経験値が低いってことかな?

109 :氏名黙秘:2006/10/28(土) 22:51:26 ID:???
手形に関しては現場で気付くかどうかは別として
基本論点と過去問の焼直しばかりじゃないかな

110 :氏名黙秘:2006/10/30(月) 01:00:05 ID:JCIg1gNi
優答講座、問題によっては合格者の自説等々見ながら一通を深く検討するより
異なるスタイルの優答を数通比較検討して欲しいのですが
皆様の意見はどうでしょう
ここで賛同があったら次回アンケートで書いてみます

111 :氏名黙秘:2006/10/30(月) 03:31:42 ID:???
まだ視聴してないから何とも言えんけど、
「合格者の自説等々見ながら」これが就職してるのはどの文節?
検討するor欲しい?

112 :111:2006/10/30(月) 16:25:55 ID:???
分かりにくくてすまん。
「合格者の自説等々見ながら」には肯定的?否定的?
いったん段落を変えてるとこからすると、後者か?
でも、「問題によっては」は「欲しい」にかかるのは明らかなんだよな。

113 :氏名黙秘:2006/10/30(月) 16:40:19 ID:???
優答は3つ配られるんだけど、
そのうちひとつしか検討しないんだよね。あとの2つは無視。
だから3つとも検討してほしい、それぞれいい所と悪い所を指摘して欲しい
ってことじゃないか?

114 :氏名黙秘:2006/10/30(月) 16:44:11 ID:???
しかし、>>110は、「問題によっては」以下の方式を採用して欲しい、
ってことは、問題によっては今の方式でいいってことかな。
微妙だな。

115 :氏名黙秘:2006/10/30(月) 18:16:39 ID:???
もまいら、こうゆうのにはえらく食いつきがいいんだな。

116 :氏名黙秘:2006/10/30(月) 18:21:14 ID:zKHuNudo
>>112>>114
いや、「問題によっては」は「合格者の自説等々見ながら」にかかると思う。
だから、以下の方式は常にきぼんしてて、問題によっては合格者の自説等々を見ることを希望してるんジャマイカ。

117 :111:2006/10/30(月) 18:30:56 ID:???
ふむふむ。とういことは。

>>116説 問題によっては合格者の自説等々見ながら/一通を深く検討するより
異なるスタイルの優答を数通比較検討して欲しい

>>114説 問題によっては/合格者の自説等々見ながら一通を深く検討するより
異なるスタイルの優答を数通比較検討して欲しい

自説 問題によっては合格者の自説等々見ながら一通を深く検討するより/
異なるスタイルの優答を数通比較検討して欲しい

>>113説 問題の所在を捉えていません。

ということか。立法担当者の意見を聞きたい。
けど>>113情報さんくす!

118 :110:2006/10/30(月) 22:39:46 ID:JCIg1gNi
今=レジュメで合格者の自説とか参照しながら一通を深く検討
キボン=複数の答案を比較検討
ハヒロ先生も考えるところあって今のスタイルとってるのだろうから意義は分かる、
でも論点見え見えでレジュメ確認かったるいような問題はスピードアップして答案中心でいいんじゃない?ってこと
個人的には全問後者にしてほしいところだけど
ハヒロ先生の指導哲学、及び現行方式のファンの気持ちも考慮し
中々をとって、後者の方式が適しているような「問題によっては」

119 :氏名黙秘:2006/10/31(火) 00:17:37 ID:???
手形法に戻るけど、
判例では「手形と認識した上で署名したら手形成立」ということは、
判例は創造説に近いの?
でも二段階創造説ってわけじゃないよね?
自説どうしよう…(´・ω・`)

120 :氏名黙秘:2006/10/31(火) 00:45:21 ID:???
>>119
交付契約説を意識したいというのであれば、
「手形と認識した上で署名し、かつ交付したら」という風に修正すれば?

121 :111:2006/10/31(火) 00:50:41 ID:???
おお、>>114説が立法者の意図に合致していた。
けど、法律って成立後は条文が独り立ちし行くんだよね。
初学者の頃、条文の趣旨に争いがある論点で、そんなもん立案担当者に聞いてみればいいじゃんと考えたことを思い出した。
>>110
視聴したら感想を報告します。
昨年は辰已の優秀答案分析講義を聴いてたけど、後者の方式でした。
けど、一通一通が雑で、講師があらかじめ着眼してたポイントを何点か伝えてくれるという感じでした。

>>119
「?」に対してはその通り。
シケタイも適用排除説だし、その説もありうるのでは。
自分は最近受験界通説で固める方針なので、適用+権利概観で書いてる。
今年の本試験でも同じ処理した。商法Cなので自説選択の是非についてはその程度しか言えんけど。

122 :氏名黙秘:2006/10/31(火) 01:08:17 ID:???
適用排除説は、人的抗弁の処理が面倒だな。
17条に持ち込まず、権利外観説だけでケリをつけたいところ。
それに、交付欠缺との絡みで、つぶしが利かないのがイタイ。
漏れもシケタイを見て、最初は適用排除説だったけど、
権利外観説に鞍替えした。

123 :添削者:2006/10/31(火) 02:36:16 ID:???
権利外観でOK。学説にこだわるな。手形はとにかく過去問。これに尽きる。

124 :119:2006/11/01(水) 00:43:28 ID:???
どうもです。
センセが判例判例言うから、
特に学説にこだわりないし、判例の立場をとろうと思って、
んでひとつの問題で複数の論点が出てきたときに矛盾するのは減点になるから
矛盾しないように整理しとこうと思ったら、
・創造説
・白地手形は客観説
・表見代表取締役は直接の相手方のみ
・被偽造者の責任は民法表見代理を類推
・受け戻しなき支払は無効

…せっかく勉強した権利外観法理が出てこんじゃないかとorz

でもやはり交付契約説が通説ですよね…orz

125 :氏名黙秘:2006/11/01(水) 00:51:12 ID:???
>>110
解説講義なしコースの人も、合格答案完成講座に来るから、
講義の内容が解説講義とかぶるのは仕方ないのかな?と思ってみる。

しかし解説講義つきコースで解説聞いて、そのあとにあのスタイルの
合格答案完成講座じゃ、
いやになるねw

126 :氏名黙秘:2006/11/01(水) 23:55:00 ID:???
7回、難しすぎ…
商法で最新判例て。でも知り合いのA落ちの人は
今回の判例もしっかり押さえてた。
そんぐらい当たり前なのかなぁ。
やっぱ最新判例も全科目一応チェックしとくべき?


127 :氏名黙秘:2006/11/02(木) 00:19:27 ID:???
辰巳の公開模試教授編で事案そのまんまで出てたのよ
本試験前一応復習して記憶に残ってた人はそれだけで28点って程度の問題
知ってる知ってないより条文自分で探してアドリブで
規範定立当てはめできる能力の方が大事じゃないかな

128 :127:2006/11/02(木) 01:10:04 ID:???
刑事系は新判例を知ってるかを直接聴く問題になってきてるから
その年の7月までの判例できるだけフォローして
判例の規範のままあてはめできるようになっていることが好ましい

129 :氏名黙秘:2006/11/03(金) 01:21:40 ID:???
商法2問目小問2の重過失の論点、
むかしビデオボックスに財布置き忘れてダッシュで取りに戻ったら
「遺失物については一切責任を負わない」旨の約款見せられて
店とやり合うためにムチャクチャ勉強したことあったおかげで
バッチリ書けたw

130 :氏名黙秘:2006/11/03(金) 16:17:24 ID:???
>>129
実体法では分があっても、手続法では常識的には勝てなさそう。

131 :氏名黙秘:2006/11/03(金) 22:43:37 ID:???
>130
当日ないと言い張ってたものが
次の日はなぜか室内から発見されたことになってました
たぶん掃除中見つけてポケットに入れたところに
ちょうど私が戻ってきたんで苦し紛れにないと言い張ったんでしょう
翌日には発見されたことになったってことは
店側も故意による滅失の場合には免責約款が適用されないと
条理に照らして判断したんじゃないかな

132 :氏名黙秘:2006/11/04(土) 01:27:50 ID:???
275 氏名黙秘 sage 2006/11/03(金) 21:06:25 ID:???
>>269
ハゲドウ
つまり
18年度新試合格者>>>>>越えられない壁>>>>>18年度旧試合格者
ってことだな
まあ、俺らなら今年の旧試解いたら軽く150点は取れるだろうからなww

http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1162395965/264-279

133 :氏名黙秘:2006/11/04(土) 03:32:32 ID:???
最近の本試験の手形法の傾向としては・・・

手形オンリーの問題は、創造説系列の方が圧倒的に書きやすい(交付契約説を
含め、受験通説ではかなり書きにくい)。
商法総則・商行為がらみの問題は、受験通説をとると非常に書きやすい。

という感じ。
この傾向は、受験生にとっては非常に厄介だと思う。

134 :氏名黙秘:2006/11/04(土) 21:40:30 ID:???
書けなかった負け惜しみなんだが、
八回目の第一問、あの問題文であそこまで要求すんの?
経営参加、経営権の取得を越えてB社がなくなってるじゃん。


135 :氏名黙秘:2006/11/04(土) 23:04:51 ID:???
>>134
同意。
事業の譲受けにしたって、当該事業部門はB社から切り離され、
「A社の」事業部門として経営できるようになるにすぎないんだから、
「B社の」経営権を獲得するとか、「B社へ」経営参加するとかいうことは
無理だと思うんだが。

しかも、メリット・デメリットを論ずるのであれば、問題の問いかけに沿って、
A社の経営権獲得・経営参加目的を達成する上でのメリット・デメリットを、
A社の視点から論じるべきだと思う。
どちらの答案例も、B社側のメリット・デメリットまでごた混ぜにしてる点でマズイ。
いろいろ直しを入れようかと思ったけど、直すべきところが多すぎて、結局書き直した。
優秀答案がどういう風に書いているか興味のあるところだ。

というか、あの問題文を見て、なんで企業結合に飛びつくのか理解に苦しむ。
A社が(技術供与・製品供給などの面で)事実上の圧力をかけ
B社に取締役を送る込むだけでもいいわけだから、
資金的な裏付けを必要とすべき必然性なんかないだろうに。
B社におけるコーポレートガバナンスの視点から論じるのが素直だと思う。

136 :氏名黙秘:2006/11/05(日) 00:10:50 ID:???
わたしは、経営に参加・経営権獲得という言葉から、

@B社の株式をたくさん手に入れて総会を支配する
AそれでA社に有利な香具師を取締役にする

としか思いつかなかったし(まぁ、これでは少なすぎますが)、
いまだに参考答案は飛躍しすぎと思います。

二問目はわりと良問ですかね。あてはめトレーニングに

137 :氏名黙秘:2006/11/05(日) 01:07:49 ID:???
>>136
( ・∀・)人(・∀・ )ナカーマ!!
オイラもそんなもんだった。

二問目は、確かに良問の類ですね。


138 :氏名黙秘:2006/11/05(日) 03:09:24 ID:???
ワタシの構成
1.経営参加―市場取引で株式を大量取得する
(1)株主としての資格に基づき議決権行使、1/3以上取得すれば拒否権発動で強大な影響力
(2)自社関係者を取締役選出して取締役としての資格に基づき業務執行に参加
→△取締役会の一員に過ぎずまだまだ影響弱い
2.経営支配―子会社化
市場取引で株式過半数取得→全取締役を選出、完全に経営支配
→△他の株主の存在邪魔、市場取引のため個々の株主が応じなければおしまい
3.そこで完全子会社化
方法
(1)全部取得条項付株式
 B社定款変更で全部取得条項付株式にして全株取得後A社に譲渡、完全子会社化
(2)株式交換
→△あくまで他社、支配は間接的
4.いっそのこと自社に取り込んでしまえ
 →吸収合併

139 :氏名黙秘:2006/11/05(日) 10:00:06 ID:???
>>100
点数はどうだったでしょうか
特に第2問は採点基準見る限り論点点がもらえないような・・・
筋は通ってるのにね。
採点者のコメントも気になります。

>>138
「事業譲渡・吸収分割についても検討しておいて下さい( ・∀・)」

140 :氏名黙秘:2006/11/05(日) 14:11:35 ID:???
サンクス

141 :100:2006/11/05(日) 22:09:34 ID:???
>>139
24+23だった。得点の内訳がどうなっているのか分からないけど、
採点者も特にケチをつけてる風でもなく、最低限の守りは出来たと思う。
採点者としては、ケチはつけられないけど、さりとて大盤振る舞いして
点をくれてやる気にもなれないといったところかな。

【 】は採点者のコメント
《 》は採点者のコメントを見ての俺の感想

商法5回目 第1問 ・・・24点
【最低限のポイントは押さえられています。合格答案まであと一歩です。】
《「あと一歩」と言わず、25点くれよ。》

1 小問1
(1)発生面
 適用排除説(判例) →有効に発生+AB間は人的抗弁の問題
【判例の見解ですね】《随分冷めたコメントだな、おいw》

(2)行使面
 原則として行使可(17条本文→抗弁切断)
(3)AB間は人的抗弁について17条但書の問題 →河本F
 あてはめ:場合分け的に
 なお、害意あっても、100万は請求可。
【(2)(3)はもっとアッサリと書いた方がよいでしょう。このあたりは思い切って切るのもアリだと思います】
《ああ、やっぱり》

2 小問2
 お約束のパターンを26行でまとめた。
【コンパクトに押さえられています。】
《「もっと詳しく」とか書かれるかと思っていたのに、意外。》

142 :100:2006/11/05(日) 22:10:36 ID:???
(続き)

商法5回目 第2問 ・・・23点
【スジとしてはアリだと思います。ただ、偽造の問題に触れてほしいという
出題意図が見え見えなので、是非触れて欲しかったところです。】
《偽造絡みはひっかけだと深読みした俺が馬鹿だった。。。》

1 振出人の確定
 問題提起:どっちとも取れそうだ
 規範:代表格の記載を要求するのが一般の取引通念に合致
 あてはめ:「甲株式会社」というのはAの肩書・属性を示したにすぎず、代表機関を示すものではない。
      ⇒「甲株式会社A」というのはあくまでAのこと。
【所持人保護の姿勢をもっと出せるとよかったです。】《言われてみれば。。。》

2 Aに対する請求
 「甲株式会社」を記載する前後を通じてAが振出人。
 Aとしてもそのつもり。よって、請求できる。
【ナルホド】《スルーされてるw》

3 甲に対する請求
 「甲株式会社」を記載する前後を通じてAが振出人。よって、請求できない。
【そうですね】《ここもスルーされてるw》

4 Cに対する請求
 「甲株式会社」によって、振出人に変更なし。偽造にあたらず。
  実質的に記載内容にが変更がないので、変造と見る必要もない。
 よって、請求できない。
【たしかに】《ここもスルーww》

143 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 04:42:07 ID:???
>>134, 135
漏れ解説講義取ってないんだけど、
あの問題で先生は何か言ってなかったのか?

レジメに
経営参加とは筆頭株主になること、
経営権を握るとは3段階あるがいずれも株式を取得すること、
と定義が書いてあるのに、
模範解答ではこれを外れて延々と企業買収について書いてあるし。
しかも吸収分割とかして、対価としてB社にA社の株をあげちゃったら、
逆にB社に経営権を握られるじゃマイカ。
とひとりで解説冊子を読みながら思った。

144 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 12:27:41 ID:???
>>141-142
なるほどサンクスです

答案講座は27、8点のつっこみどころ余りない答案より
こういう24点くらいの答案をいかに改善して
合格答案にもっていくか、の方が役に立ちそうですね

145 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 13:56:02 ID:xU8itE3q
そもそも経営参加とか経営権を握るとか法律用語じゃないんだから。
実質的な1行問題だけど、定義から入れなさそうだと思った。
総論では経営参加等の必要性を書いたのみ。その中で事業譲渡という手段もありうると書いた。
でも、事業譲渡は題意から外れると考えた。あくまで他の目的達成手段として。
それで各論では、
「経営参加」は取締役会が会社の意思決定機関だから、その構成員たる取締役になること(所有と経営の分離から、株主は経営に参加しない建前)、と考えた。
でも、法人だから自らは取締役になれない。そこで、取締役を送り込むことと考えた。
後は、そのために必要な株式の過半数の取得、あるいは委任状の取得について書いた。
「経営権取得」は過半数の取締役を送り込むこととして書いた。
株式交換、吸収合併には配点あると困るから一応触れといたけど、バランスを失しないように各2〜3行で。
結果、むしろバランスを外した答案になったようだ。

146 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 07:37:11 ID:???
なるほど

147 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 17:39:24 ID:???
はじめて論文答案練習受けたけど、民祖難しかったなあ。
民祖事体が他の法律より理解するのに苦労する
ああ、民祖の勉強が進みません。



148 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 14:20:54 ID:???
>>147
民訴はまずパートごとに勉強するといいよ。

既判力→弁論主義→自由心証主義(自白と証明責任)→訴えの利益→当事者適格
→複雑訴訟、など。そのあとに最初から基本書を通読する。
処分権主義は実はかなり難解なので、全体を一回ししてから、3日間くらい、
じっくり腰を据えてやるといい。

あと、一行問題対策のため、基本書の項目(目次)を書き出して覚えるのがよい。
余白多めにこの項目書き出しノートを作り、答練や問題集、授業で気づいた事を書き
込んでいく。
これでOK。
最後に、苦手なところは、基本書を見て自分でまとめノートを作るといい。
この作業の中で理解が深まるし、論文直前期用の暗記の基本が出来る。


149 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 19:49:23 ID:???
>>148
他の科目にも同じことが言えるね
 それと、民訴の場合、勉強した部分のパーツや、その周辺を問う、一行問題
をまず解くといいよ。たとえば、既判力のところを勉強したら、昭和46年度
第1問、昭和58年第1問など。その後、事例問題を解くに限る。まあ、人
によっては、事例の方が入り易いという意見もあるけど、一行問題を集中的
に解くと、民事訴訟法の重要部分や全体を見渡せたりするから、理解が進む
と思う。これで1000番以内のAは取れますよ(それ以上にどこまで行く
かは努力次第)。

150 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 22:46:10 ID:???
> 1000番以内のA

?w

151 :147:2006/11/09(木) 00:44:24 ID:???
>>148 >>149
アドバイスありがとう。
やっぱこの時期はじっくり下3法に取り組むべきかな?

152 :138:2006/11/09(木) 00:48:04 ID:???
22点でしたorz

>「経営参加」とは対象会社の筆頭株主になること、
>「経営権の取得」には取得株式比率に応じて
>@拒否権の取得(1/3超)A子会社化(過半数)B完全子会社化(全株式取得)
という解説冒頭の説明見る限り解答例よりもずっと出題趣旨に沿った構成と思ってたんだけどなあ
採点基準あるから点数は仕方ないとも思うんだがコメントは戴けない

1/3超で拒否権取得 
【関係ないと思います】
《 ( ゚д゚) 》

市場取得で完全子会社は極めて困難
【必ずしもそうとはいえないと思います】
《上場企業なんだが ( ゚д゚) 》

全部取得条項付株式
【出題意図になっていません、株式取得の一態様にすぎません】
《テキストみると完全子会社の一手段として必ずあげられてるみたいなんだが》

株式交換→…D債権者保護手続が講じられている…
【◎ よくおさえられています】
《 ( ゚д゚) 》

【事業譲渡・吸収分割をあげて下さい( ・∀・)】

他の答案もいきなり採点いい加減になってたのはもう義務添削者が入ってきたの?

153 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 01:57:23 ID:???
商法第8回の第1問では、「新たに会社を設立することなく」から
出題者のいうところの「題意」を読み取ってほしかったようだが、
そもそも、事業の譲受け・吸収分割・株式交換というのは、
問いの核心である「B社への」経営参加・「B社の」経営権を取得
を実現する方法としては、論理的に無理がある。書いたらウソになる。
本試験では、たとえ出題者が勘違いして配点を振っていたとしても、
危険なので絶対に書かない。大幅減点のリスクを負うぐらいなら、
その部分の点が貰えないだけの方が格段にマシ。

事業の譲受け・吸収分割・株式交換を書かず、
取締役を送り込むとか、株式を取得するとかいうのしか書かなかったとしても、
「新たに会社を設立することなく」という縛りはクリアしているので、
文句を言われる筋合いもない。
「A社が子会社であるC社を設立し、そのC社がB社の親会社になるようにする」
とかいう方法を「除外する」いう意味で、
「新たに会社を設立することなく」の含みも考慮しているといえる。

結局、「取締役を送り込む→株式取得でそれをより確実に」を主軸として、
段階的に、展開し、掘り下げつつ、株式取得方法のバリエーションを示すのが、
素直かつ模範的な答案だと思う。これだけでも十分過ぎるほど書ける。

154 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 02:18:07 ID:???
>>153
株式交換はいいんじゃない?
子会社の規模が親会社の規模より圧倒的に小さい場合には
子会社株主に親会社株式与えても親会社の支配比率に大きな影響あたえないし

155 :153:2006/11/09(木) 02:51:49 ID:???
>>154
ごめん、レジュメに書いてある余事記載の順番が不自然なんで
並べ替えようとしたつもりが、ぼけーっと見てたせいか間違えてしまった。
「吸収合併」と差し替えてくれ。
事業の譲受け、吸収分割、吸収合併の三者ね。

156 :通りすがりの酔っ払い:2006/11/10(金) 02:50:27 ID:???
司法試験版を覗いたら、ここが一番良スレだな!
今、ビールを飲みながら書き子してるよん。
漏れはベテだが、何だかなぁ。こうして夜中に
スレを見ていると
「皆、頑張れえ〜。絶対合格しろヨナ。」
俺も頑張るよんって気持ちになってくる
のであります。
横道にそれてスマソ。



157 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 00:04:36 ID:???
横地先生の授業はどうでした?
500円出してビデオブースで見る価値はあるでしょうか?

158 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 00:11:30 ID:???
> 横地先生の授業はどうでした?

失笑ものだよ
酷すぎる

159 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 00:43:07 ID:???
そっすか
過去スレググってみたら
横地の民訴は最高!と評判よさそうだったんだけど・・・

160 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 00:45:49 ID:???
羽広が超優秀に思えるよ

161 :別手 蘭太郎:2006/11/11(土) 02:14:56 ID:86wqbv0K
漫才だと思って聞く分には横地先生最高!
とか文句言うけど私は横地先生の解説また聴きたい。
一方的に判例判例いうハヒロ先生はなかなかついてゆくのが辛いです。

でもさ、今日分かったのは、如何にハヒロ先生が事前に準備してきているのかと言う事はよく分かったよ。
まじめに取り組んでいる。
それと、試験を研究しているのもよく分かった。
だから、判例判例判例判例となるのも当然なのかも。
しかしなぁ・・・。
あとは、面白いことを言うときはもっと面白そうに話して欲しい。
「はい書いて!」って言うぐらいなら板書してっていうか、あれだけ準備して来るんだから
オリジナルレジュメとまでいかなくても補助教材のかみ一枚ぐらい配ってもいいだろ。
そして、質問を受け付けて欲しいね。

でもさ、ハヒロ先生の言うようにいきなり論点指摘して、薄い論述で当てはめをじゃんじゃん書くって言うんで大丈夫なのかね?
まだ正直信じられない所がある。まぁそうしてオレはおいていかれるのかも知れないが・・・・。
小塚先生、渡辺先生、今日の横地先生は、なんだか逆のことをいっているように思えてならない。
山田先生はどうなんだろう???
「老人(試験委員)を大切(具体的には字を大きく書け)にしろ」の先生もいたなぁ・・・去年一番退席者がおおかった。

解説も2種類用意してくれればいいのになぁ・・・と無理な希望を。

第1問問題読み違えてしまった。トホホです。
そう言えば手形の時も読み違えた。原因関係の請求だと思わなかったモンでして・・・。

さいきん、握手でこんにちはのお店のイチゴ大福がやめられません。

162 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 19:56:17 ID:???
頭悪そ・・

163 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 22:08:05 ID:???
>>162

 頭の良いあなた様の答案構成を是非upなさって
迷える私をお導きください。
 

164 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 22:10:08 ID:???
後期民祖はいまだ良問なし…およそ本試験と似てない
問題ばかりだ。

商法は2、3問いいのあったから今後期待かなぁ

165 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 22:16:33 ID:???
>>163
死ねカス

166 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 23:25:55 ID:???
民祖半分は典型だね

167 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 23:27:58 ID:???
馬場いくと、もやもやもやもやお触りしてる 悪臭でこんにちわって音楽が
聞こえるんだが、あれは何だ?

168 :氏名黙秘:2006/11/11(土) 23:30:31 ID:???
ちょめちょめちょめちょめオナニーしてる イカ臭でかちんこちん

169 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 00:22:18 ID:???
先輩方にお聞きしていいですか。セミナーの問題
は典型的なのですか。
実は、ロー生(未収)なのですが、
あまり答練というものの経験がありません。
旧試の合格者の方から、新試用の答練をいきなり
受けるよりも、論文講座等で典型問題を沢山
解(書く)方が合格水準に達する早道だとアドバイスを受けました。
しかし、セミナーの問題は本当に典型レベルなのですか。
私には、難しく感じるのですが・・。
このまま続けられるか不安です。馬鹿ですみません。

170 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 00:27:59 ID:???
一応典型論点だらけだよ。
問題集潰せば必ず書ける問題ばかり。

171 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 00:28:28 ID:???
典型レベルというか典型論点は出してるっしょ。たまに変なのでるけど。
てかね、問題のレベル云々よりもまず絶対的な知識が足りまいだけだとおもうよ。
論文は択一と違って確実な知識がないと全く書けないからね。ちゃんと予習して受けてるのかな?

172 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 00:31:42 ID:???
誤字すまそ。
足りない、ね。

173 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 00:39:01 ID:???
>>169です
あの、絶対的な知識が足りない、というのは
分かっているんです。なるべく早く書くことに慣れろ、と
言われたので、テキスト(コンデバ)を1回読んだだけで、
もう一度テキスト読みと並行しながら受け始めたわけです。
それで、あまりにも書けないので、少し答案書きは止めて
テキスト読みに集中しようかと迷っているわけです。

174 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 00:40:07 ID:???
テキストというか問題集やった方がいい。

175 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 00:44:41 ID:???
>>173
テキスト読むとか無意味だからwwテキストは辞書代わりにしたほうがいいよ。
まずwセミナーの購買行って民祖120戦買ってきなよ。
で、15分問題文とにらめっこしながら答案構成する。その繰り返し。


176 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 00:46:51 ID:???
>> 174様
 ありがとうございます。私も、問題集をやった方が良い
のではないかと漠然と感じておりました。アドバイスで
気持ちが固まりました。
 そうですよね。問題集をやることにします。

177 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 00:50:31 ID:???
>>175
 お返事が遅れてすみません。
 174様に書いていたものですから。
 ありがとうございます。
 お二人のアドバイスによりますます
 気持ちが強くなりました。
 120戦、買ってきます。優しい方ですね。

178 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 01:23:25 ID:???
バカは今後一切書き込むな

179 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 01:34:01 ID:K3bq+pXq
性格悪い奴がいるな。


180 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 11:01:57 ID:???
テキスト読んで理解したつもりでも、いざ書くとなるとなかなかうまく書けない。
なんか民祖は論証が難しい気がす

181 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 11:18:41 ID:???
>>173
民祖は辰巳のLIVE本が一番
120戦は△。

182 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 19:03:02 ID:???
>>173
漏れは初学者の頃の論森にはお世話になった口だが。
血肉になった気がするよ。

それからは現行過去問だったけど、新試の椰子は新試過去問だったりするのかな。

183 :氏名黙秘:2006/11/12(日) 19:42:39 ID:???
新試でも旧試の過去問つぶしは大事だよ
当然だけど

184 :別手 蘭太郎:2006/11/13(月) 01:35:56 ID:9TNqFsVh
頭わるそってオレのコトかな? 頭も悪いんです。あたり! 

185 :氏名黙秘:2006/11/13(月) 02:11:19 ID:???
>> 184
 
 別手さんは、大人だなぁ。
 別手さんのような方ばかりだといいのになぁ
と思うのは漏れだけではないと思いますよ。
 私は、別手さんのほのぼのとした書き込み
いつも楽しみにしていますよ。
あっ。ここにも自分と似た人がいるって。

186 :氏名黙秘:2006/11/13(月) 02:15:36 ID:???
>> 184

品位のある方ってステキ!!

187 :氏名黙秘:2006/11/13(月) 02:50:34 ID:???
>>184-186

氏ね

188 :氏名黙秘:2006/11/13(月) 05:32:45 ID:???
お、ようやくこのスレも荒れ始めたか。長かったぜ。

189 :氏名黙秘:2006/11/13(月) 15:05:23 ID:???
>> 189

ボク。日本語で書いてね。
 記号じゃ、分からんよ。


190 :氏名黙秘:2006/11/13(月) 23:57:50 ID:???

189 名前:氏名黙秘[??] 投稿日:2006/11/13(月) 15:05:23 ID:???
>> 189

ボク。日本語で書いてね。
 記号じゃ、分からんよ。


191 :氏名黙秘:2006/11/14(火) 01:03:24 ID:???
>>190

「う〜ん。少なくとも何らかの記号だとは認識できているようだな。
 よく進歩したぞ。ホレ。ごほうびだ。美味しいか。」

192 :氏名黙秘:2006/11/14(火) 01:06:31 ID:???
やばいやばいやばすぎ

193 :氏名黙秘:2006/11/14(火) 16:00:40 ID:???
う〜ん、この流れ意味分からん。
>>191はなんか勘違いしてない?
>>190の引用人は>>189とは違ってアンカーミスを指摘しただけじゃないの?
そもそも>>189がどれへのレスかも分からんけどw

194 :氏名黙秘:2006/11/14(火) 23:24:00 ID:???
>>193

>>192

195 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 20:52:04 ID:???
>> 193

その「読み」どおりだと思う。
  
 「立退料」メモってみた

 1 無条件の明渡請求に対して立退料の支払を条件に明渡を認める引換給付判決の可否
  → 建物の明け渡しの要求を認容する限りで原告の意思に合致しており、一部認容判
   決として許容される【通説】

 2 原告の提示額より増額した立退料の支払を条件とする引換給付判決
  → 原告は立退料を支払う意思は明確で、ただ、その要求を量的に後退させただけ
   だから、一部認容判決として許容される(通説)

 3 原告の提示額より減額した立退料の支払を条件とする引換給付判決
  → 原告の申立の範囲を上回ることになるから、246違反として許されず

* メモると、当たり前すぎになっちまった。 
   

196 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 21:05:50 ID:???
将来給付の訴え〜請求適格の論証
 
「1 継続的不法行為に基づく将来の損害賠償請求の場合、損害賠償請求権が未だ成立していない
  ため、請求適格が認められるかが問題となる。
 2 将来給付の訴えは、その成否・内容が不明確な請求権について、あらかじめ債権者に給付判決
  を得させるものである。他方で、債務者は、強制執行を阻止するためには請求異議の訴えの提起
  (民事執行法35条)を余儀なくされる。
   そこで、債権者・債務者双方の利益を考慮し、
  @請求権の基礎の存在及び継続が予想され、
  A請求権の成否・内容につき債務者に有利な事情の変動が明確に予測される場合で、
  Bしまも、その事情を債務者に請求異議の訴えで主張させても不当でない場合に
 請求適格が認められると解する。」

197 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 21:08:11 ID:???
>>196

「Bしまも」  は  「Bしかも」 の 間違い

198 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 21:11:29 ID:???
いったい何についての話をしているんだ?

199 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 22:23:11 ID:???
うーん、有効な不起訴合意の存在は訴訟要件だから云々…
と書いてしまった。

訴えの利益を欠くことになるのかぁ。

その後は「訴訟要件必要か」の論点につなげたから、ぎりぎりセーフかな


200 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 23:02:23 ID:???
>>199
あんたたぶん合格点。
俺など訴訟要件必要の話完全ヌルーorz 大崩れ
てか民祖3回二問目、皆むずかしかったよな?

201 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 23:30:53 ID:???
1問目の模範答案、条文1個しか上げてないんだけど、なんかなぁ〜

202 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 23:35:03 ID:???
民訴3-2
1.小問1
人事訴訟で請求の認諾有効か
→請求の認諾=処分権主義、私的自治
→公益性ゆえ職権探知主義、私的自治退く
→処分権主義妥当しない
→認諾無効

2.小問2(1)
(1)不起訴合意有効か
 →弁論主義、処分権主義に反しない限り有効
 →処分権主義に反しない、有効
(2)不起訴合意の効力
 →私法契約、訴えの利益欠く
(3)請求認諾に訴訟要件必要か
 →当事者の利益のための要件は不要
  訴えの利益=当事者の利益のため、具備不要
(4)結論:認諾有効

3.小問2(2)
訴訟上の和解に訴訟要件の具備必要か
→上と同様

小問2(2)の出題趣旨が分からず大幅に時間ロスした

203 :氏名黙秘:2006/11/16(木) 18:12:21 ID:if05Z9q9
>>195
>1 無条件の明渡請求に対して立退料の支払を条件に明渡を認める引換給付判決の可否
> → 建物の明け渡しの要求を認容する限りで原告の意思に合致しており、一部認容判
>   決として許容される【通説】

ちょっと質問。
百選の解説は上の見解のようでした。
伊藤眞には違う考えが書いてあったのですが、
上の見解が通説なのでしょうか?

どのような文献にあたられたのか、教えていただけると嬉しいです。

204 :氏名黙秘:2006/11/17(金) 08:32:13 ID:???
>>203

>>195じゃないが、どの本読んでも同じようなこと書いてあるんじゃない?
百選でも多数説ってある。
伊藤眞だって>>195の通りでしょう。
「違う考え」って欄外の「立退き料には(形成的性格ゆえに)処分権主義の適用がない」
という考え方のことだろうけど、これは異説だと分かるように書いてる

205 :氏名黙秘:2006/11/18(土) 21:15:39 ID:d72R0vfr
添削者にカンニングを疑われた。

206 :氏名黙秘:2006/11/18(土) 21:48:54 ID:???
>>205
百戦錬磨のヴェテランは、見たことある問題はスラスラと解いてしまうからね。
同じ予備校のリピータは特に。
自力で書けるなら気にすることはないんじゃないかね。
書けるに越したことはないんだし。

207 :氏名黙秘:2006/11/18(土) 22:09:13 ID:???
島田聡一郎の受験生時代なんて毎回28/28の56、択一も必ず57〜60で
絶対カンニングとおもってた

208 :195です:2006/11/19(日) 16:32:04 ID:???
>>203
1 遅くなってすまない。文献は、某大学教授のレジュメで、製本
されたものではない。で、文献は、御自分であたって欲しい。
2 203が気がかりなのは、
伊藤教授の脚注の「原告が無条件の明渡しを求めているときに、
立退料の支払を条件として明渡しを命ずることは、質的一部認容にあ
たるように見えるが、無条件の明渡請求権と立退料の負担付明渡請求権
とでは、その内容に同一性が認められないので、一部認容とはみなされ
ない。」という記述のことでしょ。ここは、「内容に同一性がない」こと
を理由に全部棄却せよ、と読めるよね。そこで、通説とは違うのかなと
思ったわけでしょ。


209 :195です:2006/11/19(日) 16:34:42 ID:???
>>208の続き
2 漏れの資料には、ヒントが記されているので、転載してみる(大学教
授の書かれたものなので信頼できる。ゴチック体にしたのは漏れだけど)。
「@ 無条件の明渡請求に対して立退料の支払を条件に明渡しを認める引換
給付判決は建物の明渡しの要求を認容するという限りでは原告の意思に
合致しており、一部認容判決として許容されるというのが通説である。
A しかし、原告が、立退料を支払わなくとも明渡しの正当事由(借地借
家法28条)が認められると考えて無条件の明渡しに固執しているならば、
当事者のこの意思に反する引換給付判決は民訴法246条に違反すると
見ることもできる。
B もっとも、通説においても裁判所は無条件で引換給付判決をすること
 ができるわけではない。すなわち、立退料の有無は正当事由の内容を構成
する具体的事実であり、主要事実であるから当事者において立退料の有無
が争点になるということを全く見過ごしていたか、十分な攻撃防御を尽く
していなかったならば、裁判所が引換給付判決をすることは当事者にとって
不意打ちとなり、許されない。ただしこれは、民訴法246条違反ではなく、
弁論主義あるいは法的観点指摘義務違反になるためである。」
3 Aは「見ることもできる」という表現だが、これは「考える見解もある」と
同義だろう。直後のBが「もっとも、通説においても」という表現をしている
ことと合わせ読めば、「考える見解もある」と読み替えるのが素直だからだ。
そう読めば、伊藤の見解はAの見解と同系統の見解と言ってよいのではないか。
4 以上からいえることは、無条件の明け渡請求に対し、立退料を条件に引換給付
判決を認めるのが通説だ。これは間違いない。そして、伊藤教授の見解は、通説
ではなく、有力説として把握すべきだろう。まあ、漏れの理解を聞いても仕方が
ないだろうが。


210 :氏名黙秘:2006/11/19(日) 22:49:22 ID:???
私には優答かなりレベル高く見えるんですけど
羽広先生辛口ですね・・・

211 :氏名黙秘:2006/11/19(日) 23:13:30 ID:???
優越感感じたいだけのつまんない奴だよ

212 :氏名黙秘:2006/11/19(日) 23:41:01 ID:???
はじめて26点とった

213 :氏名黙秘:2006/11/19(日) 23:51:35 ID:???

採決の強行に「極めて残念」

しんぶん赤旗 - 2006年11月17日
日本弁護士連合会は十六日、与党が教育基本法「改正」法案の採決を強行したことを、
「極めて残念」とし、政府案の成立に反対する平山正剛会長の談話を発表しました

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-11-18/2006111815_01_0.html

214 :氏名黙秘:2006/11/20(月) 00:40:56 ID:???
>>207
>島田聡一郎の受験生時代なんて毎回28/28の56、択一も必ず57〜60で

うおー、できる人はすごいな。
それに比べると、あまりに自分が馬鹿でへこむなぁ。
ところで、島田聡一郎先生の受験生時代って、いつごろなの?しかもセミナー?


215 :203:2006/11/20(月) 01:11:52 ID:???
>>208-209
丁寧なコメントをありがとうございます。
最近、羽広先生が判例・通説を特に強調するので、
手元の文献で確認できなかったことを質問してしまった次第です。

しかも、私が疑問に思った点をズバリ解決していただきありがとうございます。
ここの伊藤先生の見解は一般的な考えではないみたいですね。

伊藤先生も、「無条件の明渡請求権と立退料の負担付明渡請求権とでは、
その内容に同一性が認められない」
なんて余計なこと考えるなよー。
同じ条文の請求なんだから、一部認容でいいじゃん。
まあ、私の頭が悪いから、
伊藤先生の言いたいことがよくわかってないだけなんでしょうけど。

親切に質問に答えていただき、ありがとうございました。


216 :氏名黙秘:2006/11/20(月) 01:49:50 ID:???
>>214
レクの柴田先生と同じ平成7年合格、年は島田先生の方が1つ下だよ
答練で名前見かけたのは辰巳ね

特定になってしまうけど優秀者欄見てると10年近く前すでに日練ローラーの
優秀答案常連で年間優秀賞とってた○○さんがまだ受けてるんだね
答案の余りのセンスのよさに友人と「頭いい人もいるもんだね」って話してたからよく覚えてる
今年の択一直前答練でも毎回50台後半で一桁だったっけ
この人の答案だけは羽広先生も絶賛してた(答案の方は氏名黙秘だけど字で分かる)
なんで受からないのか不思議でしょうがない

217 :氏名黙秘:2006/11/20(月) 23:15:08 ID:???
4回目1問、訴え変更・反訴・中間確認先出しして
それぞれの条文・定義・要件あげたあと
不許可決定・却下判決・却下判決とやって
40行足らずで終わってしまった。
解答例みたいなの普通準備してるもんなの?
横地先生は出題に対してなんとおっしゃってたでしょうか

218 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 16:05:31 ID:???
5回の第一問はなにを書けばいいのかわからなかった。
初めて答案練習うけたけど、なんかむずかしい

219 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 20:02:19 ID:???
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |頭が爆発したョ!!
 |________|
     ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ


220 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 20:08:46 ID:TNmhQ8wx
5-1たまたま直前に数年前の直前答練チェックしてて
そのまんま再現できたんだが
記憶した答案と今回配られた答案が一言一句同じ。
カンニング認定されそう。
直前5分の過ごし方で28点と22点の差がつくとは練習にならんね。

221 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 20:13:01 ID:???
>>220
 あなたは合格するよ。

試験直前にタマタマ見ていたところが出たりするっていうこと
がこれまでに何回かあったなぁ。
そういう時って、試験の神様がご褒美をくれたような
気がした。

222 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 20:40:07 ID:???
>>220
「たまたま」というけど、
どういう気持ちで、あるいはどういう考えから
その直前答練の、まさにその問題を見ていたの?
そこにヒントがあるような?
神頼み?

223 :220:2006/11/22(水) 21:03:46 ID:???
長年セミナーの答練受けてると
前後期科目通算20問にもなれば
アーティクル論点表と答練出題歴つきあわせてるうちに
あとどの問題が残ってるか勘が働くようになるのです
本番ではまったく役にたちませんです

224 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 21:14:01 ID:???
クソベテのバカが自演しまくってるのか
氏ね

225 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 22:58:37 ID:???
>>224

できない奴は、ヒガミっぽくなるもんだ。
答練とはいえ
出題予想できる
ってのは実力がある証拠だ。
お前には、試験の神様は微笑まんぞ
分かったか。ボケ。

226 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 23:03:48 ID:???
民祖は22か23点だわ。大体。
よくて24
困難じゃ上位ローすらきびしいよね。

227 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 23:14:54 ID:???
んなーことない。

228 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 23:17:44 ID:???
商法から民訴に変わって採点の厳しさが変わった気がするんだけど、
添削者の入れ替えとか起きたのか?それとも俺が民訴ダメなだけかなorz

229 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 23:55:42 ID:???
>>228

考えられる理由
1 新合格者(もちろん現行)は、合格した時点の自分のレベルに
 照らし合わせて採点しがちになる。商法までは、弁護士が採点し
 ていたが、民訴あたりから、新合格者による採点が大幅に増えた
 ために、その採点者に当たる確率が高くなった。
2 商法は皆ができないので勉強した貴方が浮かび上がるが、民訴は、
 皆がそれなりにキャリアを積んでいるので受講生の中で相対的に落ち
 る。採点にそれが反映される。
3 たまたま、貴方の答案の採点者が他の採点者よりも厳しいだけ。
 添削基準というものがあるが、採点者により多少のバラつきがある
 のは仕方がない。

1か3だと思うよ。


230 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 23:58:41 ID:???
もじゃもじゃもじゃもじゃお鼻にキテる悪臭でこんにちわ

231 :氏名黙秘:2006/11/23(木) 00:17:27 ID:???
民訴第5回2問の小問1だが、
「請求の定立の要否」という論点がどこから出てくるか
言い方を換えれば、何ゆえに論点となるのか、について
論及すべきだと思う。
「引受決定があると、引受申立人の引受人に対する請求が係属中の
 訴訟において併合審判されることになる。
  そこで、引受申立人は請求を定立する必要があるのか、それとも
 請求の定立は引受決定により擬制されるのかが問題となる。」
 
  つまり、請求が併合審判されるということが、まずあって、そのために
 請求を定立するのか、擬制するのかの争いではないのか。

 伊藤真を読んでいて考えた。


232 :羽広:2006/11/23(木) 00:41:43 ID:???
私の顔に条文が書いてあります。

233 :氏名黙秘:2006/11/23(木) 00:49:13 ID:???
クソベテのバカが自演しまくってるのか
氏ね


234 :231だ:2006/11/23(木) 00:58:57 ID:???
>>232

そ、そうか。条文操作(準用)によって、「引受人は、その訴訟の当事者
を相手方として、当事者として」っていうことになるからか。だから、
併合審判ということになるってわけだな。

235 :  :2006/11/23(木) 01:09:35 ID:???
もう何年も前のことだが、ここの採点甘すぎだった。

236 :羽広:2006/11/23(木) 01:10:07 ID:???
そういうことに、成増。

237 :ベテではありません:2006/11/23(木) 01:13:26 ID:???
>>233
オー。アナタ、日本語分カリマスカ。

人ヲ妬ンデハ、イケマセン。
心ガ卑シクナルダケデス。
答案ガ書ケナクテ、実力者ガ妬マシイノデスカ。
努力シナサイ。ハイ。



238 :氏名黙秘:2006/11/23(木) 01:18:52 ID:???
死ねよクソベテ低学歴三十路

239 :氏名黙秘:2006/11/23(木) 01:56:50 ID:???
>>238

君は、君自身が自分に与える主観的評価と社会が君に与える客観的評価
(司法試験に合格できないことや答練で高得点をとれないこと)との乖離が
 著しい奴だろう。それで、感情の均衡が取れなくなっているのじゃないか。
 君は、難関といわれる司法試験を受けるんだろう。
 まぁ、妄想だけは腐るほどある君が司法試験をうけるのは自由だがね。
 「死ね。クソベテ。低学歴。三十路。」以外に語彙がないのか。
 高学歴を自負するのなら(まあ、それ自体、卑しく浅ましい奴以外何者でもないが)
 もう少し、豊穣で内実を伴った、それでいて決して衒学的でない(衒学的の意味くらい知ってるよね)
 文章で楽しませてくれないか。

240 :氏名黙秘:2006/11/23(木) 02:53:40 ID:???
内容のない奴ほど自らを過剰なまでに飾りたがるなw

例えばお前だ>>239

241 :氏名黙秘:2006/11/23(木) 11:31:51 ID:???
>>231
まコツの民祖はいいですか?C book民祖とどっちがいいです?
Cはなんか内容が薄いというか、必要以上にはしょりすぎなようなきがするんですが。

242 :231です:2006/11/23(木) 12:53:27 ID:???
>>241
釣り、だとは思いますが、
伊藤真は、伊藤眞ネ。まコツじゃないよ。
眞民訴が良いかどうかについては分からない。
漏れは、辞書的につまみ食いするだけです。
誰かアドバイスしてあげてください。
 それと、予備校テキストは基本的には使いませんので
(たまに友人の持っているヤツをパラパラと見たりはするが)、
感想はいえませんです。スマソ。

243 :氏名黙秘:2006/11/23(木) 23:47:19 ID:???
>>242
「釣り」とは失礼だろ!


244 :氏名黙秘:2006/11/24(金) 05:10:25 ID:???
バカが二人

245 :氏名黙秘:2006/11/24(金) 08:02:33 ID:???
(・ω・`)ショボーン




246 :別手 蘭太郎:2006/11/24(金) 16:59:10 ID:iJDHWXkB
今年って論文講座、年末に一年ぐらい空きがありますね。
あきまであと3週間です。何とか頑張ろうと思うんですが・・・現実を採点という形でたたきつけられてもうよれよれです。
択一もそうだし・・・よれよれのふわふわ。
ところで、セミナーの戦略としては、この正月の前後、何か講座採らせる戦略なんでしょうか?絶対合格の叫びは別として・・・
実力診断(択一)もあるようには見えないんですけど・・・
択一の予想答練はあるのかな?

しかし、民訴・・・出だしこそ自分にしては良かった(とは言っても24点ですが・・・涙)ものの、もうボロボロです。

このあいだは2年間ではじめて「19L」を食らいました。
4回1問です。まったく何をかいて良いのか分からず、訴の客観的併合をかいて、答案をでっちあげたわけなので、当然と言えば当然の点数ですけど・・。

いやぁ〜。3回4回5回とまいりました。

3回1問も、固有必要的と類似必用的の区別だとおもって爆死の21
3回2問24点で、私としては妥協ライン。

4回2問21点、小問2以下でめちゃくちゃでした。

採点している方も、いっぱいコメントつけていただいて、適当に採点しているわけではないこともわかり・・・
というか、ほめどころのない私の答案に、無理にホメどころ見つけてそこにもコメントしていただいていて、
1 字が汚い 2 内容がわかりにく 3 しかも間違っている というのに読んでもらって申し訳ない気持ちでいっぱいです。
しかし、そろそろリタイヤかとおもったら1ヶ月のインターバルがあるのでその間に復活などを性懲りもなく検討中です。

いっそ、「いや〜オレには無理だった」とか、「やばい資格商法にはまったんだ」とか言ってしまおうかと・・・
ではこれから6回受けてきます。



247 :氏名黙秘:2006/11/24(金) 17:06:32 ID:???
246だけ読んで別手さんに余計なアドバイスだけど
俺が思うに,過去問マスターしておけば
あんま変な点は取らなくなると思うよ。
苦手科目は論文の過去問がおすすめ。
ライバル校かもしれないけど辰巳から出てる
和田よしひろ先生だっけ?あの解説の本とか
俺にはよかったよ。それを読んでも
わからないところは基本書とか予備校本とか判例集
(有名な判例は最高裁で見ることができる)とか
でおさえればあら不思議。なぜか点がとれるのよ。
がんばってちょ。

248 :氏名黙秘:2006/11/24(金) 22:03:22 ID:???
>>246
今回はどうでした?

249 :氏名黙秘:2006/11/24(金) 23:19:21 ID:???
たぶん、別手さんは仕事をしてて、過去門を
しっかり潰す時間はないんじゃないか?

250 :氏名黙秘:2006/11/25(土) 00:42:43 ID:???
○_○   
(・○・)みんな ガンがれッ!
     



251 :氏名黙秘:2006/11/25(土) 00:49:07 ID:???

人は、困難に直面したとき、
己の全英知と勇気を振り絞って
戦わなければならない!!
頭は生きているうちに使え

252 :別手 蘭太郎:2006/11/25(土) 02:25:18 ID:2qO3/erD
いやぁ、アドバイスありがとうございます。
不思議と無視されないで声かけてくれる人がいると言うだけでがんばれるモンですね。
大変助かりました>オール。

結局最後ぐらい1ッ点でも上げようと思って、まだ、受けていません。
前に聞いた、伊藤塾の基礎マスター民訴(岡先生)を倍速で聞いてました。
あと3日分になりましたので明日早起きして聞いて、それで、15時、17時半、19時の
いずれかで頑張ってみようと思っています。

「和田よしひろ先生?」そこまで手が回るか・・・メモリました。戸山口に近いうち降りてみます。
とりあえず、嫌いな民訴(とか言いますが別にほかの科目の点数が言い訳ではない)を頑張って答練の点数あげられるのもあすのがんばりが最後です。
さ〜て。

いや〜ありがとうございました。もうすこし頑張ります。

253 :氏名黙秘:2006/11/25(土) 08:14:32 ID:???
>>246-251

お前ら、好きだぜ!!

254 :氏名黙秘:2006/11/25(土) 22:27:17 ID:???
いやー今日6回目受けてきましたが民祖も終了ですね。
まあ良門はゼロでしたが。
論点ばっかりだしてんじゃねぇぇぇ!!

ケイ素はわりにトウレンが本試験と近いので若干期待してます。
第一回目の出題予想は、ラブホで覚せい剤やってた893
に職質、所持検やった判例の事案。

あたるかな?

255 :別手 蘭太郎:2006/11/25(土) 23:55:46 ID:2qO3/erD
答練 来た 書いた 死んだ? ってかんじ。
私としては疑問符がついているだけだいぶましです。
直前まで、何時間も講義の録音機いていたのでねむいのなんのって。

第1問。珍しく、書く内容をどう絞るのかで悩みました。
私としてはホームラン答案かも(私の基準24点だったりしますが・・・)
でもこの問題は、みんなけかるのかもしれないですね。だって、私が書けるんだから。

第2問。小問1はOK。小問2前段もOK。小問2後段、全然ダメ。そもそも時間切れ気味で規範と当てはめが一緒になってしまったです。

明日から刑事訴訟法ですね。ほぇ〜。

がんばろ〜。
一気に詰め込んで一気に吐き出して(?)、ここで愚痴聞いてもらって、また、やる気盛り返してきました。

さてつぎに進んでいきましょう。


256 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 08:50:27 ID:???
民訴六回目、風邪で休んじまったYo!!

はぁ、もう刑訴か。早いね。

257 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 20:13:03 ID:???
民訴の1問目、全然書けなかった・・・自白擬制とか関係ないこと大展開orz

258 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 20:33:30 ID:???
関係ないというより分かっていないんだろうよ

259 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 20:55:20 ID:???
>>258
そうだと思う。なんかあまり見たことない問題だから、混乱してちょっとでも
関係ありそうなものを適当に書きなぐってきた。
よく考えると、全然関係ないのが明らかでショック。

260 :別手 蘭太郎:2006/11/26(日) 21:09:46 ID:LaM4QCzW
休んでも外答案で出せば良いではありませんか! だけどこれって結構貯めちゃうと不能に陥りますよね。
わたしは前期民訴でかなり貯めたもの出すのに苦労しました。

ところで、講師紹介の所見たら・・・「山口 準子 先生」ってなっているけどだれ??!!


261 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 21:25:02 ID:???
>>260
山口準子さんって、どこかで見た名前だなぁ。
たしか一昨年(?)
セミナーで合格体験記書いていたような記憶が・・



262 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 22:15:21 ID:???
どうなんでしょうね、山口先生というかたは。

論文講座の解説の相場からいくと、ケイ素は
山田次郎先生あたりかと思ってましたが

263 :別手 蘭太郎:2006/11/27(月) 10:51:43 ID:GCQeiGbV
新任弁護士の方なのかぁ・・ふーん。
山田先生でも歓迎。「わさびを効かす」ってなに?っておもったりもするけど。

去年の刑訴、タクシーが遅れたと言って遅刻してきた解説の先生がおられた。
無駄話はとっても面白かった。
そうそう、先生変わると、その先生のどの部分を活用できるか、どの部分を活用すべきかにこっちが慣れるまでちょっと時間がかかるのはやっぱり年のせいだろうか。まいったねぇ。



264 :氏名黙秘:2006/11/27(月) 23:47:45 ID:???
第6回民訴1問目って典型だと個人的には思ってたけど、周りに聞くと出来がかなり悪いっぽい。
特に過去問しかやってない人はほとんど手も足もでなかったってさ。
まあ、基本書とか見てもあまり詳しく書いてない部分だから、意外にみんなおさえてないのかね。

ってか、これって異同を述べさせる必要ないと思った。うまく対比できるとこじゃないし。

265 :氏名黙秘:2006/11/27(月) 23:56:32 ID:???
いや異同以外ズバリ過去問だし

266 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 00:04:01 ID:???
すげー古い過去問だからでしょ。そこまでまわしてる奴っていないんでない?
毎年出題が予想されてるから、そろそろ出てもいいと思うけどどうなのかね。

267 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 02:12:37 ID:???
1 大雑把に言って、「審理の諸主義」に位置づけられる一行問題は 
 平成 元年、7年、12年、(13)年、14年、15年、17年
 の各第1問です。
2 審理の諸主義については、出題し易いテーマ(基礎知識、理解力、ボリューム、採点のし易さ等々)
 というものは決まっているところ、「直接主義」は、出題し易いテーマだ
 と考えます。
  昭和38年に出題されて以来出題されていないので、出題可能性はあるのではないでしょうか。

268 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 15:32:36 ID:???
 ○_○   
(・(ェ)・) 皆 ガンがれー


269 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 15:45:11 ID:???
>>267
直接主義は出題可能性はあると思うが、
争点整理手続を絡めて出題されるだろうぜ

270 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 23:46:22 ID:???
刑訴は何出るかなーどうせ最新の判例ばっかり出す予感がするが

271 :氏名黙秘:2006/11/28(火) 23:58:51 ID:???
1回目の範囲で、最新判例って何がある?
って、自分で調べろって言われそうですね。

272 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 00:11:27 ID:???
よくわからない下級審判例とか出しそうだな

まあ、結局典型しか出ないと思う。本試験同様。
刑訴にはちょっと期待。

273 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 00:21:14 ID:???
今日刑訴受けてきたけど、
わりと簡単。つか刑訴って簡単なの?
民訴より勉強時間少なくて済むかな

274 :氏名黙秘:2006/11/29(水) 00:31:49 ID:???
民訴の一般的な基本書の厚さと、刑訴の一般的な基本書の厚さを比べてみれば歴然。
刑訴は本試験でも典型事例や典型論点を出してくることが多い。
ってか捜査と伝聞法則ばっかり。

275 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 01:35:32 ID:???
第1問、当初の同行とその後の取調べを任意同行と任意捜査に分けて論じてるけど
どちらも任意同行の限界で論じてはいけないの?
百選の富山地裁もこのような考え方に親和的のようにみえるけど。

276 :別手 蘭太郎:2006/11/30(木) 01:51:18 ID:jKINgjAv
羽広先生の講義テープで聞きました。
例によって、解説をはじめる前、オフレコで何か言ってらっしゃる様なんですけど
だれか知っている人はいませんか?
どうしても生で聞く時間が合わなくて・・・。

しかし、2問は何かいて良いのかさっぱりでした。
まさぁ丁寧な当てはめを求めていたとは・・・

後段も手探りでした。

そうそう、戸山地裁決定に対する先生のコメントの要旨は、あまりにも人権派の決定ですから。当時とは状況も違うし、参考にしなくても良いという者だったと記憶しています。
ちょっとうるおぼえですが。


277 :別手 蘭太郎:2006/11/30(木) 01:53:01 ID:jKINgjAv
戸山じゃなく富山です、すいません。


278 :氏名黙秘:2006/11/30(木) 10:35:00 ID:???
>>275
おれもそう思った。

「任意同行と逮捕の区別」と別枠で「宿泊を伴う取調べ」を
論じるべきなのは、何日か宿泊させた場合だと勝手に整理してた。

百選の判例も徹夜させてるけど、問題点は2つ、とか言ってないよね


279 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 01:17:50 ID:???
そろそろ新しい合格者の添削が入ってきてるのかな。
妙に詳細なコメントが来て焦る。

280 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 02:39:20 ID:???
今日はじめて羽生さんの合格答案完成講義とやらをうけてきました。
個人的には、メリハリがきいてて結構わかりやすかったです。
まあ、少し細かいところを気にするところがありますが。
ただ、ある程度の知識がないと講義の意味がわからないようにおもいます。


281 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 15:26:37 ID:???
俺も妙に詳細なコメントが来たw
そうか採点者が変わったのかな

しかし点数悪くて恥ずかしいorz

282 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 18:03:50 ID:???
やっぱりそうなのか。
今まで7,8行のコメントとかだったのに、今回急に20行強もあって
何が起きたのかと思ったよw

283 :別手 蘭太郎:2006/12/02(土) 00:15:48 ID:Wb7Roqk4
民訴6回答案帰ってきました。22+23でした。予想は24+22か24+21だったから、第1問はあぁがっかり。
まぁこんなもんかな。これでいいわけないけどね。もう択一対策にはいるので、あとはどこで時間をとるかが問題ですね。

択一やりながらしかないですね。むむむ。


それと、刑訴の解説の先生。
若い先生のなのに板書一切無しでした。
レジュメを読めば足りる範囲を大きく踏み越えた講義ではなかったかな。
でもレジュメに書いてないことも講義あって良かったです。
たとえば、将来の捜査の問題をどこで触れるか。
逮捕状の適法性ではなく、逮捕状請求の適法性であるとかね。

声が震えていてなかなか新鮮なイメージでした。
松尾先生の様に好き勝手にやれるようになるにはもうちょっと時間が。。。、


284 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 18:40:53 ID:???
令状請求書の適否だから全部規則の条文ひいたんだがいかんの?
規則は適「法」じゃないとか?

285 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 19:28:14 ID:???
>>283
バカ丸出しだなwww

286 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 20:50:11 ID:???
>>285
 ↑
サルが人間様に何か喚いてるぞ。

287 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 21:48:11 ID:???
おいおい、人間がサルに敵うとでも思ってるのかよwwww池沼すぎwwwwww

サル>>>>>(オゾン層)>>>>>>>(細胞壁)>>>>>>人間

これ判例・通説。

288 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:38:45 ID:???
>>284
俺も規則の条文で書いたよ。
知らん論点だったので、六法めくってたら規則に被疑者の特定とか見つけたので
これでOKと思ったんだが。
法の条文のほうにも、「その他裁判所の規則で定める事項を…」て書いてあるしなあ。
どうなんだろ。

289 :別手 蘭太郎:2006/12/02(土) 23:38:27 ID:Wb7Roqk4
>>285

あれ?バカ丸出しのスタンスでかいているんですけど、まぁ丸出しなのは事実で、客観的にあの点数しか取れてないので「バカ丸出し」でけっこうなんですけど、
ただ、その、バカ丸出し行動を、両手に時計とかして、集団申込みの目印になったりしていたという事実をご存じなのは残念ですね。
まぁいいでしょう。


290 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 23:40:04 ID:???
2問目めちゃむずかったんだけど

291 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 00:13:08 ID:???
>>283
>逮捕状の適法性ではなく、逮捕状請求の適法性であるとかね。

それは人に聞くまでもなく、法律以前の国語の問題かと。

292 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 01:13:39 ID:???
刑訴2回目
第1問・・・肖像権侵害→強制捜査→違法でオワタ
第2問・・・規則にあてはめただけでオワタ

293 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 01:25:12 ID:???
逮捕状請求書の議論なんて、殆どの本に載ってない。
本試験で、此処がこういう形で出題されるとも思えない。

ってか、逮捕状じゃなくて逮捕状請求書なんだから、
規則の趣旨書いて、線引きして、当てはめて、終わり。
これ以上は、普通の勉強してる人には無理じゃない?

294 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 01:42:08 ID:???
むしろ、答案例はピントずれしている嫌いがあるような希ガス。>刑訴2回目第2問

商法8回目の第1問の答案も間違いだらけだったし。

論文講座って毎年こうなの?

295 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 01:44:11 ID:???
所詮低学歴どもしかいない予備校だからな

296 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 05:26:07 ID:???
>>295
おじちゃん。もう朝だよ。
早く行かないと、
カラスに 先に持って行かれるよ。

297 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 08:08:43 ID:???
642 名前:氏名黙秘[??] 投稿日:2006/12/03(日) 07:13:40 ID:???
セミナーも受けようかな。


298 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 08:09:35 ID:???
431 名前:氏名黙秘[??] 投稿日:2006/12/03(日) 05:22:07 ID:???
>>430
頭のいい方、答案構成をupしてください。
お願いします。
私は、答案ガ書けなくて
悩んでいます。

432 名前:氏名黙秘[??] 投稿日:2006/12/03(日) 07:12:04 ID:???
>>428
漏れは、B5の方がファイルし易いが・・。
ああっ。そうか。解説レジュメと答案を
一緒にファイルされているんですか。
漏れの場合、レジュメだけをB5ファイルに
閉じて、答案は別にとって置くんだが・・・。

299 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 23:32:48 ID:???
新人の小娘の解説があまりにひどかったから
聞こえよがしに舌打ち咳払いしちったよ
次で現行撤退なのに暖かい目で成長見届けるなんて
悠長なこと俺にはできかねるね

300 :氏名黙秘:2006/12/04(月) 00:08:26 ID:???
だからって他人の邪魔になるような行動をするのはどうかね。

301 :氏名黙秘:2006/12/05(火) 23:41:45 ID:???
刑訴3回の2問目、告訴の追完を長々と書いてしまった…
そして試験後に今年の合格者による講座のチラシが配られさらにヘコむorz

302 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 01:41:58 ID:???
なんでチラシが配られるとへこむの?

303 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 01:52:29 ID:???
遅レスだが。

>>284>>288
レジュメの解説でも一応規則に言及されてるし、刑訴法の具体化的規定だから、
規則の方をひいても問題ないと思う。
ってか、規則をひいた方がむしろきれいに論じられる気がする。
けっこう規則細かくひいて論じてる人がいた。

>>294
同意。特に小問1の模範答案はひどい。あんな変な論点にこだわる暇があったら、
被疑者の特定の趣旨書いて、丁寧にあてはめてほしい。そういう答案の方を評価する。

この問題、細かい条文にかかわる問題だし、基本書とかに書いてない部分ばっかりで
本試験でこのまま出るとは全然思わないけど、小問2や小問3はけっこう良い問題だと思った。
小問2は捜索差押令状で、差押対象である物だけでなく被疑者の記載も必要な理由はなぜかとか、
規則155条3項で氏名不詳でもokとされてる趣旨とか、逮捕の場合と捜索差押の場合の比較を考えるとか
捜査の分野が得意な人にとってはけっこう上手に論じられそう。実際、そういう答案もあった。
小問3も、よく使うフレーズである「捜査の必要性」って具体的に何、ってのを普段から意識してる人にとっては
論じやすかった感じ。

まあ、どれも変な問題すぎて、戸惑って投げやりに書いた人が多いみたいだけど。小問1がいらなすぎる。

304 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 22:31:12 ID:???
裁判所法はみたんだけど、簡易裁の専属管轄とは気づかなかった〜

はっきり書いといてくれよー

305 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 23:54:44 ID:???
羽広先生、「答練でどんな問題でも24点程度とれるようになれば
司法試験なんて簡単に受かっちゃう」っていってたけど本当?
中心論点落とさず必要な条文拾って、あとは途中答案さえやらなけりゃ
24より下なんてとりようがないと思うんだけど・・・

306 :氏名黙秘:2006/12/06(水) 23:59:23 ID:???
12通でそれができれば受かるよ。
それって簡単じゃないけどね。

307 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 00:30:17 ID:???
>>305
それが意外に難しいのがこの試験の困ったところ。
本当に24未満をとりようがないのかは試してみればわかるのではないかと。
問題にもよるけど、半分くらいの答案が24を割ってることもままあるよ。

308 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 00:36:10 ID:???
>>305

24より下をとりようがないって・・。
君はすごいね。

俺は、とてもそこまで言い切れない・・。


309 :305:2006/12/07(木) 00:58:02 ID:???
>>308
>中心論点落とさず必要な条文拾って、あとは途中答案さえやらなけりゃ
この条件がそろったときの話ですよ
少々論証粗くて時間の関係であてはめ端折っても
論点と条文摘示してる限り24ついてくるからあれ?って感じで

予習の時間がとれなくて基本論点書けなかったり、
その他何らかの理由で採点基準にかすらなかった時はそれ以下の点数とることも
当然あります
商法8-1なんて22点だったしw

310 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 02:05:19 ID:???
今日受けた刑訴3回2問。
多分典型だと思うけど、論点全然拾えなかった。

論点ごとのデジタル採点(論点にふれてあれば1点、なければ0点)と、
意味不明な裁量点で22点の予感。
論点拾えないときは短く書く主義なのに、3ページ目まで入ってしまい恥ずかしい。

311 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 12:48:06 ID:???
確かに12通で全て24とるのは難しいよね。
まあ ローとかなら22 23
ぐらいで受かるんだろうけど。
ってローなめすぎかな?


312 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 13:22:37 ID:???
採点者にもよるだろうけど、論証の内容が適当すぎると論点に触れてて結論出してても
その分の点数を与えないこともよくあるよ。
いずれにせよ、24点をいつでもとるのはかなり難しい。

・・・まあ、24点は合格レベルにあと一歩、って点数なんだけどね。

313 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 21:10:04 ID:???
全通25点だったら本試験で140点の150位相当ってとこかしらん?

314 :氏名黙秘:2006/12/07(木) 23:31:56 ID:???
でも、採点方式が違うからねぇ・・・
本試験では4つの論点が各1点で・・・とかそういう感じじゃないだろうしね。
基本部分の配点とか、論理性とかを重視してる感じがする。
だから予備校のとはけっこう差が出る。

それでも、25点以上とそれ以下ならやっぱり前者の方が本試験でも良い点数の可能性は高いだろうが。

315 :301:2006/12/08(金) 13:02:33 ID:???
>>302
そりゃ、
去年きちんと勉強してれば今年受かってたかも
→そしたら今頃俺が講師をやっていてもおかしくなかった
→それなのに今こんなところでこんなことしてる俺はバカ
って思うからだよorz

316 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 14:24:11 ID:???
●●●●負け慣れた貴方の目を覚ます!現行試験にこだわれ!○
2006あなたの答案を変える!論文奥義口伝講座
〜現行論文試験の受かり方を知りたい者達よ、ここに集え!〜

前嶋准一先生(Wセミナー専任講師)

平成18年度原稿司法試験最終合格者。択一は無敗、圧
倒的に得意であったが、論文に苦労する。論文答案の何
たるかを徹底的に研究し、現行司法試験最終合格を果たす。
択一のみならず、論文突破のノウハウを身に付けた現在、
彼に死角はない。しかも大手大学受験予備校で人気講師で
あった彼は、「教える」ことが大の得意である。講師としてうっ
てつけの男といえよう。

テキスト「Best300に入る再現答案」

317 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 22:05:28 ID:???
こいつの単体パンフ見たんだけど
何点何位で受かったか、どんな方法論か、まったくわからない。

受けようと思わんよ。やはり論文3位、はインパクトある

318 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 22:07:01 ID:???
3位?なにそれ

319 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 22:23:00 ID:???
辰巳の合格者講義で論文3位の人のことかな

320 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 22:23:00 ID:???
辰巳の合格者講義。

321 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 22:24:13 ID:???
初、同時かきこ!

322 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 22:33:18 ID:???
H16:択一51点で合格・論文Dで不合格
H17:択一54点で合格・論文Dで不合格
H18:択一49点で合格・論文A(総合成績3位!)で合格

3位の人とか変態みたいな天才ばかりかと思ったけど
そんなことないんだね

323 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 23:05:52 ID:???
凄いな。D2回から3位まで上り詰めたってことは、本当に何か開眼したんだろうな。
去年・おととしは1500人合格のうちのDなんて合格に程遠いような
成績から、一気にここまできてるんだから。
さすがに興味をひかれる。

324 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 23:08:18 ID:???
宣伝が上手ですね

325 :氏名黙秘:2006/12/08(金) 23:27:22 ID:???
刑訴、もっと典型論点を聞いてくれよ。
2問中1問を遊ぶのは良いけど、
最近、どっちも枝葉ばかり。

326 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 00:10:33 ID:???
確かになー刑訴なんて本試験でも典型論点ばっかり出てるんだから、
妙にひねるよりも基本を多く聞いてほしい。その上でちょっと複雑にするとか、
そういう問題にしてもらいたい。
特に2回目第2問は近年まれにみる糞問と思った。

327 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 00:22:04 ID:???
旧来からの実力者があらかた合格してしまったことを考えると
今年の250位は来年の150位近辺、すなわち平均的合格者の
イメージであると推測されます。
非現実的な高得点を目指して自滅するよりも
平均的な合格者の実像を知ることの方が実戦的なのではないでしょうか?
しかも、試験での得点能力と指導能力は別物ですし
指導経験の豊富さで選ぶというのも一つの手ですね。

328 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 04:19:47 ID:aKnjSOIu
合格者を参考にせず自分の不合格の原因を真摯に見つめようとしないのは良くない。わかってはいるけど悔しい

329 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 17:21:55 ID:krbFtkku
未知の問題への対応といっても
物には限度ってもんがあるな
気でもとち狂ったか?

330 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 21:37:17 ID:???
なあ、窃盗罪って必要的弁護事件だよな。

だから、もし弁護人がいなかったら付する措置が必要、て書いたんだけど。
不要?

331 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 23:26:02 ID:???
>>330
解説では必要的弁護だから最初からついてると思われる、みたいに言ってたよ

そして百選読んでない俺は2通ともプギャー答案を書いてしまいましたよorz
伝聞法則の予習は一生懸命やったんだが

332 :氏名黙秘:2006/12/09(土) 23:56:43 ID:???
刑訴の四回目、時間と金を返して下さい。

333 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 00:01:58 ID:???
4回目は2問とも防御に関するものだったな。
1問ぐらい証拠法から出せよw

334 :別手 蘭太郎:2006/12/10(日) 00:29:57 ID:Rlu07d8M
もちろん私も問題用紙配布まで知覚・記憶・表現と覚えてました。
やられた。
一科目で一度ぐらい参考答案になってみたい。

335 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 00:58:34 ID:???
読んだことがないから解けなかったなんて思ってないでしょうね?
読んだことあったから解けたじゃ意味がないの。
読んだものはどうせしばらくしたら忘れるんだから。
忘れたら何を見る?
レジュメなんて見ちゃダメですよ。
忘れたら目次を見る。はいどうぞ。。。


目次を見て条文の漢字にアクセスできたら
条文の漢字と問題文の漢字を心を無にして書き写す。
これだけで簡単に受かっちゃうんですから。
簡単に思うでしょう?
ほんとに簡単なんですから。

336 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 01:07:30 ID:???
>>335
何のコピペ?
日本語が下手すぎて何言いたいのかわからないんだが・・・

337 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 01:22:15 ID:???
>>335
それで受かったら、苦労しないわな!
受かった途端にエラクなる奴は
かなりの数でいる。

338 :別手 蘭太郎:2006/12/10(日) 01:31:56 ID:Rlu07d8M
たしかにハヒロ先生はそう言うんだけど、まだ信じられないところもある。
論証そんなに覚えなくてもと言われてもなぁ・・・
信じるものだけがすくわれるのかも知れないけど。

ちなみにハヒロ先生の講義最近面白くなってきた。
まだ、面白そうなコト言うよ〜って顔はしていないけど
ちょっと面白くなってきた。
日曜コースの方は今日で今年最後ですね。

339 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 11:38:29 ID:???
刑訴4回目は凄いよな。何でこの2問を分けたのかわからん。
こんな異常な問題は、1問にまとめてくれ。

ってかあんな条文あったな、と思っても見つけられない。刑訴は条文見出しついてないし。
訴訟能力ない場合の規定が何かあったな、って記憶はあったけど、どうしても見つけ出せなかった。
心神喪失だったか。
百選掲載判例だから内容をなんとなく覚えてはいたが、条文を見つけられないんじゃしょうがない。

340 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 21:33:18 ID:???
論証は覚えておいた方がいい。
覚えてないと筆が止まって時間切れ起こすから。

341 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 21:39:23 ID:???
>>338

「(漢字をみて)これは中国人です。日本人に直しましょう。
そしたらわかります」
「和漢混合文ね」

が自分的に凄くおもしろかったです

342 :別手 蘭太郎:2006/12/10(日) 23:25:12 ID:Rlu07d8M
4回の解説、今日テープで聞きました。第2問のb面になってから数秒後、録音がカットされて一気に講義が終わるんです。
何があったんだろうって・・・。
講義始まる前の雑談とかカットさされたところとかきになっちゃいます。私の場合。

で、今日5回、6回 受けてきました。

18時からの6回を受けたのは女性1人男性4人の5人でしたから、男性に方は自分を除けば33%の確立で私がいたんですけど、まぁそんなのには興味ないだろうからなぁ・・・なとど。くだらないことを思いながら最悪の答案でっち上げてきました。

で、あまりネタバレしないように外枠だけばらします。

5回1問 納得の問題。
2問 和漢混合分をその場で作成と言うよりも、記憶を吐き出した感じがしました。
私は、2問の後段で時間が足りなくなりあえなく沈没。

6回1問。まぁアリの問題だと思います。理由を付けるのに実は困りました。2ページ目入ってすぐ終わりそうだったので・・・
そう言う中身のない頭で無理矢理延ばして書いたのでめちゃくちゃ。

6回2問ここで糾弾されそうな問題だけどこれからはこういう問題でるのかなぁって・・・
やっている最中は、また、変な問題だしやがって!!っておもっていたけど。

4回のインパクトに比べたらだいぶまし(「まし」という言葉があうかどうか別ですが)です。

速報版の参考答案って日曜日クラスからでてますよねぇ。
そんなわけで日曜日狙ってみました。ッテ言うよりも。早く終わりにしたかった。
正直、底辺のを支えるのはくたびれてきた。
3回目は22+20 4回目は2問だけ帰ってきていて23でした。とほほ。




343 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 23:44:21 ID:???
別手さんは、司法試験始めて何年目くらいなんですか?

344 :別手 蘭太郎:2006/12/11(月) 00:46:59 ID:MxapDuQT
げ! 直球! 一応去年から本格的に取り組んでいるものでして・・・と言い訳はいいとして。
平成3年にはじめてセミナーの問をくぐりました。これは最初です。
証拠を示せと言われれば・・・・当時は答案用紙は縦書きも縦書き、本になってました。
私がセミナーのガイダンス受けているころ法務省から新試験用紙になったよ〜と言うお知らせガイダンスがあったり、民法の遠藤先生の無料講義があったりしました。
その後2年程々にやったのですが、しばらく潜伏。もにょもにょ。
去年の論文講座からふたたび本格的にはじめましたが、、、、時間的にも金銭的にも、何より能力的にも限界を感じてきました。
だけど、あきらめるには、あきめることを納得させるだけの努力が必用に違いない。と言う信念の元いまの私があります。
やればできたはずとか言うのはちょっと自分に納得できませんからね。
やっても出来なかったんだ。と言えるまではやってみるつもりで再開です。
まるで手続保障?

そうそう、前年ぐらいまで教養選択がありましたね。懐かしい。
当時のエール社の私がとった司法試験合格法できれいな女性が合格体験記を書いていたことを思い出しました。合格者499人でしたね。平成2年だと思う。

私は選択は刑訴・刑事政策でした。でも論文一度も書いたことはありません。


その後、旧答案用紙になって、

345 :別手 蘭太郎:2006/12/11(月) 00:47:40 ID:MxapDuQT
最後の一行は間違いです。

346 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 01:33:26 ID:???
おもしろい。
別手が語る司法試験史連載キボン

347 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 03:00:32 ID:???
和姦混交文が分かってればのはずがないだろwwwwwwwwww

348 :氏名黙秘:2006/12/11(月) 03:09:31 ID:???
和姦混交ってかなりエロいな

349 :別手 蘭太郎:2006/12/11(月) 18:02:51 ID:???
たしかに、不合格者の不合格体験記ってもんは役に立たないから世の中にあまり存在しないよね。
第一、恥さらしだろうし。それに、どんな講座受けたかを書くと、
「だからその講座は役に立たないんだ」
となってしまうのがイヤだねぇ。
講座なんて使い方次第だと思うし、
評価する側の人間が、評価するにふさわしい努力をしたのかを抜きにかたれないのにねぇ。
誤解をうむよねぇ。

とは言いつつも、客観的にはベテランの人が書く不合格体験記読んでみたい。
まぁ、論文の点数があんな低い私が書く文章は論旨が3転4転して、しかも、
結論がどこだよ〜って感じだろうから、書くとしても(をい!書くのかよ)少しづつだし、
もうちょっと文章練習する必用あるし、何よりも、この板に関連無いので、
ミクシーとか別の板で書くか・・。っていうかそんなヒマ無いでしょう。
もうちょっと勉強させて下さい。

面白そうとそんな声がかかったのが、笑いのネタの参考にしかならないとしてもうれしいです。
(いや〜どこまでもアホですな、わたし)

350 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 01:58:04 ID:???
来年、未収でローに入学予定の者で質問なんですが
調べながら答案を書いて(解説講義を聴いてから外答案で提出)
論点の定着のために復習代わりに受講したいのですが
このようなやり方は意味があるのでしょうか?

初学者のくだらない質問で申し訳ないのですが
受講生の方に答えていただけたら幸いです。

351 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 02:04:42 ID:???
意味はあるけど基本書読み込んだ方が遙かに有益だろうね

352 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 02:23:41 ID:???
>>351
基本書は予備校本を併用して読んでます。
一応、自分でも答案は書いてみてるのですが
やはり添削して貰わないと、おかしな方向に走りそうな気がします。

また、アウトプットとして答案を書かないと
正直、正確な知識が定着しない気がするんです。

読み込み方が足りないと言われればそれまでの話かもしれませんが
皆さんは、入門終了後はどのような勉強をされていたんでしょうか?

353 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 02:33:16 ID:???
(1)インプット→テキストorサブノート

(2)アウトプット→過去問答案構成

(3)答練→二時間二通で答案書く練習

基本は、(1)と(2)。(3)は(2)の補強みたいな感じ

354 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 02:36:21 ID:???
>>353
ありがとうございます。
今の時期は正確な論証を身に付けるよりは
インプットをしつつ理解を深める方が大切なんでしょうか?

355 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 11:18:02 ID:???
> 正確な論証を身に付けるよりは
> インプットをしつつ理解を深める方

すでに間違ってる

356 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 12:40:44 ID:???
ローの人なら新司の答練のほうがいいんでないか?
ちなみに外答案で提出して解説聞くのも悪くないと思う。
自宅でひとりで問題集やるのが通学時間もかからなくていちばんだけど、さみしがり屋の人で金余ってんなら予備校答練もひとつのやり方。

357 :氏名黙秘:2006/12/12(火) 22:25:54 ID:???
やっと伝聞法則が出た 待ってたぜベイベー

うれしさのあまり、知ってることを全部書こうとしてしまい、解答用紙と時間が足りなくなって自滅

358 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 18:18:59 ID:???
羽広先生、面白いことは言わないがしょーもないことを言うようになったなw
警察官と一緒に行くと同行だがホステスと一緒に行くと同伴だとか

359 :別手 蘭太郎:2006/12/14(木) 19:06:36 ID:j+5zdyUs
きょうその部分テープで聞きました。
私としてはとっても楽しかった。
テープなので表情は分からないけどまじめな顔でおっしゃってタンだろうなとおもうとたのしかったです。
ああ、あとは、ヤクザは、夜になると出てきて、早朝にサウナに行って朝から夕方まで寝るのだというのも妙に面白かった。
論証、基準を言わなくなった分余裕ができたのかな?


360 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 19:00:54 ID:???
6-2前半、いい問題のはずだけど解答見て拍子抜け
全然具体的じゃないじゃん
あれじゃ一行問題と変わんね

361 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 19:07:42 ID:???
>>360
本問に限らず、そういうのってあるよね!
問題は、ものずご〜くいいんだけど、解説と答案ガ
追いついていないってのがね。
もう忘れてしまったけれど、何回かあったなぁ。


362 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:55:30 ID:???
答案構成15分(最大20分)でやってますが、
60〜65行書くのが精一杯です。
だから答えが分かっても全部書ききれません。
書くのが遅いのでしょうか(´;ω;`)
すごい致命的な気がしてきた…

363 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 22:14:26 ID:2mzdlItM
筆の速い遅いはある程度先天的なもんだから
たとえ論証丸暗記しても書ける量急成長は望めないと思うよ
書ける範囲で論証薄くして答案の配分変えればいいんじゃない?
60行もあれば十分Aつくよ

364 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 22:20:01 ID:???
だいたい本試験の落ち方って「時間足りなかったー」より
「構成でしくじったー」のほうが多くない?

時間足りないなら理由とかをハショればいいんじゃないかな

365 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 22:43:42 ID:???
あああああ
六回二問、小門1に気をとられすぎて小門1しくったぁぁぁ。

公判定供述のほう、被告人質問に答えたときの話だけにしちゃったよ
こうゆうのが一番まずいんだよな〜、

永山も言ってたよ。
基本落としたら終わりぴょんって  気をつけよ

366 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 23:49:45 ID:???
字が汚いと誤字脱字がDとかになってるのはベテ採点者の仕業でしょうか?
思い過ごし?

367 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 00:53:35 ID:???
>>366
読めない字は誤字脱字とみなされてもやむを得ないような。
自分の字ってなんとなく読めてしまうけど、他人から見ると読めない場合もけっこうあるよ。
周りの人に一回チェックしてもらうと気づけるかも。

あと、誤字脱字をナチュラルに連発するひとはけっこういる。

368 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 00:55:14 ID:???
つーかさ、6−2の小門2って、問題文素直に読めば「併合審理の場合」だよな?
問題文でそう指示されてるのに、「分離した場合」の話を書かせようとするのはいかがなものか。
確かに、そもそも併合されてなきゃ分離のしようがないわけだけど、あの問題文だったら
分離しないで行える手段を聞いているようにしか見えないんだが。

369 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 01:09:41 ID:???
>>366
なんでベテ採点者だとDなの?
むしろ慣れてない新人のやり方のような希ガス

370 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 06:07:01 ID:???
>>367
>あと、誤字脱字をナチュラルに連発するひとはけっこういる。

よく書く字・熟語で、似ている字・熟語って、うっかり間違えてしまうことが多いよな。
「全員」を「全買」と書いてしまったり、「争訟」を「争訴」と書いてしまったり。

371 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 11:44:30 ID:???
民訴5,6回の受講生の参考答案p12の採点者コメント正しい?

「〜される(○○主義)。」のように書くのは、
書き手も読み手も見やすいので、むしろ良いと思うのだが、文句ついてる。
そんな話は聞いたことない。

372 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 12:26:47 ID:???
手元にないからわからん・・・どんなの?

373 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 13:35:28 ID:???
6−1小問2では起訴後の逮捕勾留と当事者主義との関係は問題にならないのでしょうか?

374 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 14:39:09 ID:???
>>373
「当事者主義との関係」って何?漠然としすぎてわからないんだけど

375 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 15:56:37 ID:JBuy0Qcx
公訴提起後の捜査が当事者対等原則を害しないかという論点がありますでしょ

376 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 16:12:21 ID:???
起訴後逮捕勾留の可否の論点は通常、起訴前に逮捕勾留がなされなかった場合
(=一罪一逮捕勾留が問題にならない場合)を想定してる
この論点自体否定説で争いないところだし
起訴前逮捕勾留があった場合には一罪一逮捕勾留の話をすれば足りるのかな?

377 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 16:12:43 ID:???
そうだけど遠すぎますよなんか

理由付けでわずか使う程度かねと

378 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 12:49:08 ID:???
>>368と同じことを思った。
なんだかなぁ・・・

379 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 14:04:43 ID:???
>>368、378
いや、わざわざ「併合審理」って書いてあるからこそ
分離を論じなきゃならないんだと思うぞ。
おれはむしろ分離の話は必須だと思ったな。


380 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:34:00 ID:???
ってか論点つめこみすぎな感じはあるよね。
前半で全然違うこと聞いてるのに、後半では併合尋問、分離尋問、併合被告人質問、
さらに検面調書の処理って多すぎると思う。

381 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 23:53:35 ID:???
>>380
たしかに。本試験であの問題だったら検面のあてはめする時間
ないもん
だけど本番は必ず配点があるはずだろうからな

382 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 03:02:43 ID:???
6-1の合格者答案・若手答案ともにひどいと思うぞ
特に本番ではかなり厳しい評価がつくんじゃないか
どこがひどいかはまた明日

383 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 05:28:36 ID:???
ベテ答案と若手答案は同じ人が書いているのがバレバレだね。
そっくりそのまま同じ内容のが出てくることが多い。
間違え方まで一緒だもんw
ひどいときは、ベテ答案を雑にしただけのものが若手答案として、
あるいは若手答案を冗長にしただけのものがベテ答案として
出てくることもある。

今までもこんな感じだったの?
それとも、旧試が落ち目で、いよいよ本格的な人手不足?


384 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 13:42:39 ID:???
若手に1時間で答案書かせる
→それなりのときはそのまま載せる
→間違えてる箇所があるときは、その部分はベテ答案からコピペ
→全く使いものにならないときは全文不採用、かわりにベテ答案をはしょったのを載せる

こういう感じじゃないかと憶測


385 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 13:49:01 ID:???
>>382
別に間違ってるところはないと思うけど。もう少し論じ方を工夫してもいいとは思うけど、
内容としてはおおむね適切でないの?ってか判例とか解説とかそのまんまだが。

普通に合格レベルだと思う。俺なら26点くらいあげる。

386 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 23:58:57 ID:???
バトルの予感!

387 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 00:02:35 ID:???
>>383
どこが間違ってるか指摘してくれ!
勉強させてもらうから。
科目・回数・第何問のどの部分かを。

388 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 02:27:09 ID:???
>>387
 結構前のもので悪いが、まず、商法第8回第1問。
一番ひどかったのはこれ。もはや書き直しが必要なレベル。
これはさんざん既出なので、戻って見てくれ(>>134以下参照)。
皆、ほぼ同意見だろう。

 あと、刑訴の第2回第2問。
まず、問いに答えようという気があるなら、規則の摘示は必須でしょ。
というか、「捜査機関が」令状を「請求」する段階において「請求書」の記載を問題にしているのに、
なんで「裁判官によって発布」される「令状の」記載内容に話が進んでいるのかね。
まあ、「つなぎ」とか「導入」の書き方を工夫すれば、Gは免れると思うけど。
 参考答案もほぼ全滅。
 ミニマム答案だけだね、かろうじて規則に触れられているのは。
他の答案と違って、間違った方向に突っ走ろうとしていない点
(視点がややぼやけているけど、賢く誤魔化しているようでもある)も評価できる。
それにしても、採点者が「200条2項、64条2項」のとこだけに「good!」とコメントし、
規則142条2項の方には見向きもしてないのにはワロタw

 まだ、浅くしか復習していないので、ざっとこんなところ。
一見して間違いだと分かるレベルだよ、これは。
ただ、批判用の素材としては勉強になる。
他の回も、もう少しよく見れば、間違いが見つかるかも。

389 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 02:29:33 ID:???
>>385

刑訴6−1 模範答案
36行目以降

>そこで、@新証拠や逃亡・罪証隠滅のおそれ等の新事情の出現により再捜査の必要があり、
>A犯罪の重大性その他の諸般の事情から、被疑者の利益と対比してもやむを得ない場合であって、
>B逮捕の不当な蒸し返しといえないときであることに加え、
>C重大事件で緊急やむを得ない高度の必要性がある等極限的な場合に限り、
>例外的に再逮捕・再勾留が認められると解する。

@ABに「加え」Cじゃないだろう。
おそらく、田宮本が逮捕引致後釈放時の一般的な要件として@ABをあげた後、
勾留期間経過後再逮捕の特殊性としてCをあげているのを誤解したもの。
この誤解のため当てはめでACと同じことの繰り返しになっている。
本答案ではCの当てはめだけで結論を出しているに等しい。

正しくは、勾留期間経過という特殊事情が@ABに反映され
再捜査の「高度の」必要性、犯罪の「極度の重要性」と@ABの各要件が
厳格に修正される、ということ。

390 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 02:31:10 ID:???
Bの当てはめもおかしい。
>Bこのような場合であれば、逮捕の不当な蒸し返しとはいえない。
Bが要件として機能していないため、当てはめになっていない。
Bは独立の要件ではなく、
「再逮捕が許される場合=逮捕の不当な蒸し返しといえない場合」と言い換えているに過ぎない。
「逮捕の不当な蒸し返しといえない場合」に当たるどうかのメルクマールとして
@Aの必要性、重大性といったファクターが登場する。
このことは百選解説(裁判官執筆)にも指摘されているが
読まなくったって実際にで当てはめをやってみれば自分でも気付くはず。
田宮・三井が要件としてあげているから、というかもしれないが
彼らが問題を解くとして解答例のような当てはめをするはずがないし
そもそも独立の要件としてあげる趣旨だったのかも疑わしい。

391 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 02:33:36 ID:???
上に関連して、某試験委員経験者いわく、刑法の学内試験で不作為犯を出す度
学生の解答が不作為の構成要件として判でおしたように
@作為義務の存在、A作為の容易性、B作為との同価値性
の3要件をあげることが採点会議で毎回議論になるそうだ。
「不作為の構成要件該当性=作為との同価値性」であって、
同価値性のファクターとして何をあげるかを各説ごちゃごちゃ議論しているのに、
「B本件では作為との同価値性も認められる」との当てはめはないだろう、
なにも考えず予備校教材を暗記していることの証左で、極めて印象が悪い、と。
ある委員など、司法の論文で不作為犯出して、「B同価値性」なんて書いた奴は
片っ端から落としてやろうと何年も前から息巻いているとか。

若手合格者答案にもかなり問題がある(あてはめがハチャメチャ)が
この点については気が向いたらまた後ほど。

392 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 02:59:37 ID:???
> 「不作為の構成要件該当性=作為との同価値性」であって、
> 同価値性のファクターとして何をあげるかを各説ごちゃごちゃ議論しているのに、
> 「B本件では作為との同価値性も認められる」との当てはめはないだろう、
> なにも考えず予備校教材を暗記していることの証左で、極めて印象が悪い、と。
> ある委員など、司法の論文で不作為犯出して、「B同価値性」なんて書いた奴は
> 片っ端から落としてやろうと何年も前から息巻いているとか。

お前頭悪いだろ・・
言ってることめちゃくちゃだぞ

393 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 03:04:40 ID:???
@Aと並列してBを書いてるのがおかしいってことね

>>392
いいたいことあんならどこがどうめちゃくちゃか書きなさいって

394 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 03:09:04 ID:???
自分で書いておいて気づいていないのか?
救いがたいアホだなw

395 :392:2006/12/23(土) 03:10:44 ID:???
構成要件該当性じゃなくて実行行為性かw

396 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 03:15:38 ID:???
・・・。

397 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 03:16:02 ID:???
>>389
 あの論点部分は、どっちの答案例もいまいちスッキリしないよね。
ただ、確かに、答案例はいずれも、個別論点の論証のコピペとして
不正確な部分はあったかもしれないが、大枠として崩れはないと思う。
あの手の論点に関しては、複雑なコピペに執着し突っ込んでいくよりも、
もう少し汎用性のある簡易な規範を自分なりに立てて、
その規範にキッチリあてはめできれば十分だろう。
私は、どうせあんなに覚えられないし書けないから、ということで、無視した。
基本的に、規範の定立は人それぞれでいいと思う。
 そういえば、会社法において、事業譲渡の定義で、判例のと比べて
要件が1個抜けているのもあったね。
でも、「(判例に同旨)」とか書かない限り、絶対的な間違いというわけでもない。
まあ、さすがにこういう定番のものは、落とすと差をつけられるから、
一字一句覚えるべきだけどw

398 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 03:30:35 ID:???
>>397
>基本的に、規範の定立は人それぞれでいいと思う。
そのとおり。
規範があってる間違ってるを指摘してるんじゃなくて
当てはめ不能の規範を立ててエイヤと力技で
当てはめた振りをする姿勢が非常に印象悪いかと。
判例みたいに複数の要素あげてって最後はどんぶりで勘定するのが一番使い勝手いい。

399 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 03:31:19 ID:???
「同価値性」は、実行行為性を「基礎付ける一要素」である危険性の問題でしかなく、実行行為性そのものではない。
おそらく「危険性において同価値であること」という書き方をすれば文句は言われないだろう。

400 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 03:37:28 ID:???
>判例みたいに複数の要素あげてって最後はどんぶりで勘定するのが一番使い勝手いい。

「・・・等、諸般の事情に照らして総合衡量」って奴か。
確かに、ああいうのは間違いがない点で安全パイだ。

401 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 11:06:14 ID:???
>>397に基本的に同意。
そういうミス(?)をさしおいても、全体としてまとまってるから、
本試験ではAかBくらいは問題なくつく。

完全解に近いものを提示すべき模範答案としては失格だが、
それでも本試験ではそれなりの好評価がつくはず。
本試験は基本的にちょっとくらいのミスうんぬんよりも、必要な要素に触れているか等を
評価しているケースが多いだろうから。

402 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 17:21:24 ID:???
ハヒロ先生はインタープリターをインタープリンター言ってましたね
しかも受講生に間違いだと気づかれたと思い動揺してた様子
それ以降インターxxxのところは読まなかった

403 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 18:12:14 ID:???
馬鹿なコンプレックス持ちですからーw

404 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 22:31:39 ID:???
ハヒロの解説って解かりにくい。
いきなり「はい、書いて!」「はい、見て!」とか言うもんだから戸惑うよ。
何を書けっていうんだよ!?何を見ろというんだよ!?
時々対象を明らかにしても、書く価値のないもの、見る価値のないものだったり。
聞いてて白ける。

405 :氏名黙秘:2006/12/25(月) 00:42:19 ID:???
>>404
間違った勉強をしてる9割の受験生、乙

というのはさておき、生受講してないで、ビデオにしたらどう?
先生のユニークなヘアスタイルをぼけっと凝視したり、
どうでもいい問題の解説では、聞きながら別の勉強してるよ。

新合格者のシーズンなのに、今期は羽広で非常によかった。

406 :氏名黙秘:2006/12/25(月) 11:22:33 ID:???
>>404
バカになに過大な期待してんだかw

407 :氏名黙秘:2006/12/25(月) 18:45:38 ID:???
>>404には両陣営いずれからも批判がなされているようだ。

408 :氏名黙秘:2006/12/25(月) 23:22:48 ID:???
受験生全般からの羽広の評価ってどうなの?
俺は、自分には合わないと思った。
Wの講師って、みんな個性が薄いよね。

409 :氏名黙秘:2006/12/25(月) 23:24:23 ID:???
講師を比較すると、I>T>L>Wだな。

410 :氏名黙秘:2006/12/25(月) 23:48:57 ID:???
昔からやってる講師は概してレベルが低い
出来る人は実務で引っ張りだこだから当たり前か

シヴァタみたいな受験バカは羽広みたいなリアルバカばかり
例外が秀才魔骨や辰巳の連中

411 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 00:01:38 ID:???
最近羽広くるってきてない?


412 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 00:06:06 ID:???
それ位で丁度いいのかもね。

413 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 16:40:04 ID:???
俺は羽広のいうとおり論証グルグル答案グルグルやめて
予習は百選・定義暗記・判例六法だけ、
現場では条文をマメに引用することと
事実を丁寧に摘示して評価した上条文の文言に照らし合わせることだけに
専念したら初めてavg.50超えるようになった
暗記に頼らない分23以下の大外しをしなくなったのが大きい
その分典型問題での大当たりはなくなったけど。
本試験で評価されるかどうかは???

414 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 16:57:47 ID:???
自分では何も出来ないくせに、羽広先生を貶している馬鹿がうじゃうじゃ
沸いてきたなあ。ライバル講師かな。アホ受験生かな。辰巳・伊藤塾の工作員
かな。いや、LECかな。 
よく分からんが、不安が極大化してるのは分かるが、八つ当たりは見苦しいぞ。
羽広のいいところだけを取り入れていけばイイだけだろ! 
何もないなんていうのは無しだぜ。絶対あるはずだ。

415 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 16:59:25 ID:???
論証覚えないと、論証部分をいちいち考えないといけないから、時間がなくなる。
もちろん、定義・趣旨・条文検索で時間を食っている俺は、その点でもまだまだ未熟だけど。

416 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 17:06:29 ID:???
>羽広のいいところだけを取り入れていけばイイだけだろ! 
>何もないなんていうのは無しだぜ。絶対あるはずだ。

「はず」ということは、何一つ明確に摘示できないということでしょ?
この場合、「何もない」という推定が妥当なところだろう。
そもそも、あるかどうか怪しいものを無理に見つけようなんて思わない。
むしろ、良いということが分かりきっている講師を真っ先に選択する方が、
リスク管理・労力節約という意味で合理的かつ効率的。

417 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 17:11:11 ID:???
>>416
「良いということが分かりきっている講師を真っ先に選択する方が、
リスク管理・労力節約という意味で合理的かつ効率的。」

そういう講師、誰がいるか、教えてくれ。

418 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 17:22:04 ID:???
>>417
他にもいるけど、「特に」良い講師だけ挙げると、
マコツ、呉、カトシン、貞友、ゴーシ、河村(聡)あたり。

419 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 17:36:39 ID:???
>>418
ほぼ同意。中でも呉・河村は秀逸。
マコツも基幹講座を入門として取り下地を作るには最適だった。
伊藤塾と辰巳はいい講師がいるだけでなく、大きなハズレがないというのが大きい。

420 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 17:37:02 ID:???
教材の質も、建物に例えると、
LEC、伊藤塾 →ハイテク工法
辰巳 →職人の仕事
Wセミナー →プレハブ

421 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 19:17:50 ID:???
>>420
その例え上手いなw

セミナーはしょせん教えたがり弁護士の寺子屋を抜け出していないからなぁ

422 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 19:29:58 ID:???
お前ら受験評論家
いつまでも予備校談義してないで、
勉強した方がいいぞ。


423 :氏名黙秘:2006/12/26(火) 20:14:39 ID:???
羽広信者が不安になった土佐

424 :リストラ要員 ◆XSSH/ryx32 :2006/12/26(火) 23:05:20 ID:???
おまいらも俺みたいにヨンパ落ちて働く羽目になるなよ。

425 :氏名黙秘:2006/12/27(水) 00:25:38 ID:???
>>421
講師→伊藤塾・辰已
受付嬢→辰巳
資料配布の手際の良さ→辰巳
書籍の安売→セミナー
講義・答練の教材→伊藤塾・辰已
市販の基礎テキスト→伊藤塾(シケタイ)・LEC(C-BOOK)
論文過去問集→セミナー(スタン)
択一関連書籍→辰巳

セミナーで抜きん出てるのは、購買部だけって感じがする。
購買部でスタン買っておしまいw

426 :氏名黙秘:2006/12/27(水) 09:38:33 ID:???
ここでキャンキャン吼えてる奴らは、
講座と講師と教材にはやたらと詳しいな。
講座遍歴が凄まじいことが伺えるな。
それだけ受講しまくって、まだ合格できない受験屋が
言うことは信頼できないな。



427 :氏名黙秘:2006/12/27(水) 12:58:38 ID:???
まあ、あれだ。
勉強するってことだ!

428 :氏名黙秘:2007/01/01(月) 01:42:14 ID:???
山口先生という女性の講師は成川ゼミの出身者なんですね。

成川ゼミの関係で仕事もらえるんですかね

429 :氏名黙秘:2007/01/01(月) 11:49:56 ID:???
「本試験願書取り寄せサービス」ってそろそろ?
忘れそうでこわい。

http://www.w-seminar.co.jp/topics/gansho.html

430 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 02:26:21 ID:???
>>428
成川ゼミは
論理だけで択一憲法19点取るってやつか?

431 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 19:32:38 ID:???
今日本校にいってみたら、ライブ解説のある日は40人、それ以外の日は2〜8人
程度の出席らしいじゃないか。もっと過疎ってるのかと思ったら、貶しつつも
結構ワセミを選んでる人多いんだな。
でも値段なら回数同じで辰巳のローラーの方が安いのにね。
こっちは本校で10人くらいだって。ワセミの方が判例や学者の関心をよく調べて
いるからかな。
まあ直前答練はみんな両方受けるんだろうけど。



432 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 19:34:23 ID:???
今さら…

>>402
「インタープリンター」より、「起訴後3か月が経過した」ということの
「事案の把握・分析」が間違ってる方が重大じゃないかな?

テープ録音してるわけでないから、検証できないけど、
休み時間あけの混乱した訂正部分は蛇足と思った。

433 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 20:39:54 ID:???
たしかになんでセミナーの答練選んだのかいまだに動機が思い出せない・・・。
理性的に考えれば辰巳だったはずなのに。これが後悔という感情のことなのか。

434 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 22:47:03 ID:???
>>431
去年ローラー取ったので今年はセミナーにした。
I→T→Wという流れで、今年初めて論文講座とったけど、
分量的にも内容的にもTの方が優れていたよ。資料配布の手際もよかった。
でも、同じところをリピートすると、そこのクセに慣れてしまって良くないので、
内容には不満を残しつつも、この選択自体後悔していない。

435 :氏名黙秘:2007/01/03(水) 02:30:04 ID:???
優秀者として名前が出ると快感だからセミナにした

436 :氏名黙秘:2007/01/03(水) 08:07:04 ID:???
ハーフコースとか意味ないよね。値段も大して安くないし、問題だけ集めても意味ない。
添削を受けたくて答練うけるのに。
直前答練なら掛け持ちするけど。

437 :氏名黙秘:2007/01/03(水) 22:16:45 ID:???
>>436
単純に金がない人はハーフでとる。

438 :氏名黙秘:2007/01/03(水) 22:35:39 ID:???
いや、週1でいいが、日練と比較すると、セミナーでいいって結論になった。

439 :氏名黙秘:2007/01/03(水) 22:46:16 ID:???
>>436
そう、値段が高いからこそハーフにしましたよ。それも科目別に申し込むつもり。
いつでもよそに切り替えられるようにね。週1でもいいから、毎週緊張感をもって
書く練習をしたいんですよ。でも、セミナーの答案練習会、本当に高いよね。

440 :氏名黙秘:2007/01/04(木) 04:58:39 ID:???
年明けから、ハーフで六法まわすのもありじゃない?
下三法は外答案にして、上三法はライブで結局週二通だし。
択一と並行だと効率わるいかな。

441 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 01:24:46 ID:???
>>440
お金がなければ、下三法は受検新報の誌上答練でもいいかもよ。

442 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 01:26:55 ID:???
>>441
おお、あれ、結構いいんだよな!
知る人ぞ知る。
出題テーマも結構的中してると聞いた。

443 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 22:12:19 ID:???
憲法開始age

444 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 22:37:57 ID:???
345 :一般に公正妥当と認められた名無しさん :2007/01/07(日) 11:08:54 ID:???
329 :一般に公正妥当と認められた名無しさん :2007/01/05(金) 14:05:23 ID:???
とりあえずエリート会計士受験生な漏れ。
あとは誰だい?


はぁ?会計士受験生がエリート!?
馬鹿かこいつはwニートのどごがエリートだよwww
戯言は寝て言えwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


346 :一般に公正妥当と認められた名無しさん :2007/01/07(日) 11:12:43 ID:???
>>329
お前面白い!お笑いのセンスあるよw
だから名前と顔さらしてくれwww



445 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 22:47:17 ID:???
序列ネタで騒いでるアホは魔骨の講義を一度聴け

446 :氏名黙秘:2007/01/09(火) 22:20:02 ID:???
憲法から参戦だが、
個人情報承諾書って何を承諾すんの?
こわいからまだ申し出てない;

447 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 00:59:24 ID:???
>>446
上位者ランキングとかに名前を載せていいか等の意思確認みたいなもんだったと思う。
漏れは全部「承諾しない」にしておいた。

448 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 02:59:45 ID:???
>>446
参考答案とか上位者として名前が公表されることがある、というだけ。
個人情報保護法の影響でこれくらいのことでもわざわざ承諾が必要になった。
未解答者については不同意として扱われる。

承諾をとるのが面倒なせいで、他の予備校では優秀者の名前も公表しなくなったりしてる。

449 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 18:40:14 ID:???
論文講座受けたら、択一模試ただで受けれるみたいだけど、いつのうけれるのかな?

450 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 22:06:04 ID:???
>>449
前後期の人は全択両方、後期のみの人は全択のどっちか1回。パンフ嫁。

451 :446:2007/01/11(木) 00:47:45 ID:???
>>447、448
ありがd
出さないことにする

452 :氏名黙秘:2007/01/11(木) 01:21:50 ID:???
憲法1回目第1問の若手答案、おかしくないか?

1 若手答案では、プライバシー権の内容を自己情報コントロール権という前提をとっている。
2 それなのに、プライバシー侵害か否かを検討する段階では、等価値的利益衡量をすると
  宣言している。
3 プライバシー権が侵害されたかどうかは、コントロール権が害されたかどうかってことになるのではないのか
4 しかも、あてはめでは、「公開を欲しない事実」なんて表現している。
 「公開を欲しない事実であるから、コントロールしておきたい」っていうのなら分かるが・・・・・

こんな疑問を持つのは俺だけか。

453 :449:2007/01/11(木) 01:28:11 ID:???
>>450
 ありやす!

454 :氏名黙秘:2007/01/11(木) 03:28:42 ID:???
>>452
今回、全般的におかしいよ。あんまり気にしないほうが良い。
よくあること。

「私人たるAに対してプライバシー権を主張することができるか。
〜私人間効力が問題となる。」わけないだろ。

455 :氏名黙秘:2007/01/11(木) 13:41:48 ID:???
二問目の模範答案はいったいどうなのよ?

456 :氏名黙秘:2007/01/11(木) 21:45:16 ID:???
憲法は初学者ですが、
事前抑制というのは、すでに発表された表現物を単行本化するのを差し止めるのも含むのですか?

仮に問題が「単行本として出版済み、これから文庫本化の予定」だったとすると、文庫本化を差し止めるのも事前抑制にあたりますか??

457 :氏名黙秘:2007/01/11(木) 22:03:43 ID:???
>>456
んー・・微妙なとこだけど、なるって考えられるんでないの?
もっとも、事前抑制の意味や検閲概念には学説に大きな対立があるから、
どの説を採るかによって異なりうるが。

458 :氏名黙秘:2007/01/12(金) 00:52:46 ID:???
>>456
「小説の出版がされれば、小説を読む者が新たに加わる」ところ、
それらの者にとって、
「表現物に表された思想内容等に接する機会を奪われ」るから
「表現の事前規制たる側面を有することを否定することはできない。」

459 :氏名黙秘:2007/01/12(金) 10:13:46 ID:???
>>454
意味が分からないんだが・・・。
たしかに、戸波教授などは、プライバシー権を私人に主張する場合には
私人間効力を問題にする必要はなく、憲法を直接適用してよいって考えだけど。
通常は、私人間効力を介在させるんじゃないのか?

それとも、もっと別の意味があるのか?

460 :氏名黙秘:2007/01/12(金) 22:09:14 ID:???
>>459
同じく。>>454の言ってることの意味がよく分からない。
普通に私人対私人の関係だから、私人間効力でいいんじゃないかね。

もしかして、>>454は、「損害賠償」というのを見て、いきなり、
「民法709条の不法行為が成立するか」というところから
入ってしまったのかな?
だとしたら、「憲法上の」問題点が問われている点に注意ね。

461 :氏名黙秘:2007/01/14(日) 02:55:40 ID:???
憲法2-2、Bは規定自体の違憲を主張してるんだから
勤続35年やらのB固有の事情を前面に出して判断しちゃいかんでしょう。
せいぜい「例えば本問で○○という不都合が起こるように、
期間の長短の別なく一律に不支給とするのは○○」
ってな形で一般論導くための例示に使うに留めるべきでは?
解答例はどちらも適用違憲論じてるように見える。

462 :氏名黙秘:2007/01/14(日) 03:04:51 ID:???
>>461
犯罪(量刑)の軽重を問わずに、一律に不支給にしている点は、
どのように評価した?

463 :氏名黙秘:2007/01/14(日) 03:46:43 ID:???
>>461 
   たしかにね。答案例は、「一律に失職させる規定は・・に反する」と書いており、法令の違憲性を論じている(としか取れない)のに、
  B固有の事情を持ってあてはめを行っている。答案例の立場では、法令の違憲性を論じれば結論が出るはずであり、あえてあてはめ
  らしきことを書く必要はないはず。
   ただ、「規定の違憲性を主張する」場合であっても、結論を適用違憲にすることはokだと思う。
  その場合は、適用違憲であることを明確に示すような論述をすべきだ。この答案は、規範部分と
  あてはめとが滅茶苦茶だ。



464 :氏名黙秘:2007/01/15(月) 16:52:33 ID:???
http://www.w-seminar.co.jp/shihou/college/

ここで過去問添削受けれるんだね。
手書きより効率が良いと思うんだがどうかな?

465 :氏名黙秘:2007/01/15(月) 17:02:06 ID:???
答練受けない場合、
@セミナーのインターネット添削
A受験新報の添削
がある

しかし、@は、過去問に限定されている点が短所
    Aは、学者の趣味的な問題も多い

過去問は何度書いてもいいっていうから、@とAを併用するのがよい。
漏れの知り合いで、それで旧試に合格した奴がいる。

466 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 00:38:45 ID:???
憲法第四回第一問が何か非常に難しく感じました。
俺だけですか?
第二問はかなり典型的なんで、ときやすかったですが。

467 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 02:34:16 ID:???
>>461
>>463
こういうミスって基本構造についての誤解と判断されて
本試験で即死原因にならないのかな?

468 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 02:36:39 ID:???
>>467
どういう基本構造についての誤解なの?

469 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 02:59:43 ID:???
まあ、今日はこれくらいにしといてやる。

470 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 08:44:32 ID:???
>>465
シンホウ、おれも受講したよ
でもあれ郵送料が馬鹿にならないから
意外と高くつくよ

471 :氏名黙秘:2007/01/17(水) 18:06:30 ID:???
なんか、上三法になって採点が辛目になってないか?

472 :氏名黙秘:2007/01/17(水) 21:46:06 ID:???
そりゃア、下3科目に比べて、相対的にレベルアップするだろ。
択一もあるんだから、皆そこそこ書けているんだよ。

473 :氏名黙秘:2007/01/18(木) 02:09:43 ID:???
答練の憲法人権で28点答案を狙う奴はどこか方向性がずれている
ベタベタの事例で規範コピペにコテコテのあてはめやったところで
まったく本番にむけた練習にならない
80分で25点ミニマム答案2通書く訓練したほうがよっぽど有益

474 :氏名黙秘:2007/01/18(木) 11:47:04 ID:???
>>473
いきなり何の話?

475 :氏名黙秘:2007/01/18(木) 12:06:45 ID:???
いくら時間があっても28点答案を書く理解をしていない奴が、
本番であまりに薄っぺらい答案しか書けずに低評価されるんだがな

476 :氏名黙秘:2007/01/18(木) 12:11:36 ID:???
>>475
言いたいことは、おおよそ分かるが、
きちんとした日本語で書け。

>>473
「べたべたの事例」なら、28点を目指すのが当然だろ。
ひねりが入った難問なら、話は別になるが・・・


477 :氏名黙秘:2007/01/18(木) 12:15:12 ID:???
まぁそういきり立つな

478 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 02:00:50 ID:???
28点はともかく、80分でミニマム答案を2通書く練習をすることの方が
方向性がずれているのはガチだと思う。
それこそ本番にむけた練習になってない。
短い時間でも書けるようになっとくと便利、とかいうつもりなのかもしれないが、
普通に60分で処理できるように練習した方がよっぽど本番のためになると思われ。
80分で2通なんて極端に本試験と異なる状況で練習すると、かえって感覚をくずすのがオチ。

479 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 02:19:39 ID:???
両極端な奴しかいないな

480 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 02:26:27 ID:???
論点見え見え過ぎて論証吐き出しの訓練にしかならない

481 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 12:00:32 ID:???
>>480
最近は本試験もそういう問題多いからある意味いい練習になるかもね。
去年の統治も、何かひねりがあるかと思ったら出題趣旨や再現者の成績見る限り、
普通に予備校答案はりつけるだけでA評価を取れる問題だった。
商法、刑訴が典型ばっかりなのはいつものことだし。
ひねりがどうこう以前に、典型的な問題で基本的な知識や考え方が身についてるかを
試す傾向にある気がする。

482 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 17:11:35 ID:???
>>480
そういうお前に聞きたい。
憲法1−@について、上の>>452,
憲法2−Aについて、上の>>463
の指摘について考えを聞かせて欲しい。

憲法4−@の勧告的意見の合憲性について
どういうことを書いたのか示して欲しい。


483 :氏名黙秘:2007/01/19(金) 17:19:34 ID:???
憲法2−1みたいのが本試験で出た場合、やっぱり25条だけでなく14条も論じなきゃダメなのかな?

484 :氏名黙秘:2007/01/20(土) 01:11:38 ID:???
>>483
社会権侵害が争点となる事件では、必ずといっていいほど、
14条違反も上告理由にあげられている。百選の事案を読んでみると
そのことがよく分かる。

485 :氏名黙秘:2007/01/20(土) 01:22:20 ID:???
>>484
いや、それは知ってるよ。
百選の解説で14条と25条の関係の話が書いてあるのも知ってる。
ただ、25条と14条とで結局同じように処理する場合(堀木訴訟判決みたく)には、
あえて両方書く意味がないと思うんだよね。
25条と14条で基準変えるとかなら別だろうけど、たとえば25条で厳格な合理性の基準つかったら
もう14条は論じなくてもいいんじゃないかな、とか思う。
あと、本試験では2つ以上の人権が問題になるときに両方に触れる方がいいのか、
それと一番問題になる1つに絞って論じるのがいいのかがわからないから、どうなのかなって。

486 :氏名黙秘:2007/01/20(土) 01:36:53 ID:???
>>485
若手答案は、そのへんのことを意識したのか、
一方で合憲とし、他方で違憲という結論になってるな。
でも、こうやって無理に違いを出そうとして不整合を起こすと、
スペシャルGの可能性もあるよな。

487 :氏名黙秘:2007/01/20(土) 02:52:58 ID:???
>>485
僕は両方書くようにしていますね。「様々な視点から検討する」という
ことになるからね。平成5年の論文問題の第2問の問題文なんかみると、
特にそう思うね。

488 :氏名黙秘:2007/01/20(土) 12:38:35 ID:???
>>486
あの若手答案はかなり危険と思った。

149 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)