5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やさしい法律相談part159

692 :522:2006/01/31(火) 14:39:45 ID:orMXn9EV
うちの会社はアルバイトの休日が月に2日しかありません。
そこで労働基準監督署の人と一緒に、「休日に関して労働基準法違反がないかどうか」をめぐって、社長と話し合いをしました。
うちの会社の労務士も一緒でした。

監督署の人は事前(社長との話し合いの前)に、他のアルバイトから事実関係を確認していたみたいです。

そして話し合いの席で、社長が「うちはバイトには3日休日あげてるよ。」と嘘を言いました。
私が「そんなはずはない。社長、ウソをつくのは、なしでお願いします。」と鋭く詰め寄ったら、
人のいい社長は気まずそうにうなずいて、嘘を認めました。
監督署の人もその光景を”間違いなく”見ていました。
労務士もそれを”間違いなく”見ていました。

そしてこれは後で他のアルバイトから聞いたのですが、事前に社長から「休日は3日もらってることにしてくれ。」と頼まれていて、
監督署の人には「休日は3日もらっている。」と嘘の証言をしてしまったそうです。

まとめると、
「社長は、アルバイトに嘘の証言をするように頼んだ。」
「アルバイトは、監督署の人に嘘の証言をした。」
「社長は、監督署の人の前で嘘をついたことを認めた。」
「監督署の人は、社長とアルバイトが嘘の証言をしたことに”間違いなく”気づいている。」
ということです。

この場合、嘘の証言をした社長やアルバイトは、罪に問われることがあるのでしょうか?
また、おそらくこの嘘の証言は労務士が社長に示唆したと思われるのですが、この労務士が罪に問われることはないのでしょうか?

私の感情的には、嘘の証言を認めた社長や、あとで本当のことを話してくれたアルバイトに罪はないと思うのですが、
どうしてもこの労務士だけは許すことができません。
何かよいお知恵がありましたら、よろしくお願いいたします。

361 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)