5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やさしい【易しい】法律相談part187

483 :無責任な名無しさん:2006/08/28(月) 17:03:56 ID:U/m7SBqn
6月に痴漢行為に遭い、被疑者が常習犯ということで起訴されました。
先日被告人の弁護士から示談の要望の手紙を貰い、その意思はないと
お断りをしたのですが、今月になり被告人の母親から被害弁償として金銭が
送られてきました。
改めて示談等の意思はないとの事で、直接弁護士と母親に会い、
返金したのですが、被害弁償を受け取らなくとも、被害者に対して
弁償の意思があると言うことで情状酌量されるとこはあるのでしょうか。
情状酌量され、罪が軽くなることがいやで示談を拒否したのですが、
そうなっては意味がありません。
正直なところ、示談金を受け取っても受け取らなくても情状酌量されるのであれば
受け取っておけばよかったのではないかと思っています。

示談の成立不成立に関わらず、被害者に対して弁償の意思を示しただけで
情状酌量されることはあるのでしょうか。
また、一度返金した示談金を再度請求することはできるのでしょうか。
その際裁判等での請求になってしまうのでしょうか。
わかりにくい文章で申し訳ありませんが、ご意見頂きたいです。

338 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)