5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Winny開発者に対して有罪判決

1 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:03:21 ID:???
★「天才プログラマー」有罪=目閉じ、首かしげ−ウィニー開発の金子被告・京都地裁

・「被告人を罰金150万円に処する」−。ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」をめぐり、
 ソフト開発者の刑事責任が問われた全国初の判決が13日、京都地裁で言い渡された。
 主文が読み上げられると、「天才プログラマー」と呼ばれた金子勇被告(36)は憤りを
 禁じえない様子。氷室真裁判長が読み上げる判決を目を閉じ、口を強く結び、首を
 かしげながら聞き入った。 
 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2851003/detail

★ウィニー開発者に京都地裁が有罪判決、被告側は控訴へ
・ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を開発、インターネットで公開し、ゲームソフト
 などの違法コピーを手助けしたとして、著作権法違反(公衆送信権の侵害)ほう助罪に
 問われた元東京大大学院助手金子勇被告(36)の判決が13日、京都地裁であった。

 氷室真裁判長は「(ウィニーが)著作権侵害に利用されていることを明確に認識、
 認容しており、独善的かつ無責任な態度に対する非難は免れないが、インターネット上で
 著作権侵害をことさら生じさせることを積極的に意図したわけではない」として、罰金
 150万円(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。被告側は控訴する。
 利用者の違法行為で、ソフト開発者の刑事責任が問われるのは国内では初めてで、
 司法判断が注目されていた。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061213-00000002-yom-soci

・「判決に関しては、ちょっと残念だと思っています。技術開発に関して足止めになって
 しまう」(金子勇被告) (抜粋)
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20061213/20061213-00000033-jnn-soci.html

※画像:http://ca.c.yimg.jp/news/1165980586/img.news.yahoo.co.jp/images/20061213/jnn/20061213-00000033-jnn-soci-thumb-000.jpg
※動画:http://meta.cdn.yahoo-streaming.jp/cgi-bin/yahoo/news.asx?cid=20061213-00000033-jnn-soci-movie-001&media=wm300k


2 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:04:14 ID:???
幇助の故意についての認定

判決全文を読んでみたい

3 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:04:28 ID:???
2なら新司法試験合格

4 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:04:44 ID:???
ニュー速厨が押し寄せて、包丁包丁と繰り返して議論にならない予感

5 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:05:35 ID:???
>>3
ドンマイ

6 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:05:48 ID:???
5なら旧司法試験合格

7 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:06:19 ID:???
とりあえず、事案の整理としては

・正犯者(2名)の著作権侵害を幇助した
・幇助行為は

8 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:06:59 ID:???
行為時に正犯2名を認識していたとは到底考えられないんだが

9 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:08:02 ID:???
とりあえず、事案の整理としては

・正犯者(2名)の著作権侵害を幇助した
・幇助行為=ソフト開発?、公開?、ソフトのバージョンアップ?
・幇助の故意(おそらく、認容)が認められるか
・幇助の故意の相手方は特定人でなくてもよいか

こんなとこですかね
メイン論点は幇助の故意

刑法ですね

10 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:08:25 ID:???
教授が批判しまくってたけど、結局有罪ですよ。
役立たず。

11 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:09:09 ID:???
西田が検察に荷担したという件のソースはある?

12 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:09:39 ID:???
>>8
そこが故意の相手方は特定人でなくてもいいか、って問題だと思う

あと、故意の認定に際して、nyが著作権侵害している現状をいれてんだけど、
これは開発時にはないから、ソフトの開発ではなくて、ソフトの公開もしくは
バージョンアップが幇助行為ってことになるのかな

13 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:20:57 ID:???
このスレ、絶対立つと思ったよ・・・

ニュー速厨は氏んでくれ

14 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:23:27 ID:???
呼び寄せるようなこというなよ

俺、司法試験板住人だぜ

15 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:39:40 ID:???
>>9
幇助の故意も論点だけど,むしろ幇助行為の
実行行為性じゃないの?

16 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:41:22 ID:???
これが判例となり結果との間に条件関係があればいかなる行為も幇助に問われる美しい国になるとは
神ならぬ司法試験板住人は知るよしもなかったのだった。

17 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:41:35 ID:???
>>15
幇助行為は、単に正犯者の実行を容易にした、ってだけで
客観面は認められるからさ

本件でもwinnyによって著作権侵害が容易になった、
むしろ不可欠だった、ってことで認められるんじゃないかな

18 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:42:23 ID:???
>>17
それだと包丁を売っても客観面を満たすことになるが。

19 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:44:19 ID:???
幇助の故意が論点でしょう。
「積極的に意図したわけではない」という部分が一人歩きして批判されてるようだが、
実際どう故意を認定したのかが気になる。

20 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:47:02 ID:???
>>18
あれ、確かに
でも満たしちゃう気がする
あ、だから故意で切るのかな?

21 :15:2006/12/13(水) 18:47:13 ID:mMP5MbBr
>>17
幇助の故意も正犯を容易にすることの認識で原則
として足りるじゃない?
まさに18の言うことと同じで,悪用されうるものを提
供(しかも悪用されうることを認識しながら)しても,
それだけで幇助になるわけじゃない。その縛りを
どうやってかけるかについては,故意論ではカバー
しきれないんじゃないか?幇助行為の無定型性,
無限定性をどう限界づけるかがメイン論点に見える。

22 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:47:26 ID:???
開発者を取り締まるのはお門違いだろ

この論理だとMXの開発者はおろか、Googleの画像検索も肖像権侵害の幇助となるわけで
不当な地裁判例だと思います

23 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:47:45 ID:???
結果無価値面・・・価値中立的なソフトを作ったり配布したりしても違法はない
行為無価値面・・・当時winnyがダメという社会倫理規範は未だ形成されていなかった

しかし裁判所は有罪とした。つまり責任のみで処罰している

24 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:49:07 ID:???
>>18
人を殺そうとしている奴に調理に使うものだと誤信して包丁を販売した。
人を殺そうとしている奴に凶器として使うものだと認識して包丁を販売した。

両者はともに客観面を満たすとした上で、主観面で区別すればいいし、そうするしかないんじゃねえの?
むしろどうやって両者を客観面で区別するのか、その理屈を聞きたい。

25 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:50:02 ID:???
>>21
なるほど、そういう考え方の方が正しそうですね

包丁売ったとかも、客観面は満たしつつも、主観面が無いから
犯罪不成立になるのかと思ってました

そもそも、幇助行為自体にあたらないとしたほうが
社会通念に合致するような気がします

ただ、一般には正犯者の実行を容易にしたこと、が
幇助として言われていませんか?

26 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:51:04 ID:???
>>19
俺もそれが一番気になる

違法行為がなされている実態を知った上で
公開し続けたこと、から幇助の故意を認定したのか、

違法行為をさせることをほのめかす発言をしたことから
幇助の故意を認定したのか。



27 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:51:34 ID:???
「義務に違反して」正犯者の実行を容易にしたこと
となってるんじゃないかな


28 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:52:51 ID:???
著作権業界の献金で出た裁判なんだから理論づけるのは無理

29 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 18:53:42 ID:???
>>24
それは、>>21が言ってる議論になるんじゃね

幇助行為という概念自体に限定をかける
ただ、その考え方がどの程度知名度があるかは分からんが。。

普通に考えると客観面にはあたるが、故意が問題となるんだろうな

30 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:00:01 ID:???
判決要旨
http://www.asahi.com/national/update/1213/OSK200612130057.html

31 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:02:09 ID:???
一部、司法板住人でない奴がいるようだな。

32 :15:2006/12/13(水) 19:05:54 ID:mMP5MbBr
>>24
いや,だから,本件では著作権侵害に用いられる
ことについては認識があったとみるほかないじゃん。
それだけで勝負したなら負けて当然でしょ。
通常幇助なんて正犯と密接な関係にある場合にしか
起訴されないから幇助行為の実行行為性が問題にな
らないだけで,故意論で縛りをかけるなんて聞いたこと
がない。
>>19,26の議論はあるけど,故意の認定論ではどこかで
認められてもしょうがない。正犯が誰であるかの認識も
いらないとされてるんだからさ。

絞る理屈ってのは,いろいろ考えられるが決め手はない,
議論が進んでない論点なんだよ。判例も上に述べた事情
で存在しないしさ。だからこそ先例としての価値がある。

昔のFLマスクリンク事件って知らない?

33 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:08:19 ID:???
>>32

一応>>30を見ると、
幇助の無限定な広がりに留意しつつ故意で絞りをかけて、
実際違法な利用が行われていると知りつつ
バージョンアップを行ったことを実行行為ととらえるようだよ。


34 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:08:57 ID:???
>>32
「故意論で縛りをかけるなんて聞いたことがない。」ということは、24の事例も、
故意論では縛りをかけないということ?

35 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:09:58 ID:???
>>32
判決の要旨しかみれなかったけど、
幇助行為については、やっぱり、正犯の実行行為を容易にしたという考え方が
一般的なようだよ

貴方のいうとおり、幇助行為の定型に限定をかけるやり方というのも
合理的であるとは俺は思うけど

36 :15:2006/12/13(水) 19:10:48 ID:mMP5MbBr
連投スマン
>>25
幇助行為は一般に正犯の実行を容易ならしめる
もので足りる。ただこれは必要条件であって,
これのみで十分といえるのかって問題だよ。
たとえば教室説例では,破壊活動も行う政治団体に
100円のカンパをしたら幇助なのか,とかの例が
あがってる。ちと時代が古くて分かりづらいかもしれ
んが。

37 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:11:40 ID:???
>>32
いや、故意の有無で縛りをかけるってのも全然あるというかそれが
普通だと思う

それに判決見ても
「実行行為の手段を提供して、ウィニーの機能として匿名性があることで精神的にも
容易ならしめた客観的側面は明らかに認められる。 」
「結局、外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうかは、
その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、
提供する際の主観的態様によると解するべきである。 」

といっているし。
これはまさに故意で縛りをかけているんじゃないかな

38 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:13:38 ID:???
幇助の因果関係につき条件関係を求める見解とかを採用すれば、客観面で絞りをかけることはできるね。
ただ、本件では、結論に差異を生じさせはしないだろうけど。

39 :15:2006/12/13(水) 19:16:54 ID:mMP5MbBr
さらに連投ほんとスマン
>>35
まあ判決が故意をメインの論点にしてるからそれで
検討しようという方向性ならかまわないと思うんです。
その意味ではほんとスマン。かきまわしただけだった。
>>34
24の事例は普通に幇助の意思がないから,縛るって
問題じゃないんです。逆に,たまたまこの人この包丁で
人殺すのかなあと思ってる店員が包丁を売ったら幇助
なの?って話です。

40 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:17:22 ID:???
結局、幇助の故意の認定の仕方、と
どの時間軸においての故意かを決めるための、どの行為を実行行為にするか
が論点だなぁ

社会通念とか、社会への影響を考えると
なるべく狭く故意を認定した方がいいと思うだけどな

41 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:17:29 ID:???
>>37
でも主観面は違法の判断要素になってるみたいだよ?

42 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:18:52 ID:???
>>39
下についてだけど、通説だと客観面は満たしちゃうと思います

ただ、それはあまりにも一般人のほう感情から離れるから
自分個人としては貴方の言う、幇助行為の定型化説のほうが妥当かな、とは思います

43 :15:2006/12/13(水) 19:23:27 ID:mMP5MbBr
>>37
ごめん,判決見られる状態じゃないんだが,
その書きぶりが判文そのままなら,相当,ストレートな
構成要件的故意との距離を意識してないか?
幇助行為の違法性について主観的態様で縛りを
かけるのはいいけど,それは客観面の認識を超える
主観的超過要素的な発想に見えるんだが。

44 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:24:43 ID:???
> たまたまこの人この包丁で人殺すのかなあと思ってる店員が包丁を売ったら幇助なの?
結果発生の可能性の認識だけで故意を認める表象説にでも立たない限り故意で処理
できる事例だから、例としては不適切でしょう。

挙げるのであれば、故意は問題なく認められるがなお幇助とすべき事例では?

45 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:25:22 ID:???
幇助とすべきではない事例、の間違いね。訂正。

46 :判決要旨:2006/12/13(水) 19:34:33 ID:???
 ●被告の行為と認識
 弁護人らは、被告の行為は(著作権法違反の)正犯の客観的な助長行為となっていないと主張する。
しかし、被告が開発、公開したウィニー2が、実行行為の手段を提供して、
ウィニーの機能として匿名性があることで精神的にも容易ならしめた客観的側面は明らかに認められる。
 ウィニー2は、それ自体はセンターサーバーを必要としない技術の一つとして
さまざまな分野に応用可能で有意義なものだ。技術自体は価値中立的であり、
価値中立的な技術を提供することが犯罪行為となりかねないような、
無限定な幇助(ほうじょ)犯の成立範囲の拡大も妥当でない。
 結局、外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうかは、
その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、
提供する際の主観的態様によると解するべきである。

47 :判決要旨:2006/12/13(水) 19:37:28 ID:???
 被告の捜査段階における供述や姉とのメールの内容、
匿名のサイトでウィニーを公開していたことからすれば、
違法なファイルのやりとりをしないような注意書きを付記していたことなどを考慮しても、
被告は、ウィニーが一般の人に広がることを重視し、
著作権を侵害する態様で広く利用されている現状を十分認識しながら認容した。
 そうした利用が広がることで既存とは異なるビジネスモデルが生まれることも期待し、
ウィニーを開発、公開しており、公然と行えることでもないとの意識も有していた。
 そして、ウィニー2がウィニー1との互換性がないとしても、
ウィニー2には、ほぼ同等のファイル共有機能があることなどからすれば、
本件で問題とされている03年9月ごろにおいても同様の認識をして、
ウィニー2の開発、公開を行っていたと認められる。
 ただし、ウィニーによって著作権侵害がネット上に蔓延(まんえん)すること自体を
積極的に企図したとまでは認められない。
 なお、被告は公判廷でウィニーの開発、公開は技術的検証などを目指したものである旨供述し、
プログラマーとしての経歴や、
ウィニー2の開発を開始する際の「2ちゃんねる」への書き込み内容などからすれば、
供述はその部分では信用できるが、
すでに認定した被告の主観的態様と両立しうるもので、上記認定を覆すものではない。

48 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:38:47 ID:???
狭義の共犯に関する珍しい最新判例なんだな

49 :判決要旨:2006/12/13(水) 19:39:35 ID:???
●幇助の成否
 ネット上でウィニーなどを利用してやりとりされるファイルのうち、
かなりの部分が著作権の対象となり、
こうしたファイル共有ソフトが著作権を侵害する態様で広く利用されている。
 ウィニーが著作権侵害をしても安全なソフトとして取りざたされ、
広く利用されていたという現実の利用状況の下、
被告は、新しいビジネスモデルが生まれることも期待し、
ウィニーが上記のような態様で利用されることを認容しながら、
ウィニーの最新版をホームページに公開して
不特定多数の者が入手できるようにしたと認められる。
 これらを利用して正犯者が匿名性に優れたファイル共有ソフトであると認識したことを一つの契機とし、
公衆送信権侵害の各実行行為に及んだことが認められるのであるから、
被告がソフトを公開して不特定多数の者が入手できるよう提供した行為は
幇助犯を構成すると評価できる。

50 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:41:25 ID:???
これで故意があるといわれたらほとんど全ての行為が幇助になっちまうぞ
起訴されないから平気とかいってる前田は31条に反し違憲無効だな

51 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:42:24 ID:???
>>47
>姉とのメール

がポイントだな。

52 :判決要旨:2006/12/13(水) 19:43:31 ID:???
 ●量刑の理由
 被告は、ウィニーを開発、公開することで、これを利用する者の多くが
著作権者の承諾を得ないで著作物ファイルのやりとりをし、
著作権者の有する利益を侵害するであろうことを明確に認識、認容していたにもかかわらず、
ウィニーの公開、提供を継続していた。
 このような被告の行為は、自己の行為によって社会に生じる弊害を十分知りつつも、
その弊害を顧みることなく、あえて自己の欲するまま行為に及んだもので、
独善的かつ無責任な態度といえ、非難は免れない。
 また、正犯者らが著作権法違反の本件各実行行為に及ぶ際、
ウィニーが、重要かつ不可欠な役割を果たした▽ウィニーネットワークにデータが流出すれば
回収なども著しく困難▽ウィニーの利用者が相当多数いること、などからすれば、
被告のウィニー公開、提供という行為が、
本件の各著作権者が有する公衆送信権に与えた影響の程度も相当大きく、
正犯者らの行為によって生じた結果に対する被告の寄与の程度も決して少ないものではない。

53 :判決要旨:2006/12/13(水) 19:46:43 ID:???
もっとも被告はウィニーの公開、提供を行う際に、ネット上における著作物のやりとりに関して、
著作権侵害の状態をことさら生じさせることを企図していたわけではない。
著作権制度が維持されるためには
ネット上における新たなビジネスモデルを構築する必要性、可能性があることを
技術者の立場として視野に入れながら、
自己のプログラマーとしての新しい技術の開発という目的も持ちつつ、
ウィニーの開発、公開を行っていたという側面もある。
 被告は、本件によって何らかの経済的利益を得ようとしていたものではなく、
実際、ウィニーによって直接経済的利益を得たとも認められないこと、
何らの前科もないことなど、被告に有利な事情もある。
 以上、被告にとって有利、不利な事情を総合的に考慮して、罰金刑に処するのが相当だ。

54 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:47:28 ID:???
いや社会状況だろ

国民の処罰感情な

でも、一般人がニィに処罰感情なんかいだくかな

権力経済界の処罰感情か…


55 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:49:19 ID:???
筋がとおらないと思うんだけどな〜

56 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:52:24 ID:???
ほとんどの行為は何らかの正犯の幇助罪の客観面に該当
ほとんどの場合、何らかの意味で幇助の故意が認められる

検察官が適切に起訴猶予にするので問題はない。

↑winny判決説

57 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:55:43 ID:???
理論のない妥当結果を追求した場当たり判決

58 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 19:59:41 ID:???
司法試験受験生にお聞きします。
包丁との違いは?

59 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:03:35 ID:???
理論的には
幇助は十分成り立つだろ?


彼は当該プログラムにより著作権侵害が行われるのを予期して
侵害行為について語るのがメインの掲示板でプログラムを公開したわけだし


60 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:04:41 ID:???
包丁なら直ちに殺人傷害にいたる蓋然性は低いが、にい は ズバリじゃん てこと

61 :判決要旨:2006/12/13(水) 20:06:09 ID:???
>58
受験生に聞くのではなく京都地裁に聞いて欲しい。

判決要旨には全然書いてないけど
勝手に憶測すると

包丁が殺人,傷害に使われていることは,
包丁製作者にも認識されているが,
包丁が犯罪に使われることは例外で,
料理に使われることが大部分であると
包丁製作者は認識している。

これに対しWinnyは,
著作権侵害に使われることが例外的な用法ではなく
むしろ合法的な使われ方より,違法な使われ方の方が多いくらいであることを,
Winny2製作公開当時金子助手は認識していた。

という違いじゃないか?

62 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:07:21 ID:???
どんな判決出しても控訴されるのがわかってるから適当に投げだしたと見るべき。

63 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:07:23 ID:???
>>58
俺なりにこの裁判の理屈での包丁とwinnyの違いを説明してみた。
俺自身は必ずしも納得していないが読んでみてくれ。



包丁もwinnyも有用性と危険性の併存の点では違いがない。

「価値中立的な技術を提供することが犯罪行為となりかねないような、
無限定な幇助(ほうじょ)犯の成立範囲の拡大も妥当でない。
結局、外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうかは、
【その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、
提供する際の主観的態様によると解するべきである。】」(判決要旨より)

包丁は多くの場合に料理等の合法かつ有用な用途に利用されている
包丁を提供する者もそのような認識で提供をしている

winnyは多くの場合に著作権を侵害する行為に供されている
winnyを提供する者もそのような認識で提供をしている

従って後者は違法である。

64 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:10:11 ID:???
包丁製作が合法でWinny公開が違法であることの説明は一応できるのだが,

判決の論理に即してCD-R製作販売が合法で,
Winny開発公開が著作権侵害幇助と説明するのは大変苦しい。

65 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:13:24 ID:???
まあなんにせよ今年最後の重要判例だな


包丁だってこれから人を殺そうとしている人間に売れば立派な殺人の幇助

ニュー即じゃ馬鹿がいろいろ騒いでるが
今回の判決は現代刑法理論においては、十分成り立つ
日本以外でもなー


66 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:14:32 ID:???
少なくとも結果無価値論+蓋然性説では説明がつかないことだけは確かだ

67 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:16:19 ID:???
>>65
ニュー速厨は「ウィニーが上記のような態様で利用されることを認容しながら」の意味を
理解できないみたいだから。
んで包丁は?とか言い出すw

68 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:17:37 ID:???
CD-Rのドライブもディスクも
CDを著作権法に違反してコピーするのに使われていることは,
メーカーは認識している。
包丁を使った傷害事件の数とは比較にならない。
いまどきデータバックアップのためにCD-Rを使う人がどれだけいるだろうか。
いくらもいないだろう。

69 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:17:38 ID:???
日本刀との違いは?

70 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:17:46 ID:???
>>64

結局金子さんが
2ちゃんじゃない学術的なページにアップしてれば
多分逮捕までいかなかったはず
2ちゃんなんかで宣伝したから故意が認定され逮捕された


71 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:17:52 ID:???
違法性がかなり主観的に判断されてると思うんだけど
行為無価値論の人的には妥当なの?

あと被害担当艦として常時ageでヨロ

72 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:19:25 ID:???
行為無価値なら社会通念、相当性で簡単に説明がつく

73 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:19:37 ID:???
CDR、というかCDをまるごとバックアップ(コピー)できるようなソフトウェアは
著作権法上は大いに問題があると思うが、この基準をあてはめたらどうなるのかね。
社会的・技術的にあまりに広まりすぎているので実際に法廷で審議されることはないだろうが。
nyの場合はその点でセンターではなくペリフェリーの位置にとどまっていたことが
告訴され審判されたことの大きな原因のひとつだったということは確かに恣意性の証左と
見ようと思えば見えないこともない。

74 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:19:54 ID:???
日本刀は美術品として鑑賞に供されるもの

75 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:20:34 ID:???
最高まで行ってほしいな

76 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:21:01 ID:???
他のスレを護るため常時ageにご協力を

77 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:22:13 ID:???
Q 包丁は? 日本刀は? 自動車は?
A ニュー速へお帰りください

78 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:22:51 ID:???
>>77
このスレ>>1から読めば全部書いてあるんだけどな

理解できなきゃもうあきらめてくれとしか言いようが無いな

79 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:23:06 ID:???
現状でこれで認容していたってされちゃうと
あらゆる共有ソフトが引っ掛かるよな
それどころか該当ポートを利用出来るようにしている
ってだけでプロパイダーも引っ掛かるんじゃないか?

80 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:23:12 ID:???
>>77
それを説得的に説明できないなら君も去るべきだよ

81 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:23:52 ID:???
ファイル転送ができるソフトはほぼ黒だよな

82 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:24:32 ID:???
>>71,>>76
フィリピン沖海戦の塗装し直した戦艦武蔵でつか?

判決の論理ではCD-R販売も著作権法違反幇助になるでしょう。

83 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:25:07 ID:???
>>80
包丁だろうがなんだろうが、犯罪に利用されることを認識・認容しつつ製作して販売すれば幇助犯が成立するのは当然。
あえて説明するまでもない。

84 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:25:13 ID:???
てんぽ&マソコは?

85 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:25:50 ID:???
>>68
しつこいぞ
nyの製作目的のメインは侵害行為でそれを認識してうぷ
cdはどんな違法なデータ入手でもそれを記録すること自体は
何の犯罪も構成しない不加罰的事後行為
更に保証金あるし

お前の首から上は飾りか?


>>71
結果無価値でも成り立つような肝


86 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:27:29 ID:???
>>85
保証金って?

87 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:28:06 ID:???
マッサージ器を売ったら強姦の幇助で逮捕される時代がすぐそこまで来ています

88 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:28:17 ID:???
>>77
犯罪は客観面と主観面が必要なわけで、
幇助の客観=正犯者の犯罪実行を容易にした
幇助の主観=正犯者が犯罪に出るのを知っててそれでいいやと思った(認容)

の二つが必要。

たとえば、
金物屋さんが包丁を売ってるとして、

 普通にコックさんがやってきて「包丁下さい」といわれて包丁を渡して、
それが結果的にコックさんが喧嘩をした時に武器として使われてしまったのと、

 店の目の前でヤクザが殴りあってて、血相変えたヤクザがカウンターに走ってきて、
ヤクザが相手のほうを指差しながら『親父、一番切れる包丁売ってくれ!』といってきたのに包丁売った場合。

上の事例では、客観面には該当する。
でも、主観面は無い。
ヤクザに売った事例では主観面(=人を殺してもいいや)を肯定できる。

47氏についても、別に著作権侵害してもいいや、って
思ってたんだろ、って裁判所は主観面を認定した。

ここまでは、通説的には議論の余地はあんまない。
難しい話で教唆行為の定型性から絞りとかあるけど、理解は無理だから気にしなくてよい。

その主観面の認定の仕方が、どの程度の厳格さを持っていたか、ってのが問題。

89 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:30:09 ID:???
CD-Rメーカーのうち,
レコード会社をグループ内に持つソニー,東芝,ビクターなどは
グループ内のレコード会社がCD-Rによる違法コピーの被害を訴えている。
CD-Rが著作権法違反の犯罪に使われることを認識していると指摘されたら
逃げられないのでは?
別法人だと言ってもグループ内の会社が言っていることを知らないというのは無理でしょう。


90 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:30:20 ID:???
>>86
ググレカス


91 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:30:52 ID:???
客観面で幇助だというのはもう定説なの?

92 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:30:59 ID:???
>>89
判決要旨も読めないのならニュー速へ逝こうぜ。

93 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:31:16 ID:???
ぜんぜん関係ないが「法律できる」という言葉がなぜかすげーツボに入ったw

>>89
>>85を読んでやれよw

94 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:32:26 ID:???
>>90
すまん、ぐぐってもわからなかった
教えてくれ

95 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:32:41 ID:???
>>89

>>85に書いてある通りだ
理解出来ないなら巣に帰れ


96 :88:2006/12/13(水) 20:32:57 ID:???
>>91
うーん、一応、判決読んでもそうだし、基本書見ても
幇助は、正犯の実行を容易にした、位しか書いてないから
多分そうだと思う

確かに、学説だとちょっと細かく分かれるのかもしれないけど
実務については幇助は事例が少なくてどうも。。

一般的な説明としてはこれでいいと思う

97 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:35:32 ID:???
>>88
賛成。判決は主観面を大雑把に認定している気がする。
>>85
合法的に買ったCDをコピーし,海賊版として売ることが著作権法違反になる。
データを合法的に入手しても,違法に複製して売ることは著作権侵害。
また著作権補償金が値段に含まれている音楽用CD-Rディスクと
著作権補償金が値段に含まれていないデータ用CD-Rディスクがある。
海賊版製作者は当然安いデータ用を使うので補償金は著作権者に入らない。

98 :88:2006/12/13(水) 20:36:15 ID:???
>>89
そうだね

そこが争点になるね

そして認識・認容があったかどうかは、CD-Rメーカーは
自白しないだろうから、
・CD-Rメーカー自身の言動
・CD-Rメーカーを取り巻く状況
から推認するわけですね

で、それを実際見てみると
・CD-Rメーカー自身の言動=違法コピーを助長するような言動なし、保証金を支払う、違法コピーに反対する宣言とか
・CD-Rメーカーを取り巻く状況=違法コピーに使われている割合はそこそこ高い
これらを総合的にみると、認識・認容は無かったと思われる


99 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:36:36 ID:???
今ニュー速とやらのスレをざっと見てきたんだが・・・
すごいなwアイツら
リアル厨房か?
それとも、アレが世間一般の人たちなの?

100 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:36:39 ID:???
>>93
でもさCD-Rの存在が著作権侵害を容易にしてる面はある
それが幇助に当たるってことはないの?
それに保証金は主として音楽(それもほとんどの場合は
ジャスラックが管理してる楽曲)にしか支払われないだろ
動画等が記録されると通用しないんじゃないの?

101 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:36:54 ID:???
ていうかRじゃなくてコピーソフトじゃね?問題になるなら

102 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:37:48 ID:???
> 十分認識しながら認容した。
> 利用されることを認容しながら
> 認容していたにもかかわらず

と判決は繰り返し「認容」を認定しているのに、なぜか認識だけで故意を認めて
包丁だのCD-Rだのと言いはじめる。

ニュー速のスレとまったく同じ展開w

103 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:37:49 ID:???
>>94
MDとかCDとかの記録媒体を買うと同時に著作協会などに支払われている金


104 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:37:58 ID:???
>>99
あそこは、南京やホロコーストの否定論が
デフォな場所。常識を期待しても無駄。

105 :88:2006/12/13(水) 20:38:49 ID:???
さらにいうと、

・CD-Rメーカー自身の言動
・CD-Rメーカーを取り巻く状況

を、47氏に置き換えてみると、
@47氏自身の言動=著作権法に挑戦します、違法コピーを分かりにくくするようなバージョンアップします
A47氏を取り巻く状況=winnyの利用目的のほとんどが違法コピー
で、総合的にみると、故意を認定できる

だから、俺も最終的には判決としては有罪でいいと思う
ただ、判決の理由付けが、Aをメインに故意を認定してるような気がする
そうすると、CD-Rメーカーの場合にも、有罪になりかねず妥当じゃない気がするんだよね

106 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:38:53 ID:???
これだけおおざっぱに違法を認めていいなら
>>85の理屈では対応できないぞ。

CD-Rの売れ方はバックアップ用途に必要な量を超えている
人々が他人にデータを交付するためにCD-Rに焼いていることは明らかだ
そのデータには著作権があるものが含まれうる事も明らかだ
よって著作権侵害の意図があり違法だ、とかこじつけられる

107 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:39:45 ID:???
>>99
専門外のことなんてそんなもんだよ。
君だって学部の専門レベルの数学や物理の話はチンプンカンプンだろ?

108 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:39:56 ID:???
>>104
ハゲワロタwwwwww

109 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:40:21 ID:???
winnyで自作ポエムや再配布可能なデータを流してる人もいるじゃん
たまたま違法な交換が目立ったからといって用途が違法といわれたらおかしくね?
新聞記事データベースから「バール」を検索すればほぼ全て違法な用途になるけど。

110 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:40:38 ID:???
>>104
そのうち誰か天動説否定し始めねーかなw

111 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:41:07 ID:???
>>107
専門外のことをあそこまで知ったかぶって解説、批評するのもニュー速くらいだけどなw

112 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:41:34 ID:???
>>87
ワロタ

113 :88:2006/12/13(水) 20:41:35 ID:???
>>97
大雑把過ぎるよな
事例に対する解決としては妥当かもしれないけど、
もう少し緻密な認定をして欲しい

>>107
チンプンカンプンだとしても、法学は説明されればそれなりに分かるもんでしょ

多少説明しても一切聞く気が無いんだけど…
人の話を全く聞かないよな

114 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:41:48 ID:???
>>110
アポロが月に行ってない説が優勢だし、
あと一歩かなw

115 :88:2006/12/13(水) 20:42:35 ID:???
>>109
お前、レス読めよ

116 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:42:57 ID:???
包丁とCD-Rを一緒にするな。
>>98
違法に使うな宣言は金子助手もしている。
補償金は音楽用CDのみかけられており,
違法コピーする者は補償金負担がないデータ用を使う。

とすると
>違法コピーを助長するような言動なし、これが認容の有無を分ける決め手か。

117 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:43:22 ID:???
ニュー速では、結果発生の可能性さえ認識していれば故意を認める見解が通説的なようだw

118 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:44:14 ID:???
>>111
>>113
禿同

119 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:45:33 ID:???
客観面:違法コピーを助長するような言動をwebで発表→心理的幇助
主観面:上記行為の認識と誰かが正犯行為である違法コピーをして撒く蓋然性の認識

こういう認定なら支持してもいい。包丁屋は殺傷を助長するような言動をしていないから処罰されない。

120 :88:2006/12/13(水) 20:47:03 ID:???
>>116
そこが決め手であり、決め手にすべきだとは思うけど、
判決全文を読まないと何とも言えないです

もしかすると、「winnyの利用目的のほとんどが違法コピー」(+その認識)
を捉えて、それだけで違法にしてるような判決かもしれないけど
そうだとすれば妥当な判決とはいえないと思いますね

121 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:47:28 ID:RYeSF7p/
CD-Rもそうだが、数々の大騒動を引き起こしているこの2ちゃんも
何らかの軽犯罪の助長にあたらないか?

もっと拡大解釈すればBBSすべて、インターネット自体も犯罪助長に当たる罠

122 :85:2006/12/13(水) 20:48:19 ID:???
わりいw
頒布目的なら焼くだけでも
着手だな
>>85は自分用の話だ


頒布目的なら確かにメーカーへの幇助成立も一応期待できる
それでも頒布目的に使う奴は一部と思うが

メーカーと金子さんの違いは
終局的には意識、程度の問題とかいう曖昧さに入らざるを得ないかも
行為無価値で良かったw


123 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:49:51 ID:???
2ちゃんやネトランを起訴すると21条で揉めるから金子さんを狙ったんでしょ
健全な起訴裁量とはこのようなことを指します

124 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:52:42 ID:???
>>123
プログラムも著作物として21条の保護があるんじゃないの?
それ以前に学問の自由に引っ掛かると思うけど。

125 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:54:42 ID:???
>>105 >>119
なるほど
CD-Rメーカーは違法コピーを助長するような言動をしてない。

そこが金子被告との違いだね

ただ判決要旨の規範定立部分の

>結局、外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうかは、
>その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、
>提供する際の主観的態様によると解するべきである。

からは読み取りにくい。主観的態様に入るのか。
結局全文読めということか。


126 :88:2006/12/13(水) 20:59:23 ID:???
>>119
いや
客観面:ソフトの公開orバージョンアップ→正犯の著作権侵害の手段たるソフトを提供=犯行を容易にした

そして、幇助犯の場合の、主観面は結果発生の蓋然性ではないんじゃないかな
ここは微妙なとこだけど。故意の認定はほんと難しい。

主観面=故意=犯罪事実の認識・認容

たしかに、事実認定の際に、認容があったかどうかについて、
実行行為の結果発生の蓋然性が高ければ認容が認められるとする(蓋然性説)

たとえば、人を刺した奴が居て、そいつが、殺意を持ってたかについて
刺した人の使った包丁の刃渡り・持ち方で、殺意があったかどうかを認定する訳だね

ただ、幇助行為については、
幇助犯の故意=正犯が何らかの違法行為に出ることについての認識・認容

あーあれ、そうすっと、客観的にny使用者のほとんどが違法使用って言う状況があれば
結果発生の蓋然性が高い→認容があった、となるのかな

そうすると、判決が妥当ってことになってしまう??

CD-Rメーカーとの違いは、結果発生の蓋然性の違い、つまり、
CD-Rは5割くらいが違法行為に及ぶけど、Winnyは9割くらいが違法行為に及ぶから
蓋然性が高い、だから認容があったとするのかな

なんか納得がいかん…

127 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 20:59:35 ID:kL/ohlMT
使うユーザーが悪いのに、作っただけで逮捕された47氏可哀想・・・
俺が47氏ならぶちぎれる

もっとも、それだけの技術があったら金儲けの方向に走るけどね。

128 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:00:47 ID:???
>>127
ニュー速厨は巣に帰れ

129 :119:2006/12/13(水) 21:04:28 ID:???
俺も納得いってるわけじゃないけど、
なんとかこの判例をこじつけてみたわけよ。

客観面がソフトの公開とバージョンアップだけだと包丁売るのと区別ができないから
心理的幇助をプラスしてみたと。

主観面で正犯行為の認識を要求したら無罪になってしまうから
蓋然性にしてみたと。

130 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:05:28 ID:???
>>126
ny作者→違法な使われ方をしたとしても、結果nyの技術が広がるのはいいことだ。

ってところで積極的認容があったって判断されたんじゃないのかな。


131 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:06:14 ID:???
でもそれだとネットはエロで普及したっていう事実をどう評価するか

132 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:06:33 ID:???
判決よんでないけど、
ラジオで聞いた限りじゃ

幇助の故意はないが悪質だから有罪

といってるようだが、
マジか???。。。。

133 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:06:46 ID:???
憲法改正にも口出す経団連
                        政治献金と国会議員

【経済】"法人税減税、消費税増税、憲法改正、愛国教育…" 経団連「希望の国、日本」原案★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165853734/
ttp://www.asahi.com/business/update/1211/077.html 

134 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:07:23 ID:???
>>132
判決要旨嫁

135 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:08:20 ID:???
>>134
どこにあんだ?

136 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:08:33 ID:???
>>132

んなわけないじゃん

137 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:09:13 ID:???
判決要旨
>>30

138 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:09:17 ID:???
>被告は、本件によって何らかの経済的利益を得ようとしていたものではなく、
>実際、ウィニーによって直接経済的利益を得たとも認められないこと

そうなん?
金子のパソコン調べたら
ウィニーで落としたらしいエロゲーが出てきたって
証拠調べのとき言ってなかったっけ

139 :88:2006/12/13(水) 21:11:18 ID:???
>>129
正犯行為の認識・認容も、特定人に対する幇助じゃないから>>88では飛ばして書いたけど
そこも難しいよね

そこを不特定人でもよいとすれば、故意の認定できるけど
否定するならあなたの言うとおりになると思う

客観面については、包丁もWinnyも同じだと思いますよ
そこに絞りをかけるなら、教唆行為の定型性という考え方にいくのだと思います

>>130
今回の事例の場合は、そういう判断もできると思いますけど
そのような発言がなかったとしても、蓋然性説から行くと、
客観的な違法な利用状況の蔓延の中でWinnyをバージョンアップもしくは公開し続けただけで、
故意が認定されてしまうのじゃないかと思うのです

140 :132:2006/12/13(水) 21:12:07 ID:???
幇助の故意って認識じゃたりんのじゃなかったっけ?

141 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:40:50 ID:???
ここの板って思ったよりレベル低いんだね。期待して来たのに全然勉強になるレスないね。

142 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:43:30 ID:???
客観面はまあいいとしてだ。

『ウィニーが一般の人に広がることを重視し、 著作権を侵害する態様で広く利用されている現状を十分認識しながら認容した。
そうした利用が広がることで既存とは異なるビジネスモデルが生まれることも期待し、ウィニーを開発、公開しており、公然と行えることでもないとの意識も有していた。』と認定。  

ここから幇助の故意が認められるのかなあ。
幇助の故意=構成要件該当事実惹起の認識・予見と考えるとちょっとキツイよなあ。

143 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:44:15 ID:???
>>141
ならおまいがレベル高い書き込みをしてくれ

144 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:47:11 ID:???
>>142
>幇助の故意=構成要件該当事実惹起の認識・予見と考えると

これって間接正犯の故意とどう違うの?

145 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:47:59 ID:???
>>144
「正犯による」が抜けたんだと思われる

146 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:49:02 ID:???
地裁の腐れ判事だぜ?
インチキ判決に決まってんじゃねえか(藁

147 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:50:08 ID:???
>>146
判決要旨くらい嫁

148 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:52:42 ID:???
>>145
つまり
幇助の故意=正犯による構成要件該当事実惹起の認識・予見と考えると
ですか?

これでも同じ疑問があるのですが。

つまり
間接正犯の故意=間接行為者による構成要件該当事実惹起の認識・予見
とどう違うのでしょうか?

149 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:53:23 ID:???
射程が広すぎて危険な判決例だと思う。
判決も過度に広範なら違憲無効だべな

150 :132:2006/12/13(水) 21:54:03 ID:???
なんだよおめえら

本質ついた質問でた途端にだんまりかよw

151 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:54:27 ID:???
>>148
その面では故意は変わらないと解していいんじゃね
利得を受け取ったとか支配があるとかの場合が間接正犯
そういう事情が無い場合が幇助

152 :88:2006/12/13(水) 21:55:19 ID:???
一応、違いとしては、幇助の故意は、被幇助者が違法な実行行為を行うことの認識でいい

つまり、構成要件的結果発生の認容までは不要で、しかも構成要件の特定もいらない

153 :88:2006/12/13(水) 21:57:48 ID:???
>>150
>>132は話にもならないのでみんなスルーです

故意が無ければ、過失犯処罰の規定が無い場合は
犯罪は成立しません

悪質だから逮捕とかありえないのですよ
悪質の中身を細かく、違法・有責、さらにそれを類型化した
構成要件として分析した上で犯罪の成立を検討してる訳です

154 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:58:35 ID:???
>>151
つまり直接正犯も間接正犯も共犯も行為時に要求される認識の度合は同じだと?

155 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 21:59:42 ID:???
>>153
>>132には>>140を読んだ上で答えるべきかと

156 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:00:00 ID:???
ここまでは共通認識でよい?

幇助の行為=正犯行為を物理的または心理的に容易にする行為

幇助の故意=正犯行為を物理的または心理的に容易にする認識or認容
(結果発生の認識or認容までは要求されない)

157 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:01:05 ID:???
こういう事件がありうる事を考えると
判例だけ暗記とかじゃだめなんだなと思う
大変だけど基本書をきちんと読みます

158 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:01:49 ID:???
君たち刑法学の教科書読んだことないね?思考が浅すぎるよ。

159 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:02:54 ID:???
>>158
深い思考をどうぞ披露してくださいなw

160 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:03:03 ID:???
>>158
あんたのその深い思考を書かないと説得力皆無だよ

161 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:04:21 ID:???
>>158
まだ巣に帰ってなかったのか?



確かに少し勉強が進んで無い奴がいるけど


162 :132:2006/12/13(水) 22:04:38 ID:???
>>155
ありがとうございます。

判決では認識がなくとも悪質だから云々と言っているように報道されてました。
で、通説では幇助では認識がなければ故意は認められないと言われてた気がしたので>>132のような表現になったのです。

163 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:06:45 ID:???
>>162
それで判決要旨を読んだのかよ。

164 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:06:48 ID:???
報道は信用ならん
俺を雇えばもう少しはマシな記事を書いてやるのに

165 :88:2006/12/13(水) 22:07:26 ID:???
>>155
あ、読み飛ばしてもました…
でも、散々、幇助の故意には、認識・認容が必要ってのは通説だと思います

むしろ、故意は認識・認容が必要とするのですから、
幇助の故意についてのみ認容が不要とするには、それなりに説明が必要かと思います
少なくとも自分は聞いたことが無いです

>>156
おそらく、そこまではあまり異論は無いと思います

ただ、幇助の行為、についてはあまりにも無限低だから定型性を求めるべきとする説、
また、幇助の故意、についても構成要件的結果を必要とする説もあるようです

ただ、通説的見解としてはそれでいいはずですね

166 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:07:41 ID:???
こんな無茶苦茶な理屈が通用するなら、
5年間で20万人を自殺に追い込んだ小泉を殺人罪で死刑にしろよ
話はそれからだ


167 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:08:13 ID:???
>>153
>悪質だから逮捕とかありえないのですよ

ばか?
悪質だから逮捕起訴されるのに異議があるアホがこの世にいたとはwww

逮捕の要件だとか言い出しそうだが、現実問題としても罪質が悪質か否かで逮捕の要否が決定されてるよ。


168 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:08:24 ID:???
>>148
両方とも結果の惹起を認識する面では似通っているけど,

間接正犯の故意は自らを1次的責任と認識している
幇助の故意は自らを2次的責任と認識している

とか言ってみる。

169 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:08:40 ID:???
>>166
どこがムチャクチャな理屈なの?

170 :132:2006/12/13(水) 22:09:33 ID:???
>>165
おれのはスーパー速読法だから間違いない

171 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:10:35 ID:???
「これが有罪なら○○も有罪だな」

ニュー速厨お得意の論理w

172 :88:2006/12/13(水) 22:12:38 ID:???
>>167
悪質ってなんですか
法律用語で聞いたこと無いんですが。。。

173 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:12:44 ID:???
23条の趣旨を根拠に正当行為に該当し違法性が阻却されるという事はない?

174 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:15:13 ID:???
>>172
悪質は社会的概念だ馬鹿

175 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:16:06 ID:???
ラーカイラムで悪質を押すんだよ!

176 :88:2006/12/13(水) 22:17:33 ID:???
>>174
悪質だから有罪、って

いや、もう巣に帰ってめんどいわ。。w

177 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:18:31 ID:???
今日の目標→スルーすることをおぼえよう

178 :88:2006/12/13(水) 22:19:28 ID:???
>>177
ですね。。

179 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:19:48 ID:???
>>167
犯罪の嫌疑がなければいくら悪質でも逮捕できない

犯罪の嫌疑があるのを前提にして逮捕の必要性の有無が判断される。
悪質かどうかは必要性判断の要素。刑訴法199条読め。

180 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:20:45 ID:???
>>176
おいおい、おまえは>>153では「逮捕」と言ってるんだろ?
急に「有罪」に言い換えてごまかすな。

181 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:21:58 ID:???
>>179
>>153ではそんな限定はしてないから

182 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:22:49 ID:???
>>167
例えば結婚している女が
夫以外の複数の男とセックスしまくるのは民事的に違法だし
社会的非難も浴びるが,犯罪ではないから逮捕されない

183 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:23:42 ID:???
>>182
それはそもそも刑法的意味においては悪質じゃないから

184 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:24:19 ID:???
『認識』の射程が問題なんだね?


185 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:24:35 ID:???
ニュー速厨をいちいち相手にしてんなよ・・・

186 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:27:17 ID:???
>>183
>>132では刑法的意味という限定はされていない

>>183以外のALL 基地外相手にしてスマン 以後俺もスルーする

187 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:27:33 ID:???
判決要旨の要旨

【客観面】物理的幇助と心理的幇助を認定

被告が開発、公開したウィニー2が、実行行為の手段を提供して、ウィニーの機能として匿名性があることで精神的にも容易ならしめた客観的側面は明らかに認められる。

正犯者が匿名性に優れたファイル共有ソフトであると認識したことを一つの契機とし、公衆送信権侵害の各実行行為に及んだことが認められるのであるから、被告がソフトを公開して不特定多数の者が入手できるよう提供した行為は幇助犯を構成すると評価できる。

【主観面】

技術自体は価値中立的であり、価値中立的な技術を提供することが犯罪行為となりかねないような、無限定な幇助(ほうじょ)犯の成立範囲の拡大も妥当でない。
結局、外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうかは、その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様によると解するべきである。

被告は、ウィニーが一般の人に広がることを重視し、著作権を侵害する態様で広く利用されている現状を十分認識しながら認容した。
そうした利用が広がることで既存とは異なるビジネスモデルが生まれることも期待し、ウィニーを開発、公開しており、公然と行えることでもないとの意識も有していた。

188 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:30:01 ID:???
>>186
有罪判決の話題のスレなら刑法的論点を前提にしてるのは当然だろ

189 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:30:07 ID:???
174 :氏名黙秘 :2006/12/13(水) 22:15:13 ID:???
>>172
悪質は社会的概念だ馬鹿
183 :氏名黙秘 :2006/12/13(水) 22:23:42 ID:???
>>182
それはそもそも刑法的意味においては悪質じゃないから

以後悪質論は174と183でやってくれ

190 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:50:33 ID:???

まぁひとつだけ確実に言えることは、
この金子氏がキモオタデブメン風貌だったことが唯一の救いw

あれが超イケメンモテ男だったら、ファンクラブが出来たりと大変だっただろうw
さすが神様は均衡を考えておられるww

191 :140:2006/12/13(水) 22:51:01 ID:???
結局わたしの問いに誰ひとりとして答えられんのかw

なさけないのぅ

192 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 22:51:49 ID:???
>>191
流れなんて読んでないしw

193 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:07:36 ID:???
てか、>>148の疑問は解決したのか?


194 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:17:15 ID:???
巣に帰ったか

195 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:20:02 ID:kL/ohlMT
簡単に言うと
Winnyによって著作権違反がされている現状を知りながら、
配布しつづけた→故意の幇助→有罪?
Winnyは著作権違反以外にも使われることを想定していた。→無罪?
で、合ってる?

>>一部の人
人に死ねとか帰れとか言ってるやつが
これからの日本の法律を決めると思うと怖い

196 :15:2006/12/13(水) 23:21:23 ID:1iLRJlJY
判決の要旨うpしてくれた人,ありがと。
規範としての「主観的態様」と
実際の判断(認識・認容)の関係ってわかりづらいよね。
規範部分だけを見ると主観面で絞ってるように見えるけど,
実質的には故意論そのもののような…。
同僚との間でも,無罪もありかなって話してたけど,
少々物足りないのは確かだね。
手堅いと評しうるのかどうか。




197 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:21:51 ID:???
>これからの日本の法律を決めると思うと怖い





198 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:21:58 ID:???
>Winnyは著作権違反以外にも使われることを想定していた。→無罪?


おまえは→馬鹿?

199 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:22:51 ID:???
明らかに故意を違法要素としているよね

200 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:24:40 ID:???
>>195
>これからの日本の法律を決めると思うと

司法崩れが日本の法律を決めるってか?w

201 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:25:03 ID:???
結局、未必の故意なのかな。いや、認識のある過失?

202 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:25:13 ID:???
>>197-198
>>195は司法板の住人じゃないんだろう
放置してやれ

203 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:26:09 ID:???
>>195は釣りだろw

204 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:26:47 ID:???
>>177 名前:氏名黙秘 投稿日:2006/12/13(水) 22:18:31 ???
今日の目標→スルーすることをおぼえよう

205 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:27:19 ID:???


206 :15:2006/12/13(水) 23:29:49 ID:YX2XsTWr
>>202
いや,故意だからw
未必の故意だね。

207 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:31:48 ID:???
司法スレで嫌な書き込みがあるとき
試験前のストレスか問題に明確な回等がだせないとき


208 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:33:14 ID:???
解答

209 :15:2006/12/13(水) 23:33:46 ID:YX2XsTWr
判決のいう「認容」の実体って,どういう主観的態様を
言うんだろ。いったんできたソフトはもう被告人の
手を離れて動くよね。バージョンアップしたから
認容なのかな。

210 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:37:37 ID:???
認識していて他行為可能性があれば認容だろ

211 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:42:58 ID:???
しかし罰金150マソにはワラタ
懲役は無しって言うけど、どっちが良かったかはビミョンだろう。
ってか罰金のほうが痛いんじゃないのか。

212 :15:2006/12/13(水) 23:44:58 ID:kQU4JLbn
うん だから、ウィニーの場合、それ上で公開されているファイルが止められないように、ウィニー自体が使われるのを金子氏が止めることもできないじゃん?
その辺は影響ないのかなと

213 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:52:27 ID:T2fG5Efl
包丁メーカーが商品売ったら殺人幇助なん?馬鹿げた裁判だよな。日本の裁判はレベル低いね。

214 :氏名黙秘:2006/12/13(水) 23:52:30 ID:???
要するにサバイバルナイフを使って殺人したからってナイフを作った人が罰せられる
のはおかしいつうことかね

215 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:01:33 ID:???
>>212
確かに、どうやったら幇助を止められるかは問題だね。

検察がその気になったら、他の事件についても恣意的に
いくらでも幇助犯として起訴できちゃうんじゃ。

216 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:26:23 ID:???
とりあえずさあ、ニュー速住民はどっかに「ニュー速住民です」とか
書いておいてくれないかなあ。
そしたら>>213>>214とか一括で無視できるのに。

217 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:28:01 ID:???
書こうとした事がまんま>>213に書いてあってワロス
ま、外国の裁判のレベルが高いとも思わんがなー

218 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:28:28 ID:???
>>216
未習かもしれないから

219 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:29:18 ID:???
>>216
読むば一瞬でニュー速厨だって分かるからスルーしましょう

220 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:30:48 ID:???
>>218
いくら未修でも>>213-214のような池沼はいないだろw

221 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:32:27 ID:???
>>220
未習上がりと区別される既習の人ですか?
うちの2年次の授業は未習のトンチキ発言で学級崩壊ですが

222 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:33:09 ID:???
そろそろスレ違い

223 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:33:39 ID:???
ていかどうせ自作自演だろ
レスの続き方が異常に速過ぎる

224 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:38:17 ID:???
213,214のような致傷は、お家に帰ってください。

225 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:39:03 ID:???
違法故意と責任故意が混ざってるよなこれ

226 :15:2006/12/14(木) 00:43:30 ID:ZeRou5Pv
>>215
そういう問題意識はやっぱあるよね。
極論なのは自覚してるが,無限定な幇助行為は
ネット上の行動を相当程度狙えそうな感覚あるよ。
まあこれまでもビラ投入行為が住居侵入にあたるかとか,
起訴裁量に疑問を感じる出来事があり,
起訴裁量にすべてゆだねることが妥当な結果を
導けるのかが非常にうたがわしくなった。
判決では限定の方向性を検討してほしかった。

227 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 00:46:12 ID:???
213-214に反論できないから煽ってるわけか
もう司法試験諦めたら?ww

228 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:06:04 ID:???
ニュー速ですら包丁とか言い出すと袋叩きにされてるのに、
お前はww

229 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:14:33 ID:???
ごちゃごちゃしょうもない煽りばっかやってないで
包丁について反論の余地の無い一言で片付ければいいだけなのにね

って出来るわけ無いか
司法板だけじゃなくニュー即まで必死に見てるようだしな
勉強しないでいいの?自称司法試験受験生さん♪

230 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:16:53 ID:???
いい感じにスレの任務を果たしているね

本判決は外延が不明確なのが問題ではあるが結論としては妥当だと思われる
意図を重く見るのは判例の流れだし

231 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:17:08 ID:???
反論の余地なんて最初から無い。

232 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:21:34 ID:???
能弁垂れてないで反論どうぞー

233 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:23:50 ID:???
団藤先生の見解をキボン。

234 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:24:03 ID:???
幇助行為に類型性定型性を要求する立場に立つ人も多いと思うんだけど
その立場の人から見て本件行為は類型ないし定型に該当することになるの?

ちなみに俺の立場は認定された被告人の認識では幇助の故意に足りないというもの

235 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:33:12 ID:???
本当は無罪なんだけど、色々と屁理屈をつけて有罪にしたって感じだな。


236 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 01:35:50 ID:???
十分幇助でしょ

そもそもの開発の経緯やダウソでの双方向的なやりとりで言い訳不能
しかも本人も違法用途に使ってることからも明らか

237 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 02:31:47 ID:???
罪刑法定主義は、いずこへ・・・・・・

238 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 02:34:53 ID:???
むしろ、
もし日本が罪刑法定主義の国でなかったなら、
金子は無罪判決を受けていたかもわからんね。

239 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 02:35:35 ID:???
個人的には、このソフトの問題点としては、著作権よりも情報流出についての問題が大きいと思う。

240 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 02:41:17 ID:???
たまたまウィルスに狙われただけで
ウィルスに感染して情報を流出させうるのはインターネット自体の問題かと。

241 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 02:41:24 ID:???
Winnyなんかよく使うよな。
俺は怖くて使えないよ。
大事な彼女をケツ毛ちゃんのようにしたくないしね。

242 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 02:43:13 ID:???
>>237
罪刑法定主義分かってる?

243 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 02:43:16 ID:???
今、収入は日本国民の数よりちょっと多いくらいになりました。
今、収入は日本国民の数よりちょっと多いくらいになりました。
今、収入は日本国民の数よりちょっと多いくらいになりました。

ttp://promotion.yahoo.co.jp/charger/200612/contents03/theme03_03.php

スゴス


244 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 02:49:53 ID:???
ニュー速住民はスルーで

245 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 03:00:13 ID:???
常時ageでヨロ

246 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 03:11:28 ID:???
非受験生多いな最近

247 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 03:16:23 ID:???
非受験生ってニュー即ニュー即言ってる莫迦一匹だけだろ?

248 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 04:48:15 ID:???
うはは。面白いな。

249 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 05:10:05 ID:???
兵器開発に携わる人たちは、傷害罪、殺人罪の概括的幇助犯ということでいいですか?

250 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 06:28:04 ID:???
すいません。ニュー即民ですが、専門の方の意見を聞かせてください。

金子氏が幇助有罪として、
著作権団体から損害賠償請求を受け、民事で争った場合、
支払うことになるのでしょうか。
それとも間接被害として免除されるのでしょうか?


251 :15:2006/12/14(木) 08:26:50 ID:CdvWahDn
>>234
個人的には,あんまり類型論とかで処理できるような
定型性はないと思ってる。

ただ,むしろ実行行為性の判断に
実質的危険性とか可罰的違法性の観点を取り込む
解釈を考えていた。実務家だから(だからと言うと乱暴
だけど)可罰的違法性論より可罰性のない行為につき
実行行為性を否定する議論の方がしっくりくる。
そして,実行行為性の判断に,行為の正当業務的
側面とか,故意を超過する主観的態様を取り込む。
幇助行為は実行行為の枠組みとしての限定がないに
等しいから,逆にこういった発想がしやすいと思ってる
のだが。
で,結論としては,とくに2chとかでの言動から,単なる
認容というより正犯が利用することがウィニー自体を
拡散させられるという一種の動機を見いだせそうな気
がするし,一方では,正当目的というのも目的のため
には手段を選ばず的評価ができそうで,結局
有罪はありうるかと。

252 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 08:33:08 ID:???
罰金刑ならいいじゃん

253 :213:2006/12/14(木) 08:47:13 ID:XqJJPlRE
包丁云々の設例は、この手の事件で、アメリカのローで伝統的に議論される問題。教授がこの設例を学生に出したときに、学生がどう反応するかで、その人の法学レベルがわかるという。ま、きみたちは予想どおりの反応だったねw

254 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 08:49:25 ID:Gw1FQFDw
まともに受け答えも出来ずに「ニュー速民め!」とか煽るだけってかw

255 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 08:55:27 ID:???
>>253
それで飴ローの出来る学生はなんて答えるわけ?

256 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:08:24 ID:???
弁護士落合洋司の「日々是好日」 ttp://d.hatena.ne.jp/yjochi 12-13 [刑事][P2P]元東大助手に罰金150万 ウィニー開発
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2006121301000192
懲役1年求刑に、罰金にした裁判所の判断理由は何か?有罪認定するものの、検察が考えるほど悪質と言えないという判断による。
追記:「ウィニー」裁判判決要旨 ttp://www.asahi.com/national/update/1213/OSK200612130057.html
有罪になる可能性が高いと予想しており、根拠として、検察が強調した「著作権侵害の蔓延」を被告が積極的意図したことを強調し
(警察調書に沿って認定)、そのような積極的意図までない事案と違う、といった運びにすると考えていた。それだけに、判決が
「ウィニーによって著作権侵害が蔓延することを積極的企図したと認められない」と認定したことは意外で、にもかかわらず、有罪という結論を
導いたことも意外。判決が有罪とそうでないものの分水嶺をどこに求めたかというと、外部へ提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかは、
その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様によると解すべきという点。しかし、良い方向にも悪い方向にも
利用される優れたソフトを開発、提供した場合「現実の利用状況」をいかに認定するか困難がつきまとう上、状況認識や、主観的態様といった曖昧模糊と
したものに犯罪の成否が左右されると、予測可能性が担保されず、警察、検察、裁判所が有罪と考えたものが有罪になる(何が有罪かわからない)という
ブラックボックスになりかねない。ウイニーの場合、悪用が多かったことが有罪認定を支えているように見えますが、判決はウイニー技術自体の
有用性や価値中立性を肯定し、この種のソフトがバージョンアップを繰り返し、優れたものとなって行く実情に照らすと、たまたま悪用が多くなれば
開発継続やバージョンアップもできなくなる(幇助になるので)ことになりかねず、今後のソフト開発を行う上で悪影響も憂慮される。
こういった点に、裁判所が今後の指針になるわかりやすい判断を示すことを期待したから、この被告が有罪になる一方、ウイニーの使い方を
雑誌で紹介している人が不問に付されていることについての答えが見出せない判決は、失望を感じずにいられません。





257 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:10:56 ID:???
カードの電磁記録読み取る機械って市販されてるよね?
あれはいいの?
「自分のカードを読み込んで、楽しむためのものです」って
そんな目的で何マソも払って買う馬鹿いないだろ

258 :213:2006/12/14(木) 09:11:49 ID:XqJJPlRE
解答がどうとかいうよりも、直感的には馬鹿馬鹿しい質問について、きちんと法的問題点を把握して、法律論で否定ないし肯定できるかどうかということ。 故意論、因果関係論、社会的効用論とか、いろいろ解決のアプローチがあるんだと。

259 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:14:12 ID:???
>>213
素直に模範解答はわからないって言えよw
まあもでは包丁発言はばかばかしいとは思わない。
要するに「思わず殺人したくなることが明らかな包丁」を作ってばらまいたって事だろうな。


260 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:15:57 ID:???
罰金刑ならいいってことなんかないって
問題はこれで萎縮するってことだから

本質的な議論はされてないし

261 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:16:43 ID:???
正直執行猶予付きの懲役より罰金の方が萎縮効果あるだろうなw

262 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:17:27 ID:???
このプログラマーって金持ってるの?

263 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:21:19 ID:???
イニでダウンロードしてコピーした音楽ファイルとか消せないんだよね
パソコンは  なんとか復元できるんだっけか?

リアルならすてられるけどコピー

264 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:26:48 ID:???
取りあえずだな
ny作った奴を著作権侵害の幇助犯と言う前に
ny使って著作権を侵害した挙句国家機密を漏洩させた身内を逮捕しろよ

265 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:28:28 ID:???
身内ってよりそもそも重大性からいったらそっちのほうが問題

ちなみにあの使わないことですっていったコメント
プログラマーからみてどう思うのかね?

266 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:35:09 ID:???
政治的思惑が絡むと検察は鬼になるからな…

267 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:42:13 ID:rGsW5+Yj
1 名前:無責任な名無しさん [] :2006/12/13(水) 20:11:27 ID:rZHPrBO+
ウィニー開発者に罰金150万円
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061213it02.htm?from=top

この事件、「著作権侵害を認識」ばかりがハイライトされているが、事件解釈の本質部分は
違うだろう。
この事件、幇助事件なんだから、正犯が存在するわけだが、今回の判決は正犯と幇助犯との
間に直接の面識がなくても幇助は成立するという、極めて問題提起な解釈だということである。
ぜひみんなでこの「面識なき幇助」について徹底議論を尽くしてほ

268 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:46:55 ID:???
>>266
鬼にもなるし、開きめくらにもなる。
首相クラスの汚職とかは内部告発があってもぬるーが原則だしな。

269 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:47:31 ID:???
その正犯者を捕まえようとしない時点で
見せしめにコイツを処罰さえできれば
後はもうどうでも良いんだろ
馬鹿馬鹿しい

270 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:49:35 ID:???
×検察が鬼
○裁判官が鬼


そりゃ出世がかかってるし
政府の意思に逆らう判決出せば自殺しなきゃいけないんだもんね

271 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:53:17 ID:???
控訴すれば減額されそうだし
へたすると無罪になったりして
いずれにせよ議論を進化させてほし

272 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 09:54:34 ID:???
最近逮捕された知事も道州制に反対してた面子なんだよね。。
「一期二期では中央に何もいえない。四期くらいでやっとモノが言える様に
なる」って話ですから。
知事職に長期でいたら汚職するってのはデフォだったし、皆それは見てみぬ
ふりだった。
それをいきなり騒ぎ出したのは、道州制の導入に邪魔だったから。
ニュー速ネタと一緒にされたら困るんだけど、嘘だと思う人はちょっと調べれば
ネタではないとわかると思う。

273 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 10:06:54 ID:???
ウィニー裁判判決要旨 12月13日 ttp://www.asahi.com/national/update/1213/OSK200612130057.html
ウィニー2が、実行手段を提供し、匿名性があることで精神的に容易ならしめた。提供行為が幇助行為として違法性を有するかは、社会における
現実の利用状況や認識、提供する際の主観による。被告は著作権侵害する態様で利用される現状を認容した。そうした利用が広がることで
既存と異なるビジネスが生まれることも期待し、公然と行えることでないとの意識も有していた。そして、ウィニー2がウィニー1と互換性がないとしても、
ウィニー2は同等のファイル共有機能があることから、本件で問題とされる03年9月にも同様の認識をし、ウィニー2の開発を行ったと認められる。
被告は公判でウィニー開発、公開は技術検証を目指したものである旨供述し、開発する際の「2ちゃんねる」の書き込みからすれば信用できるが、
すでに認定した被告の主観的態様と両立しうるもので、上記認定を覆すものでない。ウィニーが著作権侵害しても安全と取りざたされ、広く利用された状況
の下、被告は、新ビジネスが生まれることも期待し、ウィニーが上記態様で利用されることを認容し、最新版を公開した。正犯者が匿名性に優れたソフト
であると認識したことを契機とし、侵害の実行に及んだことが認められるから、被告がソフト公開した行為は幇助犯を構成する。被告は、ウィニー開発、
公開することで、利用者が著作権侵害することを認識、認容したにもかかわらず、公開、提供を継続した。自己の行為によって社会に生じる弊害を知りつつ、
顧みることなく、自己の欲するまま行為に及んだもので、独善的かつ無責任。正犯者が著作権法違反の実行に及ぶ際、ウィニーが、不可欠な役割を果たした
▽流出すれば回収困難▽利用者が多数いることから、被告の公開、提供が、本件の著作権者が有する公衆送信権に与えた影響も大きく、正犯者の
行為によって生じた結果に対する被告の寄与も少ないものでない。著作権が維持されるために新ビジネス構築する必要があることを視野に入れながら、
プログラマとして技術開発という目的も持ち、開発、公開を行った。被告は、利益を得たのでなく、前科もない。以上、考慮し、罰金相当。



274 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 11:08:16 ID:???
2ちゃんねるは匿名性を利用して精神的に幇助しまくりじゃねえか。

275 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 11:21:06 ID:???
ウィニー有罪:京都地裁の判決要旨
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/it/news/20061214k0000m040001000c.html

無学で恐縮ですが、本件の被告はいわゆる「確信犯」という解釈になるのでしょうか。

276 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 12:00:44 ID:AVN2SQMW

Winny問題のような「中立的行為による幇助」の論点については、ここが参考になるかと・・・・・

http://strafrecht.exblog.jp/1573422/

277 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 13:07:14 ID:rGsW5+Yj
>>275
続けざまに微妙な日本語使いやがって

278 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 13:45:23 ID:???
>>276
大変参考になりました。著者と>>276に感謝

279 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:13:20 ID:???
技術開発者は不可罰とする方が素直な理論だという気がするんだが…
核兵器開発者も同様の理論で行けば、殺人傷害の概括的幇助犯なのか?

280 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:23:11 ID:???
ν即民だけど、確か西田先生の総論に
wiinyについて触れてる箇所があったよね

281 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:27:58 ID:???
〉〉279
核兵器に限っていえば、それらを使用するのは通常は国家だから

そして、国家が行う戦争という大量殺人はその国家の司法権の及ぶところではないだろう

282 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:29:40 ID:???
つ国際司法裁判所

283 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:34:57 ID:UUXrt7AF
>>281
通常の兵器や武器はどうなりますか?
特に、ビストルやライフルが市場に流通し、犯罪にも多数用いられているようなアメリカみたいな国では?

284 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:35:52 ID:???
前田の「起訴されないから大丈夫」論は全く歯止めにならなかったということだね

285 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:37:27 ID:???
>>284
前田ってそんなこと言ってたの?

286 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:41:49 ID:???
罰金150万って実質的には勝訴じゃないの?
理由を見ても違法コピー流布への利用を漫然認容してたくらいの責任しか
問うてないし。
俺は執行猶予付き懲役だと思ってたよ。

287 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:42:43 ID:???
>>286
有罪には変わりない

288 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:47:15 ID:???
>>287
世の中無罪とか簡単に出せねえんだよ。
横断歩道もないところで渡ってる奴を轢いても無罪になんか絶対にならん。

289 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:48:00 ID:???
心情刑法ではないかとの疑念を持たざるを得ない判決。
結果無価値・行為無価値二元論からみても不可罰という結論が出てもおかしくないと思うが。
結果無価値一元論者からみて、この判決はどう解釈するんだろうか?

290 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:49:04 ID:???
>>288
事例が全く異なる件

291 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:49:23 ID:???
>>286
懲役求刑に対して罰金判決ってのは被告人にとってはどうなんだろ?

292 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:49:31 ID:???
まあしかし、この人は善意で配布したソフトを勝手にバカに悪用れただけだし、
それも今回の事件で東大助手の職も失って死ぬほど社会的制裁も受けてる。
罰金刑に執行猶予付けるのが妥当だね。

293 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:51:00 ID:???
>まあしかし、この人は善意で配布したソフトを勝手にバカに悪用れただけだし、




294 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:51:36 ID:???
俺が包丁職人で、俺の包丁はよう切れまっせ、ガキ100人ぶった切っても刃こぼれしません
うひゃひゃ〜〜〜〜とか書いていて、俺の包丁を宅間が実際に使ったら俺も処罰される
わけだ。

こんな世の中はおかしいだろ。

295 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:52:23 ID:???
>>294
いや、それは処罰されていいと思うぞ

296 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:53:08 ID:???
>>295
ニュー速厨は放置で

297 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:55:53 ID:???
幇助とか不作為とかは広げようと思えばいくらでも広げられる概念だしな。
だいたい違法コピー交換するような奴はnyがなければMXでやってただけの
話で、nyの配布と主犯の実行行為に因果関係はない。

298 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:55:55 ID:wh45lGJx
氏根g身
氏根
死根ごみ
臣新参
神感謝

299 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:57:34 ID:???
前田を呼んでみたが(起訴人員が少ないから)理論的に重要じゃないと書いてあった

300 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 14:58:32 ID:???
>>299
何版?

301 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 15:01:15 ID:???
>>299
刑法学者の言う言葉じゃないな。

302 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 15:04:11 ID:???
>>299
さすが前田先生ですね

303 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 15:04:55 ID:???
>>297
仮定的事実の付け加え禁止。
条件関係はあるとみるべきだろ。

304 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 15:06:47 ID:???
>>299
前田先生は実務を重視されていますからw

305 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 15:18:41 ID:MaaoKfRM
どいつもこいつも
http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/archives/50755611.html
http://femdom.seesaa.net/article/22362134.html
http://blog.livedoor.jp/mixi_homer/
http://femdom.seesaa.net/article/21470389.html

306 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 15:50:59 ID:???
金子

在日?

307 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 15:54:43 ID:???
常時ageで

308 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 17:09:02 ID:???
>>279
アインシュタインなんて大量殺人罪だな
大統領に手紙まで書いて、原爆開発を進言しているし

309 :88:2006/12/14(木) 17:09:26 ID:???
(時事通信社 - 12月14日 14:10)
 旧五菱会関係者による大規模ヤミ金融事件で、違法な高金利の貸金業と知りながら、
他人名義で事務所の電話を設置したとして、警視庁生活経済課などは14日、
出資法違反ほう助の疑いで、電話販売業の女(62)=東京都練馬区=ら2人を書類送検した。


ヤミ金融の電話設置をほう助容疑で立件するのは全国初。
この女は「1111」など数字のそろった電話番号を全国で最初に売り始めたという。 

[時事通信社]


うお、幇助キタァ
なになに、最近幇助が熱いな

310 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 17:10:19 ID:???
>>286
>違法コピー流布への利用を漫然認容してたくらいの責任

それで「有罪」になるようなものなの?
無罪が妥当じゃないか?

311 :88:2006/12/14(木) 17:17:01 ID:???
>>308
アメリカ軍が、日本人を殺したのは犯罪じゃないでしょ
殺すことは、構成要件に該当するかもしれないけど、軍隊・兵士が
人を殺すことは違法性阻却事由がある

だから、そもそも、正犯が居ない。
それに、戦争で人を殺すことをアインシュタインとか核開発者が認識していたとしても
それは幇助の故意は否定されるんだよ

312 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 17:45:36 ID:???
>>311
>軍隊・兵士が人を殺すことは違法性阻却事由がある
>戦争で人を殺すことをアインシュタインとか核開発者が認識していたとしてもそれは幇助の故意は否定される

本当、文系の論理って無茶苦茶だよなw
「違法性阻却事由」だの言葉遊びに過ぎないだろ
てか、何で軍隊や兵士が殺人をしてもOKなの?


313 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 17:47:57 ID:???


314 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 17:49:46 ID:???
>>312
違法性阻却事由も知らない奴が何故司法板にいるの?

315 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 18:01:46 ID:???
>>213 >>229 >>253 >>258 の偉そうな包丁DQNは
>>58 の質問に対して >>61 >>63 >>65が答えているのを読め
さんざん既出

316 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 18:05:40 ID:???
皆さん、本日の目標はニュー即厨を華麗にスルーすることですよ

317 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 18:21:53 ID:???
>>177

318 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 18:23:30 ID:???
司法板の住人は真面目な奴が多いからなかなかスルーってできないんだよな

319 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 18:27:28 ID:???
わざと間違ったことを言って相手に訂正させるっての
コメントを引き出すときの常套手段だしね。

320 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 18:49:58 ID:UUXrt7AF
>>311
横レスですまんが、その理屈で行っても>>283に書いてあるような場合には説明がつかないと思うが、いかがでしょうか?

321 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 18:53:02 ID:???
アメリカでは自衛の権利が認められているのでピストルやライフルは合法有用な道具ということになる。
従って日本でたとえればトンカチや包丁が悪用されたような場合に接近することになる。

322 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 19:07:01 ID:???
>>321
別にあなたの意見に反論しているわけではないのだが、本件判決理論の射程がどうも釈然としない。
本件のソフトウェアも価値中立的に見れば、合法違法いずれにも使われうるし。
むしろ、違法な行為に簡単に利用されうる状態で流通においた行為だからと言えば済むと思うのだが…

323 :88:2006/12/14(木) 19:12:04 ID:???
>>320
その場合、幇助の故意が問題となる
って、上の方で散々書いたけど、もう一度書くと、

幇助の故意の認定がどうなされたか、判断方法が必ずしも明確じゃないけど
どっちの場合も犯罪成立は否定できる

判断方法としては、2種類考えうる
@ 幇助者自身が、認識・認容と言えるような発言をしていたことから故意を推認
A 製作物(ny、兵器、包丁)の使用方法のほとんどが違法(著作権侵害、殺人)に使われていた
   =構成要件的結果発生の蓋然性が高い、上に、それを認識していた、ことから故意を推認

まず、判決が、@の方法をとっているのだとしたら、
兵器産業については、認識・認容するような発言はしていない(兵士が人を殺すことを
認識認容していても、民間人が殺すことは認識・認容していない、もしくは
民間人が人を殺すとしてもそれは正当防衛の手段であることを想定している)。
だから、故意が無く、犯罪不成立。

Aの方法をとっていたとしたら、結果発生の蓋然性の高さが問題となる
とすると、winnyを使ってる奴が著作権侵害してる割合と同程度の高さで、
銃を買った奴のほとんどが、殺人罪が成立する態様で人を撃ち殺してる現状があれば
銃を売った奴に幇助罪が成立することになる

つまり、製作物(Winny、銃)を買った人のうちのどの程度が違法行為に及んでいるか、
によって、故意の認定が異なるわけ

そこの基準は具体的に何%とか明確では無いけど、おそらく、
銃を買った人の9割が違法な態様で人を撃って居たりはしないでしょ

Winnyの場合は、使ってる奴のほとんどが著作権侵害しているからこそ
幇助になるってこと。多分こういうこと。


324 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 19:14:09 ID:???
ダウンロード板で公表して、著作権法違反煽るようなこと言ってたのが
決め手なんじゃね?

専門板で、有志のみで実験、って形だったらたぶん問題なかっただろ。

325 :88:2006/12/14(木) 19:16:02 ID:???
ただねぇ、故意の認定に際して、蓋然性説は客観的でいいとはいうけどさ

幇助の故意に蓋然性説を用いることには違和感を感じるよ

だって、もし、47氏が本心から、身元がばれて恥ずかしい思いをしたくないけど
詩を公開したいポエマー達に使って欲しい、と願っていたとする

それなのに、意に反して、多くの心無い奴らが著作権侵害をしてしまってる
せいで幇助罪が成立してしまってるとしたら…

それはどうみても妥当とはいえないと思うんだよね

326 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 19:16:17 ID:???
1 優しい名無しさん sage 2005/05/28(土) 12:08:26 ID:hsMEWKCM
人間、辛いことがあっても自分を叱咤して前に進んでいけるかどうかで、
その人の人間性、精神力が培われていく。それができない甘えた人間が
社会的に挫折して、鬱という名で自分の努力の足りなさの言い訳にしてしまう。
人生に満足している、成功している人間に鬱なんて有り得ないことからも
簡単にそれが裏付けできる。鬱は負け犬の言い訳だということを肝に銘じた方がいい。

327 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 20:22:29 ID:???
>>312
何で殺されそうになった人が、
殺そうとしてきた人を殺してもOKなのよ。
「正当防衛」
これも言葉遊びですねw

328 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 21:38:24 ID:???
>>323
>Winnyの場合は、使ってる奴のほとんどが著作権侵害している

これが事実だというのはどうやって認められたのかが気になる。winnyネットワークが
実際にどのように使われているかは誰にもわからなかったはず。今でこそネットエージェントとか
一部の会社がwinnyネットワーク状況を結構正確に把握してるみたいだけど。
もちろん推測としては侵害しまくりだと考えるのが妥当だろうけど、それは世の中の9割は
DQNだって言う推測と大差ない程度の根拠しかない。

現実(事実)はどうでもよくて、金子氏がどう思ってたかだけが問題?

329 :88:2006/12/14(木) 21:59:32 ID:???
>>328
それはもちろん、事実じゃないとだめ

そしてその事実は証拠による証明が検察官によってなされたはず
しかも厳格な証明がなされているはず

「金子被告はウィニーが一般の人に広がることを重視し、
ファイル交換ソフトがインターネット上において著作権を侵害しながら広く利用されている現状を
インターネットなどで十分認識しながら、既存とは異なるビジネスモデルが生まれることも期待しつつ
ウィニーを開発、公開し、これを公然と行えることでもないとの意識を有していたと認められる。」

「ファイル交換ソフトがインターネット上において著作権を侵害しながら広く利用されている現状」
の「広く」が、どの程度広いと裁判所が認定したかは分からんけど
検察官がきっとがんばってそれを証明したんじゃない

あー、これよく読むと、「ファイル交換ソフト」って書いてあるから、
Winnyを開発する前に、MXがインターネット上において著作権を侵害しながら広く利用されている現状
を認識していたわけだから、開発行為自体(配布、バージョンアップ行為だけじゃなくて)
にも幇助の故意を肯定しうるな


330 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 22:05:05 ID:???
>>329
>開発行為自体(配布、バージョンアップ行為だけじゃなくて)
>にも幇助の故意を肯定しうるな

そうだったら共有ソフト全般の開発が出来なくなるじゃん。
p2p自体は今後必要になる技術なんだからそうならないように
技術の中立性を判決で述べてるんでしょ。

331 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 23:13:34 ID:???
あげ

332 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 23:43:30 ID:???
ダウソ板住民「MXユーザーが逮捕されちゃったよ
         これからどうやって違法コピーしたらいいんだ」
金子「新しいファイル交換ソフト作ります。ここの住民向けの」



これで故意を認定しない方がよっぽど不自然だと思う

333 :氏名黙秘:2006/12/14(木) 23:57:53 ID:???
>>314
知っているよw
ただ、「違法性阻却」って何なのって思わないか?
何で戦争では殺人OKなの?

334 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 00:04:34 ID:???
国内法的には法令行為、正当業務行為、正当防衛行為、または緊急避難行為ということになるだろう

335 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 00:16:48 ID:???
>>323
>Winnyの場合は、使ってる奴のほとんどが著作権侵害している

それって、根拠あるのか?

336 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 00:32:52 ID:???
>>335
それは裁判所も認定しているだろ

337 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 00:39:08 ID:???
・先日、雑誌「週刊金曜日」の集会で行われた「皇室パロディ寸劇」。
 それは、悠仁親王に見立てたサルのぬいぐるみを、「ヒサヒト!本家に男の子が生まれたら、
 お前なんかイーラナイ!」と皇后陛下に扮した男が放り投げる…など、中傷とも取れる内容だった。
 13日、それを演じたコント集団が自身のサイトで同寸劇についてのお詫びをするとともに、今後の
 上演中止を宣言していたことがわかった。

 その集会でコントに参加し「(天皇陛下は前立腺ガンですが)あっちの方は立つんですか?」と
 茶化した矢崎泰久氏や、「天皇の長子が一般人になるかどうか自分で選ぶようにしていけばいい。
 そうすれば天皇家はなくなる」と持論を展開した中山千夏氏、以前に侍従役で共演もした
 永六輔氏らの今後の動向が注目される。

−−−<以下、抜粋>−−−
今般、日比谷公会堂にて開催されました集会におきまして、ご皇室をパロディーとした寸劇を
上演いたしまして、ご皇室を敬愛される国民各位に多大な御不快の念をお与えしました。
今後、ご皇室を寸劇でパロディーにしない由、堅く堅く御約束申し上げます。
−−−<ttp://www.st21.co.jp/tagon/ より>−−−

※元ニューススレ
・【マスコミ】 「"ガンの天皇陛下、あっちは立つの?""ヒサヒト不要" 週刊金曜日主催、下劣な"市民集会"」 週刊新潮報じる★21
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165145735/

338 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 00:41:59 ID:AGp79/5n
今はトレントが主流?
うまく使えないんだよね

339 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 00:44:00 ID:???
ヴェテ10年以上は死刑という法律を作ると司法試験を実施してる連中も幇助犯で死刑

340 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 00:57:15 ID:???
はいはいわろすわろす

341 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 02:34:17 ID:???
共犯の処罰根拠論が再燃?

342 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 02:36:06 ID:???
ところでちょっと角度を変えて考えてみたいんだが、
例えばwinnyのファイル交換で肖像権やらプライバシー権やら営業上の秘密やらが侵害されてるわけじゃん
すると放流した奴と開発者は共同不法行為者ってことになるのか?
そうだとすれば被告人はハサーンなわけだが。
そして刑事より民事の方が責任が認められやすそうだと思うんだが

343 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 02:43:22 ID:???
>>342
nyは公開済みの物をコピーして再放流するだけだから、肖像権やプライバシー権は
まったく侵害されないだろ・・・

営業秘密ってのはようわからんけど。
不法行為責任が成立するとしたら会社でnyやってるバカ社員じゃないの?

344 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 03:14:12 ID:???
なんで著作権侵害の幇助(民法719条2項)を問題にせず、わざわざ肖像権とか言い出すんだろう?

345 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 03:17:42 ID:???
わからないから話題を逸らそうとしてるの?w>>343-344

346 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 03:19:10 ID:???
>>323
正犯はあの二人だって言ってるんだからそういうわけにもいかないだろ。
罰金150万という判決からして控訴されたらひっくり返ると思ってるだろ、絶対。

347 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 03:22:14 ID:???
>>343
ν即に帰りな

348 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 03:25:12 ID:???
>>342
民事の観点から被告人(被告)の立場を検討したいの?
それとも著作権以外を侵害利益と設定して検討したいの?

349 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 03:30:57 ID:???
>>345
なんでわざわざ肖像権とか言い出すのか分からないから質問しているじゃないか。
どうして話題を逸らそうとしていると感じたんだい?

350 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 07:38:58 ID:???
719Uで連帯責任負って、破産しても破産法253Aで免責されないからけっこう悲惨なことになるかもな

351 :15:2006/12/15(金) 12:56:39 ID:mFoyw0hD
>>325
蓋然性説と認容説って事実認定論を考えに入れれば
結論としては紙一重というか実質的にはほとんど
説明の違いに過ぎなくないか?
っていうか判決は認容っていってるんだから認容説
じゃないの?
どっちにしても判決は単なる蓋然性の表象からスト
レートに故意を認定してるわけじゃないだろう。
ただ事実認定論としては君のいう1,2は並列しうる
っていうか当然両方とも使うだろうね。

352 :15:2006/12/15(金) 12:59:46 ID:mFoyw0hD
>>330
開発行為そのものに幇助の故意を認めるとしたら
>>332のような資料は参照されることになるだろうね。
技術の中立性が今回の幇助の成否をどれだけ
限定する理論ないし事情となってるのか,要旨
からは正直読みとれない。

353 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 12:59:53 ID:???
>>336
だから、その根拠は?
何でそう言えるの?

354 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 13:00:36 ID:???
>>334
>法令行為、正当業務行為、正当防衛行為、または緊急避難行為

であれば、殺人OKなのかよ?

355 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 13:04:42 ID:mFoyw0hD
>>354
結論的にいえばそのとおり。

356 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 13:12:19 ID:???
>>353
事実認定の手続について聞きたいならスレ違いだ。

357 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 14:06:36 ID:???
>>355
何でそうなの?

358 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 14:09:34 ID:???
逆に聞くが、なぜ人を殺してはいけないのか説明できるか?

359 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 15:00:40 ID:???
このスレ的には、法で禁止されているから。

360 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 15:27:13 ID:uL1DTJlv
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、       _
            ,. ‐'´      `‐、          , ‐'´        `‐、, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   <         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦                ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、         .i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、       |
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ  |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      i゙!  7     ̄     | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃   / !  `ヽ"    u    i-‐i
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-  /  ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.__,./   //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー:--'´             //イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /               /  /i:::::.   //      ̄ i::::  / /

361 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 15:37:26 ID:???
>>358
大抵の社会のルールは以下の論理で説明できる
社会のルールは社会を発展的に維持するためにある
ある行為がなんのお咎めもなく蔓延しても社会が維持できるかが判断基準

さて人を殺してもお咎めがないとなるとどうなるか
これから先は自分で考えてね

362 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 16:31:03 ID:???
何故京都地裁なんだろう?

民訴の管轄知識の確認をせねば

363 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 16:36:04 ID:mFoyw0hD
>>362
なぜ民訴なんだろう…?

364 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 16:37:40 ID:???
こういう状況にいたるのが難しい>>354

あと正当防衛を利用した殺人と認定される

365 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 16:37:46 ID:???
winnyで被害にあった人じゃないか?
京都で有罪→俺も民事でふんだくるか→管轄はどこだろうか

366 :363:2006/12/15(金) 16:41:31 ID:mFoyw0hD
>>365
なるほど!頭いいな

367 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 16:44:14 ID:???
>>361
国に交戦権がなかったら侵略される。
そうすると社会が発展的に維持できなくなるから、
一般論として戦争が全部駄目って言えない。


これから先は自分で考えてね


つーか、スレ違いというより板違いだろ
哲学板とかでやってくれよ

368 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 16:55:08 ID:???
>>363
ああ、刑訴だw

369 :363:2006/12/15(金) 17:00:30 ID:mFoyw0hD
なんだよwwww

370 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 17:01:45 ID:???
>>368
おい!www

371 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 17:56:00 ID:???
被害者は任天堂だろ、どうせ。

372 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 22:47:26 ID:???
Winny裁判で最後までわかんなかったのが、
なんで弁護側はWinnyが優秀なソフトだということを延々と主張したのか
という件。
判決要旨をみるかぎり、その主張は認められたようだけど、結論に何か
影響があったようには見えない。

もしWinnyが、小学生が鼻糞ほじりながら半日で作れるようなものだった
としたら、何か状況が変わったの?

373 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 23:12:44 ID:???
弁護側

優れた研究成果の発表←(両立しない)→著作権侵害の幇助


痴裁の判断

いや、両立するってwww

374 :氏名黙秘:2006/12/15(金) 23:57:04 ID:???
有罪という結論ありきで必死に詭弁を考えた涙ぐましい努力が感じられる判決だ。
そしてそれを正当化する専門家の詭弁努力にもまた涙。

375 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 03:50:11 ID:???
>>372
あくまでも推測にすぎないがWinnyが優れたソフトであることを指摘することによって
開発・頒布行為の社会的に有用なものであるって言いたかったんじゃないか。

つまりまあ今回は著作権侵害に利用されまくってはいるが
抽象的に見るとこういう優れたソフトの開発頒布を制限すると
科学技術の発展を阻害するので適切ではないと言いたかったのでは。

これを犯罪成立要件のどの部分に関わる主張なのかということについて見るならば、
例えば許された危険だとか、行為の社会的有用性のゆえに違法性なし、というような
主張の基礎づけに利用しようと考えていたとか。

もともと判決や検察が金子氏の主観面に重きを置いて法律論を展開していたのに対し、
弁護側は主観面を云々するよりまず、客観面において金子氏の行為は
犯罪を構成しないだろ、と主張していたように思う。

ここまで議論は結構されてはいるが、やはり俺はまず幇助の故意云々よりも
客観面として幇助行為と認められるかがもっと検討されなければならなかったと思う。
そういう意味で今回の判決は問題だと思う。

Winny自体は価値中立的だと言っておきながら、それに主観面が
加われば幇助になるというのでは主観刑法とのそしりを免れないように思う。

もちろん頒布行為一般を問題にするのではなく、犯罪の発生が予想される
状況の下において頒布したことが問題だとして幇助とすることも
今回の事案では考えられないではないが、犯罪の発生が予期される
状況の下で頒布すれば、幇助だというのでは社会に対する負担が大きすぎやしないか。

金子氏の行為が自動車事故が起こることが必然なのに自動車を製造し販売し続ける自動車会社の
従業員の行為とどこが違ってどこが同じなのかがこの判決からはわからない。

判決はいわゆる「中立的行為による幇助」の問題についてもっと正面から検討を加えて結論を出すべきだったと思う。

376 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 06:17:46 ID:???
>>375
禿同
弁護側は主張すべきことを誤っていたと思うし、
判決は当然控訴審で予想される問題点について答えを示せていない。
罰金刑で濁しただけ。

有罪無罪はともかく控訴審はおそらく原審を破棄するだろうと思う。
あと、弁護側が控訴審でも同じ主張を繰り返すようだと、懲戒・弁護過誤訴訟だろうね。

377 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 06:25:51 ID:???
>>376
>弁護側は主張すべきことを誤っていたと思うし、

弁護側はWinnyが優秀なソフトだということを指摘することで
被告の行為がそもそも犯罪行為を構成しないと主張してたと思うのだが、
それが誤りだというのならば、
弁護側はどのように主張すれば正しかったのですか?

378 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 06:37:06 ID:???
>>377
幇助行為に当たるか否かを中心論点にすべきだった。
道交法違反の例の事例が現在の学説上、限界事例といわれていたわけで、
今回の事件は明らかにそれを超えてくる。

優秀なソフトだから犯罪行為を構成しないって、そもそも意味不明だから。

379 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 06:55:29 ID:???
優秀なソフトだから犯罪行為を構成しない→価値中立的と認定→でも主観を理由に幇助認定→それなんて主観刑法?

という流れを導けた点で弁護側は十分成功だと思う
つーか主観だけを理由に幇助認定されるって、弁護側にとっては予想外だったんじゃないかな

380 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 07:21:09 ID:???
> 主観だけを理由に幇助認定される

されてませんが?


頭悪すぎて話にならんな


381 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 07:34:52 ID:???
揚げ足取り&切れ逃げキターーーーー!!w


>>374
はげどう


382 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 07:52:17 ID:???
頭悪すぎるバカは書き込むなよ

383 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 08:37:43 ID:???

主観面を理由にソフト配布が幇助行為と認定されたんじゃないのか?

384 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 08:40:04 ID:???
難しい論点がまた増える

385 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 08:43:16 ID:???
>>380
おまいさん恥ずかしいぞwww

386 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 11:15:26 ID:???
この判決に対する評論、年明けの法律系雑誌に乗るかな?

乗るならジュリとかかな?

387 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 11:20:23 ID:???
判決要旨を読むと別におかしいとは思わないんだけどな〜
  >被告が開発、公開したウィニー2が、実行行為の手段を提供して、
  >ウィニーの機能として匿名性があることで精神的にも容易ならしめた
  >客観的側面は明らかに認められる
これが前提だから主観だけを理由に幇助認定というのは当たらない
もっとも、客観面のみから判断すると
  >価値中立的な技術を提供することが犯罪行為となりかねないような、
  >無限定な幇助犯の成立範囲の拡大
を招くことになるから
  >妥当でない
という評価になる。そこで、技術の外部提供行為を違法性を有するものと
そうでないものに振り分けるために
  >その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、
  >提供する際の主観的態様によると解するべきである
という基準を立てた。違法性の判断にあたって、行為者の主観的な
事情を考慮に入れることは客観的違法論からも許容されることだから
主観刑法だとかいう評価にはならない

388 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 11:39:43 ID:???
>>379
価値中立的なのは優秀なソフトだからじゃないですよ。
もうちょっと基礎的な論理と日本語とを勉強しましょうね。

389 :372:2006/12/16(土) 11:55:26 ID:???
>>375
コメントさんくす。

主観刑法という批判はあたらないと思うんだけどな。
幇助とした要件のうち、たまたま主観面が判断のわかれめになったという
話なのであって、客観面の検討がされなかったということではないと思う。
主観面だけで判断したということじゃないんじゃないの?

>Winny自体は価値中立的だと言っておきながら、それに主観面が
>加われば幇助になるというのでは主観刑法とのそしりを免れないように思う。

Winny自体が価値中立的だからこそ主観面が問題になるのでは?
>>387 が指摘するように、客観面だけで判断することの問題が
大きいということも言われているわけで。

あと価値中立云々については、Winnyの*開発*自体が悪である、という検察の
主張の否定なのであって、それを(違法行為目的が明らかな連中に対して)
*配布*した行為までを中立だとは言っていないように思われる。
で、判決も開発を罰したわけではないので、そこに矛盾はないと思ってるんだけど
どうだろ?矛盾だと騒いでる連中もいるけど。

390 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 12:47:43 ID:???
価値中立な行為は全て幇助の客観面を備える
よって故意の有無で犯罪の成立不成立が決まる

判決の理屈はこれでよい?

391 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 13:03:33 ID:???
>>390
>価値中立な行為は全て幇助の客観面を備える

そんなこと誰も言ってないと思うが。
なんでそんな無理矢理に変な判決だったことにしたいの?



392 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 14:08:47 ID:???
>>391
そうでなければ主観面で犯罪の成立が分かれることにならないから。

393 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 14:33:40 ID:???
まとめると、みんなが怒っているのは、この理屈の射程距離が明らかじゃないからだと思う
中立的行為をしている人はみな幇助に問われる虞があることになる
その分水嶺が主観面だというのは非常に恐ろしいことだ。

この裁判を指示する人はどのように基準が明確になっているかを教えてほしい

394 :88:2006/12/16(土) 14:43:57 ID:???
>>392
幇助の客観=正犯者の犯罪実行を容易にした

これ。
>価値中立な行為は全て幇助の客観面を備える
じゃなくて、

価値中立だろうが、なんだろうが、正犯者の犯罪実行を容易にした行為
は全て幇助の客観面を備える

が正解

395 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 15:46:39 ID:???
結局、被告はどう対応していればよかったんだろう
流通しているファイルを削除できる機能を搭載・・・だけじゃダメなんだろうな

396 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:29:29 ID:???
>>393
気軽に「みんな」とか言って代表者ヅラすんじゃねえよ。
おまえの同族が勝手に勘違いして勝手に怒ってるだけ。



397 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:31:48 ID:???
>>396
予見可能性という言葉を覚えてから出直してきてねw

398 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:33:11 ID:???
>>397
誤爆か?全然話がかみあってないけど。

399 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:36:58 ID:???
基準が明らかになってないとか言ってるけど、そんなにギリギリの商売を
みんなやりたいわけ?

違法行為をするのが目標とわかりきった連中に、違法行為をするにぴったりの
道具を、違法行為をするのに便利なような改良をほどこしながら
無制限にくばりまくったからアウト。

実に明確じゃん。

それより手前のギリギリの境界事例をいちいち説明する義務が裁判所に
あると思う理由を393あたりが語るべきだろうな。むしろ。

400 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:38:07 ID:???
誰がDLするかは予見できないわけだが

401 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:40:05 ID:???
説明したら説明したで、「司法のしゃべりすぎ」とか言って文句たれるんだろうな。

402 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:41:46 ID:???
>>400
具体的な個人が特定できるかどうかと、その連中の目的が予見できないかとは
話が別だよね。


403 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:43:43 ID:???
包丁屋は凶器として用いる目的の者が含まれていてもかまわないという認容の下包丁を売っているわけだが。

404 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:53:57 ID:???
よっぽど包丁が好きなんだね。毎晩抱いて寝てたりするのかな。

405 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:58:09 ID:???
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20061216#1166236421

406 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:59:27 ID:???
>>403
包丁屋にそう言ってこいよ。叩きだされるだけで済んだらいいな。

407 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 16:59:33 ID:???
勝手に勘違いしてるってことは
その勘違いのなかみに関して
名誉毀損があってもおかしくはないね

408 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 17:01:34 ID:???
だれか包丁屋とwiinyとの違いを簡潔にまとめて。
それをニュー速に貼ってとどめを刺してくるから

409 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 17:04:00 ID:???
407と408は関係ない話なのね

410 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 17:05:47 ID:???
理解できている人は1人もいないね
ポテンシャル低すぎ

411 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 17:06:30 ID:???
408のいってることはわかるけどね
まあこんな極端な類推解釈は
しないわけよ
まともなのは

412 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 17:11:24 ID:???
>>409=>>411

413 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 19:34:16 ID:???
>>403
とりあえず、人を刺すのに使いたいのでそれに適した包丁を売ってくれと包丁屋に頼んでこいよ。
「包丁屋は凶器として用いる目的の者が含まれていてもかまわないという認容の下包丁を売っている」のなら、
当然包丁屋は売ってくれるよな。

414 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 19:58:35 ID:???
目的を明示された時に拒むかどうかと
目的が明示されない場合の販売に認容があるかどうかは無関係だけど?
>>413は適性試験の論理学からやり直した方がいいねwww

415 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:13:59 ID:???
凶器として用いる目的の者が含まれていてもかまわないのなら、
目的の明示の有無なんて関係ないだろ。

なんで目的の明示の有無で結論が左右されるのか、論理的に
教えてください。

416 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:18:33 ID:???
>>413
へぇ。
正犯2人は違法うpするって宣言してダウソしたんだ?
初めて聞いたよ。

417 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:22:23 ID:???
つ【蓋然性】

418 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:26:09 ID:???
>>417
包丁には蓋然性がないの?

419 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:26:22 ID:???
>>416
>>406>>413は、包丁屋は凶器として用いる目的の者が含まれていてもかまわないという認容があるという点について突っ込みを入れているんだろ。
なんで正犯2人は違法うpするって宣言してダウソしたかどうかなんて話が出てくるんだ?

420 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:28:40 ID:???
>>418
さすがに無いだろ。
少なくとも80%以上は犯罪に使われていないとな。

421 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:30:06 ID:???
>>419
言ったらダウソさせなかったとするなら認容してないだろ?
そういう趣旨で包丁屋に言ったら売ってくれるかと書いたのではないのか?

422 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:32:14 ID:???
>>420
へぇ。79%なら問題ないのか。
じゃあ80%未満と認識していたら無罪だね。

423 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:38:08 ID:???
別にそう難しく考えんでも。
普通、包丁屋は包丁が犯罪に使われることがあると知っていてもまさか
自分の売った包丁が実際に犯罪に使われるとは思っていない。
Winnyの開発者は、P2Pソフトが犯罪に使われることを知っており
さらに自分の配布しているソフトが実際にその目的に使われるだろうと
思っていた。
ってことでいいんじゃないの?

424 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 20:45:56 ID:???
>>423
つまり思っていたかいなかったかが幇助の分かれ目なんだねw

425 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 21:10:57 ID:???
故意論も理解できない奴がいるようだな。

426 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 21:17:15 ID:???
ニュー即厨は巣に帰れ

427 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 21:20:56 ID:???
それにしても99%犯罪に使われるものを作りたい奴ってそんなにいるのか?

428 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 21:21:46 ID:???
君らの立場としては包丁事例とwinny事例は故意の差でしかないということでいいのかい?

429 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 21:23:09 ID:???
馬鹿か?

430 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 21:51:28 ID:???
>>425
故意論wwwww
だからそこが分かれ目なんだなって聞いてんだよw

431 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 22:58:11 ID:???
責任じゃなくてあくまでも違法性の話なんだけど……
ちなみに包丁とwinnyの差は「社会における現実の利用状況」の違いじゃね?
包丁の通常の使われ方は法益侵害を伴わないものだろ
winnyは現実の利用状況が著作権侵害を伴うものと認定されてるわけで
その上で、それを認識しているかどうかが問題になる

432 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 23:35:19 ID:???
確率1%以下も確率数割以上も同じ蓋然性だと本気で思うのは頭のユルいν速厨ぐらいのもの。

433 :15:2006/12/16(土) 23:40:24 ID:???
>>387,389,394
前にも議論にあがってたけど,確かに判文は主観的態様を限定要素として考慮すると
言っているように見える。だけど,実際には,認定されているのは,著作権を侵害する
態様で広く利用されていることの認識,認容だという。これって結局故意の認定とほと
んどかわらないんじゃないか?
そのあたりはどう思う?

434 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 23:42:07 ID:???
>>431主観で違法性が変わるならまさに意思を処罰していることにならない?

435 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 23:44:25 ID:???
判決擁護派は刑法の勉強が足りてない気がする

436 :氏名黙秘:2006/12/16(土) 23:49:37 ID:???
>>435同意

437 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:07:07 ID:???
>>383

> > 主観だけを理由に幇助認定される
>
> されてませんが?

>>385
クソが首を吊れ

438 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:07:41 ID:???
>>435,436
もう寝ろ

439 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:09:38 ID:???
>>434
ならない。いいから寝ろ。

440 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:12:43 ID:???
>>435でFAだな

441 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:14:26 ID:???
判決擁護派は刑法の勉強が足りてないのなら、その判決を書いた裁判官も刑法の勉強が足りていないなw

442 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:15:40 ID:???
必要条件と十分条件の違いも理解できない434みたいなのは
刑法の勉強が足りないどころの騒ぎではないわけだが。

443 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:16:34 ID:???
負け惜しみ乙www

444 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:17:22 ID:???
煽りしかできなくなったらおわりだね。
ν速へおかえり。

445 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:20:45 ID:???
さっさと消えてくれ

446 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:21:17 ID:???
まったく主観主義も分かってない低学歴が

447 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:21:56 ID:???
>>433
故意の認定と変わらないという点には同意
ただし、判決要旨からは主観的違法要素の有無で違法性の有無を
振り分けているように読めるので、故意が主観的違法要素であることを
肯定するならば、まさに故意の有無が違法の有無に直結することになる
これは責任要素としての故意ではなく違法要素としての故意の問題と
位置づけられるが、故意を違法要素としない考え方(結果無価値をとると
こっちの考え方に近くなるか)からすれば納得がいかないかも

448 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:25:41 ID:???
故意を違法要素とする立場の人に聞きたいんだけど

故意を違法要素とする人は法益侵害が少なかったり中立的でも故意をもって違法性を肯定するわけじゃん
(結果無価値+行為無価値)
すると結果が発生してなくても故意だけで処罰していいことになりうるけど
(結果無価値がゼロでも行為無価値を足せば違法だから)
なんで極々わずかな結果無価値を要求する必要があるの?

449 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:37:15 ID:???
>>448
「故意だけで処罰していい」というと語弊があるな
あくまで違法な行為を処罰するのであって、故意はその要素の1つにすぎない
少なくとも俺の理解では
違法性を肯定するにはいくつかの要件があって、故意はその要件のうちの1つ
他の要件を満たさないのであれば違法性は肯定されない
法益侵害も要件の1つだと考えるから、それを要求する
二元論だとこうなるはず。行為無価値一元論だと結果無価値を要求しないかもよ

450 :15:2006/12/17(日) 00:40:51 ID:???
>>447
レスありがと。
たしかに判文は違法性の根拠としてるんだけど,
結局故意なら当然必要なんだから,あんまり成立を絞る要件にならないよね,っていうのが
疑問だった。当該判示は当事者間で行為の違法性が争われたことによるのかもしれない。
そうだとすれば,判決は,当該行為が客観的に違法性が明らかであるという検察官の主張
を蹴る一方で,主観的態様を含めて違法性を勘案するという,実務的には当然の立場によ
ることを宣言した意味しかないのかもしれない。

ところで,実務上主観的要素が違法性を左右すること自体はあんまり疑いがないから,
主観刑法とかいうのは本件の実践的批判にはなりえないと思うよ。

451 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:41:54 ID:???
>>449レスありがとう。
俺は結果無価値しか勉強したことがないから勘違いしているかもしれないけど聞いてくれ

結果無価値は法益侵害(とその危険)が違法性で、故意は責任の問題になるわけじゃん
すると、可罰的違法性が数字で10必要だとしたら、
結果無価値が10に足りなければ故意が悪質でも100悪質でも処罰はされない。

行為無価値は主観面も違法に数えるから、
結果無価値が1しか無くても主観面が100悪質なら1+100で101の違法性だと言って処罰するわけじゃん

だとしたら、どうして結果無価値がなくて主観面が100悪質な場合に0+100=100の違法性だとして処罰しないの?
どんなに軽微でもいいけど結果の発生が処罰条件だというような気がするわけ。

452 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 00:45:49 ID:???
むしろ、意図が問題にならないとしている人に、
なぜ殺人と過失致死の違いがあるのかを説明してほしいのだけど。
殺人の判決は意志を処罰してるのだとでも言うつもりかい?

453 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:02:06 ID:???
>>451
一般に「行為無価値」と称されるのは「行為無価値・結果無価値二元論」だからね
どうも「行為無価値一元論」とごっちゃになっているような気がする
刑法の規定振りを見ると結果無価値が違法性の基礎をなしているといってよいが
他方で結果無価値のみで違法性を説明することも難しい
だから二元的に判断しようということ
結果無価値が違法性の基礎をなしてるんだから、これが欠けると違法といい難い

ついでに言うと、違法性はそれぞれの要素を合算するわけじゃなくて
違法性の諸要素を、評価規範の立場から客観的に判断するという類のものだから
結果無価値が1しかないならそれなりの評価になるだろう

454 :15:2006/12/17(日) 01:03:46 ID:???
>>451
横レスだけど。
二元論は,違法の評価を加えられるべきは法益侵害ないしその危険性を有する行為
って考えを前提としてる。ただその違法性は主観的態様も当然考慮すべきだという
わけで,例えば452のような場合結果は同じでも違法性は異なると考えるわけだ。
なんで処罰しないのか,と聞かれれば,違法性は結果無価値がベースになるから
だ,としかいいようがない。
というか,何がわからないのかがわからん。結果無価値論にたつのはいいが,
二元論も一応わかっておいた方がいいと思う。

455 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:13:04 ID:???
分かりたいんだけどわからないんよ。こじつけじゃんって気がしてしまう
たとえば保険金詐欺をするために被害者の承諾をとって車をぶつけた判例とか
法益が放棄されてるのに詐欺の目的が違法だからって処罰してるじゃんって思った

456 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:23:51 ID:???
>>450
言われてみると確かに成立を絞る要件にはなってないかも
ただ、犯罪の成立を絞るというよりは、価値中立的な技術を提供することが
無限定に幇助行為に該当することを避けたかったので絞りをかけたわけだから
違法性を有する幇助行為とされた以上は故意もそのまま認定されて
犯罪成立までストレートに繋がってしまうのも仕方がない(乱暴な言い方だが)と
考えているのかもしれない
これは、指摘のとおり争点が違法性にあったことと関係してるんだろうね

>>455
二元論側の基本書も読んでみたら?
結果(法益)から見るんじゃなくて行為から見るわけで、違法性の有無は
その行為が全体的な法秩序の見地から許されるか否かという観点から判断する
承諾についても、単に承諾が存在するという事実だけでなく、承諾を得た動機とかの
事情とも照らしあわせて全体的な観点から判断する

457 :15:2006/12/17(日) 01:26:11 ID:???
>>455
分かっておく,というのは一応の基本,例えば453がいうような行為無価値一元論との
違いを押さえておくという程度はしておけということ。
それと君が言うのは裁判例がどう考えているかってことなのか?
それは説明の仕方で違ってくるし,法益を放棄したから結果無価値ゼロという考えを
とるか自体が一つの論点な訳だからさ。
結局結果無価値論からみるから理解できないわけで,だから分かっておけと言うん
だよ。

458 :455:2006/12/17(日) 01:27:10 ID:???
>>456
なるほど!だから行為無価値と言うのか。わかってきた気がする
承諾の事情がアウトローな感じだからその行為はなお違法なわけね。
でも行為が違法なのは納得したけど、法益侵害がないのは同様だよね。
だったら未遂にしないとおかしくない?

こんな俺に相応しい二元論の教科書教えて。大谷とか?

459 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:30:05 ID:???
>>458
法益関係的錯誤論の事例などで頭を整理してみると良い。
大谷でいいと思うよ。

460 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:32:49 ID:???
あんがと。明日大谷買ってきます
それにしても聞いていて行為無価値は判断の当否を問いづらい説だと思った。
なんでかってゆうと諸般の事情を考慮して違法にしちゃうから
どう考慮したのかがブラックボックスな気がする
そんな批判的視点をもちながら勉強してみるよ。みんなありがと

461 :15:2006/12/17(日) 01:35:15 ID:???
>>456
ありゃ,かぶった。
それはそうと,普通はさ,故意は客観的な構成要件要素を認識・認容してれば
概ね足りるから,正犯を容易ならしめることを認識・認容してれば幇助の故意が
あると言っていいと思うんだけど,判決はこれと違う認識・認容なのか,それとも
まさに同じことを要件にしてるのかがもう一つ読みとれないんだよな。
nyが実行行為の手段の提供・精神的な助長という客観的幇助行為の側面を
有しているとして,その「認容」の一資料として,著作権侵害の態様で「広く」利用,
といった事情を勘案しているものなのか,それとも故意を超える,「積極的」といった
主観的態様を認定して,それを違法性の根拠としているのか。どうなんだろう。

理屈では,主観要素で違法を限定する場合,それが故意と一致する原理的な
必然性はないから,超過的なものもある程度設定可能だと思うんだよね。
そういう発想もあるのだろうか。

462 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:37:10 ID:dIiYrcZx
朝まで生テレビで客にNY擁護か反対か訊ねて擁護は一斉逮捕…
なんて朝日ならしそうじゃねww

463 :15:2006/12/17(日) 01:38:44 ID:???
>>460
逆に結果無価値論的に疑問の余地がある例を違法にするには相当の説明が
必要だともいえると考えてるけどね。ただ裁判例は学者や学生の方を向いて
判決を書いてるわけではないということもあり,すんなり理解しがたいところは
あるのかもしれない。

464 :455:2006/12/17(日) 01:45:47 ID:???
おまけだけど、
法益侵害があること
悪い意図があること
どちらも「単独で」処罰根拠になるという考えが一番庶民が納得する気はした。
裁判例もこれで説明できると思う。

winnyは価値中立だけど著作権侵害に利用されて大損害が出たから処罰
手術に失敗して人を死なせたら結果が重大だから処罰
交通事故で保険金詐欺をしようとしたら被害者が法益を放棄していてもけしからん企みだから処罰

465 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:51:00 ID:???
>>464
庶民の納得って、どこの田舎者ですか?
刑法の謙抑性とか全く無視ですか。

466 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:51:57 ID:???
そういえば主観主義刑法を教えている地方下位ローがあったな…

467 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:53:55 ID:???
謙抑性とかいうならwinnyを処罰しちゃだめだろ

468 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:55:14 ID:???
>>461
判決要旨しか見てないので断定はできないが
  >ウィニーによって著作権侵害がネット上に蔓延すること自体を
  >積極的に企図したとまでは認められない
とか
  >ウィニーが著作権侵害をしても安全なソフトとして取りざたされ、
  >広く利用されていたという現実の利用状況の下、被告は、新しい
  >ビジネスモデルが生まれることも期待し、ウィニーが上記のような
  >態様で利用されることを認容しながら
という記述からは、認識・認容で足り、積極性まではいらないという判断だと思うが
  >その技術の社会における現実の利用状況
を前提にしていることから、正犯を容易ならしめることの認識・認容ではなく
結果の発生(の蓋然性)についての認識・認容を要求しているとは考えられる

469 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:56:54 ID:???
どうせ破棄される判決。論ずるだけ無駄

470 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:57:17 ID:???
>>468
全文読んでからいえよ、ばか。

471 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:57:43 ID:???
>>464
庶民の法感情はなるべく処罰範囲が広いものを望むだろうから
間違ってはいないだろうが、裁判例をそれで説明するのは難しい
たった3例くらいから帰納法でいこうとするとおかしなことになるよ

472 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 01:58:45 ID:???
大阪南港も説明できるよ
証拠が排除されたけど明らかにそいつが犯人だから既遂で処罰

473 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 02:18:05 ID:???
裁判所が認定した事実からの理論構成より、
その認定のやり方に問題があると感じたんだが、
やっぱそういう議論はこの板には馴染まないのかなぁ?

いまさら結果無価値・行為無価値について熱く語ってる場合じゃないと思うんだが。
(少なくとも、この判決について論じる上で、ね)

474 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 02:20:10 ID:g7AX6V8g
この判決うけるでしょwww
有罪はおかしいべ〜  すごい発明の便利なソフトつくったのに
罰金とかいって なんじゃそりゃ〜


著作権には気をつけるようにと 名目でつくってだしたんじゃねーの?w しかも、これでたの何年前よ? 裁判で指摘された部分なんか つくった当時なんか 具体的にそうなるとは
予測できねーし、 そうなってから改良するしかなくねw



金子氏の罪状は言うなれば"社会を混乱させた罪"ってことなら・・・

じゃ〜すごいノーベル賞ほどの発明も 裏目にでれば
逮捕=罰金って・・・
おいおいwwww  おかしいってwwww 
 

ま〜判決も、メディアからのほとんどが おかしいって
言ってるみたいだから 変わりそうだけどなwww書き込みとかも みたりすればw  


んじゃ〜MXとかshare、ライムとか ファイル交換ソフトつくったやつ、 全員 逮捕で罰金で取り立てろよなw   nyのやつだけじゃおかしいべ?      MXとか誰がつくったの?

475 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 02:20:50 ID:???
馴染まないというか当事者の立証活動も見えないので判断しようがない
証拠カードでもあれば話は別なのだが

476 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 02:22:47 ID:???
ところでこの理屈なら各プロバイダも幇助に問われざるを得ないと思うんだが。
どんな通信が行われているかは当然知っているわけだし
通報や苦情も受けているわけだし
対価を得てやっているわけだし
winnyより違法性は高い気がする

477 :476:2006/12/17(日) 02:24:48 ID:???
winnyが社会問題となって以降ね。winnyの開発者が幇助なら
ぷららとかwinnyを社団したプロバイダ以外は幇助だろうということ。

478 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 02:37:12 ID:???
問われてもおかしくないんじゃない?
ただ、各プロバイダはwinnyのためにやってるわけじゃないから
winnyを使えなくする措置をとらなかった点を捉えて不作為による
幇助として構成するしかないような気がしないでもない
その場合、正犯の実行行為を阻止すべき法的義務は認められる?

479 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 02:40:32 ID:???
主観だけで有罪とか
故意だけで処罰していいとか


お前ら初学者かと

少しはまともな言葉を使え
そんなんだから試験官がキレる

480 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 03:10:27 ID:???
いや、winnyを使ってる奴がいる事を知っている状態でプロバイダの便益を与えた作為を幇助に問うべきだ。

481 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 03:21:37 ID:???
今回の京都地裁の考え方だとどうだろうな
価値中立的な行為→社会における現実の利用状況とその認識が問題になる
→「winnyを使っている奴がいることを知っている」程度で違法性を基礎づけられるか

問うべきだ、と言うのは自由だが、無罪にもなりうるぞ

482 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 03:29:54 ID:???
結論的にはプロバイダを処罰する必要はないと思うが
京都地裁の理屈から不処罰が明快に導けないのであれば
それは既に問題なわけだよ

483 :としした:2006/12/17(日) 07:53:55 ID:emK2erTA
結局さ、官憲・マスゴミは正義ぶってWinny批判してるけど

今まで国民に隠し通したり、ごまかしのできた

政府や政治家、官憲の腐敗ぶりや、
国民に秘匿しておきたい情報が、
流れるのを防ぎたいだけでしょう。

そんなのダメでしょうに。
情報のオープンは世の流れだよ。

484 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 15:50:05 ID:???
>>482
だよな

485 :初学者a:2006/12/17(日) 17:18:29 ID:???
まだ勉強初めて2年目の者ですが
刑法の問題と考えれば幇助にあたるかどうかということが問題になって
形式的には幇助になると考えられるのは分かりますが、
表現の自由・学問の自由という憲法上の問題にはならないのでしょうか?

本件に幇助を適用してしまったら
憲法上の権利が著作権保護というタテマエによって制限されてしまうとおもうのですが。

2審以降では適用違憲で無罪になってくれると信じてます。

486 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 17:27:04 ID:???
>>485

憲法の人権総論部分を読み直せ
適用違憲以前の論点だよ

487 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 17:30:19 ID:???
>>485
当然なります。
ただ、刑事訴訟では刑法の解釈に憲法的利益も取り込んでいくやりかたをするので
憲法を問題にしていないように見えているだけなのです。
恐らく弁護側は人権規定も持ち出していると思いますよ

488 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 18:33:10 ID:???
問題にしてないって・・・


アホか

489 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 19:01:00 ID:???
>>485
そうだね、全くその通りだね

殺意を認定して殺人罪にしたら内心の自由を侵害するね
全く酷いね^^

490 :初学者a:2006/12/17(日) 19:39:35 ID:???
適用違憲とか合憲限定解釈とか刑事訴訟でどう判断したらいいのか分からないのですが、
正当行為で違法性阻却というのはどうでしょう。

研究者が研究成果を公開することは憲法で保障されている正当行為だから
幇助の構成要件には該当するけれども、違法性はない。

また見当違いなこと言ってたらごめんなさい。

>>489
人の生命より内心の自由のほうが大事なんですね。

491 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 19:51:45 ID:???
>>490
見当違いではないよ。刑法の解釈論になるととたんに憲法を忘れる奴がいる
あなたの疑問は間違っていないから先輩とか先生とかに疑問をぶつけてみるといいですよ

492 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 21:53:01 ID:???
それなら罪刑法定主義違反のほうが

493 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 22:22:44 ID:uv+0+nVj
彼はWinnyによって著作権侵害が蔓延すると予想できるはず!
刑事責任は問われないとおかしいぞ!


494 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 23:16:08 ID:???
>>485
お前は著作権が憲法上何の保障も受けない権利だとでも言うのか
大審院時代からタイムスリップしてきたんじゃねーか

495 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 23:28:08 ID:???
>>494
( ´,_ゝ`)プッ

496 :氏名黙秘:2006/12/17(日) 23:42:40 ID:???
卒業して25歳、三球三振して28歳

28歳、無職、職歴なし、法務博士(三振済み)

人生オワタ


497 :初学者a:2006/12/18(月) 01:41:41 ID:???
>>491
司法試験板の先輩方の意見を聞きたいなと。

>>494
財産権のことですか?


498 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 01:43:04 ID:???
卒業して25歳、三球三振して38歳

38歳、無職、職歴なし、法務博士(三振済み)

人生ある意味これから

499 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 02:00:50 ID:???
まあ財産権<精神的自由だけどね

500 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 02:58:05 ID:???
>>497
著作権を財産権的側面のみで把握すると間違うぞ
著作者人格権とか聞いたことないか
あと著作権で保護されるのが誰の権利かも忘れるな

501 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 03:00:38 ID:???
違法コピーされる者の著作権があるが
winnyを作成配布する者の著作権もある。
後者の者には学問の自由もある。

よって後者を優先するべきかと。処罰は違憲

502 :15:2006/12/18(月) 12:58:53 ID:brAGYfgo
>>468
結果発生の認識認容ってのは,論点としては
いわゆる未遂の教唆と類似する未遂の幇助に
関して争われているから,あまり考慮要因として
妥当な気もしないし,判決もそこにアクセントを
おいてる訳じゃないと思うんだよね。もっといえば,
未遂の幇助の議論は正犯が未遂に終わることの
認識があって初めて問題になるのであって,そうで
なければ正犯の認識といえば足りる。
だから,結果発生は議論してないというのが私の
見方です。
まあそれはそうと,結局は,本来故意で議論すべき
ところを当事者の主張に即して違法性判断において
示したということかなあ。それはそれでいいんだけど。

503 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 14:16:06 ID:???
いっとくけど著作権は憲法上の財産権ではないです。

504 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 15:31:54 ID:???
一応専門家の書いた今回の事件のレポート記事を貼っとくね。
基本的なことから書いてあるから一読してみるといいよ。

ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/17/news002.html

505 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 15:59:56 ID:???
(1)警察は、処罰を与える法律の条文に記されている条件(=構
成要件)に合致した行為をしたと疑われる人(=被疑者)を
逮捕しなければならない。また、逮捕の理由となった事実に
ついて書類を作成し検察に報告しなければならない(=書類
送検)。それが仕事。

(2)検察は、被疑者を逮捕した警察から送られてきた理由や証拠
を検討し、それが構成要件に合致していると考えたなら、裁
判所に検察の判断が正しいかどうかを検討してもらわなけれ
ばならない(=起訴)。それが仕事。



506 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 16:00:38 ID:???
(3)裁判所は、起訴内容について検察から説明をうけ(=冒頭陳
述)、被告人や弁護士などからも意見や証拠などをうけつつ
(=証拠調べ・証人尋問)、起訴内容の信ぴょう性や検察が
主張している罰の重さ(=論告求刑)が妥当かどうか検討し、
適切な理由に基づいた適切な罰を内容とする判決を下す。そ
れが仕事。

(4)裁判所は、提出された事実とされている事柄について、証拠
等から信ぴょう性を判断し、法廷内で採用された「事実」に
基づいて判断する。だから、検察と被告側のいずれもがそれ
ぞれ「真実はこうなのに……」と思っていて、仮にそれが真
実であるとしても、証拠によって立証されなければ、裁判に
おいてそれら真実は存在しない。だから、もちろん刑事裁判
というのは真実を追及して判決されるよう努力しているのだ
けど、実際には手続きを経て採用された「事実」に基づいて
判決される。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/17/news002.html
[白田秀彰,法政大学]

このひと、刑事訴訟法勉強したことあるの?


507 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 16:10:06 ID:???
> (α)自らの作り出したモノがどのように社会的に受容されているかを把握する責任を設定したこと

> 「どんな風に使われているかな?」「どんな社会的効果があるかな?」ということを開発者が気にしなければならないとするなら

白田先生は、このような主張を判決のどこから読み取ったのだろう?

508 :初学者a:2006/12/18(月) 17:05:11 ID:???
僕の勉強した刑法の違法性阻却はどこにいっちゃったんだろ。。
正当行為には当然当たらないということなのかな?

>>503
ですよね。





509 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 22:33:26 ID:???
違法性の本質を法益侵害であると捉え、可罰的な程度に
法益侵害を惹起したから行為は違法とされると見た場合、
金子氏の行為が幇助となるためには、
その行為が可罰的な法益侵害性を備えていることが必要になるはずだ。

判決を支持している人たちは正犯の実行行為を促進したかどうかを
検討しているから客観面を無視したわけではないというが、
正犯の実行行為を促進したというだけで犯罪の客観面が
備わるというのはちょっと乱暴にすぎやしないか。
正犯の行為を促進する行為なんてそれこそ街にありふれている。

犯罪でない行為と犯罪とされる行為を明確にして
国民に行為規範を与えるというのも刑法の任務の一つだったはずだが
促進の有無だけでは十分ではないだろう。
これでは客観的に犯罪となる行為とそうでない行為の区別ができない。

社会に存在するどんな行為でも客観的には幇助となりうるというのなら、
可罰的違法の意義とは何なのか?
社会に存在する全ての行為が違法となるという規範の下では
社会そのものを消しさらない限り違法な行為をこの世の中から
除却することはできなくなるわけだがそんな規範はもはや規範ではない。

正犯の行為を促進するというのは確かに幇助犯成立の必要条件ではあると思うが
十分条件とは言えないんじゃないか。

だからこそ中立的行為による幇助の可罰性が問題とされているわけで、
判決を支持している人たちは自動車会社の自動車を製造販売する行為が
なぜ幇助とされないかを一般的要件を示して説明するべきだ。

510 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:08:45 ID:???
>>509
なんで自動車会社なんだ?
正犯が故意犯でなきゃ対比事例にならんだろ。

511 :509:2006/12/18(月) 23:12:35 ID:???
>>510
確かにそのとおりだなw
じゃあPC会社は?MSは?ゲイツは?
winnyのおかげでHDDが売れまくっているらしいが
HDDの製造会社は?

512 :509:2006/12/18(月) 23:17:16 ID:???
>>510
ん?ちょっと待て。
自動車の製造販売で促進されるのは別に業過致死傷だけじゃないぞ。
道交法違反の速度違反罪は故意犯だが。

513 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:20:08 ID:???
自動車を使って強盗とかをする奴もいる。
自動車で逃走する奴もいる。
彼等は自動車の販売によって教唆され幇助されたといわざるを得まい

514 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:21:50 ID:???
自動車の例はもういいよ
学力低層にいっちゃうから

515 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:22:15 ID:???
うぃにーにはいぱーいおせわになりました。

鎮魂歌をここにささげます

516 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:23:44 ID:???
包丁の販売も幇助だ

517 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:25:31 ID:???
http://strafrecht.exblog.jp/1573422/

ここ嫁

518 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:27:08 ID:???
よんだけど中立的行為で罰する必要があるときって
おそらくは幇助の意思があるときじゃないの?
幇助の意思は結構外部的行為から推知されることがおおいと思うけど
そういった場合は

トートロジーになってたらごめん

519 :518:2006/12/18(月) 23:28:43 ID:???
だからここまで議論を大展開する必要なしかなと

520 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:30:39 ID:???
中立的行為に構成要件該当性を認める奴→必罰主義・非憲法的思考・人権無視・JASRAC・任天堂・20世紀的
中立的行為の構成要件該当性を否定する奴→刑法の謙抑性・憲法的思考・人権主義・21世紀的

521 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:30:43 ID:???
http://strafrecht.exblog.jp/1573422/より引用

松宮・刑法総論講義(3版)269頁−270頁
そこでは「日常取引と共犯」として@怪しげな人物に金物屋の店員がネジ回しを売った、
Aタクシーの運転手がサングラスにマスクをかけた怪しげな集団を銀行まで運んだ事例や、
関連判例として@東京高判平2・12・10(ピンクチラシの印刷)、A大阪高判平7・7・7(7の三並びですね、閑話休題、個室付浴場業者への融資)、
B熊本地判平6・3・15(軽油取引税不納付者との軽油取引)等をあげ、
「商品の販売やタクシーの運転などの日常的な取引行為は、それが外見上平穏な取引である限り、
犯行に利用される未必的な認識がある場合でも、幇助にならない」(269頁)とされる。
その理由は「犯行助長が一目瞭然でない限り、ちょうど郵便システムが犯罪に利用される場合と同じように、
日常的な取引は所与の前提として、その犯行惹起力は無視される」からだとされる(「客観的帰属論による解決」とも。270頁)。

522 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:31:56 ID:???
>>520
お前面白いなw

523 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:36:20 ID:???
『ウィニー2は、それ自体はセンターサーバーを必要としない技術の一つとして
さまざまな分野に応用可能で有意義なものだ。技術自体は価値中立的であり、
価値中立的な技術を提供することが犯罪行為となりかねないような、
無限定な幇助(ほうじょ)犯の成立範囲の拡大も妥当でない。

結局、外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうかは、
その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、
提供する際の主観的態様によると解するべきである。』

この要旨に乗っかるとすれば、結局、程度の問題なんじゃないの?
自動車でも、特別に犯罪利用に有効な機能を備えるものを作って、
実際にその車の半数以上が犯罪に使われるような状況があったとして、
それを認識しつつ何の対策も講じないまま販売を続ければ幇助になりうる、と。

乱暴に要約してしまえば、そのモノが社会に与える影響の功罪、
少なくとも、功よりも罪が大きいと認識しつつ(実際は半々では足りないだろうが)
そのまま罪の拡大に加担し続けるのが問題だ、ってことになるのかな?

それはもはや価値中立的でない、とも言えるかも知れないが、
winnyも有意義で価値中立的って部分は否定されてないよね。
でも許さないんだ、ってのは、結局、違法な利用の確率の問題、程度の問題とその認識じゃねーの?
まぁ、明確な基準を示してないってのは問題あると思うけど。

524 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:37:49 ID:???
これで萎縮するなというのが無理だ。
31条に反し違憲無効だな

525 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:42:31 ID:???
>>523
>> 自動車でも、特別に犯罪利用に有効な機能を備えるものを作って、
実際にその車の半数以上が犯罪に使われるような状況があったとして、
それを認識しつつ何の対策も講じないまま販売を続ければ幇助になりうる、

自動車会社は100`以上でる自動車作ってるんだから
速度違反の幇助成立だな

526 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:42:53 ID:???
>>524
開発自体を罰したわけではない。
違法な利用が多い状況を認識した後での改良・頒布が問題とされてる。
こりゃヤバイ、と認識した段階で止めれば幇助にはならないと思われ。
それでも萎縮効果がゼロとは言えないけどね。

527 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:45:11 ID:???
発表を禁じても開発は禁じてないという理屈ですかw
憲法の答案でそんなことを書いたら死因だぜ

528 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:45:45 ID:???
こういう問題の最終的解決は立法府に任せるべき。
京都地裁は司法部らしくさっさと無罪判決だしときゃよかったんだよ。

529 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:46:43 ID:???
だから罪刑法定主義違反だってばさ。


530 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:46:48 ID:???
改良頒布ができないのに開発だけOKとか意味ないよ。
ユーザーからのフィードバックがあって開発は
成り立ってるのに

531 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:50:46 ID:???
判決も>>その技術の社会における現実の利用状況
を考慮するといってるわけだから
主観面だけでなく客観面も考慮していると思うのだが

532 :氏名黙秘:2006/12/18(月) 23:57:51 ID:???
例えば俺がテレパシー装置を開発配布したとして
それを悪用して迷惑テレパシーを送りまくった奴がいたら
その時点以降俺は幇助犯になるのか?
そんな無茶なwww

533 :初学者a:2006/12/19(火) 00:16:01 ID:???
やっぱり構成要件段階の問題な気がしてきました。
31条の趣旨に反しますよね。

幇助の考え方の勉強になります。

あとはロムってますね、お騒がせしました。


534 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:19:54 ID:???
>>532
なりません。そんな無茶な判決ではないので。

535 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:25:57 ID:???
メールの8割だったか9割だったかはスパムだそうだ。
スパムの中には詐欺メールもある。
にもかかわらずプロバイダはメールを中継し続けている。
メールサービスの提供自体は社会にとって有意義な中立的行為だが
スパムの認容があることは明らかだから幇助に問わないわけにはいかない。

536 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:26:44 ID:???
この判決を問題視する奴って射程を読み違えてるとしか思えん
無罪になるような例を挙げてこんな場合も有罪になるんじゃねーかとか
自分のアホさを棚に上げて萎縮効果とか笑えるww

537 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:28:34 ID:???
> スパムの認容があることは明らか
???

538 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:31:24 ID:???
で、民事裁判に与える影響はあるのかな?
正犯二人以外の無数の著作権侵害についても共同不法行為となる?

539 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:33:41 ID:???
スパムフィルターを有料サービスにしてるんだから認識ないし認容はあるだろうな

540 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:36:31 ID:???
>>539
「認識ないし認容」の「ないし」の意味は、以下の(2)の意味でよろしいですか?

ないし 1 【▼乃至】

(接続)
(1)数量・位置などの限界・範囲を述べて、その間を省略する意を表す。…から…まで。
「五日―七日の道のり」「北―北西の風」
(2)または。もしくは。
「本人―代理人の署名」

541 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:38:33 ID:???
>>538
刑事と民事は別物なので影響などありません
共同不法行為でどの説をとるかによりますが
金子氏が単独で不法行為責任を負うことはなく
関連共同性も薄いケースなので共同不法行為の
成立を認めることは難しいでしょう

542 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 00:42:24 ID:???
719条2項も知らないのかお前らわwww
未修からやり直せクズ

543 :15:2006/12/19(火) 01:21:19 ID:5Gi/3aI5
>>521
松宮説は注釈にも引かれてるし,注目すべき見解だと思う。
まあwinnyの議論には使えないが,509のような疑問に対して
明らかに違法でない行為の不可罰性を説明するためには,直截に
幇助行為にあたらないという議論をすべきだろうと思う。
>>523
そういや少し前にNシステムに対処するための赤外線反射フィルム
を売ってた業者が摘発されたな。あれはどんな理由だったんだろう。
道路運送車両法かなんかの幇助か?

544 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 02:35:47 ID:???
こういった状態で、ソフトウェア開発者等に、萎縮するな、と言うほうが無理だと思いますが、そこは、
悪い国に生まれたと思ってあきらめるか、
このような国ではやっていられない、と別の国へ脱出するかの、
いずれかしかないでしょう。個人的には、現状では後者をお勧めしたいと思っています。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20061219#1166461792

545 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 04:19:03 ID:???
法律家の台詞とは思えない。。。(イヤミで言ってるのかもしれないけど)

悪い国だと思うならそれをなんとかしようとするのが
法律家の役目じゃないのか。

ぶちぶち幇助がどうこう言ってるけど
本質はそんなことじゃないと思うんだけどなあ。

お前らどれだけ情報技術の恩恵を受けて生活してるんだよ。
幇助にあたるなら技術者は新しい技術を開発できなくなっても仕方ないとか本気で思ってるのかね。

幇助のことしか考えてない・考えられない人には
金子さんが「何も分かってない」と言った意味は一生分からないだろうね。



546 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 04:31:33 ID:???
>>幇助のことしか考えてない・考えられない人

この表現は正確じゃないな。

そもそも幇助について考察するには社会に対する
深い洞察が必要になるわけで幇助についてまともに
検討する気がある人間ならそういうことまで
含めて考えを巡らしているよ。

この件で判決を支持してる連中は「幇助のことしか考えてない」んじゃなくて
「幇助についてまともに考えてない・考えられない」人間というのが正しい。

547 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 10:02:18 ID:???
>>505
逮捕と書類送検がグチャグチャに混同されてるな。
白田は勉強してないね。

548 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 10:19:21 ID:???
>>545
幇助に当たるなら処罰されても仕方ないと言うより,
処罰されるべきだと本気で考えている。
だから幇助の限界は非常にシビアな問題となる。
こういう理屈も分からないならあなたはこの板来てても
しょうがないのよ。もういないんだろうけど。
この板はこの板なりのアプローチでこの問題を
検討している。

この板的には,処罰すべきでないという理由があるなら
それを明確に根拠づけなければ意味がない。
だって現実の問題として,司法の決定は最終決定
であり,司法は法と事実から結論を導き出すところが
本質的作用なんだから。社会のルールに目を背けて,
不当だと騒ぎ立てて気が済むならしてればいいじゃんw

549 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 10:24:59 ID:???
>>547
書類送検って法律用語じゃないけど,
身柄付送致と対置されるものだよねぇ。
勉強してないというより常識がな(ry

550 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 12:23:57 ID:???
>>547
まぁ大雑把にはこれでいいんじゃん
一般人に説明するならこんなもんだろ


551 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 12:29:13 ID:???
と思ったけど、2頁以下では、このスレ以下のレベルの中途半端な議論してるな

552 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 12:41:12 ID:???
この程度で萎縮するような開発なら初めからしなけりゃいい。
どうせどこかでひっかかる。

自分で責任もってモノ作ったことのない連中がおもいこみだけで萎縮がどうこう言ってる。



553 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 14:04:56 ID:???
>>548
「何も分かってない」
幇助にあたるなら処罰されるべきだからシビアな問題なんですか?
シビアな問題だから処罰するべきかは難しいのではないでしょうか。

>>552
貴方は金子さん以上のモノを作ったことがあるのですか。

554 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 14:07:48 ID:???
>>505
(1)もおかしい。あえて「構成要件に合致した行為をしたと疑われる人」と説明する意味が分からん。
素人向けには犯罪をしたと疑われる人で十分だし、その方が記述としても正確だ。

555 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 14:18:56 ID:???
>>553
なぜ金子以上のモノを作っていなければいけないんだ?
ようわからんやっちゃな。

556 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 14:29:10 ID:???
金子さん自身が「技術開発に関して足止めになってしまう」
って言ってるだろ。

自分で責任もってモノ作ったことのない連中が
「この程度で萎縮するような開発なら初めからしなけりゃいい。 どうせどこかでひっかかる。」
とか言ってる。

くだらないレスしてすまん。

557 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 14:35:13 ID:???
この有罪判決が出る前、つまり最終的に有罪となるかどうかは不明だがとりあえず開発者が
逮捕されたという時点で、一般人にとっては萎縮効果を与えているはずだよな。

この数年間でどれくらい技術開発に影響を与えたんだ?

558 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 14:37:29 ID:???
>>553
前段もさっぱりわからん。
幇助に当たるということは,当該行為が違法有責な行為
として処罰されうること,それを決める唯一の機関である
司法により処罰対象と認められることを意味する。
そして,世の中の仕組みは,そういう意味合いで
可罰的な違法性を有する犯罪行為は処罰されるべき
だという形で確立しており,刑罰は社会秩序を維持する
ための暴力装置としてどんな体制の下でも基本的に
存在している。
だから,裁判所が幇助という認定をするというのは重大
事で,あんたが「シビアな問題」と考えるかどうかなんて
どーでもいい話なわけ。

っていうか,そんなこと議論してもしょうがないんだよ。
あんたが法律の適用を決められるならアプリオリな
非処罰論も拝聴するけど,実際には決めることができる
のは裁判所だけなんだから,法的議論に乗せて
検討するしかないじゃん。あんたのいう社会的有用性
とか技術発展の必要性も,現実には法的枠組みにうまく
位置づけてこそ効果を持ち得る。
それを頭から否定して愚痴ってるような人は現実が
見えてないと言われてもしょうがないじゃんw

まあ2chだからやむを得ない面もあるけど,もっと
いい板あるでしょ?そっちに帰ればいいじゃんw

559 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 14:45:14 ID:???
>>557
上でいろいろ言われてるけど,一定の萎縮効果は
ありえるよな。
ただ,今後開発する人は,2chには一切顔を出さず,
著作権に触れないファイル交換にとどまることが合理
的に期待できるクローズドな関係を構築すれば,
間違っても処罰されることはないね。

難しいって?前段はともかく後段はそうだよなw

まあ,とくに価値中立性を認定している以上,
処罰は正犯に限定しても問題ないと思うから,
少なくとも処罰範囲を限定するのは望ましいし
おかしくないと思うんだけどね。

560 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 15:44:57 ID:???
この糞判決を支持してる人間は
100`以上出る車を作ることが速度違反の幇助にならないことを
どうやって説明するのかね?

都合の悪いレスが来るとそうだねと認めるのではなく
だんまりを決め込むとか幼稚にもほどがあるよ。

561 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 16:28:55 ID:???
>>558
裁判員制度が始まっても同じこと言える?

562 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 16:37:27 ID:???
>>548
> 処罰すべきでないという理由があるなら
> それを明確に根拠づけなければ意味がない。

これ憲法レベルで死因じゃね?
未修にありがちな過ちかと

563 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 16:44:47 ID:???
>>560
526か。華麗にスルーされたからってそんなに
怒らなくてもw
とはいえ判決の論理からは説明しにくいよな。
そんな事案を前提にして判示してないし。
ま,そんな事案が起訴されれば,どこの裁判所も
アホかって言って終わりなことは間違いない。
これは,この事案の非可罰性という結論だけは
明らかということだ。

この判決の論理は君の言う事案の非可罰性を
説明できないかもしれない,そこは判決の弱さ
だと思う。その辺純然たる支持派がいるなら
教えてほしい。

ただ,オレは判決に結論ぎりぎり賛成派。
その理由は,ダウン板とかに顔を出してた金子氏
は,著作権侵害の態様でのファイル送信がなさ
れることをほぼ確定的に認識し,かつ,nyがこれ
について犯行実行の機会を与えることになること
及び匿名性への言及によりその心理的側面の
助長ができることも確定的に認識していたことが
認められ,その上で,そのような態様によってでも,
広く普及することを期待してあえてnyを公開した
と認められるからだ。金子氏は研究としてもnyが
広く使われることを目指していたんだから。



564 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 16:48:14 ID:???
この板で「結論ぎりぎり賛成」なんていうコメントをするのは未修でもいないんだが
問題の所在をはき違えている気がする

565 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 16:50:25 ID:???
>>562
実践論の話だよ。何で読んでてわかんないんだ。
全く血の巡りのわるい奴だな。
実務家だが興味あんだよ,nyの件には。
法律相談板はいまいちだし,議論ならこっちと思って
来たんだが,まあ興味ない話してすまなかったな。


566 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 16:52:44 ID:???
絶 対 に 笑 っ て は い け な い ス レ

4 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/17(金) 16:26:44.70 ID:AEeCRHqN0
これは絶対に笑ってはいけないスレ
じゃなくて
絶対に笑えないスレ
だな

5 名前:          [] 投稿日:2006/03/17(金) 16:26:50.67 ID:nUXH1s1n0

   ∧∧ \  /
    ( 'A `) V
     (⊃⌒*⌒⊂)
      /__ノωヽ__)
                   
                     \    _
                    r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
 肛門がしゃべった!!  .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                  /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
              ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :

567 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 17:54:38 ID:???
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/searchdiary?word=%2a%5bP2P%5d

19日の記事しか見ないで法律家の台詞とは思えないとか書いてしまったことを後悔。
本件についての以前の記事を見れば19日の記事が判決への皮肉だと分かりました。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20040906#1094473097

568 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 17:55:40 ID:???
>>567
おまw原文も読まずに書き込んでたのかwww

569 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 18:01:26 ID:???
だって
>>544が><
落合弁護士尊敬してます!


570 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 19:30:49 ID:hjwXlwo6
>>563
それなんて主観刑法?

571 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 19:35:09 ID:???
金子氏有罪派=反動・罪刑専断主義・キール学派・主観刑法・ナチ・魔女狩り・異端審問・キモヲタ・思想改造

金子氏無罪派=進歩派・罪刑法定主義・自由主義者・イケメン・思想信条の自由・多元主義

572 :わたし:2006/12/19(火) 19:36:46 ID:???
無罪派 ぶさいくだけど

573 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 19:41:28 ID:???
判決を支持する奴は
金子氏の行為のどこに
他のソフト頒布行為とは違う
法益侵害性があったのかを明確に示すべき

刑法は法益保護が任務であって
行為者の思想改造を目的にはしていないのだから
認識とか主観面の話だけでなく
まず客観的な法益侵害性を示すべき
それも一般的な基準を示してね

574 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 20:10:02 ID:???
>>573
お前正犯と共犯をごっちゃにしてないか?

著作権侵害行為をしているのは正犯で
金子氏は正犯の犯罪実行を容易にした
金子氏が著作権侵害をしたと思っている
なら判決を読み直せ

575 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 20:13:39 ID:???
>>574
おまえは>>573を読み直せ

576 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 20:21:08 ID:???
>>574
なんでそこに食いつくかなw

金子氏の行為が法益侵害性を備える理由を尋ねることは
なぜ「正犯の犯罪実行を促進した」といえるのかを聞いているのと
同じだよ

正犯も共犯も関係ないよ
両方とも行為の法益侵害性のゆえに処罰されてるんだから。
もちろん因果関係の有無などその内実に違いはあるが
法益を侵害する契機があるから罰せられているんだよ。

共犯の場合でも行為に法益侵害の契機があるから
処罰されるんであってそれとも何か他に理由があるの?

もうちょっと手応えのあるレスしてよ
つまんない

そんな脇道で見当違いなことばっか言ってないで
さっさと中立的行為による幇助の可罰性について
レスしてもらえないかな

577 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 20:23:31 ID:dBlrXnda
>>571
そこイケメンじゃなく 心にしろよw
有罪派は心が腐っちまってるぜ  無の状態から考えてみ
法律だっていつまでも教科書どうりじゃねぇってことだw

戦争時代 平気で人ぶっ殺しても なんともおもわない
こんなの今じゃ犯罪者 つい50年前なら勲章なんだろwしかも罪悪感あるのか
今でも夢にでてきてうなされたりしてるのかな〜?
ふつうなら逃げるしたたかわないし かくれてるよな? 家族いたらみんな
かたまって身を寄せ合って 戦争に参加しないのが 本能じゃないの誰もが・・

ここを薬で国民を洗脳させていた政府も恐ろしい・・・ 

話がずれたが 法律もむかしのままの基準でだしてるから
おかしんだろーが  ばかたれ裁判官wwwww
いつまでも古い参考書みて判決してんじゃねーよ  法律全内容文
しっかり暗記してるのかって いうより言えるのかよ?ぜ〜んぶだよ   
 
 

578 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 20:27:14 ID:???
>>577
なんか売れないロックバンドって感じだなお前w

579 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 20:27:19 ID:???
金子氏の著作権に対するポリシーがなぁ…。

開発者が、ネット上の著作権なんて保護されなくていいんだっ、
て喧伝してたら、じゃあ著作権侵害しても平気だよね、
って思っちゃうユーザーは続出しちゃうよね。

だからって無理スジで幇助にしていいってことではないけど、
政策的判断としては妥当かも。

580 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 20:34:53 ID:???
てゆうか、金子氏のポリシーに弁護側が引きずられた感があるね。

素直に、こんなもんが幇助にあたるかヴォケ!って主張しとけばよかったのに、
正当行為かなんか狙ったんだろうか。

幇助犯で起訴されてるんだって前提を軽く見た弁護活動だったのかも知れない。

581 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 20:42:34 ID:???
弁護団は違法行為蔓延への故意とかny技術自体の違法性が最大の争点だと思ったら
意外とそこは素直に納得されちゃって、最後にうっちゃりで負けちゃったって感じだな。
結果論としてはバランスの悪い弁護だったと言えるかも知れない。

582 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 21:14:29 ID:???
どうせ破棄されるよ

583 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 22:35:30 ID:???
>>576
今回の判決が価値中立的だとしたのは技術であって
その開発・公開という提供行為が価値中立的だとは言ってなくね?
で、提供行為が違法かどうかの基準を示した
自分で勝手に「中立的行為」だと認定しといて
「何でそれが違法になるんだー」って息巻くのもおかしいと思うんだけど
価値中立的な行為なら違法にならないが今回の行為は
価値中立的ではないということにはならんのか
あなたがこの判決をどう読んだのか教えてもらいたいものだ

584 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 22:43:56 ID:dBlrXnda
もうちょっと手応えのあるレスしてよ
つまんない

とかふつう・・・書くかよ〜wwww そういうこと書くから
二人で言いあいになって おいらの書き込みもかきずらくなるからね
混ぜろよ〜

せめて 文のけつに wとか^^か^−^いれときな^^;
あんま、むかつかないべwwww これいれといたほうがね けつに^^
うけうりだけどw



585 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 22:43:59 ID:???
開発・公開は価値中立的。誰も咎めてない。
ただ、公開後の利用状況が著作権侵害を多く含むものであることを認識しながら、
それでも構わないと思いつつ改良・頒布を続けたのが問題。(とされている)
まずよく読め。

586 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 22:48:22 ID:???
>>585
その基準だと自動車会社の従業員も経営者も速度違反の幇助になるね
よく考えな

587 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 22:51:14 ID:???
>>586
自動車の通常の利用状況って法定速度以内(っつータテマエ)だろ
でもそれって事実認定の問題じゃん

588 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 22:52:32 ID:???
「基準」など示していない。(それがこの判決最大の問題点であると思うが)
「よく考えな」か、片腹痛いな。まず読んでから考えたほうがいいよ。

589 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 22:57:59 ID:???
>>583
>>自分で勝手に「中立的行為」だと認定しといて
「何でそれが違法になるんだー」って息巻くのもおかしいと思うんだけど

そんなこと言ってませんが。
MSが悪用できるメールソフトやらOSやら
その他のソフトを作って売ってる行為と
金子氏の行為のどこが客観的に違うのか
ちゃんと説明してくれって言ってるだけだよ。

中立的だって勝手に認定してるわけじゃなくて
一般的に社会においてなされている同種類似の行為との
違いがわからないから、有罪だというなら中立的じゃない=違法だって
いう理由・基準を示してくださいって言ってるだけ。

判決を支持してる人たちこそなんで金子氏の行為が
中立的じゃないって言えるのかを説明してよ。
もちろんMSやハードディスクメーカーや
販売店の行為が無罪になる理由もね。
有罪だって主張してるのはあなた達なんだから。

価値中立的じゃないっていう結論はどうでもいいの。
そりゃそうだよ。価値中立的でないって最終的に判断したから
有罪にしたんだよ。
そこへ至る理由付けが荒唐無稽でしょって言ってるんだよ。

的確な説明があればなるほどそうだねって思えるけど
誰も言わないし、的はずれなことばっかいうからさw

590 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 22:59:40 ID:???
みんな安心しろ。この判決は破棄される

591 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:00:38 ID:???
>>583
お前バカだろ

592 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:01:19 ID:???
まず、「価値中立的」の意味が解ってないっぽいな。

593 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:03:49 ID:???
>>592
さっさとお前が考える
幇助になるかならないかの
一般的基準を示せヴォケ

594 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:10:16 ID:???
ねぇ?ID?ってどうやるの?w
おいらも、バカだろや、ヴォケ とか
書いて たたきまくって もうこねーからwwww
もう、こねぇからな
 

595 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:11:18 ID:???
できた ageればよかったのかwwwんだよ

596 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:12:43 ID:???
ウィニーが、正犯の実行を容易ならしめた客観的側面は明らかに認められる

これが前提にあって、

幇助行為として違法性を有するかどうかは、その技術の社会における
現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様による

基準ってこれだろ?この基準がおかしいって言ってるのかこの基準への
あてはめがおかしいって言ってるのかどっちよ

597 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:23:20 ID:???
>>596
そもそも基準がおかしい
理由は>>36>509>>521

598 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:36:05 ID:???
>>597
>>36>>509
「正犯の行為を促進するというのは必要条件ではあるが十分条件ではない」
ということしか言っていないと読んだが、本判決も正犯の実行を容易ならしめる
というだけでは足りず、さらにそれが違法性を有するか否かという基準を設定
している。したがって>>36>>509と本判決は矛盾せず、これらが本判決の
設定した基準がおかしいということについての理由付けにはならない
>>521
「日常的な取引行為」が違法性を有する幇助行為となるか否かであって
winnyの改良・頒布が違法性を有するか否かという問題についてそのまま
あてはまるものではなく、やはり本判決の基準がおかしいということへの
理由付けにはならない

反論するなら、こうなるかと

599 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:49:16 ID:???
>>556
>金子さん自身が「技術開発に関して足止めになってしまう」
>って言ってるだろ。

世論の支持を集めようとするためのあからさまなレトリックを真に受けて
どうするよ。現に自分で技術開発進めてるだろうが。


600 :氏名黙秘:2006/12/19(火) 23:53:23 ID:???
>>581
うっちゃりというか、がんばって上手をさぐってる間に普通に寄り切られたと
いう感じだな。
弁護がヘボいというのには同感。

601 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 00:01:06 ID:???
ν速厨に論理立てて反論したところで、奴ら人の話なんか聞きゃしねーよ。
それ以前に、聞いても理解できんけどな。

602 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 00:06:41 ID:???
>>598
なるほど。さらに反論する前に確認させてもらいたい。

では貴方の読み方でいいから教えてほしいのだが
判決が考えている「十分条件」とは何か

「外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうかは、
その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、
提供する際の主観的態様によると解するべきである。 」

という部分だろうか。

また、
>>「日常的な取引行為」が違法性を有する幇助行為となるか否かであって
winnyの改良・頒布が違法性を有するか否かという問題についてそのまま
あてはまるものではなく、

という部分だが>>521の眼目は「日常的行為」を幇助の概念から除外することころにあると考えるが
(行為の内「取引」だけを特別視する理由がない)
もしそういう理屈を取ったとしたならば、判決の理論構成は
批判されるべきものとは言えないか。

比喩ですまないのだが、
金子氏の行為は、不特定多数人がWinnyをダウンロード可能な状態に置いただけであって

例えば銀行口座から
金を不正に送金することを計画している人間にスパイウェアを
譲り渡すような行為ではなく、
量販店に不正コピーにも使用可能なライティングソフトや
OS、ハードウェアなどを並べて売っている行為と
同質であるとは言えまいか。
というよりもむしろ異質であるとの理由がない以上不可罰とされるべきではないかと思うがどうか。

603 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 00:13:05 ID:???
やっぱ人の話聞いてねーな。。。

604 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 00:20:18 ID:???
>>603
悲しいこと言うなよお前。

605 :素人:2006/12/20(水) 00:24:14 ID:ksvy7d9L
難しい話は良くわからんのですが
「幇助行為として違法性を有するかどうかは、その技術の社会における
 現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様による」

↑これがその他多くの物事に当てはまるから判決に納得できん人です。
例えば、自動車の速度違反が横行してるのはメーカーも認識してるでしょ?
(自分の周りでもした事ない人探すほうが難しいですから)
でも車の能力として速度を求めるのは悪いとは思いません。
酒だって飲酒運転や酔って暴行とか相当あるはず、
でも酔わない酒つくってもしょうがないし。
インターネットで違法ファイルがやり取りされてるのも
プロバイダーやらNTTも認識してるでしょ、
でも回線やアクセスポイントを提供してる。

winnyだって違法ファイルが流れるのはある程度認識してただろうけど
匿名性が高くて効率良いソフトつくったんだから
必然的にそうなるんじゃないかって思うんです。
アップデートだって車でいう改善対策やリコールに該当しません?
掲示板のログ読んだ感じでは不具合を直してるみたいでしたし。

自分の周りのネットにあまり縁の無い人たちも
今回のwinny有罪の新聞みて不思議がってましたんで
法律に詳しい人、簡単に教えてください。

606 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 00:24:50 ID:???
正犯行為促進以外の十分条件を設定さえしたら
どんな条件でもいいっていうわけではないだろ
問題はどんな十分条件を設定してるかだろ

607 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 00:37:37 ID:e9/3b+ps
>>605
ようこそ。
あなたの疑問はもっともだと思う。

あなた自身が「これがその他多くの物事に当てはまるから判決に納得できん」
と仰っていることがこの判決の問題点そのものであるとも言えます。

 あなたのような人が判決文を読んで(あるいはその解説文を読んで)
自分の行為が幇助になるのかならないのかがわからなければ
自分がどのように行動すべきかを判断できません。
その結果、自由が不必要に妨げられてしまい社会に大きな不利益が生じることになります。
技術開発に大きな障害、と言われるのはこのようなことを指しているのだと
思います。


そもそも「幇助」は極めて幅の広い概念であり
どんな行為でも犯罪であるとの烙印を押してしまいかねない
危険性を持っています。
だからこそこれを解釈によりできるだけ明確化していかなければ
ならないわけですが、さて今回の判決はどうでしょうか。

「幇助行為として違法性を有するかどうかは、その技術の社会における
 現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様による」
というのなら、あなたが例として挙げられた事案も幇助となるはずで、
結局、警察や検察当局の胸先三寸で犯罪者であるとの烙印を
押されるのかと皆が不安に思うのも当然のことです。

私は判決は幇助となるのかならないのかの
基準の設定に失敗していると思います。
この判決は批判されるべきです。
金子氏を有罪にするのならするなりの理由付けが不足していますし
そうである以上結論も不当だと思います。

608 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 00:46:19 ID:???
>>602
判決から要件として読み取れるのは
1.正犯の実現を促進させたこと
2.社会における現実の利用状況
3.2の認識
4.提供する際の主観的態様
あたりだろう。(2+3)と4は総合考慮とするならば
客観的側面と主観的側面の2種類に大別することができる

>>521についての反論は
そもそもwinnyの利用はここでいう日常的行為にあたらない
のだからこの論理の適用可能性がないのではないか、というのと
仮に、日常的行為にあたるとしても
「犯行助長が一目瞭然でない限り〜その犯行惹起力は無視される」
という理由付けからはwinnyの犯行惹起力が無視されることには
ならないのではないか
ということで、これを持ち出して本判決を批判することは妥当ではないという趣旨

609 :初学者a:2006/12/20(水) 00:47:25 ID:???
やっぱり
「幇助行為として違法性を有するかどうかは、その技術の社会における
 現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様による」
の規範の問題みたいですね。

初学者としては、また事実にあてはまるような規範定立でたー!
としか思えません。

ここでの議論ですら色々な解釈・考え方ができてしまうような規範を
罪刑法定主義の刑法で立てていいのでしょうか?

610 :素人:2006/12/20(水) 00:47:49 ID:ksvy7d9L
>結局、警察や検察当局の胸先三寸で犯罪者であるとの烙印を
>押されるのかと皆が不安に思うのも当然のことです。

自分もこれが怖いとこだなぁと思いました。
レスありがとうございました。

611 :初学者a:2006/12/20(水) 00:51:36 ID:???
あ、、607さんが書かれてますね。

612 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 00:58:08 ID:???
>>605
その疑問もわからないでもないが、
「社会における現実の利用状況」に要求される程度として
「違法行為に利用されることもある」という程度でよいのか
「その利用はほとんどが違法行為による」まで要求されるのか
ということを考えてはどうだろうか
あなたが挙げた例のうち
「自動車、酒、インターネット全体における違法ファイルのやりとり」と
「winnyを利用した違法ファイルのやりとり」との間には
「社会における現実の利用状況」にはっきりと差があるのではないか

ちなみに、
「事実認定次第」というのを「警察や検察当局の胸先三寸」と
言い換えることは(少なくともこの板では)オススメしない
それを言い出すと刑事法の解釈論が成り立たないのだ
刑訴の捜査法領域の判例などは「警察性善説」に立っているとしか思えん

613 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:00:14 ID:???
>>612
オススメしないもなにも実体を直視しなければ空論になるだろ

614 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:04:39 ID:???
>>608
なるほど。
では判決の要件に関してだが私は

2.社会における現実の利用状況
3.2の認識
4.提供する際の主観的態様

が果たして幇助の「十分条件」として適切なものと言えるかについて疑問を提起したい。

 おそらく判決は金子氏の行為の法益侵害の契機について
2の要件にあてはまる事実としてWinnyが合法的なコンテンツの共有よりも
圧倒的に著作権を侵害する態様の下でのファイル共有に利用されているという
実体を問題にして、有罪であるとの結論を導き出したのだと思うが、
ではどのような利用状況であればソフトの頒布行為が法益侵害性を
帯びると言えるのか。
この点が明確ではない。
違法に利用している者が半分以上ならばいいのか、
それとも全員が違法な目的に利用していなければならないのか
それとも2割、3割程度で足りるのか、明確ではない。
この点の萎縮効果は無視できないように思う。

 また、>>535氏が指摘しているようにメールは大半が不適切な目的に
利用されているという実態があるが、(この場合、正犯がいないのではないか
という問題はあると思うが)頒布の結果、不正な行為に利用する者が
多ければそれだけで頒布行為を違法として良いのか、という問題もある。
行為の可罰性を判断する上では、行為それ自体の持つ法益侵害性のみならず、
行為が担う他の法益や、社会的効用について、検討をしなければならないと
思うが、そうした検討をした形跡が見られないし、要件への反映もなされていないように
見受けられる。
 技術開発に影響は出ないと言い切れるだけの材料がそろっていたのか大いに疑問だ。

615 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:05:44 ID:???
>>613
実態知ってるのかよw
つか、そもそも警察や検察じゃなくて裁判官の胸先三寸だろ

616 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:11:11 ID:???
>>608
さらに>>521に関する反論についてもう少し掘り下げておたずねしたい。

>>なぜwinnyの利用←(頒布?)
はここでいう日常的行為にあたらない

と考えているのかを聞きたい。そこが枢要な点だと思う。

また
>>日常的行為にあたるとしても
「犯行助長が一目瞭然でない限り〜その犯行惹起力は無視される」
という理由付けからはwinnyの犯行惹起力が無視されることには
ならないのではないか

この点にはもっともだと思える点もないではない。共有が「合法」とされるファイルよりも
実際には著作権を侵害する態様での共有が横行しているからだ。

さらに考えてみたい。

もっともそうだとしても判決の要件にはまだ納得はできない。
理由は>>614に述べた通りだ。

617 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:11:47 ID:???
「なるほど」と言いつつ人の話を聞いてないヤツはたちが悪い。

618 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:17:45 ID:???
>>617
自分の話したことの内容が100パーセント相手に理解されるべきだと
思うこと自体が傲慢だと思うがねw
俺はお前の恋人じゃねーしw

619 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:21:26 ID:???
>>612
「社会における現実の利用状況」=「速度違反罪を構成する事実の実現に利用」
となっている
100キロ以上出る車の製造行為はどうして不可罰なの?

そんなの当たり前じゃんとは思うけど
当たり前だけですまされる話でもないと思うし。

620 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:22:41 ID:???
>>614
事例判決を取り上げて一般論化しようとするその姿勢はおいておくと
具体的な割合など立証されていないだろうから
「著作権を侵害する態様で広く利用されている」という表現にとどまるのは仕方ない
いわゆる「一般人の読み方」からすれば
全員が違法な目的に利用していなくても足り
2割、3割程度では足りないというのは、明確に読み取れるはず
「一部の人間が違法に利用するだろう」という程度の認識で違法性が
肯定されることはないことが明らかな判決に萎縮するような場合というのは
違法利用目的でのソフトの開発・頒布行為であろうし、そのようなものは
断念してもらった方がよいではないか

後段の、メールの例を挙げているところについては
認識の要件の問題ではないのか
「結果的に思ってもみなかった違法行為に利用された」場合は
いくら不正な行為に利用する者が多くても認識がなく違法とならない
違法性阻却事由の有無は争点にしなかった弁護側のミス
高裁でこの点について説得的な弁護活動ができれば逆転されるかも
という問題であり地裁に検討しなかったことの責任を問うのはお門違い

621 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:29:27 ID:???
ヤメ検弁護士も基準が不明確で萎縮効果があると認めているのだから
こんな痴裁判決を支持してる奴はm9(^Д^)プギャー!!

622 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:34:57 ID:???
> ヤメ検弁護士も基準が不明確で萎縮効果があると認めているのだから

検察の落ちこぼれがお前の権威かよw

623 :氏名黙秘 :2006/12/20(水) 01:35:35 ID:???
こいつは確実有罪ですよね?

Yahoo!オークション
★☆奇跡の商品★ダウン-ロードの全てです!★徹底サポートあり
ttp://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m39417933

↑の商品詳細ページ
ttp://www.firstking001.com/help_v100_2_nomal4
商品詳細ー抜粋ー
ご紹介するソフトは誰でも簡単にお使いになれます!
今日から動画がザクザクと入手できます。
ハードディスク容量にはくれぐれもご注意ください!
◆今後一切DVD、買わないですみます。最新作〜旧作迄ほぼ全て入手できます。
(今日本で上映中の映画がなんと自宅で楽しめます!!上映前の映画まで観れます。(字幕付))

◆今後一切CD、買わないですみます。最新作〜旧作迄ほぼ全て入手できます。
(リリース前のモノから演歌、ヒップホップ、レゲエ、洋楽、邦楽、PVまで!)
ーーーー

624 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:37:31 ID:???
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/12/13/14225.html
本人と弁護団のコメントだお

625 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:39:37 ID:???
>>616
そもそも>>521は日常的な「取引行為」に焦点をあてており
取引行為以外に広げるには別の理由を示す必要があるはずだが
それはさておき、
日常(取引)行為というためには大量性・定型性などが必要とされるが
このような態様のものについて一々その適法性についてチェックをさせる
ことは適当ではなく、「それが外見上平穏な取引である限り」それに
よって法益侵害が発生したとしても行為に帰責させることが妥当でない
というのがこれらの行為が幇助に問われない実質的理由であろう

さて、winnyの頒布にこのような日常性をどうやって肯定するのか教えていただきたい

626 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:41:42 ID:???
>>620
弁護側が違法性阻却事由の有無を争点にしていないことのソースキボンヌ

627 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:42:52 ID:???
>>625
そんなにトゲのある言い方しなくてもいいでしょ・・・ひどいよアンタ・・・

628 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:44:49 ID:???
>>625
フリーソフトのアップロードなんてネット世界じゃ日常茶飯事じゃん
なに言ってるの
もしかしてあんたネット初心者のオッサン?

629 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:47:20 ID:???
それにしても、くそもみそもすぐ一緒にしてしまう、単純構造の脳みその人はどうにかならないものかね。

630 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:48:24 ID:???
>>614
>2.社会における現実の利用状況
>3.2の認識
>4.提供する際の主観的態様
これらについては、ここの傍聴録が参考になる。
http://d.hatena.ne.jp/joho_triangle/20060501/p2

今、この傍聴録25回分を少しずつ読んでいるのだが、
なかなか興味深い。
http://d.hatena.ne.jp/joho_triangle/20061213/p2

大谷も弁護側で意見書だしてたみたいだな。
http://d.hatena.ne.jp/joho_triangle/20060320/p2

631 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:49:28 ID:???
http://freekaneko.com/ja/problem.html
3. ソフトウェア技術者の不安と恐怖

現在は多くのソフトウェア技術者が不安を抱えながら研究開発を進めています。
先日には、セキュリティ研究者が調査研究をしたさいの手順が問題とされ、
逮捕される事件がありました。それは業界に大きな衝撃を与え、不安に陥れました。

そこに続いての今回の強引な逮捕で、もはやソフトウェア技術者にとって逮捕されることは日常的な危機となりました。
私の知人のP2P研究者らも、研究が成功してユーザが増えれば逮捕されてしまうかもしれない、などと話しています。

技術者らが通常行っている活動が、突然に犯罪として逮捕されてしまう、
そのような事態はソフトウェアの研究開発を著しく萎縮させています。
実際に、逮捕の恐れなどを理由に公開されないセキュリティ調査ソフトウェアなどの実例もあります。
また銀行のウェブサイトにセキュリティ上の重大な欠陥を見つけながら、どうすることもできないなどという事例も耳にします。

法的規制が過剰に強くなったり、間違った規制があることも問題です。
しかし法律がないのに突然に逮捕されてしまうことはもっと問題です。
なにをやったら逮捕されるのかが警察の自由となっている現在では、きわめて幅広い自己規制を行わねばなりません。

金子氏は東大の助手を勤め、経済産業省の国家プロジェクト「未踏ソフトウェア創造事業」でも大きな成果をおさめました。
こうした人材を逮捕し、ソフトウェアの研究開発を萎縮させることは、日本の国益にかなうことでしょうか?

P2P技術は総務省のIT政策大綱でも研究開発の課題として推進がうたわれています。重要分野であるP2P技術の研究開発は、
今回の事件で大きな後退を余儀なくされました。

警察は独断によって不当な逮捕を行い、日本の国策である技術開発の促進を台無しにしてしまい、国益を大きく損ねています。

632 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:51:28 ID:???
>>628
社会一般として多数人によりなされていることが日常的行為なんじゃなくて
行為者が日常的に行っている行為ってことかと……
今回のケースで日常的行為に該当するためには
金子氏が日常的にフリーソフトをアップロードしていたことが必要じゃね?

633 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:53:02 ID:???
>>630
大谷は行為無価値なのにいい奴だな!
今まで前田を使ってきたけどエキサイティングしてきた!
明日から大谷にします。もうすぐ改訂だし

634 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:55:08 ID:???
PL法の無過失責任よりはマシ、とか言ってみるテスト。

635 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:56:01 ID:???
>>626
横レスだしソースもないが
普通は弁護側が争点形成すると違法性阻却事由の不存在の立証責任は
検察官にあるし、争点になった以上は違法性阻却事由がないことを認定しないと
裁判所は有罪判決を出すことはできないから、判決が触れていない以上
弁護側が争点形成しなかったことになる、というのが刑事訴訟のルールじゃね?

636 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:58:09 ID:???
大谷の意見書プリーズ

637 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:58:37 ID:???
>>627
ごめん

638 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 01:58:59 ID:???
>>632
漏れは松宮説は詳しく知らんが
>>社会一般として多数人によりなされていることが日常的行為
としてもいいと思うが
そうでないとみんな怖くて萎縮しちゃうじゃん
一生で一回しかしないから別にいいよっていうわけにはいかないと思うyo!

そう解さないとしても
フリーソフトのアップロードって金子は開発者本人なわけだろ
だったらしょっちゅうパージョンアップしてアップロードを繰り返していたと思うし
アップロードってのはそういうもんじゃんまさしく日常的に行われてるじゃん
開発者がソフトをアップロードするのはタクシーの運ちゃんが
客乗せるのと同じくらい日常的ジャマイカ?

639 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:00:14 ID:???
>>636
漏れも禿げしく読みたいお

640 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:04:44 ID:???
さすがクリスチャンの大谷先生だ。行為無価値は思想処罰だと思ってたが見直したぞ

641 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:07:10 ID:???
>>638
うーん、さっきから>>630
http://d.hatena.ne.jp/joho_triangle/20060501/p2
を読んでいるのだが
「あなたは,暇つぶしだともおっしゃっていた」
  「そういう側面もある。仕事でやっているわけではないし,
   時間があったのでやってみたということ」
とか言っちゃってるのでこの事案では日常的にやってたって言えないかも……

642 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:10:47 ID:???
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/99-6/Adachi.htm

「(42)・・・松生教授によると、この問題は「本来は犯罪者や犯罪行為と無関係な、
法的に否認されていない目的の行為という意味で
『中立的な』と包括的に表現しうる行為によって犯罪を幇助した場合の処罰の制限に関する
解釈論上の根拠について」の問題であるとされる。
これは例えば、脱税目的で他人の預金口座に振り込みを行う場合、
そのような客の目的を(未必的にであれ)知りながら手続きを行った銀行員について、
脱税の幇助の罪責が問われる場合に問題となる。
松生教授はこのような行為の処罰を制限すべき理由を、
「このようないわば相手を選ばない取引的・業務的行為は、
つねに他者の犯罪に役立ちうる可能性を有しているのであるから、
故意が偶然につけ加わるだけで幇助犯として処罰されるということになると、
処罰の範囲が拡張され、法的安全性が害されるだけでなく、
さらに業務に携わる者はつねに自己の行為が犯罪に利用されないよう警戒しなければならず、
そのような可能性を認識すれば行為してはならないということになり、
社会的な交渉にとって大きな障害となりうる」ことに求めている
(松生・前掲二〇六頁)。
麻薬特例法や昨年成立した組織犯罪処罰法などにおいて、
いわゆる資金洗浄罪が創設されたことなどもあって
、特に金融関係の業務が、結果的に特定の犯罪に加担することになる
可能性が高まってきているとも言えるわが国の現状からすると、
松生教授のこのような指摘は今後重みを増していくものと思われる。
そこで、本稿第三章では、中性的態度による幇助の可罰性限定について、
客観的帰属論の観点による根拠付けの可能性を検討するのである
。松生教援も、客観的帰属論による解決を検討されるようである。
  なお、このような行為類型における可罰性限定が問題とされることについては
すでに、斉藤誠二「共犯の処罰根拠についての管見
」(『刑事法学の新動向』下村康正先生古希祝賀  上巻[一九九五年])三三頁、松宮孝明「共犯の因果性」法学教室一九九七年七月号四一頁、
同『刑法総論講義』(一九九七年)二六三頁以下において指摘されていた。・・・」

643 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:13:13 ID:???
>>641
それは金子氏がWinnyを頒布するにあたっての
動機に関しての陳述だと思うが

本人にとって暇つぶしの側面があったからといって
行為の日常性が失われるとは思えんぞ

644 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:16:40 ID:i4lnpZX6
>>641
検察官論告によると、
計238回ものバージョンアップを行っていたらしい
http://d.hatena.ne.jp/joho_triangle/20060703/p2


645 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:20:44 ID:???
>>644
まめな奴だw
まさしく金子氏にとってWinnyのアップロードは日常だったわけだなw

646 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:30:33 ID:???
マジレスすると大量の適法行為のうち1つが犯罪の実行を容易にしたとしても
処罰されないというのと違法行為も大量にやれば適法になるというのは違う

647 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:37:37 ID:KG4d1RZq
最高裁で納得できない判決文だったら裁判官辞めるかもな
日本国民が裁判官を辞めさせる楽しみを覚えるいい機会かも

648 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:53:46 ID:???
>>646
そりゃそうだよ
でも金子氏がやってたアップロードが違法行為の反復的な繰り返しだったって言える根拠ねえじゃんよ。

開発者にとって自分が開発したソフトのアップロードは反復かつ継続的になす日常的な行為だよ
それに現に「合法」と名うたれた著作権切れのコンテンツや自作のファイルとかフリーウェアだって
流通しているようだし、覚せい剤を日常的に売り歩いてる売人の行為とは違うべ。

「中にはソフトを悪用する輩がいるかもなー」って思ってたからって
犯罪者にするのはおかしいよ。それじゃ社会が停止しちまうんじゃね?

649 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 02:58:31 ID:???
アップデート・・・

650 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 03:03:05 ID:???
クリスマスのデートの予定もない俺は……orz

651 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 03:11:00 ID:???
>>650
安心しろ
俺もだ orz

652 :650:2006/12/20(水) 03:18:10 ID:???
>>651
俺とデート、するか?

653 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 03:39:04 ID:???
>>608
それは全く幇助になる基準を示していないに等しいと思うよ。
いかようにでも解釈できる基準だ。

654 :651:2006/12/20(水) 04:01:38 ID:???
>>652
ウホッ

655 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 04:07:54 ID:???
よかったのか
ホイホイ開発して
俺は開発行為だって
かまわないで処罰しちまう
人間なんだぜ

656 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 05:02:20 ID:???
> 「中にはソフトを悪用する輩がいるかもなー」って思ってたからって

winnyに関しては、「中にはソフトを悪用しない輩がいるかもなー」くらいが適当だろ。

657 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 05:41:22 ID:???
おはヨーグルト

658 :15:2006/12/20(水) 08:54:46 ID:???
すごく和めるキャラがいるな。クールダウンで行こう。

松宮説が単なる「日常的行為」を取り上げてるわけじゃ
ないのは>>521からしても明らかだと思う。
それと,>>543で書いたけど,これがnyの可罰性・
非可罰性の問題に使えるとは思えない。
松宮説は要は日常取引については基本的には
所与の前提となるので犯行惹起力がないから,
客観的帰属の関係に欠けるという趣旨なんだろう。
それなら,所与の前提という要素の捉え方にもよるが,
たとえばそれが一般市民生活をベースにおくなら,
nyがこのような社会生活上の所与の前提となっていない
ことは一見明白だからだ。
>>642の引いた見解も説明に違いはあるがほぼ同様の
基準となる(所与の前提=「相手を選ばない」取引業務行為)
646とはニュアンスは違うが,要は日常反復継続,といった
要素が非可罰性を基礎づけるものではないということだ。

それとついでに思うんだが,幇助行為の限定性についての基準は,構成要件が開かれ過ぎている関係で,どうしても
可罰的違法性論的な,個々の問題状況に即した基準の
定立が避けられない。罪刑法定主義とか主観刑法とか
言ってみても,構成要件該当性がある以上正直あんまり
説得力ないと思う。


659 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 10:38:15 ID:???
幇助になる基準とか言っている奴ってのは、いかなる状況を入力しても確実に
YES/NOを判定する装置みたいなのを想定してるんだろうか。
そんなもんがあったら裁判所はいらんぞ。

少なくとも本件に関しては十分な基準を判決は示していると思うが。

660 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 11:02:54 ID:???
>>659
十分な基準と思えない人が沢山いるから議論になっているのでしょ。



661 :15:2006/12/20(水) 11:09:55 ID:???
>>659
本件について判決が結論を導くのに必要な判示をして
いるということであれば同意なんだけど,基準ってのは
示してないよね。
まあ文字通りの事例判決なわけだし,一般規範の定立
なんて少なくとも第1審がするべき仕事じゃない。
基準要求派の中には,射程距離がよくわからない
ことについての問題意識を持ってる人もいるようで,
それはわからないではない。

662 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 12:32:37 ID:???
>>658
ソフトをサーバーに置いて「どうぞみなさんダウソしてちょ!」
っていうのは

「相手を選ばない」
「取引業務行為」

じゃねえの?

663 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 12:36:36 ID:???
>>659
幇助一般に関して基準を示せよっていうのは無理があるかもしれんが
少なくともソフトウェアの公開頒布、さらにいうならP2P技術を応用したファイル共有ソフトの公開頒布に
関しては基準が読みとれなければ問題だと思うべ

>>631みたいな人が俺たちどうすればいいんだよおおorz
って言ってるわけだし

664 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 12:50:46 ID:???
今回の判決、

何らかの法益侵害を積極的に企図しているのでない限り、
開発・公開の時点では侵害行為に利用される状況が具体的に
予測できないから幇助にならない。

実際に公開して後も、侵害行為ばかりに利用されてる状況が明らかになって
こりゃちょっとマズイかなぁ、と認識した時点で、
何らかの対策を取れば大丈夫。(認容しなければ幇助にならない)

と、こう読めると思うんだけど。それでは不足?

665 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 12:59:56 ID:???
そんな感じでしょ。
不作為については作為可能性とかで適正な処罰範囲を確保すれば足りるでは。

666 :15:2006/12/20(水) 13:12:42 ID:???
>>662
違うよ。
誰でも全く日常生活の一環としてタクシーに乗り,あるいは
他人の口座にお金を振り込む。
そういった日常生活への定着性というか普遍性みたいな
ものがあるから「所与の前提」になる。
ファイル交換ソフトをソフトをダウンロードする人は
ネットをする人の中でもさらに一部で,ファイルの受け渡し
をするというある意味特別な目的を持っている。
全然上に上げた事例と普遍性において違ってるのは
わかるでしょ?
要は,521とか642の見解は,常識的に考えてこれは処罰
できないだろ,ってレベルの行為の非可罰性を説明する
理論ととらえればわかりやすいと思う。

667 :15:2006/12/20(水) 13:16:33 ID:FauG5rHo
>>664,665
まあでもたとえば既にnyやMXの現状を知ってる人が,
著作権侵害を企図しないのにp2pファイル交換ソフトを
開発する行動が本当に幇助とされないかどうかは
判決からは読みとれないよね。まあ幇助行為を
どのように特定しているかはわからないので断定は
したくないんだが。
不作為犯的構成は明示されてるわけでもないし。
要は萎縮的効果を除くには,「非処罰の範囲」が
明確にならないと困るよな,って問題意識なんじゃないか?

668 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 13:56:37 ID:???
>>666
その説明はおかしくないか?特定の目的のソフトをダウンロードする人は一部とか言うのは
ある特定のタクシー会社を利用するのはタクシーを利用する人の一部だと言ってるのと変わらん。
そんな限定に意味があるのか?あらゆるフリーソフトはネットをする人のごく一部しかダウン
ロードしないよ。

669 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 14:59:00 ID:???
俺も>>668に賛成かなあ
いまいち>>666の説明には納得できん

670 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 15:00:21 ID:???
>>664
認識とか企図とか主観の話ばっかだな

671 :15:2006/12/20(水) 16:53:37 ID:???
>>668
タクシーに乗車して移動するという行動について
タクシー会社の違いが影響を及ぼすか?
「変わらん」って断言する根拠がさっぱりわからん。

「所与の前提」という説明でも分からないわけ?
正直これ以上の説明はできないので,それでわからない
ならご自分で勉強されればよろしい。
この説なら不可罰だ!という結論でも一つの行き方だしね。
肝要なのは,松宮説でnyの非可罰性を説明するのは
実務では大方の納得を得られないということですよ。
それにこだわっても話はすすまないので言っただけ。
まあ521や642がどう考えて引いたのかは
知らないけどね。


672 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 17:20:40 ID:???
そんなに喧嘩腰にならなくても(´・ω・`)

673 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 17:23:02 ID:???
お前がクールダウンしろよ
空気悪くなってるぞ

674 :15:2006/12/20(水) 17:34:16 ID:???
うっ
まことにあいすまん。煽り耐性低くて

しばらくロムる

675 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 17:39:54 ID:???
>>671
ちょっと無理があるのは承知であえて>>668を擁護してみる。

ファイルを共有するという行動について
メールソフトでの送受信でも
サーバーでのアップロードダウンロードでも目的とするところは同じだと思うんだが

ファイルを送受信する行為はネットユーザーにとっては
タクシーに乗って移動するのと変わらないぐらい日常的な行為だろ

そういう意味でタクシー会社の違いが影響を及ぼさないのと同じように
WinnyでダウソするのかWinMXでダウソするのかうpろだからダウソするのかは
違いがないのでnyのうpは正犯行為の所与の前提になる、と>>668は言ってるように思うのだが。

>>671がどんなふうにPCを使っているのかはしらんが
nyのユーザーが何十万人もいてかつては百万単位でいたことも思い出してほしい

確かにnyでは著作権を侵害して放流されているものがトラフィックの大半を占めているが
合法ファイルもそれなりに流通していることも忘れてはいけないと思う。


>>668>>671の見解の相違は学説の理解というより
Winnyとかネット社会の現状とかそうしたものの把握評価の
違いに根ざしているにすぎないように思うのだが
だからお前はこの説を理解してないから勉強しろとかいやその必要はないとか
いう問題ではないと思う。

676 :初学者a:2006/12/20(水) 17:43:54 ID:???
うーん、どういう規範だったらいいんだろう。
2審以降でどんな規範を立てるのかすごい楽しみになってきました。



677 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 17:50:03 ID:???
金子氏が有罪なのは亀田がチャンピヨンなのと同じぐらい当たり前のこと

678 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 17:53:12 ID:???
>>671氏がどんな意図で>>668を批判したのかを読み違えてるかもしれんが
だったらスマソ

>>671氏はおそらく

「Winnyなんて実際には著作権侵害行為に利用されまくりで合法ファイルなんて
カスほどしかダウンされてねえじゃねーかwwwww

それにnyができたことによってはじめて容易かつ膨大に著作権侵害をすることが
可能になったことを無視するなよwwwwwww

だからnyのうpはタクシーで怪しい男を銀行に連れて行った行為じゃなくて
金庫やらドアやらの鍵を簡単に壊せる道具を販売した行為みたいなもんだよwwwww
鍵をなくした時に持ち主が使う?そんなのカスほどしかありえねえ事態だろwwww

だから主に料理という合法的行為に使用されることが予定された包丁を
店に並べて売る行為じゃねえよwwwww
麻酔にも使えるがむしろ違法な使用に供されることが圧倒的な
大麻を売りさばいた行為みたいなもんだよwwwwww

だから正犯行為の所与の前提にはならねえよwwwww
犯行惹起力を無視できるような存在じゃねえよnyのうpはwwwwwww
大麻がなきゃハイになれねえのと同じだよwwwwww」

ってことだろうか。と推測してみたお。
これなら納得できる気がしてきた。判決に問題点はあれど
松宮説から不可罰性を基礎づけるアプローチはもしかして
断念したほうがいいのかも

ここはやはり優越的利益の存在による違法性阻却を試みたほうがいいかもしれん。と言ってみる。

679 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 18:00:57 ID:???
ネットワークを使うって言うことは要するに情報をやりとりするってことなんで、大局的(ネットワークの
下層レイヤと言っても良い?)に見ればHP見るのもnyでファイル交換するのも本質的に同じなんだが、
そんなこと言い出すと話が進まないので、どの辺で区切るかってことだな。

タクシーの話に例えるならファイル交換ソフトって分類が個々のタクシーに相当して、道に詳しい
運転手とか、料金の安い会社とか、そういう使い勝手レベルでの違いがあるが、できることは一緒、みたいな。
とりあえず際どい議論で喩え話は役に立たんってことで。

680 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 18:05:38 ID:???
具体例をいくつも出していくことで
一般的な基準が浮き彫りになっていくこともあるよ。
まあそう急がずじっくり議論していこうぜ。

抽象論だけじゃ自分の考え方をうまく伝えられないのも事実だしよ。

681 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 18:11:13 ID:???
こうなってくると判決がnyを「価値中立的」って言っちゃったことも
問題があるように思えてくる。

訴訟法的な検討課題はとりあえず度外視するとして、
純粋な意味での実体法の解釈・適用としては

ny自体が著作権侵害に主に利用されることが予定されるソフトウェアであるから
その頒布は幇助に該当するが、
ソフトウェアの開発・頒布は技術開発に不可欠だから違法性阻却の可能性に
ついて検討するという流れのほうがよかったかもしれん。

682 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 18:54:29 ID:???
判決の骨子は、
開発・公開した者の責任として、
nyの持つ匿名性という特長から、有用な側面もあるが匿名なのをいいことに著作権侵害し放題
という状況が発生していることを認識した以上、一定の作為義務が発生し、
それを怠れば不作為による幇助が成立する、ってことだろ。

営利目的でやってるわけでもない個人開発者に、
製造物責任法の対象にもなってないソフトウェア開発において
そのような作為義務を認めることが妥当かどうかが問題の本質でしょ。
例え話を持ってくるにしても、この点を捉えた対比例を挙げてくれ。
全然関係ない例え出されても話が混乱するだけだ。

683 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 20:01:50 ID:???
>>682
なんかお前感じ悪いな
感じ悪い奴には感じ悪い言い方しかしませんよ。あらかじめ言っとくよこの野郎

>>判決の骨子は・・・一定の作為義務が発生し、
それを怠れば不作為による幇助が成立する

判決が不作為犯構成を取ったっていう根拠ぐらい示してくれないかな。

そもそも判決がこれは不作為犯だって明示したわけでもないから
不作為犯構成だと読みうる余地があるとしても
それは貴方なりの判例の読み方が一つあるねってだけでしょ。

なのに不作為犯構成しかあり得ないこと前提に議論をしろっていうのは、
横暴だし、有害だし的はずれもいいとこだと思うね。

>>営利目的でやってるわけでもない個人開発者に、
製造物責任法の対象にもなってないソフトウェア開発において
そのような作為義務を認めることが妥当かどうかが問題の本質

だからこの部分も的はずれだね。それに議論をする場ではあなたの考え方は一つの考え方でしかないわけだから
もう少し言葉を選んで書き込んだ方が良いと思うよ。
まあこれは判例の読み方云々以前の問題だけど貴方はそういうことが
できないみたいだね。残念だけど。

>>例え話を持ってくるにしても、この点を捉えた対比例を挙げてくれ。
全然関係ない例え出されても話が混乱するだけだ。

あなたの捉え方では関係ないってことになるのかもしれないけど
他の人の捉え方ではそうはならないんだよね。混乱してるのは貴方の脳内だけでしょ。

最後にあんた以外の人に謝っとくよ。空気悪くしてごめん。しばらく消える。

684 :15:2006/12/20(水) 20:03:01 ID:???
>>675,678
ご指摘ありがとうございます。
まず,ネットを利用している以上ファイルのやりとりは
当然というか物理的にはwebページを見るにもなにを
するにもデータのやりとりをしているという点にかわり
はないというのはよくわかります。ここで問題になるのは,
一般のインターネットユーザーにとって,ny的な仕組み
のファイル交換が所与の前提といった実質を備えている
かであって,それをデータのやりとりのレベルまで還元し
て考えるのは適切じゃないのではないかということです。
ごく単純に,ny(あるいはほかのp2pソフトを含めることも
できるかもしれません)をみんながみんな普通に使うという
レベルでなければ所与の前提とはいえない,犯行惹起力
を無視できるとはいえないということなんです。
その意味では,インターネット上で今後データの流通
形式がp2pが主流になったような状況においては,p2p
ソフトの開発提供は非可罰的であろうと思うのです。
678さんの指摘は著作権侵害という実体を考慮に入れて
ますが,松宮説はそのような結果発生との関係を
必ずしも重視しないと思います。ただ,nyのそのような
実体は,nyが所与の前提でないという事実を基礎づける
一つの要素であるとはいえるかも知れません。

685 :氏名黙秘:2006/12/20(水) 20:07:47 ID:???
不作為構成だったとしても
中立的行為、中性的態度である可能性があるのなら
その検討は不可欠になると思うが。

>>682
よってお前バカ

686 :15:2006/12/20(水) 20:11:16 ID:???
>>682
683さんの指摘に同意で,不作為犯構成はいかにも
微妙という感じです。まあ実質的には作為義務を課した
のと同じだというのは感覚としては頷けますが,
判文は認容に関する事実認定論において,作為義務の
前提事実と同様の事実を指摘しているだけで,作為義
務の発生という議論にもっていってはいないでしょう。
不作為犯構成は,当然ながら処罰範囲が結果として
限定される理論であり,その構成を前提に考える
のは,結論として判決の妥当性を否定する方向に
つながりやすいのは当然といえるでしょうね。

687 :初学者a:2006/12/21(木) 01:03:03 ID:???
今回の判決は、構成要件段階で幇助にあたるかどうかの規範を立てて
その規範には当てはまったから有罪認定をしたけども、
その規範では処罰の範囲が限定されないからおかしいんですよね。

行為規範を定めるという役割を果たせていないと。

そこで思ったのは、処罰の範囲というのは構成要件該当性だけで決めるものなのかなあと。
幇助という難しいものを構成要件だけで一般規範を立てるのは無理なのではないでしょうか。

だからやはり、違法性阻却を(有責も)考えて
一般的行為規範を定めるべきなんじゃないのかなあと。
具体的には、前も書いたんですけど正当業務による違法性阻却ですね。

判決文では違法性阻却について何も書かれてなかったのですが、
違法性阻却によって広がりすぎてしまった構成要件の規範に枠をはめることで
処罰の範囲は限定できないでしょうか?

そうすればよくある、包丁屋が包丁を売ることは正当業務だから幇助ではない。
(幇助だけど違法性はない)と言えますし、
研究者はちゃんと研究室で研究をしていれば正当業務だから違法ではないので
技術開発の妨げにもなりませんよね。

そう考えると、金子さんは47氏という名前でwinnyを研究開発をした
これは正当業務といえるのかどうかは微妙かなと思いますし、
弁護側があまり正当業務性を主張しなかった(してたのかもしれないけど)
のも納得がいく気がします。






688 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 01:43:40 ID:???
正当業務行為で論じるって。。。

689 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 01:47:49 ID:???
憲法23条+刑法35条でいいだろこんなの。
名誉毀損の真実性の証明の失敗と同じ構成でいい。

690 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 01:53:27 ID:???
真実性の証明っていうが、本件では何を証明するんだ?

691 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 02:11:16 ID:???
>>690
┐(´ー`)┌

692 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 02:23:27 ID:???
>>688
つ名前欄

693 :初学者a:2006/12/21(木) 03:06:51 ID:???
うう、御免なさい。

正当業務以外の違法性阻却事由でもいいんですけど、
なんかいかに地裁の出した構成要件の範囲が広いか
という議論しかされてない気がしちゃって。。

刑法の問題でこんなのがでちゃったら
僕には適当に規範をでっちあげて
違法性阻却に逃げ込むくらいしかできないなぁと。

694 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 05:04:53 ID:???
みんな頭いいなあ
高卒はいかんね(:D)┼─┤

695 :初学者a:2006/12/21(木) 07:21:20 ID:???
あー、、
外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうか
を問題にしてるから、開発行為が正当業務だろうが関係ないのかな。

憲法持ち出したり、ほんと問題の所在を分かってませんね。

696 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 09:40:37 ID:???
>>695
その理解も違う希ガス。

697 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 14:59:08 ID:???
提供と開発を別々に考えるのは憲法レベルで分かってないぞ

698 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 15:47:05 ID:???
法律のふいんきが好きなのは結構だが、
それだけで許されるのは最初に本を揃えるときまでだぞ

699 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 17:11:57 ID:???
ここは法学板じゃなくて司法試験板なんだから
地裁の分析ばっかりじゃなくて
こういう法律構成なら非処罰の範囲が明確になるんじゃないか?
っていうような事をそろそろ書いて欲しいなあ。

689さん、もう少し詳しく!

700 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 17:25:56 ID:???
自分では書けないのか

701 :15:2006/12/21(木) 21:30:52 ID:if2bOph9
流れぶったぎってすまんが,
正当業務行為というか正当行為による違法性阻却っていうのは当然考えられ
るところだよね。
その場合,論理としては許される危険的な考え方がまずあり得て,その場合,
目的の正当性や手段の相当性,侵害法益の程度ないし権衡,あるいは補充性
といった事情を考えていくことになるんだろう。

基準としては非常に使いやすいとは思うのだけど,一般的に明確な基準
の定立は無理でしょうね。あと難点としては,そもそも理論上の根拠が若干
説明しづらい点かな。ベースは優越的利益の保護だろうけど。


702 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 21:46:47 ID:???
正当行為>社会的相当行為>許された危険

703 :15:2006/12/21(木) 23:04:23 ID:a94lHifj
ん?解説ありがと。


704 :氏名黙秘:2006/12/21(木) 23:22:57 ID:???
金子氏の行為が「許された危険」には該当しない希ガス
捕まらないためにもっと匿名性をというリクエストに答えてバージョンアップしてたから
犯人隠避罪のバージョンアップだと言われても仕方ないような

705 :15:2006/12/21(木) 23:29:55 ID:p3mr5W69
>>704
あ,ごめんごめん
nyはあたらないと思うよ。
手段も正当とは認められないと思うし。


706 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 00:00:51 ID:???
むしろ学問の自由の観点からの正当化を図るべきものと考える

707 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 00:02:24 ID:???
ただ本当に学問の自由なら、きちんとした研究開発してたはずだよねー
2chスレなんかで匿名性アップの要望に答えたら……

708 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 00:13:46 ID:???
一方でソフトウェアの開発および発表は学問の自由によって保護される
他方で著作権には財産権的側面および人格権的側面が認められる

そこで著作権の保護を目的としたソフトウェアの開発・発表の制約の合憲性が問題となるが
学問の自由がいわゆる二重の基準論により厚く保護されるべき自由であるのに対し、
本問で問題とされる複製配布をコントロールする権利は財産的利益であるから前者に対して劣後するから
その制約の合憲性は厳格に判断するべきであり
結論的には本問開発発表行為を処罰することは関係法規の適用違憲となる。
以上

709 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 01:14:56 ID:???
憲法の問題ならそんな感じだろうけど
刑法の問題だったら?

地裁の基準を出して批判を書いたらその先書きにくくないか?
批判を書かずに正当行為で違法性阻却?

710 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 01:27:54 ID:???
よって正当行為に該当する

これでいいっしょ

711 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 01:37:24 ID:???
適用違憲にならないような構成要件

712 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 02:21:26 ID:???
適用違憲になるような適用をしておいて
適用違憲だから正当行為に該当する

ってならないかそれ

713 :氏名黙秘:2006/12/22(金) 02:33:30 ID:???
そのまま適用すれば違憲になるので
正当行為に該当すると考えるべき

こう書くならいいんじゃない?内容の賛否は別として。

714 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 06:49:23 ID:???
違憲だから正当行為じゃなくて
うまいこと社会的正当行為かどうかを書けないかな

715 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 06:51:08 ID:???
社会的正当行為→×
社会的相当行為→○

716 :氏名黙秘:2006/12/23(土) 10:08:16 ID:???
幇助が開かれた構成要件って世間では知られてないんだね。
幇助者と本犯との間には意思連絡が必要とする少数説なら
問題なく無罪が書ける。

717 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 14:49:03 ID:???
>>706-707
ほんとに技術評価が目的なんだったとしたら、あの公開の仕方は
不自然すぎ。堂々と東大の教員名乗って配っていてもいいはず。

後付けの屁理屈に決まってて、判決はそんなものを認めるべきではなかった。

718 :氏名黙秘:2006/12/24(日) 19:12:37 ID:???
要するに

 言い訳が下手だ

719 :氏名黙秘:2006/12/27(水) 13:58:03 ID:???
被告

720 :氏名黙秘:2006/12/27(水) 15:11:10 ID:???
検察側も量刑不当で控訴しました。
オフィス氏みたいに示談して控訴取り下げできませんね。
JASRACは百億円単位の損害を主張していますし。

721 :氏名黙秘:2006/12/28(木) 12:17:12 ID:???
損害賠償というとこれもありか
http://peer2peer.blog79.fc2.com/blog-entry-154.html

722 :氏名黙秘:2007/01/09(火) 21:36:16 ID:icJZOCIg
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168344987/

【マスコミ】 "みっともない" 毎日新聞、また情報流出…2ちゃんねるなどの「ネットの闇」特集しつつ自分が餌食に★2

所長は夕刊フジの取材に対し、「個人情報じゃないけど何かあったみたい。(Winnyを)ダウンロードしてなかったのに入ってきて、何か入っちゃったんだよね。それが広がっちゃった。
顧客データは頂いていない。ハードディスクは抜いてあるのでほとんど出ていない」と

723 :氏名黙秘:2007/01/10(水) 23:34:56 ID:???
判決ってまだどの雑誌にも載ってないよね?

724 :氏名黙秘:2007/01/15(月) 20:43:22 ID:jlk8LQWd
このスレもすっかり下がってしまった。
まあ司法試験とはそんなに関係しないしな。
>>723
出てないけど,どうやら新聞報道は肝心な部分を
ほぼまとめてるみたい。


725 :724:2007/01/19(金) 13:54:39 ID:PU7w36fC
もう見てないだろうが,NBL848号に
岡村弁護士の評釈が載った。ただ判決全文は
引かれてない。参考までに。

225 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)