5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やさしい【易しい】法律相談part191

394 :無責任な名無しさん:2006/10/07(土) 07:12:42 ID:TrFpb4DH
>>388
まさに、法に反した風俗業に、法は通用しません。
以下は、あくまで合法の場合の話です。

詐欺の要件としては、
T.故意であること U,違法な欺罔行為をしていること
この二つであり、
更に、その欺罔行為によって、表意者を欺罔して錯誤に陥らせることを必要とします。

質問1.
その表意が詐称していると知っていて、相手方の債権の履行を受託した場合は、(要するに、性行為をしてもらった場合ですが)
当然に詐欺に基づく取り消しや、不法行為を根拠に賠償を主張することはできません。
そもそも、あなたが気づいているということは、錯誤していませんので。

また、Webサイトに明記されている年齢と、写真等で年齢が違うと判っただけでも、
詐欺は主張出来ません。


質問2.
主張は出来ますが、それに応えるかは相手の自由です。


質問3.
そもそも、売春禁止法他に反する事業を行っていて、更にはあなたもそれに同意しているのに、
風俗営業法の規制だけ受けさせろ。というのもおかしな話。
相手方も違法行為を行っていますが、あなたも違法行為を犯している事を自覚してくださいな。
イメージとしては風俗営業法を理由に相手方が、
代金だけ先にもらって、サービスを提供しない。だってあなたも違法行為をしているんだから。
と言っているのと同等です。

簡単に言うと、質問1〜3すべてに言えますが、
あなたの行為から考えるに、冒頭で言ったようにあなたを法的に保護するに値しないとお考えください。

375 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)