5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

判例で書きたい基本書・問題集

1 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:27:00 ID:???
ローでは教授による学説漬け。
いつのまにか、周りは内田信者へ。
判例マンセーすると、判例主義者と迫害され。
でも、先生、判例で書きたいんです。

そんな感じで、判例に見解に親和的な基本書・問題集を語らないか。

一応候補

基本書
【憲法】伊藤正己『憲法』
【民法】川井健『民法概論』
【刑法】講義案
【民訴】講義案
【刑訴】池田・前田
【会社】不在

問題集

判例で書くシリーズ

2 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:30:13 ID:???
学説なんて判例の前には無力だろ。判例を塗り替えたいのも分かるが、現実では判例が通用
してんだから教授は自分の学説ばっか押し付けんな。負担が増えるんだよ。

3 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:30:37 ID:???
2get

憲法は、やはり、判例だけではまずいと思う。
ただ、公法系大問1小問3みたいな問題は、判例の立場で書いたほうがいいのかな。

4 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:31:46 ID:???
憲法は政治的

5 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:32:56 ID:???
所詮は憲法は裸の王様だからな

6 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:33:41 ID:???
良スレの予感

ローは学者のオナヌーが多すぎ
債務不履行は無過失責任だか、何かって熱弁して講義終わったし

7 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:37:22 ID:???
>>3
このスレではあえて憲法も判例で行く方向でいいんじゃまいか
どこに行きつくかはわからんけど

憲法の判例理解には香城敏麿の『香城敏麿著作集1』と 園部逸夫の『最高裁判所十年 私の見たこと考えたこと』が有益
両方元判事

8 :1:2006/11/06(月) 19:41:51 ID:???
>>7
仮テンプレに加えます。
著作集ってタイトルみると基本書ではない感じですね。
参考書にまとめた方がいいのかな。

基本書
【憲法】伊藤正己『憲法』   (参考書)香城敏麿『香城敏麿著作集1』 園部逸夫『最高裁判所十年 私の見たこと考えたこと』
【民法】川井健『民法概論』
【刑法】講義案
【民訴】講義案
【刑訴】池田・前田
【会社】不在

問題集

判例で書くシリーズ

9 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:42:18 ID:???
用なし>両方元判事

10 :1:2006/11/06(月) 19:43:57 ID:???
>>9
憲法で元判事の意見は貴重だろ

11 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:44:57 ID:???
民訴 伊藤眞

かな。

ところで、肝心の行政法が挙がってないな。

行政法 判例百選 ケースブック(の見出し部分)

12 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:52:05 ID:???
とりあえず追加
元実務家や実務経験者等の著作をまとめていく感じでいいのかな。

基本書
【憲法】伊藤正己『憲法』   
    (参考書)香城敏麿『香城敏麿著作集1』 園部逸夫『最高裁判所十年 私の見たこと考えたこと』
【民法】川井健『民法概論』
【刑法】総研『刑法総論講義案』
【民訴】総研『民事訴訟法講義案』 伊藤眞『民事訴訟法』(判例の見解を支持するとこが多い)
【刑訴】池田・前田『刑事訴訟法講義』
【会社】不在
【行政法】判例百選(基本書かな?) ケースブック(見出し) 藤田宙靖『行政法入門』

問題集

判例で書くシリーズ


13 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:53:17 ID:???
【手形】
も頼む。

14 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 19:58:08 ID:???
手形法小切手法追加

基本書
【憲法】伊藤正己『憲法』   
    (参考書)香城敏麿『香城敏麿著作集1』 園部逸夫『最高裁判所十年 私の見たこと考えたこと』
【民法】川井健『民法概論』
【刑法】総研『刑法総論講義案』
【民訴】総研『民事訴訟法講義案』 伊藤眞『民事訴訟法』(判例の見解を支持するとこが多い)
【刑訴】池田・前田『刑事訴訟法講義』
【会社】不在
【手形】総研『手形法小切手法講義案』 坂井芳雄『手形・小切手法の理解』(元判事、判例と異なる見解も?)
【行政法】判例百選(基本書かな?) ケースブック(見出し) 藤田宙靖『行政法入門』

15 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:01:22 ID:???
判例ってどうやって覚えるんだよ

世界史と違って頭に入らない

16 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:02:55 ID:???
覚えるんじゃない、感じるんだ

とりあえず、判例漫画本読んでみるとイメージついていいかもよ
真面目に。

17 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:04:17 ID:???
え、ていうかローでは判例ばっかだよ
学説よりとにかく判例

そんな毎日

18 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:06:56 ID:???
>>16
でも感じるだけじゃ理解は出来ても論文書くとき規範が正確に出てこないだろ

19 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:07:30 ID:???
判例を読まされることは多いんだけど
解説する教授が急にオナニー始めることがあったりなかったり

20 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:08:37 ID:???
オナニーしても受講者数減らないシステムだからどうしようもない

21 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:08:57 ID:???
学年共通だからやるべきことはきっちり教授同士で練ってるけど
授業は糞っていう感じの上位ロー

っていうかどこも同じか

22 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:10:53 ID:???
判例集も追加しないか
最近百選の他にも結構出てるし。

23 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:27:35 ID:???
100選で充分だろ

ちゃんと100個つぶしてる奴とか見たことねーよ

24 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:34:03 ID:???
で、判例ってどうやって覚えるの

25 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:40:41 ID:???
判例で書きたい基本書で伊藤眞とかありえない
旧訴訟物理論ってだけで個々の論点では異説も多いじゃん
その程度でいいなら会社法なんて神田だろうが弥永だろうがOKだよ

26 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:45:18 ID:???
俺は高橋重点講義大好きッ子だけどお勧めはしない

LS民訴解くときに、該当範囲の基本書は一通り全部読んだが
普通に基本書として読むなら伊藤眞がいいと思う
網羅的だし文章としてもとっつきやすい

通読用に俺もそのうち購入する予定
まぁ通読する暇がないんだけどな…

27 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:51:27 ID:???
伊藤眞がどうも読みづらく感じる自分は大学双書を通読用に
参考書としてプロブレムメソッド民事訴訟法
少し古いけど判例で書きたい人には結構オススメ

28 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:57:17 ID:???
伊藤眞の民訴が判例??

ちーとも規範の内容に触れてないじゃねーかw

29 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 20:59:18 ID:???
んだな。眞なら真の方が判例に近いとさえいえよう

30 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 22:25:39 ID:???
刑訴は総研の講義案と平良木の捜査法もよい。
あと新実例も。

31 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 22:52:11 ID:???
>>3
憲法こそ判例だと思うけど、なぜ?

32 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:14:10 ID:???
百選。

33 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:19:38 ID:???
百選より判例講義とか前田250のほうが好きだ。
編集方針があるやつ。

34 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:20:38 ID:???
判例集はどうでもいいが判例ってどうやって覚えこむんだよ

35 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:29:10 ID:???
眞は削除しました。元実務家や実務経験者が書いてる基本書をまとめていく方向で。
あと、新実例、ケイ素講義案、平良木、民事法追加しました。

【憲法】伊藤正己『憲法』   
    (参考書)香城敏麿『香城敏麿著作集1』 園部逸夫『最高裁判所十年 私の見たこと考えたこと』
【民法】川井健『民法概論』
【刑法】総研『刑法総論講義案』
【民訴】総研『民事訴訟法講義案』 
【刑訴】池田・前田『刑事訴訟法講義』 総研『刑事訴訟法講義案』 平良木『捜査法』
【会社】不在
【手形】総研『手形法小切手法講義案』 坂井芳雄『手形・小切手法の理解』(元判事、判例と異なる見解も?)
【行政法】判例百選(基本書かな?) ケースブック(見出し) 藤田宙靖『行政法入門』

問題集・演習書

【民法】『民事法1〜3』
【刑法】『新実例刑法』
【刑訴】『新実例刑事訴訟法1〜3』 『判例で書く』
【民訴】『判例で書く』
【会社】『新・会社法100問』

36 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:36:06 ID:???
>>34
一生懸命読む。

37 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:38:15 ID:???
芦部のLRAの基準とか偉そうなこと言ってるけど判例じゃほとんど採用されてないんだろ。
そんなの新試で堂々と答案書いてもいいもんなんかねえ。

38 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:44:15 ID:???
>>37
それ、結構気になる。
堂々と、LRAとか書いていいもんなのかな。

39 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:52:21 ID:gT20RLC4
>>36
読んだだけじゃ覚えられないだろ

40 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:53:22 ID:???
覚えるつもりで一生懸命読む

41 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:54:24 ID:???
よかった。
読んでるだけじゃ覚えられないのは俺だけじゃなかったんだ。

42 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:55:14 ID:???
LRAは結論先取りなんで、あてはめ勝負では使えないだろ。
中間的な基準で書くべき。

43 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:56:55 ID:???
憲法で、判例がどーやって審査基準選んでるかって
説明した本ってある?

44 :氏名黙秘:2006/11/06(月) 23:58:52 ID:???
>>43
芦部「憲法判例を読む」
園部「最高裁判所十年」

45 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:02:37 ID:???
総研『刑事訴訟法講義案』は池田・前田があれば不要。
結論ばっかで「判例で書く」上ではあまり使えない

46 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:03:31 ID:???
辰巳の柳沢は調査官解説読め、とか言ってたぞ。

47 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:03:38 ID:???
>>44
早!ありがとう。
テンプレにもあるし、園部って人有名なのか。
漏れ知らなかった。

48 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:05:22 ID:???
>>47
経済的自由権の違憲審査基準についての小論が載ってるのでコピーするとよろし
本自体は最高裁裁判官時代の少数意見がメイン


49 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:06:11 ID:???
>>39
何度でも読む。

つーか、読んでも覚えられない奴は、ポイントを押さえないでだらだら読んでるんだろ。

50 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:06:41 ID:???
>>47
えっと・・・・・・・

51 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:09:09 ID:???
アーティクルに載ってた新試験合格者も、
ひたすら百選を読んだとあったぞ。

52 :82:2006/11/07(火) 00:25:26 ID:???
百選よんで合格するなら全員合格するわボケww

53 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:26:28 ID:???
百選が十分条件ではないというだけだろ
>>52は適正がないね

54 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:27:39 ID:???
そんな釣りにひっかかるお前もどうかと思うぞ

55 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:27:46 ID:???
>>45
たしかに、池前のがまとまってていい希ガス
講義案、判例のっけて終わりって感じになっててちょっと使いにくい
特に強制採尿とか捜査の重要論点がなぁ

56 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:37:53 ID:???
それに対して民訴講義案はそれなりに論点の分析もあって使えるな

57 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 00:41:41 ID:???
民祖講義案使えるよな。
何気に概説の方も個人的にはいいと思うんだが。
一つの事例を通して手続き学ぶみたいな構成になってる。
民事裁判入門と用途が被るか。

58 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 01:18:20 ID:???
古い判例百選、重判はしっかり判例分析してる奴があり良いよ
最新版がベストとは限らない

59 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 01:21:39 ID:???
会社法は、葉玉説が将来的には判例になっていくんではないかな。立法者だし。

とかいうことをローで言うと、会社法改正についていけていないロー教授が怒りだすだろうけどなw

60 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 02:07:02 ID:???
>>59
葉玉氏が民事裁判実務をやってないせいか、葉玉説ってなんか、
判例で採用されそうな素直な理論構成とは異質なものだと思う。

61 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 02:13:48 ID:???
でも実務はハダマをとるでしょ。
お上が言ってるんだから、それだけリスクは低いわけだし

62 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 02:28:58 ID:???
裁判になれば必ずしも立案担当者のいうことには縛られないでしょ。
批判が極めて多いから、これからどうなっていくのかは読めない。
でも、葉玉説って結論に関わらない説明方法が独自説なだけのところが多いから、
実務の運用的には葉玉説で別に問題はでてこない気もする。

63 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 02:50:21 ID:???
葉玉説といっても基本的には過去の判例からピックアップしてるんだし
特に問題はなさそう。それに100問はあくまでも過去問をもとにしてるから
実務とかには関係ないところも多い。実務ならやっぱり江頭
基本書:江頭、問題集:葉玉でいいんじゃないかな

64 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 03:51:52 ID:???
葉玉説は、規範とか結論は判例と同じでも、
理由付けが判例と違ってて、説得力を欠くところが多々あるから、
ちょっと注意が必要だと思う。
あえて判例に反対するというより、判例の規範とか結論だけもってきて、
独自に理由付けをしてるのかな?という印象なんだけど。
でもそういうところはやはり判例の理由付けの方が分かりやすいと思う。

65 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 03:57:43 ID:???
葉玉説はなんか技巧的なんだよな
条文が既に技巧的なのにさらにそれを技巧的に解釈する
これでは条文を増やした意味がない
アホ立法であると重う

66 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 04:12:48 ID:???
確かに。
条文も不必要に多いよね。
当然のことまでいちいち書いてあってうっとうしいというか。

67 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 07:39:34 ID:???
会社法基本書はシケタイでいい希ガス。

68 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 12:00:02 ID:???
>>66
素人が読む(ことを期待されてる)法律はその方がいいだろ

69 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 14:24:10 ID:???
会社に関しては
実務判例はやっぱり江頭だよ派VS結局葉玉が実務判例になるよ派
の対立がありそうですね。

個人的には株式会社法読んで100問やるのが無難なのかと思ってるんですが。
それとも千問使った方がいいんですかね。
このスレ的には葉玉なんでしょうが。

70 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 16:43:04 ID:???
59だが、やはり伝統的通説江頭VS.立法者葉玉の論争になってるしw

ロー教授は自分の人生の大半を費やして、旧商法を研究してきたから、今さら、
「株式会社の大半が、現実では、非公開会社です。株式譲渡自由の原則は、現実
社会を考察すると、株式会社の本質的な要請とは考えられません。」とか言われ
ても、パズルのような会社法の条文を見ても、どちらにせよ、拒絶反応が出るん
だろうなw

ロー教授の独りよがりは放っておくとしても、2期の人にとってはもう自説を固め
ないといけないから、深刻だよね。心中お察しします。

71 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 16:52:16 ID:???
非公開株式会社は合同会社に一本化すればよかったのにな

72 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 18:52:33 ID:???
鈴木竹雄系列でもない江頭が伝統的通説とか笑わせるな
江頭の手を離れてから官僚が手を加えた部分以外は両者で
作った会社法なんだから対立構造にもってくのも筋違い
どこの下位ローだよw

73 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 18:57:04 ID:???
>>72
そういうおまえはどこの上位ローなん?

74 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 19:00:49 ID:???
>>71
ハゲ同

75 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 20:22:11 ID:???
葉玉は実務家からの批判も大きいよ。
65のいうように、条文の規定の仕方も解釈の仕方も変に技巧的で、
なんというか、王道からずれてるから、
拒絶反応を起こしてるのは、学者だけではない。

76 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 21:10:23 ID:???
全科目シケタイにすれば判例になるでしょ。l

77 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 22:49:10 ID:???
シケタイは憲法と刑訴があれだからな。

78 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 22:52:37 ID:???
>>68
素人が読んだって分かるわけないし、意味ない。

79 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 23:13:04 ID:???
とりあえず、会社法だけは新法で裁判所の判断が下されないとわかんないって感じだな。

ところで、刑法各論で判例寄りな基本書ってある?
総論総研使ってるんだけど、各論は西田しかないのかな。

80 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 23:16:38 ID:???
>>79
大谷

81 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 23:20:43 ID:???
藤木じゃない?

82 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 23:32:29 ID:???
前田が判例よりだろ。


83 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 23:53:37 ID:???
>>79
国田武二郎って弁護士が書いてて辰巳からでてるやつ。
判例重視の各論の教科書とかってタイトルだった希ガス。

84 :氏名黙秘:2006/11/07(火) 23:58:28 ID:???
前田は一応結果無価値だし、
判例とは理論が大きく違う。

85 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 00:01:28 ID:???
前田が判例と同じなのは結論だけ
理由部分は理由になってない

86 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 00:04:21 ID:???
>>83
その本いいの?まったく評判聞かないんだけど

87 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 00:16:13 ID:???
テンプレの民法だけが浮いてないか?
川井って別に実務経験者でもなんでもないだろ。


88 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 23:05:49 ID:???
前田
「裁判官の方に『刑法は』って聞くとあまり勉強していない。それでも実際に
なんとかなっちゃう(笑)。実務家は刑訴が一番やりやすいといいますね。
その次は刑法各論なんですよ。刑法総論は一番嫌うんですね。逆にいうと、
本音では一番要らない、役に立たないと思っているんです。
 
 ところが、大学で刑法を勉強して試験を受けるとき、みんなの頭の中には
総論があって、次に各論に行ったほうが規範が定立されて、それで当てはめて
論理的に演繹していけば答えが簡単に出てくると思っているんですね。
逆なんですよ。具体的な事案の結論を出す力が法律家としての力だから。」


89 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 23:14:09 ID:???
前田は刑法を現実のツールと考えてるんだよな。
論理のおもちゃとは全然思ってない。
学会で評判が悪いのもそのせいじゃないだろうか。

90 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 23:28:31 ID:???
読んだ事無いけど藤木先生の各論がそんなスタイルだったらしいな。
出た当時は結構衝撃的だったらしく
今後の基本書はこのスタイルが定番になるとまでいわれていたらしい。

91 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 23:48:49 ID:???
現実から遊離した刑法なんて意味はないと思うけど。

92 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 23:52:05 ID:???
>>91
日本語でおkww

93 :氏名黙秘:2006/11/08(水) 23:55:43 ID:???
>>91
それをやってるのが平野門下生

藤木は不毛な犯罪論体系ではなく現代社会に即した実践的な刑法学に取り組んでいた

平野龍一は自己の功名心から不毛な結果無価値論を主唱し刑法学会の先祖返りを図った

94 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 04:22:49 ID:???
>>89
法律は全部現実のツールだよ。
でも現実に即した理論は必要。
でも、前田のはいまいち理論になってない・・・。

95 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 07:49:33 ID:???
>>94
刑法は現実無視した学者ばっかりじゃん。特に結果無価値。
奴らは被害者がいるってことを何とも思ってないんだろうな。
前田は理論がどうとかってことにそもそも無関心な希ガス。
だから理論的にどうこうという批判は無意味。

96 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 18:40:49 ID:???
>>95
現実無視した結果無価値の学者はもちろん使えないが、
理論に無関心な前田も使えないといってるだけだよ。

97 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 20:32:06 ID:???
使える使えないという言葉自体の不遜ぶりにもとりあえず驚くわけだが。
じゃあ、刑法学者全員お前基準ではダメってことか。
何様?

98 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 20:34:43 ID:???
>>97
>>96は「刑法学者全員」なんて言ってないだろ?


99 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 21:17:10 ID:???
>>97
学者を人間だと考えると非常に不遜な表現であることは認める。
ただ、ここは司法試験板なので、学者を道具としてその効用を論じる
ことも許されてよいのではないか?

100 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 21:29:23 ID:???
学者は人間だけど学説は道具だよ
前田説はつかえねーというなら同意

101 :氏名黙秘:2006/11/09(木) 23:17:07 ID:???
ローでの日常
先生レジュメ配る。判例の検討。
『フランスでは〜』
『ドイツでは〜』
『あ、時間ですね。終わります』
…せ、せめて日本の話をしてください。

102 :氏名黙秘:2006/11/10(金) 00:11:54 ID:???
元裁判官や検事が刑法の教科書書かないと駄目だな。

103 :氏名黙秘:2006/11/10(金) 00:52:59 ID:???
書けないよ。

104 :氏名黙秘:2006/11/10(金) 00:57:06 ID:???
つ現代刑法各論/国田 武二郎
もと検事

105 :氏名黙秘:2006/11/13(月) 08:01:10 ID:???
>>88
まぁ、確かに総論をすっ飛ばして、各論から読み始めると分かりやすいね

106 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 00:35:29 ID:???
民法判例集 有斐閣って使えますか?
債権各論は古いかな?

百選以外でお勧めの判例集を教えてください。

107 :氏名黙秘:2006/11/15(水) 01:05:10 ID:???
判例講義はどう。
図書いてあっていいよ

108 :氏名黙秘:2006/11/16(木) 07:53:54 ID:???
渡辺 咲子はどうよ?
この人も検察出身かなんかじゃなかったっけ?

109 :氏名黙秘:2006/11/16(木) 19:34:40 ID:GZrUdfg9
あげ

110 :漏れの民訴地獄 ◆YXL5RAZ3V. :2006/11/16(木) 22:18:32 ID:???
>>102
元判事の刑法なら、小林充「刑法」があるが、ちょっと薄くて足りないな。

ところで、山口の一冊刑法は、結構判例に目配りしていて、独自説は出していないから
判例に従いたい人も使える。

111 :氏名黙秘:2006/11/16(木) 22:45:04 ID:???
おお、地獄氏ではないですか。
合格後はいかがお過ごしですか?

地獄しに聞きたいんですが、民訴の基本書、大学双書は同評価していますか?
最近まで上田だったんですが、あの淡白さにやられてしまい、大学双書にしようかと思ってます。
伊藤は、記述の濃淡が微妙なのであまり好きじゃないです。

112 :漏れの民訴地獄 ◆YXL5RAZ3V. :2006/11/16(木) 23:52:24 ID:???
>>111
大学双書は良書と思いますが、辞書用と思います。

コンデバをメインにして大学双書を併用というのが
いいのでは。

まあ、スレ違いなのでこのへんで。

113 :氏名黙秘:2006/11/17(金) 00:59:57 ID:???
>>112

ありがとうございます。
地獄氏は、薄い予備校本メインで、厚めの基本書をサブメインて感じなんですね。

>>ALL
すれ違いスマソ。

114 :氏名黙秘:2006/11/20(月) 13:02:17 ID:???
第1回ゴミ漁り業務終了

115 :氏名黙秘:2006/11/22(水) 22:26:54 ID:???
AGE

116 :氏名黙秘:2006/11/25(土) 17:36:03 ID:B86W/M3o
民法で司法協会の総則、物権、担保物権が話題にならないのは古いから?

117 :氏名黙秘:2006/11/25(土) 20:59:51 ID:???
民法は判例と学説の乖離がそれほどひどくないからなぁ

118 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:04:36 ID:???
>>117
憲法や民訴はどうして剥離しなくりなんだ?

119 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:16:27 ID:???
民訴の乖離の程度なんて民法と変わらねーよ
憲法やら刑訴やらは結論の照準を「市民」やら「被告人」に合わせるから乖離
民法・民訴はどっちにも肩入れする気がないからそこまで乖離しない
商法は企業に合わせてるから判例べったり

120 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:22:49 ID:JRiY+xfx
>>119
旧訴訟物理論と新訴訟物理論も知らない未修乙
訴状を新訴訟物で書け


121 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:30:17 ID:7Cfb07Ss
訴状の記載はそんなにかわらんだろう。「よって書」くらいじゃないの?変わるのは。

122 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:33:19 ID:???
新訴で書いても書記官が指摘してくれるから大丈夫w


123 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:34:04 ID:???
>>121
請求の原因が違ってくるだろう

124 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:37:58 ID:???
学説の多数もコンデバも新訴訟物だ。
コンデバの場合、論点の論証が簡単になるから
新訴訟物にしてるだけだけどな。

125 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:41:44 ID:???
>>123
だから,請求の原因の中の,よって書くらいしか変わらないんじゃないかと思うんだが。
例えば,不法行為と債務不履行を主張する場合でも,事実はほとんど変わらん。
最後に,よって書で,「不法行為に基づき」とかを書かなくなるだけじゃないの。


126 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:43:53 ID:???
スレ違い

127 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:48:55 ID:???
民訴の乖離がでかいって、プゲラwww

憲法を全て判例で書いてもAもらえるのかねぇ?

128 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 13:50:52 ID:???
>>125
裁判所がどの請求を認められるかわからないから
およそ考えられる全ての請求の原因を書かなければいけなくなる

129 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 14:00:47 ID:???
新訴で負担が増えるのは当事者じゃなくて裁判官
当事者が考えられる請求を書かなきゃいけないんじゃなくて
裁判官の方で釈明をしなければならなくなる
当事者は「請求権に基づいて」ではなく「請求しうる地位に基づいて」
請求するのに個々の請求権を全て挙げなければならないとか
発想が旧訴訟物理論に引きずられすぎ

130 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 14:02:32 ID:???
>>129
新訴になれば弁護士の仕事も変わってくる
バカ裁判所のせいで請求棄却になったらたまらんから
およそ考えられる全ての請求原因を書くのが当たり前だろ

131 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 14:21:36 ID:???
新訴訟物理論はバカ裁判所のやったことは全てバカ裁判所に帰責させる
(釈明義務違反・既判力対象の縮小など)。弁護士(当事者)に不利益が
課せられる理論じゃない、だから裁判所に受け入れられない理論なんだよ
基本書にかいてある程度のことだ

132 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 14:48:54 ID:???
>>127
上位Aもらえますが何か?

133 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 16:19:42 ID:???
スレ違い





134 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 21:55:59 ID:???
刑法各論
つ佐久間各論、大塚の縮小コピー。

集中講義刑法各論の1ページ目に「本書を謹んで大塚仁博士に捧げます」
だってよ。藁

135 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 22:05:19 ID:???
>>134
なにが藁なの?
平野門下が平野に捧げてるのは藁じゃねーの?

136 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 23:01:31 ID:???
捧げます

137 :氏名黙秘:2006/11/26(日) 23:03:15 ID:???
いや、君の30年物の操を捧げられてもこまっちゃうんだけどな

138 :氏名黙秘:2006/11/27(月) 00:14:54 ID:???
前田の刑訴は平野の学説をばっさり斬ってるね。

139 :氏名黙秘:2006/11/27(月) 00:18:10 ID:???
>>138
平野は実務はこうあるべきだという目標を提示したのであって
それに対して
実務はそうじゃない
と言っただけでは批判の体をなしていない

140 :氏名黙秘:2006/11/27(月) 01:27:55 ID:???
新訴訟物理論が絶対に実務で採られることがないのは、みんなの共通認識だろ

141 :氏名黙秘:2006/11/27(月) 01:35:14 ID:???
蒸し返し禁止

142 :氏名黙秘:2006/11/27(月) 06:36:48 ID:???
そこで新新訴訟物理論ですよ

143 :氏名黙秘:2006/11/27(月) 09:32:16 ID:???
すれちがい^−^ノシ





144 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 19:18:28 ID:kglBoO4S
民法の川井浮いてね?w

145 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 19:32:32 ID:???
代案を出せや

146 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 20:24:24 ID:???
シケタイ

147 :氏名黙秘:2006/12/01(金) 22:51:43 ID:/CdFvpsM
コンパクト基礎講座はどう?

148 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 01:49:44 ID:???
Sシリーズでいいじゃん。

149 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 21:40:50 ID:???
>>108はなんでスルーされたんだ?

150 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 21:42:42 ID:???
>>149
検察の立場は判例とは異なるからね
取調べ受任義務論にしても
取調べを拒否されたら供述を強要できないのだから
受任義務を肯定しても問題ないみたいな見当違いなこと書いてるしね

151 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:04:00 ID:???
>>150
ありがとう。

民法は船越隆司が改訂してくれれば判例ベースの基本書として使えるんだけどな。

152 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:05:12 ID:???
>>151
ハゲ同!船越は早く待望の各論を出しやがれなのはどうしてなんだぜ?

153 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:09:35 ID:???
>>152
各論以外の分野は最近の法改正に対応してますか?

154 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:12:09 ID:???
船越は法人法改正まではフォローしてるんじゃなかったか?
民訴民執民保をある程度やってから読まないと難しいのが船越の難点
それらを意識して書かれているのが船越の利点

155 :氏名黙秘:2006/12/02(土) 22:13:16 ID:???
ごめ、法人法改正の前まで。

156 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 00:50:34 ID:???
判例集はどこのが良いかな?

157 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 00:51:54 ID:???
おまいらペン字やっとる?

158 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 06:16:45 ID:???
>>157
裁判官になるなら習字やらないといけないよ
裁判書原本に筆ペンで署名しなきゃいけないから

検察官はペン習字ね
起訴状にペンで署名するから

159 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 18:53:01 ID:???
佐久間の民法の基礎はどうよ?
あれも近江みたく学説より?

160 :氏名黙秘:2006/12/03(日) 21:44:03 ID:???
判例講義民法

161 :氏名黙秘:2006/12/10(日) 06:55:10 ID:???
山川一陽はどうよ?
実務向けっぽい著作があるけど。

162 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 16:03:46 ID:???
民法は京大系はズレる。最近の東大系もだが。
結果的に川井になるのかな。

船越や山川は裁判所の資料課にはないね(大庁にはあるかもしれないが。)。

裁判官の字は下手くそなのは相場。
書記官が解読作業をしている・・・

163 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 02:44:24 ID:???
>>150
咲子は裁判官だぞ。
その本の記述自体は知らないけど。

164 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 03:11:39 ID:???
刑法各論は小林充の各論の部分だけ使えばいいべ。

165 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 13:42:21 ID:???
>>163
咲子はヤメ検だよ

166 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 13:43:49 ID:???
咲子がうかった話なんてきいたことないけど

167 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 14:20:10 ID:???
判例なんかFuck!
捜査は裁判所で動いてるんじゃねえ、現場で動いてるんだ。

168 :氏名黙秘:2006/12/27(水) 03:59:02 ID:???
押尾先生+織田ちゃん?

169 :氏名黙秘:2006/12/27(水) 23:55:33 ID:???
ググッてたら河野順一の民法の教科書が出てきたんだけど、
これって川井の代わりにならないですか?


170 :氏名黙秘:2006/12/29(金) 17:49:56 ID:???
判例で書くシリーズ刑訴第3版記念
AGE

171 :氏名黙秘:2006/12/29(金) 21:13:54 ID:???
110 :漏れの民訴地獄 ◆YXL5RAZ3V. :2006/11/16(木) 22:18:32 ID:???
>>102
元判事の刑法なら、小林充「刑法」があるが、ちょっと薄くて足りないな。

ところで、山口の一冊刑法は、結構判例に目配りしていて、独自説は出していないから
判例に従いたい人も使える。

嘘つくなよ。判例には配慮してるけど、結果無価値ヴァリヴァリじゃねえかよ。
気持ち悪くなるくらい

172 :氏名黙秘:2006/12/29(金) 23:01:36 ID:???
判例にきちんと目配りされてるからその後の結果無価値への
誘導部分を飛ばしても使えるってことだろ

173 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 03:50:42 ID:Arlp9XBS
どっちにしても、結果無価値学者の本で判例を勉強しようというのは
無理があると思うよ。
恣意的な判例の引用の仕方がされている場合が多いから、
判例の理解からは遠ざかると思われる。

174 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 05:15:22 ID:???
読めばわかることだが山口が初学者用に書いただけのことはあって
判例の考え方の整理はきちんとしている
そもそも基本書1冊だけならどんな本でも判例の正確な理解は無理だ
小林充の「刑法」でも判例の引用の仕方はなるべく行為無価値寄りに
なるようにしてあって恣意的だという感想は持った
青本はとりあえず判例を知るには適当な本だと思う

175 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 05:23:27 ID:???
小林充の「刑法」って、評価高いのですか?
通りすがりのものです。スレは全部読んでませんので・・。

176 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 16:58:25 ID:Arlp9XBS
判例はどう考えても行為無価値が基礎にあるから、
行為無価値を基礎に位置づけてる方が正しい。
それを恣意的と感じるのは、判例の理解が誤ってるから。

177 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 17:01:42 ID:???
下げ進行
ヨロシク





178 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 17:06:05 ID:???
すみません。

179 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 17:34:30 ID:???
旧試験組です。裁判所の職員をしています。
判事補との勉強会で,判事補は,総論井田・各論西田を使っています。

問題解いての解説なので基本書を読んでいくということはありませんが。

180 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 17:46:25 ID:???
呉ミ漁り業務三行でヨロ

181 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 19:57:00 ID:???
小林充は刑訴も出してるよね

182 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:01:39 ID:???
判例がどう考えても行為無価値とか未修レベルの奴がいるな
結果無価値を基礎に、都合のいいところは行為無価値を取り入れた
どちらとも言い切れないのが判例だろう
だから行為無価値論者の説と判例が必ずしも一致しなくなるし
判例を行為無価値からのみ見ると正確な理解から遠ざかる
刑法を判例で書きたいっつーのは他の科目より難しい

183 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:03:37 ID:???
>>182
結果無価値を基礎になんかしていない
それだけは間違いない

184 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:07:43 ID:???
無視かよ!!

185 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:08:14 ID:???
判例は処罰したい時に結果無価値があればそれを根拠に、それが足りない時は行為無価値を根拠にしているにすぎない

186 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:09:18 ID:???
>>185
そう言い切れるかな!

187 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:09:33 ID:???
それも違うな
過去の判例から論理的に導けるかどうかだけ気にしてるって感じだね

188 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:13:11 ID:???
判例で書くって人は、因果関係のとこはどうしてるの?
各論はともかく、総論は判例で書くのは相当難しそうだが。

189 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:30:06 ID:???
>>182
まず調査官解説を読んでから判例を語って。

190 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:50:28 ID:???
>>183
お前、もしかして判例が行為無価値一元論とってるとでも思ってるのか?w
結果無価値行為無価値二元論にせよ、結果無価値一元論にせよ
結果無価値が基礎なのは当然なんだよ
で、その上で行為無価値をどこまで考慮するのかっていうところが争いになる
日本の「行為無価値論」ってのはあくまでも二元論だからな。気をつけて勉強しろよ

191 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 21:56:17 ID:???
>>188
客観的帰属論のような考え方をとって、判例の言い回しをなるべく
使うようにこころがけて書いている
判例が行為無価値とか言い切る人は、ここは書きにくいと思う
総論は全て判例で書くと学者からは論理一貫性がないと評価される
可能性があるのが辛いところ

192 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:00:56 ID:???
各論は西田や山口でもいいけど、判例べったりの行為無価値なら、こないだ出た
阪大の佐久間修かな。まあ総論よりは関心うすいが。

193 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:02:02 ID:???
>>190
日本の行為無価値論は結果も加味するが、
あくまで行為が基礎です。

194 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:03:15 ID:???
>>191
因果関係論と違法性論には論理的なつながりはないよ。

195 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:09:23 ID:???
>>193
小林充「刑法」より抜粋
>刑法が故意による既遂犯処罰を原則とし,未遂・過失の処罰を例外的と
>していることからすれば,結果無価値が違法性の基礎をなしているといってよい。
>しかし,結果無価値のみで違法性の実質をすべて説明し尽くせるかは疑問である。

小林教授は当然二元論者ですが「結果無価値が違法性の基礎」と仰っていますよ

196 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:14:04 ID:???
>>194
行為無価値論をとって行為時じゃなくて裁判時からの
判断ができるかとか考えると論理的なつながりが
全くないとはいいきれないんじゃねーの

197 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:14:56 ID:???
>>195
へえ小林先生はそう言ってるんだ。ちょっと意外だな。

198 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:15:03 ID:???
>>196
ドイツでは
結果無価値論者だけじゃなくて行為無価値論者も客観的帰属論を採用してるってだけでしょ

199 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:23:51 ID:???
>>198
確かに
でも折衷説から乗り換えるのは難しいよなぁ

200 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:37:50 ID:???
だから結果無価値学者から判例を勉強すると
そういうふうに混乱するんだってば。
調査官解説とかで勉強した方がいいよ。

201 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:42:46 ID:???
調査官解説ってどの本のこと?

202 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 22:47:46 ID:???
>>201
最高裁判所判例解説(刑事)

203 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 23:36:18 ID:???
このスレは「判例で書きたい基本書」なんだから調査官解説なんかはスレ違い
判例を理解するには原文・判例解説にあたらないといけないのは当たり前

基本書だったら行為無価値の学者の本でも判例にぴったりくるものは少ない
結果無価値学者の本で勉強するから混乱するというものではない

204 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 23:38:08 ID:???
>>203
最高裁判決を理解するためには調査官解説は絶対読まないといけない
最高裁判事経験者(園部逸夫)もそういってる

205 :氏名黙秘:2006/12/30(土) 23:39:25 ID:???
>>204
凄い読解力ですね

206 :氏名黙秘:2006/12/31(日) 00:16:28 ID:???
ぶっちゃけ判例で書きたいなら基本書はあまり役に立たない。
でも基本書を使うなら、行為無価値論者の基本書の方がいいのは明らか。
調査官解説の説明とも整合するし。
ただ、各論は結果無価値論者の基本書でも問題なく参考にできるところも多い。
特に西田はかなりいいと思う。

207 :氏名黙秘:2006/12/31(日) 00:57:03 ID:???
総研の講義案の「総則、物権、担保物権」あたりはまだ使えるかな?

親族法は新しいから使える。ただ、刑法と違って用語索引がないから不便だけどね。



208 :氏名黙秘:2006/12/31(日) 10:07:31 ID:???
択一を考えると、刑法に関しては、
行為無価値論、結果無価値論の両方を理解しておけばいいな。
基本書を両方そろえる必要はないと思うが。

209 :氏名黙秘:2006/12/31(日) 10:26:16 ID:???
sageでヨロ






210 :氏名黙秘:2006/12/31(日) 14:29:20 ID:???
気本書ではなくよい問題集はなんでしょ?

211 :氏名黙秘:2006/12/31(日) 14:45:52 ID:???
判例で書く民訴と刑訴があるじゃん。

212 :氏名黙秘:2006/12/31(日) 15:04:15 ID:???
上3は!?

213 :氏名黙秘:2007/01/01(月) 11:58:21 ID:???
芦辺、内田、前田、神田、伊藤、田口にすればまちがいなし

214 :氏名黙秘:2007/01/01(月) 18:56:40 ID:???
田口なんて判例じゃないじゃん
刑訴は何?

215 :氏名黙秘:2007/01/01(月) 19:09:56 ID:???
池前

216 :氏名黙秘:2007/01/01(月) 23:03:14 ID:???
珪素は団藤でしょ。

217 :氏名黙秘:2007/01/01(月) 23:39:54 ID:???
>>214
池前と総研の二つを使えばOK。

218 :氏名黙秘:2007/01/02(火) 15:43:43 ID:???
池前と平良木のがいいと思う

219 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 12:23:35 ID:r4+zJg63
>>170
本当なのか?

220 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 13:33:33 ID:???
判例で書くが両訴しかないのは
講義を取らせる為なんだろうな。

221 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 13:51:50 ID:???
平良木は絶版だよ。

222 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 15:35:26 ID:???
へー

223 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 20:33:44 ID:???
このスレ>>200-206で潰された感があるな

224 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 20:48:13 ID:???
手堅くいくなら刑訴は寺崎と池前の2択。

225 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 21:12:20 ID:???
寺崎って判例じゃないじゃん

226 :氏名黙秘:2007/01/05(金) 22:56:31 ID:???
>>150
何処が見当違いなんだ?

実務はそうだろ。

227 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 11:27:33 ID:GDhZykqM
判例で書くシリーズって、改訂予定あるんでしょうか?

228 :227:2007/01/07(日) 11:58:45 ID:GDhZykqM
>>227
自己解決しました。お騒がせしました。

229 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 12:08:20 ID:???
>>228
いいってことよ!

230 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 12:09:45 ID:???
まあ、気にスンナ!

231 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 13:05:37 ID:QYz0PWyF
>>227
刑訴の第4版が出るんでしょ。

232 :氏名黙秘:2007/01/07(日) 17:46:33 ID:???
>>231
それはどこ情報ですか?

233 :氏名黙秘:2007/01/08(月) 00:35:32 ID:???
第4版の予定は全くないと聞いたよ。
出せば確実に売れるのにね。

234 :氏名黙秘:2007/01/13(土) 18:07:24 ID:???
判例で書く、まじで絶版なんだね・・
民疎も珪素もどこにも売ってない。
昨日アマゾン中古で出てて買おうと思ったら、もう売り切れてたorz
旧版持ってるからいいやって油断してたわ。

235 :氏名黙秘:2007/01/14(日) 13:19:54 ID:???
セミナーにはあったが・・・

236 :氏名黙秘:2007/01/14(日) 14:38:16 ID:???
>>235

どこのセミナー?
まじ教えてくれ。
何とかしてゲットしたいから。
本校には置いてなかった。
店員に聞いても、絶版だから、今本屋に置いてあるのを除いて、在庫無いって言われたんだが。


237 :氏名黙秘:2007/01/16(火) 08:44:15 ID:???
渋谷でも売り切れた? 以前はけっこうあったはず。

238 :氏名黙秘:2007/01/17(水) 11:16:51 ID:???
判例講義けっこういいね

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)